名言格言

2020年10月15日 (木)

本・何が一番「効果的」か―マキャヴェリの「指導者」絶対法則 ②(2000/5)・マイケル・A. レディーン・Michael A. Ledeen (原著),・渡部 昇一 (翻訳)

Photo_20201005120101



4章 この「悪の魔力」こそ最強の正義 マキャベリの「反」黄金律
5章 人の心は「恐怖」と「愛情」には抵抗できない!
6章 この「非常手段」のとり方で 自分の力量が決まる!
訳者あとがき 渡部昇一 何よりも「勝たなければならない人」に勝つ秘訣を教える本!

 

4章 この「悪の魔力」こそ最強の正義 マキャベリの「反」黄金律
■ インテリほど犯しやすい「オーケストラ・リハーサル」の愚
人間、自由だと言って好き勝手させればろくなことが無い!
オーケストラの演奏者が、指揮者の言うことを聞かない?
俺は何年やっていると思っている???
無制限な自由は許されないと!!!

■ 「武装した預言者」なら百戦百勝できる
武装した預言者は勝利を収め、武装していない預言者は滅びる!!!
モーゼを例に出す!!
指導者たるものは、この上なく高潔な目標の実現を目指すがゆえに、
かえって「悪の道に入る」ことも余儀なくされるケースもある!
「人間は邪悪であり、機会さえあればその悪意を発散しようとする!!!

■ 史上最大の犯罪人を生んだ「徒情け」
イギリス人ヘンリー・タンディ!
第一次世界大戦の塹壕で、傷ついた敵伍長を見る………
1940年、コヴェントリーへのドイツ空襲時に思う!
あの伍長を殺しておくべきだった????
アドルフ・ヒトラーである!!
例が悪いと思うが……… 
人命尊重を言い、余計に犠牲者を生みかねない??

■ 「勝つ」ためなら嘘はどこまで許容されるのか
第二次世界大戦で、ドイツの爆撃計画「月光のソナタ」
これをイギリスは暗号解読で知る! 避難の時間はあるが………
コヴェントリーを見殺しにした!
チャーチルの決断!!
これは現代の神話とも言うが………

■ あくまで実利を再優先するマキャベリの「反」黄金律
「正直は最大の美徳であり、長い目で見れば真実は必ず勝つ」
信じている人は少なく、信じている人は戦いから手を引けと!
「人からしてもらいことを人にもなせ」ではなく、
「人があなたにやりそうなことを人にもなせ」
マキャベリの「反」黄金律である!!

■ 時に「正義」とは「敢えて手を汚す」ことにある
1970年代、トルコはテロの嵐が吹き荒れて、軍部が政権を掌握した!
軍事独裁と非難されたが治安は安定した!
1983年には自由選挙を実施した!
「同じ国の市民を殺し、友を裏切り、信義を持たず、
 慈悲も宗教心も持たないことは美徳とは言えない」

■ マキャベリの「革命」のつよさはどこにあるか
クリントンの医療制度改革であるが、
成果が上がらないのはマキャベリの言説を繰り返した!
「みずからの統治下にある人民が過ちを犯したとしても、
 君主は不平を鳴らしてはいけない!
 その過ちはもっぱら君主自身の怠慢や、謝った手本から生じたものである」

マホメットも新しい国家と宗教を打ち立てた!
みずからの宗教観を強力な軍隊の力で支えた!

■ テキストどおりだったレーニンの「完全なる革命」
レーニンは政治を戦争行為として扱った!
「ただひとりの支配者、あるいは単一の王家によって統治された国を乗っ取る際、
 滅亡した政権の正統な後継者を名乗る人間が、一人も残らぬように・
 完全に滅ぼすべきだと!」
アメリカは大統領が入れ替わると、職員も全員入れ替わる!!

■ 「非道」に目を瞑り「大の虫」を生かす
ビジネス界も、スポーツ界も 
「性格のよい人間が勝つとは限らない」
人の上に立つ人間は、不快な、卑劣な手を打たなければならない!

■ 都市国家「スパルタ」が800年も繁栄した最大理由
「ひとつの政体の中に君主制、貴族性、人民の権力が同居していれば、
 この3つの力はお互いを監視しけん制し合うだろう」
スパルタを念頭に置いている!!
理想の国家は、能力いかんではその子が君主にもなれる!
実力主義である!
苛酷なワンマン体制より、人民による統治の方が、
公共の利益損ねる危険は少なく、
人民の犯した過ちは支配者の失政より容易に修正できる!!

■ 野心を生かす富、枯渇させる富
立派な法律、立派な軍隊、立派な宗教!!
優れた国家をつくる、勝利の方程式は上記3つ!
遺産で儲けて贅沢三昧する金持ちの怠け者を痛罵する!
金持ちが現状に満足せず、常に多くの富を求めると社会に混乱をもたらす!
貧しい人々を反乱へ駆り立て、富める者と報復合戦になる!!
富の公平な分配が不可欠だと!!!
要は人間は多くを求めて、自分の富を今日の利益、
他人為に使うのに二の足を踏む!!


5章 人の心は「恐怖」と「愛情」には抵抗できない!
■ 最高の勇気は「制限された自由」から産まれる
国家や組織は民主的で自由であっても、
強いリーダーシップが欠かせない!
「人は必要性に迫られないかぎりは、何一つまともなことはしない!
 逆にあり余る選択肢があり、勝手気ままにふるまうと、
 混乱と無秩序に満ちあふれる」
現在の分離独立運動!
スペインのバスク人、ベルギーのワロン人、
カナダ・ケベック、北イタリア人………
集団ヒステリー?? 大衆は扇動家にのせられやすく、
国家存亡時でも理性の声は集団的な怒りにたやすく屈する!

南米ウルグアイの例がある!
「人民は往々にして自らの破滅を追い求める」

■ 人心を鍛え上げ浄化する「恐怖心」
政治が上手く行っている国は、軍隊、法律、宗教が備わっている!
恐怖心が、決まり事や約束を守り、公共の利益のために命を賭ける!!
「善良な人々の手本となり、悪者も手本に反した生活を恥じるような、
 生き方を吹き込まれるべきだと」
「偉大な精神、強靭な肉体、したたかな人間を育て上げる資質」
これを最高の善とするような古代の宗教の復活を唱えた!!!

■ マキャベリこそ「イメージづくり」に長けた現代広告のマンの元祖
恐怖心だけではなく、愛情も必要である!
権力者には、権力と愛情、勇気とずる賢さの、相反する資質が必要である!
ライオンの強さと、キツネの賢さ?
それが必要である!
大衆の心が、どれほど移り気なものなのか分っている!
今日感謝しても、明日になれば忘れている!!

■ 人から煙たがられるような「措置」こそ一気に実行せよ
人の上に立つものは、太っ腹と思われたほうがよいのか???
吝嗇漢がよいのか???
ケースバイケースであるが、吝嗇のほうがよい???
気前の良さだけ評判になると、更なる大盤ふるまいが求められる!!
最初はケチでよい!!
それから自国の現状を納得させて、痛みは分かち合うべきであると!!
即座に抜本的な解決策を講じる必要がある!
人から煙たがられるような「措置」一気に実行せよ!
まず行動である!! 一時の世論の反応に惑わされてはならない!!
「美徳でも破滅を招く、悪徳でも繁栄をもたらす効能性がある」

■ 人は「ルールブック」には文句はつけれない
規則は厳格なものがよいのか??
高潔な手本を示し、信頼を勝ち取るほうがよいのか?
これは、ケースバイケースである?
だれしも愛されたい!!
〇 愛情の力だけに頼っていると、煮え湯を飲ませかねない?
〇 指導者が人々の心の動きに左右されて、イニシアティブを発揮できない!
人は移り気である!  世論は一変する!!
恩は忘れ、嫉妬心も起こる………
恐れられるほうがよいと!!

■ 「友人の顔」と「敵の顔」を巧みに使い分けよ
ジョージ・ワシントン!!
暴動は断固たる決意で鎮圧する!!
厳格な措置をとることへのためらいが、
法の執行を恐れていると思われてはならない!
〇 アラファト議長は、マッチポンプか? 
  表と裏の顔を使い分けている!
〇 スペインのフォン・カルロス国王
〇 ローマ教皇 ヨハネ・パウロ二世
〇 シンガポールのリー・クアンユー首相
〇 南アフリカのネルソン・マンデラ
〇 マーガレット・サッチャー
〇 ロナルド・レーガン

■ 窮地の決断一つで「指導力」に大差
みずからの権威をはっきりさせる!!
1981年の航空管制官のストライキにレーガン大統領は参加者全員を解雇する!
サッチャーも炭鉱夫のストライキに断固たる処置を取った!
ヨハネ・パウロ二世、自らの権威を確立する!
ネルソン・マンデラは、自らに反旗を翻す可能性のある人間を追放した!

フセインは生き残りで、アメリカを見透かす!!
共和党ニュート・ギングリッチは謀反人の罷免を求めず、世間の軽蔑を買った?
メージャー首相はもヨーロッパ連合加盟に決断出来なかった!
コール首相も福祉改革のうろたえに支持を失った!

「君主が軽蔑されるのは、気が変わりやすく、
 浅薄で、めめしく、臆病で、
 優柔不断とみなされるからである! 
 こうした短所からも身を守らなければならない!
 自分の行動に偉大さ、気概、権威、強い精神力が含まれていることを、
 認められるように努めなければならない」

■ 「白人流の論理」を徹底粉砕したズールー族の伝説的リーダー
南アフリカのズールー族のリーダーはイギリスとの戦いに勝利した!
200を超える部族を恐怖で支配した!!
弱みを見せたとたんにお払い箱にされる??
果断さが必要なのか???

「善意や幸運や、恩恵の力で敵の嫉妬心は薄れる」
そんな事はない!!
マキャベリの時代のイタリアではそう言う例が多そうである!!

■ 「人徳」ではなく「人気」を、「能力」ではなく「人のよさ」を重視したときが危機
指導者が、堕落し、ハレンチ行為や怠惰な生活にうつつを抜かし、戦いに尻ごみし、
私利私欲な姑息な駆け引きに走ると、組織は腐り果てる!!
敵の力が弱いのをいいことに平和ボケに陥り、自国の富に安穏としていると、
退廃の泥沼に足を踏み入れることになる!!
これはクリントンのことなのか???


6章 この「非常手段」のとり方で 自分の力量が決まる!
■ 「動物園」症候群には「非情」こそ最高の特効薬
イスラエルの民はモーゼに反抗した!
エジプトから出て自由になりながら、再びエジプトの奴隷生活に戻ろうとする!
つまり独裁政権での暮らしに慣れきると抜け出せない!!
飼いならされた獣はあっけなく敵の餌食になる!!
自由に伴う責任を担いきれない人がいる!!
これを動物園症候群という!

旧ソ連圏の共産党政権の精神的ダメージをきちんと把握すれば、
旧共産党系エリートの復活の逆流は抑えれた???
自由だった昔の伝統は消えない!!
消すには、スターリンの強制移住か、住民殺害以外は無い!!
それでもチェチェンは、完全に抑えれなかった!!!

■ 瀕死のユナイテッド航空を見事に蘇生させたマキャベリ流「逆療法」
トップダウン方式を取り入れて、経営危機に陥ったユナイテッド航空!
新任のCEOは改革に乗り出す!!
経費節減、賃金抑制がある!!
が株を社員に分けて、業績があがれば配当も出るようにした!
末端の社員にまで権限を与えて改革する!
無駄を省く!! 劇的な出来事を仕組む!!
〇 ロサンゼルス サンフランシスコの新シャトルの増便!
  これを現場担当者に任せる!
〇 方針決定権を本社から主要使者に移す!

新しい機の導入、チケットのオンライン化、機内食の改良!
CEOの手腕が優れているが、社員が自由な世界に育ったことも関係している!
同CEOはチェコの自動車会社にでは、劇的な変化は望めなかった………
社員が自由を知らないからか??
労働者による生産手段の朱雄という考えは、自由が欠乏した旧ソ連圏ではなく、
自由が与えられている、民主主義国家の資本主義社会になかで実現していると!!!

■ 「腐ったリンゴ」に無用の情けをかけるな
自由の精神が根付いている民主主義国家が滅び、独裁者が台頭してくるのはなぜか?
リーダーの堕落と、それに付き従う人々の堕落にあると!
自由でなく、腐敗が横行している社会では、私利私欲に走り国家への脅威となる!
断固たる処置が必要であると!!
腐ったリンゴは捨てると言う事か???

■ 組織継続に絶対必要な「10年に1度のショック療法」
上層部が腐敗すると、何もかもが腐敗する!
堕落を防ぐには、組織の定期的な刷新と士気高揚の手立てが必要である!!
方法は一人の有力者をスケープゴードにする!
新しいルールを作る!!
ただし強力なリーダーシップが必要であると!!

■ 懲罰には「二重の心理効果」がある
堕落した人物は死刑を含む厳罰に処すべきである!!!
チェザーレ・ボルジアが、
ロマーニャ地方が無法地帯だったので、腹心を置いた!
極めて残虐なやり方で、恐怖をもたらした!
ところが、ロルカは殺されてさらし者になっている!
〇 実力者を貶めるような殺しは畏怖の念を抱かさせる!
  どれほど権勢があろうとも正義が勝つ???
〇 人民の満足感がある!!!

ウオーターゲート事件、イタリアの政治腐敗、日本の政治家………
司直の手が届かない権力者が、
スキャンダルで失脚、投獄される姿ほど効果的なものはない!!

■ だらしなく眠りこけている組織に「神の思し召し」のような一撃
アメリカの目を覚ましたもの!
真珠湾攻撃に、1980年 日本のエロクトロニクスの分野で日本の攻勢を受ける!
オスマン帝国の衰退は、ほとんど予想がつかなかった??
スレイマン一世に、主要官職の任命が実情主義に左右されていると!!
又、下記のような提言もあった!
〇 宰相の職は政略的な任命により権威が低下している! 
  又いつ何時解任されるか分からない!

〇 軍隊の精鋭部隊の長を含む要職も袖の下で誰でも就ける!
  買収、縁故による任官が日常茶飯事となっている!!
  イスラム教の信仰心を試される職もである!!

■ 「リーダー不在」ゆえに日本が被ったとんでもないツケ
読むのが辛い………
日本経済の成功と、バブル崩壊!!
「偉大な事業を開始するのは少数の人間だが、維持するのは多数者の力である」
政界と財界の癒着! 賄賂の横行!!
土地価格の上昇による、バブル経済で、ねずみ講的な構造を持っている!
「ポンジーのからくり」 どこかで破綻する!!
円の価値は40%低下する!!
アジア金融危機の要因となる!!
要は、リーダーがボンクラと言う事なんだろう………

■ ドミノ式にグローバル化する「モラルハザード」
当時のアジアの投機熱は常軌を逸し、腐敗に満ちている!
無謀な経済行為の尻拭いは自分でせよと!
それでも低利で貸し、「モラル・ハザード」に陥る」
銀行側は、リスクなど無い?
赤字は納税者に転換されて、儲けは銀行!!
絶対に損はない!  救済でもなんでもない!!
エリート層は、公共の利益を個人的な利害に置き換える!!

アジア金融危機の日本案をアメリカは拒否した………
1年後、IMFに巨額の緊急援助を要求する!
官僚たちの領土拡大の思惑もある???

「人民が過激に走るのは、
 公益を侵す恐れのあると思われる人である!
 君主が過激に走るのは、
 自分自身の利益を侵す恐れのあると思える人に対してである」

「人間の本性は腐敗や堕落に走り、いったん腐った指導者を選ぶと、
 民主主義が脅威にさらされる」

■ 「非常手段」をどうとるか、いつ使うか
独裁的な手法が腐敗した組織の立て直しには最も効果を発揮する!
ひとたび腐敗が広がると、独裁への道を歩む………
逆説的に、自由を守るには独裁が必要となる????
戦後、日本はマッカーサーが独裁的に改革した??
ドイツもイタリアもである!!

■ 凡庸なリンカーンを合衆国第一の指導者に押し上げた「荒療治」法
荒療治の出来るリーダーなんてなかなかいない!
稀な存在だと!!
しかしリーダーが現れないかぎり取り返しがつかなくなる!
リンカーン大統領に、オスマン・トルコ崩壊のケマル・アタチュルクの例がある1
リンカーンは、統一国家の危機までは凡庸な政治家だった!
トルコ民族のために戦ったのは、一士官である!!
二人とも多くの血を流し、想像を絶する辛酸を舐めて勝利を手にした!

賢明なリーダーは、自分の組織が絶体絶命の危機に陥る前に、
万難を排してそれを防ぐ手段を講じるべきだと!

■ 平時にこそ威力を発揮するマキャベリの「権謀術数」の中身
指導者たち遺した、マキャベリの忠告は、今なお有効である!!
安易な一般論、ぬるま湯のような道徳主義の上に胡坐をかくことを許さない!
すべてをなげうってでも、組織の前進と公共の利益掩護に全力を尽くせと!

人間とは善良な心の持ち主で、勝手にほっておいても、
愛情に満ちあふれた社会や組織を作ると?????
人間はそう言うものでは無いと! 
指導者は繁栄や成功に向かって邁進しなければならない!
一旦成功の頂点に立つと、腐敗と堕落の格闘が待っている!!

指導者の腐敗や堕落が大衆レベルまで達して、
大衆にまで蔓延すると独裁の道に足を踏み入れたも同然になる!!
セックススキャンダルや汚職疑惑のクリントン大統領に、
アメリカ国民が関心を示さないのは、腐敗が蔓延している???
オリンピック招致の贈収賄疑惑もお茶を濁している??
いつか独裁者が出ると!!!

マキャベリの嘲笑と失意の言葉の数は、イタリア、アメリカ、
日本をはじめ、世界の現状を言い当てている!!
本書を読んだ読者は、マキャベリの呼びかけに応じ、
そうする義務があると!!


訳者あとがき 渡部昇一 何よりも「勝たなければならない人」に勝つ秘訣を教える本!
「君主とは道徳宗教を無視して権謀術数を用いてでも、
 富国強兵の策を進めることが大事だと」
著者の旧制中学の理解だったようだ!!
「君主論」と「孫子」は東西の二大古典だと!!

日本なら梟雄と呼ばれるチェザーレ・ボルジアを褒めている!
自分の弱点、苦境を食い物にした???
酒を飲み、女にすぐに手を出す!!
同時に立派な人とも親密な交際が出来ている??
英雄ではないが、色を好むのか???
「治世の能臣、乱世の奸雄」
クリントン大統領は特に批判している!
それが当たり前となるのが怖い………
マキャベリの考えは日本では受け入れがたい!!
しかし相手は知っているはずである!
日本の政治家、経営者もリーダーとして知らなければならないと!!

 

何が一番「効果的」か―マキャヴェリの「指導者」絶対法則 ② 
マイケル・A. レディーン・(原著),・渡部 昇一 (翻訳)

 

2020年10月14日 (水)

本・何が一番「効果的」か―マキャヴェリの「指導者」絶対法則 ①(2000/5)・ マイケル・A. レディーン・Michael A. Ledeen (原著),・渡部 昇一 

Photo_20201005120101


「マキャヴェリ」を知ると知らないでは、リーダーシップに大差がつく!
何よりも勝つ秘訣をズバリ教える本!
本書はマキャヴェリの原則を、現代の事件や情勢を材料にして説き明かしたものである。
「武器を持たないリーダーは滅びるしかない」 力と、
指導力の「もっとも効果的な使い方」を追求したマキャヴェリの発想を紹介し、
リーダーとして知っておきたい勝つための絶対法則を解説。


マキャベリは有名である!
がどちらかというと、悪の教えみたいに感じていた!
が歳を取ると変わる………
他にもマキャベリの本はあるので読んでいきたい!
この本も古本屋で買っている!! 長い間積んでいた!
①  ②に分けてアップする!
内容は下記の通りである!!



はじめに  力と指導力の「もっとも効果的な使い方」を徹底追及したマキャベリ
1章 「変化」の核心を見抜け、完璧な「攻め」ができる!
2章 強いリーダーには必ず「強運」がついて回る!
3章 「女性化」すれば人も組織も必ず崩れる!


4章 この「悪の魔力」こそ最強の正義 マキャベリの「反」黄金律
5章 人の心は「恐怖」と「愛情」には抵抗できない!
6章 この「非常手段」のとり方で 自分の力量が決まる!
訳者あとがき 渡部昇一 何よりも「勝たなければならない人」に勝つ秘訣を教える本!


はじめに  力と指導力の「もっとも効果的な使い方」を徹底追及したマキャベリ
■ アメリカ陸軍の最強部隊が身をもって叩き込む「一冊の本」
デルタフォースである!
相当な厳しい訓練である! ネイビー・シールズも同じか??
その最後に、疲労困憊した中で、「君主論」を読む!
18時間の中で、その書物の英知を理解、
適応していることを試験官に納得させる!!

■ 驚くべき知力と精力を併せもった「仕事の鬼」
第二次世界大戦 イタリアでドイツとアメリカの将軍が、
マキャベリゆかりの地に侵攻することを禁止した!!
仕事の鬼となるも、娯楽、恋愛を楽しんだ!
その間にペンをふるう!!

■ 「どうすれば生き残りせいこうできるか」を徹底的に追及
政治への直接関与を禁じられる!
「行動できる者は、行動せよ! それが出来ないものは教えよ」
マキャベリは過去の歴史に学んでいる!
古代ギリシャ、ローマ時代である!
実際に歴史を学ぶ必要がある!
が、現在の人間とって分かり難い………
過去の過ちを繰り返しがちであるが、過去に生きたヒーローたちの偉大な行為を見習うべきであると!!!

■ 卓絶した頭脳が練り上げたマキャベリの「リーダーシップ」論
「人は愛されたほうがよいのか、それとも恐れられたほうがよいのか?」
ルネサンス時代である!
「マキャベリは新しい道徳観を生みだしたが、それ以上に、
 見えるもの、見えざらるものを含めた世界を再構築し、
 天国と地獄の均衡を図りながら、異なった地球の存在に道を開いてくれた」
法則は今もそのまま通用する!!!

■ 苛酷な生活体験、屈辱が結実した「危機管理」術
領主のために領民が戦って死んでくれるのか?
その気概を植えつけるのが政治の任務だと!
平和が戦争より稀な状態である!
マキャベリはカードゲームを愛好した!!
運の役割も理解する!!
秘密の保持や、虚偽の情報を含めたコミュニケーションの重要性と
リスクを見抜いていた?
ウォーレン・バフェット、ビル・ゲイツもブリッジ・ゲームを楽しむ!!

■ たぐい稀な「現実主義者」マキャベリの合理的「治療法」
たぐいまれなるリアリストである!!
どんな高潔な指導者が生み出した業績でも、
多くの場合内部からの腐敗いにより崩れる?
モーゼが建国したイスラエル
キュロス大王のペルシャ帝国
アテネのテーセウス!!
マキャベリはリーダーをむしばみ、破滅へと導く項目を特定し列挙している!!


1章 「変化」の核心を見抜け、完璧な「攻め」ができる!
■ 致命傷にもなりかねない、こんな「幸福幻想」
ソ連崩壊後の誕生した民主国家は最初はともかく、権力欲に取りつかれる!!
「順風のときは傲岸不遜になり、逆境に陥ると哀れなほど卑屈になる」
権力をめざすということは他人を支配することである!
「支配の甘い味」を楽しむ!
人はつねに自分の力で築き上げられる以上の権勢や富を求める!
「不平不満の種は尽きない」

■ 混乱・激変こそが歴史の現実の「状態」
マキャベリが語る、政治システムの変遷史がある!
善き君主制
悪しき君主制  僭主制  貴族政治  寡頭政治
善き国家
民主政治

繰り返しになる!!
この間に世襲制、贅沢に好色………
直ぐに倒される運命にある???
優れた政体  善き君主制、高潔な貴族政治、純粋な民主主義
短命になる!!
好ましくない政体  悪しき君主制、寡頭政治
憎しみと害悪に満ちておりゆくゆくは滅亡する………

■ 愚直な首尾一貫は「小心さ」の産物にすぎない
リーダーは臨機応変の発想が欠かせない!!
世の中絶えず変化している!
イースタン航空は消滅し、パンナムも今は無い!
ブガッティなども姿を消す!
王室を見ても、ロシアは絶えて、
ギリシャ、ブルガリア、イラン、ルーマニアは国外追放である!
「愚直な首尾一貫は小心さが生み出すお化けであり、
 偉大な魂にとっては無縁のものである」

■ 「名将」たちが見せた絶妙の「ハーフタイム時の軌道修正」
勝利の女神は微笑むのは?
過ちを直ぐに修正できる、戦略が時代遅れになったらその戦略を捨てれる人間であると!!
仕事のジャングルを変えて成功した人間はまれである!!
ジョージ・ワシントン、ド・ゴール、アイゼンハウワー、ナポレオン………
コリン・パウエルは???

■ マキャベリの「柔軟性」を実に見事に体現しているビル・ゲイツ
起業家である!!!
すべてのコンピューターに自分の開発した言語を普及させようとした!
アメリカ、ヨーロッパ、日本で販売し、市場の変化に対応した!
市場が何を目指しているか理解し、その局面で優位に立とうとした!
しかしいくら時代が変化しても組織のトップは変わらない?
持って生まれた性質は変えれない??
過去に成功を収めた人間は、そのやり方を変えようとしない!

■ マンハッタン最大の地主「ライヒマン帝国」はなぜ崩壊したか
失敗には失敗の理由がある!!
事業拡大で、借金をする!
その時、ベルリンの壁は崩壊する!
金利引き上げなどが重なる………
世界有数の不動産帝国から、最悪の失敗例になる!!!
これは、混乱した時代と状況に対応する能力の欠如にある!!

■ 「闘争」は人間性という井戸のもっとも深いところからそのまま湧き上がってくる
平和は正常な状態ではない!
戦争とそれに対する準備が問題である!
人間の活動には闘争が伴う!!
「闘争」は人間性という井戸のもっとも深いところからそのまま湧き上がってくる!
相手を牛耳るか? 牛耳られるか?
戦争を阻止するために「知識人」が平和的解決を訴える!
戦争に戦闘を不法なものとする条約を起草する崇高な努力は、
失敗するだけでなく、事態を悪化させる!!!
「平和のための、親善、一方的軍縮、同盟の回避、
戦争の罪悪に関する教育や説教は、まったく役立たず」

■ いつの時代でも最大の敵は「平和ボケ」に棲む
テッド・ターナーの批判である!! 分からなくもない!!
平和を望むには??
「不完全でも効果的なのは、平和を願う諸国がその目的と達成のために、
 必要な負担と責任を受け入れる意思をもち、優越した力を手に入れることである」

■ ヒトラー、スターリン、毛沢東の「偉大さ」の証明
3人とも自国民を殺しまくっている!!
それでも亡くなったときは国民は悲しんだという!!
勝つことには、努力するだけの値打ちがあると!!

■ アメリカが「マキャベリ信奉者」だったら真珠湾攻撃はなかった
「戦争を一掃することも、逃れることも出来ない」
「一方が戦いを延期すれば、他方に利をもたらす」
「隣国同士戦う場合、中立を保つのはどちらかに肩入れする以上に危険だと」
真珠湾攻撃は、今しかないと日本が仕掛けた!!
溺れた悲劇か?????

■ メディチ家の「力は正義」の大復讐
メディチ家に対するパッツィ家のクーデターは失敗する!
復讐は凄惨なものだった!!
しかしメディチ家も、もっと万全であれば先手を打てた??
一旦謀反を起こしたなら、反撃は凄まじい………

■ 戦略・戦術の「不徹底」は必ず二倍、三倍のツケになる
リーダーは常日頃から戦時体制を整えておかなければならない!!
しかしヴェトナムでの経験がある!
戦いには、国民と議会の支持が必要だと!!
国内で争っていたのでは、勝利を収めれない!!!

■ マキャベリの目から見ればまったくナンセンスなコリン・パウエルの「思惑」
著者はクリントンが嫌いなのか? クリントンは優柔不断なのか??
湾岸戦争で、ジョージ・ブッシュは最後の詰めを、クルドやシーア派に任せようとした?
しかし彼らが立った時にはアメリカはいなくて虐殺の目に遭った!
その後サダムは権力に留まり、クルドや反体制勢力に兵を向けた!
クリントンはこれが分かっていながら見捨てた!
アメリカ兵の命の方が大切だと!!!
これによりアメリカは信を失う!!!

■ 水も漏らさぬ「備えと果断」こそ最良のリーダーの任務
「怠惰な君主に将軍は、兵を戦場に送る時、賢明な命令は、
 決して戦闘の危険を冒すな、白兵戦は避けよ」
イランのクリントンである!!
2年後、サダムは暴挙にでた!!
これに対して、空爆を命じる!!
損害を出すことを恐れる指揮官は哀れな最期を迎える!!
勝利を獲得する方法は?
曇りのない目で世界を見つめ、人間の本性をそのまま受け入れ、敵を支配するべく猛進せよ!
謙虚さを失わない!!!


2章 強いリーダーには必ず「強運」がついて回る!
■ あの名宰相チャーチルさえも最後は「運命の女神」を当てにした
マキャベリはゲームの愛好家だった!!
山本五十六もバクチ好きであるが………
運命の女神は、自分の目論見に人間が従わないのを望まないとき、
 その人間の心を盲目にする」
運、ツキを自分の側に引き寄せて、手放さない方法など無い!!
谷岡一郎先生である!!

株式投資である!!
勝負に出て自分の運命を待つ??
理性を誇りながら、形勢が不利になると運命の女神を口説き落そうとする??
チャーチルも強運の持ち主である!!
運なしで自分の業績は不可能だったと!!

ブリッジ・ゲームはアメリカの起業家、投資家、財界人、政治家、軍人の必需品か??
中国 鄧小平は「身体のためには水泳を、頭のためにはブリッジを」
麻雀ももあると思うが………

■ 天才ビル・ゲイツは「ツキ」をいかすのも天才!
ブリッジは相当頭の体操になるようだ!!!
ビル・ゲイツはブリッジのプレーヤーである!!
1980年、IBM、デジタル・リサーチ社、マイクロソフト社が、OSで組もうとした!
がデジタル・リサーチ社はこれを拒否する???
IBMはデジタル・リサーチ社を外し、マイクロソフト社と独占契約を結ぶ!
幸運かどうか、開発能力と、デジタル・リサーチ社のミスにより独占的になる!
が、反トラスト法に引っかかる………
もう二度とそのようなへまはしないだろう………

■ 放蕩息子が手にした起死回生の「大殊勲」
イタリアのロベルト・バッジオ選手!
終わったかに見えたが、チャンスを逃さない!
イギリスの、ジェームス・ゴールド・スミスの例がある!
チャンスをものにし、不調になるも最後まであきらめない!!
最後のチャンスを見逃さない!
「運命が何か偉大な成果をもたらそうとするときは、
 自分に与えられた好機に気づくだけの精神と能力を持った人間を選び出す!
 逆に滅亡や破壊をももたらそうと願えば、手を貸し、拍車をかける人間を、
 運命は真っ先に登場させる!」

■ 悪運に翻弄される人、強運に手を引っ張り上げられる人
まずゴルバチョフである!!
ソ連帝国の崩壊も共産主義の崩壊も引き起こす気はなかった!
そのつもりはなくとも、存続への覚悟がなかった………
運命の女神はこんなところにも口を出す!!
1980年、アメリカ人が核戦争を避けるために資産を売り払い、
フォークランド諸島に移住した!
直ぐにフォークランド戦争が起こる!! なんのこっちゃ??

南北戦争時、余生を送るために移住する!
7年後南北が対峙して激戦になる!
その後また移住する!! 
4年後、運命の女神が、南北の停戦協定の場所になる!
終わった後、家は記念品の掠奪の場になる………

ユダヤ系アメリカ人 バーナード・バルクールの話は面白い!
投資に勝利するが薄氷の勝利である!!!
勝利は、ユダヤの宗教上の祝日を守ったのと、相手の愚かさである!!

■ 強運の「助力」が得られる生き方
「運命は曖昧かつ遠回しなやり方で自分の目論見を果たそうとするのだから、
 その魂胆がわからなくとも、人はいつも希望をもち、
 どんな困難や不幸にも見舞われたにせよ、
 決して絶望に屈してはならない」

成功も失敗も、勝利も敗北も運次第なのか???
人間は先を見通せない!!
結果が分かるまでは、不安があっても自分の運命は
自分の手にあると言わんばかりの行動をとる!!
気の持ちようである………

■ 嘘発見器よりはるかに効果があった「豚の皮」
「過去においてもこれから先も、
 人間は同じ情熱に突き動かされるものであり、
 当然ながら、それによって同じ結果を引き起こすのは避けがたい」
「国によって人々の特性にばらつきがみられるのは、
 生活態度や習慣を形づくる教育のあり方に差があるからだと」

インドの話である!
テロリストにテロ防止策は通用しない?
テロリストを豚の皮に包んで埋葬する!!
天国への門が閉められる………
安い解決方法である!!
テロが減少する………

嘘発見器の無邪気な信頼がある???
全く通用しない民族もいる???
「時代とこの世のできごとはしばしば変遷するが、
 人間の想像力や処世術は変わらない!
 ひとりの人間が、ある時は幸運を手に入れ、
 また不運に見まわれるのもそのためである」

■ 旧来のリーダーシップ論が機能しない「致命的原因」
アップルコンピュータの危機があった!           
行幸以外何物でもない!!
ヨハネ・パウロ二世!
ドナルド・レーガン大統領!
誰も予想しなかったソ連邦の崩壊を実現させた!!
ソ連の現状を把握していなかった人間がいかに多かったのか??
「この世のあらゆるものは寿命がある! 
 それは神によって定められる?
 寿命がある間は害を与えられることなく健全な状態に保たれている」

「絶対的な解決策など存在しない! すべて状況次第なのだ!
 何が正しく、何が誤っているかは、
 何をいかにすべきかにかかっている」
運命を支配することは不可能である! 
それでも自分で決定するという自信をもって行動すべきだと!
勝利を収めても、さらに続く困難の始まりであると!!


3章 「女性化」すれば人も組織も必ず崩れる!
■ 虫のいい「見えざる手」などは存在しない
「人間的な活動のすべてを自然に調和させるような
『見えざる手』など存在しない」
アフリカのフツ族とツチ族の殺し合いがある!
人間は自発的に強調しあうものだという楽観的なたわごとは
忘れたほうがよいと!!

■ 意外や「恋の冒険」に」満ちていたマキャベリの日常生活
人間のタイプは??
自分の力で生きる人
他人によって生かされている人

恋は盲目????
1983年のレバノン扮装!
イタリア軍だけは無償だった???
シリアの国防大臣が、ジーナ・ロロブリジーダのファンだった???
しかしシリアの国防大臣? メチャメチャやないか???
「やらない後悔より、やった後悔する方がましだ」
マキャベリの警句!
「美徳は平和を生み、平和は怠惰を、怠惰は混乱を、混乱は滅亡を生む!
 滅亡の中から秩序が生まれ、秩序から美徳が、美徳から栄光と富が生まれる」

■ 「よき兵士」に欠かせない資質と自制心
成功したとする! 戦いがある! 
叩きのめそうとする勢力 勝利と共に力と富は増す!
自分自身の悪しき衝動  徐々に窮地に追い込まれる!

国家が誕生し存続できるのは多くの場合戦争の勝利のおかげである!
「国家のために死を誓う人間以上に、その国が信用出来る人間がほかにあろうか?」

■ なぜ戦時の英雄は平時の英雄になれないのか
戦時の英雄 ワシントン、アイゼンハウワーは平時の指導者になった!!
平和な時代でも指導者になれた???
では無いという!! 時代が英雄を造る!!
平和になると規律が緩み、悪の本性が頭をもたげ、活躍の場を失う!
平和を手に入れれば、国家は怠惰によって女性化されるか、結束がバラバラにされる!!

■ マキャベリが絶賛した男顔負けの女傑「フォルリのマドンナ」
女性の力を見くびってはいけない!!
「フォルリのマドンナ」
マーガレット・サッチャー
ゴルダ・メイア
まだまだいるが………

■ 「女性化」した組織、国家の致命的な限界
女性と男性は職務が違う!
「女性化」した国家や組織は、怠惰や放縦への道に落ちかけている!
女は精神面では男に負けない強さがあるが………
マキャベリは軍隊から女を追い払った!
パットン将軍も、心をかき乱し、決意を鈍らせ、
精力を殺ぎ、判断力を曇らせる存在だと!!

■ すべては「個人的利害に優先する」価値観から始まる
クリントン政権である!
軍事力に背を向ける政治姿勢に本人の堕落ぶり!!
自己満足の追及に血道をあげ、ほとんど色情狂になりかけている!
ルネサンスのイタリアの指導者もそのようだった???
クリントンを悪い例としている!!
非難されればオルブライト国務長官も言い訳に走る!
サダム政権を生き長らえさせた????

■ なぜ「人」と「鉄」は「金」や「パン」より大事なのか
クリントン政権である!
中国に最新テクノロジーを売っている??
スーパーコンピューター、戦闘機の翼、最新鋭工作機器、ステルスらが続く!
違反であるが、法律違反は犯していないと!
こう書かれるとクリントン政権はどんな政権だったのか??
オルブライト国務長官もしらを切る!!
怠惰で堕落した指導者は、国家の存続を脅かす!!
「人」と「鉄」があると「金」や「パン」は出来る!
「金」や「パン」があっても「人」と「鉄」は出来ない!!

 

何が一番「効果的」か―マキャヴェリの「指導者」絶対法則 ①・
マイケル・A. レディーン・Michael A. Ledeen (原著),・渡部 昇一 (翻訳)

 

2020年8月23日 (日)

本・本屋を守れ 読書とは国力(2020/3)・藤原 正彦

Photo_20200823031101


日本人の15歳の読解力はOECD(経済協力開発機構)の学習到達度調査で急落。
月に1冊も本を読まない中高生や、移動時間に新聞や文庫本を読まず、
スマホしか見ない大人たち。
町の本屋の数は減る一方。
著者いわく、これらは国家全体に及ぶ「読書離れと教養の低下」にほかならない。
めざすは「書店の復活」である。
愛国の数学者が独自の直観と分析によって達した結論。


藤原正彦である!
印象深いのは、英語教育である!
英語だけ喋れて、内容のない人間は余計に馬鹿にされる!!
息子も学者か?? ひとり失敗していたようだが………
読んでいて考えさされる話が多い!
この本は、図書館で借りた! 少し時間がかかったが………
内容は下記の通りである!!


まえがき
1 国語力なくして国力なし
2 読解力急落、ただ一つの理由
3 読書こそ国防である
4 町の書店がなぜ大切か
5 デジタル本は記憶に残らない
6 本を読まない「日本の反面教師」トランプ
7 日本は「異常な国」でよい
8 国家を瓦解させる移民政策

 

まえがき
日本人の識字率は江戸時代から高い!
読書こそ日本の国柄であり、隠れた国力であると!
スマホにうつつを抜かす人々を読書に向かわせ、本屋を守ることが必要だと!


1 国語力なくして国力なし
■ 論理的思考でさえ国語で育つ
「個性」「創造性」「生きる力」「ゆとり」………
美辞麗句が並ぶが成功はしていない!
ゆとり教育は失敗であると!!!
著者は数学者である! 数学では論理的思考は強化されない!
国語、初等教育の国語教育を立て直さなければならないと!!

■ 涙とともに胸にしまい込む読書
英語が出来なければ国際人になれない??
ではアメリカ人にイギリス人は全て国際人か???
「家族愛」「郷土愛」「祖国愛」「人類愛」
「美的感性」「もののあわれ」「卑怯を憎む心」「懐かしさ」「惻隠」「名誉・恥」
国語に力を入れる!! 小学校で常用漢字を読めるようにする!
子供を競争させたり評価するのは人権にかかわる!

■ 先生や親では教えられない
小さい頃に、読みを徹底して、先人の知恵に学び、
個人では経験出来ないことに感動する!
その為の読書である!!
自殺者が多いのでカウンセラーを置く! 効果があるのか??
対症療法は効かない!
読書の復権、小学校の国語力強化しかないと!

■ 唯一、時空を超えさせるもの
コミンテルン影響下の日教組の「人間みな平等」
「公の精神」は学校では育たない!
乃木希典の自決に、「明治精神を見事に体現」
「愚かしい行為」 
明治の軍人に会ったマッカーサーは感銘を受けた!
が30年後将軍たちの顔がケダモノみたいになっていた」
人間の経験なんて限られる! 読書によりカバー出来る………
誰が何と言うと「国語教育絶対論」である!!


2 読解力急落、ただ一つの理由
■ 中国の不正をなぜ許すのか
「読解力」が転落している! これは大変であると!!
ただ中国に関しては、このデータも当てにならない!
改ざんは当たり前の国であると!!!!!

■ パソコンでの解答方式に慣れていないから?
紙の教育が大切だと!!!
タブレット教育がビジネスチャンスと捉えるIT業界の尻馬に乗った??

■ ゆとり教育からフィンランド方式への迷走
日本は直ぐに北欧を参考にする!
「読解力」が落ちた日本は、ゆとり教育からフィンランド方式を参考にする……
今は文科省と日教組は蜜月関係にあるが…………
フィンランド方式もまずい点があることが分かる!

■ スマホは孤独な時間を奪う
スマホで読書の時間が奪われている?
ゲームにLINEに時間を取られる………

■ 語彙の獲得は絶対的な使命である
「り」 了解??
学生時代に「まのみであ」 前の店で会おう????? 変わりはない!!
「好感を抱く」「ときめく」「惚れる」「人目惚れ」「べた惚れ」「愛する」
「恋する」「片想い」「横恋慕」「恋焦がれる」「初恋」「老いらくの恋」
すきなひとを思う言葉から、選ぶ事ができる?
読書で養う!!! 英語やITでは出来ない!!

■ グローバル化教育の限界
子供の読書力を増やすには強制あるのみと言う!!
グローバル化政策は、愚民政策と言う!!


3 読書こそ国防である
■ 祖国・日本の真の敵は国民
新聞、本は読まない!!
電車の中でもほとんどスマホを見ている!
何を見ているのかと思うが………
息子さんはITの専門家で、いずれ実用可能な翻訳機が出来る!
それなのに本も読まない小学生に英語教育を勧める………
自ら本に手を伸ばす人間を育てることが初等教育の目的である!!

■ インターネットは教養にならない
インターネットは情報を集めるだけである!!
情報を知識、教養に高めるのは、本を読むしかないと!!

■ 論理の暴走
教養に溢れたリーダーとは言い難い???
トランプ、プーチン、メンケル、習近平………
理科系のリーダーは論理で突っ走る!!
「市場原理に任せれば社会は良くなる」
こども手当を出せば子供を生むだろう………
ドイツメンケル首相も移民政策で間違いを認める!!
個人的な話であるが、ドイツ・ハンブルクで移民にカメラをすられた!!
地下鉄の地下道である!!
幸運にも取り返せたが、昼間から酒を飲んでいる異様な雰囲気の通りを通った!!
この時、怖い国になったと思った!!!

■ 日本が分割されてしまう
大国、ドイツとソ連に挟まれたポーランドは国が無くなった!
現在は米中摩擦がある!
しかし何時和解するか分からない???
頭越しである!!
中国が有望市場と、アメリカとも中国とも仲良くしようという財界人に政治家は多い!
敵の敵は味方??? 隣国同士は仲が悪い??
中国はインドと日本の連携を恐れる!!
アメリカの言い分を信用する、学者、評論家、エコノミストは多い!!
逆も多いが………
本を読むことは防衛力に繋がる!!!!!

■ 本屋こそ日本文化と精神の拠点
教育を改める! 英語など教養の前には役に立たない!
街の本屋を守る!! スマホの規制を行う


4 町の書店がなぜ大切か
■ 最も崇高な人間の営み
ロックフェラーの戦略に、競争相手を価格競争で潰して、その後価格を自由にする!
オランダのエルゼビアと言う科学数学関係の専門出版社がある!
これがライバル会社を買収して、オンライン化して値段を釣り上げる!
数学者たちが、エルゼビアをボイコットして値段を下げさせる!
革命はエリートや指導者が立ち上がらない限り成功しない!

何時でも入れる本屋が重要だと!
「科学者は軍事研究を行わない」は馬鹿げている!
学者が教養を失っている!
かってのエリートの教養はすばらしかったと言う!
塩爺の名前があったが………

■ 無限の情報はゼロと同じ
適正に選択されない情報はいくらあっても無価値と言う!
数学者・岡潔は松尾芭蕉を研究して数学の研究に入った!

■ 論理の出発点が誤っている
情緒なくして論理は無い!
人間が直接体験できる世界の範囲は知れている!
書物では無数の体験ができる!
日本人は「卑怯を憎む心」「武士道精神に基づく道徳」「惻隠などの情緒や美的感性」
情緒力である!!
携帯やスマホを禁じて本を読ませる!

■ 日本人の誇りを守る装備
本の衰退は、グローバリズム、アメリカニズムがある!
アメリカは「無教養は恥ではない」
ヨーロッパは教養が必要である!!
「夏目漱石『こころ』と三島由紀夫の自殺とは関係があるのか」
「元寇の一回目と二回目の違いは」
サミュエル・スマイルズ 「国政は人民の光の返照なり」
国民一人ひとりの知性の輝きがなければ、真の国力にならない!

■ もっと国民の教養に厚みを
インテリ層を抹殺することで独裁政権を築いた?
教養知識人、インテリ層の厚みを持たせる!
それを潰そうとするのが、グローバル化、英語教育の推進、インターネット信望者!
「教養の破壊」を止める!! 初等教育の目標は、本に手を伸ばすことにある!

5 デジタル本は記憶に残らない
■ 活字本との本質的な違い
本を買うのに、実物を見なければ中々買えない??
ネットで買うのは本屋にないのと、中古本である!
この歳になるとある程度は本の内容は想像出来る!
知者の本もそうであるが、無条件に買う作家も何人かいる!
もっとも最近は図書館で借りる本も多いが………
本は手に取れる!  アルバムもである!
ネットでは立ち上げなければならない!
見えないものである!! パソコンの中にあるのは見えない!!
小学校に入学して最初に貰う教科書は感動がある!
デジタル教科書には無い!! 亡国の政策だと!!

■ なぜ世界に追随してしまうのか
日本の指導者は大局観が無い!!
世界に追随するのは、日本人の弱さと「謙虚さ」を挙げている!!
ヒトラーは「我が闘争」で日本を貶めている!
ところが、翻訳ではその部分を省いた??
「ハル・ノート」はソ連のスパイがつくった!!
コミンテルンの陰謀?? 中国大陸でも負けている!
戦争は日本が一方的に悪い??
新自由主義、グローバリズムによる構造改革、IT・英語教育が礼賛されている!!

■ 他国を圧倒する日本の型
日本の道徳?
「ならぬことはならぬものなのです」「お天道様が見ている」
「汚いことはするな」

「卑怯を憎む心」「もののあわれ」「惻隠」
この美的情緒が日本の型だと!!!

■ グローバル教育は周回遅れ
「躾」「忖度」「惻隠」
中国人には絶対にないもの??
英語に堪能な日本人ほど、小学校からの英語教育に否定的である!
出来ない人間が、「親の仇」とばかりに英語を教えようとする??
よい面を見ていない!!
「ゆとり教育」は「ゆるみ教育」???
フィンランド方式もダメ!!
日本の初等教育! 「読み・書き・算数」
教育改革は、経済改革や政治改革より難しい!
経団連の意向を受け、政府が思いつきでやるものでは無いと!!

■ 外交はよいが………
ITに英語教育に熱を挙げているが、週何時間授業出来るのか??
外交に関しては褒めている!


6 本を読まない「日本の反面教師」トランプ
■ 英国紳士が絶対に使わない言葉
イギリスはアメリカを見下している!!
トランプは、本など読むのは時間の無駄だと!
知り合いにアメリカに留学しているが、イギリス英語は分からないと言っていた?
イギリス人は自慢話をしない!
自慢話にまで時間がかかる??
トランプは、自分がやったと自慢話ばかりである???
自己顕示は卑しいことだと!!
「get」手に入れるは使わないようだ………

■ 人格と政策は別
トランプ大統領は、いま米中摩擦の真っ最中である!
しかしこれで中国から譲歩を引き出せれば、歴史に残る大統領である??

■ 中国人とアメリカ人は似ている
中国は平気で大ウソをつく!! どちらも似ている!
声が大きく、表現が露骨で、自慢をする!
教養など金にならず、手段は選ばない!! 「勝てば官軍」
賄賂も日本は知れているが、中国、中南米は桁が違う!!
イギリスでは汚職の話をあまり聞かないが、ハニートラップに引っかかった例はある!

■ 全米オープンテニスで見た観客の野蛮さ
PC??
容姿や身分、性別、人種、性的指向で差別しない!!
大阪なおみと、セリーナ・ウィリアムズとの全米オープンの決勝!
女性差別を訴えた??? ひどいものだったようだ!!
もし大阪なおみでなく白人だったら、人種差別になっていた??

■ 孤独こそが創造の源である
インターネットやスマホは、若い人から思考や深い情緒の成長を奪っている!
インターネットと電子書籍の拡大による本屋と読書習慣の破壊が堕落させる!
小泉・竹中構造改革と言う売国政策??
アメリカの強要と言ってよい新自由主義がある!
国語と読書の大切さを学ぶことだと!!!

7 日本は「異常な国」でよい
■ 普通の国になってはいけない
「法律に違反しなければ何をしても良い」
「ばれなければ何をしても良い」
グローバル化した世界では普通である!!!
小沢一郎の普通の国???? それはどうかなと!
「他人の目がなくても規則は守って当然」
「お天道様が見ている!!」
それが無くなる国になれということなのか!!!

■ 「日本人にまさるものはない」
礼節、礼儀、武士道!!!
正直、勇気、慈愛、親孝行、惻隠の情、
もののあわれ、卑怯を憎む心、名誉、恥!!
日本の誇りである!!!
歴史を見ればよく分かる!!
権威と権力が分散されている!!!
争いのない世界が続いている!!

■ 庶民からエリートに至る分厚い教養
エリートは少数ではいけないと!!
大衆にまで広げなければならないと!
ここで立川文庫が出て来ている!!

■ 世界に説教しなければならない
「日本以外はすべて敵」
毛利元就が言う、当家のこと良かれと思うもの、当国にも他国にも一人もいない」
冷徹な現実主義者である!!
日本のために血を流してくれる国があるか??
新自由主義は人間を弱肉強食のケダモノに変える愚論」
そうならないためには「異常な国」であるべきか??
「規制を撤廃せよ」「自由化せよ」「消費税を上げろ」
外圧に弱い日本の弱点を突いて来る………
それを分からなくてはいけないと!!!!!

■ フランスにおける剥き出しの人種差別
フランスは露骨と言う?? 差別を隠さない!!
昔、パリのホテルでひきあげるので部屋に行ったら清掃中だった!
黒人女性で、直ぐに謝った! そして枕銭の礼を言われたが……
カルロス・ゴーンの逮捕についての話である!
人間、年齢を重ねると人格が顔に出る??? ゴーンは???

■ 本に埋もれて死ぬ
そうなりたいが、本を整理しろと言われ続けている!
役に立たないから捨てるのではなく、置くところが無くなって来ている??


8 国家を瓦解させる移民政策
■ バランス感覚を失った世界
自由・平等・公平!!
大学で教授の数を男女平等にしろと???
著者は、博士課程在任者は男性が圧倒的に多い!
なので同数にすればレベルが下がると!

イギリスは地方の公立高校の学生は少し点が低くても合格させる!
日本でそれをやれば問題になる!!
批判が怖いので、マニュアルに従う人間ばかりになる!!
ドイツは原理一辺倒で移民を受け入れた!
今は移民の犯罪、騒動を報じない?
日本も中国、韓国の犯罪は報じないようだ!!
友達の嫌がることはしないと!!!

■ 移民政策は取り返しがつかない
ハンブルクで実感したが、難民がすることが無く群れているのは怖い!
日本で何のために移民を受け入れるのか??
単純作業に、3Kの仕事をやらせるためか??
いずれまたアホな政治家が参政権を言い出す!!
日本で遊んでいる失業者は多いと思うが………

■ グローバリズムからの離脱
イギリスのEU離脱! これはグローバリズムからの脱却だと!!
日本の移民は単に安い労働力目当てである!
人口目当てである!! 
今まで少子化を煽っていたが、問題になると移民である!
何処の国でも移民で揉めている!
ベネズエラからアメリカを目指してストップをかけられる!
ひどいところから逃げて来たのに、もっとひどい目に合っている??
本当に日本に憧れてきたいと思う人間は別だが、今の時代に逃げて来る人間の方が多い?
企業も金を出すべきだと!!!
日本も、静かにグローバリズムから離脱すべきだと!!

■ 「千思万慮、歳月を積み取捨を」
福沢諭吉を評価する!
日本に自信を持つのは悪???
道徳、礼節、謙虚………
明治に日本を訪れた外国人は最大の賛辞を送った!
学問のすすめには、無批判に日本を称える「改革者流」「開化先生」になってはいけない!
富が集中しているこの状況下で、「億音の情」と言う武士道精神を持つ日本こそ、
真に弱者をいたわる国である!

■ 日本民族は人類を救う
岡潔である!!
「日本民族は人類を滅亡から救う」
「西洋文明の代わりに日本文明を起こそう」
日本民族の誇りを捨てて西洋の文物に易々と恐れ入ってはいけない!
道徳、教育、文化、科学、芸術において世界のフロントライナーである!
「失われた美風」の再建に全力を挙げるべきだと!

■ 「現在の政局をどう思う?」
まず読書!!
昔はこういう家が日本中にあった………
それが他国と違う国になっている!!!

 

本屋を守れ 読書とは国力・藤原正彦

 

2020年7月27日 (月)

本・50代からの人生戦略(2020/1)・佐藤 優

50_20200725215801


お金、働き方、人間関係、自分磨き。 
これからの生き方は「残り時間」から考える。
知の巨人が教える「人生の大分岐」を乗り越えるヒント。

佐藤優も還暦である!
若いと思っていたが………
自分で書いていたが、これからは何かを捨てなければならないと!
何でも出来る時間は限られる………
内容は下記の通りである!!


まえがき
第1章 50代からの「残り時間」
第2章 50代からの「働き方」
第3章 50代からの「職場の人間関係」
第4章 50代からの「お金」
第5章 50代からの「家族関係」
第6章 50代からの「自分磨き」


まえがき
著者は、執行猶予期間が過ぎて、自由になった時、
二度とこんな経験はしたくないと思ったようだ………
鈴木宗男に連座しなければ40代、50代はどうしていたか?
そういう観点から書いている!
内容は下記の通りである!!


第1章 50代からの「残り時間」
50代は終活の時代か?
著者の考えがある!
● 50代になると付き合う相手も絞り込まれてくる! 折り返し地点はもう過ぎている!
 仕事から、プライベートな人間関係、趣味の時代にシフトしていく時代である……
● 50代からの語学は難しい……… 歴史や文化を学ぶ!
 ジオパーク関連に、地域観光ガイドなど考える!
● 第二の収入源を模索する?
 今までの仕事の延長線上で考える! 50代から考えておく!
 成功事例に学ぶことも必要だと! 老人ホームについても調べる!
● 今後最優先すべきことは何か? 今何をしたいか考える? 
● 大局的にみる時間管理術
 働き方改革?? 意識改革?? 実践しながら後輩に伝える………
● プライベートな時間を予定表に書き込み、仕事のスケジュールを組む!
● SNS、LINEは必要ない!!  同意見である! 連絡はメールのみである!!
● 多い会議は選択する! 部下の代理出席など……… 優先順位を決める!!
● 何もしないこと?? ボケっとしている時間も必要だと!
● 時間をコントロールしようとしすぎない!
 「司馬遼太郎・梟の城」 伊賀の忍び・葛籠重蔵が晩年隠棲する!!
 著者はこの隠棲した生き方を参考にせよと!
 しかしそれより別のテーマがある!
 大阪城で秀吉を殺しに行き二人きりになる!
 老いぼれているではないかと言う!
 秀吉は他人を操ることに命をかけた?
 重蔵は己を操ることに命をかけた??
 この方が印象に残っているが………
● 「流れる時間と」「感じる時間」
 人生には時があり、タイミングがある?
 運命に身をゆだねて、その時が来たら急いでそれに応える!
 1年の長さは変わらないが、体感する時間は違う………
● 過去は解釈によって変えられる
 ギリシャ語 クロノス 流れる時間!
 カイロス 意味のある時間!
 未来は変えれるが、過去は変えられないのか?
● 終わりを意識して生きる
 時間には終わりがあると!
 時間の本質を見極めること! 時間とは何か問い直す!
 時間に対する認識が変わることで、生き方が変わってくる!!


第2章 50代からの「働き方」
● 転業、起業で成功する50代はごく一部!
 つまらない理由や評価されていない理由で辞めないこと!
● くだらない男のプライドは捨てる?? 捨てきれないのが辛い??
● 頑張らない働き方のすすめ!
 50代は報われない自分を意識する?? 頑張らない生き方??
 「明日でよいことは、今日やるな」
● 任せられない上司が、職場を停滞させる!
 何でも自分でやらない! 部下を上手に使う!
● 仕事に有益な人を選んで付き合う!
 人間関係を「選択と集中」で構築する!
● 同窓会は人脈再構築のいい機会!
 かっての古い友人関係、学生時代の友人との関係を修復させる!
 社会人と同じく、高圧的に接していれば相手にされない!!
 そういう人間を知っている!!
● 仕事への向き合い方を判断する4タイプ!
 仕事に対する感覚「快」  成果「大」➡A「ハイパータイプ」
 仕事に対する感覚「不快」 成果「大」➡B「ワーkショリックタイプ」
 仕事に対する感覚「不快」 成果「小」➡C「燃え尽きタイプ」
 仕事に対する感覚「快」  成果「小」➡D「マイペースタイプ」
 50代は限りなくAに近い、Dを目指すべきだと!!
● 50代にもなると、新しい挑戦は避けた方がよい!
● 50代は目立たぬように会社に居座る?? 出世から外れていれば尚更である!
● 組織も遊びが必要である! 全員が頑張る会社は上手くいかない??
 もっともそんな会社があるとは思えないが………
 自分を誇示しようとする、自慢話、文句・愚痴の多い人間はいるし、知っている!!


第3章 50代からの「職場の人間関係」
● 50代は存在自体がパワハラ??? 部下にプレッシャーを与えない!!
● 普通にほめる、すごくほめる、極端にほめる??  最近は叱るという選択肢はない!
● 厄介な部下は距離を置く! 一概にそうとも言えない??
 お好み焼きの「千房」は、元受刑者を採用している???
 仕事に対する感覚「不快」成果「大」➡B「ワーkショリックタイプ」は「燃え尽きタイプ」
 要注意である!
 仕事に対する感覚「快」成果「小」➡D「マイペースタイプ」は化ける可能性がある??
● 部下を育てる労力と、自ら得られる利益をを考えて、部下を引き上げる!
● セクハラ、パワハラを避けるためには、距離を置く! 下手に親愛の情を持たない!
● 強者の目線に立てば、許されると思い傲慢になる? 弱者の目線に立つ!!
● 組織には必ず悪がいる!! そういう認識を持つ! 
● 下手に目立たない!! 組織内には理不尽な圧力がある? 出る釘は打たれる??
● 組織には派閥は必ず出来る!! そう認識する!
● 組織のトップは軸をぶらさない!
 自分で「一匹狼」と言う人間ほど当てにならない??
 時には自分を曲げる柔軟性も必要である!
 派閥のリーダーはぶれない芯を持っている???
● 「待つ力」で社内政治を勝ち抜く!
 小さな約束を守れない人は、大きな約束を守れない!
 やばい仕事は、サボタージュする?? 外されるように持っていく??
● 著者の本ではよく出てくる??  斜め上の応援団!!
 この話はよく分かる! 著者言うように実際はかっての上司で他部門の人間がいる!
 これがカバーしてくれる! ええ加減にしておけと!
 自分も助けられたからこれはよく分かる!!
● 信頼関係の積み重ねが後で生きる!!
 著者は裁判で人間を見ている?? 裏切られている!
 その時裏切らなかった人間は財産であると!!
● 下には下がある? つらいときは「下」を見る!
 自分が50代で働いたら時給840円ではないか? マクドナルドであるが………
 出世争いに負けても、順送りだと割り切る!!!
● 聖書が教えるリーダーとは??
 自己肯定感が強く、自分も部下もありのまま受け入れて、人を伸ばすことが出来る人!
● 職場の敵には立ち向かう!
 相手をよく見て柔軟に対応する! 蛇のように賢く、鳩のように素直に………
● 性善説と性悪説?? 難しい???
 基本的には部下を信用し、性悪説で不正が出ないように予防する!!


第4章 50代からの「お金」
● 50代の3割は貯蓄ゼロ!!
 予期せぬ支出がある!! 両親の介護?
 子供が結婚しない!! リスクが多い!!
● 同窓会のメンバーとの交流を再構築する!!
 ネットワークを再構築する!!
● 老後の不足金額は2000万円?
 でもないと言う!  それより時代の移り変わりを視野に入れておく!
● 投機にはまると老後破産である??? 儲かるのは金融機関??
 大変良く分かる!! お金は労働で稼ぐ!!!
● 金を使わないために、下ろしにくいところに預ける???
 国債は郵便局で買う!!
● 金融投資は年収の5%まで???
 同じようなことを言われた! 某大手銀行の支店長だったお客さんだった!
 給料分ぐらいの投資にしときよ!! 正解か???
● 健康と家族に投資する!!
 家庭を顧みずに、定年で離婚とならないように………
● 子供に何もしてやれないので、教育には金をかける??
 全て幼稚園から大学まで公立だったら1050万円、
 全て私立では2500万円!!
 私立一貫校は金がかかる……… 考える必要があると!!!
● 無駄な買い物は???
 買いたいものを紙に書いておいておく!! 
 著者の場合「ツボレフ154ジェット機の模型」「ソ連製のカメラ」「猫の………」
 3カ月たつといらないものが多い!! 良く分かる!!
 こちらは「T34戦車」「Ⅴ号パンテル」「Bf109」などであるが………
● 遺産についてちゃんとしておく!
 金はかかったが、遺言信託を行った!! 内容は連絡済! 金額は言っていない!
● 聖書は神と富とに兼ね仕えることは出来ない???
 金を持つと神の国に入れない!!
● 神の意に沿って生きるなら必要なものは手に入る!
 今は自己責任の時代と言う!
 キリスト教では人間は不完全で積み深い存在である!
 このような人間が自由意思で行動すれば、過ちや罪を犯す!!
● 自由競争に自己責任はここ数十年のことである!
 互いに助け合う、共生する生き方が人類の特性であり英知が、大きな存在だった!!


第5章 50代からの「家族関係」
● 自分の周りの人間関係、家族を大切にする!
 不倫はばれると!!
● 著者は512日、収監されていた!!
 家族と友人に救われたと! 利害関係のない関係が大切である!
● 50歳超えて人生の終末に向かう時、だれが寄り添ってくれるのか?
● 熟年離婚の増加??
 共働きが増えている!  家事にかかる時間は圧倒的に妻が担当している!
 この不平等が問題だと! 男性があまりに無自覚だと!!
● 著者の勧める家事のアウトソーシング!
 家の掃除も安い業者に頼む! 最新の家電製品を入れる!
 女性の負担を減らして時間的、精神的余裕を作る!
 家事から解放された新しい夫婦の形を作る………
● 子供が結婚してから妻が出ていく!
 これの代表作がある?
 「白石一郎・十時半睡事件帖」たまたまドラマ化したのを見ている!
 島田省吾が演じているが、お役御免の日に妻が出ていく!
 あなた様はわが家をバカにしおられる!!
 中々面白かった………
 「おひとりさまが増えている!」
● 50代で離婚など、シングルで老後を過ごすのはリスクがある!
 介護の問題もある!
 自分の両親の介護目当てに結婚を迫る男性もいる!
 リスクを計算、理解して決断する!!
● 不倫はツケを払わされる???
 女子新入社員は入社時の仕事を教えてくれた先輩に恋心を抱く!
 10年も経てばその先輩もただの先輩だと???
 人に祝福されない恋愛はしないことだと!!!
● 50歳を過ぎたら、人間関係に「性」と「金」を絡ませない!
 まず金の貸し借りはしない!!
 男女間では、お互いの情報を漏らさない! 了解してから話すこと!
 「誰にしゃべるんですか?」 「そんなことわかっている」
 そう言われていたが、案の定べらべら喋られる!!
● 子供に不可欠な「非認知能力」
 「非認知能力」には、大きく2つの力がある!
 自尊心、自己肯定感、自立心、自制心、自信などの「自分に関する力」。
 そして、一般的には社会性と呼ばれる、協調性、共感する力、思いやり、社交性、
 良いか悪いかを知る道徳性などの「人と関わる力」
 現在の過保護な教育、飛び越えて教えれば成績は上がる!
 この「非認知能力」の成長が妨げられる!
 英語教育で海外に行く例もあるが、どうなるか分からない!
 それより国語教育だと!!
 藤原正彦が書いているが、英語が喋れて日本の文化を語れないのでは、余計に馬鹿にされると!!
● 親が教育熱心なのは、子供に見返りを求めていないか?
 親こそ子離れが必要だと!!
 親が子を愛するのは無償でなければならない!!
● 中学、高校、大学の接続の悪さである!
 どんな教育をしてきたか分からない!!
 大学の教養課程が弱い!!
偏差値の高い学部に集中する!!
 内容に関係ないようだ………
 今の日本の教育システムがゆがんでいる???
● 親の介護は抱え込まない!
 自分の力で生きていく方法を考える!
 行政サービスもあるので利用する!!
 「介護は専門家に、愛情は家族で」
● 「地域包括支援センター」
 介護の問題をサポートしてくれる!
 公的機関も利用する! 
 介護保険制度は医療費の援助だけでなく、バリアフリーの改修も援助される!
 老人ホームなどの介護施設探しも元気なうちに始める!
 色々あるのでよく調べる!!
● 老人ホーム探し!
 役所の職員は義務的か??
 老人ホームの近所に住む同級生にも確認する!
 著者のお勧めは、「市区町村議員の議員」
 有権者の相談に親身になってくれるし、地域の情報、行政サービスにも詳しい!
● 親との会話である!! 週末ごとにでも顔を見せる!
 最近はそう言うアプリが、なんでもある!
 親に若い時の話を聞くのも良い!
 親孝行も適度な距離感が必要だと!!!
 真面目に介護していながらおかしくなる例は多い!!!
● 著者は死刑囚と隣の独房だったようだ! 
 その死刑囚の母親に死刑囚の日常を連絡したようだ!
 母親に喜ばれたようだ……… 母の思いが変わらない!


第6章 50代からの「自分磨き」
● 「情報」が教養レベルを下げている!
 情報があふれかえっている!
 解釈を引き出す力の無い人間が情報を集めても教養にも知性にもならない!!
● 「自分こそ正しい」「自分は善である」 傲慢の罪に陥る!
 自己に内在する「悪」や「罪」を認識している人は他者にも寛容になれる………
● 日本は教養のない国か? そうなんだろう………
 受付ロボットを開発している! 
 受付嬢のロボットは、従順な若い女性をイメージしている!
 海外から批判されている! 「ジェンダーバイアス」??
 男女の役割について固定観念を持つこと! 受付が女性の仕事だと!!
 男女差別、受付が女性であるとと言うことが批判されている!

 「長崎・ハウステンボス・変なホテル」
 ここはロボットが多い!
 恐竜型、ゆるキャラ型、おもちゃ型などがある!!
 動物すれば、又愛護団体から、豚や牛は宗教上で批判される!!
 「変なホテル」の担当は、教養が高い!
● 「ウィキペディア」 日本のレベルは低い! 
 ドイツは百科事典レベルである! 
 日本人が教養レベルを上げるには、欧米並みのディベート文化や、
 健全な批判精神を育むことである!
 日本は誹謗中傷が多過ぎる!!!
● 教養レベルの低下は、戦後の教育改革???
● 言葉を変えるということは、昔の文献を読めないようにする!!
 ソ連の例があるが、挑戦も同じである!
 ハングルしか読めないの、昔の文献は翻訳になる!
 都合の悪い内容はカットか??
 日本も古典が読めなくなっている! 単に教育の問題であるが………
● 50代は高校生の教科書を使い勉強する!
 「倫理」を学べと!
 お勧めの参考書がある! 倫理の「もういちど読む山川倫理」がお勧めだと!
 理系のお勧め本もある!! ネットでも授業を受けれる………
● 頭のアンチエイジングが大切だと! 役立つのは高齢者のデイケアの教材!
● 人生の岐路で迷った時、聖書、仏典、コーラン、古典が役に立つ!!
● 聖書は「引証つき」を使う!
● 聖書は新約聖書から読む!!
● 人間の「原罪」とは???
 アダムとエバである! 蛇も絡んでいる???
 言い逃れるために、ウソ、ごまかしを言う!
 人間はそういうものなのか???
● 人間、自分の罪を自覚することから始まる!
 そうすると他人に対しても寛容になれる!
 罪を罰するのではなく、悔い改めさせる……
● ビジネスの世界にこそ利他の精神を………
 自分が得るのではなく、人に与える??
 企業も、利益や利潤を追うばかりでなく、社会貢献や他社貢献を考える!!
 要は、他人に与える、自己犠牲の精神を持っている人が支持される!!
● 過酷な運命を受け入れる力!
 世の中、思い通りに行かない! 理不尽なことも多い!
 世の中、理不尽なもので説明不可能なものだという諦観があれば、困難に耐えることが可能になる!!
● 逆境に陥った時、古典が役に立つと!!
 人生の逆境はいつ襲ってくるか分からないが、時の流れを見定めれば状況が変わり、
 乗り越えられると!!
● 豊かな人生にはリスクも必要?
 不死の知性???? 身体を差し替える???
 その時、脳だけが生きている???
 死なないために人間はリスクを避けようとする?
 つまり交通事故など不慮の事故を避けるため、外出などしなくなる?
 人間、命が有限であるからリスクをとって冒険や挑戦が出来る!
 死を前提にするので、人は豊かな人生を送れると!!
● 「いい死に方」を考える!
 仏教 「生・老・病・死」 生まれてくること自体苦しみである!
 人間には執着がある! 生、若さ、健康への執着がある!
 「善因楽果・悪因苦果」 
 前世の行いが、悪いことをすれば苦しみ、良いことをしていれば幸せになる!
 因縁・因果がある! 
 悪行を断ち輪廻の輪から外れて涅槃に入ることが解脱であり、真の救いがある!
 キリスト教では?
 何事も神の意志であると! 死を恐れず、死こそが救いである!
 神の定め通り生きて、神の定め通り死ぬ!
 それが人間の生き方だと!!
● 遺書で自分の死と向き合う!
 50代は自分の人生を完成させる年代でもある!
 エンドとは「終わり」と言う意味とほかに「完成」と言う意味がある!
 避けることの出来ない死と向き合うと、何をすべきかが見えてくる!!

 

50代からの人生戦略・佐藤優

 

 

 

 

2020年7月 6日 (月)

本・孫子・勝つために何をすべきか ②(2003/10)・谷沢 永一・渡部 昇一

Photo_20200621084801


八、 九変篇  逆説的発想の戦い方
九、 行軍篇  布陣法及び敵情察知法
十、 地形篇  地形に応じた戦い方
十一、 九地篇  状況に応じた戦い方
十二、 火攻篇  火攻めの原則と方法
十三、 用間篇  情報活動
エピローグ


八、 九変篇  逆説的発想の戦い方
● 無理、無駄な争いはしない 【命を君に受け、軍を合わせ衆を聚むれば】
無理するなということのようだ!!
実際に戦争に行っている山本七平の体験である!!
自分たちの士官が叩き上げだったようだ!!
そう言う人間は命令が来ても直ぐに行わない!
情勢を判断する!!
無謀な作戦を拒否出来るのか???
インパール作戦も司令官3人が反対する!!
それでも実行された!!!
下士官は士官学校出の将校を馬鹿にしていたと!!!


● 他人をあてにするのは愚かなり  【吾が以て待つ有るを恃むなり】
1940年、バトルオブブリテンでドイツは負けている!!
この当時、ドイツの負けを見通すには、神の目が必要である!!  
日本にも何人かいたようだが……
しかし、「バスに乗り遅れるな」である!!
真珠湾攻撃は1941年12月である!!
この間に何を考えていたのか???
終戦もドイツの勝利を当てにしている??
希望的観測で判断している!!
具体的な根拠は何もない!!  ドイツ頼りで戦争を始めた!!


九、 行軍篇  布陣法及び敵情察知法
● 生きるか死ぬかのときの判断  【半ば済らしめて之を撃たば】
「宋襄の仁」 ええかっこしい??
戦後日本は、韓国中国に技術を教えている!!
競争社会でそう言う事をすると、「宋襄の仁」になる!!
日本は、争いを好まない君主タイプが出世する!!
今後は孫子タイプが出世する!!


● 素人の意見を無視しない  【鳥起つは、伏なり】
公家の大江匡房が源義家を批判する!!
合戦の方法を知らないと!!
義家は素直に受け入れて、教えを請うた!!
それで、鳥が飛び立ったので伏兵の存在を察した!!
公家で素人であるが、耳を傾けなければならないと!!

総量規制の土田正顕を批判する!
著者たちは素人であるが、言うことを聞いていないと!!!


十、 地形篇  地形に応じた戦い方
● 部下をいたわりながらも、命令できるか  【卒を視ること嬰児のごとし】
話は飛んでいる???
家庭内暴力である!!
甘やかしているからだと!
命令権の確立が必要であると!!
家庭内暴力である!! 教師に親に命令権が必要だと!
しかし親の暴力、虐待はどうなのか??
変に誤解される出来事か………


● 敵を知らなければ、己の立場も分からない  【彼を知り己を知れば】
著者が良く書いている、アメリカは人民はいなく、皆の衆だと!
日本はこちらが誠意を尽くせば、向こうも応えててくれると思っている?
説明せずに分かってくれると思っている???
捕虜虐殺、南京事件も一方的に言われている!!
アメリカには、皆の衆に絶えず説明を行わなければならないと!

中国は、この孫子の国である!
日本の中国通と呼ばれる人間は信用出来るのか??
出来ないのではないか??
ハニートラップにも引っかかる!!
向こうは日本をよく研究している!!
差別、人権を言って中国、朝鮮半島に好きにやられている!!
相手はそう言う国なのだと!!!
低く出れば高く出る国である!!!


十一、 九地篇  状況に応じた戦い方
● 敵を内部から混乱、分裂させる方法  【利に合いて動き】
丸山真男お名前が出て来る!!
著者たちはよく言わない!!
階級間で争わさせる!!
日本の中間層をファシズムの担い手と決めつけて、
そうでない人間との分断を図る!!

個人的意見であるが、左翼、知識人は今一信用出来ない!!
いうことに何かウラがある!!
大江健三郎もそうであるが!!!
絶えず政権への不満がある!!
テレビのコメンテーターは信用出来るのか?????


● 相手がもっとも大切にしているものは何か  【兵の情は速やかなるを主とす】
アメリカは石油が日本の弱点だと見抜いていた!
アメリカは人命を大切にするが、艦船などは造ればよいと!
日本は軍艦を大切にして、人命はどうでもよいと!!
現在のアメリカの大切なものは、株価であると!!!


● 迷信は禁じなければならない  【祥を禁じ疑を去れば】
武田信玄は偉い!!
出陣のとき白い鳥が現れる!
「瑞祥だ瑞祥だ」と騒いだが、撃ち落とした!
次の出陣に現れなかったらどうするのか?

縁起を担ぐ?? 
日本は出陣の日に縁起を担ぐ!!
過去の良い日に合わせる???
終戦時、長野に大本営を移す!
長野、信濃、信州、神州………
あきれ果てるが………
こう言うのが日本は多い!!!


● 危機に直面すれば団結する  【呉人と越人とは相悪むも】
「呉越同舟」 仲が悪う呉越でも、船が沈みそうになったら協力する!!
第二次世界大戦は「ファシズムVSデモクラシー」
どこがデモクラシーの国なのか???
チャーチルはスターリンを警戒していたが、ルーズベルトはお人好しと言う!
日本の知識人は、これを鵜呑みにしている!!!


● 将たるものは、秘密主義でゆく  【能く士卒の耳目を愚にして】
真珠湾攻撃も桶狭間の奇襲も、むやみやたらを公開しない!!
「将軍のなす務めは、心静かでかつ人に知られないように奥深く行われ」
すべてを知らせれない! そう思うよに兵を向ける………


● 相手の考えをどう推察するか  【諸侯の謀を知らざれば】
「三国同盟」
ドイツはイギリスを屈服させれない!
ストックホルムの小野寺公使である!
終戦前にもソ連参戦について打電しているが無視されていた!!

太平洋戦争時は原住民は協力してくれない!!
日露戦争時は、協力してくれた!!

上杉謙信、武田信玄の目的は分かっているが、出来ないことも分かっている!
秀吉は黒田官兵衛を掴んだので、中国攻略に自信を持てた!!!


● 報酬はたっぷり与えよ  【無法の賞を施し】
戦後の平等主義!!!
同じ時間だけ働くと内容の差はともかく同じ給料を貰える!!
青色ダイオードの特許料は多過ぎると思うが、ちゃんと支払うべきだった!
著者は競争の原理の本も出している!
今の日本を見ていると、同一賃金とかそう言う政策が多い!!
これは正しいのかと!!!

能力主義の時代には破格の扱いを!!


● 始めは処女のごとく、後は脱兎のごとく  【始めは処女のごとくして】
〇 始めは処女のごとく
  しずしず攻めて敵を油断させる!!
〇 後は脱兎のごとく
  瞬間速度の素早い対応

早く攻める!! スピードが命である!!
ミニッツとマッカーサーは日本侵攻のルートで対立する!!
マリアナ沖海戦で、日本の機動艦隊は壊滅している!!
サイパン島を落としてから直接日本を狙う最短ルートがある!
マッカーサーはフィリピン攻略である!!
これは、「アイ・シャル・リターン」のため丸出しである!

ミニッツの案通りに作戦が実行されれば、フィリピンが戦場になっていなかった!


十二、 火攻篇  火攻めの原則と方法
● もっとも効果的な攻撃方法とは  【火攻に五有り】
アメリカは日本を開戦前から、中国本土から爆撃機を飛ばして役払う計画だった??
しかし当時の爆撃機では、無理だったのではないか?
そう言う計画がすでにあったと! 怖い話である!!
実際にB29で火の海になった………


● 勝負にこだわり本来の目的を見失うな  【火を以て攻を佐くる者は明なり】
遺留?????
1 所持品などを置き忘れること
2 死後に残すこと

戦いに勝っても、功を修めなければ凶であると!!
中国を攻めて、各地を陥落させても功を修めなかった?
これは凶だと!
ベトナム戦争のアメリカも功を修めれなかった………


● 一時の感情で行動を起こすな  【主は怒りを以て師を興すべからず】
「利に合いて動き、利に合わずして止む」
怒ってはダメである!
軍縮会議で、抑えられと怒る!
それが統帥権干犯問題を言い出す!

鉄道王ハリマンが南満州鉄道を一緒にやろうと言った!
小村寿太郎がこれに怒って、出来なくなった!
松岡洋右も「外務大臣も知らないに何を言っているのか」
怒りと言うよりメンツの問題である!!

明治の日本人は怒らなかった??
冷めた怒りが維新を可能にした!!
日本は一時の感情で、行動を起こしている??


十三、 用間篇  情報活動
● 情報収集に費用を惜しんではならない  【人に取りて、敵の情を知る】
スパイに金を惜しんではならないと!!
暗号解読………
エニグマにウルトラか???
ミッドウェー海戦のミッドウェー島の浄水機が故障の電報にひっかかった………
この本ではないか、大島浩駐独大使の暗号は解読されていた!
日露戦争時の、明石元二郎がいるが、優遇されたわけではない?


● 情報のキーマンを育成せよ  【間を用うるに五有り】
スパイは必要であると!!!
プライベートの力も重要であると!!
公とプライベートの差がある!


● プライベートな情報網を持てるか  【反間は厚くせざるべからざるなり】
スパイを厚く報いる!
しかし二重スパイの可能性も考えなければならない!!
ここ数百年は、アングロサクソンが勝っている!!
ソ連、ドイツ、昔のスペインもユダヤ人を追い出している!
戦前は軍部がテロに走ったための、財界の情報を使えなかった?
大金持ちも必要なのか???


エピローグ
孫子は「宋襄の仁」になるなと教えている!!
現在は漢文の授業は少なくなっている!
孫子も読まれなくなった????

 

孫子・勝つために何をすべきか ②・谷沢永一・渡部昇一

 

2020年7月 5日 (日)

本・孫子・勝つために何をすべきか(2003/10)・谷沢 永一・渡部 昇一

Photo_20200621084801


『孫子』が長く読み継がれる理由、それは『孫子』が単なる兵法書にとどまらず、
人々の心と行動を見すえ、勝負の哲学にまで高めていることにある。
人の世は常に競争であり、勝負の連続だ。
また勝負である以上、勝たねばならない。
本書は、『孫子』に影響を受けた二人が、『孫子』の戦術をもとに、
戦いに勝つための原理原則について熱く語りあった本である。
競争社会で生き残る智恵が身につく一冊。


この二人の対談は、言いたいことを言う!!
実名も出す!! 出された方は反撃出来ないのか??
佐藤優も実名を出す!!
もし言い返すともっと叩かれるのか??
孫子の解説である!!
内容説明に、ヨーロッパの中世に、
日本の太平洋戦争に戦国時代を持ってきている!!
大変分かり易いが、二人の偏見とも言える主張もあるが………
偏見ではないが………
内容は下記の通りである!! ①、②に分けてアップする!!



プロローグ  「孫子」の醍醐味とは
一、 計篇   戦う前になすべきこと、心がけるべきこと
二、 作戦篇  最小の犠牲で最大の効果をあげる策の基本
三、 謀攻篇  戦わずに勝つための手段
四、 形篇   戦いの姿
五、 勢篇   「形」を「動」に転ずること
六、 虚実篇  「実」で相手の「虚」を衝く
七、 軍争篇  戦闘の心得


八、 九変篇  逆説的発想の戦い方
九、 行軍篇  布陣法及び敵情察知法
十、 地形篇  地形に応じた戦い方
十一、 九地篇  状況に応じた戦い方
十二、 火攻篇  火攻めの原則と方法
十三、 用間篇  情報活動
エピローグ


プロローグ  「孫子」の醍醐味とは
まだ学生の頃、兵法書というのは凄いものだと思っていた!
読めば戦いに勝てると!!
「戦争論」とかより、孫子、呉子は知っていた!!
読んでみて直ぐに諦めた!! 
理解できるほど人間が出来ていない!!!
それから解説書を何冊か読んでいる!!
山本七平の解説は分かり易かったと思う!
自分の実体験に基づいている………
合従連衡!! 
この時、蘇秦に「揣摩の術」があったと??

相手を思うがままに操る方法である???
それはそれとして、
中国兵法には畏怖、あこがれがあるようだ……

最初に出て来るが、女官を使って演習をする!!
舐めていた徐幹を斬り、ピリッとさせた!!
兵は指揮官の言う事を聞かなければならないと!!

山本七平が書いていたが、朝鮮侵攻時、朝鮮は秀才の司令官!!
知識も豊富である!!
それに対して日本の武将は叩き上げが多く、知識もない!!
が、僧などがいて孫子などを聞かせて教育していたと!!
耳学問になるが、実戦と組み合わせて独特の戦術・戦略を持つ!!
結果は日本の勝利である?????
孫子は政治家・経営者に読ませたいと!!
人生とは競争で成り立っている!!


一、 計篇   戦う前になすべきこと、心がけるべきこと
● 戦いは軽々しく始めるべきではない 【兵は国の大事】
まず太平洋戦争である!
参謀本部の若手にとっては、バクチであった???
5つの統治の基本!!
道 国民が同じ気持ちで参加してくれるのか?
天 タイミング
地 環境的条件
将 指導者
法 組織、制度、運営

日露戦争では??
道 ロシアの脅威に誰もが戦わなければと思った!
天 日英同盟
地 ヨロ―ッパから来るハンディ
将 維新の生き残り
法 可能な限り備えた

太平洋戦争では??
道 何故戦争するか分からない
天 追い込まれて始めた
地 石油を売ってくれる国戦争する
将 日本は統括する人間がいない
法 三国同盟に陸軍との和が大切ということで賛成に回った

戦いには旗印が重要である!!
織田信長は「天下布武」
太平洋戦争では、「デモクラシーの戦い」を掲げた!
デモクラシーVSファシズム???? 
ドイツはレーベンスラウム、日本は大東亜共栄圏???
ソ連もデモクラシーだった?????


● 正直なだけでは生き抜けない  【兵は詭道なり】
兵は詭道なり そう言って先輩に騙されたことがある?
平和なものだった……  実害は何もない!!

騙す、詭道と作術のは境界がない!
面白い例があるが、ちょっと違う気がする??
日本は例えば、証券会社の社長を大蔵大臣にはなれない!!
実際はそう言う人間の方が詳しい!!
藤巻武史は国会議員だったが、この人なんかも良い人選と思うが……

思い上がりが軍人にはある!!
清廉潔白な自分たち軍人が政治を正し、改革する???
今となればアホの極致である!!

能力は誇示しすぎず、隠しすぎず!!
出る釘は打たれるか???

「佚を以て労を待つ」
味方の鋭気を十分養っておいて、疲れた敵兵にあたらせる。
織田信長がそうだと!!
信玄、謙信に対しても補給が伸び切るのを待っている!!


● 冷静な算盤で考える  【廟算】
騙す???
「算多きは勝ち、算少なきは勝たず」
毛利元就の『謀多きは勝ち、少なきは負ける』
がある!!

冷徹な現実主義者である!
信長も敵に勝てる兵力を集めて戦った!!
桶狭間の合戦の奇襲攻撃は2度としなかった!!
日露戦争も、ロシアの艦隊に勝てる軍艦を揃えた!!

しかしこれを出来なかった人間にも勲章を与えて、
本来与えなくても良い人間にも与えている!!
要は、冷静に見ていない??
計算出来なかった人間が評価され、出来る人間が評価されない!!

外務省の開戦前夜の失態も隠されている????


二、 作戦篇  最小の犠牲で最大の効果をあげる策の基本
● 目的のためには金を惜しまない  【日に千金を費やして、十万の師挙がる】
要は、勝つためには金を惜しむな!!
ガタルカナルで戦艦伊勢、金剛となっている!!
金剛、榛名 霧島、比叡ではないか??
伊勢ではない!!
軍艦を出し惜しみしていると!!
レイテ沖でも引き返した! 
本音は逃げたと言われるが、艦を大切にしたと!!
自分が艦長で艦を沈めたら恥になる???
使い所を間違い、沖縄特攻になり、単に消耗しただけだと!!!


● すべての勝負はスピードが肝心  【兵は拙速を聞く】
だらだらと長引く戦争は駄目である!!
シナ事変も軍部が勲章を欲しがったから長引いた??
半年で収まらなかった??
日本にも売国奴が多くいた!!
共産主義者とも言う!! 中国との戦いをなびかせたい!!
その為に政府にもそれらしく提言して講和に持って行かれない!
ハル・ノートもソ連のスパイが書いたと!

逆に言えば、長引かせることが勝利に結びつく!!
現在の日本の批判になる!!
住専、総量規制の大蔵省である!!


三、 謀攻篇  戦わずに勝つための手段
● むやみな戦いをせず勝つ法則  【戦わずして人の兵を屈す】
共産圏は孫子を読んでいる!!
著者たちの左翼の批判は相当根深いものがある!!
未だに共産主義を信じているのかと???
共産主義は相手の崩壊を待つ!!
むやみやたらと戦わない???
その割には、影しい闘争もしている………


● 城攻めをしてはならない  【攻城の法】
日本の硫黄島を城に例える!!
硫黄島は全島要塞化した!!
これにアメリカは艦砲射撃に空襲で破壊尽くしたと思ったようだが生きていた!
アメリカの死傷者が日本を上回った戦いである!!
要塞というものはそれほど難しい!!
秀吉の城攻めは例外なのか??

しかし日本のアホな参謀がいる! サイパン島である!
「マリアナ地区は、たとえ海軍航空がゼロになっても敵をたたきだせる。
 計算では1キロあたり3,3門あればよいところへ、軽砲5門配置される予定」
何処から出た計算なのか?? 


● 敵を知り、己を知れば負ける事はない  【勝を知るの道】
敵を知らず、己を知らずば勝つ事はない!!
よくそう言って楽しんだ!!
アメリカは日本を研究して、オレンジ計画を作成した!
語学も研究している!
日本は敵性語だと言って教育しようとしなかった!
大本営参謀 堀栄三がアメリカを研究する!
タワラ、マキンと落ちていく!!
慌てて対策を考える!!  
それでペリリュー、硫黄島、沖縄と戦えた!
サイパンは間に合わない!!

要は日露戦争の時はロシアを研究した!!
太平洋戦争はアメリカを知ることを放棄していた?
山本五十六に大和魂が日本にはある
と言った小学生がいる!
アメリカにも「フロンティア・スプリット」があると!!
アメリカを軟弱と言って侮っている人間が多かったと!!

日本もアメリカも補給が重要である!!
アメリカは日本のロジェステックを攻撃したが、日本は軍艦ばかり狙った?


四、 形篇   戦いの姿
● 優れた人物は目立たないところにいる  【不敗の地に立ちて、敵の敗を失わざる】
目に付きやすい功績は、真の功績にあらず!!
銀行強盗を撃退した??
それよりも下見に来た泥棒に、ここには入れないと思わせた人間が最高の存在だと!!
斬ったハッタで、おれが勝たした??? 
そうではないと!!!


● 勢いに乗ることが勝利の鉄則  【積水を千仞の谿に決するがごとき】
戦いには勢いというものがある!!
太平洋戦争も最初の勢いは凄かった!!
ヒトラーはバトルオブブリテンで負けて勢いが止まった??
独ソ戦も、モスクワを攻撃しなかったので勢いが止まった!!
幕末の薩長も、鳥羽伏見の戦いでは勢いがああた!!
徳川の先鋒、譜代の井伊と外様の藤堂が裏切る………
藤堂は分かるが………


五、 勢篇   「形」を「動」に転ずること
● 節目は瞬時に行う  【激水の疾くして石を漂わす】
激水の疾くして石を漂わす!!
真珠湾攻撃である!!
負けたから欠点が見えるが、すごい攻撃だった……
後知恵になるが、戦艦部隊も連れて行って艦砲射撃すればどうなのか??
勢いが全てか???


● 敵を誘き出して撃つ  【善く敵を動かす者は】
賤ヶ岳の柴田勝家は、秀吉に誘き出されたという!!
佐久間盛政が突出し過ぎたという話もある!!
ドイツとの戦いに日本を巻き込む!
成功するが、チャーチルの誤算は日本が強すぎたことだと!!


六、 虚実篇  「実」で相手の「虚」を衝く
● 目に見えない、無形の力を持つ強さ  【兵を形するの極は、無形に至る】
日露戦争は、ユダヤ資本の資金が日本を勝たせた!!
第二次世界大戦は、ドイツの敵を応援した!!
アメリカにはユダヤ人が多く住む!!
日本も税金を安くして、ユダヤ人などが住む国にすべきだと!!


● 変化に対応できる柔軟性  【兵の形は水に象る】
秀吉の備中高松城攻めがある!!
それまでに、三木城、鳥取城と落としている!!
ここで水攻めを考える!!
土木工事である!!
この時、足守川の水は緩やかに貯まるが、大雨が降る!!
天祐というべきか??
「司馬遼太郎・新史太閤記」
黒田官兵衛が思う! 
この男に付いて行けば、天下を取れるのではないか??


七、 軍争篇  戦闘の心得
● 戦うための基本は物資の調達である  【輜重無ければ則ち亡び】
「輜重輸卒が兵ならば蝶々蜻蛉も鳥のうち」
日本はロジェステックの考えがない!!
現地調達が日本の原則か??
ガタルカナルも補給を考えていなかった………
極めつけはインパール作戦か?
これは映像でも見ているし、本でもよく読んでいる!!
珍しく、牟田口廉也の実名が出て来ない???
日本陸軍は懐疑的は発言は封じられる?
日本陸軍の痼疾と言う!!


● 人目のつかないところで迅速に動く  【其の疾きこと風のごとく】
風林火山を調べてみた!!!
故其疾如風、其徐如林、侵掠如火、不動如山、
難知如陰、動如雷霆

故に其の疾きこと風の如く
其の徐(しず)かなること林の如く
侵掠(しんりゃく)すること火の如く
動かざること山の如く
知りがたきこと陰の如く
動くこと雷霆(らいてい)の如し

「知りがたきこと陰の如く」
これが一番重要と言う!!
作戦を秘密にする、人目のつかないところで動くことが重要だと!
信玄に孫子を教えたのは、舌耕と言う全国を回っている徒がいる!
彼らが教えたようだが………

 

孫子・勝つために何をすべきか ①・谷沢永一・渡部昇一

 

2020年4月28日 (火)

本・サバイバル組織術 ②(2019/7)・佐藤 優

Photo_20200422205301



第六章 軍と革命の組織学
第七章 昭和史に学ぶ
第八章 女性を縛る「呪い」
第九章 生活保守主義の現在
第十章 現場で役に立つ組織術
あとがき


第五章 軍と革命の組織学
個人の組織の価値観をどれだけ内在化しているか??
① 同調型 自分と組織を一体化している!
② 儀礼型 表面上は従っている
③ 逃避型 組織から離れようとしている
④ 反抗型 組織と離れている
⑤ 革新的 反抗しているが、組織を評価もしている

「野間宏・真空地帯」がテキストである!
実際に戦場に行っている!!
目的が見通せない組織は、生産性はゼロかマイナスで、やる気もゼロかマイナス!
こう言う組織では、儀礼的になるか、逃げるか、反抗する??
務所帰りであり、生きて帰れない南方に行かされることになる!
この時に逃亡すれば刑務所に入れられる!
そうすれば命だけは助かる??
ソ連は人件費節約で、死ぬ運命になる………
要は軍隊内の不条理があり、こんなものかなのと思ってしまう………
しかし企業内でも多かれ少なかれあるのではないか?
生き死にに関係ないだけで………

「五味川純平・人間の条件、戦争と人間」になる!!
ノモンハンの戦いはソ連も被害はひどかった!!
それなのに負けた負けと言って批判されている3人!!
五味川純平、司馬遼太郎、半藤一利????

「信じるなよ、男でも、女でも、思想でも、ほんとうによく分かるまで!
 わかりがおそいことは恥ではない! 後悔しないためのたった一つの方法だ」
「威勢のいい奴がいたら、そいつ名何をするか、どんなものの言い方をするのか、
 食べ方や、ことばや、することに裏表がありゃしないか良く見分ける」
汚い手段を取れば、目的迄汚くなってくる!!
大切なのは、人を見極めることだと!!!
この章、軍の話ではあるが生々しい!!

第六章 昭和史に学ぶ
昭和の軍の組織についてである!!
日清戦争は1894年、太平洋戦争は1945年!
わずか50年余りの命である??
ノモンハンで初めて近代戦を経験した!
要は昭和の軍人は近代戦を経験していない!!
山本五十六は日露戦争に参戦している!
東條英機は実戦経験はない!

戦争が無く、軍の官僚化が起こる!!
事務能力の高い人間、成績の良くメモを取るのが上手い人間、
図上演習が上手く、上手にパフォーマンスできる人間!!
戦争を含む行政官に過ぎない!!!!  瀬島龍三????

「統帥綱領」「作戦要務令」
想定されない事項では、うまくやれ!! 
現場の暴走が始まる!!
企画立案、実行、評価を自分で行う!! 大成功にしかならない!
企業の粉飾決算も、うまくやれである!
官僚化した日本軍はすさまじい受験社会である!!
昭和前期は大正時代に育てた人材を消費した時代である!
高度な人材を前線に送り無駄死にさせた???
その中で外務省は負けると分かったので人材を温存したようだ!
早くからヨーロッパに研修に出した!!
語学も重要である!!
戦後、外務省出身の首相が続いたのは偶然では無いようだ………

大平洋戦争!!
陸軍の暴走と言われる!!  海軍善玉説は崩壊した??  保阪正康、半藤一利である!!
著者は陸軍の戦略は曲りなりにも分かる??
海軍が分からないと!!
島を占領してもロジェスチックの考えがない!
陸海軍の仲は悪いが、陸軍が空母を造る!!  どうも潜水艦も造っている!!

ノモンハン事件では航空戦があった!
日本は勝ったと言われている????
実際にパイロットの腕は良い!!
もっとも格闘戦で、個人の腕が重要視される!!
が個人で無く、チームの戦いになっている!!
それでも個人戦にこだわった???
ドイツでは日本円は使えない!! 信用が無い!!
そこでスイスで使った?? アメリカがそれを回収して日本上陸後に使う気だった!!
総合的なインテリジェンスで遅れを取っている???

「小説・日米戦争未来記」
公開情報をベースに書いたようだ!! それでも先を読んでいたようだ!
そこには「未来学」「地政学」がある!
地政学は変わらない!! 大変動でもない限リ地球は変わらない!!

類似的思考??
本来別々であるものに類似性を見出す!!
日本人はこれが苦手である!
相手の気持ちを、論理を探ることは重要である!

昭和の歴史を学ぶことは、失敗から成功への種子を見つける!
そして失敗を未然に防ぐ!!!

第七章 女性を縛る「呪い」
安倍政権「女性が輝く社会」
もう十分に輝いているのでは???
「ガラスの天井」
女性の組織内での昇進や能力開発を不当に阻む「見えない障害を言う」
男性優位の文化があり、それを意識しないでの改革は失敗する!!
積極的な方法として管理職を一定の割合で女性にする!
大学の合格率を男女半々にする??

論理の面で男性有利は信じられていない?? 建前では………
しかし無意識と言うか心の奥底ではどうなのか??
「私という運命について」が教材である!
家がある!
女は30前後までか??  子供を産み家庭を育てる!
この世の中を存続させるのは、女性である!!
何か個人的には差別していると思われる人間である!!
読んでいて実感出来ない話が多い………

第八章 生活保守主義の現在
「生活保守主義」
社会や国家より、自分の生活が何よりである! 余裕がない??
「逃げるは恥だが役に立つ」「東京タラレバ娘」 テレビドラマがテキストである!
「高橋和巳・我が心は医師にあらず」
60年代の高度成長期は、家庭の充実を選んだ!!
現在は??? 貧困への恐怖がある!
飢餓に結びつく貧困は無いが、大卒でも年収200万円以下!
有配偶者率1/4を切っている!
60万を超える40歳以上の引きこもり!
「平均的な生活」からの脱落を恐れている!

自己責任の時代になっている!!
就職、結婚………
生活を金で計算する!! そうすれば同居の方が安くつく!
夜の生活は別である???

安倍政権の本音は女性の活用として、介護・医療を考えている??
生活保守主義へに逃げるための手段か??

女の結婚時期は3度ある????
22~23歳で、 同級生結婚!
30歳前    職場結婚
30歳
人間で、生きていて、死んでいないことが条件である!

「村田沙耶・コンビニ人間」は時代の先を行っている!!
そう言う風な読み方もある???
読んでいて思ったのは、世の中を知らな過ぎるのではないか??
自分のことである!!
本を読んで類似性を感じることも少なくなった………
時代から取り残されている???

第九章 現場で役に立つ組織術
「酒を飲まなくても、仕事が出来ればハンディにならない」
「理不尽な上司に対しては正論でぶつかれ」
実際は役に立たない格言である!!

組織を生き抜くためには??
著者の経験では、人物を見分ける最大の武器は「直観」
一般論として信用できる人間の条件は??
① 会話??  話題にする内容の知識を探る!!
② 持ち物??  安物のスーツに高級品??  ロレックスやエルメス???
こちらが見ているのと同じく、相手も見ている!
言語、非言語???  目は口程に物を言う………

上司は選べないが、師は選べる1!
師は基本的には一人に絞る方が良い!!
ただ、もっと優れた師に出会えばどうする??
悩ましいが変えない方がよい??

人脈はA・B・Cに分ける!!
【Aボックス】
5人内! 連帯保証人になっても良い??
何でもお願いできる!!
【Bボックス】
20人から100人
専門的な情報源にアクセス出来て、本当のことを教えてくれる!
【Cボックス】
2000人から3000人!  何かの折に連絡が付く相手!

酒の問題がある!
飲めない人は不利である!!
これは良く分かる!!
酔った時に秘密の話を話す??? 
個人的な話になるが、鮭はあまり好きではない!
しかし酒飲みと誤解されている! 身体があるので時間が長いとやはり飲んでいる!
著者が例を出しているが、外交官で酒は飲めないが、仕事上ウオッカを一気に飲んだ!
それで親しくなり信頼関係が出来た???

では酒の効用は??
酒は素面を保つために、ノンアルコールも混ぜる!!
韓国や中国では、私の次ぐ酒を飲めないのか??
酒の上で得た情報を翌日確認してはいけな!!!!!
酒の席で喋ったことは覚えておくこと!
さらに高度なものは、酔ったふりをして余計なことを本当と思わせる??

上司と戦ってはいけない???
潰される!!! 上司が代わっても、反抗する人間と思われる!
こう言う時は、著者の言う「斜め上の応援団」が必要である!
個人的な話になるが、部長と揉めていた時期があった!!
その時にかっての上司、その時の支店長が電話してきた!!
いろいろ言われたが、意地はるなと!!
お前もお前じゃと言われたが………  心強かったのを覚えている!!

部下の叱り方???
教えられたのは、褒める時はみんなの前で、しかるときは1対1で!!
あまりしからない方が良いようだ!! 
最近はしかられることに慣れていない???
上司は部下を選ぶ??  
最大限の能力を出すには、部下は使いやすく能力がある人間が欲しい!!
叱って育てより、その方が実績を上げれる???
そう言う態度も必要か??

プレゼンテーションは2種類!
パフォーマンスと説得の為とある!!
方法が違ってくる??

贈り物がある!!
「フランスのマルセル・モース 贈与論」が出て来る!!
人間タダで貰うと負い目を感じる??
これを利用しているのが、中国!!!
戦時賠償を取らずに、日本の負い目を感じさせいる!!
孫子の国である!!!
1500円の食事を10回より、15000円の食事1回の方が印象に残る!
それは間違いない!!  実体験で分る!!

負の感情をいかにコントロールするのか??
嫉妬や怒りである!!  ではどうするのか??
自ら経験する!
代理体験をする! 経験談を聞く! 小説・映画も参考になる!!
言葉の使い方???
レトリック、ユーモア、アイロニー!!
「お前ウソをつくな!」 ではなく「お互い正直にやろう」

嫉妬は厄介である!
エリートには、自分が一番と思える場所を作る???
合理的な実力主義と、メンバーのそれぞれを肯定し負の感情を抑制するシステムを
バランスよく備えた組織が、生き残る!!

あとがき
組織は二種類ある!!
コミュニティーと、アソシエーション!!
この本は、アソシエーション・結社を扱っている!!
そして組織論と文学を結び付けている!


サバイバル組織術 ②・佐藤優

 

 

2020年4月27日 (月)

本・サバイバル組織術 ①(2019/7)・佐藤 優

Photo_20200422205301


組織には個人を潰す力がある。生き延びるにはどうしたらいいか? 
理不尽な人事、職場のいじめ、女性と仕事、予期せぬクライシス―!
外交の現場、国家権力との対決といった数々の修羅場をくぐり抜けてきた著者が、
自らの切実な体験と該博な知識をもとに、日本の組織の正体を暴く。
テキストとなるのは、夏目漱石『坊っちゃん』、城山三郎『官僚たちの夏』、
『忠臣蔵』、『逃げるは恥だが役に立つ』など小説やドラマなど。
物語に隠された「組織の内在論理」が鮮やかに分析される。
さらには昭和史を「失敗と成功の教訓の宝庫」として読み解く一章も。
「上司と戦ってはいけない」、「人事は最も危険な仕事」、「人脈はABCに分類せよ」など、
怖いほどリアルな、目からウロコのアドバイスも満載。


組織の掟、官僚の掟ら著者の本は多い!
よく読んでいる方である!! 大変楽しい!!
組織の中でどう生き残るのか??? 著者は逮捕されて人間を見た???
もはや引退しているので、直接は関係ないが、過去に当てはめると楽しい!!
特に印象に残っているのは、斜め上の応援団である!!!
内容は下記の通りである!!



第二章 いかに組織を生き抜くか
第三章 人事の魔力
第四章 極限のクライシス・マネジメント
第五章 忠臣蔵と複合アイデンティティ

第六章 軍と革命の組織学
第七章 昭和史に学ぶ
第八章 女性を縛る「呪い」
第九章 生活保守主義の現在
第十章 現場で役に立つ組織術
あとがき


第一章 いかに組織を生き抜くか
著者は良く言っている!
優れた文学作品はシュミレーション体験として役に立つ!!
そんな事は無いが、国に冤罪で逮捕されると、著者の本が役に立つ??

そう言う事で、夏目漱石の「坊ちゃん」「門」を選んでいる!
夏目漱石は「こころ」が面白かった!! 
それは別として、選んだ作品は、組織に調和できない人間だからだと!!

組織の中の個人!!!
Ⅰ ハイパー     仕事が楽しく、生産性が高い
Ⅱ ワーカホリック   仕事が楽しくなく、生産性は高い
Ⅲ バーンアウト   仕事が楽しくなく、生産性も低い
Ⅳ マイペース    仕事が楽しいが、生産性が低い

このなかで最も組織を生き抜くのに望ましいのは、
Ⅳ マイペース   仕事が楽しいが、生産性が低い  と言う!!
しかしそれには特別なスキル、貯金が必要だと!

個人的にはⅣの準マイペース型で、仕事は楽しいが、生産性も低くはないと???
自己分析している!! 関係ないが………
Ⅲ バーンアウト  仕事が楽しくなく、生産性も低い
これがリストラ要因になる!!
しかしそうしても状況が変わらなければ、いくらリストラしても、次の候補者が出ると!!

坊ちゃんは自分をモデルにしている??
そうではなさそうである!! 
漱石はトップエリートで、坊ちゃんは中層のテクノラートの違いがある!!
そんなことは知らなかったが、東京大学と東京帝国大学は、平民と貴族との差があった!
この時、漱石は東京大学ではなく、東京帝国大学に入学している!
日露戦争に勝利し、「組織と個人」の問題が顕在化した時代である!
組織で軋轢を起こして出て行った坊ちゃん!
組織の中で自分を殺して神経衰弱になる、宗助!!
そう言う読み方があるとは、思いもしなかった!!

第二章 人事の魔力
開戦前の軍は、金と人事を握れば何でも出来る!!
同じことである!!
ポストに執着するのは、金、権力、評価を握る!
「城山三郎・官僚たちの夏」が教材である!!
主人公は人事が大好きである!!
「人間は自分を過大評価する」傾向がある!!
右肩上がりの時代では、人事に不満があっても結果が出るから不満は出ない!
が、ひとたび悪くなると、こいつの人事でそうなった!!!

抜擢人事には抜擢されない人間の恨みを買う!!
官僚は国家に雇われている!! 国ではない!!
政治家は国民が選ぶ!!  官僚は成績で選ばれる!
官僚の思い上がりがある??

当時の通産省は力がある!
三文字と五文字の省がある!!
外務省、大蔵省………
省庁の再編で五文字の省庁が出来た!!
農林水産省、国土交通省………
大蔵省は財務省で三文字のままである!!
通産省は経済産業省の名前を変えたが、今の安倍政権を牛耳っている!
「官僚たちの夏」を参考に、安倍政権を読み解く参考になる!

組織、人事には人を生かすことも殺すことも出来る!
その魔力にはまっている!
が、いずれ関係ない人だと無視される!!
「いつも全力で走るやつ以外は問題外」
「無定量、無際限に働く」
ブラック企業なのか?
結局有為な人材を使い潰し、組織を疲弊させる!

著者の経験談である!
担当させる人間が決まっていたのに、意見を聞かれて答えた!
結果、担当が代わることになった!!
恨みは買う!! 重なると恨みは大きくなる!!

第三章 極限のクライシス・マネジメント
二つの危機管理!!
リスク・マネジメント   悪いことの起こる可能性! 計量化出来る!

クライシス・マネジメント 予測不可能な危機! 自然災害………
これはアナロジー、類似性で対処する!
災害対策であの時はこうしたが………

著者がお勧めの本がある!
「原子力安全の論理・佐藤一男」
クライシスに直面した人間のタイプがある!
① やるべきことをきちんとやる人
② やるべきことをまったくやらないか、不十分にしかやらない人
③ やってはいけないことをやる人
④ やってはいけないことをやらない人

②と③が問題になる!
危機には「やってはいけないこと」を見分ける!
自分の能力、事態を見極める!
それが第一歩であると!!

「山崎豊子・不毛地帯」が教材である!!
壹岐??  瀬島隆三がモデルである???
戦後、裁判が終了し、商社に引っ張られる!
この男は買いだ!!  今まで投資した日本国の金から行っても買いだ!!
旧陸軍のエリート中のエリートである!!

著者は検察に取り調べを受けている!!
佐藤優の本はよく読んでいる!
不毛地帯で二人取り調べられる!!
この状況は面白い??
組織に切り捨てられる! そうでない者との差は何か???
ここで壹岐の名前が出て取り調べられる!
著者自身の経験と取り調べがダブって来る!!
ここにも壹岐に対する反感、嫉妬がある??

著者の経験であれば、逮捕されて人間を見てしまった!!
頼りになるのは、学生時代の友人たちだったと!
利害関係のある人間は裏切りかねない!
現に著者は裏切られている! 何人かは裏切らなかったが………
「義理をかく、人情をかく、恥をかく」
恩義のある人を裏切り、感情を殺し、嘘をつき、裏切り者の恥辱を受けても居直る!!
きわどい場面をしのげる!!
もっとも生死にかかわる場面でしか使えないが………
人生でクライシスと言う場面は何度も無い!!
普通はリスク・マネジメントで充分であると!!

第四章 忠臣蔵と複合アイデンティティ
「複合アイデンティティ」
西洋の組織ではキリスト教会に求める!
① 監督制  上意下達  カトリック
② 長老制  プロテスタントのカルヴィン派
③ 会衆制  ピューリタン
違いがある!!
日本では、江戸時代の藩に求める!
体制がかっての日本的経営に似ている!
トップに殿様がいる!
家老、重臣、階層に分かれた武士!
世襲で能力にではない! 
人事は家格と年功序列、終身雇用より安定的な世襲雇用である1
このトップを失ったらどうなるのか??
「忠臣蔵」がテキストである!!
いじめられたのでかっとなって殺そうとして切腹された恨みを果たす忠義の物語???
では無く、切れやすい上司が暴走し、壊滅した組織が再生の道を探る物語???
刀を抜いた浅野内匠頭はとどめを刺さなかったことを批判されている!!

赤穂浪士は忠義の対象が違う!!
家を中心に考えると次の主君に仕えればよい??
現主君との個人的関係ととらえれば主君の仇を討ちたい!!
堀部安兵衛がそうである??

「複合アイデンティティ」
① 浅野藩士  浅野家家中のメンバーとしての組織人
② 長矩と言う殿様個人に仕える家来
③ 武士
そう言うアイデンティティがある!!
大石内蔵助のリーダーシップがある!
桃太郎型リーダーシップ??
犬、サル、キジをまとめる!! 何故キジなのか???
長矩の無念、武士の面目、浅野家再興………
それぞれの目標で遺臣をまとめる!
集団を動かすとき、ギリギリの場面では大義名分がものを言う!
利害では動かない!!

討ち入り後の処分も分かれる!!
〇 義挙と褒める???
〇 法を犯した犯罪者??? テロリスト??
〇 吉良が浅野を殺したのではない! それなのに浅野を許してはどうなる!
  次に上杉の報復があった場合どうする??
結局切腹となる!!
正義と言うより、自己犠牲ではないか??
人を動かすとき、最も力を発揮するのは、命令や強制でもなく、利益誘導でもない!
人の振る舞いを見て、影響を受け、自分も何かやらなくてはならないと感化ではないかと!!

 

サバイバル組織術 ①(2019/7)・佐藤 優

 

2020年4月 8日 (水)

本・40代でシフトする働き方の極意(2017/12)・佐藤 優

40_20200407225501


仕事、お金、家族、そして健康――。
いろいろな面で人生の転換点となる40代をいかにすごし、
その先の人生後半戦につなげていくべきか。
外務省で国事に奔走するも国策捜査に巻き込まれ、
その後作家として成功を収めるなど激動の40代をすごしてきた著者が、
無理しない、でもあきらめない生き方の極意を伝授する。

佐藤優の組織で働くための処世術である!!
佐藤優の本で印象深かったのは、斜め上の応援団を持てと言っていた!!
この話大変良く分かった! 自分にも経験がある!
直属の部長と揉めていた!!
その時、味方と言うわけではないが、支店長がカバーしてくれた!
要はもうこれ以上揉めるなと!!
その内に部長が居なくなって、自分も課長になった………
これも一つの斜め上の味方になっている!
内容は下記の通りである!!

まえがき
第1章 40代からの「働き方」
第2章 40代からの「発想力」
第3章 40代からの「リーダーシップ」
第4章 40代からの「人脈と友人関係」
第5章 40代からの「時間の使い方と学び方」
第6章 40代からの「人づき合い」
第7章 「豊かな50代」は40代のすごし方で決まる


まえがき
現在の40代は大変である!
バブル崩壊後に、成人し、就職氷河期を乗り越えてくている!!
格差があり下方になる人が多い!! 自己責任と言う!
しかし、100人で1,2人なら自己責任だが、何十人といる場合はそうではないのではないか??
社会構造には問題がある???
著者は生き残る努力をすることが重要と言う!
会社に潰されず、人間関係に過度の緊張をもたらさず、上手に生き残る方策を記している!
仕事、勉学、恋愛、家族関係に悩んでいる人に役立つ具体的方策を記している!!!

第1章 40代からの「働き方」
日本の企業の状況!!
・30代半ばから競争が激しくなり、45歳で競争のめどが一応つく!
50歳までが部長への競争になる!!
40歳で会社に残る以外の選択肢もある??? それを意識させる??
自分で40歳になったら、会社、それ以外の選択肢を考える!!
・本当の意味での「働き方改革」を考える!!
・現実を見据える?? 評価されていないと言っても仕方がない!!
・漫然と40代を過ごすと50台になってから何も出来ない!!
・60歳から定年延長があるが、60歳から65歳までは雑用係である!!
退職金は、年功序列と終身雇用の日本型制度の中で生まれた特殊な制度である!

・転職のリスクを過小評価しない!!
・地方の企業に行くのも良い!!
・しかし、うまい話には要注意である!!

問題点を教えてくれる!!
・40代になると、子供と住居のどちらを選ぶのか???
・教育費に金をつぎ込めば、家は持てない!
・シングルを貫くことは相応の覚悟がいる! 金はいくらでも出て行く!!
・結婚は人生最大のセイフティネット! 結婚を考えるなら40代は直ぐに考える!
 シングルマザーでも良いのでは??
・老後の生活を考える!!  頼りになるのは、親、金、友人だけである!!
・シングル同士で共同生活をするのも、一つの方法である!!

第2章 40代からの「発想力」
自分が会社から何を求められているのか??
経験は会社でしか役に立てなくする! 他では通用しない???
職場とは違う場を持つ!!
飲みに行っても、ゴルフも会社の延長である!!
職場と違う場を持つ!!
・市民大学講座、大学の公開講座を受ける!
・公文式の数学を学ぶ!
・数学が出来ない学生が多い! これは試験の問題もある!
・論理力、論理的でないといちいり部下に説明しなければならない!!
・ゲームは頭を柔らかくする!! どうかな??
・語学力、語学を習うことは自分の新しい能力発見になる!
・「専門検索エンジン」がある! 有益情報に出会える???
・ビルゲイツなどに誰でもなれるわけではない?? 
 型破りな発想は、型を身に付けて出来る???

第3章 40代からの「リーダーシップ」
チームリーダーとしてやること!!!
・「適切な部下、メンバーを選ぶ」  問題ある部下を見極める!
・「自己愛型人間やサイコパスには要注意!!
・嫉妬のメネジメント?? 褒めるときはみんなの前で、叱るときは1対1!!
 今はどちらも1対1と言う! 大勢の前で褒めると嫉妬を買う???
・若い人を叱っても良いことはない!! そういう教育を進める上司はいかがなものか?
・圧をかけられることも重要だと!!
・閉鎖的な組織の論理に惑わされない!
・これからは相談型上司が理想!
・朝令暮改型上司は嫌われる??
・サーバント、奉仕型リーダー、相談型リーダーも良い!
 引率型リーダーではないと思うとこのタイプも良い!!
・世代のジェネレーションギャップがある!! これをまとめるのは苦労が多い!
 目線の重要さ! 部下との共通の目線を持つ???

第4章 40代からの「人脈と友人関係」
著者は逮捕されて人間と言うものを見た!!
著者の考えがある!!
・会社の人間関係は、砂上の楼閣?? 確かに言える!!
・逆境で本当のつながりが見える??
・立場に応じた付き合い方がある!  そういう人脈が役に立つ!
 秘書とかいろいろある??
・理解して付き合えるのは150人?? でも本当の人脈は10人までか??
・付き合い方のタブー???
 司馬遼太郎が書いていた! 大久保利通である!
 福地桜痴に言う! 「俺に取り入れと!」 自身、島津久光に取り入るために「碁」を習った??
 初動が大切である!!! 大物にはタブーがある!! 終わらせるときのことも考える!!
・SNS、LINE?? 時間を取られていないか??  どちらもやっていない!!
・利害のない友人、アバウトなところが良い!!
・「フィリア」 相手の個性を尊重し、対等に付き合う!! もっとも重要なものか??

第5章 40代からの「時間の使い方と学び方」
自分の経験から言ってもよく分かる!!
・自分時間を造る!! 仕事のペースを工夫する!
・本を探して2時間も3時間も探す! そういう場合は諦めて新しく買う!!!
 「機会費用の損失」を常に意識する!! 膨大な時間の無駄を造っている!!
・デジタル機器を遮断する!  自分時間を造る1
 SNSがある! かってに送っておいて返事がないと怒る!!
 ストーカー?? 時間泥棒である!!
・勉強をする!! まず読書か?? 「失敗の本質」を勧めている!!
 学生時代は、古典を読めと言われたが………
 英会話の勉強も良い!!!
・小説も良いと言う! 人間を観察できる!!
 行く土地の本を読み、現実と歴史を理解する??
 犯罪小説を読み、犯人の心情を理解する??
 個人的には海外に行く時は、その国の本を読むことにしている!!
・生涯学習のカリュキュラムを作る!  学ぶ方法はいくらでもある!
 著者は、歴史、経済、サイエンス、健康、マネープランと言う!!
・学びの満足感と達成感が人生を豊かにする!!
 付き合いの飲み会に、風俗、キャバクラ、競馬、パチンコでは満足感を得られるのか??

第6章 40代からの「人づき合い」
人つき合いは考える! 人の良いのは考えものである!!
・40代にはメンターが必用! お手本が必要になる!!
 あまりかけ離れたメンターは必要ない!!
 参考に出来るものがある、専門的な分野でかまわない!!
 良き師に出会うには、「素直さ」が必要である!!
 著者が影響を受けた人間がいる!! 塾の先生に、外務省の東郷和彦!!
・その前に人生の方向性を決める!! 今後は格差が広がる! 
・競争から降りるのも一つの方法である!! たかが部長程度で勝利者か???
 飲み会やゴルフも楽しむために行く!!  社縁ではなく、地縁である!!!
 知り合いにいるが、幅広い付き合いがあるのでゴルフも半年で50回行っている!
 会社の人間は、メンバーを集めるのに苦労している??
 人生いろいろである!!!
・ケンカがある!! 最近の大人はケンカの仕方を知らない??
 上手にケンカ出来る人間が生き残る!
・ウソがばれないようにする!! 正誤性を確認して置く!! これは良く分かる!
 自分のことだがここらは慎重にやったつもりである!
・組織と戦うときは局地戦でしか戦えない!!
・ケンカに強い人は攻めより守りを固める!!
・それより一番強いのは、ケンカをしないことである!!
・女性と上手い関係を築くには?
 男女平等であっても男社会である!  女性が社会に進出するには男性的にならなければならないと!
 暴力的な議員もいる! セクハラ、パワハラも男性からだけではない!!
 女性の社会的進出を促進するのに、夫も飯をつくれと!!
 官製キャンペーンのあほらしさがある!!
・著者の女性への偏見を無くしてくれたのは田中真紀子???
 「すべての女性は優しいとは限らない!!!!」 メチャメチャ嫌味である!!!
・女性の友達を多く持つ!
 女性から信頼されるのは、「セクハラ」「パワハラ」「えこひいき」の三つの地雷を踏まないこと!!
 この3つから縁いと思われると、確実に女性から信頼される!!!!!!
 同一目線で見る!! 上から目線で見ない!!!!

第7章 「豊かな50代」は40代のすごし方で決まる
家計はこれからますます厳しくなる!!
65歳定年にもっていこうとしている! 年金70歳支給である!!
そうすると50代の賃金が抑えられる!!
教育費も高くなる1 ローンを組むのか??
ではどうするのか?
・地方に移住するのも一つの方法である!
・健康管理に金をかける! 特に歯には金をかける!!
・どんな薬より良い睡眠である!!
・自分のストレス体質を知っておく!! どこまで耐えれるのか??
・老後や介護について早くから考える! 特にシングルの人は………
 いくら金がかかるか計算しなければならない!
・50歳になればやることは限られる? 広げるのではなく絞り込まなければならない!!
 限定することで、可能性が広がる………
 絞り込みは、原点回帰になる??
・40代で人脈を広げておく! 今までの出会いなどが、必然的なものと思える!
 偏見や先入観を持たないことと!!
 沢山の人に出会い、良書を読み、自然や芸術にふれて、感性を柔らくしておく!!!!


40代でシフトする働き方の極意・佐藤 優

 

 

2020年3月23日 (月)

本・水煮三国志 ②(2005/7)・成君憶 (著),・呉常春・(翻訳),・泉京鹿 (翻訳)

Photo_20200319083101


第十一章 曹丕の不倫騒動
官渡の戦いに曹操は勝利する!
不倫、社内恋愛がある!!
会社の金に手を付けてはならぬ!
会社の女性と恋愛してはならぬ!

社内恋愛にかかわる不文律
一、 発情しても「礼をもって止める」
二、 イチャイチャは人を陶酔させるが、過ぎてはいけない!
三、 愛情は禁断の果実だ、手に取る前に三度考え直す!
四、 距離を保つことが最大の安全策になる!
五、 異性の上司にモーションをかけたり、ふざけあわない!
六、 異性の部下にモーションをかけたり、ふざけあわない!
七、 一時の衝動でキャリアを無駄にしない!
八、 既婚者が思い悩むようなことをしてはならない!

「キャリアを選んで恋愛をあきらめるか、
 恋愛を選んでキャリアを放棄するかである」

第十二章 曹操の人材開発論
猟犬の名前が「助っ人」であった! 元気が無い!
名前を「社長」に変える?? 元気になる???

同じく猟犬である!
一、 猟犬を必死にさせる何かが必要である!
二、 骨と言う報酬を約束する!
三、 捕まえ易い子ウサギを捕まえるようになった!
   重量で報酬を与えるようにした!
四、 老後の不安がある? 一定以上のウサギを捕まえれば老後を保証した!
五、 自分で取ったウサギは自分のモノにした方が良い!! 独立する!!

経営管理に必要な五段階!!
第一、 経営は経営管理から考える!
第二、 叱咤激励による内部競争!
第三、 成果を公平に評価して褒章を与える!
第四、 利益の分配方法、年金プランなどを考える?
第五、 猟犬にも起業のチャンスを!

「人材開発(従業員に学ぶ機会、起業の機会等)
 に注力することによって業績向上を続けれる!」

第十三章 劉備の職場での世渡り術
清廉潔白なイメージをつくる四つの条件!
一、 身を清く保ち、悪に染まらない! 
   無駄話しない! 怠けない! 会社のモノを持ち帰らない! 
       奇抜な服装をしない! 勤務時間に私用を行わない!
二、 あきらめる! 立ち去る!!
三、 心から悔い改めてやり直す!
四、 危険にどっぷりつかる!!

会社での五つの心構え!!
一、 敢えて責任を引き受ける!
二、 仕事を楽しむ!
三、 プラス思考で困難に対応する!
四、 組織を重視する!
五、 勉強を続ける!

会社で嫌われ者にならないための五つの提案!
一、 根も葉もないデマを飛ばす人!
二、 愚痴大王!
三、 いつも自分が正しいと思い込んでいる人、知ったかぶりをする人!
四、 目上にはこびへつらい、目下をばかにするごますり!
五、 媚びを売って取り入る悪女!

ついでに美人が不要な条件!
一、 美人は特別な配慮う受ける?
二、 会社の風紀の乱れには必ず美人が関係している?
三、 プレゼント男の寄生虫!
四、 目を奪われる??  交通事故を起こしかねない? あまり関係ないと思うが………
五、 上司と女を争うとろくな事がない??

「社内政治に振り回されないためには、
?自分のアイデンティティをはっきりさせ、世渡り術を身につける!」
大ぼら、腹の探り合いをせずに地道な活動をする???

第十四章 諸葛孔明のタイムマネジメント論
えらく恋愛の話が多い!!
中年男と若い美人との結婚は??
諸葛孔明である!! 「三顧の礼」である!
「ラクダ兵法」 テントにラクダを入れて主人が追い出される!!

諸葛孔明のタイムマネジメント論 高、中、低とある!
低  メモなどを使い管理する!
中  年間と毎日のスケジュール確認して進捗管理を行う!
高  問題や課題を抽出し、その対策を図る順番をウエイト付けして処理する!

「バケツ理論」
一定以内に一人が出来る仕事量をバケツ一杯とする!
重要で緊急、重用で緊急でない、緊急だが重要でない、緊急でも重要でもない!!
入れ方で入る量が違う!! 
つめり、問題を整理し、優先順位付けしてから処理する!
劉備は孔明を無き落とす!!

「仕事の効率を追求することで、利益だけではなく、
 家族との時間も獲得できる」

第十五章 経営者をマネジメントする
不美人は一杯のお茶のようなものだ????
誰かの口に運ばれるのを待つ一杯のお茶???  一生の幸せを得ることになる!

孔明は妻を置いて劉備の元へ行く!
「なぜ経営者をマネジメントするのか」
やるべきことは何か?
やるべきでないことは何か??
  会社に忠誠を誓う!
  経営社の意表をつかない!
  何があっても経営者をけなさない!
勇敢な部下とは??

「経営者をマネジメントすることは、
 経営者が持つ権力を上手に行使できるように手伝うことである!!

第十六章 勇猛果敢な部下になる
勇猛果敢な部下になる秘訣は?? 例え話がある!!
一 責任を全うする!
  強い責任感が勇気を生み出す!
  責任を持つことがベストを尽くすことにつながる!

二 勇気をもって提言すること!
  部下の役割は、リーダーのプレッシャーを軽くするフィルターみたいなもので、
  リーダーが本来の能力を十分に発揮できるように支援することである!!

三 チャレンジを恐れないこと!!
  物怖じせずに経営者とコミュニケーションをとる!

八ツのポイントがある!!
  一 会って話せば自分の価値を実感させれると言う意識で臨む!
  二 話が長い、わかりにくい、誤解を生みやすいは致命傷である!
  三 興味引きそうなトピックを用意する!
  四 建設的に話を進め、有意義と思って貰う!
  五 ご機嫌取りに囲まれてので、正直に話す!
  六 部下の問題解決策の提案は歓迎するものだ!
  七 経営者の好みを知っておく!
  八 経営者とのコミュニケーションは、経営者からの助言も期待できる!!
  孫子の兵法か???
  経営者の過ちを勇気を持って指摘する!!

四 退くべき時は潔く退く!!  優秀な参謀の心構え!!
  ・組織のために奉仕し、成功と失敗の責任を教授する
  ・高い道徳観を持ち、倫理を遵守する!
  ・経験の中から絶えず学び、より良い自分をつくる努力をする!
  ・自分の意識次第で欠点は変えられる!
  ・経営者と従業員は互いにサポートし励まし合う仲間!
  ・誰にでも過ちはあることを理解する!
  ・共通の目標が、最高の指導者である!
  ・経営者がいまく権限を発揮できるように支援したい!
  ・職権を濫用するようなことがあればこれを正す!
  ・自分が職権を濫用するようなことがあれば、過ちを正す! 
  ・職権濫用を行い、注進を認めなければ見限ることも考える!
  ・自分を信じれば、冷静に対処できる!
  ・部下が増えれば組織の力は増す!
  ・勇気を持つ努力に終わりはない! 今何をすべきか? と常に自問する?

「勇気を持って上司や経営者に臨む態度はビジネススキルとして
 尊重されるべきだろう」

第十七章 諸葛孔明のマーケティングマネジメント
曹操との一大決戦が始まる!
諸葛孔明のマーケティングマネジメント!!
販促の役割!
第一 新製品の市場導入を効果的に加速する!
第二 購入者が満足することで周囲の人に推奨させる!
第三 流通業者を刺激し、取り扱い意欲を高める!
第四 競合のシェアを脅かす!
第五 関連製品の販売と連動させることが出来る!

「すべての従業員がマーケティングのスキルを身に付けなければならない」

第十八章 顧客の感情をつかむ兵法
女性と顧客の心理二十一がある!! 女心は顧客と同じか??
えらく多いが…………

一   美人は男を狂わせ、麗しい商品は女性を狂わす!
二   女性と顧客を褒めるときは本人の前で、いなくなると陰口にけなす!
三   手に入れた女性に顧客を大事にしなければ、値打ちが無いと思う!
四   関心を持ってもらうことをだけを気にして、傷つくことは気にならない!
五   結婚は男子が家事をして、女性は男子にさせるために家事をつくる!
六   妻はいつでも正しい! 妻が間違っていたら先の条項を参考にする!
七   女性は男の中の男を選ぶ! 
八   多くの人の中ら一人を選ぶ理由は沢山あるが、一人を憎む理由は一つで充分である!
九   女性の化粧は、男性に取り入って優しくしてもらうためである!
十   愛する女性とはお金以外なら何でも話し合える!
十一  男性は女性のお尻を好み、女性はお尻の財布を好む!
十二  既婚の男性の表情はめまぐるしく変化する?
十三  男性は女性に愛を誓うが、偽物かも知れない?
十四  男性はいつも女性が服を脱ぐところを想像し、女性は身をささげる!
十五  男性の中には常に別の女性を狙っている者もいる!
十六  愛の誓いを信じない女性は、不幸な恋愛経験がある!
十七  やっとの思いで結婚した男性は喜ぶが、女性はそれほどでもない!
十八  女性は家では旦那にケチをつけるが、外ではブランド品の様に褒める!!
十九  男性の運命は、女性の手の中にある!
二十  女性があなたを選んだのを失敗と思わせない!
二十一 女性は男性の愛のささやきにも、嘘にも耳を傾ける!

女性を顧客と置き換える???

4P理論  製品product、価格piice、流通チャンネルplace、販売足趾promotion!
4C理論  顧客ニーズCcustomer needs and wants コストcost 
       利便性convenience コミュニケーションcomnunication
4Pは商品の立場に立っている!
4Cは顧客側の視点に立っている!

顧客の感情を刺激する12のポイント!!
一 情報管理!
二 生活価値の向上! 金余り? ロレックスが売れる!
三 コンプレックスの解消! 美容整形外科?
四 社会的地位! ロレックス?
五 生活の質の向上! 
六 帰属意識!
七 ユニークさ!
八 便利な生活!
九 最高の商品を選ぶこだわり!
十 勝利に快感!  勝利者の証! ロレックス?
十一 愛情の表現!
十二 生活の智慧!
行きつく先はロレックスか???

女性の心理テスト???
急に雨が降り出した時、何色の傘を買うか?? こんな種類を売っていない!!
・赤    炎型   恋愛に憧れ、元気、にぎやか、金使いも荒い!
・オレンジ 太陽型  自分の好きな相手にしか感情を表さない!
・黄    愛嬌型  小柄で可愛らしい!
・緑    自然型  理知的で冷静!
・青    知恵型  思いやりがあり、年上の男性に惹かれる?
・紫    高貴型  金がかかる??
・白    氷雪型  別の色に染められる可能性がある! けがれない心を持っている!
・黒    闇夜型  マザコン的なところがある?
絶対に信用出来ないテストである!! 
著者もこれは出さないほうが良かった?

「顧客を異性にたとえるのは、
   顧客を理解するのにユニークな方法である」

第十九章 像を倒すアリの秘策
会議で後ろに座るような人間で大成した人間はいない!!
最前列に座る!!

4Cの解説がある!!
顧客ニーズCcustomer needs and wants 
 顧客のニーズをはっきり掴めば、顧客の歓心をひける!

コストcost 
 顧客の購買コストを意識する! 金、時間、労力、リスクを含んでいる!

利便性convenience 
 バラを待っている女性に、バラをプレゼントする!

コミュニケーションcomnunication
 「ウイン・ウインの関係を作る」 「熟す前の瓜を無理に取っても旨くない」

女性のテクニック??  ノーの言い方??
一 受け入れがたいのに拒否する!
二 恥ずかしがっている、頑なになっている!
三 注意を促す!  忙しいは本心ではない!
四 わざとだだをこねて甘える!

では顧客は??
一 金が無い
二 値段が高い
三 ちょっと見るだけ
四 鬼っと偽物でしょう??

サービス資質テスト??
① 大いに同調する ②少し同意する ③わからない ④反対する ⑤強く反対する
点は分からない??
一  自分のテクニックのほうが、顧客の満足よりも重要である?
二  性格が良いと思われている?
三  横暴で嫌な顧客もいる?
四  多くの場合、私が正しいと、他の人に知らせなければならない?
五  段取りを踏んで仕事をする?
六  顧客は「舞台の中心人物」である?
七  会社に自分を怒らせる人がいる?
八  嬉しい徳は態度が良くない?
九  訳の分からない叱責を受けた徳、態度が良くない?
十  横暴な顧客を黙らせるのは楽しい?
十一 私の仕事は注目を集めるはずだ?
十二 他人をサポートするのに熱心な人であると顧客に評価されている?
十三 仕事における新しい変化が好きだ?
十四 誰かに会った時は、微笑むことにしている!
十五 顧客がいつも正しいわけではない?
十六 他人の機嫌を取ることを自分に強いることは出来ない?

「消費者に好まれるブランドになることは、
 利益の獲得と企業の急成長をもたらす」

第二十章 主脚転倒の策他人の機嫌を取ることを
代理店が抱える十のリスク?
第一 品質管理?
第二 原材料や製造技術?
第三 商品価値の値下がり?
第四 商品のリコール?
第五 メーカーの供給が追い付かない?
第六 広告費の立替の代金回収?
第七 コピー商品?
第八 資金回収のリスク?
第九 小売店の不振?
第十 メーカーから恩を仇で返される?

OEM、販売方法、合併などの対策があるが………

「マーケッティングはいったんコントロール不能になったら、
 運命は他人の手にゆだねられる」

第二十一章 曹操、荊州奪取を画策する
毛利輝元の言葉がある!!
当家のこと良かれと思うもの、当国にも他国にも一人もいない」
企業合併になる!!これも! 寓話がある!!
ライオンがシマウマを好きになった???
シマウマはライオンに牙と爪を切ってくれと頼んだ!
切ったライオンはシマウマに蹴り殺された??
半分以上の株と、人事権を失えば、牙と爪を無くしたライオンと同じである!!

「合併や提携で、完璧な婚姻は無い!」
一 リストラだけが解決方法ではない?
二 問題を抑え込まないこと?
三 唯一必要なのは、問題解決のテクニックである??

第二十二章 ブランド価値を高める経営
敵の敵は味方???
赤壁の戦いが始まる!!
ブランド認知とブランド価値!!
一 ブランド認知=ブランド価値>0   名と実が備わっている!
二 ブランド認知>ブランド価値>0   名が実を越えている!
三 ブランド認知>ブランド価値=0   名が大きく実が無い!
四 ブランド認知>0 ブランド価値<0  悪名高い!

「穢れた企業風土では、失敗は必然である」
汚れた心をきっぱり改め、改革の決意を持てば、道は開けるかもしれない}

第二十三章 経営とは顧客満足である
またしても寓話である??
猫に誰が鈴を付けるのか??
アイデアを出しても実行しなければならない!!
経営も実行力である!!
孔明が進める!!
組織構造の機能化、作業方式の分業化、管理の制度化、従業員の専門職化………

経営者のプレッシャーがある!
一 プロジェクト管理の実施!
二 忙しさを維持する??
三 まずは行動する!
四 仕事に専念する!
五 生活の中から受けた感動を銘記する?

「机上の空論で終わらせずに、実践あるのみである!!!!」


水煮三国志・成君憶 (著),・呉常春・(翻訳),・泉京鹿 (翻訳)

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

古代史 室町時代 幕末 平安時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ スイス スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア スロベニア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベルギー ポルトガル ポーランド ルクセンブルグ ルーマニア ロシア (バルト3国) 中南米 中国 (モンゴル) 中東 台湾 戦国武将(武将) 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  宮本武蔵_  徳川家康 (徳川関連)  明智光秀 大河ドラマ(麒麟が来る)  明智光秀 本  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 大河ドラマ  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 大河ドラマ  黒田官兵衛 本  黒田官兵衛 紀行 おんな城主 直虎 本 おんな城主直虎 大河ドラマ お勧め アート インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート スポーツ テレビ番組 ドラマ ゲーム・オブ・スローンズ ナルト 中央アジア 事件 仕事の悩み 剣客 単なる女好きのおっちゃん 古代文明 名言格言 国内 旅行 坂の上の雲 山本五十六 政治・政局 旅行・地域 昔話 映画 時事 書籍・雑誌 東南アジア 源平合戦 独り言(よもやま話) 神社・仏閣 科学 紹介、情報 落語 講演 軍事博物館 金融

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ