アジア (インド・東南アジア)

2022年7月 1日 (金)

本・「命令違反」が組織を伸ばす ②(2007/8 )・菊澤研宗

Photo_20220630233301



第Ⅲ部  〈タイプⅡ〉の不条理を打破する命令違反
第7章  ミッドウエー海戦での山口多聞の良い命令違反
第8章  レイテ海戦での栗田健男の悪い命令違反
第9章  良い命令違反と悪い命令違反Ⅱ
結 章  命令違反のマネージメント
あとがき
参考文献


第Ⅲ部  〈タイプⅡ〉の不条理を打破する命令違反
第7章  ミッドウエー海戦での山口多聞の良い命令違反
山口多聞である!!
ミッドウエー作戦も黒島亀人が作戦を立案する!
作戦一  アリューシャン攻略  おとり艦隊!
作戦二  ミッドウエー島攻略
作戦三  ミッドウエー攻略とともに、敵機動艦隊を待つ
作戦四  一週間とどまり、帰島する!!!

この時の失敗の例は読みたくないが………
日本は舐めていた??  知っている話である!!
① なぜ新任の友永丈市が攻撃隊の指揮を取ったのか?
淵田実津雄が病気なのは分かるが、適任者はいた………
第二次攻撃隊の要あり!!
② これにより魚雷を陸上用爆弾に換装する!!
③ その時に、敵空母発見である!!
④ 又、爆弾を換装する!!
⑤ 山口多聞は即座に攻撃隊を発信せよと!!
護衛の戦闘気なしである!! 爆弾も陸上用である!!
⑥ ミッドウエーからの攻撃隊を収納してから攻撃隊を発する!
⑦ アメリカの魚雷攻撃機は低空で来るが、ゼロ戦に撃墜される!
⑧ ゼロ戦が低空に舞い降りて来ていて、上空に穴が開き急降下爆撃機に攻撃される!
⑨ 生き残った飛龍の山口多聞は、次席ではないが「戦闘の指揮を取ると」
⑩ 戦い続けて力尽きる!!!

山口多聞の生きざまがある!!
そして戦争が始まり、活躍する!!!
① 真珠湾攻撃の時、飛龍・蒼龍が参加するかで南雲忠一の胸倉をつかみかけた?
② 真珠湾攻撃の二次攻撃を主張した
③ 爆弾の換装の時間がかかるのは経験しているが、これを問題視したが無視される
④ くうぼを2隻づつ分けて分散するの進言も無視される!
⑤ 乗組員の休養と、艦、飛行機の整備の交換を進言して無視される!!


第8章  レイテ海戦での栗田健男の悪い命令違反
問題の多い、栗田健男をレイテ沖海戦の指揮官に何故したのか??
名提督と持ち上げる人間もいるが……… アメリカは、はっきりしている!!
戦闘意欲がなければどんどん更迭される!!

● 栗田健男
① バタビヤ沖で戦わずに逃げた!! 海戦も積極的に戦わなかった??
② ミッドウエー海戦でも一目散に逃げたと言われている!!
③ ガタルカナル島への砲撃は成功したようだが……… 逃げられなかったのか??
④ そしてレイテ沖海戦である!
反転、2回目の反転………
珊瑚海海戦、ミッドウエー海戦、ガタルカナル島攻防戦、南太平洋海戦、
トラック島空襲、マリアナ沖海戦、台湾沖攻防戦………
これだけ戦ってきて、レイテ沖海戦である!!
敵の攻撃方法も分かって来ている???
戦い方があるはずであるが………
⑤ レイテ沖海戦も栗田、小柳の言い訳はよく聞く!!
この海戦の目的は、レイテ島防衛である!! そのための突入である!!! 
それなのに、敵艦隊攻撃のために反転した?????

● レイテの作戦!  捷一号作戦である!!
作戦一  栗田艦隊が北方の敵上陸地点に突入する!
作戦二  西村艦隊に志摩艦隊も南方から突入する!
作戦三  小澤おとり艦隊!
作戦四  航空部隊の攻撃!

西村祥治は、派手さはないが、実直な司令官である!!
小澤治三郎は「レイテ沖海戦で、真剣に戦ったのは西村君だけだった!」
実際に戦ったキンケイド艦隊は砲弾を撃ち尽くした!!
それほどの激戦だった!!
もし栗田艦隊が突入すれば丸腰の艦隊がいたとなる!!!

戦後語らずの提督で何も言わなかったようだ!
牟田口廉也みたいに、言い訳を喋りまくっても困るが………
要は言えなかったんだろう……… 黙っているに限る………
海軍の人事の問題なのか?????

戦後、海軍軍事には財界からの援助もあったようだ!!!
が栗田健男は、レイテが原因で援助は受けれなかったようだ………
「無能」「臆病者」「愚将」「戦意無き指揮官」「無責任な指揮官」
もともと勇気と判断力、責任感に乏しい指揮官だったのか?????


第9章  良い命令違反と悪い命令違反Ⅱ
山口多聞と栗田健男の解説がある!!
契約をめぐる法と経済学アプローチで解説する!!
契約は賠償によって破ることが出来る!!
限定的人間なら、契約は常に不完全である!!
これにこだわると、莫大な取引コストが発生する!!

● 損害賠償制度は、必要とあれば契約を破る自由を与えれば、
取引コストは節約される!!
それにより取引が活発になり、資源が有効に配分される!!

二つの賠償責任制度!!
● 期待賠償責任制度
● 原状回復賠償責任制度

● 期待賠償責任制度と条理な契約違反
個人的のみならず、社会的にも効率的な資源配分をもたらす!
限定合理的な人間の非効率な契約違反が抑制される!
● 原状回復賠償責任制度と不条理な契約違反
個人的には効率的であるが、社会的には非効率な資源配分をもたらす契約違反に導かれる可能性がある!

これを山口多聞と栗田健男に当てはめる!!
● 山口多聞である!!! 期待賠償責任制度???
ミッドウエー海戦で、第二航空船隊を任される!!
山口多聞に投資している??  それ以上のリターンを期待している!!
敵空母発見で、即攻撃隊発信を意見具申したが、認められなかった!!
この時攻撃隊を発すればどうなっていたか??
命令違反で問われる組織、攻撃隊などを収容しきれなくなる………
この時は、期待メリットが期待コストをカバーしきれない!
しかし攻撃を受けた後は、自ら指揮を執って攻撃隊を発進する!!
この時は期待メリットが、期待コストを上回っている???
命令違反は、組織の倫理から言えば不正でも、組織全体の効率性は極めて条理であった!
賠償責任原理に従っていたという事は、無責任な行動でもなかった!!
命令違反は常に価値創造的になり、組織は不条理から救われる!!

● 栗田健男である!! 原状回復賠償責任制度???
レイテ湾に突入すれば、艦隊は全滅する??
それはあまりに大きいコストである!!
栗田健男は艦隊を残して次の作戦に備えたいと?????
第1回の反転である!!
が、状況が変わり再度突入して再度反転する……
レイテを目の前にしている………  時間通りに突入した西村艦隊は壊滅している!!
しかしまた艦隊を残して次の作戦に備えたいと考えて反転した………
命令違反によって生じる、今までのコストは十分確保できると!!
そう考えたのではないか??
しかしレイテ作戦のために投入したコストは全て無駄になった!!!
栗田艦隊の命令違反は、レイテ上陸の米軍を阻止出来るような期待値を生まなかった??
栗田の行動は、非効率で、非合理で、無責任に思える!
そもそも栗田に艦隊を任せたのは過剰投資であったと!!

この栗田の解説はどうなのかと思うが………


結 章  命令違反のマネージメント
人間は限定合理的であると!!
● タイプⅠ 非効率な命令に従うなら非効率になる! 正当性と効率性の不一致が生み出す不条理!!
● タイプⅡ 反社会的な命令に従うなら淘汰される! 個別性と社会性の不一致が生み出す不条理!!
両者を一致させる、命令違反は許される!!

● 上司の命令と、部下の反応の4ツのパターン!!
C1  上司が効率的ではあるが反社会な命令を出した時
C2  上司が非効率的で反社会な命令を出した時
C3  上司が効率的ではあるが社会な命令を出した時
C4  上司が効率的で社会な命令を出した時

要はC4になるようにしなければならない!!
そのために命令違反がある!!
しかし命令違反が組織の人間関係を破壊するかもしれない!!
しかしそのような組織はすでに死んでいると!!!


● ポパーの考え
限定合理的人間は、批判的な議論にもとづく誤り排除の方法によって進化する?

● カント的人間関係
自分の目的のために、相手を利用してはならない!
他律的な行動  行動の原因が外にある場合、他律的な行動は人間本来の行動ではない!
自律的な行動  自らの意志を出発点として行動を起こす自由意思を持った人々の関係であり
        これらの人間の集まりで、お互いを認め合う、「カント的人間関係」が形成出来れば、
        批判的議論にもとづく誤りの排除により、組織は進化出来る!!!

● 誤り排除の図式
以下のように進める!!!
暫定的組織(TO1)➡ 誤り排除(EE)➡ 問題(P1)➡ 暫定的組織(TO2)

● 暫定的組織(TO1)
全ては限定合理的で、規則、命令は完全ではなく、すべてが暫定的である!

● 批判的議論による誤り排除(EE)
早いうちに誤りを見いだし、批判的になる!
全てを否定する分けでもなく、外部からの批判にも耳を傾ける!

● 批判が生み出す問題(P1)
批判を通して、新しい問題、反社会的で非効率な点が見いだされるなら、
組織の危機として認識され、解決されなければならない!
命令違反も有効な手段となるが、それは組織の失敗ではない!!
それは必要なものである!!!

● 暫定的な新組織(TO2)
命令違反により組織の危機が回避されて組織は進化する!
問題か解決されなければ組織は存亡の危機にさらされる!

● 開かれた組織
良い命令違反を引き出すためには、交互に目的達成の手段とはせずに、相手の存在認める!
命令違反を行う理由をお互いが分かり、私利私欲ではなく組織のためになると!!
限定合理的であれは、この議論を繰り返し、完全な組織への絶えざる接近しかないと!!
これが「開かれた組織」であり、タイミングよく「良い命令違反」を行い、
それをマネージメント出来るなら、組織は不条理に落ちらないと!!!

あとがき
日本軍の失敗は、不合理なものだったのか???
それより合理的に失敗したのではないか??
その不条理を避けるためには、「命令違反」が必要である!!

 


「命令違反」が組織を伸ばす ②・菊澤研宗

 

 

2022年6月30日 (木)

本・「命令違反」が組織を伸ばす ①(2007/8 )・菊澤研宗

Photo_20220630233301


「不条理に満ちた現代の組織には、ファイナル・ソリューションとして命令違反する勇気と、
命令違反を許容する新たなマネージメントが必要である」組織論を専門とする気鋭の著者が、
無謀な戦争を戦ったとされる日本軍の行動に、行動経済学をはじめとする最新の経済理論を用いて分析し、
組織における「良い命令違反」のススメを唱える!
今日多発している組織の不祥事は、ほとんどが「不条理」に起因している。
本書では、「不条理」の極端な事例として太平洋戦争時の日本軍の行動を分析し、
「命令違反」が組織を存続させるだけでなく、進化させることを明らかにしたい。


菊澤研宗は佐藤優によって知った!!
ガタルカナルの戦いの日本軍の失敗の事だった!!
それから何冊か読んでいる……… 大変面白い!!! 
「合理的に失敗する」 この合理的に失敗すると言う言葉が分かり難い???
人間は合理的ではなく、限定合理的である!
何度も読んでいるうちにそれなりに分かってくる………
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!



序 章  人間は限定合理的な存在である
第Ⅰ部  二つの組織の不条理
第Ⅰ章  〈タイプⅠ〉の不条理  インパール作戦での牟田口廉也
第2章  〈タイプⅡ〉の不条理  ガタルカナル戦での白兵突撃戦術
第3章  命令違反のすすめ
第Ⅱ部  〈タイプⅠ〉の不条理を打破する命令違反
第4章  ぺリリュー島での中川州男の良い命令違反
第5章  ノモンハンで事件での辻政信の悪い命令違反
第6章  良い命令違反と悪い命令違反Ⅰ


第Ⅲ部  〈タイプⅡ〉の不条理を打破する命令違反
第7章  ミッドウエー海戦での山口多聞の良い命令違反
第8章  レイテ海戦での栗田健男の悪い命令違反
第9章  良い命令違反と悪い命令違反Ⅱ
結 章  命令違反のマネージメント
あとがき
参考文献


序 章  人間は限定合理的な存在である
失敗の原因は???
① 無知 ② 不注意 ③ 手順の不順守 ④ 誤判断 ⑤ 調査・検討の不足
⑥ 制約条件の変化 ⑦ 企画不良 ⑧ 価値観不良 ⑨ 組織運営不良 ⑩ 未知

条理な失敗   人間は不完全な心材で不完全な行動で、予期せぬ結果になる
不条理な失敗  良くない結果を十分知りつつ、失敗に突き進む

太平洋戦争時、日本軍は「無知」「非合理」「馬鹿げた考え」だったのか??
人間は観意識のうちに、「自分は無知でも非合理でもなく、全知でかつ合理的である」
しかし人間は、不完全な存在であり不完全な情報の中で行動する「限定合理性」である!!
不条理な失敗から回避出来るのは、「命令違反」と言う!!


第Ⅰ部  二つの組織の不条理
第Ⅰ章  〈タイプⅠ〉の不条理  インパール作戦での牟田口廉也
効率性と正当性の不一致が生み出す〈タイプⅠ〉の不条理!
無能と言うより自分勝手な行動なのか???
この例は、必ず出て来る!!!! 
NHKスペシャルでインパール、ガタルカナル、ノモンハンがあった!!
この関連の本はよく読んでいる!!!

● 牟田口廉也  無責任、無能の代表みたいに言われている!
太平洋戦争の緒戦は活躍した!
この勝利の中でインド侵攻の作戦が持ち上がる!!
これに牟田口廉也は反対した!!!
3000メートル級の山々、ジャングルの中でマラリアなどの病原菌の巣である!!
戦争末期に、ウインゲート挺身隊が活躍する!!
空中補給されている?? 日本にはそんな補給は出来ない!!
こうした中で再度インド侵攻作戦が浮上する!!!
この時、牟田口廉也はインパール攻略を復活させる!!!

作戦実行への意思決定プロセス 第一段階
自分が盧溝橋で戦争を始めたから、自分が片を付ける!!
功名心がある!!
が、兵站の事もあり合理的に反対される!!
それに対して、必勝の精神に欠けると!!
「不可能を可能にすることこそ軍人の本筋だ」
「インパールは三週間で占領できる」
「補給は現地調達すればよい」
「それでも軍人か、それが戦場の師団長のいいぐさか」
「この軍隊は戦が嫌なのか」

作戦実行への意思決定プロセス 第二段階
「私の経験から言えば今回ほど周到に準備した戦は無いと」
反対の中で自分に都合の良い方に命令を解釈した!!
品大陸でしか戦った事しかないのに………

作戦実行への意思決定プロセス 第三段階
この作戦は成功の可能性はゼロに近い???
しかし政治的な野心や自己利益を主張する人間は、必ずしも可能性はゼロではないと!!
負け続けているので、ここでインド侵攻となれば国民にアピールできると!!!

補給については、ジンギスカン計画がある!
牛と羊を輸送に使い、終わったらそれを食べる?????
一石二鳥である???
山本七平が自分の体験を語っているが、牛を補給に使うが、エサ、糞尿が大変だったと!!

将校を次々更迭し、作戦は失敗する!!
作戦中止を、私の顔色で判断してほしかったと!!
地獄の撤退が始まる………
NHKスペシャルでインパールの映像が生々しかったが………
作戦失敗は日本軍の無知と非合理性が指摘される!!
そして牟田口廉也の性格によってなされたものであると!!!

● プロスペクト理論での解説がある!!
これで牟田口廉也を解説する!!!
初戦の勝利の時である!!
プラスの心理状態である!
この時はリスクの高いことはしたくない!
これ以上にプラスになっても心理的にはプラスにならない!
マイナスになることも避ける!!
しかし大戦末期はマイナスの心理状態である!
この場合失敗して多少マイナスになってもあmりマイナスにはならない!!
それよりわずかでも成功の可能性があれば、心理的にはプラスになる!!
限定合理的な人間にとっては、無知で馬鹿げた行動ではなく、合理的な行動だった!!

● 大本営の心理は???
太平洋と東南アジアでの戦いがある!!
この戦いを総合的に考えるか?? 分離して考える????
どちらも負けている!!
両方まとめて負けの心理的影響がある!!
まとめて考えると、太平洋と東南アジアで負けていても、
それ以上負けても心理的影響は大きくない!!
それより少しでも勝つと、心理的価値は上がる!
その場合、作戦を中止するより敗北を確定しない方が合理的になる???
このような場合、限定的合理的な人間なら、誰でも効率性を無視して何らかの正当性を持ち出し、
心理的価値を高めるために、合理的にハイリスク、ハイリターンの行動を起こす??

投資家の例がある!!!
100万円を投資して、120万になる!!
その場合これ以上益を出しても心理的にはプラスにならない!!
直ぐに利益確定をする!!
逆に90万円になったとき、それ以上損失が増えてもマイナスにならない!!
そのままにしようとする!!
これは非合理ではなく、心理的には合理的になる!!
「無知」「非合理」「馬鹿げた考え」で、不条理が起るのではなく、合理的なのだと!!


第2章  〈タイプⅡ〉の不条理  ガタルカナル戦での白兵突撃戦術
● 私的利益と社会的利益の不一致が生み出す〈タイプⅡ〉の不条理は??
ガタルカナルの解説がある!
アメリカの最初の反攻である!!
この時、海軍は即座に攻撃している!! 輸送船を狙わなかったのは失敗であるが!!
この時の反撃が、キング、ミニッツのとっては、個人的には最悪の日だったようだ………
ミニッツは終日、射撃場で銃を撃って憂さを晴らした???
日本は白兵突撃戦で失敗する!!
4回目は中止になった……… 待ち構えているところに突撃した………
この戦いは日本軍の前近代的な戦術を繰り返した!!
現場の情報を無視して机上のプランで攻撃した!!

● 取引コスト論理での解説がある!!!
新古典派経済学???
人間が合理的であれば、優れた商品を開発すれば自然と売れて、淘汰される!!
しかしパソコンのキーボードがある!!
文字配列は、QWERTY………
これは昔のタイプライターを遅く打つための配列である!
事情があったが、現在は性能が良くなり遅く打つ必要がない!
にもかかわらずにそのまま使われている!!
デファクト・スタンダード 事実上の基本になった!!!
ウインドウズ VS マッキントッシュ
VHS VS ベータ
絶対的に優位ではない!! 市場は最上のものを選ばない!!
人間は変化を好まない!! 変えるためには膨大なコストが発生する1
実際のコストに、心理的なコストもある………

● 白兵突撃戦術??? 日本の伝統である!!
日露戦争で通用した????
それ以降日本は近代戦を経験していない!! 精神主義である!!
ノモンハンで通用しない報告を受けている!
が緒戦は通用した?? 驚いて敵が逃げただけだと!!
しかしこの白兵突撃戦術で教育は行われている!
武器もそうである???
つまり、膨大なコストを回収出来なくなり、無駄になる!!
今更変更出来ない………
限定合理的人間の産んだ、合理的な行動だった………
ではどうするのか???
企業の例もある!!
北海道拓殖銀行、三田工業………
三田工業は粉飾決算に手を染めた!
実態を公表して生じるコストに耐えれなかった??
山一もそうなのか????


第3章  命令違反のすすめ
プロシア参謀本部のモルトケは、現地の裁量を認めた!!
つまり命令批判が救う例がある!
組織理論上は不正だが、組織経済的には効率的!!
合理的人間の集まりであれば、常に正当性と効率性が一致する!!
しかし人間は限定合理的であり、正当性と効率性が一致するとは限らない!!
不条理に陥った場合、命令違反が有効だと!!
そう言う事が認められている時代が来ていると!!


第Ⅱ部  〈タイプⅠ〉の不条理を打破する命令違反
第4章  ぺリリュー島での中川州男の良い命令違反
学生時代に「天皇の島・児島 襄」を読んだ!!
長ずるに従ってもっと理解できた!!
太平洋戦争で、日本が勝ったのはミッドウエー海戦前までである!!
それ以降は、ソロモンで激戦を戦ったが、あとは負けている!!
アメリカが油断した後、勝っただけである!!
戦い後の損害を見ても、日本はアメリカに比べて戦死者が多い!!
互角なのは、このぺリリュー島と、硫黄島ぐらいではないか??

● 上陸部隊を迎え撃つには、水際で撃退するか?? 上陸させて迎え討つか??
ノルマンディー上陸は、ルントシュテッド元帥は上陸させて撃退する!!
ロンメル元帥は水際で撃退すると!!
ロンメルはアフリカで連合軍の消耗戦の凄さを知っている!!
上陸させれば撃退できないと!!!

日本の作戦は水際撃滅作戦と、洞窟陣地持久作戦である1!
大本営は水際作戦である!!
しかしアメリカは徹底的な艦砲射撃を実施する!!
日本は補給はもうない!!
しかしそれでも法は生き残っている!!
これが反撃するが、位置が分かりそこを攻められて潰される!!
その繰り返しだったようだ………

● ぺリリュー島に中川州男が赴任する!!
大本営参謀、マッカーサーの参謀と呼ばれた堀栄三が「アメリカの戦法」をまとめている!
これで教育したようだ!! 中川州男がよく聞いていたようだ!!
アメリカは精鋭の際一海兵師団である!!
水際撃滅作戦を取らないで、洞窟にこもった!!
そして夜間に切り込み隊が米軍を襲う!!
決して万歳突撃を行わなかった!! 持久戦に持ち込んだ!!
これは成功した……… 
「スリー・デイズ・メイビー・ツー」
2,3日どころか終戦後も抵抗していたと!!

ではどうして大本営の作戦通りにやらなかったのか???
水際撃退作戦が陸軍の伝統に沿った正当なものであっても、効率的ではなかった!
非効率な玉砕戦法で、本土決戦を遅らせることにはならないと!!
そのために大本営の命令を無視して、現地に会った作戦を取った!!
きわめて合理的である!!!
硫黄島・栗林忠道、フィリピン・山下奉文らが持久戦を展開する………
沖縄もそう言う意味では成功した!!
が、沖縄は根本的に違っている………
住民がいた!! サイパンもそうであるが、住民を巻き込んではいけない!!
沖縄戦の八原博通高級参謀は持久戦を取り入れた!!
これは間違いではないか??
本人は降伏して生き残っている……… 

ぺリリュー島以降、アメリカ軍を恐怖に陥る!!
日本兵もその死に意味を見出した!!


第5章  ノモンハンで事件での辻政信の悪い命令違反
● 中川州男と逆なのが辻政信!!!
「NHKスペシャルのノモンハン・責任無き戦い」
元参謀のインタビューがあるが、天皇のことを、「天さん」と呼んでいる!
証言があるが、辻政信を天才と言っている!
だからやることに間違いがはない!!
このインタビューヲ見ていて嫌になったが………
そうやって増長させて、責任を取らなかった!!

① ノモンハンで捕虜になった将校に自決を強要した!
② 効率性よりも軍人倫理を徹底的に追求した!
③ 後方で酒色にふけることを許さず、それらに出席せず、料亭を焼いたこともある!
④ 自分で現地に足を運んで、作戦計画を立案した!
⑤ シンガポールで華僑を処刑した!
⑥ 英兵の肝臓を食べた????? 実際は豚とも言う!!

色々やってくれている!!
戦犯の時効がある!! それを逃れて国会議員で、消息不明になった………
捕虜殺害については、沢山の兵が戦犯になった!!
にもかかわらずに辻は逃げた!!!
半藤一利がインタビューしたことがあると!!
やわら服を脱いで、弾傷を見せて、これは何処と戦場を示したようだ!!
すごい迫力だったと!!!

● ノモンハンの解説ががある!
知っているのはソ連は本格的に日本を叩こうとした!!!
それに対して日本は一撃を与えると!!!
ソ連のジャーコフ将軍は日本の兵と下士官、将校を褒めた!!
が、高級将校に司令官は評価しなかった!!
一次二次とあるが、さっさと終わりにしておけば良かったが、意地になった!!
補給もこちらが困難なので、ソ連も困難だと!!!
機械化の程度が違う………
緒戦の航空戦には勝っていたようだが………
参謀本部の言う事も聞かずに、独断専行か?
敗北を隠すためにまた無理をする………

ノモンハンの指揮官で司馬遼太郎に「元亀天正の武器で戦った」
ここでも白兵主義である!!
「戦争とは指導者相互に意志と意志の戦いである!
味方が苦しい時は、敵もまた苦しい!」
よく分からないが、ノモンハンで近代戦を経験したのではないか??
その割には学習能力がない!! 天才ではないのかと!!!
近年、ノモンハンの結果がソ連から出ていて、ソ連も相当な被害を受けている!!
これを見て、もう少し頑張れば勝っていたと!!!
それで騒ぐ人間もいる!!
五味川純平、司馬遼太郎、半藤一利の3人が、負けた負けたと言い過ぎと批判されている!!

● 辻政信は効率性を捨てて軍人倫理を追求した!
常に軍人はこうあるべきだと!!
そう言われると、誰も反論出来ない!!
人間が完全合理的であれば、効率的に、軍人らしく戦うことは一致する!
しかし限定合理的であっても、効率性を捨てて軍人らしく戦うことにこだわった!!!
その命令がおかしいのだが、それを非効率でも遂行は可能だと思った???
それゆえ反論できずに、支持者もいた!!!
要は、そこで命令違反が出来れば変わっていた?????
そんな事は無い!! 自分の都合の良い命令違反しかしないだろう………
効率性を捨てて、軍人らしく戦う命令違反をする????

「創造なき組織」 軍人として何が正しいかは誰も分からない!!
その中で一度価値観や論理感が芽生えると、拘束されてしまう!!!
進歩がなく、硬直化した組織になると!!!!!


第6章  良い命令違反と悪い命令違反Ⅰ
● 辻政信の命令違反!!! 悪い命令違反とは???
大本営は一応中国では勝っている!! 
つまりプラスの心理状態にある!!
つまりこれ以上戦果を広めてもプラスにならないと!!
これに対して辻政信は近代戦を経験せず、白兵主義しか知らない???
ノモンハンの初動で負ける!! 当然マイナスの心理状態である!!!
この時に、少しでも勝利すれば加速度的にプラスの状態になる………
そのために命令に違反して悪い方向に向かう!!
そこで停戦して損害を食い止めることが必要であった………

● 中川州男の場合である!!
この時期負け続けて、大本営はマイナスの状態にある!!
この場合は損失はあまり負担にならない!!
水際撃退作戦のように、非効率的な戦術であっても、
軍人の倫理や正当性で戦いを続行するほうが、心理的価値が増大する!!
正当性だけが追及されて、効率性は無視される!!!

中川州男はプラスの状態にあった!!
もはや生き残ることは考えていない!!
戦い続けることがプラスの心理状態を保てる!
硫黄島・栗林忠道、フィリピン・山下奉文らもそうである!!
沖縄もそう言う意味では成功した!!
しかし八原博通は死なずに降伏したが………
会社組織に当てはめると、
「最後には、会社を辞めて責任を取る」
覚悟や、潔さをもつ覚悟があるのか???
その土壌があるのかかが重要だと!!

● 〈タイプⅠ〉の不条理の克服!
絶えず、プラスの心理状態に持って行く!!
レファレンス・ポイントを移動させる???
マイナスの心理状態でも、より低い位置に設定する!!!

絶えず失敗を完全否定せずに、結果を常に批判的に分析する!!
プラスに考える必要がある!!
命令違反も大変である!!!

 

「命令違反」が組織を伸ばす ①・菊澤研宗

 

 

2022年6月29日 (水)

本・台湾有事のシナリオ―日本の安全保障を検証する ③(2022/2)・森本敏(編著)、小原凡司(編著)

Photo_20220627230101



第Ⅲ部 日本の課題
第8章 台湾シナリオと日米防衛協力(武居智久)
第9章 台湾シナリオとグレーゾーン事態の国際法 
日中共同声明の制約と域外サイバー行動の法的課題(黒崎将広)
第10章 台湾シナリオと防衛政策決定における日本の課題(真部朗)
終 章 日本の課題と複雑な未来(小原凡司)
索  引


第Ⅲ部 日本の課題
第8章 台湾シナリオと日米防衛協力(武居智久)
1 アメリカは再び動き出した
トランプ大統領からバイデン大統領に変る!
・コロナからの回復
・雇用とインフラへの投資
・教育改革
・社会インフレの整備
・気候変動の取り組み
・人種差別の撤廃
・民族の多様性
・銃規制
・中国を競争相手と見なす
・孤立主義を止めて、同盟国との関係重視
・民主主義VS専制主義の戦いに勝利する

米国にとって日本は重要な国になっている???


2 中国の日米安全保障上の位置づけと選択的な関与
バイデン大統領就任後100日で日米首脳会議が行われる!
良好な関係である!!
「台湾関係」が出てくる!!
2005年 独立志向の強い陳水扁が当選し、中国がミサイル発射などで圧力をかける!!
鳩山内閣で一時暗礁に乗り上げていたが………
中国に対して責任ある具体的行動を求める!
自制も求めている!!

2012年 石原東京都知事が尖閣を買い、暴動が起こる!
以降、尖閣が日米安保の対象になる!
香港、新疆ウイグルの人権状況も中国の背信行為になる!
菅総理は迷っている??
中国に対しても、日米に温度差、ギャップが生じている?
日本は、政権内に媚中派がいる!!
中国は辛抱強い???
尖閣と台湾への侵入!
日本列島への、中ロの爆撃機、艦隊の派遣???


3 中国は「懸念」か「脅威」か
インド太平洋地域の国は単純に二極化出来ない!
・ベトナム   社会主義国
・シンガポール リベラルでも民主的でもない
・インド    仝上
自国の利益を最大限に出来る方に付くと!!

国名の順も大変である!
2019年 防衛白書
中国、北朝鮮となる! 前年の脅威は北朝鮮、中国である!!
防衛白書は、日本は、中国の脅威を「懸念」と書く!
「脅威」
米国は中国を「脅威」とするが、日本は北朝鮮を「脅威」と言う!!
これは認識のずれなのか??
それとも中国に対する「配慮」なのか??


4 防衛力整備の日米ギャップ
日米首脳会議で、菅総理は自らの防衛力強化に取り組むと!


◇ 日米共同作戦のギャップを埋める
優先する評価項目は??
・戦略
・作戦概念
・技術と兵力構造
・兵力配置
・軍の管理
・情報
・同盟国、パートナー国、米中関係、中国との関係

その為には何をやるか??
・固定基地の防御力強化
・地上配備兵力のネットワークの強化
・兵力の分散と分権
・センサーの強化
・長距離通常弾道ミサイル配備
・事前集積船の増強

◇ 日米防衛力整備の力点
日本が防衛費1%にこだわると、成功は期待出来ないと!!
防衛費増強である!!
【ロシアのウクライナ侵攻で各国の防衛費が増強される】

◇ 台湾との関係の強化が必要
東日本大震災である!
多大な義援金を送ってくれたが、その感謝の席に呼ばない!
中国との関係で遠慮してほしいと! これは民主党政権だったが………
李登輝総統が日本に治療に来た時も入国を許可しなかった!
個人的にはええのかと思ってしまったが………

日本が台湾のことを理解しなければ、日台関係が崩れると!
単に、台湾を守ると言っても具体的に何をするのか??
日米首脳は、変わり始めた日米同盟をどう適応させるか、
関係者は目に見える成果を上げることが必要だと!!


第9章 台湾シナリオとグレーゾーン事態の国際法  
日中共同声明の制約と域外サイバー行動の法的課題(黒崎将広)
1 忍び寄る中国のハイブリッド戦  問題設定
「中国の核心的利益」

日本も………
「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに、両岸問題の平和的解決を促す」
「ルールに基づく国際秩序を損なう、地域における威圧的で安定を損なう行動に強い反対」
対立は武力だけでない!
武力を伴わず、現状変更を目的とした活動に、両国とも従事している?
グレーゾーン事態である!!

日本に対しては、
① 武力攻撃を伴わない侵略
② 日本の米軍部隊に同様の侵害

・国籍を隠した不明部隊を用いた作戦
・サイバー攻撃
・インターネットへの偽情報の、ハイブリット戦!

2014年 ロシアはウクライナで使っている!
2020年でも使っている?
ロシア、中国だけでなくアメリカもやっているが………
日本はサイバー攻撃を受けたら反撃出来るのか?
その法的整備は??

悪意あるサイバー行動は?? 日中間の架空シナリオ?
第一段階 台湾選挙への選挙妨害 影響工作を無力化するサイバー攻撃を行う
第二段階 政治的併合を容易にするサイバー攻撃を無力化する
出来るのか???
日本の場合は法整備に、ハッカーがいるのか?????


2 日中関係上の制約  日中共同声明における台湾の地位
◇ 日中共同声明第三項の意味
1972年 田中角栄の日中共同声明!
これにより日台条約は無効になる?

1952年 サンフランシスコ条約で台湾など、放棄している!
ただし、その時の中国政府は台湾である???

要は下記の通りになる!
「中華人民共和国政府は、台湾が中華人民共和国の一部であることを表明する」
「日本政府はこの立場を十分理解し尊重する」
意味は分ったが、そんちょうするだけで認めた分けではない???

◇ 日中共同声明第三項の帰結
しかしこれは中国の平和的統一の場合であると!!
武力統一の場合は事情が違う!!
その場合は、日本は立場を留保すると!!
そう言う事態を予想していたのか???

◇ 日中共同声明の「国際法上の規範性」
法的解釈の問題である???
読んでいると、慰安婦に徴用工の問題と同じになる???
結局現行国際法で、域外サイバー行動を取れるのか???


3 一般国際法上の制約 中国・台湾地域に対する日本の域外サイバー行動の法的可能性
◇ サイバー国際法の規範構造 国家間の見解の不一致は国際法の不存在を意味しない
サイバー国際法も、個別国家によるによる、一般国際法の解釈適応にに関する、
公式見解の表明が法規範形成の原動力であると!

◇ 不干渉原則 台湾問題は中国の国内管轄事項か
主権原則および不干渉原則は、中国が最も重要視している、サイバー国際法の基本原則である!
他国の国内問題に介入するためにインターネットを用いる国にも断固として反対??
どの口が言う!!

日本は、中国の台湾併合プロセスが平和的でないと判断する限り、
日本の行動は許されると??

◇ 主権原則 中国のインフラの物理的被害・機能喪失を回避することの重要性
サイバー攻撃は主権侵害になる???
要は物理的被害、機能喪失、影響が及んだ点で主権侵害を主張できる??
【日本が攻撃受けたら??】

◇ 対抗処置 中国による主権侵害・相当の注意義務違反を中止させるための日本の自力救済措置
日本は、対抗処置は国際法上認められていると???

サイバー攻撃で、中国の先行違反行為として考えられるのは?
第一 日本の主権侵害の可能性
第二 相当の注意義務違反

領域国が負う具体的な注意義務は??
① 他国の権利に反する行為
② それと知りつつ
③ 使わせてはならない

例がある??
中国からの悪意のあるサイバー行動  中国からと分かるのか?
中国に抗議する!
中国が何もしなければ、責任を中国に追求出来る? 証拠は??
日本が国際法上 対抗処置は許される!
ただしどこまでやるかは、細心の注意事項が必要だと!!
【中国が自国がやった証拠を残すのか?】


4 日本が域外サイバー行動を決断するとき 検討結果と課題
対抗処置で、サイバー攻撃は許さるとは言っても、中国がどう思うかは不明である!
もし中国に域外サイバー行動が出来たとしても、日中共同声明第三項が制約になると!
結局は出来ない??
日本は??
・どの機関がやるのか?
・国内法はあるのか?
グレーゾーン事態に、新たな日中関係に正面から向き合うと!!


第10章 台湾シナリオと防衛政策決定における日本の課題(真部朗)
台湾シナリオにおいて日米同盟の現状と課題について述べる!!


1 日米同盟の実効性を担保する法的・政治的枠組み
日米安全保障条約と日米防衛協力の指針を述べる!


◇ 日米安全保障条約
第五条
「日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、
 自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、
 自国の憲法の規定及び手続に従って、
 共通の危険に対処するよう行動すること」

第六条
「日本国の安全に寄与し、並びに極東における国際の平和及び安全の維持に寄与するため、
 アメリ力合衆国は、その陸軍、空軍及び海軍が日本国において施設及び区域を使用することを許される」

事前協議が必要な
・米軍の我が国への配置における重要な変更
(陸上部隊の場合は一個師団程度、空軍の場合はこれに相当するもの、海軍の場合は、一機動部隊程度の配置をいう)
・我が国の領域内にある米軍の装備における重要な変更
(核弾頭及び中・長距離ミサイルの持込み並びにそれらの基地の建設をいう)
・我が国から行なわれる戦闘作戦行動
(第五条に基づいて行なわれるものを除く)のための基地としての日本国内の施設・区域の使用

◇ 日米防衛協力のための指針
指針は??
Ⅰ 防衛協力と指針の目的
Ⅱ 基本的な前提および考え方
  一般的な大枠及び政策的な方向性
Ⅲ 強化された同盟内の調整
  平時からの調整
Ⅳ 日本の平和及び切れ目のない確保
  平時からいかなる段階においても切れ目のない形で、平和・安全の確保のために、
  相互運用性、即応性、警戒態勢を強化する
Ⅴ 地域及びグローバルな平和と安全のための協力
  地域の平和、安全、安定、経済的な繁栄
  平和維持活動、人道支援、災害救助、海洋安全保障………
Ⅵ 宇宙及びサイバー空間に関する協力
  早期警戒、ISR、測位、航法、宇宙状況、気象観測………
  サイバーセキュリティーに関する知見の共有、教育交流………
Ⅶ 日米共同の取り組み
  防衛装備、技術協力、情報協力、保全、研究交流
Ⅷ 見直しのための手順
  定期的に評価し、更新する


2 日本の意思決定枠組みの現状と課題
日本が出来ることは???


◇ 潜水艦技術の供与
オーストラリアの潜水艦の売却はフランスに負けた?
アメリカは通常型潜水艦を製造していない!
広い太平洋なら日本製が有利である!
台湾が売却、技術供与を求めたらどうなるのか??

日本は防衛装備移転三原則がある!
原則一 禁止
① 日本が締結した条約、国際約束に違反する場合
② 国連安保の決議に基ずく義務に違反する
③ 紛争当事国への移転となる場合

原則二 許可
① 平和貢献・国際協力に積極的な推進に資する場合
② 日本の安全保障に資する場合
③ 安全保障上の影響が極めて小さい場合

原則三 許可
適正管理が確保される場合

台湾への技術移転は?
① 中国との外交問題
② 現行の法制
③ 政治的な枠組み
が、解決されなければならないと!!

◇ 台湾軍機避退のための日本の航空基地の使用
台湾から、アメリカから日本の基地への緊急避難の要請には?
法整備は??
それより「必要は法を必要としない」
【認めざる得ない】

◇ 哨戒活動への参加
あり得る要求である!!
哨戒活動は、平時のルーティン活動の延長である!
中国がどう判断するのか???
特別ハードルは高くないと???

◇ 通信衛星及び情報収集衛星の使用
アメリカから衛星の使用要請があれば??
応じることは可能である!
応えるためには、関連手続きを迅速に行う必要がある!!

◇ 米爆撃機のエスコート
指針がある!
日本以外の国に武力攻撃の対処行動
日本に対する武力攻撃への対処行動
これは法よりも軍事的な問題となる!
【国内世論の方が問題である?】

◇ 航空自衛隊による航空優勢獲得作戦への参加など
アメリカから要請されたらどうする??
米空母打撃群への参加、潜水艦による攻撃!
中台紛争の可能性は少ない時代の指針である!
今や実際に起こることが前提である!
早めの法制度が必要だと!!!


3 国家安全保障戦略と防衛計画の大綱の間を埋める国家軍事戦略
◇ 問題の所在
現在の安全保障・防衛に関する基本的な政策文書
「国家安全保障戦略」
「防衛計画の大綱」

もんだいを取り扱う文書を軍事戦略として策定することは、
一定の合理性が認められる!
また、一定の抑止効果も期待できると!!!

◇ 大綱策定に資する文書
日本は、手の内を読まれると秘密である?
これは考えがあるようだが??

◇ 米軍の戦略文書
米軍
NSS 国家安全保障戦略
NDS 国家防衛戦略
NMS 国家軍事戦略

日本と似ている???

◇ 軍事戦略の要否
① 現在の体系を維持し、大綱中の「防衛力の果たす役割」の記述を詳しくする
② 当該記述を大綱から外し、詳述した上で軍事戦略として独立させる
① が適当か
現在のように大きく安全法相環境が変化している時期では、
現状に合わせて不断に見直しが必要だと!!


終 章 日本の課題と複雑な未来(小原凡司)
「アメリカは再び動き出した」
「あめりかは新たに立ちあがりつつある」
「アメリカは離陸準備が出来ている」
バイデン大統領である!!
親中派と言われていたが………

台湾はアメリカにとって重要である!
レーダーでの中国奥地の監視、中国の外洋進出を防いでいる!!
中国はどのような手段を用いてでも統一しなければならに!
安全保障には「想定外」は許されない!!

◇ 台湾情勢をめぐる日本の政治的課題
日本の台湾をどう位置付けるのか??
どちらかと言えば避けている!!
台湾周辺の軍事衝突は日本を巻き込む!

まず何が起こるのか??
・サイバー攻撃
・電波妨害
・ディスインフォメーション
台湾国内を混乱させる!!
情報通信技術の進歩がある!
【ウクライナの善戦は、通信情報のおかげか?】

ハイブリット戦は前兆である!
軍事侵攻の……………
・衛星、海底ケーブルの破壊
・サイバー攻撃
・電波妨害
・ディスインフォメーション・キャンペーン

日本は「平時」は無いと思うべきだと!
もし台湾侵攻があれば、北朝鮮、ロシアに挑発させる!
北朝鮮はミサイル発射である!!
韓国とのすり合わせも必要である!!
日本の領空へロシア機が侵入する?
指揮系統の、すり合わせが必要であると!!

◇ 各戦闘領域における日本の対応と課題
・現実空間と仮想空間
・領域横断作戦
・AI技術に量子力学
・サイバーセキュリティー
・長距離精密誘導攻撃
・航空優勢獲得
・アメリカ軍との協力
・日本は可能な限り自力で戦わなければならない
・台湾とは独自の関係を構築する
・サイバー攻撃にはサイバー手段で対抗出来ると
・台湾機の緊急避難
・邦人の避難
・台湾人の避難
・自衛隊は制約が多く、対応しにくいと!!

◇ 揺れる世界と不透明な未来
「ラリー・ボンド レッドドラゴン侵攻す」
中国のベトナム侵攻がある!
中国はフランス大使を呼び付け、アメとムチを示して味方にする!
アメリカ・イギリスVS中国・ロシアで味方を増やす!!
中国は友達が少ない?? いないかも??
日本に多そうである!!
G7、NATOにはすき間風がある!
中国はそこにつけこむ!!
アメとムチである!!
ワクチンも各国自国優先である!!
中国は台湾のワクチン納入を邪魔し、
自国のワクチンの提供を申し出る!!
嫌な国であるが、東南アジアは頼らなければ無理である??
分っていてでもある!!!

中国の「政治戦」
・政治安全保障
・国土安全保障
・軍事安全保障
・経済安全保障
・文化安全保障
・社会安全保障
・科学技術安全保障
・情報安全保障
・生態安全保障
・資源安全保障
・核安全保障
・宇宙安全保障
・ネットワーク安全保障
・深海安全保障
・海外利益安全保障
総体的国家安全保障で、どれでも援助する??
何処か弱点を餌にする!
債務の罠に陥る!!

台湾有事は日本有事である!
南西諸島は巻き込まれる!
否が応でも自衛隊は出動する!
北朝鮮にロシアが援護で日本にちょっかいをかけてくる!!
日本は自らの防衛力を強化する必要があると!!


索  引

 

台湾有事のシナリオ―日本の安全保障を検証する・森本敏(編著)、小原凡司(編著)

 

2022年6月28日 (火)

本・台湾有事のシナリオ―日本の安全保障を検証する ②(2022/2)・森本敏(編著)、小原凡司(編著)

Photo_20220627230101



第Ⅱ部 各種戦
第4章 台湾シナリオと領域横断作戦(長島純)
第5章 台湾シナリオと自衛隊の作戦構想(廣中雅之)
第6章 台湾シナリオと南西諸島の防衛(磯部晃一)
第7章 台湾シナリオにおける日米共同海上作戦(池田徳宏)


第Ⅱ部 各種戦
第4章 台湾シナリオと領域横断作戦(長島純)
非軍事的手段を重用するハイブリット脅威がある!
軍事的緊張の前には、
・宇宙、サイバー、電磁波
・サイバー攻撃、プロパガンダ、欺瞞による妨害がある!
侵攻を円滑に行う為には必要だと!


1 宇宙、サイバー空間、電磁波における作戦(領域横断作戦)
◇「領域横断作戦」??
陸海空の従来の領域における能力を有機的に結合させ、攻撃を阻止・排除する!
サイバー、宇宙にまで広がる………
日米協力は、順調に進んでいるように見える!

◇ 戦争概念のパラダイムシフト
2度の世界大戦で莫大な犠牲者を出した!
核兵器が大きな役割を果たす!
朝鮮戦争、インドシナ戦争、イラク戦争………
ただ犠牲者の絶対数は少なくなっていると!
現実空間と仮想空間の分界を去来する、領域横断作戦は、
AI技術、量子力学の技術進化で、戦争概念のパラダイムシフトは加速する!

◇ 新領域をめぐる現状
2007年 中国は人工衛星の破壊実験を行う!
宇宙の脆弱性がある?
同年、エストニアに大規模サイバー攻撃をロシアは行う!
ロシア語系住民の暴動がある!!
次なる米国への攻撃は?
宇宙システム、電磁波攻撃から始まると!!

◇ 新領域における戦いの未来
宇宙、サイバー空間の争い!
中国、ロシアは、コロナでも偽情報を流した!
それは証拠もあるようだ??
国同士の連結の脆弱性を活用し、あらゆる方面から攻撃する!

こう言う戦略が今後活用されるようになる!!
もっとも攻撃するのは中国ロシアか??

防御は、戦略的、包括的、一元的、有機的な観点から、
柔軟、迅速に対処し続ける?
日本はどのような態勢にすべきか、国家として明確にすべきだと!


2 日本の課題
日本は専守防衛である!!
現行法内で何がやれるのか??
新領域攻撃の対処方法をあらかじめ決めておく!
自らの脆弱性を把握し、その先行は攻撃側に費用効果の面からも諦めさせ、
「抑止」効果を期待する!
また失敗した場合の、「対処」も視野に入れる!!

◇ 日米同盟
同盟を結んだだけでは済まない!
武器など互換性も必要である!
何より相互補完、相互運用性が必要であると!!
共通装備品の能力向上!
絶えず調整、修正が必要であると!!

◇ 多国間協力
もはや一国では中国に対処できない??
アジアも「FOIPS」「QUAD」
多国間協力では、平時から合同訓練は必要であると!
日本は米、豪、印、加、ニュージーランド、イギリス、
フランス、ドイツらと能力が劣ってはならないと!!
絶えず能力向上を図る!!

◇ 作戦運用
態勢整備などの法整備の必要!
いざと言う時に、日本は対応出来るのか?
宇宙についての任務は??
① 宇宙、サイバー電磁波舞台にかかわる、計画立案、総合調整
② 統合任務部隊の指揮監督
③ 米軍関係機関らとの計画、運用、後方任務の調整
④ 宇宙安全保障の為の作戦運用、連絡調整
⑤ サイバーセキュリティの作戦運用、連絡調整

◇ 先進技術
先進技術??
ビッグデータとAI技術での作戦システムの構築が必要だと!!
違うシステムが必要になる!

◇ 人材育成
人材に、軍種間、多国籍協力に差が有ってはいけない!
技術リテラシーの教育、訓練が必要であると!!

◇ 法的・倫理的課題
作戦範囲が広まり、被害が多方面になる!
地域的、機構的な既存の枠を超えて多様性になる………
・イノベーティブな作戦発送
・領域間の相互接続性
・民間との調整
・同盟
・友好国
・関係省庁
・先端技術
コミュニケーションを円滑に、確実に実行する!!
国家として戦略メッセージを発信し、台湾のハイブリット脅威を抑止する!


第5章 台湾シナリオと自衛隊の作戦構想(廣中雅之)
台湾危機は起きるか起きないかではなく、いつ起こるのかになっている!!
日本は否応でも巻き込まれると!
台湾危機に備えて、日本の戦略的抑止と対処構想の方向性を述べる!!


1 西太平洋戦域における新たな戦闘様相
◇ 米中軍事対決の構図
中国は14ヶ国と国境を接し、世界最大の人口の国である!
2017年 中国共産党第19回共産党大会!
・2035年 人民解放軍の近代化
・2040年 世界最大の軍事国
・2030年半ばには、GDPが世界第一になる!
・2050年 米国は人口4億になり、中国の人口減少で再度GDPが世界第一位になる?
要は米国(世界)にとって、中国の経済成長を邪魔することが課題であると???

中国の力による現状変更は???
・1950年 チベット・ウイグル侵攻
 仝、朝鮮戦争介入
・1979年 ベトナム侵攻 負ける
・1996年 第3次台湾海峡危機 中国、差を見せつけられる
中国は以降軍備増強に走る………

◇ 台湾シナリオと軍事バランス
中国は非キネティック兵器だけでなく、
三戦 輿論戦、心理戦、法律戦を推進している!!

中国のアドバンテージは?
① 圧倒的な地上配備方ミサイル
② 高度な非対称戦能力 サイバー、電磁波、宇宙空間

中国の台湾侵攻は、電撃戦になる!
【ロシアのウクライナ侵攻は電撃戦に失敗している】
それが成功するかがカギである!
米国は第一列島線、第二列島線に下がり、反撃機会をうかがうと!
制空権、制海権の確保が必要だと!!
とにかく航空優勢が無ければ失敗する??
否応なく日本は基地使用をしなければならないと!!

◇ 制空権の獲得、航空優勢をめぐる将来戦の様相
米軍も航空優勢は難しいと考えている!
特定の統合作戦のみに限定的な、航空優勢になる??


2 専守防衛と長距離攻撃力
◇ 日本の核抑止態勢
ロシア、中国、北朝鮮が日本への攻撃能力を持っている!
日本は核報復能力を持っていない!!
① 米国の核の傘にある
② 日米の通常兵器による抑止力が機能している

日本は何をやるにしても問題が多い!!

◇ 自由民主党の政策提言
敵基地攻撃能力??
直ぐに反対する
わざわざ敵基地攻撃能力と書く!!
中国はおめでたい国と舐めている………

◇ 専守防衛と長距離攻撃力(オフェンシブ・カウンター・エア)の概念
攻撃を受けてから初めて反撃出来ると!!
2003年以降 北朝鮮のミサイル発射がある!
日本の防衛は難しい!!
① 長距離ミサイルの攻撃が可能となっている
② 量的にも問題になっている
③ 長距離攻撃爆撃は犠牲を伴う 

要はこのままではダメである?
専守防衛の概念の見直しが必要だと!

3 戦略的抑止と対処構想の方向性
◇ 戦略抑止力
核兵器は保有せず、平和利用に限っているが、潜在能力がある!
2022年 ロシアのウクライナ侵攻で、核使用が脅しで使われる!
米国の核抑止力がどう使われるのか? 信用の問題になる?

著者は、長距離攻撃能力の保有は有効だと!
ただしその為の法整備は必要である!!
攻撃システムの態勢整備の構想、その着手が必要だと!
ステルス戦闘爆撃機、長距離ミサイル、目標設定システム………

◇ 対処構想の方向性
中国の台湾侵攻時、台湾は「独立」を宣言する??
台湾単独では戦えない?
その時の日本の対応は??
・沖縄の基地使用
・アメリカ軍との共同作戦
逆に、中国の軍事的圧力を被ると
・サイバー攻撃
・宇宙空間

日本は台湾危機においては?
・国民の生命と財産を守るためにどう反撃するのか
・耐えれる被害
・休戦へのシナリオ
・政治的犯罪を危機対処計画が必要
・日本は当事国になる覚悟が必要だと!!


第6章 台湾シナリオと南西諸島の防衛(磯部晃一)
1 第一列島線と南西諸島の概観
第一列島線は中国の太平洋進出のジャマになる!
九州から台湾間は、1,500キロメートルに及ぶ!
尖閣、石垣島、与那国島がある!
目ざわりであると!!
台湾侵攻の渡洋能力は???
米日の対応は???


2 南西諸島の島嶼防衛
◇ 初めて島嶼防衛ににげんきゅうした「一六大綱」
島嶼部に対する侵略に対して、部隊を機動的に輸送・展開し、
実行的な対処能力を備えた体制を保持する!!
・16大綱  2004年
・22大綱  2010年
・25大綱  2013年
・30大綱  2018年

◇ 南西諸島防衛強化のための自衛隊の施策
「アイアン・フィスト演習」
水陸両用作戦に関する米海兵隊との共同訓練!
2010年後半 自衛隊は南西諸島の防衛態勢を急速に強化する! 

◇ 島嶼防衛の構想
平素からの防衛努力は重要であると!!
だから演習に反対する!
・北朝鮮
・日本の知識人??
・地域社会との良好な関係は必要だと!!

ISR活動!
常続的な情報収集、監視、偵察が必要!
常時と違う動きには何かあると???

米軍との連携が重要だと!

島嶼防衛における追及すべき目標は?
奪われた島嶼は奪回すると言う意図と能力を示す!
その訓練が必要だと!!

◇ 今後の課題
ではどうするのか???
・南西諸島への新たな部隊の配置や用地の確保
・自衛隊の空港、港湾の活用
・統合運用体制の強化
・島嶼防衛の米軍との共同作戦の策定
・南西諸島の統合・共同訓練の一層の推進
・地域社会との良好な関係構築
・国民保護体制の充実 避難訓練など


3 米国インド太平洋軍の戦略構想とその変化
海兵隊の将来の動向は??

◇ 米国の対中脅威認識の根本的な変化
7年で劇的に変わる???
今や唯一の敵である?? 最大の懸念だと!!
ロシアを越えている!!
日豪との連携が重要か?
・台湾に対する軍事力の懸念
・核の増強
不安要素は多い!

◇ 太平洋抑止構想
重視事項!
① 高度な軍事プレゼンスの近代化、強化
② 兵站、整備能力、弾薬、燃料などの事前集積の向上
③ 統合部隊の訓練・演習・イノベーションの推進
④ 米軍の即応性・抗堪性向上のためのインフラ整備
⑤ 同盟・パートナー国との防衛・安全保障能力の構築

◇ 海兵隊の構想
対中抑止・対処態勢の構築が問題である!!
伝統的な組織編制、訓練、装備の変換である!
大規模な強襲上陸作戦や、長期にわたる陸上作戦にしている!
が、もはや小規模で分散し、高い残存性を有する戦力に変革すべきであると!

廃止・削減は?
・歩兵大隊
・戦車
・索引式カノン砲
・陸上重戦力
・ヘリコプター・オスプレイ

促進は??
・ロケット砲
・無人機

・偵察  敵の活動を調べる
・逆偵察 敵の偵察をさせない
・スタンドイン部隊 敵の放火内で生き残り、反撃出来る部隊
生き残ることが重要で、固定施設にとどまらずに、分散すると!!

◇ インド太平洋軍の戦略構想の総括
米国は敵の兵器システムの効力内にとどまる必要がある!
その為には、同盟国、日本、オーストラリアとの協力が不可欠であると!


4 台湾危機における中国の侵攻様相と日米両国の対応
台湾は、米国、中国、他の主要国を巻き込む最も危険な地域???

◇ 台湾海峡をめぐる最近の動向
2021年 結党100周年
2049年 建国100周年
「偉大なる中華民族の復興」
台湾統一が、中台間の緊張は高まりこそすれ、低下することは無い!

◇ 中国の考えるレッドラインと予想される侵攻様相
何時、中国が台湾に侵攻するのか?
① 台湾独立の正式表明
② 台湾独立に向けた動き
③ 台湾国内の混乱 中国のサイバー攻撃、親中派の策動?
④ 台湾による核兵器保有
⑤ 統一交渉の不確定な延期
⑥ 台湾の国内問題に対する外国勢力の介入
⑦ 台湾への外国軍隊の駐留

偽情報、サイバー攻撃、平素から親中派の温存、
メディア、政界、財界、軍人…………
中国が裏で糸を引くクーデターの実施!

台湾統一のシナリオは?
ケース1 ハイブリット戦の駆使 可能性は高い!
ケース2 台湾限定の短期激烈戦
ケース3 本格的侵攻 ウクライナでこれは無理か??

◇ 台湾武力侵攻に関する分析・渡洋能力
台湾まで本土から180キロメートル!
海か、空か???
第二次世界大戦 クレタの戦い!!
ドイツ空挺部隊の墓場となる!!
空からの攻撃では無理がある??
海に頼らなければならないが………

中国の投入できる兵は??
・海から  19,000人
・空から  6,000人

沖縄戦は10万に対して55万人と言う!
台湾は10万の兵なので、それぐらい必要だと!
イギリスのダンケルク撤退!
あらゆる船を使った!
そうすれば侵攻も可能か??
逃げる時は、ボロボロでも構わないが、攻撃する時は、ボロボロでは無理か??

日本はどうするか??
・従来の原則を堅持
・台湾との意思疎通を図る
・法整備
・防衛構想の構築
・米国との連携強化
・中国は仲間がいない
・台湾、ASEAN、インド、中央アジア、モンゴル、ロシアと、
 中国が台湾に専念出来ないような戦略的関係を構築しておくことが重要である!


第7章 台湾シナリオにおける日米共同海上作戦(池田徳宏)
日本は米国との連携が不可欠である!!
米ソが制限してきた、短・中距離弾道ミサイル1,000発以上所有している!
陸海空から新たな領域における戦いがある!
日米共同総合ミサイル防衛作戦、共同海上作戦は??


1 増強される中国海軍の艦艇
中国海軍は? 2020年である!
・潜水艦合わせて約70隻で、近代化を図っている
・第一列島線内に米軍を入れない!
・空母、各種艦船の増強がある!!
・対艦巡航ミサイルも脅威である? 空母キラー??


2 米海軍の将来像
「分散ネットワーク型攻撃力」
艦船の具体的性能の向上がある!!
センサー情報の精度も向上する………


3 海上自衛隊水上艦艇部隊の大変革
潜水艦は22隻体制へ!
と言うことは、攻撃出来るのは8隻か??
護衛艦は54隻に!
平時から有事への継続的体制!!
要は艦船が不足していると!!
ローテーションも重要であると!!

海上交通の安全確保、宇宙、サイバー、電磁波攻撃の優越も必要!


4 日米共同総合ミサイル防衛作戦
弾道ミサイルの種類??
・ミニマムエナジー 最も効率の良い弾道軌道で最大射程
・ロフテッド    高い高度で迎撃が難しく、射程は少し短い
・ディプレスド   低高度で射程は短い
しかしミサイル防衛と言っても簡単に打ち落とせないと思うが??
中国は1,000発、日本に向けている!!
迎撃ミサイルはその何倍必要なのか??
総合ミサイル防衛は、多くに有人・無人艦艇、航空機を展開して実施する?
無理がありそうであるが………


5 日米共同海上作戦
2027年に中国が台湾に軍事侵攻の恐れがある!
攻撃は??
・ミサイル攻撃
・機雷戦
機雷の種類は?? 5万~10万あると??
・接触
・磁気
・音響
・水圧
・複合感応機雷
・管制機雷
・ロケット上層機雷
・自走機雷

対機雷戦は日本が期待されている!!
その能力は高いと言う!

米国は原子力潜水艦しか持っていない!
日本は通常型である!
現在では、音を出す艦と、それを受ける艦が別である!
ハンター・キラーか??

台湾危機では、自衛隊に期待されるのは??
・ミサイル防衛
・対機雷戦
・対潜水艦戦
・台湾からの邦人救出

 

台湾有事のシナリオ―日本の安全保障を検証する ②・森本敏(編著)、小原凡司(編著)

 

2022年6月27日 (月)

本・台湾有事のシナリオ―日本の安全保障を検証する(2022/2)・森本敏(編著)、小原凡司(編著)

Photo_20220627230101


米・中・露などの大国による新たな戦略的競争の時代に突入した現在、
日本がとるべき安全保障政策とその課題は何か?
本書は、米国ヘリテージ財団と繰り返した日米合同研究会を含む研究プロジェクトをベースに、
台湾をめぐる軍事衝突について考え得るシナリオを描き出し、
日本が直面するであろう課題について考察する!
軍事的緊張が高まる中、連続した情勢判断と意思決定を強いられることになる日本が、
今しっかりと考えておかなければならないことは何なのか!
豊富な実務経験と研究経験を持つ執筆陣が、最新の知見を提供する!


ロシアのウクライナ侵攻前に発行されている!
小原凡司は最近出ずっぱりである!!!
ウクライナ侵攻を、台湾進攻の予行演習だと言った、アホな中国の女がいた!
直ぐ消去されたようだが、アホは何処にでもいる!!
台湾進攻の予測であるが、ウクライナ侵攻を復習している感じである!!
日本の立ち位置!!
法的な説明もあり、台湾援助が出来るようだが、果たして本当にやれるのか?
つまり覚悟があるのかと???
分かり易く書こうとしていくれているが、素人には………
それでもよく分かると思っている!!
最後は人なのか??
内容は下記の通りである!! ① ② ③と分けて紹介する!!



はじめに  なぜ台湾なのか
序 章 国際情勢概観(森本敏)
第Ⅰ部 台湾シナリオ
第1章 米中関係と日本の安全保障(森本敏)
第2章 台湾シナリオ 米中戦略的競争のホットポイント(小原凡司)
第3章 台湾シナリオに関与する米中以外のアクター(小原凡司)


第Ⅱ部 各種戦
第4章 台湾シナリオと領域横断作戦(長島純)
第5章 台湾シナリオと自衛隊の作戦構想(廣中雅之)
第6章 台湾シナリオと南西諸島の防衛(磯部晃一)
第7章 台湾シナリオにおける日米共同海上作戦(池田徳宏)


第Ⅲ部 日本の課題
第8章 台湾シナリオと日米防衛協力(武居智久)
第9章 台湾シナリオとグレーゾーン事態の国際法 
日中共同声明の制約と域外サイバー行動の法的課題(黒崎将広)
第10章 台湾シナリオと防衛政策決定における日本の課題(真部朗)
終 章 日本の課題と複雑な未来(小原凡司)
索  引


Photo_20220627230001

2_20220627230001


1_20220627230001

はじめに  なぜ台湾なのか
台湾は中国の核心的利益である??
と言われている!!
地政学的な位置がある!
日本、沖縄、台湾、沖縄と台湾の島々はジャマである!
逆に中国侵攻の基地になる!!

中国の軍力増強が、侵攻を現実化している!
「曖昧戦略」
「グレーゾーン」
台湾が中国の領土だとの主張は理解した! ただし承認したとは言っていない!

台湾の問題が何らかの形で解決するまで続く……
◇ 中国がアメリカに屈して諦める
◇ 中国が武力統一
◇ 和平、平和裡に統一される
どれも可能性は低い!!
が紛争が起これば、日本は巻き込まれる!!
本書は3部構成である!
日米間の協議、日本国内の安全保障戦略・政策を広く社会に提供し、
現状認識の理解が広まる一助になれば幸いであると!!


序 章 国際情勢概観(森本敏)
アフター・コロナは??
① 米中ロのイデオロギーの争いが一層激しくなる
② 中ロは軍事力によって他国を威嚇し、国際秩序に挑戦している
③ 米中ロは宇宙・サイバー能力の向上を図っている
④ ユーラシア大陸の西では、米ロ、東では米中、中東・湾岸では米中ロが争う
⑤ 多くの国は「曖昧な立場」を取っている! 勝つ方に付く!

コロナ拡大により、
外交、国際経済、人的交流、文化活動が低調、
途上国への援助が低調、
難民、移民、小規模犯罪、暴力、テロ、麻薬が蔓延、
格差拡大、治安悪化、人権侵害、グレーゾーン事態、政権転覆、
アジア・アフリカでクーデター!
アルメニア、モルドバ、アゼルバイジャンは不安定、
アフガニスタンはタリバンの支配に戻る!

気候変動が、技術革新、安全保障にも影響を与えている!
「クロスドメイン 領域横断分野」
宇宙、さいばー、電磁、超音速ミサイル、無人システム、ロボティクス………

インド・太平洋地域!
面積、人口、軍事力は他を凌駕している!
要は、米中対立である!

ヨーロッパ、ロシアは強権政治が安定している?
アゼルバイジャン、アルメニア、モルドバ、ハンガリーは安定してると言い難い!

中東・中央アジアは?
① イランとJCPOAの行方
② イランとサウジの関係
③ イランとイスラエルの関係
④ シリア情勢をめぐるロシアとトルコの関係
⑤ 米軍のプレゼンスの行方
⑥ 中東の和平

国際協調、協力は後退している!
何か絶望的な状況である???
結果、ロシアのウクライナ侵攻で混乱が始まる!!!


第Ⅰ部 台湾シナリオ
第1章 米中関係と日本の安全保障(森本敏)
1 中国の基本的国家戦略
2021年 中国共産党100周年記念!
① マルクス主義に基づく社会主義現代化強国を目指す
② 新しい国際関係つくりを推奨し、他国の教師面した説教を受け入れない
③ 台湾を統一するのは党の歴史的任務である

中国の対米戦略の基本は??
① グローバルなパートナーシップを推進し、協調、協力の枠組み構築を推進する
② 国際的なマクロ経済政策の協調を強化し、開放型の世界経済建設を推進する
③ 主権、安全、発展と利益は断固守り抜く
台湾問題では一つの中国を断固守り、
香港、新疆ウイグル、ちべっと問題では干渉を許さない!
国際協調にも一切妥協しないと!!!

戦略は??
① ベトナム国境では防御
② インド・ブータンでは攻勢に
③ ラオス、カンボジア、ミャンマー、タイは影響下に置く
④ 太平洋の島嶼国、南米、アフリカで基地、施設の建設

強国教軍は?? 近代化、ハイテク化がある!
① 弾道ミサイル
② 第五世代の戦闘機・爆撃機
③ 海軍  空母の増強
④ 技術 宇宙、サイバー、無人システム………

中国は、2007年 アメリカに太平洋に分割論を提案!
拒否されるが、基地化を進めている!

◇ 中国 一帯一路
◇ 米国 QUAD
域内における深刻なシナリオは??
① 台湾海峡の中国武力侵攻
② 偶発的衝突
③ 北朝鮮の挑発

著者の現状分析!
① 核戦力は米国優位
② 通常戦力は、米国は同盟国に期待している
・第一列島線 現状米国有利であるが、差は縮小している
・第二列島線 日米が有利
・第三列島線 米国有利
③ 今後は中国が開発を加速させている!
同盟協力、教育、技術開発、5G、人材に予算が必要!


2 バイデン政権の国家安全保障戦略
バイデン政権はトランプとは違う?
① 多様性
② トップダウンではなくボトムアップ
③ 議会との緊張関係が続く

主要な政策方針は?
第一に、
① 同盟関係重視
② 中国は米国の価値観に朝鮮し、米国は中国の権威主義に立ち向かう
③ ロシアのサイバー攻撃、選挙妨害に代償を払わせる
④ ドイツ駐留米軍削減計画を中止
⑤ ミャンマーの民主主義と法の支配の回復を支援する

2021年 ブリンケン国務長官
① 中国は21世紀における最大の地政学的リスク
② 日・豪・韓・NATOとの同盟強化
③ ロシアの妨害行動や北朝鮮の核開発の懸念
④ 公平な国際経済ルール作り
⑤ インド・太平洋と欧州の軍事プレゼンスを強固に、中東を適正規模に縮小

第二は、米中関係の重視!
アメリカ、シャーマン国務副長官は?
① 香港、新疆ウイグル、チベットの人道に対する罪
② メディアへのアクセスの規制に人権問題
③ サイバー空間、台湾、東シナ海、南シナ海の行動の懸念
④ WHOへの非協力、コロナ発生源の調査の不許可
⑤ 気候変動、麻薬対策、大量破壊兵器不拡散、北朝鮮らの地域の諸懸念への協力

中国、謝峰外務次官!
① 米国が中国を仮想敵としている
② 中国封じ込めを、抑止を隠そうとしている
③ 米国の国際秩序を自国ルールにしようとしている
④ 中国は平和、相互尊重、公正、ウインウインの関係を築くことだと
⑤ 米国は中国にあれこれ言う資格はない
・米国は先住民に対しジェノサイドを行っている
・感染症でも62万の死亡者を出した
【盗人猛々しい】

第三 米国のリーダーシップを取り戻す!
気候変動、エネルギー、人権、経済………

バイデン政権の対中基本政策
① 米国、同盟国の抑止力、抗堪性の向上
② 米国と同盟国に対して有害な行動を止めさせる


緊要な国益は??
① 核攻撃から米国を守り、同盟国への拡大抑止
② 軍事優位を確保
③ 台湾の武力侵攻の阻止
④ 尖閣諸島の領有権侵害の阻止
⑤ 南シナ海の中国進出の阻止
⑥ 世界経済大国の座の維持

その実行の方針は?
① QUAD、AUKUSの活用
② 経費負担など同盟協力
③ 海軍、空軍の増強、ミサイルの性能向上と運用方法!

中国の目標 共産党一党独裁の下、2030年半ばに第一級の大国になる!
・国内経済の復興
・人民解放軍の強化
・積極的な外交
・第一列島、第二列島、第三列島、北極線まで優勢の確保
・一帯一路周辺国に、医療支援
・インド・太平洋では報復的対応
・台湾周辺の空海軍の活発化??

台湾侵攻のシナリオは? 対応は??
中国            アメリカ
① 武力侵攻        第一列島線の中国兵力の拒否
② 台湾を内部崩壊させる  第一列島線の同盟国を守る
③ グレーゾーン事態の侵攻 第一列島線の外の領域を支配する
米国は単独では実行できない!
中印国境で45年ぶりに衝突した??

・デジタル通信分野での攻勢

米中対立は、今後長期戦になると???


バイデン政権のインド大平洋戦略のビジョンは?
① 国家の主権と独立の尊重
② 紛争の平和的解決
③ 自由で公平な互恵的っ通商貿易
④ 航行の自由

米国の基本的な取り組みは?
① 自由で開かれたインド・太平洋のビジョンを多くの国と共有する
② QUAD、AUKUSの強化
③ 非伝統的安全保障を域内の関与国を拡大する

その為に米国は?
① 海洋への関心
② 同盟国との相互運用性
③ 法の支配、ガバナンスの強化
④ 民間主導の経済発展

インド洋にはヨーロッパ、NATOも関心を持つ!!
オーストラリアは中国にいじめられている?
何かあれば直ぐに拘束である!

2021年 第2回QUAD首脳会議で決まる!
① 気候変動作業部会
② 先端技術
③ インフラパートナーシップの設立
④ 宇宙の衛星データの共有
QUADはNATOにはなれない???
が、中国はそうではない!
さまざまな妨害を発している!!
一帯一路のジャマになり、対中包囲網を警戒している!!


3 インド太平洋における日本の役割と課題
◇ 台湾問題は、どう起こるのか??
ハイブリット闘争?
空軍、海軍、宇宙、サイバー、電磁波空間!
日本は巻き込まれる!
沖縄から台湾までの島嶼は争いになる!

◇ 尖閣諸島問題
中国の海警法が制定される!!
国内法だと言うが………
① 武器使用、強制退去が可能になる
② 強制曳航も可能
③ 海警は法執行と防衛任務を担う

調べてみた、海警法整備である!
⑴ 国家の主権が侵害されたとき、武器使用が出来る
⑵ 中国の島に設けられた建造物は、中国が取り壊せる
⑶ 中央軍事員会の命令で「防衛作戦」を行うことが出来る

台湾侵攻の陽動作戦で、北朝鮮のミサイル、
中ロの日本への防空圏に侵入!
日本とアメリカを台湾から引き離す!!!

◇ QUADと日本の役割
イギリス 「空母 クイーン・エリザベス」を派遣!
英、独、仏、蘭はインド・太平洋戦略を明らかにしている!
ASEAN諸国との協力!
敵の敵は味方!!
日本は台湾近郊で期待されている国である!!
オーストラリアは原子力潜水艦が供与される!
つまり、原爆保有である???

◇ 日本の対中安全保障政策
アメリカは日本を中核となる同盟国と見ている!
① 日、豪、印の戦略と整合させる
② 日米豪印4カ国の安全保障枠組みを構築する
③ 日本が地理的に柱となる
④ 自衛隊の近代化を支援する

日本は日米同盟に基ずく外交、安全保障の連携と協力を一層図る!
平時から緊密な打ち合わせを行う!
それが重要であると!!!


第2章 台湾シナリオ 米中戦略的競争のホットポイント(小原凡司)
実際に台湾有事はどのようなシナリオになるか???


1 インド太平洋地域において最も軍事衝突の可能性が高い台湾
台湾問題は、共産党の中国統治の正統性の問題だと!
日本から見れば侵攻なんかして、恨みを買って、廃墟と化した台湾に何の価値があるのかと!
李登輝総統は独立派???
中国は内政問題と言う!!
◇ 第一段階 台湾に対する方針の歴史的転換
◇ 第二段階 一国二制度
◇ 第三段階 両岸交流
◇ 第四段階 文化伝統 輝かしい中華民族の振興

中国は香港でミスる!!
逃亡犯条例! 自分で香港を弾圧して蔡英文総統を再選させた???
実際に香港が無ければ蔡英文は負けていた??
「台湾の平和的統一の望みは100%無くなった」
「武力侵攻すれば中国の損害も大きい」
「武力の圧迫による平和的統一」
台湾が中国領になれば、軍事基地が出来、太平洋に障害なしで出れる!!

トランプ大統領になり、対中摩擦が大きくなる!
「新冷戦」
経済領域、軍事領域、価値観、イデオロギー!
バイデン政権は、「民主主義VS専制主義」の構図である!
中国が望むより早く、対中姿勢を示している!
日米の「2+2」会談も中国にとっては、日米一体と感じる?
G7の対中非難!
2022年では、ロシアのウクライナ侵攻によるG7の非難!
NATO会議にも日本は参加している!!
中国は西側が一枚岩ではない???
中国は個別に切り離しを図る!
「中国のマルクス主義が何故機能するのか、素晴らしいものだと理解させなければならない」

趙立堅報道官のツイッターは、葛飾北斎のパロディと福島原発の汚染水の放出の批判である!
中国の表面上の軟化は表向きで、台湾の統一は変化がない!


2 台湾シナリオ まだら模様のグレーゾーン
戦闘に至るシナリオは???
◇ ライト・グレーゾーンの段階
米国、その同盟国の抑止が働くということは、武力侵攻が出来なくなる?
そうならないためには、軍事力強化である!
その場合は???
米国の台湾防衛に対する強化で中国は危機を感じる!
◆ 米海軍の艦船・航空機による南シナ海の行動活発化
日本は??
第一の選択 台湾との関係強化
第二の選択 中国と関係維持優先

【どうも媚中派が騒ぎ立てる】

◆ 米海軍艦艇および航空機による南シナ海における行動活発化
ここでのアメリカの同盟国は、日本とオーストラリアにニュージーランドか??
中国は軍事力を増強する!!
日本に対しては??
・日本企業へのハラスメント
・福島の汚染水の放水
・尖閣への圧力強化
・世論工作
これは書いていないが、邦人の拘束!!

◆ 米国務長官あるいは国防長官の訪台
中国共産党 台湾独立阻止 防空圏侵入で圧力をかける
台湾    国家として扱われている

米国務長官あるいは国防長官の訪台は、中国が冒険的な軍事行動を起こしかねない!

◇ グレーゾーンの段階
日本はどの段階で関与するのか?

◆ 中国爆撃機、戦闘機の台湾威嚇飛行
◆ 中国空母機動艦隊による演習
◆ 台湾におけるディスインフォメーション・キャンペーンの影響力の活発化
◆ 中国が台湾東方海域にミサイル発射
◆ 中国H-6K爆撃機が巡航ミサイル搭載で台湾領空を侵犯
台湾独立を口にすれば武力侵攻になる!
◆ 中国国防部が台湾侵攻を想定した長期大規模演習の実施を表明
◆ 中国海軍が演習海域の警備と称して実質的な海上封鎖
具体的に書かれている………
◆ 抑止の破綻を警戒する米国が海空軍による哨戒行動活発化
◆ 米海軍、海兵隊、空軍が戦闘に備えて展開する
◆ 米国、台湾から日本に対し、台湾軍機緊急避難の為日本の基地使用を要請
これが問題である!
台湾空軍は、他にもあるが、
・戦闘機280機 
・戦闘爆撃機131機
中国ミサイルは5分で台湾に達する!
シェルターもあるが、滑走路は破壊される!
整備能力のある日本は好都合であるが………

◇ ダーク・グレーゾーンの段階

◆ 中国人民解放軍による衛生ネットワークへのサイバー攻撃
金融システム、交通システムへの攻撃!
◆ 日本、台湾、米国における影響力工作、世論工作のの活発化
【日本では華僑、媚中派のなど工作、介入の条件を整える】
◆ 米国から日本に、日本の情報通信衛星使用の要請
当然あらゆる協力を求められる!

◇ 戦争の段階 前段 米台共同による台湾の防衛作戦
時間は限られるが………
◆ 北朝鮮に軍事行動開始の兆候
ここに日本、米国は兵力を取られる!
◆ 台湾交通システム、通信、送電への大規模サイバー攻撃 同時多発
高度な攻撃になる………
◆ 台湾および周辺に大規模電波障害が発生
影響は大きく、台湾は機能低下を招く
◆ 多連装ロケット、短距離弾道ミサイルで台湾空軍基地攻撃
台湾の被害は大きい!!
台湾の第四世代戦闘機325機のうち、50機が上空避難、
100機が山中のシェルターに格納!
沖縄への避難が日本政府に要請される!
日本は回答出来ずに米国が許可する!
中国は日本非難に、懲罰行為を取る!!
【この可能性は大きい 日本は決断出来るのか?】
◆ 弾道ミサイル、爆撃機による重要施設への攻撃
大規模攻撃が台湾に行われる!
◆ 無人機により台湾戦車部隊攻撃
上陸部隊の援護のために戦車部隊を攻撃する
◆ 台湾在留邦人の救出作戦

◆ 台湾市民の日本への避難要請
日本は台湾に在留している邦人の救出計画が立てれない!
民間では無理で、自衛隊である!
中国は台湾は国内問題だと!
逆に中国艦船による、邦人の与那国島、南西諸島への避難を提案!
代わりに日本が一切手を引くことを提案!
その場合、工作員を紛れ込ませようとする!
【ウクライナのロシアは実践している】
◆ 米空軍による航空優勢奪回作戦
日本はアメリカに要請される!!
中国本土への爆撃、米軍のエスコートである!
日本は議論が分かれるが………
◆ 中国による着上陸作戦
台湾上陸作戦が始まる!
◆ 米海軍艦艇を用いた台湾本島防衛作戦
中国は上陸に成功し、日本は米海軍への参加を求められる!

◇ 戦争の段階 後段 米主導によるロール・バック作戦
米本土からの来援部隊が第二列島に到着!
第二列島線、日本、韓国から中国本土を攻撃、
中国は航空勢力を失い、アメリカ主力部隊が台湾上陸!
中国軍壊滅!!!
【日本韓国の基地は攻撃される? 北の動きは?】

◇ 停戦~原状回復
中国の影響力を排除し原状回復になる??
荒廃はどうする!!


第3章 台湾シナリオに関与する米中以外のアクター(小原凡司)
欧州の関与は??
今は積極的なのは、ファイブ・アイズか??


1 欧州  トランス・アトランティックと戦略的自立
トランス・アトランティック??
「大西洋を跨ぐ」
NATOは中国の危険性を感じている!
2020年のNATOビジョン!
① 欧米の結合、同盟の統一性、結束の強化
② NATO内の政治的教義と調整の強化
③ 現在、将来の脅威と課題に対処するための、役割と手段の強化

ロシア、中国に脅威を感じている!!
中国に対しては、脅威と言いながら妥協の余地があると!!
トランプが同盟軽視だったが、バイデンは回帰した!
が本当に米国が帰ってきたのか??
まして2期目もバイデン大統領かどうか分からない!!
議会の議席数も問題なる!!
トランプ復活の可能性もある!
2022年のロシアのウクライナ侵攻で一変する!                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

・ドイツ  フリーゲート「バイエルン」を派遣
 積極的ではない!
・フランス フリーゲート「プレリアル」を派遣
 南太平洋における自国の権益重視
・イギリス 空母「クイーン・エリザベス」派遣
 ここはアメリカと歩調を合わしている!
 中国とは香港問題で対立しているが………


2 東南アジア 「ASEANの中心性」実現が課題
東南アジアは蝙蝠である!!
状況を見て、どちらに付くか決める??
カンボジア、ミャンマー、ラオスは親中か??
南シナ海で領有権の争いがある!!
中国、台湾、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、インドネシア、ベトナム………
各国の方針は??
各国とも中国の投資に頼らざるえない??
・ワクチン    中国に頼らなくてはな・らないと!!
・シンガポール  ASEANが米中どちらか選ばなければならなくなる!
・ベトナム    中国に強硬だと! 特異な国である!!
 2040年には人口ボーナスが終わる
・インドネシア  2040年には人口ボーナスが終わる
・フィリピン   2050年には人口ボーナスが終わる
・タイ      2030年には人口減少に

台湾問題に関心は無さそうである???
米中衝突で東南アジア諸国は関与する可能性は低いと!!

 

台湾有事のシナリオ―日本の安全保障を検証する ①・森本敏(編著)、小原凡司(編著)

 

2022年6月 2日 (木)

本・超限戦 21世紀の「新しい戦争」 ②(2020/1)・喬良・王湘穂

Photo_20220531085001



第Ⅱ部 新戦法論
第五章 戦争ギャンブルの新たな見方
第六章 勝利の方法を見出すーー側面から剣を差す
第七章 すべてはただ一つに帰するーー超限の組み合わせ
第八章 必要な原則
結び
後記
監修者・訳者あとがき


第Ⅱ部 新戦法論
◆ 故に兵に常勢なく、水に常形なし、能く敵に因りて変化して勝を取る者は、
これを神と謂う!
◆ 戦争の指揮は医者が病人の治療するのと同じように、一種の芸実である!

◆ 「軍事革命」
アメリカの「軍事革命」の重要な成果と理論の発展は、ステルス技術とITだと!!

武力闘争の原因??
⑴ 領土紛争
⑵ 宗教衝突
⑶ 勢力範囲

経済的要素は??
⑴ 資源強奪
⑵ 市場争奪
⑶ 資本の統制
⑷ 貿易制裁

これらの要素の一部が国家の政治、経済、軍事上の安全を脅かす!
軍事的色彩が無い??
が被害は軍事的なものと変わらない??
◇ ジョージ・ソロス
◇ ビンラディン
◇ エスコバー
◇ 麻原彰晃
◇ ケビン・ミトミック

戦争を起こすのは主権国家だけではない?
◇ オウム真理教
◇ イタリアのマフィア
◇ 極端なイスラム・テロ組織
◇ コロンビア
◇ 「金新月」の麻薬組織
◇ ハッカー
◇ ヘッジファンド 金融投資家
自分の利益要求を、他国に強制する戦争行為に等しい!

単純な戦争ではなく、大戦略体制図、
要は、軍事だけでなく、全ての力を集中する???
国家の利益と安全を重ねることが出来るのか??
単純に言うと、
「道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生ず」

◆ 勝利の野心を抱いている軍人と政治家たちがなすべきことは、
視野を広げ、よく時勢を見、大戦法と言う杖に頼って、
伝統的な戦争観と言う迷霧をはらいのけることだと!!

ロシアはこの本を読んでいるのか??
読んでいるから、ウクライナに侵攻できるのか???


第五章 戦争ギャンブルの新たな見方
◆ 21世紀の戦争を担う芸術の巨匠は、戦術、戦役、戦略の目標を達成するために、
革新的方式をもって各種能力をあらためて組み合わせる人物である!

◆ 未来の戦争は?? 想像である??
⑴ 宇宙の衛星の破壊
⑵ 原子力潜水艦の駆逐
⑶ ステルス爆撃機による精密爆撃
⑷ 巡航ミサイルが飛び交う
これにドローンも参加する??

◆ アメリカ軍の演習!
◇ ブルー部隊 デジタル化部隊の指揮センター
◇ ユナイテッドスター コンピューターと衛星
◇ 早期警戒機
◇ 戦闘爆撃機が精密爆弾で爆撃
◇ 装甲車兵団と戦闘ヘリの立体攻撃
◇ 歩兵はヘルメット・スコープ付きに自動火器で、コンピューターによる指令で攻撃
マウスのクリック5回で、敵まで誘導して攻撃させ成功する?
が、伝統的装備の「レッド部隊」との戦いでは、1勝6敗1分けとなった………

勝者は、勝った戦争のことが忘れられない???
◇ フランスは第一次世界大戦で勝者となり、マジノ線の幻影に酔う?
◇ アメリカは湾岸戦争をもう一度か?

アメリカは軍事的手段で解決を図ろうとしている!
◇ 兵器の発展方向、国防政策
◇ 作戦理論の進展、規定の更新
◇ 上級将校の言論
◇ 決着は戦場で付ける!!

しかし、「国門の外で敵を防ぐ」は過去のものになっている??
◇ テロ
◇ ハッカー
◇ 金融
◇ コンピューターウィルス
◇ 新概念戦争

イラクの二の舞を誰が経験したがるのか??
しかしアメリカは「失業」を恐れる???
現状維持か??
なので非軍事戦争の前にしているが、テロ対策の予算は増えない??

◆ ルールの破壊?? ルールによって守られている??
◇ 生化学兵器を使用してはならない
◇ 民間人をみだらに殺さない
◇ 捕虜を虐待しない
◇ 地雷の使用を制限する
◇ 武力行使の禁止

湾岸戦争後、局地戦争が起こる!
◇ ルアンダ
◇ ソマリア
◇ ボスニア
◇ チェチェン
◇ コンゴ
◇ コソボ
時代は進んでいる??
◇ アフガニスタン
◇ ウクライナ

流石中国である!!
「にがりをたらせば豆腐も固まる」
ルールが不利になれば、無視する………
アメリカもそうであるが、ロシアはもっとたちが悪い!!
現在のウクライナに対するロシアの侵攻は、まさかと思うことであった!
非国家勢力が存在感を増していると???
◇ 無名のハッカーがインド国防省のホームページに侵入する
◇ ビンラディン
◇ 麻原彰晃
◇ ジョージ・ソロス

過去のテロ!
◇ 誘拐
◇ 暗殺
◇ ハイジャック

ハッカーの犯罪はますます激しくなる!
いたちごっこである!!
選抜されたハッカー10人与えてくれれば、90日でアメリカを降伏させれると!

テロリストは??
◇ 会社や銀行の設立
◇ 麻薬取引と密輸
◇ 兵器の闇取引
◇ 偽札作り
◇ 宗教メンバーの寄付金
◇ 資金があるので、ハイテク兵器を手に入れれる

この本では、ジョージ・ソロスに遠慮がない!!
「俺が侵入して強盗を働いたのは、お前がドアのカギをかけなかったからだと」
領土は関係なく、どこからでも行動できる??

◆ 3000年前の周の武王、2000年前のアレクサンダー大王!
「弓矢で攻め、刀や槍で守る」 初歩的な戦法である!
◇ 周の武王は、殷の紂王に比べ劣勢な戦力を組み合わせによって克服した
◇ アレクサンダー大王が、アルベラの会戦でダリウスを大敗させる
◇ スウェーデン グスタフ・アドルフ  野戦砲兵専門家
◇ ナポレオン  砲兵の集中
兵器の組み合わせで、変化を起こす!!
戦争の歴史は?? ハードは??
⑴ 馬の鐙
⑵ ライフル銃
⑶ 元込め銃
⑷ 無煙火薬
⑸ 野戦電話
⑹ 無線電話
⑺ 潜水艦
⑻ 戦車
⑼ 航空機
⑽ ミサイル
⑾ 原子爆弾
⑿ コンピューター

ソフトは??
⒀ 師団軍体制
⒁ 参謀本部
⒂ 狼の群れ戦術
⒃ 電撃戦
⒄ 絨毯爆撃
⒅ 電子対抗戦
⒆ 空地一体戦

他には、IT、コンピューターウィルス、インターネット、金融派生手段!

◆ 足し算  組み合わせの方法??
政治的、文化的、道徳的きずなを超越し、徹底した思想闘争を行った再送の上に、
革命、軍事革命がある!!
組み合わせは、
◇ 戦場と非戦場
◇ 戦争と非戦争
◇ 軍事と非軍事
具体的な組み合わせは?
◇ ステルス機、巡航ミサイルと、インターネット、
◇ 核の威嚇、金融戦と、テロ
◇ ソロス、ビンラディン、モーリス・ジュニア

もっと具体的には??
◇ 国家テロ戦+情報戦+金融戦+インターネット戦+法規線
◇ NATOのユーゴ  武力による威嚇+外交戦+法規戦
◇ イラク制裁 通常戦+外交戦+制裁戦+法規戦+メディア戦+心理戦+情報戦
◇ 香港の金融投資家  金融戦+法規戦+心理戦+メディア戦

◆ 中国宋代の岳飛!!
「運用の妙は一心に存す」
組み合わせ自体の束縛されない超越性以外に、
組み合わせを越える戦法の存在など想像できない???


第六章 勝利の方法を見出す  側面から剣を差す
◆ 奇を正とするものは、敵がその奇を意い、われは正を以って撃つ!
正を奇とするものは、敵がその正を意い、われは奇を以って撃つ!

◆ 全てが数字である!
(√5―1)÷2≒0.618
黄金分割の法則!
証券会社までこれを言う!
ウソ八百??

証明ではないが………
◇ 春秋時代 晋と楚の争いで、攻略点が黄金分割点?
◇ アレキサンダー大王とダリウスのアルベラの戦いの攻撃点?
◇ モンゴル騎兵  重騎兵と軽騎兵の比率は、二対三??
◇ スウェーデンのグスタフアドルフ 
198名+96名の銃兵と、216名の槍兵の比率は???  
◇ ナポレオンのロシア侵攻  3ヶ月の勝利に2カ月の衰退??
◇ ヒトラーのソ連侵攻
スターニングラード戦役は、衰退する26ヵ月の時間帯で17ヵ月目??
◇ 湾岸戦争 イラクの戦力は60%まで低下した!

後ずけの、こじつけか???
ではウクライナ情勢は読めるのか???
ここまで読んで、一瞬にしてしらけた!!!

◆ 勝利の語法  「偏正律」???
中国語  「修飾語」と「中心語」????
分かりやすく言うと、前者は「容貌」で、後者は「有機体」
余計に分からない?
リンゴ??? 赤いリンゴ!!!
特別区??? 経済特別区!!!
偏をもって正を修飾するのは中国にはたくさん存在する!
「いい人」「高いビル」「赤い旗」………

◇ 国の場合は、人民が主体であり、政府が国を指導する!
◇ 軍隊は、兵士と中・下級の将校が主体であり、統帥部が軍を主導する!
◇ 核爆発  ウラン・プルトニウムが主体で、手段が連鎖反応を引き起こす主導である?
◇ 東南アジア金融危機  被害国は主体で、金融投機家が危機をもたらした主導?

偏正式構造は非対称で非均衡の関係で、黄金分割の法則に似ている!
0.618と1である!

◆ 中国古典、孫臏の田忌の競馬の勝ち方!!
3番勝負で、一つ落として二つ勝つ???
馬の下救、中級、上級があり、
自分の馬を、下救―上級、中級―下級、上級―中級と当てる!!
そんなにうまく行くのか??
自分の馬の上中下級が、相手の馬と釣り合うのか??
相手の下救の馬より自分の馬が劣っていたらどうする」??
2勝1敗は、2:3の黄金分割に一致する??? 誤差は多いが………
アホらしくなってくる!!

◆ 斉と魯の「長勺の戦い」 進行状態は???
⑴ 斉軍1回目の太鼓
⑵ 斉軍2回目の太鼓
⑶ 斉軍3回目の太鼓
⑷ 魯軍が反抗
⑸ 魯軍が追撃
2700年前で(3;5≒0.618)

◆ ハンニバルのカンナエの戦い!
敵の切っ先を避け、敵の指揮を挫く!

◆ 偏向の例は??
◇ 第一次世界大戦シュリーフェン計画に、第二次世界大戦マンシュタイン計画!
本当に1度も実施しなかった模型上の作業が、歴史上最も有名になる?
◇ 山本五十六 真珠湾攻撃
◇ 湾岸戦争 空爆を主体とし、陸海はわき役に回った
◇ デーニッツの「狼群攻撃」
◇ ネルソンの、トラファルガー海戦
◇ 第4次中東戦争  サダトの戦略
◇ 紀元前260年 秦と趙の争いで、秦の范雎の謀略で勝つ!

◆ 主と全  偏正関係は? 「五主五全」
◇ 主要兵器と全兵器
◇ 主要手段と全手段
◇ 主要兵力と全兵力
◇ 主要方向と全方向
◇ 主要領域と全領域

湾岸戦争では??
・主要兵器はステルス機、巡航ミサイル、精密爆弾! 他の全兵器は従属兵器である!
・主要手段は38日間の空軍の爆撃
・主要兵力は空軍
・主要方向はイラク親衛隊
・主要領域は軍事

◆ 面白い現実である!!  ロシアである!
軍事力は低下している!
自らの未来戦略を適宜に訂正し、戦術核、戦略核を最優先の主導兵器とする!
まさに2022年 ウクライナ侵攻のロシアの態度である??

◆ リデル・ハート 「間接戦略」 
敵の意表をつく、抵抗力が最も弱い路線を選ぶ??
中国の例が多い!
◇ 藺相如 「完璧を趙に帰す」
◇ 墨子と公輪班の模擬戦
軍事領域外で勝つ!!

◆ 法則であって定式ではない!
勝利の法則は無い!
戦争には定式がない??
「六六三十六、数には術あり、術に数あり、陰陽に理は変化し、
 機はその中にあり、機は儲けるべからず、設ければ則ち当たらず」
三十六計である!
0.618に合致
鵜呑みにしたり、猿真似はダメである!!

◆ 臨機応変!!
アレクサンダー大王の「斜形攻撃隊形」
プロイセン・フリードリッヒ大王と、ハプスブルクの争い!
◇ ロスバッハの戦役
フランス・オーストリア連合が布陣を行うが、
フリードリッヒ大王の対応で負ける!!
◇ ロイテンの会戦  1年後である!
プロイセンは自軍の3倍のオーストリアと戦い、
「斜形攻撃態形」で壊滅させる!

これらの例は、指揮官の差ではないか???
絶対的な法則などないと!!

結局0.618は何を意味するのか???
結果がそうなっている???
実際に前もって考えた作戦で、0.618は意味があるのか??
余計に分からなくなったが………


第七章 すべてはただ一つに帰する  超限の組み合わせ
◆ 今日の戦争は石油パイプラインのガソリン価格、
スーパーマーケットの食料品価格、証券取引所の株価にまで影響を及ぼす!
それはまた生態バランスを破壊することもあり、
テレビのスクリーンを通してどの家庭にも飛び込んでくる!

◆ 超限はすべての限界という!
⑴ 限度
⑵ 限界
⑶ 制限
⑷ 境界
⑸ 規則
⑹ 定律
⑺ 極限
⑻ 禁句
要は、全ての限界を超えて勝利ののために、戦争を組み合わせることになる!
超国家的組み合わせ!
現在もある!!
◇ EU 
◇ ASEAN
◇ OPEC
◇ APEC
◇ IMF
◇ 世界銀行
◇ WTO
◇ 国連

イラク、イラン、北朝鮮への経済制裁は、超国家的組み合わせである!
これは新しいものではない!
◇ 同盟
◇ 合従連衡
「国家+超国家+多国家+非国家」

著者は中国人である!
自国よりアメリカの例えが多い! と言うより、アメリカの関与である!
◇ APECの設立
◇ IMFの韓国への融資の条件
◇ ジョージ・ソロスの金融攻撃  

◆ 超領域的組み合わせは??
◇ 1987年10月19日 ペルシャ湾でイラクの石油採掘施設を攻撃し、
ブラック・マンディーになる!
◇ 1995年 96年 台湾海峡でのミサイル発射! 台湾の株価暴落である!
◇ 1979年 イランのアメリカ大使館占拠!
軍事作戦しか知らず、失敗し、資産凍結など多数の手段を実行する!

しかし現代は、経済封鎖、貿易制裁、軍事的威圧等の手段でなく、
自国の通貨切り上げ、切り下げ、世論操作、ルールの組み合わせで、
弱体化出来る!!

◆ 超段階的組み合わせは?? 4段階のレベル!!
◇ 第一レベル  大戦―戦策
・大戦 規模では超国家を上限とし、国家を下限とする、
軍事と非軍事の戦争行動
・戦策 政治的策略に及ぶ

◇ 第二レベル  戦争―戦略
・戦争 国家レベルの軍事行動、非軍事の戦争行動を含む
・戦略 国家の軍事策略、戦争策略

◇ 第三レベル  戦役―戦芸
・戦役 規模では戦争より小さく戦闘より大きい作戦行動
・戦芸 略より低くく、術より高い

◇ 第四レベル  戦闘―戦術
・戦闘 最も基本的な規模の作戦行動
・戦術 戦法

◆ 作戦の実行方法、操作を間違えなければ、効果が上がる!!
ビンラディンは車2台の爆薬で脅威を与えた!
超限組み合わせ戦はまず第一に一つの思考法で、手法はその次である!


第八章 必要な原則
◆ 原則は行為の準則であるが、絶対的な準則ではない!

◆ 原則をもって作戦方式を固定した人は??
◇ 孫子
「彼を知り己れを知れば、百戦して殆うからず」
◇ ナポレオン 孫子から2400年後
「一冊の本を書き、戦争の原則を正確に記述して、すべての兵士に配りたい」
が、勝っている時は、暇がなく、
負けてからは書く意欲を失った!!

春秋時代の戦争が無ければ、孫子の戦争原則はありえず、
ナポレオンの戦争がなければ、フラーの戦争原則もありえなかった!
湾岸戦争がなければ、戦争の新概念も提起されなかった!
「全次元作戦」「超限組み合わせ戦」である!!

◇ 全方向度 リアムタイム制  有限の目標   無限の手段
◇ 非均衡  最小の消耗    多次元の協力  全過程のコントロール

◆ 全方位度 360度の観察 設計とあらゆる関連要素の組み合わせ!
◆ リアルタイム性  同一時間帯に異なる空間で行動を展開する!
◆ 有限の目標  手段の及ぶ範囲内で行動の指針を確立する!
◆ 無限の手段  無制限な手段を運用しつつも、有限の目標を満足させるにとどめる!
⑴ 力の及ばない目標を排除する!
◆ 非均衡  均衡対称のの相反する方向に沿って行動ポイントを探す!
◆ 最小の消耗  目標を実現するに足る最低限度の戦争資源を使う!
⑴ 合理化は節約よりさらに重要!
⑵ 作戦様式が戦争の消耗の大小を決める!
⑶ 「多」多くの手段をもって「少」少ない消耗を求める!
◆ 多次元の協力  一つの目標が覆う軍事と非軍事の領域において、
動員出来るすべての力を協力して配置する!
⑴ 地縁的要素
⑵ 歴史的地位
⑶ 文化的伝統
⑷ 民族的アイデンティティー
◆ 全過程のコントロール  戦争の開始、進行、収束の全過程で絶えず情報を収集し、
情勢をコントロールする!

必勝の原則は存在せず、必要な原則があるのみである!!


結び
◆ 情報化とグローバル化は……… 数千の世界的なビジネス起業および、
何千何万の国際組織や政府間組織を生んだ!
◆ 人類は進歩しつつあり、戦争を潜在的な控訴裁判所とは考えなくなっている!

過去の民族国家は、グローバル化で境目は無くなる!
現代の残虐さは両軍の殺し合いとは別の方式で拡大した??


後記
本書の執筆の動機は、台湾海峡でアメリカの空母2隻の通過によった??


監修者・訳者あとがき
著者は中国軍将校である!
ユーゴスラヴィア中国大使館爆撃!
台湾海峡危機!
それらを経験していた!!
本書をきちんと読んで欲しいと!
評論家では、ええ加減な人間が多い???

本書は??
⑴ グローバル化と技術の総合を特徴とする、21世紀の戦争を、超限戦と呼ぶ!
すべての境界と限度を超えて、あらゆる手段、領域、兵器と技術の組み合わせ、
戦争と非戦争、軍事と非軍事、軍人と非軍人の境界が無くなる!
⑵ 新しい戦争の形態 「非軍事の戦争行動」!
・貿易戦争
・金融戦争
・親テロ戦争
・生態戦争
⑶ 弱小国が巨大な敵に向かう時! 非均衡、非対称の戦法を採用する!
・都市ゲリラ戦
・テロ
・宗教戦
・持久戦
・インターネット戦
⑷ テロリストが従来の、爆破、誘拐、暗殺、ハイジャックに限定するなら、
恐ろしい事態にならないが、ハイテクとの出会いが恐怖になると!

アメリカの「新しい戦争」に十分対処出来る、軍事理論の構築を目指したようだ!!

 

超限戦 21世紀の「新しい戦争」②・喬良・王湘穂

 

2022年6月 1日 (水)

本・超限戦 21世紀の「新しい戦争」①(2020/1)・喬良・王湘穂

Photo_20220531085001


超限戦とはは「戦争と非戦争」、「軍事と非軍事」という全く別の世界の間に横たわっていた、
すべての境界が打ち破られる在り方!
本書刊行後の2014年にはロシアの新軍事ドクトリンにこの内容に近いものが提示され、
世界各国はこれを「ハイブリッド戦」と呼ぶようになった!
令和2年8月に刊行された『令和2年版 日本の防衛 防衛白書』にも「ハイブリッド戦」が表記される!
本書で提示される「非軍事の戦争行動」は以下のようなものがある………

・貿易戦  (国内貿易用の国際運用や関税障壁の恣意的な設定と破棄等)
・金融戦  (非国家組織が非軍事手段を用いて主権国家に仕掛ける非武力戦争)
・新テロ戦 (伝統的なテロに比べて規模が大きい)
・生態戦  (遠くない将来、「エルニーニョ」「ラニーニャ」現象が人工的に作られる)
・密輸戦  (経済秩序に打撃)
・メディア戦(他国の世論を誘導)
・麻薬戦
・ハッカー戦
・技術戦  (標準を作って特許を独占)
・資源戦、経済援助戦 (恩恵を施してコントロール下に置く)
・文化戦(異分子を同化させる)……
戦争の姿はかつてとは大きく変わった………


2022年 ロシアのウクライナ侵攻がある!!
真っ最中である!!
宣伝戦???
・ロシアは、ウクライナを「ネオナチ」と呼ぶ!!
 では、ロシアは「ネオスターリズムか???」
・民間の施設を攻撃しても、ウクライナがロシアの仕業に見せかけて攻撃した??
・親ロ系住民が弾圧されているので保護だと!!

歴史は単純なものなのか???
モロな軍事力を使った「帝国主義」である!!
ドイツのチェコスロヴァキア、ポーランド分割もこの本では予想されている!
その後のドイツの東欧侵攻、ソ連のフィンランド、バルト三国侵攻!!
一つ文句ではないが、「0.618 黄金分割」
しかし本文にも出てくるが、2:3≒0.666
3:5≒0.6
測定誤差内なのか??? こう言う数字は信じられないが………
湾岸戦争から多くの戦訓をとっている!!
内容は下記の通りである!!  ① ②と分けて紹介する!!



日本語版への序文
序 文
第Ⅰ部 新戦争論
第一章 いつも先行するのは兵器革命
第二章 戦争の顔がぼやけてしまった
第三章 教典に背く教典
第四章 アメリカ人は象のどこを触ったのか


第Ⅱ部 新戦法論
第五章 戦争ギャンブルの新たな見方
第六章 勝利の方法を見出すーー側面から剣を差す
第七章 すべてはただ一つに帰するーー超限の組み合わせ
第八章 必要な原則
結び
後記
監修者・訳者あとがき


日本語版への序文
予言の書である!
世界貿易センタービル攻撃で、正しいと言われるが、得意満面にはなれない?
当たり前である!
非職業軍人が、非通常兵器を使い、罪のない市民に対して、
非軍事的意義を持つ戦場で、軍事領域の境界や限度を超えた戦いをする!
「超限戦」
伝統的ではない、新しい戦闘の形態だと!!
テロリズム、テロリストも進化する!!
従来の戦争とは違う???

強い集団に押されている弱い集団の絶望的な諦めか??
民族、文化、宗教、価値観により状況は変わる??
グローバル化は進み、列車は進む!
一蓮托生の世界であると!!!


序 文
湾岸戦争で世界は変わった??
旧ソ連、ボスニア、コソボ、クローン、マイクロソフト、
ハッカー、インターネット、アジア金融危機、ユーロ、超大陸アメリカ………
今は、ドローン、IT企業………
軍人の頭脳だけでは解決できない問題!
政治、経済、外交、民族、文化、宗教………

戦争は巨大な能力を持つ!
◇ ジョ-ジ・ソロスの東南アジアへの金融攻撃
◇ ウサマ・ビンラディンのアメリカ大使館への攻撃
◇ 麻原彰晃のサリン攻撃
◇ モーリス・ジュニアによるインターネット攪乱
変化したのは戦争の方針である??
「武力と非武力、軍事と非軍事、殺傷と非殺傷を含む全ての手段を用いて、
自分の利益を敵に強制的に敵に受け入れさせる」


第Ⅰ部 新戦争論
◇ 国はおおきくても、好戦的であれば必ず滅亡する!
天下は安定していても、戦争を忘れると必ず危険が生じる!
◇ 科学とその関連技術の進歩は、一連の革命、大きな発展を通して、
自然界にまったく新しい景観をもたらした!

ロシア製の戦闘機 スホーイ27は戦場で使われていないが、
スホーイ35が登場する!!
そう言う時代になる!!
金がいくらでも出て行く時代であると!!
今後は、新技術の兵器は単独ではなく、多くの兵器と協同しなければならない?
伝統的な戦争の定義とは違う戦争である!!
すべての境界と限度を超えた戦争、超限戦であると!!


第一章 いつも先行するのは兵器革命
◆ いったん技術の進歩が軍事目的に利用できるとなると、
あるいはすでに軍事利用に利用された場合、その技術はただちにほとんど強制的に、
しかも往々にして指揮官の意思に逆らって、戦争様式の変化、ひいては変革を引き起こす!

◆ ハイテク戦争??
兵器は「年々花が咲き、人は変われど」
どの兵器も新から旧へ、ハイからローに変わる!
ITだけが発達するのか?  そんなことはない!1
他の技術との融合であると!!!

◇ 兵器に合わせた戦争  仕方がない?
◇ 戦争に合わせた兵器開発

◆ 兵器も旧式化したと思っても、新しい武器、兵器の組み合わせにより変わる?
A10攻撃機は赤外線ミサイル、攻撃ヘリ、アパッチとの組み合わせにより、
異彩を果たすようになる!!
ハイテク兵器は非正規の軍隊、ローテクの軍隊には対応しにくい??
兵器はますます高価になる!!
通常ではない兵器??
◇ 株価操作
◇ コンピューターへのウイルス
◇ 敵国の為替ルート
◇ スキャンダル、フェイクニュース
新概念の兵器である??

◆ 兵器の慈悲化???
大量破壊兵器ではなく、慈悲化が進む????
兵器の麻痺で、大量殺人は狙っていない??
◇ 相互確証破壊
◇ 精密殺傷兵器
◇ 人間の大量殺傷を行わない!
・インターネットへの攻撃
・電磁波攻撃
・メディア兵器
いずれにせよ、戦争の強制的な本質は変わらない!!


第二章 戦争の顔がぼやけてしまった
◆ 歴史の中で戦争はいつも変化している!

◆ 戦争は何のために起こるのか??
◇ トロイ戦争は??
ヘレナの奪回である! それほど美しいのか??

近代以前は戦争目的も単純だった??
◇ ドイツ民族の生存圏
◇ 大東亜共栄圏
◇ 阿片戦争  国家的犯罪??

今日では??
◇ 革命の輸出
◇ 共産主義封じ込め

誰が敵で味方か、友か??
◇ アメリカのためにイランと戦ったイラクは湾岸戦争で敵になる!
◇ CIAが訓練したアフガニスタンゲリラを、アメリカは攻撃する!
◇ トルコとギリシャはキプロス問題で衝突している??
要は「変わらない友と言うものは無く、変わらない利益があるだけである」

◆ 湾岸戦争は、石油利権のための戦争である!!
◇ アメリカ  世界秩序建設
◇ イギリス  フォークランド紛争の支援の借りを返すため
◇ フランス  中東での権益を確保するために
そんな戦争目的か???

戦場は小さなもの、地域から大きくなる!!
陸上から海上、空へと広がり、兵力も増える!!
ミサイルにロケットも登場し遠方から攻撃出来る!
ヒトラーは、メッサ―シュミット爆撃機を持っていた???
これは勘違いである!! メッサ―シュミットは爆撃機は無かったと思うが………

非自然空間??
インターネット空間??
次はナノ空間か???
流血を伴わない空間である!!

◆ 軍の削減???
つまり、肥大化により思うようにならなかった??
職業軍人だけでなく、軍事という範囲が広がり、
誰でも軍事に参加出来る?? つまりハッカーなどである!!
動員される兵は増えている??

◆ アメリカの未来の戦争の考え方は??
4つの主要作戦パターンは?
⑴ 情報戦
デジタル化部隊!

⑵ 精密交戦  精密交戦の概念は???
・精密誘導兵器
・汎地球測位システム GPS
・C⁴Iシステム
・ステルス機
アメリカ人が「非接触攻撃」
ロシア人が「遠隔戦」と呼ぶ!
隠蔽、迅速、正確、高効率、目標外殺傷の少なさ!

⑶ 統合作戦
伝統的共同作戦、空地一体作戦

⑷ 非戦争の軍事行動
・貿易戦
・金融戦 ジョージ・ソロスである!!
・新テロ戦
オウム真理教のサリン
インターネットテロ
・生態戦  自然、環境破壊!  
人工的に「エルニーニョ」「ラニャーニャ」を作り出す!

「武力と非武力、軍事と非軍事、殺傷と非殺傷を含む全ての手段を用いて、
敵を強制して自分の利益を満たす」

【新旧安全環境の比較】
         従来の安全基準  新しい安全基準
地縁政治環境   二極       多様化
         予見可能     不確定
         共産主義     民族主義と宗教原理主義
         固定した同盟   暫定同盟
アメリカへの脅威 単一 ソ連    多様化
         明確       不明確
         抑止可能     抑止不可能
         戦略核兵器の使用 テロリストの核使用    
軍事力の使用   消耗戦      需要目標への決定的打撃
         代理人戦争    直接増援
         ハイテク     総合的運用
         前方駐留軍    アメリカ本土駐留


第三章 教典に背く教典
◆ 湾岸戦争の特殊な性質が………
「軍事革命」を引き起こしたのかどうか、
これは終始、観点の問題である!

◆ 湾岸戦争は? 大規模な戦争である!!
従来型の戦争とは違い、誤解を与えた??
◇ 6空母機動部隊300隻の軍艦
◇ 4,000機の航空機
◇ 12,000両の戦車、12,000両の装甲車
◇ 30国余りの、200万の兵
◇ 42日の戦闘で、38日空爆で、地上戦は100時間!
◇ 148人の死者

イラクの損害は?
◇ 42個師団壊滅
◇ 30,000人殺傷、80,000人の捕虜
◇ 戦車3,847両の戦車、装甲車1,450両、大砲2,917門

◆ サダムフセインの誤算??
◇ フセインを排除しようとして他国は協力した!
◇ 利益に対する共通の懸念がある!

イデオロギーの同盟は終わり、利益のための同盟になる!

◆ 1986年 国防総省改組法!
統合作戦時における、各軍種の統一指揮の問題を一挙に解決する!
空地一体戦は、ヨーロッパの平原を進軍して来る、
ワルシャワ機構軍に対処する戦術であった??
が、不幸にもそれを試す機会は無かった!!
次いで、「前次元作戦」が有効になる??
その入り口が、「空中任務司令」だと!!

◆ 山本五十六は当時、最も想像力に富んだ軍事異才だった!
がそこで止まってしまった???
アメリカも、戦闘ヘリを使いイラク機甲軍を壊滅させた!
しかし、終われば湾岸戦争前に戻っていると!
戦車と攻撃ヘリは互角以上にヘリが有利である???
ヘリコプターが新しい概念になると!!

◆ 戦争はメディアと協働する???
戦争を同時映像する!!
これはもろ刃の刃とも言う??
しかし戦争遂行にはメディアの協力が必要であると!!

◆ 湾岸戦争は多くの教訓を与えている!
先端でない兵器が他の兵器との組み合わせで驚くべき戦果を挙げる!
A10型攻撃機と、アパッチ戦闘ヘリの組み合わせであると!
最初にハイテク兵器をを集中的に使い、軍事革命を引き起こした実験場である!


第四章 アメリカ人は象のどこを触ったのか
◆ 空中作戦はイラクとの戦争に勝利した決定的な要素であった………
ハイテク兵器の有効な使用は、空中部隊と地上部隊が戦争で出色のはたらきをした原因でもあり、
また多国籍軍が死傷者を最低限に抑えることができた肝心な要因であった!

南北戦争からアメリカ陸軍と海軍の間に根を張った垣根は、
空軍が誕生してからますます大きくなる!!
アメリカも三軍の意見調整は上手く行っているのか??
湾岸戦争で空軍の大活躍で陸軍の影が薄くなった???
38日間の空爆に対して、4日のアッと言う間の地上戦である!!
空軍優位の戦略になる???

◆ 贅沢病と死傷者ゼロ
アメリカの得意技!!
◇ 高価な兵器
◇ 目標の達成と死傷者数の減少
これらに金は惜しまないのがアメリカである!!
したがって無駄も多い??
戦争が無ければ経済が回らない??
無駄になるモノも多い!!

アメリカの贅沢な戦争様式を作り出す!
◇ ステルス機
◇ 精確な爆弾
◇ 新型戦車
◇ ヘリコプター
◇ 超視界攻撃
◇ 絨毯式爆撃

アメリカの兵器の技術的高さに比べると、戦術は遅れている???
兵器はますます贅沢になる!!

◆ 21世紀のアメリカ陸軍は??
師団派VS旅団派!!

◇ 師団派  現状維持??
◇ 旅団派  改革
「精鋭師団」「モジュール師団」「旅団ベース師団」

陸海空軍とも試行錯誤する!!
テストを行い、有効性を確認する??
地上、空中、海上の遠征軍を一体化した「統合特殊派遣部隊」
その試みに着手している!!

◆ 統合戦役から全次元作戦へ
◇ 統合戦役  批判も多い!!
⑴ 統一された指揮
⑵ 軍種の平等
⑶ 全面的な統合
⑷ 全縦深同時作戦

◇ 全次元作戦  これは放棄された!
⑴ 全縦深
⑵ 全高度
⑶ 全正面
⑷ 全時間
⑸ 全頻度
⑹ 多手段

◆ アメリカは軍事思想革命に近づくが、そこで止まる!!
◇ 非戦争の軍事行動
◇ 全次元作戦

 

超限戦 21世紀の「新しい戦争」 ①・喬良・王湘穂

 

2022年5月23日 (月)

本・中国の電撃侵略 2021-2024(2021/2)・門田隆将,・石平


Photo_20220523201002


コロナは序の口だ! コロナ禍、香港、米大統領選!
「疫病2020」から続く中国の攻撃は台湾、尖閣へ!


世はロシアのウクライナ侵攻一色になった!!
口実なんてどうでも出来る!
ネオナチ??  便利な言葉である!!
前から思っていたが、世界はナチス・ドイツとスターリンを繰り返している!!
ドイツのチェコスロヴァキア、ポーランド侵攻!
ソ連のフィンランド、ポーランド侵攻!
チェコスロヴァキアにフィンランドは言いがかりも甚だしい!!
ロシアの唯一のフレーズか???
ネオナチ?????
ロシアのまわりはネオナチだらけか???

中国の日本侵攻!!
日本の軍国主義者から、中国人民を守る!!
右翼化した日本に懲罰を与える!!
そんなところか???
中国とロシアは兄弟国か????
中国のことを書いているのが、ロシアにも当てはまる!!!
内容は下記の通りである!!


巻頭提言 「自由」対「独裁」決着の時へ(門田隆将)
序 章 バイデン政権の四年
第一章 台湾「電撃侵攻」シナリオ
第二章 もし中国の属国になったら
第三章 中国による人類運命共同体
第四章 中国の独裁は終わらない
第五章 「習近平の中国」という怪物
第六章 属国根性を捨てよ
あとがきに代えて 中国包囲網の構築と日本の使命(石平)


巻頭提言 「自由」対「独裁」決着の時へ(門田隆将)
著者お得意の中国非難である!!
マッチポンプ!!
自分でコロナを発症させて、隠蔽し、そしてばれたと分かり、
世界にマスク、医療機器を供給する??
中国に感謝せよと!!
どの口が言う!!!
2021年 アメリカの死者は40万人を超える………

アメリカの大統領選挙の不正??
不正があったと決めつけている??
そう言う例が並んでいるが、どこまで信用出来るのか???
◇ 買収
◇ 投票用紙
◇ 死者による投票
◇ すり替え
◇ 疑惑の集計機・ドミニオン

ナヴァロレポート!
◇ 開票機械の不正
◇ 明白な有権者詐欺
◇ 投票の不正操作
◇ 投票プロセスでの反則
◇ 平等保護条例違反
◇ 激戦6州の統計的異常

最高裁の判事!
レベラル、保守と、決めるのは大統領?
最高裁は政治にかかわりたくない!
どちらにしても投票の差はない??
トランプが不正を言っても、投票した人間の半分しか取れない!
どちらが勝ってもおかしくない………
世界の警察官とは言わないが、民主的な選挙、その監視を行っている???
その国で不正選挙??
思い上がりもはなはだしいと思うが………
SNS?? アメリカのメディアは9割民主党支持である?
一連の事柄を見ていると、トランプに恐怖を感じている!
バイデン大統領で中国は喜ぶ!
香港で容赦なく弾圧する!!

2021年 結党100周年
2049年 建国100周年
「中華民族の偉大なる復興」
昨日のチベット、ウイグル
今日の香港
明日の台湾
ウクライナ侵攻を、台湾侵攻の予行演習だと言う、アホな女もいるが!

当時の茂木外務大臣!
憎たらしい王毅外相! ペテン師である!
売りはニコリともしない!
これに茂木外務大臣はにやけて対応していた!
アホかと思ったが??
◇ タフネゴシエーター???
◇ 就任早々韓国に厳しいことを言っていた??
メッキがはがれた!
ここは同意見である!!
菅義偉首相もだらしない!
だいたい来させるのが間違いだと!

日本の政、官、財界、マスコミ、それに学会もか?
親中派、媚中派に占められている!

ウクライナ侵攻??
ヨーロッパはNATOでソ連に対応した!
現にロシアのウクライナ侵攻で対抗している!!
ジョージア、ウクライナ、バルト三国、フィンランド………
果たして台湾侵攻は??
NATOはアジアには無い!
出来ない??? 日韓がいるからである??
協力すはずがない!!

侵攻前の本であるが、中国の危険性にNATOも危機感を抱いている!
◇ 海洋進出
◇ サイバー攻撃
◇ ニセ情報の拡散

超限戦!
◇ 外交戦
◇ 国家テロ戦
◇ 諜報戦
◇ 金融戦
◇ ネットワーク戦
◇ 法律戦
◇ 心理戦
◇ メディア戦
日本は侵蝕、浸透を受けている!
媚中派 二階俊博、日本学術会議………
ましてや敵基地攻撃能力で問題になる!!
即座に朝日新聞に毎日新聞が批判する!
中国の侵略、浸透を、アメリカさえ許している!!
2021年から2024年の中国の電撃侵略!
その危険性を喚起している………
その前に、ロシアがウクライナ侵攻である………


序 章 バイデン政権の四年
ウクライナ・ゼレンスキー大統領はコメディアンだと!!
韓国大統領候補は、他国を例に出し、批判されて、政治を素人に任せるなと!
しかしロシア侵攻から2カ月半、メチャメチャ逃げずに頑張っている!
アフガニスタン大統領は逃げたが………

さてバイデン大統領である!!
この章、メチャメチャ書かれている!
著者たちは、不正選挙とはっきり言う??
その上でのバイデン大統領批判である!
トランプ退場で、中国の世紀が始まる………
日本は警戒心がない!
「日中友好」
著者は「日中友好絶対主義」と言う!

2020年、コロナ、香港、アメリカ大統領選挙!
バイデンの中国疑惑が並ぶ!
◇ 息子の中国疑惑!
◇ 本人の中国擁護!
◇ 習近平との癒着!
◇ 親中派は、スーザン・ライスに、ジョー・バイデン!
◇ 中国への忖度  防空識別圏を認める?

習近平は、当初バイデンに助けられている!
共産圏は弱腰を見せれば終わりである!
だから習近平は強気である!!
間違っても謝らない!!!
息子に1000億円の融資である!
貰う方もどうなのか???
バイデンは理想や理念で動かない!!
はなから決めつけている!!
書いていることは理解出来るが、本当かなと??
石平自身を信じれるのか??
『2013年後期の「中国」を予測する 習近平の断末魔の叫びが聞こえる』
こんな本を毎年出している! 信じられるか???


第一章 台湾「電撃侵攻」シナリオ
台湾侵攻である!
予定が狂った???
香港の弾圧で、蔡英文が圧勝する!
一時は負ける予測だったが???
習近平は国民党と、事実上の統一に持って行きたかったが………
「熟柿作戦」とはいかずに、
「渋柿作戦」強引に行く!
著者たちは、バイデン大統領の4年間に、いつでも台湾侵攻があってもおかしくないと!
台湾が中国に併合した場合の危機が、評論家が分かっているのかと!!

習近平は終身書記長が欲しい?
その為に実績がない? そこで「台湾統一」である!
ウクライナが起こってしまったので情勢が変わる??
ウクライナはNATO加盟ではない!!!
ロシア侵攻に際し、NATO軍の介入は無いが、武器援助は相当ある!
台湾の場合、米軍が本当に介入してくれるのか?
ウクライナは各国が陸続きで援助している!
台湾の場合、援助できるのは、日本とオーストラリアか?

「台湾侵攻は、中国の国内問題だ」
そう言われると、日本の政治家で建前論を言う、媚中派はいるのではないか?
ここまで言うのかと?
中国は、台湾侵攻時に、アメリカが動員を遅らせて欲しい!
その為の1000億ドルである???
トランプだと中国は台湾進攻出来ないと!
過剰評価ではないか??
嘘か誠か????
再選に協力したら、人権に目をつぶる??
そう言う話があったが、今一トランプは信じられない!!

2020年の中国人教授のオンライン講演!
⑴ 中国共産党の対米工作の実態
⑵ バイデン政権への期待
⑶ ウォ―ル街を中国金融市場に誘い込む

ついでに講演している!
◇ 1992年から2016年まで、米中間の問題はコントロールできる!
◇ アメリカの「権勢核心層」に中国の「老朋友」がいる!
◇ ウオール街は我々の味方
信じられない話が並んでいる!!
それを裏付ける、大物、老婦人がいる??

◇ トランプ大統領になり通じなくなった?
◇ バイデンの息子への投資

「米国政界・ウォール街・中国共産党政権」
それをトランプが潰した???
バイデン待望である???

台湾の内情も複雑と言う!
外省人と本省人がいる!
外省人は本土から逃げて来ている!
果たして外省人が、最後まで戦うのか??
共産党の戦時体制がある!
最近連発している!
コロナ対策??
不満もあるようだが………
これは予行演習か?????


第二章 もし中国の属国になったら
その危険性はある!
世界中に華僑はいる!
その保護のためにと侵略して来る???
現に、ウクライナ侵攻は、ネオナチしか言わない!
日本の右翼化を阻止すると!!!

「華夷秩序」
⑴ 日本が中国の一部になる! 「日本自治区」「東海省」
⑵ 実質的支配者では???
・靖国神社を焼けと言われれば焼く
・南京虐殺の30万人に1000万、5000万の賠償金を払え
・首相が毎年土下座する! そう言う日本の首相もいる!
・日本の技術はすべて中国に開放
・日本企業への投資を中国に開放する

現実に大国は大国の論理がある!
やりたい放題である!
・日本は犯罪国家だと!!
・日本語教育の禁止!!
・日本の医療は、中国富裕層のためにある!
・日本語教科書への指導

どうなればその兆候になるのか??
・日米安保条約が機能しない
・アメリカの衰退
・沖縄から撤退
・琉球共和国の独立
・尖閣の中国領
・台湾と沖縄に人民解放軍の基地が出来る!

ここでもトランプが期待だったと???
一番あり得る???
沖縄の華人が弾圧されたと!!
その保護のため???
「民族浄化」 ウイグル、チベット、モンゴル、香港………
日本への侵攻は進んでいると!!

日本学術会議!!
これの批判は多い!!
軍事研究禁止?? 生命出したら北朝鮮はミサイル発射である!
相手の軍事力の研究さえ出来ない??
2015年 中国科学技術協会と協力覚書を交わす!
中国「千人計画」にお墨付きを与えている!!
中国の軍事研究には協力する??

名前を挙げている! 早稲田の岡田正則教授!
任命拒否されている!
「相手が軍備を持っているからと言って、こちらも持つのは時代遅れだと」
「国際社会でヘンな武器を持たせない様にしよう、使わないようにしましょう」
「それが自衛だと」
おめでたい人間である! 拒否されて当然!!
憲法学者と言い、ロクな人間がいない??

1970年 「反日亡国論」 国家に反対するのが生きがいか??
よりどころの共産主義は崩れ、残っているのは、独裁国家である!

どうも中国に言われているようだ??
専守防衛に反している!!
中国大好きで、日本大嫌い、中国にために頑張る反日日本人!!
中国共産党と日本共産党の違い??
著者は高知県で、日教組が強い!
「日の丸も、君が代も無かった」
日本の共産党は、共産主義そのものに向かっている!
日本を良くしようと言う気はない! それ自体「悪」だと!

大学にマスコミは中国に牛耳られていると!!
反日日本人が多い!!
・反戦を繰り返し、日本が悪いと!!
・専守防衛に反する
・敵基地攻撃能力
・巡航ミサイルの開発
・歴史を忘れるな
・戦争を我々が防いでいる!
中国に優位にしている!
資金援助は当然受けている!!
中国も信じられない??
「日本人は中国共産党のために日々頑張っている」
これは、日本にしかいない人種だと!!!


第三章 中国による人類運命共同体
コロナで中国は味を占めた??
まず立ちあがれないほどダメージがあった!
マッチポンチ??
自分で発症させて、治療に行く??

「超限戦」 これは読んでいる!
そこからの引用である!
忙しいことである!!
少し間に、中国で反日暴動があった!
これは国民の息抜き(?)のためにやっていると!
だからどうなのか??? 心配するなと!!
今となって分かるが、この評論家は媚中派、中国から金を貰っていなのか???
ついでに言うと、高速道路無償化、欧米はそうなっている」?
そう言うアホな評論家がいたのは、洗脳されているから………

・貿易戦  (国内貿易用の国際運用や関税障壁の恣意的な設定と破棄等)
・金融戦  (非国家組織が非軍事手段を用いて主権国家に仕掛ける非武力戦争)
・新テロ戦 (伝統的なテロに比べて規模が大きい)
・生態戦  (遠くない将来、「エルニーニョ」「ラニーニャ」現象が人工的に作られる)
・密輸戦  (経済秩序に打撃)
・メディア戦(他国の世論を誘導)
・麻薬戦
・ハッカー戦
・技術戦  (標準を作って特許を独占)
・資源戦、経済援助戦 (恩恵を施してコントロール下に置く)
・文化戦(異分子を同化させる)……
孔子学院もあるが??

海警法整備!
⑴ 国家の主権が侵害されたとき、武器使用が出来る
⑵ 中国の島に設けられた建造物は、中国が取り壊せる
⑶ 中央軍事員会の命令で「防衛作戦」を行うことが出来る

要は民主主義国家では無い!
香港が良い例で、好きに出来る!!
何を言っても聞かない??
民主主義(紳士)VS 全体主義(ならず者)
アメリカが崩れれば、中国の世界支配である!
「人類運命共同体」

中小国家を蹂躙している??
その口が言う!
「保護貿易や孤立主義は誰の利益にもならない」
「大国は中小国家を対等に扱うべきで、自国の意思を押し付けるべきではない」
2049年 世界のリーダーになる!!
「百年の恥辱を晴らす」

日本への批判がある!
おめでたい人間が多い!!
日本の駐中大使のように、中華連邦の一員になるのが幸せだと!
さかんに本を出している!
「清く、正しく、美しく」 
著名人との対談も多い!
止めてくれんかの………
中国に洗脳、金を貰っている政、官、財、学、マスコミ、評論家は多い!!

流行語 「犯我中華者,雖遠必誅」
「中国人に逆らったら、おまえら誅されるぞ」
要は中国を中心に世界は回る!
かっての恨みを晴らす??
その対象は日本だと!!
南京事件も恨みの対象だと!!
日本の伝統、誇り、技術、お金………
当然の権利で取られると!!
これを日本は理解しているのかと???

トランプ政権が続けば、中国は真っ青だったが、
友人 バイデンが大統領になり、万々歳である!!
長老たちは海外で莫大な資産を持っている!
これが凍結されると、失脚しかねない!
素朴な疑問だが、この本の時点では、ウクライナ侵攻はない!
これもバイデンの責任なのか???


第四章 中国の独裁は終わらない
コロナの隠蔽の、隠したかったものは何か??」
欧米と違い、共産党には逆らえないと!!
中国は一党独裁である! 日本も自民党独裁である!
全然意味合いは違うが………
中国は、警察と報道が同じものだと??

西側諸国は間違った!!
ウクライナ侵攻で思ったが、独ソを共倒れになるまで何故戦わせなかったのか?
下手に援助するからだと!!
中国も豊かになれば普通の国になる??
全然ならなかった!
中国が独裁でも、中国人が苦しむだけだと!!
コロナ騒ぎで、そうではないと!
ほっとけなくなる!!
思い違いをしていたと分かる………

中国の工作は「一国一票である」国際機関を握る!!
その割に、大陸棚でも大国には大国の立場がある??
鄧小平は、自助努力では無理!
それが分かり、ノウハウ、技術、お金、人材を取り込む!
盗んでも良い!!
「千人計画」
いつか見返してやると!!
協力者は日本か??
◇ 人権問題にかまわず、商売に励む
そう言えば、財界は靖国参拝を止めてくれと! 多分トヨタ??
◇ 親中派  河野洋平、加藤紘一
◇ 天安門事件で中国に最初に免罪符を与えたのは??
◇ 天皇訪中 政治利用丸出し
◇ もう一つ 小沢一郎の習近平の天皇会見のごり押し!

日本政治の諸悪の根源は、小沢一郎か???
天安門事件以降、中国は自信を付けた!
コロナで中国は自信を付けた!!
中国の政治体制が優れていると!!
コロナを抑え込んだ?? そうでもなさそうである………

テレビドラマは時代を反映する!
抗日のドラマでなく、朝鮮戦争でアメリカ何するものぞ!
「命を落とす自由など、欲しくない」
この中国にどう対峙するのか???


第五章 「習近平の中国」という怪物
日本の批判である!
◇ 自民党 石破茂 「礼儀は礼儀として」
「中国はそんなことをする国ではありません」

日立の中西宏明日本経団連会長
中国と協力している!!

◇ 人権問題に腰が引けている!

ドイツは中国批判に傾いている!
習近平の愛人のネタの本を売る?
店主を誘拐する!
習近平はチンピラであると!
面白い例えである
◇ 毛沢東 俺の手を付けた女は30人? 教えてやる!
◇ 江沢民 無視する
◇ 胡錦濤 慎重だと
拉致の隠蔽のために、「逃亡犯条例」である!
露店経済????
北京に露店を出して、雇用を作る!!
習近平は、これを潰す!!
中国は国内循環で経済構造が出来ている???
政権さえ守ればよい!!
香港が死のうが、対米貿易が無くなろうとも………
人権で死のうがもか??

6つの準備がある!
⑴ 米中関係悪化、闘争に備える
⑵ 外部需要の萎縮、サプライチェーンの断裂に備える
⑶ コロナの拡大の常態化に備える
⑷ 人民元とドルの切り離しに備える
⑸ 食料危機に備える
⑹ 国際テロの巻き返しに備える

中国経済の行きつく先は!
◇ 戦争
◇ 経済統制
◇ 食料不足も統制で
◇ 国家総動員
◇ 独裁を守るしかないと

1930年に1940年のヒトラーを想像できたか??
中国は??
ロシアも含めて、民族浄化をやっている!

香港は??
武装警官が投入された天安門事件と、
国安法を通過させて、民主派が活動出来なくなるのと、
どちらが良いか?? だからやったんだと!!

「華夷秩序」
「生存圏の拡大」
「百年の恥辱」
我々は中国に対する幻想を捨てなければならない!
コロナは、文明社会、人権、民主主義に対する天の最後の警告だと!
自由主義は力を合わせて戦わなければならないと!!!


第六章 属国根性を捨てよ
中国王毅外相!
ニコリともしない!
趙立堅でも時には笑う!!
著者が書いているが、茂手木外務大臣!!
とある番組で褒められていた!
◇ 仕事ができる
◇ タフネゴシェーター!
就任早々、韓国に強く言っていた!
期待させたが、王毅外相に舐められていた!
にやけて何をしたかったのか?
中国でこの写真が流されると、間違いなく茂木外務大臣は王毅外相に手玉に取られた?

Photo_20220523201001


珍しく、共産党志位委員長と意見が同じだった!
厳しく茂木外務大臣の態度を批判していた!
今は期待はしていないが………
菅義偉首相も会見している!!
要は中国の前では何も言えない!
舐められている!!
大物、二階俊博も対談している!!
外務省は大人の対応だと!!
台湾の李登輝総統! ビザを出さない!

何故中国に弱いのか??
尖閣での対立!
◇ 公船に武器使用を認める 海警法!
◇ 2020年 300日以上航行している
◇ 日本領海内で日本漁船を追いかけまわしている

何故ひれ伏しているのか??
⑴ 中国のカネ
⑵ 脅し
⑶ 騙されている
⑷ 信念の欠如
⑸ 創造力の無さ
⑹ 現実が直視できない

管、二階、茂木では中国に遊ばれるだけだと!
オーストラリアは靴底に付いたチューインガムと言われても、
言うべきことは言っている!
菅義偉首相に対する期待外れがある!
なんせ、中国には腰が引けている!
経済界は中国の顔色を見ている!!

習近平の国賓がある!
来たら又、天皇と会見である!
止めて欲しい!
日本人は天皇との会見に意味を見いださないが、中国は違う!
日本には中国のために働く勢力がいる!!
孔子学院、中国とつながりのある人間は、重要ポストから外す!
日本は出来ていない!!!
改憲論議も進まない!!!

民主主義国の中国包囲網!
「環太平洋インド洋条約機構」
アジア版NATOで対抗する!! 一国では無理である!!
これは無理ではないか???
韓国がいる!

中国擁護の国!
キューバは45ヶ国!
パキスタンは54ヶ国!
どんな国家か??
ドイツは39ヶ国の代表で非難する!

アメリカも反中の、ナンシー・ロペス下院議長がいる!
No3で、トランプ嫌いである!!
イギリス、フランス、ドイツも艦船を太平洋に派遣している!
受け入れは日本である!!

台湾は4年頑張る!!
日本と台湾は運命共同体である!
アメリカも、ペンス元副大統領に、ポンペオはバリバリの「反中」である!
著者は共和党政権に期待している???
ウクライナ侵攻があり、この本も書き直しが必要か?
バイデン大統領は今、ロシアに立ち向かっている!
いずれ中国か???


あとがきに代えて 中国包囲網の構築と日本の使命(石平)
王毅外相は、中国包囲網を批判する!
当たり前である!!
アメリカの人権批判に対して、先に手を打つ!
アンゴラ、北朝鮮、イラン、キューバ、ジンバブエ、南スーダン??
中国基軸の独裁国家群VS西側民主主義先進国!!
趙立堅報道官だフェイクニュースを流す!

日米仏で尖閣等の離島防衛の訓練を行う!
イギリスは空母・クイーン・エリザベスを派遣する!
この艦載機F35の整備を日本で行う!
これにドイツも艦船を派遣する!!
中国封じ込めの「海の長城」を築く!
日米英仏独豪加VS中国・ロシアか????
インドの動向は? 反中であるが、親ロでもある???

人権問題は「敵は北京にあり」
クアッドを始め、日本は手を抜くべきではない!
今は岸田政権である!
協調路線を突っ走っている!
声援がある!
「がんばれニッポン」

 

中国の電撃侵略 2021-2024・門田隆将,・石平

 

 

2022年5月21日 (土)

本・新型コロナ、香港、台湾、世界は習近平を許さない ②(2020/5)・福島香織

Photo_20220514191601


第二章 台湾総統選に敗北した習近平
第三章 新型コロナが習近平政権にとどめを刺す
第四章 世界は習近平を許さない


第二章 台湾総統選に敗北した習近平
1 台湾総統選の圧勝の意味
2020年 台湾統一選挙  民進党蔡英文圧勝!
選挙前は、国民党の方が有利だった!!
「事なかれ主義的な官僚気質」
評判が悪い!!
2016年 馬英九に変わり総統になる!
それにより中台関係は悪化する!
民進党支持者は打ち出して欲しい!
◇ 台湾アイデンティティと一つの中国の完全否定
◇ 反中姿勢
がはっきりしない!
トランプ大統領に、プレジデントと、呼ばれるが………

2020年の選挙、それでも蔡英文に投票すると!
何故なら………
◇ 国民党は中国共産党に近づきすぎた
◇ 選挙は腐ったリンゴの箱から一番ましなリンゴを選ぶ
◇ 中国に飲み込まれたくないから、女に投票する

佐藤優言うロシアの選挙は???
◇ 悪い奴
◇ うんと悪い奴
◇ とんでもない悪い奴
要は、うんと悪い奴、とんでもない悪い奴を排除する!!
何か世の中信じられないが………

選挙であるが、比例選挙の得票率は、国民党と民進党は差が無い!!
それより小規模政党が躍進した!
◇ 緑  民進党
◇ 白  国民党
選挙の争点?
◇ 一国二制度  和平統一
◇ 武力統一
結果として、一国二制度を拒否した??

蔡英文の勝利後の演説!
◇ 皆に助けられた???
◇ 習近平に感謝ですか? の質問には笑いが漏れる!
◇ 和平 武力統一を放棄せよ
◇ 対等 お互いの事実を否定しない
◇ 民主 台湾の前途は2300万人が決定する
◇ 対話 座って未来の関係を図る

蔡英文が感謝すべきなのは?
⑴  習近平
⑵  香港、オーストラリア

要は、習近平の敗北だと!!!


2 習近平の台湾政策の大敗北
2018年 暮れには、蔡英文に勝ち目はなかった??
2019年 新年早々 習五条 台湾同胞に告げる書!!
⑴  台湾統一は必須、必然である  台湾とともに「中国の夢」を目指す
⑵  「一国二制度」による平和統一が望ましい
⑶  「一つの中国」が原則で、台湾独立には反対 
   中国人は中国人を攻撃しない
⑷  地域的経済的融合と同等待遇を推進
⑸  中華民族アイデンティティの形成
台湾独立を言えば、台湾人となり中国人ではない!
「一国二制度」を受け入れるか、武力統一か??
これを蔡英文が拒否し、支持が上がる!!

2019年4月  迷いがある!
仝6月  香港デモ! この頃から蔡英文の優勢になる!
過去の政策の失敗より、「一国二制度」、香港が焦点になる!!

アメリカは台湾に関しては中国を刺激したくない!!
が、失敗と分かりトランプ大統領である!
米中新冷戦!!
日韓はどちらに付くかの踏み絵を迫られる!
台湾も同様である!!
トランプ大統領は台湾に武器売却、事実上の大使館格上げになる!

オーストラリア
靴の底に付いたチューンガム????
今や反中の代表国家か???
「中共スパイ 王立強事件」
王立強は専門のスパイではない??
2019年4月 自白を条件にオーストラリアに保護を求める!!
香港、台湾の世論誘導に従事したと!
実情はちんけな末端スパイ、でもなく詐欺師のようだ??
しかし、オーストラリアはこれを利用する!
◇ 国内の中国への警戒感を呼び起こす
◇ 台湾総裁選で民進党有利にする
これに対して、国民党は王立強を脅迫して前言を取り消させる!
これがバレる!!
結果はオーストラリアの圧勝か??
台湾も国民党が、中国の支配にあるようなイメージになり、
うかつに動けない!!
蔡英文の勝利ではなく、習近平のオウンゴールだと!!


3 台湾の未来シナリオ
国台弁(国務院台湾事務弁公室・中央台湾工作弁公室)
習近平は、この失敗を押し付けた??
ちゃんとやらなかったからだと! 汚職、サボタージュを言う!!
が処分はこの本の時点では、コロナ騒ぎで棚上げになっている!
ただ、実際の台湾工作はよくやっていたと!
国民党は共産党の手先に成り下がっている!!!
内部は、エリート党員とB級党員があり、対立している!
内情は複雑である??

では民進党は??
◇ 「一国二制度」を拒否
◇ 台湾は中国と別の国である
◇ コロナ対策で支持を伸ばした!
が、問題も多い!
◇ 蔡英文の学歴詐称
◇ 蔡英文総統と副総統頼清徳が犬猿の仲
副総統頼清徳の事務所から著者にクレームがあった!
著者の有料メルマガである!
面白いが、これは勝手に中国語で翻訳されている!
影響力がある! なので修正である!!

蔡英文圧勝で、王毅外相は??
統一は歴史の必然、逆行しようとしても必ず行き詰まる!
国家分裂派は汚名を歴史に長く残す!!

やはりロシアと中国は運命共同体である!!
蔡英文圧勝は、汚い不正常な手段で、有権者を圧力と恫喝で票を奪った??
トランプもか???
習近平がどう判断するのか??
台湾統一を自分でやり、後世に名前を残す??

WHO加盟を支持する国もある! 中国は拒否!
そう言えば、最近WHOテドロスの顔を見ないが………

可能性の一つと思うが、国民党が次期総裁選の候補者を立てれない???
そうなれば「一つの中国」を主張するのは??
中国共産党は「非対称的な対抗処置」を模索する!
「超限戦」も存在する!
・貿易戦  (国内貿易用の国際運用や関税障壁の恣意的な設定と破棄等)
・金融戦  (非国家組織が非軍事手段を用いて主権国家に仕掛ける非武力戦争)
・新テロ戦 (伝統的なテロに比べて規模が大きい)
・生態戦  (遠くない将来、「エルニーニョ」「ラニーニャ」現象が人工的に作られる)
・密輸戦  (経済秩序に打撃)
・メディア戦(他国の世論を誘導)
・麻薬戦
・ハッカー戦
・技術戦  (標準を作って特許を独占)
・資源戦、経済援助戦 (恩恵を施してコントロール下に置く)
・文化戦(異分子を同化させる)……

台湾だけではなく、アメリカとの勝利を考えていると!
2020年 ロシアのウクライナ侵攻!
これからどうなるか分からないが、側近がプーチンに忖度した!
耳障りのいい情報しか言わない!!
習近平も同じ危険がある…………


第三章 新型コロナが習近平政権にとどめを刺す
1 新型コロナウイルスのパンデミックは習近平の責任
コロナ騒ぎの原因は、習近平への権力集中が原因だと!
「ひらめ官僚」
都合の悪い情報は挙げない!
新型コロナの拡散の原因は??
◇ 2019年12月1日 確認 医師は未知のウイルスだと判断している
◇ 仝12月末には、医師がデマ拡散者とされる!
◇ 2020年1月1日 華南海鮮市場封鎖
◇ 仝5日 ゲノム解析で新型と判明する
ここまでは的確だった???
問題は上に報告が上がった時である!!
中央が指揮すると、勝手に触るなと!!

◇ 春節移動が始まる!!
◇ 17、18日 習近平はミャンマー訪問、雲南視察 21日帰国
◇ その間、李克強が対応する!
◇ 23日 武漢の都市封鎖を行う

一番は、習近平の判断ミス!
次に地方のトップの判断ミス!
これはひらめ官僚を出世させた、習近平の責任だと!!!


2 新型コロナウイルスを巡る情報戦
中国の手先と言われる WHOテドロス事務局長!
傲慢ともいえる態度である!!
中国擁護で、中国の対応を褒めて、台湾を無視する!!
◇ 中国の感染ピークは過ぎ去った
◇ 中国のとった措置は空前絶後で、先見性に富んだ柔軟なものだった
◇ 私がコロナに感染したら中国で治療を受けたい

中国には、収まったころに視察し、もはや中国は問題無いと!
WHOはパンデミックの震源地は欧州、中国は沈静化している!
奥州から広まったように言う!
2000万ドルWHOに寄付する!!
結局、中国の言いなりである!!

ここからは古森義久からである!!
日本と韓国は習近平の国賓で忖度し、
観光客を止めなかった??
なので最初から8人ぐらいのコロナ患者は中国人である!
武漢封鎖されるまえに500万人が出ていたと!!
WHOの信用失墜である!!

台湾は、WHOテドロス事務局長に無視され、独自の対策を取る!!
これが成功する!!
北朝鮮も成功したのか??
忖度の必要が無いので、鎖国状態に出来る!
もっともそうしなければ医療体制が持たない!

日本のアホさ加減がある!!
マスクを中国に送る!!

出た!!! 戦狼 趙立堅報道官!!!
世界の中国責任論に対抗する!
言われるようなことを中国はしている!!
華南海鮮市場!
何を食べているか分からない??
蝙蝠???
怪しい施設??
・中国科学院武漢国家生物安全実験室!!
・武漢疾病予防コントロールセンター実験室!!

米軍が持ち込んだと!!
可能性の問題だが、中国漏洩説が信ぴょう性がある!!
ウイルスは蝙蝠由来のようだ!
が人為的に加工したのか??
その形跡はないとも言う???

ウソも百回言えば本当になる??
アメリカが持ち込んだと!!
自国発生では無いと言い張る………
だらしないのがWHOテドロス事務局長!!!
言いなりか???

イラン、イタリアは感染が多い!
どちらも中国と関係が深い!
イタリアは重要だと!!
中国人が多い!
イタリアはヨーロッパが支援しない!!
「全人類VSウィルス」
中国は最前線で戦っている????
要は、金やマスクをバラまいて「善意」「友誼」を示し、
中国が隠ぺいし拡散させたマイナスイメージを払しょくしようとした!

2月末に、中国からマスクを提供される!
日本は中国にマスクを送り続けて不足になっている!
それでも二階俊博は感激し感謝する!!
世界の82ヶ国以上に援助し、170人の各国指導者が支持する!!!
これは中国のお家芸である!!!

中国は世界ルールを、この機会に自国に有利なように変えたい!
中国は時代の戦争が、非対称形と考える!
「超限戦」
手段を選ばない???
ロシアはウクライナ、クリミアで成功した!
が2022年の侵攻は???
ひらめ官僚に間違った情報を教えられている!

中国は、先の大戦で日本に勝ってはいない!
降伏したのは台湾であり、共産党には負けていない!
日本人は認識が足りない!
「人は目的のためには平気でうそをつく」

香港、台湾、チベット、新疆ウイグルに、日本にやってきたことを思えば、
中国共産党に勝たせてはいけないと!!!


3 中国はグラスノスチしかない
日本は法的規制が無くても、従うことが出来る!
それに頼っているところもある!
こういう時に治安を維持するには??
◇ 徹底的な情報封鎖に、行動制限
◇ 情報を開示し、最終的なリスクは個人にあると!

果たして中国のやり方が良いのか??
◇ 警告した医師 李文亮! デマを流したと拘束される!
◇ 死んだ後も、無理やり心臓を動かし精一杯の治療をしたと?
◇ 犯罪者から英雄にした!
◇ 2月6日を「国歌言論自由日」に制定せよと
要は言論の自由が無い!!
◇ 精華大学 全国同胞に告げる書
・政治安全を優先することに反対する
・SNSの封鎖に断固反対する
・人民を敵とすることに反対する
・災難をアピール、礼賛することに反対し、官僚、体制の不正、責任を追及する
・指導幹部の終身制廃止の堅持
当たり前のことである!!

◇ 本当の死亡者数は?
◇ 「性能量報道」「正面情報」を行えと?? 何なのか???
・感動を与える
・人民を団結させる
・楽観的な希望を持たせる
・悲観的、批判の報道はするな
・美談、武勇談
・共産党指導のもと、未知のウィルスと一丸となり戦い勝利する

◇ では、それはどんなものなのか??? 涙も出ない!! コントか???
・若い看護師が感染予防のために、バリカンで髪の毛を切る
・流産10日で復帰
・妊娠9ヶ月で第一線堅持  (アホか)
・80歳の老人が30年間の貯蓄20万元を寄付 20円とすれば400万円!!
 最もッている人間がいると思うが?
・母親の最期を看取らず勤務する
・植物人間の夫を置いて第一線に
・生まれて20日の赤ん坊が最前線に? (冗談か)

◇ 匿名で習近平を批判しても逮捕される 1年後廃人同様で釈放される!
◇ 幹部を褒めると習近平は批判されていると感じる??

◇ 武漢では??
・他の地域で、武漢から来たと言うだけで差別される!
・密告すれば褒美が出る
・家に閉じ込める
・政府と違う映像は削除される!!
・マスクの奪い合い

◇ 工場再開も、人員、資材不足である!
◇ 仕事しているふりをするために機械を動かす! 電力量が上がる
◇ 地方の実情を無視している!
◇ 習近平は失敗は自分では無いと!!!

食料供給の問題がある!
◇ 野菜など、高騰し傷んでいる! 腐った野菜も多い!
◇ 違反すれば連行である  いくら良いことをしてもである!
◇ テナント料免除、賃上げ反対! が無視されている???
要はメチャメチャだと!!!

著者は、グラスノスチしかないと!!
宣伝ではない!! 情報公開!!
専制国家の末期に体制が解体される三大きっかけ
⑴  経済の崩壊
⑵  軍事的統治の失敗
⑶  公衆衛生にかかわる大事件

アフターコロナの世界は??
中国が民主化を図る? 著者の希望みたいだが、恐らく無理である!!
もっと独裁を強めて崩壊する!!!


第四章 世界は習近平を許さない
1 静かな“政変”の噂

小さな批判は潰されるかもしれないが、大きくなる!!!
かっての打倒4人組運動!!
これをもって、文化大革命は終了した!
鄧小平の改革路線が始まる!
それを今回も期待する??

「緊急中央政治局拡大会議招集の提案書」
◇ 韜光養晦路線に明確な回答を出すべきか  「才能を隠して、内に力を蓄える」
◇ 政治上、党が上か、方が上か
◇ 経済は、国進民退か、民進国退か?
◇ 治安維持のために公民の基本的人権を犠牲にすべきか
◇ 民間がメディアを運営することを認めるか
◇ 司法は独立すべきか
◇ 公民は政府を批判して良いのか
◇ 世論監督は必要か
◇ 公務員の財産は後悔すべきか
◇ 台湾は、統一、和平のどちらが重要か
◇ 香港は、繁栄、中央の権威のどちらが重要か 地方選挙完全実施を許してよいのか
凄い提案ですね!!
習近平に反省は無い!
党内からも批判の声は上がっているようだが………
弾圧で押しつぶす!!
結果は??? 良くなさそうであるが………


2 米国と中国の和解はない
いわゆる、「超限戦」「宣伝戦」である!
イメ-ジの世界なのか??
トランプ大統領は再選に有利に立っていた??
がコロナでおかしくなる!
要は嘘でも自分が有利になるように図る!!

中国のコロナ被害の発表は本当の数字なのか??
マッチポンプの最たる例なのか???
中国の大宣伝の本がある!
◇ サイレント・イノベーション  オーストラリア
◇ パンダの爪  カナダ
◇ マジック・ウェポン  ニュージーランド
しかし中国はしたたかである!
G20サウジアラビアで、習近平は言う!!
◇ ウイルスの国境はない、共同防衛ネットワークを作らなければならない
◇ 中国は知識センターを立ち上げて各国に開放している
◇ 中国が最も困難な時に支援を貰った、この友誼を大切にしたい
◇ 国際社会は団結し、手を取り合おう!!
アメリカにも協力を求める!
米中が協力し合うことが重要だと!!
ようは中国に合わせろと????

イタリアはヨーロッパでは継子扱いで、中国が助けてくれたと?
目的があるが、目をつぶっている??
結果として、米中は和解しない???  出来ない!!!


3 隠蔽と人権無視と強権と全体主義を受け入れられるか
中国政府発表に疑問を持ち調べる!
実際に焼き場など調べる!!
遺体はそのまま焼き場に直行である!
遺族に返さない? 返しや骨も本物かどうか分からない!!
2022年4月 まだコロナは終息していない!
中国も患者は増加していると!!
調べた人間は行方不明??  失踪??

コロナ対策??
◇ 民主主義の価値観
◇ 情報隠蔽し、人権を無視し、都市封鎖を行い、強引に拘束する!
どちらが良いのか???
中国のやり方が良いと言う人もいる??
ただし宣伝に惑わされている可能性もある?
このことだけを信じて、中国式が良いと言うのは間違いだと!!
コロナ発症の情報を隠し、他国のせいにしている?

日本は、中国の価値観を受け入れれるのか??
◇ 情報隠蔽は中国である!!
◇ 日本の対応は遅れたと言っても好きなことを言える!
◇ 言論の自由がある!!
◇ 要は価値観の全然違う国だと!!
◇ 「超限戦」 中国はコロナ後でなくとも仕掛けてくると!!
◇ 世界のルール造りは勝ち組が行う!
◇ 日本は勝ち組になり、「民主と自由と法治の普遍的価値観の守りて」であって欲しいと

 

新型コロナ、香港、台湾、世界は習近平を許さない ②・福島香織

 

2022年5月16日 (月)

ロシアと中国は兄弟か?????

Photo_20220513102801

Photo_20220513182601


ロシアの戦勝記念のパレードがある!
金がかかっている!
これを見ていたらウクライナである!!
占領地で踊っている映像があった!

Photo_20220513102901


パレードは豪華か??
見ていると、女性兵士が行軍している!
もっとあるのか?
4種類ほど制服が違う!!
所属が違うと思うが、派手である!!

5_20220513102901

9_20220513102901

6_20220513103001

2_20220513103001

1_20220513103101

それで何を思ったかと言うと、新疆ウイグル自治区である!
ここでも踊って中国に感謝している映像である!
再教育もある!
ロシアを見ていて思い出した!!

Photo_20220513103001

2_20220513103002

4_20220513103001

ついでに言うと、カンボジアもそう言う映像を流していた!
NHKだったが、良く撮れたと思った!!

Photo_20220513103101


子供も使い中国化、ロシア化を進める!!
平気でやれる人間性が分からない!!
独裁国はパレードが好きなのか??
北朝鮮もそうか??

Photo_20220513103201


ナチスドイツも大好きだった………
日本も江沢民の銅像を建てようとした媚中派の政治家がいる!
パンダも5頭も貰っている!
引退すれば返還か???

言葉の問題がある!!!
今回、ロシアの占領区でロシア語教育が行われている!
そう言えば、中国も同じことをやっていたが………

Photo_20220513182001

独裁国は何をするか分からない………

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

古代史 室町時代 幕末 平安時代 戦国時代 江戸時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド イングランド(イギリス) オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ クロアチア スイス スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア スロベニア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベルギー ポルトガル ポーランド ルクセンブルグ ルーマニア ロシア (バルト3国 コーカサス ウクライナ) 中南米 中国 (モンゴル) 中央アジア 中東 台湾 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  刺客(忍び)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  宮本武蔵_  徳川家康 (徳川関連)  戦国武将(武将)  明智光秀 大河ドラマ(麒麟が来る)  明智光秀 本  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 大河ドラマ  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 大河ドラマ  黒田官兵衛 本  黒田官兵衛 紀行 おんな城主 直虎 本 おんな城主直虎 大河ドラマ お勧め アート インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート スポーツ テレビ番組 ドラマ ゲーム・オブ・スローンズ ナルト 中央アジア 事件 仕事の悩み 剣客 単なる女好きのおっちゃん 古代文明 名言格言 国内 旅行 坂の上の雲(明治維新から第一次世界大戦後まで) 山本五十六(第二次世界大戦前から) 政治・政局 旅行・地域 昔話 映画 時事 書籍 その他 書籍 スパイ 書籍 戦略戦術 書籍 海軍 書籍 特殊作戦 書籍 空軍 書籍 軍人 書籍 陸軍 書籍・雑誌 源平合戦 独り言(よもやま話) 神社・仏閣 科学 紹介、情報 落語 講演 軍事博物館 金融 鎌倉殿13人  本 鎌倉殿13人 大河ドラマ 鎌倉殿13人 源平合戦

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ