石田三成

2023年9月17日 (日)

2023年 大河ドラマ どうする家康 第35回 欲望の怪物

Photo_20230917211701

展開は早い!!
・北条攻め!
・関東入府
・朝鮮出兵  これは早く終わる!
・関ヶ原
・大阪の陣
忙しい!! あと3ヶ月である???

秀吉は母親を人質に送る!!
家康はまず秀長宅に宿泊する!!
明日の会見前に突如訪れる??
「人たらし」の本領発揮か??
涙を見せるが家康は言う!
さような芝居は無しにしましょう???

17_20230917211701

Photo_20230917210801

Photo_20230917210802

9_20230917210801

19_20230917210901

20_20230917210901


秀吉はおどける??
家康の家臣もどちらかと言うと、とどまっている??

陣羽織の話になる!
翌日である!
大勢の前で秀吉と会見する!
みんな見ている!!
その前で言う!!
陣羽織を頂戴したい!!
この家康がいる限り、二度と、二度と、二度と殿下に陣羽織は着せないと!
サル芝居か??
この場に井伊直政は来ていない?
何か理由がある??

直政は家康に何かあれば「母親」を焼き殺す手筈である!!
秀吉に後に嫌味を言われるはずである??
【ここらは司馬遼太郎である!】

家康は役目を終え帰る!
「表裏比興の者」???
真田昌幸である!
天正壬午の乱で混乱させる!!
北条攻めの元を作る???

ここで家康は三成とで会う!!
話が合う??
家康の家臣にないタイプだと??
本多正純が似ていると言われている!!

3_20230917210601

4_20230917210701

14_20230917211001

15_20230917211001


家康は帰国前にお市の方の娘のことを聞く!
交換で母親が変えるが帰りたくない??
帰っても狭い場所に閉じ込められるだけだと!!
息子が偉くなりすぎて我が子と思えない???

Photo_20230917210701

16_20230917211101

18_20230917211101


家康は余裕である!!
昔のことは割り切っている!!
岡崎から駿府に帰る!
秀吉は戦なしに家臣を満足させれない??
そう言うが………
朝鮮出兵を予測させている!!
ここの問題の真田昌幸と信幸(信之)が来る!
北条との揉め事がある!!

羽柴秀吉と和議を結んで尾張から撤兵し、北条氏直から和議の条件の履行を迫られる!
昌幸に対し沼田領を北条氏に引き渡すように求めたが、
昌幸は相応の替地が宛がわれない限りは引き渡しに応じないと拒否!
昌幸は家康との手切れを決断し、徳川軍の侵攻に備えて次男の信繁を人質にして上杉景勝に従属する!
要は武田亡き後、北条、徳川、上杉、豊臣と付く相手を変える??

2_20230917210601

1_20230917210601

11_20230917211001


昌幸は徳川を信用出来ないと!!
家康に信幸の妻を求める!
家臣が怒るとそれが見下さいていると!
年頃の娘がいない!
なら重臣の娘を養女にと?
プライドが高い!!

13_20230917211101

Photo_20230917210702 本多忠勝の娘


【家康ツアーズ】
【上田城】

1_20230917211201

Photo_20230917211201


【真田井戸】

Photo_20230917211202


【上田城 千曲川】 今は流れが変わっている!

Photo_20230917211301


【神川】

Photo_20230917211302

【北国街道 柳町】

Photo_20230917211303

1_20230917211301

 

2023年9月 4日 (月)

本・怪しい戦国史 ②(2019/7)・本郷和人

Photo_20230902234001


第5章 信長・信玄たちの古戦場で見えること
第6章 家康の隠れた「遺産」
第7章 三成はなぜ「忖度」できなかったか

 

第5章 信長・信玄たちの古戦場で見えること
司馬遼太郎が書いていた!
秀吉が信玄と謙信の古戦場を見て「田舎大名」と言った??
戦いは勝つように持って行く!
要は、現場の投機者???
現場の指揮は優れているが、戦争は? と言う事みたい!!

◇ 桶狭間の戦いは、藤本正行の奇襲ではないと!!
著者は石高を推定して兵を割り出す
今川45,000?
織田2,000?

・今川 駿河、遠江、三河で70万石!
・織田 尾張 60万石
兵に関しては、石だから見れば、45,000は多過ぎて、
2,000は少な過ぎる!

そもそも今川の目的は?
動員に見合うものが手に入るのか?
著者は、鳴海、大高両城の「語詰め」と言う!
そうなると、信長も命運をかけた戦いではない!
信長は常に敵より多い兵を集中する!
寡兵を持って勝つなど考えていないと!!

◇ おんな城主 岩村城主 おつやの方!
ここでは岩村城の遠山氏!
ここも境目である!
武田と織田である!
一時は同盟を結んでいた?
信長の叔母・おつやの方っを遠山氏に嫁がす!
実質的な女城主である!
ここに秋山虎繁(信友)が、おつやの方を妻にして武田のものにする!
ここを信長は長篠の戦い後、攻める!
5ヶ月の戦闘で陥落すし、二人は処刑される!

◇ 女城主 井伊直虎!
大河ドラマで、城址には行っている!
キレイに整備されている!
次郎法師であるが、本当にいたのか??
この章、興味はない??
が、特にこう言うドラマは信じられない!!

◇ 家康の娘??
築山殿の産んだ子供は、信康と亀姫!
亀姫は家康18歳の時の娘で、三河作手の有力国人、奥平昌信に嫁ぐ!
重要視されている!
長篠城に籠城、勝頼の攻勢を凌ぎ、長篠の戦いで勝頼は負ける!
勝頼15,000で守備側は500!
よくしのいだと!!
この戦い後、家康は称賛し、亀姫を嫁がせる!!
名刀、大般若長光を与える!

著者の妄想??
勝頼は城を落とさず、信長をおびき出した??
信長と決戦しようとした???

直江兼続が落とせなかった最上の長谷堂城!
これも500程度の兵である!
著者は兼続を酷評している!!
違いな何か??

奥平昌信は、家康の関東への移封で、上野甘楽郡で3万石!
【個人的な話 旅行で甘楽郡の高校生と出会い、淡い恋心を抱いた………】

後に岐阜で10万石を貰う!
家康はケチと言うが、身内に甘い!
・長女亀姫 岐阜10万石  優遇されている?
・次女督姫 池田輝政 15万石から52万石!
・三女振姫 蒲生秀行 18万石から60万石!

殉死! 
・伊達政宗  20人
・細川忠利  19人
・徳川家光  11人

奥平忠昌は信昌と亀姫の第一子!
亡くなり36歳の昌能が後継者!
軽率にも家臣に「あれ、おまえ、まだ生きていたのか」
言われた人間は直ぐに腹を切る!
しかしこの時期は、殉死禁止である!
家臣の跡継ぎも断罪される??
どう見ても昌能が悪いのに、軽い罰である??
「神君・家康の血筋」がものを言う!!

◇ 信玄の遺体は???
伊奈の駒場の山中で信玄は、没する!
その遺体は??
・甲冑を着せて諏訪湖に沈める!
・甲斐へそのまま運んだ!
どちらも無理がある!
著者は、火葬し甲斐へ持って帰ったと!

ここで馬場信春が出てくる!
長篠の戦いで、めったに褒めない信長が「その働き、比類なし」と褒めた!
山県正景と並ぶ名将である!
が、馬場信春は資料的には確認出来ない!
重臣であったことは間違いないと!!!

 

第6章 家康の隠れた「遺産」
◇ 信康の遺児! 婚姻による外交政策は効果的!
信長の娘、五徳との間に二人の娘がいる!
・長女 登久姫 小笠原英政
・次女 熊姫  本多平八郎忠勝の長男 忠政
熊姫の産んだ亀姫は、登久姫の長男、忠脩に嫁ぐ!
いとこ結婚である!
婚姻は効果的な外交手段である!

外様には??
・長女 千姫  秀頼
・次女 珠姫  前田利常

が戦いでは勇猛さを求められる!
大阪の陣で戦死!
・小笠原秀政・忠脩親子
・本多忠朝(忠勝の息子)

・小笠原家
 亀姫は忠脩の弟、忠真に嫁ぎ、播磨明石10万石、
 後に豊前国へ5万石へ
 忠脩の遺児は、播磨龍野5万石、後に豊前中津8万石へ
・本多家
 忠勝の嫡子・忠政は播磨姫路15万石
 忠政の嫡男・忠刻は化粧料10万石で千姫が嫁ぐ
 次男・政朝は上総大喜多5万石を継ぐ

両家とも栄達する!
本多平八郎忠勝は、侍は首を獲らずとも、
主君と共に死ぬことだと!

◇ 苦労人こそ良き改革者に
鎌倉時代の御嵯峨上皇!
皇位に付く可能性が無かったが、政争で天皇になる?
朝廷の刷新に乗り出す!
要は、冷や飯食いだから政治の欠陥が良く見えた?

著者は、苦労が家康を育てたと!
忠節無比の三河武士??
単に頑固者の集まりか?? 大久保彦左衛門??
駿府の都会育ちの家康は、統制に苦労した!
堪えて耐え忍ぶ!
信長との攻守同盟を守る!
律義者の仮面をかぶり続ける!
若き日の家康は、「藤原家康」と署名している!
歴史を学び、征夷大将軍になるには源氏だと!
新田の子孫と称する………

本郷和人は、学界のつまはじきだそうだ??
最近は「織田信長は特別ではない」
そう言う意見が多い??
では偶然だけで天下を取ったのか??
浪人が武田家に仕官を求める!
織田家は人使いが荒い!
武田家は慈悲深い??
徳川家もそうなのか??
そうでもない! 皆人には能力を求める!
直接的か、オブラートに包むかの違いか?

家康は古代、中世の書物を集めている!
これを後世に遺した!!
「吾妻鏡」もである!
これを家康は全国に人を派遣し、時間と金をかけて復元した!
こう言う話は伝わらず、北条氏が黒田官兵衛に渡し、長間が幕府に献上した?
のではなさそうである!!
上野の東照宮には3人の祭神を祀っている??
これは、家康、天海と戦国時代を生き抜いた武将だと!!

◇ 藤堂高虎 阿諛追従??
誰かと言うと、藤堂高虎である!
墓は上野動物園にある??
上野の名前も高虎に関係している!
経歴は???
・浅井長政
・阿閉貞征
・磯野員昌
・織田信澄
・豊臣秀長
秀長が亡くなり、秀吉に重要視される!
・伊予板島7万石
秀吉亡き後は、家康に近づく!!
・伊予今治20万石
・伊賀、伊勢で22万石
・最終的には32万石!
徳川の先鋒は、譜代の井伊と、外様の藤堂を当てる!
それほど信頼されている!!

個人的であるが、藤堂高虎は好きではない!
嫌いである!
「司馬遼太郎」の影響が大きい!!
「胸毛の侍大将」がよく分かる!
知っている話!
・鳥羽伏見の戦いで裏切る!
 これを司馬遼太郎は、藩祖高虎の体臭が染みついていると!
 東照宮攻撃は出来ない! 藩祖高虎が蒙った恩がある??
・築城の名手である!! 加藤清正もいる!!
・家康が死ぬとき、あの世でもお仕えします???
 家康が宗派が違うので無理と言うと、即座に改宗した??

天下の三勘兵衛!!
・増田長盛  渡辺勘兵衛
・石田三成  杉江勘兵衛
・田中吉政  辻勘兵衛

勘兵衛の経歴は? 近江人が多い!
・阿閉貞征 高虎と一緒か
・羽柴秀勝
・中村一氏
・増田長盛

この増田長盛の家臣、渡辺勘兵衛了である!
関ヶ原で負けて大和郡山城を引き渡す!
受け取りは藤堂高虎である!
「主君からの命なくしては開城できない」
この時、城下に出没した野盗を退治する!
終日不機嫌で「これが俺の関ヶ原だ」
男として関ヶ原に出陣出来ずに、野党退治???

結局この藤堂高虎に仕える!
が、重臣たちと仲違いする………
大坂の陣で、活躍する!
が、高虎と対立し浪人する!!
仕官を求めるが「奉公構」になる!!
後藤又兵衛と同じか??
再仕官は高虎が徹底的に邪魔する!!
最終的に蒲生家か生駒家なら構わないと!!
どちらも高虎の娘が嫁いでいる!
つまりどちらも高虎が後見している家である!
どちらも後に取り潰されているが………

藤堂高虎の言葉???
『武士たるもの七度主君を変えねば武士とは言えぬ』
ブラックユーモアか??
戦国時代と江戸時代は違う!!
「君、君たらずとも、臣、臣たれ」
「忠臣は二君に仕えず」

三成は500石の時に、杉江勘兵衛を500石でスカウトする?
100万石になったら10万石にする?
三成は勘兵衛の居候である!
後に出世し加増しようとしたが、500石で仕える!
島左近もそうなのか??

 

第7章 三成はなぜ「忖度」できなかったか
◇ 長崎とかんのう??
「落語 らくだ」
ざこばに南光が面白い!!
これに、かんかんのう???
中国から入ってきた??

この章、よく分からない………
著者の趣味か??

◇ 土方歳三の刀!
和泉守兼定!
脇差は、堀川国広!
この刀は間違いがある?
と言うより、こじつけか?
大和守秀国!

会津藩士 秋月登之助!
土方歳三の剣がどうなったか??
献上したのか?

秋月登之助の本名は江上!
竜造寺隆信!
江上氏は竜造寺の軍門に降る!
竜造寺は島津に敗れて没落!
鍋島直茂が勢力を伸ばす!
が江戸時代に竜造寺が国主と、幕府に訴え出る!
どうにもならずに竜造寺を会津の保科正之に預ける!
その時、江上家も会津に仕えた!
秋月である!
秋月登之助は会津戦争で戦死する?
生き延びたとも………

◇ 「花押」は有効か??

Photo_20230902234601


こんなもの良く書けるなと!
遺言には花押は有効か??
最高裁で有効でないと!
しかし、本人の意思がそうならば仕方がない!
ましてや花押は有効だと書いた本人が信じていたならそうであるべきだと1
貰えない遺族が逆だったらどうするのか??
無効と言わずに、有効になる??
安倍総理も花押を持っていると!!

Photo_20230902234602

判決で、重要な文書は署名、押印して完結させる伝統がわが国にはある」
著者の解説!
戦国時代はそうでなかったと、実例を挙げる!!
花押の性格を知ることが重要だと!!

◇ 武将なの妻は?? たくましい!!
・貝原益軒は女性を不当に見ていなかった??
そんなことは無い!
封建的、隷属的道徳を女性に強要している??

・細川家!
忠興の息子・忠隆は前田家から、千世を貰っているが、
ガラシャと共にすべきだが逃げたので離縁される!
未練たらしいので、廃嫡される!
千世は前田家の重臣と再婚する!
たしかに、そりゃないよですよね!!
忠隆は後添えを貰い、子供は細川家に仕える!
護熙はガラシャの血が一滴も入っていない!

女は子供を産む! 父親は誰か??
ましてや淫乱な女は疑われる!
私を信じられないの??
・春秋時代  夏姫 魔性の女か?? 
「宮城谷昌光 夏姫春秋」面白い!

・日本の天皇家もそう言う話かある!

・応仁の乱 畠山持国
高級遊女との間に息子がいるが認知せずに青年になって認知する!
この遊女、ほかにも子供がいる!!

・阿波の小少将 魔性の女か??
日本版 夏姫??
読んでいると嫌になる!!

◇ 三成である!
「映画 関ヶ原」
三成が落としたものを家康が拾い渡そうとしたがそっぽを向いた!
これを島左近に咎められる!
「へいくわい者」

司馬遼太郎が描いているが、
利害よりこうあるべきだと言う観念が先走る!
だから毛利にしても、その領土が恩賞になるので、潰されると!
実際その通りだが、人間、「見たいものしか見ない 聴きたいことしか聴かない」

著者は、朝鮮からの引き上げの加藤清正らに「お疲れさん」と言えなかったのか?
忖度できなかったのか??
また脳学者である!! 全然信用していないが………
共著があるが読む気にならない!!
NHK好みである???
アスペルガーだった??? そんなものを理由にしないで欲しい!!
身近なもの同士のつきあいが困難、興味が限定的、
そして日常の行動がパターン化しやすい??

三成に関しては、やはり司馬遼太郎である! 小説関ヶ原から………
・浅野幸長  三成がいなくなってから、世の不正を不正と思わなくなった!
・黒田官兵衛が最後に言う! あの男は成功した!
 秀吉亡き後、三成のような寵臣まで家康に走ったとなれば、
 世の秩序はいかなるものか?
著者は、そうならないために、忖度せよと??
言う意味は分かる!!

三成に似たものは??
梶原景時??
そうかな??

◇ 信長は普通の戦国大名か??
堺屋太一が紹介していた話!
日本にないもの?? ヨーロッパ中国である!!
・本格的な籠城
・計画的な皆殺し
・長期にわたるゲリラ戦

例外があり、全てに織田信長が絡んでいると!!
著者も同じことを書いている!
・比叡山焼討ち 手続きを順守している!
・伊勢長嶋で2万人、越前で1万2千人、門徒を殺している!
ついでに言うと高野山も焼討ちの予定に入っていた?
本能寺の変で逃れた………
こうなると、高野山黒幕説は???

脳学者はサイコパスだったと??
もう共著を読むのは止めよう!!

普通の戦国大名がなぜ天下を取れた??
運だけで天下を掴んだ???
そんなことは無い!!
著者が言うように、信長だから天下を取れた!
そう言う、努力、苦労をしていると!!

歴史上の人物の感情や志向を立証するのは困難だと!!

 


怪しい戦国史 ②・本郷和人

 

 

2023年5月11日 (木)

本・徳川家康という人(2022/10)・本郷和人

Photo_20230509210101

徳川家康とはどんな人物か? 
乱世を生き抜き、最後の最後に一人勝ちした徳川家康?
いったいどんな人物だったのか?
その生きざま、家臣団、軍事、政治・経済、外交、文化への関心……
重要ポイントを徹底解説。頼朝、信長、秀吉とは
まったく異なるリーダー像が浮かび上がる!

東京大学史料編纂所教授が天下人の実像をいきいきと描く!
信長にも秀吉にもなれなかった男のサバイバル術!
「日本史上最強の凡人」は、なぜ強かったのか―?

 

前提は家康が普通の人だった?
軍人、変人、凡人の凡人になる!!
著者お得意の通説への疑問である?
三河武士団? 果たして精強か???
「御家の犬???」
ページ数も知れているので簡潔にまとめてある!!
内容は下記の通りである!! 

 

はじめに
第一章 家康の生きざま よく耐えたよ、家康
第二章 家康の家臣団 精強にして忠実な三河武士?
第三章 家康の軍事 キラリと光るものは、ない
第四章 家康の政治・経済 なぜ、江戸?
第五章 家康の外交 秀吉の尻ぬぐい?
第六章 人間・家康
おわりに

 


はじめに
「三所大権現」

Photo_20230509210102


真中が家康!
右が天海僧正
左がマタラ神?
が実際はマタラ神ではなく、藤堂高虎だと!
戦国武将!
高虎は、「七たび主家をかえねば一人前の武士とはいえぬ」
といわれた戦国末期の典型的な武士???
高虎は好きではない!! 嫌いである!
司馬遼太郎の影響が大きいが………
・浅井長政
・阿閉貞征
・磯野員昌
・織田信澄
・羽柴秀長
・豊臣秀保
・豊臣秀吉
ここで家康に近づく!
司馬遼太郎でさえ、築城家として評価している!!
その嫌いな理由は多くあるが、家康は信頼した??
もっとも豊臣の武断派とは仲が悪い?

神坂次郎が紹介しているが「生涯自慢話をしなかった」
家康に来生までまで御奉公しますと言ったが、
宗旨がちがうので無理だと言われる!
すぐに日蓮宗から天台宗に改宗したと言う!
徳川の先鋒を、譜代の井伊と外様の藤堂とする!
幕末鳥羽伏見の戦いで見事に裏切る!
藩祖高虎以来の藩訓。『勝馬に乗れ』

徳川の先鋒を、譜代の井伊と外様の藤堂とすると?
井伊も譜代ではない?
藤堂も外様である!
ここから著者の脳細胞が活発化する!
はたして三河武士団は「後家の犬」なのか???

 

第一章 家康の生きざま よく耐えたよ、家康
最後に笑ったのは「家康」
普通の人間が努力した??
「努力の凡才」

家康の遺訓!! もっとも本人が言ったのではないようだが………
人の一生は重荷を負て遠き道をゆくか如し いそくへからず
不自由を常と思へばふそく無し
こころに望み起こらば困窮したる時を思ひ出すヘし
堪忍ハ無事長久の基
いかりハ敵と思ヘ
勝事はかり知りて負くる事志らされハ害
其身にいたるお乃れを責て人をせむるな
及ばざるハ過ぎたるよりまされり

あまりにも美化されている!!
家康は新田源氏の末とは言え(?)落ちぶれている!
今川での立場は? 人質ではあるが………
それほど重要視されていない??

桶狭間の合戦! 義元の目的は?
鳴海城確保だと?
元康の仕事は大高城に兵糧を入れることである!
岡部元信が重要視されている!
どちらも「元」の字を貰っている!
が家康の方が軽い???

築山殿は今川の重臣、関口親永の娘である!
元康が今川から離れても殺されなかった?
ここで鵜殿長時を攻め、人質に取る!
築山殿と子供が釣り合う?
後に家康の家臣になる??
が大名にはなっていない!
とすれば家康の立場も同じようなものなのか???
三河平定である!

藤原家康??
かなりいい加減である?

信長と同盟を結ぶ!
家康は律儀にこれを守る!
同盟なんか破るのが当たり前の時代である!
これが家康の信用になる!
対武田の最前線である!
この同盟は信長ファーストである!
の具長に振り回される!
が、これが信用になる!

・三方ヶ原の合戦で援軍は3,000人!
・信康を自害に追い込む?
これもよく分からない??
だから岡崎と浜松の対立で、家康が信康を殺したと?
信康と家康の仲は??
著者は悪くなかったと??
武田と信康の内通は事実のようだ?
著者は信長に無理を言われた!!

築山殿と家康の関係は???
どうも良くない???
子供は2人!
家康は子供が出来やすい体質?
この時期は生まれていない!
避けあっている!!
家康は信康に任せたと!!
後の関ヶ原で「せがれが居たら苦労しなくても良かったのに」
と言った?? 【この出典は?】
秀忠でなく、信康だと!!!
家康は信長の命令に耐えたと!!

次の我慢は秀吉である!!
妹を貰い、関東に国替えになる!
よく我慢したなと!
耐えて耐え抜いたと!!

「人の一生は重荷を負て遠き道をゆくか如し いそくへからず」
関ヶ原の合戦後15年かけて大阪の陣になり死ぬ!!
【司馬遼太郎 城塞 最後に急ぎ過ぎたと!!】

 

第二章 家康の家臣団 精強にして忠実な三河武士?
「三河武士団」
・精強無比
・忠実で我慢強い
・戦いに強かった
結果から導かれたプロパガンダだと!!
【では尾張の弱兵を率いた信長は??】

松平家家臣団!
・安城譜代
・岡崎譜代
・駿府譜代
後付だと!!

元康は、桶狭間後、岡崎城に入っていない!
今川が出て、空城になったから??
そう理解していたが、違った??
同じ三河の国人から攻められることを恐れた??
夢が無くなる?

家康のアイデンティティは人質時代の駿府にある?
岡崎に帰っていない?
浜松、駿府で暮らしている!

三河一向一揆でも裏切られた!
本多正信も裏切り、出奔した!
裏切った家臣を復帰させる?
復帰させなければ兵が足りないと!

徳川四天王! 家康が見いだしたと!
・酒井忠次  4万石
・本多忠勝  桑名10万石
・榊原康政  館林10万石
・井伊直政  箕輪12万石
二老、三傑という呼び方もある!
昔からの家臣で貰えたのではなく、軍事、行政能力があったからだと!
能力を見るのでは、信長、秀吉、信玄と同じだと!

信康切腹事件!
信長の娘が12ヵ条の悪口を告げ口する!
これを弁明に行った酒井忠次が認めた?
かばわなかったと!!
どうも家康は我慢した??

「司馬遼太郎 覇王の家」 好きな作品である!!
これを褒める!!
家康は我慢した、しなければならなかった!!
三河武士団と家康は緊張関係にあったと!
関ヶ原後も、4万石のままであると!
が、秀忠の時代に加増される!
井伊VS酒井??

石川数正出奔!
秀吉の引き抜きである!! 成功例である?
他は??
・伊集院忠棟
失敗が多い!
・直江兼続
・鬼庭良直

家康は堅実である!
秀吉は、3千石~20万石へ抜擢する!
家康はそんなことはない!
少しずつ上げていく! 能力を見ている!
譜代だからと言って優遇はされないと!!
精強無比で忠実な三河武士団がいた???

昔から唱えられている定説はそれなりの根拠がある!
自分が目立ち殻と言って、新しい定説をひっくり返しても、
全体的なバランスを見ると昔のままでよいと!!
【これが真実だ?? アホらしい??】
【本能寺の変 子孫が書くこれが真実だ? 時間を無駄にしたが………】

 

第三章 家康の軍事 キラリと光るものは、ない
著者の持論!!
「戦いは数」
太平洋戦争前、山本五十六と小澤治三郎の会話!
空母からの攻撃力を「やはり数だと」

数は絶対ではないが、大いに越したことはない!
日本は軍師が好きだ?
「籌を帷幄の中に運らし、勝ちを千里の外に決す」

劣勢の側が勝ったのは?
・桶狭間の合戦
・河越夜戦  北条氏康
・有田中井出の戦い  毛利元就
・厳島の戦い     毛利元就

家康は実利を重んじる!!
・剣を学ぶ 奥山休賀斎
・鷹狩
・馬術   逃げるため
・水練   
平凡が最後の勝利者にした!!
【水練はどんな服装でしたのか?】
【後鳥羽上皇も得意だが………】

武田戦は信長主導である!
信玄は強い!
家康は捨て石??  時間稼ぎである!
信玄と今川領を分割する!

が信玄の西上作戦である!
自分の命の残りを感じている!
この時の信玄の目的は?
3万の兵を動員する!
根こそぎか?
信玄は敵が多いが、手は打ってある!
家康の兵は8千と言う!!
織田の援軍は3千?
家康は浜松城籠城である!
が信玄が素通りで浜松城を無視?
これに怒った家康が決戦を挑む!
信玄は西上しても浜松の1万1千の兵はほっておけない!
家康を城から出すために、素道りした!!
結局負ける!
これが家康の勲章になった??
結局信玄は死ぬ!
著者の分析は、信玄の目的は、家康の首と家康領である???
家康はラッキーだった???

長篠の戦いは勝頼が逆に野外決戦を挑む!
長篠城を落とし、吉田城を奪う!
これは信長の作戦勝ちか??
戦いの様相は、鉄炮が勝負を決めた??
説が多過ぎる???
ここでは酒井忠次が活躍する!!

信康自害!!
岡崎と浜松の対立!
著者は子供を言う!
子供は多い方が良い!
攻略に使える!
しかし信長も子供が多いが、まともなものは少ない!
家康は有効に使っている!
信康の後、子供は間がある!
家康は子供が出来やすい??
この時期精力が余っている!
もっと出来ても良いが、遠慮したのか??
信康に任せたのか??

結城秀康、土居利勝は家康の子供?
信康に不満があるなら、この二人をもっと大切にしていた?

武田との戦いは、高天神城へ移る!!
家康は反転攻勢に出て、武田の城を落とす!
高天神城は、岡部元信が守る!
信長が降伏を許さず、勝頼を追い詰める!
助けに来ても負け、ほっておいたら信を失う! 
結局見捨てて、裏切が続出する!

信玄は武田滅亡後、武田を手に入れる!
井伊の赤備えである!
精鋭と言う!!
家康は、武田には手を差し伸べている!!

家康は、小牧・長久手の戦いでポイントを挙げる!!
嫌味か?? 経験値の蓄積は大きいと!!
「KKD」である!!!
著者は家康唯一の成果ある戦争だと!
秀吉の戦争は足だと!
秀吉は中入れに失敗するが、外交で取り戻す!
信雄を降伏させる??
家康は「平凡」だと!!

面白い話がある??
日本人の歩き方は、明治維新までは手と足が揃っていた?
が、以降現在のように手と足が逆になった???

 

第四章 家康の政治・経済 なぜ、江戸?
家康は文書行政をやっていない!
鎌倉幕府は土地所有をめぐり、証拠の文書で争う!
頼朝と違い、朝廷から文官を必要としなかった!
時代の差とも言う!

秀吉は譜代がいないので、実力で判断する!
武功だけではなく、行政能力を見る!
加藤清正は3千石~20万石!
小西行長にも肥後半国20万石を与える!
抜擢人事である!
加藤清正も、デスクワーク能力を評価される!
石田三成、増田長盛、長束正家らがそうなる?

家康は抜擢などしない!
吝嗇と言われているが、コツコツ少しづつ与える!
井伊直政は例外的に多く与えられた??

関ヶ原後の処分!
毛利をどうする?
吉川広家が内通し、毛利は戦わないと!
毛利輝元をバカ大将と書状に書く?
黒田長政が仲介し、本多忠勝、井伊直政と打合せする!

毛利が大阪城に籠れば厄介である!
城から去らせる!
結局騙される?
毛利は本領安堵と思っている??
【司馬遼太郎 関ヶ原 三成が言う! 毛利を潰さねば恩賞の土地が無い】

この交渉は、本多忠勝、井伊直政が行う!
そう言う力が、能力があったと!
徳川四天王は誰が言った?
どうも新井白石だと!
と言うことは、現役の頃はそう言われていない??
特に偉いわけではないようだ?

徳川の上級武将は政治などやらない!
が、値打ちは「武勲の家」の下に「執事の家」となる!
なので政治に参画する家は、たいして貰っていない?
1万~2万石?
井伊家は別格か???
小藩は自領の政治は難しくない!
暇だ???
大身であれば、自領をしっかり納めなければならない!
そう言うこともある???

「付け家老」
徳川御三家の家老である!
【南条範夫の短編にある】
・紀伊 安藤直次
・尾張 成瀬正成
家康ははじめ別の担当者を充てようとした!
が直臣から陪臣などまっぴらだと!
二人とも受けたようだ!
優遇されたようだが………
この当時、政治は難しくなかった???

通貨の導入!
BANKは「金行」ではなく「銀行」になった!
江戸は金、大阪は銀本位!
経済では関西が上である!!
家康は「金座・銀座」で貨幣を造り統一するが、なかなかできない!

税は米で払う!
秀吉の頃は銭でもよかったが、ある意味公平に納めさせた?

家康はなぜ江戸に幕府を開いたのか?
伏見幕府でもよかった??
が著者は、東日本を開発しようとしたから?
実際に開発されたようである!!

 

第五章 家康の外交 秀吉の尻ぬぐい?
鎌倉幕府の初期は、政敵は叩き潰す!
秀吉はなぜ家康を叩き潰さなかったのか?
よく分からない??

「律義者」???
「司馬遼太郎 関ヶ原 嶋左近が言う」
本当の律義者は魅力が無い!
内に秘めた野心を隠し、律義者として振舞う!
家康である!
秀吉亡き後、豹変する!!
・前田家を屈服させる!
・石田三成も殺さない
・上杉討伐!
【司馬遼太郎 関ヶ原】
上杉は前田と違い屈服しない??
と言う世間の期待があり、景勝、兼続はそれを知っている???

関ヶ原で勝利するが、戦後処理は的確か??
・島津はほっておく!
・毛利、上杉は大幅に減封されるが、家は残る!
抵抗され長引けば政権が危い?
潰された勢力も多い!!
外様は西に配置する!
黒田、細川、加藤清正、加藤嘉明………
西からの攻撃の対策がある!
が、藤堂高虎のように伊賀、伊勢で重用される外様もいる!
要は、ここが防衛ライン??
・彦根 井伊
・紀伊 浅野 徳川御三家
・尾張 徳川御三家
・伊勢 藤堂

豊臣家は助かる道はあったのか?
あったようだ??
秀吉は織田家を小さくとも残した??
そう思うと残る可能性はあったのでは?
プライドを捨てて徳川の一家臣として生き残ることも可能だった?

が家康が何処かで滅ぼすと決める!
こじつけである!
「方広寺鐘銘事件」
言いがかりである!
大坂に陣は、勝つべくして勝った!!
「関ヶ原」もそうだった???

朝鮮出兵の後始末!
何のための出兵か?
【堺屋太一 成長戦略のため、土地を求めた?】
家康は停戦で幕引きを図った?

鎖国?
家康は貿易にも熱心だった!
節度を持って付き合うが、拡大解釈された!
「生類憐みの令」も拡大解釈されたと!!!

著者の家康の評価?
石橋をたたいても渡らないかも………
里見家の処遇がある!
結構勢力がある! 大喜多に抑えで本多忠勝を置く!
本多正信と大久保忠隣
大久保は負けるが、家康は大久保の縁者の里見を潰す!
関東で不遜な行動を起こされても困る!
危険予知か??
地道さ、堅実さが通常営業か!!

 

第六章 人間・家康
家康の人物は???
・天守閣は白! 安上がり!!
・お茶も、のめり込まない!
・文化的感性は無い?
・土木工事好き 川の流れを変える?
・鷹狩好き  戦術、人の動かし方を勉強する!
・健康志向  薬オタク
・我慢強い!

女性に対しては??
・熟女好き?
・子供を生むのを重要視する
・が年齢が経つとロリコン親父になる?
・築山殿との関係は、ラブラブではなかった!

一向宗とキリスト教に対する対策は??
スペインなどが植民地にしようとした?
これは成り立たない??
日本の方が人口が多い?
秀吉は自分より偉い存在が許せなかった??
家康はそれほど感じていない!!

一向宗に対しては、三河一向一揆で恨みがある??
そこは押し込み、大量虐殺などやっていない!!
ただ本願寺を東西に分けた?
賢いやり方だと!!

池田輝政? 妻のおかげで出世した!!
オヤジは小牧・長久手で戦死している!
兄もである!!
娘婿である!!
15万石から播磨姫路に52万石、因幡など一族で92万石与えられる!
西の抑えでもあるが、優遇される?

同じ様な例は会津にある!
蒲生氏郷が無くなり、息子秀行が減封になり、移転!
関ヶ原ご会津62万石に戻る!!
娘婿である!!

宇都宮には奥平家昌を入れる!
外孫代表??
武将にはケチだが、身内に甘い!!

家康は勉強している??
「吾妻鏡」は愛読書である!!
関ヶ原で秀秋と裏切った4人の武将!
大谷吉継に襲いかかった!
この処遇がある!

・脇坂安治  現状維持
・朽木元網  大幅減
・小川祐忠  取り潰す
・赤座直保  取り潰す

「蒙求」 漢文の初歩の初歩!
この中に劉邦の話がある!
項羽に勝つが、欲の皮の突っ張った味方は恩賞のことを考える!
不穏な空気の中で張良に相談する!
一番の功臣を殺し、殺したい人間に大きな褒美を与える??
功臣と言っても項羽を裏切っている? 忠臣ではない?
それで4人組の処置である!! メチャメチャ正解ではないか」??
【隗より始めよか?】
【梶原景時は裏切って頼朝を助けた………】

「厭離穢土 欣求浄土」
家康は天台宗!
この際と思って調べてみた!!
穢れた世の中・国土を嫌(厭)って離れ、
浄土に生まれることを心から喜(欣)んで求める!
平安時代の天台宗の僧侶・源信が985年に書いた「往生要集」には
「厭離穢土」「欣求浄土」のタイトルが付いた章がある!
法然(浄土宗)や親鸞(浄土真宗)も往生要集を参考にしながら自分の教えを広め、
「厭離穢土 欣求浄土」は浄土宗や浄土真宗でも大切な言葉になる!

徳川家康は当時の世の中は人々が私利私欲で争う醜い時代と考え
「争いに満ちた穢れた世の中を嫌い、平和な浄土を求めるなら、仏の加護を得てそれが達成できる」と!

浄土信仰では殺生をしても浄土に行ける!
人間の考えた善悪は関係なく、阿弥陀如来はすべての者を救ってくれるので
阿弥陀如来さえ信じていれば極楽浄土に行けると!
実際には念仏してもすぐには浄土には行けないが、信じて念仏するだけで浄土に行ける??
浄土信仰は戦国の武士にも広まる!

ちょっとよく言い過ぎ?
「天下人になり、みんなを浄土へ導く」
曳馬を縁起が悪いと「浜松」と変える!
「馬を退却させて、戦いに負ける」

厭離穢土 穢土、江戸??
穢れた土地??
家康は名前を変えていない!

「悪人生機説」
阿弥陀仏は悪人こそ救う仏だ!!
江戸 穢土から浄土を目指す!!
しかし自分の宗教心は複雑である??

 

おわりに
独創性や才能では信長、秀吉には劣る??
信長がいなければ秀吉も無く、家康は??
が忍耐と努力で【偶然のか】天下を取った??
著者の家康像は「にげろ家康」「どうする家康」に近い???

 


徳川家康という人・本郷和人

 

2023年5月10日 (水)

本・誤解だらけの徳川家康 ②(2022/7)・渡邉大門

Photo_20230509204001


第十二章 石田三成と直江兼続の事前盟約説は本当か
第十三章 家康は三成の挙兵はどこまで予測していたのか
第十四章 秀忠の関ヶ原遅参は本当に大失態か
第十五章 関ヶ原合戦はなぜ虚説にに満ちているのか
第十六章 説合戦で家康の覇権は確立したのか
第十七章 家康はいつ秀頼を越えたのか
第十八章 秀頼との対立は何が決定的だったのか
第十九章 家康は真田氏を恐れていたのか
第二十章 大阪の陣で家康は死んだのか
終  章 家康は神になろうとしたのか
おわりに
主要参考文献

 


第十二章 石田三成と直江兼続の事前盟約説は本当か
関が原になる!
・慶長四年 1599年 前田利家病没
重しが取れて七将が三成を襲撃する!
窮地になり三成は伏見の家康の屋敷に逃げ込む!
この真相は?

まず七将である!
「司馬遼太郎 関ヶ原」
・加藤清正
・福島正則
・浅野幸長
・黒田長政
・細川忠興
ここまでは変わらい!
・加藤嘉明
・池田輝政
そう思い込んでいた!
みな後で優遇されている!
が以下は後に取り潰しである!!
・加藤清正
・福島正則
・加藤嘉明

そう信じていたが………
が違うみたい??
・藤堂高虎
・蜂須賀家政
読んだことがある本では、脇坂安治と言うのもあった!
しかし藤堂高虎とは??
派閥が形成される!
・輝元・四奉行
・利家・忠興・秀家
・家康 高虎・正則・輝政・金森長近・黒田如水・長政

で三成が家康に助けを求めたのは虚構だと!
逃げ込んだのは家康のところではない!
ただし家康が仲裁は行った!
三成殺害の意思は無く、訴訟で切腹に追い込みたい!
が佐和山蟄居で落ち着く!
輝元は家康の下に位置することになる!!
三成は負けた!!
【映画 関ヶ原では家康屋敷での三成と正信のやりとりが面白い!】

・三奉行 前田玄以、増田長盛、長束正家
・吏僚層 寺沢正成、小西行長、大谷吉継
家康に与する!!
家康は伏見城に入城!
三成とも関係は普通??
まだ利用価値があると??
家中騒動に介入する!
宇喜多家、島津家である!

まず前田利長排除である!
これもやらせみたいであるが、家康の暗殺計画である!
これにより前田家を攻撃する!
が前田家は屈する!
母・芳春院を江戸に人質に出す!!
この時、細川忠興も疑わわれる!

次は上杉である!!
【司馬遼太郎 関ヶ原 漢見たきゃ会津においで】
【家風から言って家康に簡単になびかない】
【景勝・兼続は世間の期待を知っている】
こんな話は出て来ないが…………

対立の経緯は??
・新城を、神指に築城する! かなりの人夫が集まる!
・戦いの準備と疑われる
・藤田信吉が出奔し、家康に「景勝謀反の言あり」
・信吉の出奔は?? 手土産もいる???
➀ 会津移風後、辺境に追いやられた
② 兼続の独裁体制の不満
③ 友好関係にあった国人らが従属させられた

家康は喜んだであろう!
上杉は越後から会津へ移封である!
会津は蒲生である!
会津の年貢米を持ち去った………
【この話を書いていないのはそう言う事実は無かった?】
要は会津に米がないので越後の米を持ち去った??
そうなれば越後に入った堀はどうする??
ここで堀は上杉を恨む!!
上杉に不穏な動きありと報告する!
➀ 名のある浪人を抱えている! 
【前田慶次、山上道牛、車丹波、斎道二、岡左内、小幡将監波】
② 神指城を人夫8万人を動員して築城する 【これは許可を取っていたようだが】
③ 道や橋を整備した
➃ 馬、弓矢、鉄砲を用意している
景勝が釈明のための上洛を拒否したので、
会津征伐になる!!
前田利長にも兵を動員している!
この場合は降伏する時間を与えていると??
上杉景勝にも兵を動員し講和する時間を与えた?? 屈服する時間か???
【がこの主従は期待を裏切らない】

直江状!!
真偽が色々言われている??
調べるのも、当時の文体など確認していると!
写ししか残っていなくて、偽書と言う可能性が高い??
ただ当時の上杉の気持ちは書かれているようなものだったのでないか?

三成と兼続の事前盟約説は??
三成の兼続宛の書状があり、事前盟約説の根拠であるが、
偽書の可能性が高い!!

以下の意見は正解と思う!
責任を兼続に押し付けた??
上杉は景勝ではなく、兼続が戦いを主導したと!
幸いにも直江家は断絶している!!
責任を押し付けやすいと!!

【堺屋太一が書いているが、義を旗頭の上杉は引けなかった!】
【謙信ならば……… 景勝は家康に屈服するわけにはいかなかったと!】

三成と兼続の連絡ルートは??
三成は景勝と直接の交渉ルートを持たず、真田昌幸を介して連絡を取っていた?
もし、家康を挟み撃ちにしようとするなら、間に人を介するようでは心もとない?
情報は早いにこしたことは無い!!
【黒田官兵衛は早船で連絡網を作っていた?】

三成の挙兵後、景勝・兼続と三成が協力し、家康を討伐すべく積極的に軍事行動をした形跡が見られない?
つまり、景勝・兼続と三成の事前盟約説というのは、
史料的に十分な裏付けがないうえに、現実的にも不可能だった………

【事前盟約があるなら、家康小山着陣時に夜襲をかけるべきである!!】
【もう一つ、家康小山から撤退時、徳川を追撃すべきだった!!】
【だいたい三成と兼続?? 三成と景勝でなければならないのでは?】


第十三章 家康は三成の挙兵はどこまで予測していたのか
三成失脚後、挙兵に至る!!
・増田長盛が家康家臣に連絡する! 大谷吉継が病気、三成挙兵!
・毛利家家臣が榊原康政に書状  安国寺恵瓊が出陣、三成、吉継と不穏な動きあり!
・吉川広家の榊原康政への書状  輝元は関わっていない
ざるみたいなものである!!

・慶長五年 1600年 家康会津攻め!
三成は挙兵準備で、7月17日 「内府ちかひの条々」 宣戦布告である!
13条からなる!
が重要なものは3条!
➀ 五奉行の三成、浅野長政を蟄居に追い込む
② 前田利長を追い込み、上杉景勝を討ち果たすために人質を取った!
③ 景勝に落ち度がないのに討ち果たそうとしている
挙兵の理由には物足りない??

諸大名は迷う!!
真田、生駒は親子が分かれる!
輝元の挙兵が広がる!!
・7月23日 家康が挙兵を知る!
その対応が、小山評定だと!!
・正則が口火を切る!! 妻子を投げうってでも家康に与する!
・山内一豊が遠州掛川城と人質を出すと!
これらは美談とされるが………

著者の結論は大それたものでは無いと!
だいたいそれほどの人数を集めれるのかと?
場所も問題である!

著者は連れて行った大名を問題にする!
徳川寄りで家康の意見に賛同する??
あれだけ書状を送りまくっている?
会議でなくても動きは読めたと??
城、人質も家康が求めた??
去就自由と、悠長なことを言えるのか???
結果として美談に仕上げられた………
【夢が無くなる??】

小早川秀秋である!!
結論から言うと東軍だったようだ?? それも最初から………
➀ 上杉景勝反乱時、家康に忠誠を誓う
② 家康の許可を得て、兄の居城、姫路城を譲り受けようとしたが、拒否される
③ 家臣の稲葉正成・平岡頼勝は家康に密事を報告した
➃ その密事は、三成謀反、秀秋に現状に播磨一国、近江に10万石を与える!
⑤ 正成の養子が家康に近習する
⑥ 伏見城へ入城しようとしたが、鳥居元忠に断られる!
➆ 正成は西軍の情報を黒田長政に報告している
⑧ 伏見城落城後、阿野津城へ行くよう命じられるが、心から服していない!

西軍には会津討伐に向かおうとしたが、止められている!
東軍、西軍の中で、相手に味方するとは言い難い!!

【司馬遼太郎 関ヶ原】
【家康が正信に言う! ああも見事に裏切れるものなのか?】
【一人ぐらい出てもよさそうだが………】

細川幽斉である!! 遊泳術に長けている???
ここはどうも西軍がまともに攻撃しなかった!
実際に攻撃した武将は許されている!
小野木重次は切腹となったが………

【直江兼続も最上の長谷堂城を落とせていない? 本気で攻撃したのか?】


第十四章 秀忠の関ヶ原遅参は本当に大失態か
徳川は西へ行くのに兵を分けた!
・家康 東海道 32,730騎
・秀忠 中山道 30,000
この「騎」と言う表現は分かり難い!
奥州17万騎?
馬に乗った数とそれ以外は??
輸送は??
実際の戦闘員は???
解説で解説があるが、知りたいのは実数??
要は分からないのか??

家康と秀忠はほぼ同数という!!
そうなれば質の差は??
どちらも精鋭だった?
ただし家康の方に豊臣の荒大名がいる!
・福島正則
・黒田長政
・細川忠興
・加藤嘉明
彼らは戦闘能力がある!
秀忠では統制出来ない??
要は妥当な配置であると思うが………
家康は負けた時に、秀忠に精鋭を残した??
そんなことは無いと!
家康は、関が原で負けないようにしていたと!!

・安濃津城  西軍の攻撃
・岐阜城攻防戦 信長の孫
・大津城の京極高次
・第二次上田城攻防戦
局地戦が続く………


第十五章 関ヶ原合戦はなぜ虚説にに満ちているのか
大垣城から関ヶ原への移動の話は無い!
本戦である!!
抜け駆け??
先陣は福島正則である!!
これを井伊直政と忠吉が抜け掛けする!!
井伊直政は能力あり優遇されている!
武田の「赤備え」を継承する!
忠吉はどう行動した??
・秀忠が遅参したので、秀忠の代わりに先鋒を務める?
・直政が付いているので文句が言い難い
・霧の中どさくさに紛れて二人で抜け駆けした??
・この戦いの戦法は徳川が努めなければならない?
・が、直政自身が抜け駆けを禁じているので、破ったとは考え難い?
・戦闘の指揮は直政に任されていたので、正則は支持に従った?
・つまり抜け駆けは無かった??

小早川秀秋である!
双方から好条件を示される!
結論から言うと、早々と裏切っていた?
・三成からは期待されていない?
・孤立していた?
そうなると三成の能力を疑いたいが………
脇坂安治らも最初から東軍だったと?
大谷吉継は裏切りを予想していたと???
情なくなる!!
エピソードも割り引いて考える??
・家康の問鉄砲??
・松野主馬の離脱? これは信じたい!!!

秀秋は大谷吉継の亡霊に悩まされた??
実際は酒の飲み過ぎである??
が、原因は吉継にあるのではないかと思うが………

これは信じがたいが(信じたくない)毛利輝元は合戦前日に裏切っている!
吉川広家が動き、黒田長政が仲介する!
井伊直政と本多忠勝が血判起請文を出す!
➀ 家康は輝元を粗略に扱わない
② 吉川広家、福原広俊が家康に忠節を尽くせば粗略にしない!
③ 忠節が明らかになれば、家康の領地安堵(分国も)の直書を輝元に渡す!
広家は小早川秀秋の逆心などを見て、西軍に勝ち目はないと!
毛利秀元、安国寺恵瓊は知らない!

【毛利秀元は実際に合戦を見ている! もし毛利が参戦していればの思いがある】
【司馬遼太郎 関ヶ原 三成言う、毛利を潰さねば恩賞の土地が無い?】


第十六章 関ヶ原合戦で家康の覇権は確立したのか
関が原に勝ったとはいえ秀頼は健在である!
領知宛行は口頭で伝える! 証拠の「判物」が重要である!
・山内一豊は抵抗が大きく入封できない?
・長宗我部盛親、立花宗茂は改易!
・豊臣系は九州、四国へ 譜代は関東へ!
豊臣系は大幅な加増である!!
・加藤清正  肥後  そのまま加増
・福島正則  安芸  尾張から
・浅野幸長  紀伊  甲斐から
・黒田長政  筑前  豊前から
・細川忠興  豊前  丹後から
・加藤嘉明  伊予  そのまま加増
・池田輝政  播磨  尾張から
・山内一豊  土佐  遠江から

関東は譜代、親藩で固める! 重要地は?
・井伊直政  近江
・本多忠勝  伊勢
・結城秀康  越前
・松平忠吉  尾張………
減封は
・上杉景勝
・毛利輝元
・佐竹善宣………

毛利輝元は、約束は守られない!
家康に味方すると言いながら、西軍への味方を募る??
背信行為である!
取り潰し、吉川広家に2カ国与える?? 長門、周防である!
吉川広家が辞退し、毛利に与えられる!
広家の行動は美談とされたが、現在では否定されている!
偽文書を作り自己正当化を図ったと?
納得である!!!

上杉景勝である!! 要は降伏である!!
新しい天下人を認めざるえなかった………
毛利と同様に減封である!!
米沢30万石である!
これに対して、家臣の知行を1/3にした!
リストラしなかった?
これに対しては批判もある!

長宗我部盛親は改易である!
一戦も覚悟していたようだが、結局寺子屋の先生で、
大阪城に入城する!
土佐は山内一豊に与えられる!
これが福島正則らの荒大名だったら徳川に歯向かってくるかもしれない??

宇喜多秀家は島津にかくまわれて、島津の和睦と共に八丈島に流される!
関ヶ原合戦の参加者の内、誰よりも長生きした??

黒田官兵衛は切り取り自由を反故にされる!
ここらは官兵衛自身、納得していた???

伊達政宗は100万石を無視された??
ここで100万石与えられれば、何をするか分からない??
そう思えば満足か??
余計なことをし過ぎている?
家康の方が一枚も二枚も上に感じる!


第十七章 家康はいつ秀頼を越えたのか
秀頼は65万石になる!
まだまだ侮れない??
家康は孫娘、千姫を秀頼に嫁がす!!
関ヶ原合戦後は、二重公儀体制だった?つまり、
➀ 秀頼への諸大名の伺候の令
② 勅旨、公家衆の大阪参向
③ 慶長期の伊勢国の絵図記載 本多忠勝らと並び豊臣家臣の名があり、同等か?
➃ 豊臣方給人知行地の西国広域分布 西国にあったようだ?
⑤ 秀頼への普請役賦課の回避
⑥ 慶長十一年の江戸城普請の豊臣奉行人の介在
➆ 二条城会見における冷遇
⑧ 慶長十六年の三ヵ条誓紙

家康は秀頼の扱いに注意する?
・長宗我部盛親らは、復帰を家康に依頼する! 秀頼ではない!
・京都所司代に重要人物を置く
・天下普請を行う
・鉱山の直轄化
・征夷大将軍に任じられ、立場が変わる!
・諸大名に御前帳・国絵図の提出を命じる! 主に西国である!
・秀頼対策か? 西国に重要な大名を配置する!
・慶長十六年 1611年 上洛し、二条城で秀頼と会見する!
・同じく在京の大名に三ヵ条の法令を示す!
これは、幕府の」法令の遵守と、謀反者、殺害人らを隠蔽しない事である!
西国の22の大名、奥羽・関東の11の有力大名が誓約する!
家康は秀頼が一大名になることを望む!!
【織田秀信のように………】


第十八章 秀頼との対立は何が決定的だったのか
「司馬遼太郎 城塞」
ここに功名争いがあると!
武将ではない! 文官である!
・本多正信
・南光坊天海  天台宗
・金地院崇伝  臨済宗
・林羅山
学者たちか??
天海に崇伝?? 何者か??

要は方広寺鐘銘事件である!
・国家安康  国の政治が安定すること
・君臣豊楽  豊かで楽しい生活を送る
どうも崇伝が関与した?
片桐且元が解決策を模索する!
➀ 秀頼が江戸に参勤する
② 淀君が江戸に詰める 【前田家に倣う?】
③ 以上を認めなければ国変えに応じること!

大仏開眼供養会の開催に難癖をつける!
天海に崇伝である!
こいつら本当に坊主か??

東福寺の長老 文英清韓が撰した「国家安康」の文字に不快感を持つ!
どちらにしてもこじつけ? 言いがかりである?
実際に行ったかどうかは分からないようだ?
エピソードでいかにも崇伝、天海、羅山らはやりそうである!
反文英清韓らの僧侶が言い立てた??
供養が中止になった………

ここで家康の作為がある??
片桐且元には強く当たり、大蔵卿には安心させる!
これで片桐且元は討伐されそうになり、大阪城を出る!
大坂冬の陣である!!


第十九章 家康は真田氏を恐れていたのか
昌幸、信繁親子は紀州九度山に蟄居を命じられる!!
真田と言えば、白土三平である!
真田忍群!!
これらは子供心にも興奮した!
九度山に居ながら全国に真田紐を売りに行き、情報を集める!
「打倒家康」を悲願とする!!
どうも後世の話題造りか??
実際の生活は??
・放免を願う
・金に不足している
・息子 信之、紀州家から援助を受けている!
・65歳で失意のうちに亡くなる!

真田伝説に「打倒家康」の策がある! もちろん大阪方に付いてである!
これを信繁に教えなかったが最終的に教える!
昌幸と信康の名声の違いで、信繁には出来ないと!
・2万(3千とも)の兵で青野ヶ原に(大垣市)に出陣する?
【途中に伊賀・伊勢の藤堂高虎がいるが………】
・要は昌幸だから家康は考え過ぎると?
・信繁では、大野治長と治房の兄弟は兵法を知らないので拒否すると!
単なる創作だと??

家康は昌幸を恐れた??
大坂に真田が入城したと聞き、
「親か子か??」
振るえて聞き、子だと分かり安心した??
どうも嘘くさいが………

又叔父真田信尹を派遣し、寝返らせようとする?
【後藤又兵衛も同じ話がある】

これらは、家康を貶め、真田を引き立てる目的のためか?
それほどの大物か???
ここでは風貌は書いていないが、歯も二抜けた中年のおっさんか???


第二十章 大阪の陣で家康は死んだのか
豊臣に与する大名はいない!
大野治長、木村重成、織田有楽………
牢人衆がカギである!
・真田信綱
・長宗我部盛親
・後藤基次
・明石掃部
・毛利勝永
・塙直之………

家康は20~30万が集まる!
片桐且元が情報を提供する!
大阪は牢人衆が積極論である! 秀頼を先頭に宇治・瀬田まで出撃する!!

真田丸である!
これを築いたのは信繁か?
激戦である!!

戦いは起こる!! 大阪方は不利である!!
・木津川口   明石掃部VS蜂須賀至鎮………
・鴫野・今福  
・真田丸 前田方の死者は数千人と言う??

和睦になる!! 早い??
➀ 本丸を残して二の丸、三の丸の堀を埋める
② 大野治長と織田有楽が人質を出す!

起請文の内容は??
➀ 籠城した牢人は罪を問わない
② 秀頼の知行は今まで通り
③ 淀君は江戸に滞在する必要は無い
➃ 大阪城を開城する時はいずれの国でも望み通りの知行替えを行う事
⑤ 秀頼に対して表裏の気持ちがない

この時、木村重成
が家康の血判の血が薄いと??
よく言ったと思うが………

この条件は双方が担当する!
・豊臣 二の丸、三の丸の破壊
・徳川 惣構の破壊
大阪城は本丸を残して丸裸になるのは了解済!
トラブルがあったとは一次史料では確認できないと!!
講和後、不穏な動きがある??
豊臣が米・木材を備蓄されていて、牢人衆も増えている??
戦闘準備である???
【しかしなぜ講和したのか? やはり家康の悪意を感じる】
一気に戦いになる?
・大和郡山
・岸和田
・堺
・樫井  浅野との戦い! 塙直之戦死!
豊臣は負けが続く!!

・道明寺の戦い
後藤又兵衛戦死! 木村重成戦死!
【真田信繁は又兵衛の救援に霧で遅れる? そんな話は無いのか?】
【都道高虎の家臣 渡辺了が活躍するが………】

最後のあがきか??
茶臼山の家康本陣に、真田隊が突撃する」「!!
が、各方面で負けて、徳川は大阪城に攻め込み、
豊臣は淀君、秀頼らが自害し落城する!!

真田の家康に対する攻撃である!!
家康は三方ヶ原以来の醜態である??
徳川の記録にも負けたとある!!
真田は「地雷火」を使った??
【初めて聞くが………真田のファンであるが知らない………】
どうも創作だったようだ………
信繁の虚像に、家康への反感か??
ここら辺の家康に関する逸話は、信繁と無関係ではない!!
情けない家康と追い詰める信繁!
そう言うことのようだが………


終 章 家康は神になろうとしたのか
家康は秀忠に将軍職を譲り、駿府で大御所政治を行う!
・一国一城令  大名当主の城以外は破却する!
・武家諸法度
・禁中並公家諸法度
これらを制定する!

武家諸法度は? 合計十三条でなる!!
・謀反人、殺害者の召し抱え禁止
・居城の修理の制限
・築城の禁止
・無断での婚姻の禁止
・参勤作法の規定………

禁中並公家諸法度は? 十七条からなる!
・天皇は諸芸能、学問を第一にする
・親王、公家の席次
・三公 太政大臣、左大臣、右大臣
・摂関の任免
・養子
・改元
・天皇以下公家の意識
・諸公家の昇進の次第
・廷臣の刑罰
・僧侶の号
・紫衣勅許

健康オタク」の家康!
徹底した鍛錬! よくやる!!
・剣術  奥山休賀斎、柳生!
・槍術
・馬術
・水泳
・鉄砲
・粗食を好む 麦飯
・和漢の製薬に詳しい
・自分で万病薬を調合する?? 眉唾か??
・「吾妻鏡」を座右の書としている

元和二年 1616年 死亡 タイの天ぷらの食べ過ぎと言われる!
遺言は?
➀ 遺体は駿河久能山に葬ること
② 葬儀は江戸の増上寺で執り行うこと
③ 位牌は三河大樹寺に置くこと
➃ 一周忌後、下野日光に小堂を建て、勧請とすること
⑤ ④により、関八州の鎮守とする
駿河、三河、下野の三カ国から江戸幕府の安泰を見守ろうとしていた!

神号で、天海と崇伝・本多正信と意見が分かれる!
・明神  吉田神道   崇伝
・権現  山王一実神道 天海
秀吉は「豊国大明神」の神号を贈られている!
要は不吉だと!!
結果「東照大権現」となる!!

家康が苦労人で波乱万丈だったのは事実であるが、
「苦労人」「辛抱強い」とは言えないと!!!
何度も危機に面し、果敢に戦い、妥協し、政治的手腕に優れていたと!!

 

おわりに
「狸親父」
決してそうではないと!!
要は悪く書かれ過ぎていると!!


主要参考文献

 


誤解だらけの徳川家康 ②・渡邉大門

 

2022年11月10日 (木)

本・戦国武将の明暗 ②(2015/3)・本郷和人

Photo_20220930165601


第6章 前田はなぜ100万石なのか
第7章 信長・秀吉・家康の夫人くらべ
第8章 城と命運をともに 女たちの戦国1
第9章 危機一髪の逃避行 女たちの戦国2
第10章  厚遇と冷遇の境界線 論功行賞
第11章  鳥居対井伊 譜代の争い

 

第6章 前田はなぜ100万石なのか
大谷吉継は家康とも良好な関係であった!
が、石田三成に味方した!
三成挙兵後は北陸に行く!
丹羽長重、山口宗水、青木一矩らを味方させる!

吉継は利家を関ヶ原に行かせないようにする!!
実際金沢に戻る!
が本戦に大谷吉継は間に合っている!
やる気なら行けたのではないか???
要は洞ヶ峠を決めたと???
どうも家康は前田家に甘い???
「前田家の声望」
100万石近くを利用した??
所詮、キツネとタヌキか???

利家が亡くなる前に、秀吉が亡くなり、前田利家と徳川家康が対立した!
その時は、加藤清正、細川忠興、浅野幸長、加藤嘉明らが利家に付く!!
ここで一戦交えれば………

名護屋の陣で利家と家康の兵が喧嘩になった!
双方に味方が付く!
蒲生氏郷 利家びいきで、家康嫌いである!
駆けつける用意までしていた???
著者の言うIFである!!


第7章 信長・秀吉・家康の夫人くらべ
「貞観政要」 唐の太宗、李世民!
「創業と守成」 どちらが困難か??
これを知ったのは、堺屋太一の本である!
結論は、どちら難しい!
皇太子の兄、同母の弟、その一族を殺し、
父親から皇位を奪った口が言う!!

秀忠は江と険悪だった??
側室を置かなかった!!
恐れていたと言う??
そうなのか???
著者の解説がある!
① 江が抜群の美人だった 秀吉が手を出さなかった?
② 大変魅力的
③ 背後に有力者がいた
④ 嫉妬深く、浮気を許さなかった
結論は????? 2男5女であり、もう一人大物がいる!
権力者、男? どうだったのか???

秀忠は中山道から関ヶ原に向かう!
この時の戦力は、関ヶ原の徳川本軍より上だと!
家康の保険だと!
真田に手こずり遅参した???
これは計算済みだったと???
いざと言う時のために、戦力を残したと!!

著者の意見は??
◇ 秀忠は愛妻家だったと??
◇ 家康は未亡人好み
◇ 信長も未亡人、後家好み?
◇ 秀吉は身分の高い女性、武家である!

秀吉は公家には手を出していない??
① たまたま?
② 貴族に敬意を払っている?
③ 秀吉は武家の娘を高貴と認めた?
秀吉のことは分からない??


第8章 城と命運をともに 女たちの戦国1
女城主!
◇ 誾千代  立花道雪の娘
◇ 大友の武将 利光宗魚の守る鶴賀城
夫亡き後守るのは妻で、立花道雪の妹
◇ 同じく大友の鶴崎城  妙林尼
◇ 美濃岩村城  信長の叔母!
武田の秋山虎繁(信友)の妻になり、降伏後、処刑される!

男色!! 寵童???
◇ 織田信長  前田利家、長谷川秀一、堀秀政
◇ 武田信玄  高坂昌信
◇ 徳川家康  井伊直政
ここで話が戻って、女城主 井伊直虎

◇ 佐竹善宣
著者お勧めの「岩明均 雪の峠・剣の舞」
褒めまくっているが、どうなのか?
北条、上杉、武田と複雑でありながら女性が重要になる!

佐竹善宣の国替え!
この時常陸から美しき女性を連れて行った???
これが秋田美人の元だと!!!
もっともこの時は技術者、計数に明るいもの、ハタハタまで持って行った!
その為、水戸には無骨物しか残らなかったと!
転封にもドラマがる!!


第9章 危機一髪の逃避行 女たちの戦国2
「おあむ物語」 大垣城にいた???
この解説がある!
大垣城?? 佐和山城???
歴史学者も大変だと!!
細かいところまで確認がいるようだ???

「おきく物語」 20歳で大阪城から逃れる!
下手な逃避行を読むより面白い!

大阪城落城時も「乱取り」が行われたと!
略奪である!! モノも人も………
強制労働か、売春か??


第10章 厚遇と冷遇の境界線 論功行賞
「鎌倉殿の13人」
頼朝の旗揚げに、新羅三郎義光の直径 佐々木氏の息子4人が参加する!
「よう来てくれた」 頼朝が喜ぶふりをする??
結局、近江の守護となる!
京極氏と六角氏に分かれる!!
この京極家である??
近江は浅井家が伸びる!
浅井長政の姉妹を、京極高吉は貰う!
高吉は子の高次を信長に人質として差し出し、家臣となる!
本能寺の変で、光秀に付く!
妹の竜子が秀吉の側室になり助命される!
「蛍大名」 妹の尻の光で出世した!!

関ケ原の合戦である!
家康側に付く! 裏切りか??
大津城に籠城する!
3,000VS15,000!!
立花宗茂らが攻撃する!!

◇ 伏見城は 1,800の籠城で40,000の兵で攻撃する! 14日間!
◇ 田辺城 細川幽斎の500に対して15,000の兵!  10日間!
◇ 大津城 9月13日から15日で降伏!
9月15日は関ケ原の合戦の日である!
もう一日粘ったら………
しかし15,000の兵を関ヶ原に行かせなかった!!
これは評価される!!
大津60,000石から、若狭等92,000石!
儲けている!!
身内には厳しい家康????
◇ 榊原康政 現状維持  館林100,000石!
◇ 本多忠勝 息子と合わせて100,000石から150,000石!
◇ 井伊直政 上野箕輪120,000石から、近江彦根に180,000石

これが外様大名なら………
◇ 加藤清正 肥後半国200,000石から、一国540,000石へ 家康の養女
◇ 池田輝政 三河吉田150,000石から播磨520,000石へ 家康の娘
◇ 蒲生秀行 会津920,000石から氏郷の死で、宇都宮で180,000石!
600,000石に復帰する!! 家康の娘!

福島正則は奮戦している!!
清州240,000石から安芸広島490,000石!
戦いぶりと恩賞に差が有る!
著者言う、身内の差か???

京極高次の恩賞は少ないのではないか??
妻は浅井三姉妹である!!
少ない理由は???
① 秀忠の遅参!
② 家康が決めていた


第11章 鳥居対井伊 譜代の争い
伏見城攻防戦!
鳥居元忠!
「ドラマ関ヶ原 芦田伸介に森繁久彌」
元忠と家康の分かれである!!
迫力があった!!
ここも「司馬遼太郎 関ヶ原」
「藤沢周平 周平独言 鳥居元忠の奪戦」
ここらは面白かった!

筑前岩屋城攻防戦で、高橋紹運は自ら討ち死にし、立花宗茂に残す!
鳥居元忠も同じか??
寄せ手は、宇喜多秀家、小早川秀秋、毛利勢、九州勢などである!
島津義弘は入場を断られる!!

鳥居家は??
◇ 下総矢作 4万石
◇ 陸奥磐城平 10万石
◇ 出羽山形  22万石 一族で山形県の大半を得る
近江彦根 井伊家 25万石から35万石!
争いがあると!!

佐野綱正!
家康の側室を大阪城から脱出させる!
が安全と見て戦いに参加し、討ち死にする!
途中で任務放棄ということで、減封になる!!

末期養子は禁止されていた!!
当主が死ぬ前に後継者は決めておかなければならない!
死んでから緊急に縁組された養子は認められない!
例としては??
◇ 中村一忠 伯耆米子 175,000石
◇ 田中忠政 筑後柳川 325,000石
◇ 堀尾忠晴 出雲松江 240,000石
◇ 蒲生忠知 伊予松山 240,000石

鳥居家は、末期相続で取り潰されて、少領で復活する!
が、再度改易されるが、伏見城の忠節がある!
最終的に下野壬生30,000石で復活する!
儲けたのか???

徳川四天王の、井伊直政である!
岡崎三郎信康!
信長に切腹を命じられる!
関ヶ原の合戦後、後継者になる!
◇ 秀康  【正信が推した??】
◇ 秀忠  康政が推す
◇ 忠吉  直政が推す

秀忠が後継者である!!
井伊直政である!!
◇ 正室 唐梅院 家康の養女
◇ 息子は直勝!!
◇ 側室がいて、男子がいる! 直孝!
井伊直政は正室に遠慮している??
何故か?? 正室だから???
著者の妄想?? 家康の手が付いている??
そう言うことを想像している??

井伊家も大きくなるに従い、譜代と新しい家臣!
武田の「赤備え」 山県昌景の兵を引き継ぐ!
井伊は彦根で大阪と越前結城秀康の抑えである!
結城秀康は、井伊と加賀前田家に挟まれている!!
秀康は問題が多い!

井伊家は直勝が後を継ぐが、下野安中3万石に移されて、
彦根は直孝が継ぐ!
古き家臣は直勝が、新しい家臣は直孝に配される!
彦根の2代目から直勝は抹消されている!!

ここは伝奇的に考えたい???
本多正信? そう書かれているが………
結城秀康暗殺である! 毒を盛る!!
これを直勝は断り、直孝は引き受けた!!
こう言う話は、著者が書きそうであるが………
「戸部新十郎」が書いているが………
著者は、生母が家康の愛人だったからだと!

しかし井伊家は350,000石になる!
直勝はかろうじて続く!
◇ 下野安中
◇ 三河西尾
◇ 遠州掛川
◇ 越後与板

ここらは著者の推測があるが………
井伊は、鳥居には勝っていると???
鳥居家が改易になった時、井伊家は積極的に潰しに行ったと!

 

戦国武将の明暗 ②・本郷和人

 

2022年10月24日 (月)

本・歴史のIF ②(2020/11)・本郷和人

If


C 戦国時代のIF
D 関ヶ原の戦いのIF

 

C 戦国時代のIF
第8章 もしも、「あの人」が長生きしたら、早く死んだら、早く生まれたら…
もしも、この人がもう少し長生きしていたら
もしも、この人がもっと早く死んでいなら
もしも、この人がもっと早く生まれていたら

・信長は信忠に家督を譲り、次男、三男、四男は他家に出している! 50歳?
・信玄は、後継者・義信を自害させている! 53歳!
それで信・義の付かない、四男勝頼を後継者にする! 
・謙信は養子、景勝、景虎の内紛を起こしている! 49歳!

上手く行かない???

・毛利元就は隆元が死んだが、輝元を両川が支えた! 75歳!

・秀吉である! カリスマに頼り過ぎだと!
システムが出来ていなかった! 62歳!
家康を潰すべきだった??

・家康である!
逆にシステムが機能していた! 75歳!
なので秀忠は多くの大名を取り潰した!

丹羽長秀は100万石ぐらい貰っているが、死ねば12万石である!
蒲生氏郷も92万石から18万石に下げた!
つまり長秀、氏郷だからそれだけの領土を渡した!
息子にその能力がないのだから減封すると!!
伊達政宗も疑われて削られている!!
つまり、家康が先に死んでいたら秀吉は必ず潰しにかかる!
ましてや関東である!!
三河、駿河、遠江ではない!
寿命の差になる??

関ヶ原のIFで一番好きなのか、蒲生氏郷が生きていたと思う!
伊勢松阪12万石から、会津92万石である!
不満はある!
茶に詳しく、キリスト教に帰依している!
利家びいきである!
名護屋城で、家康と兵が揉めたときは、利家側に付く!
家康嫌いである!!!

もし長生きしていたら??
越後に上杉、会津に蒲生、常陸に佐竹と連携すれば、
200万石は越え、家康と関東平野で決戦出来る!!
最上に伊達がどう動くか??
この方が面白いが………

そうなれば武家政権は何処に出来るのか??
関東はド田舎である!!
先進地区、京か大阪ではないか??
前田利家でも、蒲生氏郷でも、石田執権政治でも…………
現在でも首都は大阪か京都であろうと!!
関東は田舎のままである!!

著者は東京生まれである!!!
ええんかいな??????


第9章 もしも、浅井長政が織田信長を裏切らなかったら…
日本は、織田・徳川の同盟が当たり前ではない!!
破る方が当たり前??
武田、今川、北条の同盟がある!
これも破られる!!
娘は実家に帰される!

娘は攻略結婚に使われる!!
【ハプスブルク家は丸出しである】
斎藤道三の娘・帰蝶は信長に!
今川の築山殿は家康に!
娘を他国に嫁がすより、家臣に与えた方が不幸にならない!!
信長は浅井長政にお市の方を嫁がす!
味方もいないところに乗り込む!
信長の叔母、遠山景任の妻、後に秋山虎繁の妻 通称は艶は殺される!

信長は岐阜から京に行く近江の浅井長政と同盟を結ぶ!
お市の方が嫁ぐ!
が、信長の朝倉攻めで浅井は裏切る!
それほどの恩があったのか??
それより信長が嫌いなのか??
朝倉宗滴!
「武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つ事が本にて候」
勝つことが全てだと!!

浅井は、千載一遇のチャンスを逃した!
そのまま同盟を堅持すれば、信長にそれなりの待遇を受けていた!
後の「志賀の陣」
浅井、朝倉、比叡山、一向一揆、三好三人衆、石山本願寺………
信長の天下統一も早かったのでは??
朝倉も早く滅亡し畿内も収まる!!
浅井は越前、近江を貰えるかもしれない!!
が、浅井長政が明智光秀を演じるのか???


第10章 もしも、「本能寺の変」のとき、織田信忠が逃げていたら…
室町幕府 嘉吉の乱は?
嘉吉元年(1441年)に播磨・備前・美作の守護赤松満祐が
6代将軍足利義教を殺害し、領国の播磨で幕府方討伐軍に敗れて討たれる!
弱体と言われた足利将軍でも、暗殺されたと言って幕府は解体しなかった!
システムが働いている!!

が、信長政権は崩壊した!!
秀吉の政権も崩壊している!!
それなりにシステムは作られている!
信長が殺されて、信忠が殺される!
織田有楽斎は逃げれた!

IFであるが、信忠が生きていたら??
「桐野作人 織田武神伝」
これは信忠が生き残ったらのIFである!
蒲生氏郷が重要である!!

信長が亡くなり信忠が残ったら??
織田家のシステムは働くか??
ちょっと無理がある!
弟信雄、信孝は何も出来なかった!

家康の危機!
「神君伊賀超え」
「三方ヶ原の戦い」
社会の警察機能が失われている!!
システムは上手く機能出来ていなかった!

・甲斐を貰った河尻秀隆は反乱に遭う!
・関東の滝川一益は、上野と信濃を貰うが、反抗される!
期間は短いので何とも言えないが、すぐに反乱されたのでシステムは働いていない!

清州会談の参加者!
柴田勝家、丹羽長秀、木下秀吉、池田恒興で、
滝川一益は外されている!!
信忠が生き残っていたら、この会議で指導力を発揮できたか??
マア相手にされな!
信長だから恐れられた!!
いつ切られるか分からない??
信忠にやられたくない???
つまり信忠は無視される!!
いくら家督を継いでいると言ってもである!!
信孝のように殺されるかも??


第11章 もしも、豊臣秀頼が女の子だったら…
秀吉の後継者は??
・秀次 姉の子である??
・秀秋 今一の人間である!
が、鶴丸が生まれる!!

秀吉は家督を譲っている!
秀次への注意事項!
① 茶の湯
② タカ狩り
③ 女

秀次は女にだらしない!
側室も多く、母親と娘を側室にしている!
最上義光の娘、駒姫は東北一の美人と言う!
側室に望まれて嫌々出すが、京に着いた時秀次は切腹である!
側室でも何でもない、会ってもいない!!
が処刑である!! 関ヶ原で豊臣には付かない」
「映画 関ヶ原」
このオープニングが、処刑の場面である!!

まず、本当に秀吉の子供なのか??
「血のつながり」 中国は重要である!
ヘンな血を入れれない! なので宦官が管理する!
「家のつながり」 日本は秀吉が俺の子と認めれば
豊臣家の「家」の後継者になれる!

著者のIFである!!
女の子だったら??
秀次と結婚させる??
秀秋では無理か???
そうすれば、秀次もわがまま言えずに死ななかった!
ましてや子供も多い!!
家康も迂闊に手を出せない??
そんなことは無い!!
バックにいる人間で、余計に揉めそうであるが………


D 関ヶ原の戦いのIF
第12章 もしも、鳥居元忠が、島津義弘に「かたじけない」と頭を下げていたら…
関ヶ原の前哨戦、伏見城攻防戦!!
鳥居元忠はここで死ぬ覚悟がある!!
「ドラマ 関ヶ原」で森繁久彌よ芦田伸介がしみじみと別れを演じていた!
これは名場面だった!!

家康の天下取り!
前田利家亡き後の前田家に謀反の疑いをかける!
利長は屈服! 母親を人質に出す!

次は上杉である!
謙信以来の武勇を誇る!
世の中の期待がある! 上杉はやるだろう!
その期待を、景勝、兼続は知っている!!
ここでは「直江状」は出て来ない??
三成挙兵!!!
小山評定?? あったかどうか分からないとされるが………
ここで家康は引き上げる!
関ヶ原の合戦である!

まず伏見城である!  時間稼ぎの戦いになる!
40,000人が包囲する!
島津は当主が義久! 弟義弘で勇猛である!
朝鮮侵攻で、義久は活躍する!

島津も伊集院幸侃を、秀吉にヘッドハンティングされる!
秀吉亡き後、当然殺される!
息子・伊集院忠真が乱を起こす!
強い??
島津は中央に兵を送る余裕がない??

「山内昌之 嫉妬の世界史」
ここに島津義久、義弘が出てくる!
題名通りで楽しかったが………

義久は鹿児島ファーストである!!
義弘は中央にも詳しい!
三成と島津は親しい?????
検地も指導した!
島津の三成に対する気持ちは複雑である??

当初、義弘は家康に付く気だった!
兵は1,500人である!
伏見城に入場しようとしたが………
断わられる!!
それで西軍に参加した!

「司馬遼太郎 関ヶ原」
ちんたら攻めているので、一喝した1
「維新入道殿 如何に」
こうなると40,000人の兵である!
ここで戦死したので鳥居家は優遇される!
著者言う、井伊VS鳥居「である!
どちらも優遇されている?
酒井、本多、榊原よりは………

島津は、関ヶ原では本戦に参加せず、撤退で名を上げる!
夜襲を進言し、用いられずふてくされた???
島津は強い!!
それが本領安堵に繋がる!
ここで攻めて多くの被害を出すと世の中どうなるか分からない!!

著者のIFである!!!!
鳥居元忠が島津を受け入れていたら?
当然戦死したと思うが、恩賞である!
出さざる得ないが………
山内一豊でも土佐一国である!
遠江国掛川5万1000石から土佐国一国・9万8,000石、後に、高直しにより20万2,600石である!
【どこに出すのか? 日向ぐらいしかないと思うが………】
明治維新は薩長の恨みから成り立った???
ここで優遇されていたら、恨みには思わなかった!
明治維新は違う形だったかも………
藩閥政治も違う形か?? 西南戦争も起らなかった???


第13章 もしも、上杉軍が退却していく徳川軍の背中を襲ったら…
これは面白い!
が著者が疑問視している、直江兼続の将才である!!
能力は認められているが、行政官としてか??

家康、小山着陣時、佐竹善宣の老臣が夜襲を勧めている!
これはやればよかった???
三成挙兵で撤退する家康追撃を、兼続は主張した!
これもやればよかったと思うが?
関ケ原の合戦終了で、兼続は江戸城攻撃を進言した??

秀吉亡き後、戦国の再来と見た??
九州の黒田如水もであるが、上杉もそうであった!!
世の期待がある!
前田家は家康に屈服したが、上杉は違うだろう!
「漢見たけりゃ会津においで」
この期待を、景勝、兼続は知っている!

が上杉は庄内を攻める!!
最上義光である!
1,000人の城兵の長谷堂城を攻める!
これを落とせない!!
そう言っているうちに関ヶ原で負けた知らせが来る!
この城攻めをどう見るか??
・舐めていたのか
・わざと落とさなかったのか

もし徳川追撃を行えば、江戸幕府は出来なかった??
徳川の守将は、結城秀康である!
実力は未知数であるが、秀忠より期待出来る!
上杉は、長谷堂城も落とせていない!!
攻め切れたかどうか………


第14章 もしも、毛利輝元が大坂城に籠城したら…
西軍には立花宗茂、小早川秀包、毛利元康、毛利秀元ら勇将がいる!
毛利秀元は関ヶ原にいた! 実際に戦いを見ている!
もし毛利の大軍が参戦していれば、と言う思いがある!
それは吉川広家に向けられたようだ………

大阪城に毛利輝元がいる!
一戦を勧められる………
黒田長政と福島正則が手紙を書く「!
家康が安堵すると???
これを信じて城を出て騙される!!
毛利領は吉川広家に防長二国が与えられると??
これを吉川広家がとりなし、毛利が継ぐ!!
「司馬遼太郎 関ヶ原」
三成が言う! 負ければ潰されると!
潰さなければ恩賞の土地が出て来ない??

立花宗茂は評価が高い!!
小早川秀包と協力し4,000ぐらいの兵を操っている!
大津城の京極高次が徳川に付き、立花宗茂らが攻撃する!
これが無ければ、立花宗茂ら15,000の兵は関ヶ原に到着していた?
そう思うと高次の功績は大きい!!
が、関ケ原の合戦の日に降伏している!
降伏していなかったら、関ヶ原の結果を聞き、立花宗茂らは攻撃を止める!
著者は、恩賞に差が出ると???

もし毛利輝元が籠城したら、戦いの様相は変わってくる?
政治が入ってくる???
天皇による仲裁??
細川藤孝???
豊臣恩顧の武将たちの仲裁??
毛利家はもう少しうまくやれたのではないか??
この時期、安国寺恵瓊はいない!!
外交は誰が? 吉川広家か???
長引かせるわけにはいかない!
上杉も120万石である! 佐竹もどう動くか???
が、毛利輝元では無理なのか………

 

歴史のIF ②・本郷和人

 

 

 

 

2022年10月 6日 (木)

本・「失敗」の日本史 ①(2021/3)・本郷和人

Photo_20220926012702

あの東京大学史料編纂所・本郷和人先生が、歴史を変えた「失敗」をピックアップ!
元寇の原因は鎌倉幕府側にあった?
生涯のライバル、謙信・信玄共に跡取り問題でしくじったのはなぜ?
光秀重用は信長の失敗だったと断言できる?
氏康が秀吉に頭を下げられていたならば?
日本史を彩る英雄たちがやらかした数々のしくじりを検証しつつ、そこからの学び、
もしくは「もし成功していたら」という『IF』まで展開する!
「失敗」の中にこそ、豊かな学びはある!

 

失敗と言えるかどうか??
著者の本は多い! ビックリする!!
なので話がダブるので、理解が深まる!!
平清盛から関ヶ原までである!
こう言う見方もあるのかと??
大変楽しい内容である!!
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!



はじめに
第1章 鎌倉時代の失敗
第2章 南北朝時代の失敗
第3章 室町時代の失敗


第4章 戦国時代の失敗
第5章 安土桃山時代の失敗
第6章 関ヶ原の失敗

 

はじめに
戦後の歴史学は唯物史観の影響を受けていたので、
「歴史にもしもは無い」と!!
あの時、歴史の失敗の逆を行けばどうなっていたか???
あまり変わりはない!!
本能寺の変である!!
・光秀が変を起こさなかったら? それでも反乱に遭ったと??
・生き延びれば、海洋国家が誕生していた??
どうかなと思うが??
そう言うことで、平清盛から関ヶ原までである!
内容は下記の通りである!!

 

第1章 鎌倉時代の失敗
〇 平清盛の失敗
清盛の時代は、播磨守が一番ランクが高い!
瀬戸内交易の中心か?
清盛は播磨守になり、さらに出世するが、京へはいけない!
ここで「平治の乱」が起こり、やはり武士が必要だと!

それで中央貴族として出世する!
これは「平清盛が藤原氏に代わっただけだと!
1179年 清盛は後白河上皇を幽閉する!
ここで「武士による政権が生まれる」
その後、以仁王の挙兵が有り、1180年頼朝が挙兵し、
清盛は死ぬ!!
清盛の孫の時代になると、貴族化している?
その点源氏は関東で武士を捨てていない!

日本史上、最初に貴族に反逆したのは平将門!
直ぐに潰される!!
頼朝は京に近ずく危険性に気が付き、鎌倉に幕府を作る!

足利尊氏はもはや負けることは無いと京に政権を置く!
信長、秀吉と続くが、家康は江戸に行く!!
清盛はもっと早くクーデターを起こし、福原に幕府を開くべきだった?
がその場合西国武士が中心になる!
関東みたいに朝廷の権威を必要としない!
官位は必要か???
京と一戦交えれる覚悟はある!!
どう転んでも負けている???
貴族化しないで、孫も武士化すべきだった????

 

〇 源義経の失敗
事実どうかは知らないが「司馬遼太郎 義経」
これには壇ノ浦で勝ち京へ戻るとき、義経は「建礼門院」と関係を持った???
そんなことは著者は書かない!

「司馬遼太郎 坂の上の雲」
秋山好古がフランスで騎兵を学ぶ!
その時老教官に言われる!
騎兵と言うものは天才しか使えない!
史上4人しかいない!
・ジンギスカン
・フリードリッヒ大王
・ナポレオン
・モルトケ?
秋山好古は6人にしてくれと!
・織田信長  桶狭間の奇襲
・源義経   一ノ谷の戦い 崖からの奇襲

軍事的天才で、政治的音痴??
いきなり襲い掛かる!!
名乗りなど上げない???

義経は頼朝の弟だと??
そう言う気持ちが有り、甘えがある!
頼朝は家臣の一人であると思っている!!
が取って代わろうとするのを恐れる?

後白河上皇に利用され、検非違使尉を貰う!
奉公とは?
戦場で手柄を上げることではない!
将軍の前で討ち死にすることだと???
そうすれば残された家族に、恩賞を与える!

頼朝はライバルを叩く!!
・平清盛
・常陸 佐竹
・上野 新田を冷遇する
・甲斐 武田もか??

武士は官職を名乗る!
石田三成は治部少輔なので、治部少輔殿!!
官職は重要だった??
頼朝は自分を通せと!
義経は貰ってしまう??
この時に貰った武士は頼朝に責められる!!
・お前のような変な顔のやつは、その官職に似合わない
・イタチみたいな顔だ
・墨俣から帰ってくるな
・これから後白河上皇に仕えろ

主従制を義経は理解していない!
後白河上皇に頼朝追討令を貰うが、武士がついて来ない!

兄の方針になので貰うわけにはいきません!
「俺頑張ったよ」 「ようやった」
その場合でも何かあれば、範頼と同じ運命か??
平凡な英雄伝説ではない話になるか???
そのまま仕えたとしても奥州藤原氏との対決がある!
どう転んでも良くはならない???

 

〇 源頼朝の失敗
身内を殺し過ぎか??
源氏は三代で滅びる???
頼家は北条の都合で殺された? 邪魔だった??
実朝は京との距離が近い??
後鳥羽上皇である!!
実朝の妻は、後鳥羽上皇のと関係がある女性である!
和歌が好きで、源仲章を鎌倉に派遣して貰っている!
実朝暗殺の黒幕は何人かいる???
実行犯は頼家の息子、公暁である!
著者は鎌倉の総意が実朝排除だと?
京に近い??? 京か、坂東のどちらを見ているのか??

頼朝は旗揚げ時負けて房総半島に逃げる!
そこで上総広常を味方にする!
兵20,000人? 著者は1桁多いと??

頼朝は恩には報いると!!
頼朝自身は京と折り合いを付けたい?
富士川の合戦後、平家を追うとした頼朝を、
上総広常らが止める???
坂東ファーストか??
何処をむいとんじゃと???
これが上総広常排除の原因の一つか?
地元か、中央か??
この例に島津を挙げる??
薩摩ファースト 義久 VS 京を見た 義弘!
最後の関ヶ原の失敗で出てくる!

頼朝は息子の教育をするべきだったと!!
実朝はそこそこ統治者として頑張っていた??
御家人達は「神輿は軽くてパーが良い」
将軍は何もしないで良い!!
そう言うことである!
源氏は滅びる運命にあった???

 

〇 後鳥羽上皇の失敗
歴代天皇の中でもトップクラスの実力者である!
政治、経済、文化、さらに武術にまで精通している!
朝廷は僧兵を頼る?
・南都 春日社、興福寺
・北嶺 比叡山
武士を味方にする!!
北条と御家人の不仲に付け入る!
「俺に仕えろと」
三浦義村の弟は上皇に就いている??
上皇は西国の武士を誘う!
ただ守護と言っても鎌倉から派遣されている!
完全な主従関係ではない!
守護だけ見れば幕府、上皇ときれいに分かれる!
が東国は完全な主従関係であるが、西国はそうではない!
西国は一族郎党、300人ぐらい連れて来ても、幕府は一桁違う!
承久の変では幕府15,000に、上皇2,700人ぐらい??
著者の人数は想定である???

後鳥羽上皇はよくやったが、守護を味方にしたが、その下が付いて来なかった?
そこまで天皇がやるのは無理がある………
鎌倉幕府は平氏の500ヶ所の土地を手に入れている!
承久の変では3,000ヶ所の土地を手に入れている!
後鳥羽上皇の失敗は、鎌倉幕府にとっては幸運だった!

ではどうすればよかったのか???
無理ということか???

 

〇 北条時宗の失敗
子供の頃は、時宗は元の侵攻から日本を守った英雄である!
ただ子供心に、死者の首を刎ねたとあったが、良いのかと思った!!!

元の使者の趙良弼の日本の実情の報告書!
・ロクな作物は育たず、豊かでない!
・人間も野蛮
・わざわざ占領しても何の見返りもない
・やめるべきです

では何故日本を攻撃したのか??
モンゴルは中国を手に入れて、中華思想の後継者になる!
東夷、北狄、西戎、南蛮の野蛮国が天子の徳を慕って挨拶に来る!
元からの日本への国書は丁寧であったと?
著者はちゃんと返事すれば解決していた??
要は頭を下げて適当にやればよかったと!

朝廷が返事を書こうとしたが、幕府、時宗が止める!
そして返書を出さない?
元は攻撃してくる??
が、最初は「威力偵察」だった!
直ぐに引き返すが、30,000と言われる兵は多い??
神風は吹いたのか???

再度使者が来る!
この5人は首を刎ねられる!!
どうみても文明国とは言えない!
10万以上で攻めてくる!
この時は占領する気で、農機具なんかも持ってきている?

果たして時宗は元を理解していたのか??
勉強しようとはしていた!!
しかし南宋からの僧などでるが、とんでもない勢力だと!
良いようには言わない!!

時宗は鎌倉から離れていない!
弟を派遣しているが………
この時の恩賞が原因で北条から離反する!
膨大な領土を持つ北条である!
それを分ければよかったと!
さすれば御家人も離反しなかった???
要は、おぼっちゃまだった!!
神風が吹いたと、日本は危機になれば神風が吹くと???
いらん期待を持つ!!!
「功」と言うより、「罪」の方が大きい???

 

〇 北条高時の失敗
後醍醐天皇は、後鳥羽上皇より優れた天皇で、建武の新政を行う??
幕府を倒した??
よく思うが、鄭成功がいる!!
「清」に対し「明」を再興しようとした??
中国歴代王朝だが、支配者が変わるが人民の生活は変わるのか?
最初はよいが結局は同じではないか?
「明」の何処が良かったのか??
結局混乱を招いただけだと!!

後醍醐天皇の新制は続かなかった???
武士に支持されなかった????
この後醍醐天皇はワンポイントリリーフ??
本命ではなかった! それだけに権力欲がある!
兵力も僧兵を頼る!
たまたま楠木正成が有能だっただけで、夢の話は当然後世の作り話である??

北条氏は歴代頭が切れる!!
まず将軍にならなかった?
武士の身分は?
・軍事貴族  頼朝
・地元密着型 三浦、上総、下総、千葉、武蔵、河越、畠山、北条
 みんな平家である!!

モンゴル来襲時、日本人と言う意識で戦ったのか?
祖国防衛であれば、恩賞など無理を言わない!
が、自分の土地を守るために戦った!!
不満が残るが、この時北条が身銭を切って土地を与えていれば不満は収まる?
ではなく、押さえつけようとした!
「得宗専制」である!

ここで後醍醐天皇が北条を倒せと!!
最初は失敗し、二度目の時に、足利尊氏が北条から離反する!
「あの人なら………」
「神輿は軽くてパーが良い」
尊氏が「軽くてパー」とは思えないが………
結局武士が変化を求めた???
北条に代わる政治である??
どうも新田と言う線は無かったようだが???
王朝は300年 15代と言う!
根拠は無い!
が北条も16代である1
時機だったのか????
恩賞を与えていても、もう無理だったのではないか???

 

第2章 南北朝時代の失敗
〇 後醍醐天皇の失敗
「建武の新政」 3年で潰れる!
この時代を、司馬遼太郎は書いていない!
アホらしくて書けない???

土地の問題で、朝廷は当てにならない!
日本史上の三つの栄光!!
・大化の改新
・建武の中興
・明治維新
現在はそうは考えられない??

後醍醐天皇は保守的だと?
武士の力を認めようとしなかった?
それより才能を重視し、家柄を問わず抜擢したのは、
大覚寺統、持明院統の天皇たちだった?
武士と共存しようとした!
が後醍醐天皇はそうではない!
なので貴族ら優秀なのが離れ、イエスマンばかりになる!
理想が突っ走るが「浮世離れしていたから駄目だ」
そう考えるべきだ!!

後鳥羽上皇が負けて、税金が入らなくなった!!
それで裁判のサービスを始めた!
下々の民の争いに向かう!
「雑訴」
これも運営するには人がいる!
しかし能力があるのは貴族である!
「徳政」 徳のある政治!!
この朝廷に対し、幕府の立場は?
・協力する
・朝廷を危険視する
ライバル視する幕府は、朝廷を分けた?
天皇の後継の争いである!
大覚寺統、持明院統である!
本願寺を東西に分けた感じであると?
しかしこの天皇家は名君と言う!
後継の天皇は幕府が決める!!
たいがい承認されるが、後鳥羽上皇の系統は拒否される!
それだけ恐れていたのか??

後醍醐天皇は大覚寺系統である!
中継ぎの天皇で、自分の子供に継がせれない!
退位すればただの人!
院政を引けない!
そうなれば現状を壊さなければならない!
何が何でも倒幕である!
自身が権力者でいたい!
なので吉野に走り、南朝を開く!!
不屈の闘志を持つ帝王?????
そんなことは無い権力の欲望でしかない!!
ついてくる人間も同じような人間か??
大覚寺系統は衰退する!!

系図

Photo_20220926012701


〇 北畠顕家の失敗
北畠親房 吉田定房、万里小路信宣房 三房の一人で、
顕家は息子!
10歳で陸奥守に任官!
任命した後醍醐天皇は適当である!
普通は任命されるのは二流の貴族!
顕家はそんな家柄ではないと!
が後醍醐天皇は、予がやることが未来の先例になると!

親房は後醍醐天皇と対立していた?
武家との共存の考えである!

足利尊氏の反乱時、顕家は鎌倉を攻撃する!
足利尊氏を撃退するが、陸奥は足利尊氏側に立っている!
上手くいかないうちに、足利尊氏に京を占領される!
後醍醐天皇は新田義貞を犠牲に早々に降伏する!
ここらは著者の推測であるが、関ヶ原で顕家は負ける!
高師直に敗北し、堺で戦死!
その前に、地方分権の献策をしている………

貴族育ちで最終的には武士との距離が分からなかった!
貴族なので死ぬことは無かった!!

 

〇 北畠親房の失敗
大覚寺系統のみに仕えた!
そう言う家はいくつかあった!
持明院統は日野家だけである! 後の富子をだす!

親房は本来なるはずがない後嵯峨天皇に仕えていて出世する??
親房は武家容認である!
後醍醐天皇に干される??
親房は、後醍醐天皇の皇子義良親王(後村上天皇)と関東に行くが遭難!
関東を転々とし、吉野に戻る!
この間に「神皇正統記」を書く!

後醍醐天皇が亡くなり、総司令官をつとめる!
その時、足利兄弟が対立する!
尊氏は親房の条件を丸呑みする!
要は天皇なんてそんなものだと!!
「正平の一統」
尊氏のいないスキに京を攻める!
約束違反であるが………
が逆襲されて吉野に帰る!
この時、北朝の3人の上皇と、直仁親王、三種の神器を持ち去る!
三種の神器は全部残っていないのでは??

が北朝側は、佐々木道誉、高師直らバサラ大名は伝統も儀式も無視する!
神器の鏡の入っていた唐櫃を見つけ、それを神器に見立てて天皇にする!
天皇とはそんな程度の存在なのか??
親房は、武士の厚かましさ、応用力、でたらめぶりが分からなかった??
「天皇が必要なら木や金で彫っておけ」
そう言う時代である!
これはどうすることも出来ない!!

 

第3章 室町時代の失敗
〇 春屋妙葩の失敗
著者の本しか出て来ない???
・最澄  地道に努力して研鑚を積めば、やがて悟りを開いて仏になる
・空海  考えるな、感じろ

著者の嫌味か???
考えるより感性に訴えた方が分かり易い!
貴族なんて一部を除いて賢くない???

武士や庶民が「どうすれば救われるのか」
ここで鎌倉仏教が発達する!
浄土宗、浄土真宗、曹洞宗、臨済宗、日蓮宗、時宗………
禅宗ではひたすら座れ、座禅を組めと!
これを日蓮は、座っておればよいのか??
と攻撃する!

真言宗、天台宗は天皇が人事を決める!
禅宗では、将軍である!
室町時代初期の一時期、禅宗は「十方住持制」と言う形をとっていた!
諸国の寺の住持を勤めながら偉くなり、京に近ずく!
ある意味健全な競争制度である!
どんな人でもなれる、参加出来る!!

春屋妙葩
「徒弟院制度」
世襲にも似た、先生と弟子の関係!
先生のグループの人間しかあとを継げない??
これが広がり、禅宗でも激しい修業が行われない?
この中心にいたのが「春屋妙葩」

そうして宗教でなく、経済活動に従事する人間も多くなる!
金に強く、お寺の経営に参加し、宗教活動を行う!
さらにヘッドハンティングされて、荘園の代官になる………
世俗化が進む!!!
これを批判したのが、一休さん!!

著者の嫌味か??
日本は易化の動きが強い!
日本の哲学の不在に繋がる??
楽したがる………
「司馬遼太郎 空海の風景」
これに空海と最澄の対立がある!
最澄は密教を教えてもらいたい!
その為に、空海のもとに僧を派遣する!
が、裏切り空海のもとに走る!
自分のグルループにしか教えない、悪しき習慣に繋がったと!!!
これを思い出した!!!

〇 斯波義将の失敗
「三職七頭」
三職は足利氏一門 斯波氏・細川氏・畠山氏 三管領
七頭 山名氏・一色氏・土岐氏・赤松氏・京極氏・上杉氏・伊勢氏等
四職 そのうち山名氏・一色氏・赤松氏・京極氏を京都奉行とする

室町時代は面白味がない???
同族相哀れむ???
内紛の時代か???

斯波義将
幕府の実権は執事が握っている!
後に管領になる!
が番頭である!
斯波義将の父親の高経は、
就任を求められて、家来がやるものと断る!
自尊心が高い???
尊氏、直義対立時は、直義に付く!
その後尊氏に属し、政治にかかわり、細川頼之がライバルになる!

足利義満は細川頼之に育てられ、貴族としての教育も受けて出世する!
貴族としての教育は、儀式である!
義満は、明の皇帝から日本のトップとお墨付きを貰う!
日明貿易で儲ける!

「唐歴の政変」 康暦元年 1379年 室町幕府管領・細川頼之が失脚した政変!
斯波義将には、山名、大内、美濃の土岐、旧直義、直冬の残党が集まる!
春屋妙葩もグループである!!

足利義満は有力大名を潰しに行っている!
・1390年 土岐家
・1391年 山名家
・1400年 大内家

細川頼之は復活し、1932年 死ぬ!
この年は南北朝統一になる!
足利幕府の自信の表れか??

斯波義将は実力者で、管領である!
三代将軍義満が亡くなり、四代将軍義持になるが、
トランプ大統領と同じで、義満の政策を覆す!
日明貿易も止め、人事も取り消す!
義満に上皇の名を贈るのを拒否する!
斯波義将は信頼される!!

対立点は、天皇と幕府の関係!
・天皇と将軍が一体化
 尊氏、義満、細川頼之………
・鎌倉で幕府を開く、朝廷と幕府は別
 直義、斯波義将………

この対立が、応仁の乱に繋がる!
・西軍 山名、土岐、大内 細川頼之に干された連中!
・東軍 細川
が、斯波氏はこの時は衰退している!
越前、尾張も支配していたが、境目である!
が関東が衰える!!
山名は日本海を抑えて交易の中心である!
山陽にも領地がある!
細川は中国四国に領国を持つ!
大内氏は博多商人と深く、細川と対立している!!

瀬戸内海の覇者を争う戦いか???
斯波家は、東西のバランサーの位置に満足した??
四国に領度を持つべきだったと??
越前は朝倉に、尾張は織田に奪われ、衰退している???

〇 三宝院満済の失敗
足利義満の寵童! 今小路と言う貴族の出身!!
満も義満から貰っている!
醍醐寺を構成する寺院、三宝院の門跡を継ぐ!
三宝院賢俊??
足利尊氏に従って、戦場に出る!
光巌天皇に「朝敵を討て」の「院宣」貰いに京に戻る!
これで尊氏は朝敵の立場から脱出する!
ひょっとしたらと思ったが、やはり出てきた!
「神器の鏡の入っていた唐櫃を見つけ、それを神器に見立てて天皇にする」
この案を出す!! 本物かどうか分からない???

「鎌倉殿の13人」
文覚が髑髏を義朝のものだと言う??
本物かいな???
頼朝が信じたらそうなる???
神器だと信じれば神器になる!!

賢俊の実家は日野家である!
将軍家に正室を送り込む!
義満はえこひいきが激しい!
が、義持は義満の政策をしりどけるが、満済はその地位を保つ!
よほど要領が良いのか?
義持にも信頼される!!
義持が亡くなり、五代将軍の息子も亡くなり、弟4人からくじで決める!
六代将軍義教である!
これを著者は、八百長だと! 満済がくじを用意した!!
【そう思う! そんな都合のよい話はない】
【信長も銭を貼り合わせて片方しか出ないようにした】

この時、あらゆる仏教界で地位を得ている!
無かったのは「准后」
これがくじ引きの後与えられる!!
状況証拠である!!!

義教は誰の言うことも聞かない??
畠山満家と満済の言うことだけ聞く!!
貴族も武士も弾圧し、島流し、所領の没収、暗殺である!
永亭6年 1434年 嘉吉の乱!
赤松満祐に暗殺される!
が、幕府は一応残った!

義教は大名の内紛に介入する!
Aに決まっているものを、Bが良いと介入し、味方を増やす!
それに義教は優秀だと!!
満済は将軍は優秀な人間がなるべきだと!
リーダーは優秀なのが良い???
そうとも限らない???
「神輿は軽くてパーが良い」

「司馬遼太郎 坂の上の雲」
ロシアのウィッテは言う!
皇帝なんて普通の頭で出来ると!
要は内閣がちゃんとやる!!

15代将軍慶喜は優秀だったが付いてくる人間がいなかった!
浪人の坂本龍馬だけだと???

満済は頭が切れすぎて、人間と言うものが分かっていないと!

〇 足利持氏の失敗
・京都  文化の中心
・関東  僻地
・東北  とことん僻地

その僻地の関東、鎌倉で頼朝が武士の政権を立てる!
尊氏は全国を治める努力は行っている!
直義は東国を重く見る!

尊氏は関東に幼い息子、基氏を鎌倉に置く!
「鎌倉公方」である!
が敵が多くなり、居を移し「入間川殿」になる!
敵のトップ、上杉と和議を結び、鎌倉に戻る!
公方の下に関東管領を置く!
鎌倉公方は基氏の子、孫が継ぐ!

三代将軍義満は関東八国と東北を京は関与しない!
四代将軍義持に後継者がいない??
基氏が自分が将軍にと動く!!
結局、くじで将軍は決まる!
京と鎌倉は対立する!!
将軍義教は鎌倉に挨拶に来いと!
満済が中に入るが………
満済が死に、義教は鎌倉を攻める!
基氏は自害、息子も首を斬られて、一人残った成氏は「古河公方」になる!
義教は、関東平定で赤松教康に招かれて殺される!
息子義勝が継ぎ、早くに亡くなり八代将軍義政になる!
足利政知を関東に派遣するが鎌倉に入れず、伊豆で「堀越公方」となる!

要は思い上がりである!
まず「神輿は軽くてパーが良い」が分からない!
守護大名が付いてくると??
だいたい自分は足利一族で成り立っていると言うことが分かっていなかった!!
アホに見えるが………

〇 畠山持国の失敗
守護大名!
足利将軍の代理としてその国の武士をまとめる!!
なので、地元との関係が深くなる!!
京から派遣されるので無能であれば付いて来ない!!
無能なら次の守護が送られる!!

これが戦国大名になると、中央との関係は切れる!
守護大名は、自分の信頼する家来を「守護代」として派遣する!
越前朝倉、尾張織田は守護代の家来が自立して戦国大名になる!
時代にかかわらず、相続では揉める!!

畠山、細川、斯波………
・細川氏は上手くやったほうだと!!
・畠山である!
 畠山満家は相続で揉めて、その子持国でも揉める!
畠山持国は高級遊女との間に息子がいる!!
母親が遊女で自分の息子か自信が持てない!
この息子を坊主にする!
後継者は、甥の政長である! 将軍義政の政を貰っている!
息子と大人になって会い、そっくりだと認知する!
義就と名乗る!
後継者争いだが、持国が死ぬ!
当然、義就と政長は争う!
届は政長である!
義就は反乱を起こす!
これが「応仁の乱」の引き金になる!

日本史では「応仁の乱」は人気が無い!
10年も京都で小競り合いしている!
一大決戦も無い! 武将も二流か????
宗全は義就に目を付けて、クーデターを起こす!
この中で義就は名将になる???

宗全は義満に11ヵ国から3カ国に落とされて8ヶ国まで回復する!
細川は9ヶ国である!

・山名 義就、大内、土岐 義満に弾圧されている!
・細川 政長、
有力大名も分かれている!

「応仁の乱」は将軍家の跡目争い???
ではなく「畠山一家の乱」だと!!

「応仁の乱」は義満の代にさかのぼる!
尊氏と直義のグループの対立!
義満の大名潰し!
それが政長と義就の相続争いになり、応仁の乱になる???
畠山持国が自分の子と生まれた時に認めていれば………
実際に自分の子供かこの時代に判断出来たのか???

 


「失敗」の日本史 ①・本郷和人

 

2021年9月 5日 (日)

本・関ケ原合戦全史 1582-1615 ② (2021/1)・渡邊大門

Photo_20220821055401



第七章  関ヶ原合戦への道のり
第八章  関ヶ原合戦の開戦
第九章  東北の戦い
第十章  九州の戦い
第十一章 戦後処理と大名配置
第十二章 関ヶ原体制から徳川公儀の確立へ
おわりに
主要参考文献


第七章 関ヶ原合戦への道のり
進軍ルートである!
◆ 家康は東海道
◆ 秀忠が中山道
どちらが本軍なのか??
兵数より大名の質である!
どちらが本軍か??
これは家康が負けた場合のために
秀忠軍に徳川譜代の大名を付けた!

秀忠軍の方が本軍ではないかと?
そう言われている!!
その本軍が、真田に引っかかるのかと?

装備の面から考える!
「備」 戦闘単位!!
◆ 総大将の構える旗本備え
◆ 先備、先手備、中備、脇備、後備………
◆ 小荷駄隊

戦闘の手順!
① 鉄砲足軽の一斉射撃
② 槍部隊
③ 騎馬隊の突撃

両軍の違い??
秀忠軍は、信濃の大名も多い!
ではその役割は??
① 前軍、後軍の編成
② 役割が違う
③ 両軍は一体かつ不可分の関係になる
どちらが精鋭かの判断はしにくい!!
が個人的には、家康と秀忠の将の差がある!
豊臣の武断派を秀忠が使えるのか??
当然家康である!
だから秀忠の方に譜代が多い!!

この本では人質の話は出て来ない!
ガラシャの話もない!
まず伏見城攻防戦である!
鳥居元忠である! 奮戦する!
甲賀者の裏切りがあった!!
しかし圧倒的な兵力差で戦った!
死は覚悟しているが、攻める方も今一だった??
島津義弘が籠城への参加を申し出るが断られる!!
これは事実か??
この状況で、島津義弘ほどの武将が島津が参加しても勝てないことは分かるはず!
つまり後日の捏造か?? 最初から家康に付きたかったと!

〇 小早川秀秋の心中は??
① 上杉の反乱時、伏見城へ使者を送り家康に忠節を誓う!
② 兄、木下延俊の姫路城を譲り受けようとして拒否される
③ 家臣、稲葉正成、平岡頼勝は徳川方?
④ 稲葉正成の息子が家康に近習する
⑤ 三成からは、秀頼幼少時は天下を委任する
筑前、筑後、播磨に加えて、播磨一国を与える
⑥ 鳥居元忠に拒否される
⑦ 黒田長政らに使者を送っている
⑧ 心から西軍に服していない
去就に迷ったのは、秀秋だけでない!
伏見城に入場しようとしたが拒否される!
当たり前である! 城方にすれば、裏切られる心配がある!
ましてや攻防戦の最中に伏見城に入場出来るのか??

〇 脇坂安治・安元父子である!
播磨龍野である! 関ヶ原で裏切っている!
関ヶ原にも行っているが、大谷吉継の陣から小早川秀秋の陣が見える!
ここから攻め込まれたのか???
見えぬ目で見た!!
脇坂安治については、司馬遼太郎がよく分かる!
司馬遼太郎 貂の皮「新潮文庫・馬上少年過ぐに収録」
命をかけて出世した??

〇 阿波・蜂須賀家政は家康に付きたい!
阿波は一時毛利に占領される!

〇 丹後田辺城 細川幽斎
ここも真剣に攻撃したのか??
東軍に付きたかった武将もいる???

〇 毛利の伊予侵攻
関ヶ原の合戦後、撤退!

〇 伊勢 安濃津城の戦い
ここには九鬼家がいる! 吉川広家が攻める!

〇 北陸 前田利長
前田利長も兵数の割には今一か??
大谷吉継が活躍する!

〇 岐阜城 織田秀信
家康が江戸から出て来ない!
戦えば出動する! そう言われて福島正則は喜ぶ!
岐阜城攻めでは、池田輝政と先陣争いをする!
落城する!

〇 大津城 京極高次
関ケ原の合戦の勝利の一日前に降伏する!
しかしそこまで兵を引きつけたことを評価される!!

家康も三成も書状を出している!
いつも思うが、誰が運ぶのか??
見つかったらどうするのか???


第八章 関ヶ原合戦の開戦
家康は岐阜城落城を受けて
9月1日  江戸出発
9月14日 大垣到着
家康到着で東軍は士気が上がる!
秀忠の軍を待たずに開戦する!
それほど重要視されていなかった??

杭瀬川で島左近が小競り合いをする!
家康の選択は??
① 大垣城での決戦
② 西上して輝元との決戦

がここで家康、輝元の和睦がある??
毛利秀元に安国寺恵瓊は知らない!
井伊直政と本多忠勝、吉川広家である!
家康は関ヶ原に向かう………
関ヶ原は、関ケ原町と垂井町にまたがっている!
熱意が違った! ほとんど遺跡は関ケ原町にある!
しかし桃配山もそんなに人数が配置出来るのかと?
両軍15万である!!
こう言う場合、まず糞尿の心配をする!
そこら中に転がっていたのか??
石田三成は島清興に蒲生頼郷である!
地図が添付されているが、そこには蒲生郷舎とある!
ここらあたりはややこしい!

何故関ヶ原で戦ったのか??
境い目????
日本の中央だからか??
関ケ原の合戦が始まる!

〇 井伊直政と松平忠吉の抜け駆け
この章長い!!
戦法は名誉だと!
福島正則は譲らないと!
松平忠吉はそれまで登場しない??
関ヶ原で急に出てきた! それも抜け駆けで………
知っている話では、秀忠の代理だと????

しかし危険を冒してまで抜け駆けするのかと??
戦死の可能性も高い??
現に井伊直政は負傷している!!

著者の考えは?
井伊直政は先鋒を正則に譲って欲しいと要請した!
要は、抜け駆けは無かったと!!
妥当な考えであると思う!

〇 福島軍と宇喜多軍の死闘
弱体化したと言え戦意は高いと信じたい???
福島正則は切り崩されている???
乱戦だったようだが…………
しかし明石全登が活躍する!!

〇 小早川秀秋
宇喜多秀家の善戦も、秀秋の裏切りで崩壊する!
態度が不明なので、家康が鉄砲を撃たせた??
双方から良い条件を出されている!
ここでも黒田長政が調略している!
浅野幸長も説得する!!
と言っても会えるわけではない???
使者が行き交うが、バレるのではないかと思うが………
三成には、どうも戦力として期待されていなかった?
迷っていたが、問鉄砲は無かったようだ!!

〇 寝返った諸将
待遇が分かれる!
ここでは秀秋、脇坂安治、小川祐忠・祐滋親子を例に出している!
小川祐忠・祐滋親子は所領没収!
同じ裏切りでも評価が違う??

〇 黒田長政の奮戦
確かに奮戦している!!

〇 島左近の最期と西軍壊滅
鬼神のごときの戦いである!
が黒田隊の鉄砲により負傷する!
秀秋の裏切りで西軍は壊滅する…………
西軍で戦った諸将は落ち延びる………
秀家、小西行長、三成………
小西行長は記録が無いようだ…………
大谷吉継は腹を切っている!! 潔い!!!
長宗我部、長束、安国寺恵瓊は逃げる!!

毛利は輝元がすでに屈している!
それなのに、阿波や伊予に出兵して支配領域を拡大しようとした!
秀元の援軍要請にも応えていない!
秀元は戦う気があった!
が吉川広家がそうはさせなかった???
秀元は現実に関ヶ原を見ている!
この時、毛利が参戦しておればと言う気持ちがある!!
後に吉川広家に対してはきつかったようだが………


第九章 東北の戦い
政宗は上方より上杉討伐を優先させたい!
家康に出陣を願う!
すでに上杉を攻撃している!
政宗は引くに引けない???

〇 上杉は越後の一揆に侵攻がある!
まず越後に残っている旧臣に一揆を起こさせる!!
が失敗に終わる! 越後侵攻も頓挫する!
状況確認のための捨て石??

〇 小山評定後、江戸に引き上げる家康に対して追撃を主張した!
これも兼続に責任を押し付けるためではないかと?

〇 政宗の動向??
兼続は政宗を警戒している!!
「百万石のお墨付き」
家康も人が悪い! 守るつもりのない手形か??

これも「司馬遼太郎・関ヶ原」だが、
毛利家が東軍についても所領は安堵されないと!
恩賞として与える土地は取り潰さなければならない!
三成は計数に明るいのですぐに分かる!
政宗の百万石も与えられないはず?
なのにみんな信じたいことを信じる!!

〇 上杉の作戦は??
四方敵である!
佐竹善宜は味方か??
兼続の最上領への侵攻が始まる………
この攻めも、少し熱が入っていなかった???
政宗に救援を依頼する!
兼続は長谷堂城を攻撃するが落とせない!
兵力を温存したのか???
関ヶ原の結果が届いたのはいつか??
9月29日と言う…………
兼続は最上領から撤退する!!


第十章 九州の戦い
「滝口康彦・西の関ヶ原」は面白かった!
ちょっと悲しい感じもしたが………
九州は西が多い!!
東は黒田官兵衛と加藤清正??
杵築城主、松井康之もである!
他は西が多い!!
大友家再興をかけて大友吉統が兵を挙げる!
大友吉統は輝元の命を受けて豊後に入部する!
豊後を力で奪回しようとしたのではない!

黒田官兵衛はこれをチャンスと見て、家康に切り取り次第との約束を貰う!
兵は有名な銭で集めた………
清正とは強固な協力関係にある!
官兵衛は大友吉統を引き入れようとする!
大友吉統は旧臣らが集まってくる!
五,六千人の兵だと!!

杵築城は重要である!
官兵衛は大友吉統を捕らえる!
大友氏は諸説があるが滅亡する!!

官兵衛の策は??
① 小倉城を落とし、広島を狙う
② 備前を長政に与えて、官兵衛は別家を立てる
③ 清正と勝ち取った領土は自分のものにしたい!
二人は九州制圧を目論んだ!
それは薩摩を除いて成功する!!

立花宗茂が帰国しているが、降伏させる!
鍋島勝茂は裏切っている!

家康の薩摩侵攻作戦! 
毛利輝元に攻撃させる?
が、薩摩のなりふり構わない弁明がある!
黒田長政も仲裁する!!
薩摩攻撃は中止になるが、清正が抗議する!
結局は切り取り次第は認められないようだ!
政宗と同様か………


第十一章 戦後処理と大名配置
まずは、薩摩の関ヶ原からの脱出である!
その後、領地の配分が決まる!

① 毛利輝元は周防・長門の二カ国
② 安芸・備後は福島正則に
③ 細川忠興は30万石相当を豊前に
④ 山内一豊は土佐を
⑤ 島津はまもなく解決する
⑥ 東国も兼続が使者を出したので解決する
⑦ 前田利長には加賀一国を
「領地宛行状」は政治的理由で出されていない?

勝者の加増は?
① 結城秀康  越前75万石
② 松平忠吉  尾張52万石
③ 蒲生秀行  会津60万石
④ 池田輝政  播磨52万石
⑤ 前田利長  加賀129.5万石
⑥ 黒田長政  筑前52.3万石
⑦ 加藤清正  肥後51.5万石

加増に関しては確認している!
福島正則は過分であると!
黒田長政は四国2カ国と筑前かを選んだ!
外様大名は西国へ追いやられる!
それに対して一門、譜代は大幅な加増になる!!
この中で豊臣は摂河泉の一大名になった??
がまだ全国に飛び地はあったようだ!

伊達政宗の書状によれば、秀頼を立てて挙兵する者がいるかもしれない!
秀頼は家康が養育すべきだと!
まだ秀頼には威光があった???

西軍の武将は??
◆ 石田三成  捕らえられた説は諸説ある
◆ 安国寺恵瓊 逃亡生活の上捕まる
◆ 小西行長  キリシタンで自害せず
この3人はスケープゴードにされる!

◆ 毛利輝元  大幅な減封!
黒田親子が救おうとする!
が輝元の背信行為を責められる!
グレーゾーンでたいがいの人間にはあるが………
領地没収で広家に1.2国与える???
これの不満を唱えると毛利家が取り潰される!
結局、長門・周防の2カ国を与えると!
責任は全て安国寺恵瓊に押し付ける?

◆ 伊達政宗 
「百万石のお墨付き」は反故にされる!
やり過ぎではないか??
家康の方が一枚上だった!!

◆ 上杉景勝と直江兼続は??
1/3の知行になる………
ここも兼続に責任は押し付けられる??
堺屋太一言う、減らしたとは言え、家は残った!
毛利と同じく、成功ではないかと!

◆ 宇喜多秀家
薩摩に逃れる!
秀家は首謀者ではない!
殺すまでもなかった??
いずれ復帰できると思った!
薩摩はかばう! 島津と家康が和睦する!
結局許されて、八丈島に流される………
経済的には苦しかったようだ!
かっての旧臣たちが援助したようだ!
福島正則の家臣がたまたま流れ着いて酒を渡した話は出ていない?
敗者でありながら誰よりも長く生きた!!
この男だけが、養父の期待に応えたと!!

第十二章 関ヶ原体制から徳川公儀の確立へ
関ヶ原後、家康は征夷大将軍になる!
それでも秀頼と家康の双方に訪問していた!
が家康が秀頼を訪問しなくなる!
2年後、秀忠に将軍職を譲る!!
以降、忖度が始まる!
秀頼の訪問が少なくなる!
でも家康はそれなりの配慮を見せていた!

家康の政策??
◆ 鉱山の直轄化  大久保長安?
◆ 都市部への奉行配置 
◆ 京都所司代の設置 外様大名の監視
◆ 諸大名と姻戚を結ぶ
◆ 秀頼の関白就任を妨害する???
◆ 武家官位の推薦県の独占
◆ 御前帳と国絵図の徴収 城もか? 丸裸になる!
◆ 江戸城の天下普請 秀頼も協力する?
◆ 駿府城の普請
◆ 「五百石夫」 五百石で一人の人夫を出す
◆ 秀頼は外されるが………
◆ 改易と大名配置 対秀頼対策
伊賀 筒井貞次の改易と藤堂高虎の入封
丹波 前田茂勝の改易と松平康重の入封
10万石以下の家康派の大名を配置している!
◆ 後陽成天皇の譲位!
家康が上洛し秀頼と会見する!
二条城である!
加藤清正、浅野幸長、福島正則らが説得する!
◆ 三ヶ条の法令の誓約
徳川幕府を意識させる!
しかし秀頼は署名していない!
◆ 二重公儀体制??
たしか信長と義昭もそう言われていた??

家康は豊臣政権を温存しながら徐々にその権限を吸収した!
豊臣家の影響力は小さくなる!!
家康の遠謀が実った???

最後に「司馬遼太郎・関ヶ原」である!
最後に京に来た黒田官兵衛が言う!
あの男は成功した!!
秀吉亡き後、
三成ほどの寵臣が家康に走ったらどうなっていたか?

世の中の秩序が無くなる????
個人的には、三成の笹尾山の陣で関ヶ原を見た!
無念だっただろう……… 大谷吉継もである!!


おわりに
諸説、珍説は省いたと!
良質な一次資料を参考にしたと!


主要参考文献

 

関ケ原合戦全史 1582-1615 ② ・渡邊大門

 

2021年9月 4日 (土)

本・関ケ原合戦全史 1582-1615 ①(2021/1)・渡邊大門

Photo_20220821055401


●「家康を筆頭とする五大老は、石田三成ら五奉行より上位」は誤り
●直江兼続が家康方に宛てた「直江状」は、完全なる偽文書か
●「小山評定はあったのか、なかったのか」を詳細に検討する
●関ヶ原開戦時の、井伊直政と松平忠吉の「抜け駆け」の真相
●西軍に与した小早川秀秋の心は、以前から家康に向いていた
●九州を席巻した黒田如水の驚嘆すべき「広島制圧プラン」
●東軍勝利は、豊臣家没落を意味したわけではなかった


関ヶ原合戦(1600年)はわずか半日で終結した戦いだが、この戦の遠因は、
本能寺の変(1582年)を経て秀吉時代になって以降の、
独裁体制のひずみと諸将間の確執、各大名家の家中問題にあった!
本書では、秀吉の晩年から、五大老五奉行による政権運営時代、
会津征討、関ヶ原本戦、東北・九州の戦い、家康による戦後処理、
豊臣家滅亡による「関ヶ原体制」の終焉(1615年)までの実態を、
良質な一次史料と最新研究を用いて解明!

後世の編纂物などの二次史料に影響されがちな関ヶ原合戦史を訂正し、
今語りうる史実の全体像をつまびらかにする!


秀吉の晩年・没後の政治状況
七将による石田三成への襲撃
諸大名が抱える家中問題/動揺する上杉氏
「直江状」の真偽をめぐって
家康の会津征討
関ヶ原合戦への道のり
関ヶ原合戦の開戦
東北の戦い/九州の戦い
戦後処理と大名配置
関ヶ原体制から徳川公儀の確立へ



はじめに
第一章 秀吉の晩年・没後の政治状況
第二章 七将による石田三成への襲撃
第三章 諸大名が抱える家中問題
第四章 動揺する上杉氏
第五章 「直江状」の真偽をめぐって
第六章 家康の会津征討


第七章 関ヶ原合戦への道のり
第八章 関ヶ原合戦の開戦
第九章 東北の戦い
第十章 九州の戦い
第十一章 戦後処理と大名配置
第十二章 関ヶ原体制から徳川公儀の確立へ
おわりに
主要参考文献


はじめに
学生時代に図書館で「司馬遼太郎・関ヶ原」を読んだ!!
感動ものだった!!
40年以上前だった………
テレビドラマ化されたが、このキャストは良かった!
石田三成  加藤剛 
島左近   三船敏郎
本多正信  三国廉太郎
福島正則  丹波哲郎
豊臣秀吉  宇野重吉
前田利家  辰巳柳太郎
鳥居元忠  芦田伸介
皆亡くなっているが………

本に、ドラマに影響を受けている!
時代が進むにつれて、この時の常識が無残にも崩れていった………
しかし、人物描写は群を抜いている!
司馬遼太郎の影響が大きかったのは、藤堂高虎!!
この本ではあまり出て来ないが………
その常識が崩れていくが、人物描写は生きている!
著者らによって、こう言う状況だったと理解はしているが、寂しい!!
◆ 直江状の真偽
◆ 七将による三成襲撃
◆ 小山評定
◆ 忠吉と直政の抜け駆け
状況を再確認する!!


第一章 秀吉の晩年・没後の政治状況
これも司馬遼太郎である!「豊臣家の人々」
養子に取り立てた中で、養父の期待の応えたのは、宇喜多秀家のみと!
秀長、秀次、秀勝、秀康、秀秋…………
南條範夫が言う、家康の子供は性格が分かれる!
信康型と秀忠型??
10人近くいれば出来不出来もある!
秀吉は負けている!!

秀吉の遺言
① 五大老は互いに姻戚関係を結び、遺言を守る
② 家康は3年間在京する
③ 五奉行の3人伏見に置き、家康の監視をする
④ 2人は大阪城
⑤ 武家衆の妻子も大阪に住む

豊臣家の政治体制!!
◆ 五大老
◆ 五奉行
◆ 三中老
この大老と奉行の関係は??
大老は江戸時代のイメージである!
大老と奉行では、奉行の方が低い!
実際は、実際は逆のようだ!
石田三成は「五大老」を「奉行」と呼び、
自分たちを「年寄り」と呼んだ!

五大老連署による「五つの掟」
① 諸大名の許可のない婚姻を禁ずる
② 諸大名の製紙の交換を禁止する
③ 喧嘩口論は我慢した方に理がある
④ 双方が無実を言えば究明する
⑤ 乗り物に乗れる人間は限定される

五大老の職務
① 朝鮮からの撤兵
② 内乱の対応
③ 諸大名に領地を与える

五奉行の職務
主要都市の支配 京都・大阪・堺・長崎
秀吉亡き後、家康の家康派の婚姻が違反になる!
これに最終的には家康は屈する………
人間が集まれば派閥が出来る!
◆ 毛利輝元と4奉行、石田三成、長束正家、増田長盛、前田玄以
◆ 前田利家、浅野長政、宇喜多秀家
◆ 婚姻では家康支持派も多い! 

五奉行の方が力があった???
三中老は??? これこそあったのかどうか??
それなりの武将だが、七将ほどの実力はないと思うが………


第二章 七将による石田三成への襲撃
七将は??
加藤清正、福島正則、黒田長政、浅野幸長、細川忠興までは一緒である!
残り2名である!
藤堂高虎、蜂須賀家政が有力視されている!
加藤嘉明、池田輝政と思っていたが………
脇坂安治は?????

ここでのメインは、七将の三成襲撃である!
やはり司馬遼太郎・関ヶ原が劇的である!
小説では、飛び込んできた三成をどうするのか??
井伊直政が殺せと言い、本多正信が止める!!
そんな場面はなかったようだが………
ではどう言う場面があったのか???
前田利家が亡くなる!
いわゆる七将と三成の朝鮮の役における対立である!!
加藤清正と小西行長である!
同じく、黒田長政と蜂須賀家政の恨み??
この時の目付は三成の身内である!
ここから七将の三成襲撃になった!
三成は伏見の自分の屋敷に立て籠もった??
増田長盛に、長束正家も同じである!
この時、家康は仲裁した?
これを黒田長政らが受け入れて、三成は佐和山へ退き引退した!

当時の七将は??
◆ 藤堂高虎は大阪に
◆ 福島正則に細川忠興は積極的ではない
となると、積極的なのは、加藤清正に黒田長政と蜂須賀家政か?
これにより、三成と輝元の間にひびが入る??
三成と家康の間も敵対はしていない??
三成襲撃は、家康派と三成・輝元派の対立か?
が、家康が政権中枢に躍り出た!!
家康が家康与党を形成する!
書状、起請文が残っている!
島津、伊達、細川忠興………

黒田官兵衛、長政と吉川広家は良好以上の関係である!
① 公私とも問題が起これば相談すること
② 話は一切口外しない
③ 裏切らない
では何故この文章が漏れているのか??
広家と浅野長政は殿中で殴り合いの喧嘩をした?
これも家康が仲裁したようだ!!


第三章 諸大名が抱える家中問題
家臣団の統制!
◆ 国衆型家臣 小さいながらも一種の独立した勢力 
◆ 家中型家臣 昔から仕えている官僚型
毛利、島津、宇喜多家を例に挙げる!
国衆型家臣が問題である!
力あるので統制しにくい!
信玄や謙信でも逆らわれている!

〇 毛利は両川がある!
吉川に小早川である!
鎌倉時代の大江広元である!
小さな国人に過ぎず、大きくはない!
絶対的権力を持っていたわけではない!
立ててやってやるんだと!

元就は吉川、小早川に養子を送り込む!!
吉川元春の小早川隆景である!!
備中高松から撤退時、秀吉追撃を主張したのは元春で、
止めたのが小早川隆景と言う!
元春は勇猛である!
が、九州で元春、元長と亡くなり、三男広家が家督を継ぐ!

小早川隆景は実子が無く、秀秋を養子に迎える!
黒田官兵衛の策謀があったと言うような話は当然出て来ない!
輝元も実子がいなくて、元就の四男の子を養子に迎える!
毛利秀元である! が実子が出来て反故になる!
別に領土が与えられる? 秀吉の死で反故にされる!
秀元が輝元に起請所を出す!
① 秀吉の命があっても元就に従う
② 輝元から伺ったことは他言しない
③ 後継者、秀就には忠誠を尽くす
結局輝元は、後継者問題を有利に運ぶために五奉行に接近する!
毛利の体制は崩れる??
吉川広家と、安国寺恵瓊の体制になる???

黒田家官兵衛と長政は広家と昵懇んである!
浅野長政と吉川広家が対立した?
司馬遼太郎によれば殿中で殴り合いの喧嘩をした!
これを黒田親子が仲裁し急速に近づく?

毛利輝元で知っている話は事実か??
◆ 季節外れの桃を秀吉に献上するが、
三成が体調不良でも起こしたどうなのかと取り上げなかった!
◆ 家臣の刀を三成が欲しがった! 
それを直ぐに三成に渡すようにと!
秀次も見ているので欲しいと言われたら困る! 三成は大事な人だと!

堺屋太一が紹介しているが、輝元の立場が分かる感じがする!

〇 島津家である!! 名門である!!
島津も盤石ではない!
九州は3強か????
竜造寺、大友、島津!!
竜造寺が没落し、大友、島津の2強になる!
島津は大隅の肝付氏を滅ぼしている!
権力構造も盤石ではない!
大友は秀吉に救援を依頼する!
島津は秀吉に服従せずに戦うが負ける!
局地戦では勝っているが………
日向耳川で大破し、秀吉に臣従する!
これで薩摩、大隅、日向の一部に押し込められる!
4人兄弟で、歳久が梅北国兼の無謀な乱の責任を取らされる!?
家久も病死する??
結局残った義久と義弘の兄弟が対立している!
これは「山内昌之・嫉妬の世界史」が詳しい!
兄弟の対立である!

「庄内の乱」 伊集院幸侃(忠棟)が誅される!
秀吉に気いられて発言権を増す!
後継者にも口を出す!
これに対して、息子忠真が迷いながらも徹底抗戦の道を選ぶ!
12の支城に守られた都城に8,000の兵で立て籠もった!
8,000と言えば大きい! 
20万国で6,000と理解している!

これだけ長期に兵糧を確保できるのか??
加藤清正らの支援を当てにしている!
家康はこの討伐を認めた!
義弘は長期化で家康の介入を恐れ和睦する!
当然ながら、伊集院一族は、後日滅ぼされる??
家中が弱体化したまま関ヶ原に突入する!!

〇 宇喜多秀家である!!
宇喜多秀家は貴公子と言われる!
お坊ちゃまである!
宇喜多直家が悪の代名詞みたいに言われる!
この宇喜多騒動については一次史料がない??
二次史料から読み解く!
国衆型家臣と家中型家臣の対立である!
力のある国衆が多い!!

が、宇喜多家を運営するには能力のある家臣が必要である!

前田家にいた中村次郎兵衛が担当するが、討たれる!
死亡したとされているが実際は生きていたようだ1
この衝撃者の名前が分からない!
事件後70名が去る………
研究によりある程度分かって来ている!
宇喜多一族らに重臣で合計10万国に及ぶ!
ひとりは大阪の陣で千姫を救い出すお騒がせ男である!
宇喜多詮家???
キリスト教???
検地による苛酷な年貢の取り立てがあるとされる!
はっきり書かれていないが、明らかに家康の宇喜多家弱体の陰謀である!
国衆型家臣がまだ多い!
これを家中型家臣に変革しようとして対立した!
これを家康が利用したのか??
宇喜多家を出た家臣は家康に保護されている??
もともと秀家は秀吉に権力を支えられた!
家中に親家康派がいても不思議ではない!
その対立があった!
じっさいは家康の介入を許し弱体化した??
が、不満分子がいなくなり強化された????
実際関ヶ原の初戦では、明石全登により福島正則は切り崩されている!
よくある疑問に宇喜多秀家は精鋭だったのか???
無理がありそうであるが、関ヶ原では善戦以上であったと!!


第四章 動揺する上杉氏
上杉謙信も家臣の離反には苦労している!
一時は家督をほりだして高野山に出家しようとした??
東北の抑えで会津に転封になる!!
越後90万石から会津120万石である!!
直江兼続が国替えを主導する!
この時に、旧越後領から年貢米を持ち去った??
これが越後に来た堀家と揉める元になる!
この本では出て来ないが、先に蒲生家が会津の年貢米を持ち去ったと!
文句があるなら蒲生家に言えと!!

秀吉亡き後景勝は帰国する!
それは認められている!
がこの時に家康暗殺のウワサが流れる………
前田利長である! 嘘くさいが………
これを家康は利用する!
前田家攻撃を命じる!!
が、前田家は屈服する!!
家康は大阪城に入る!

景勝は領国整備に乗り出している
新城、神指城を作り、支城で固める!
これが戦準備と見られる!
重臣、藤田信吉が家康の元に走る!!
同様に栗田刑部もである!
栗田刑部は討たれたと言うが、生き残ったようだ!
歴史からは消えているが………
藤田信吉は上杉の中での自分の位置に不満を覚えた!
ジリ損か???
越後の堀氏は反上杉か??
越後の年貢米を取られて、百姓も会津に行く!
百姓は動くことは禁止だが、曖昧な立場の武士がいる!
これらは会津にも行く!
従って、耕作されない土地も多い!
相当苦しかったようだ!
これが讒言になる!!
① 名のある牢人を集めている
② 8万の人夫を動員して、神指城を築城している
③ 道や橋を整備している
④ 馬、弓矢、鉄砲をそろえている
時期的には説があるようだ………

景勝は家康を敵対視していた!
腹心の西笑承兌から直江兼続に書状を出す!!
西笑承兌は兼続と親しい!
零社之起請文を出せとある!
考えとして、天下を狙うより、豊臣政権の枠組みを尊重していたと!!


第五章 「直江状」の真偽をめぐって
直江状は写ししか残っていない!
本書はない! だから真偽が問題になる!
それほど重要なものなのだと?
「藤沢周平・密謀」
この中に、兼続が返事を書く時、硯とたっぷりの水を用意せよと!
文面が紹介されているが、そりゃいるだろう…………
写すだけでも大変である!!

長い文章である!!
そりゃ硯もたっぷり必要だろう………
追而書(追伸)が問題である!
これは後世に書かれたものだと!!

検証がある!
◆ 書状の形式、様、殿、公儀、上意
◆ 用紙、筆跡
◆ 字句や文言
◆ 発信日時

この内容については議論が多い!
◆ 否定的意見が多い! 偽物だと!!
◆ 肯定的意見は留保が多い!
内容は正しいのではないか?
写すときに間違いはある??
あってはならないが、省いたりする?

直江状は挑戦状ではなく、上杉の立場を説明している!
しかし文章に不自然な文言がある!!
研究者も苦労が多い!!

景勝は上洛しようとしていた??
が、堀家の讒言を信じた奉行に早急の上洛を求められ、
その日時をめぐって要望が認められずに、家康と戦う決意をする!

写された直江状の原本はあるのか???
どうもなさそうである!
創作ものだと!
景勝が上洛を拒否したので、討伐を決意したと!
直江状は原本があり改ざんされた???
でもなさそうである!!

「司馬遼太郎・関ヶ原」
天下の庶民には期待がある!
前田利長は屈服する!
が義に生きた謙信以来の家風がある!
上杉主従は違うだろうと!!
その期待を背負っている!!
逆に前田家のように屈服すれば、家が持たない!
その為には、一戦も覚悟していた!
家臣もそれを望む!!

そう言う空気があった???
しかし直江家は断絶している!
上杉の減封の責任はやはり景勝にある!
しかしその責任は兼続に押し付けた!
その為に責任を押し付けるものが必要になる!!
それが直江状か????
それが後世に残される…………
夢が無くなる!!


第六章 家康の会津征討
三成と兼続の事前盟約あったか??
小説ではあったとされる!
一緒のハイライトである!
が、結論を言うと無かった………
そう言う空気はあったかの知れないが………

三成は真田昌幸を頼りに、上杉に接触する!
それだけでも事前の連絡は無かったと!!

三中老が会津出兵を諫める!!
この書類が三中老の唯一の書類と言う!
結論を言うと信じられない!!
たしかに五奉行と五大老の間を取り持つには力不足である!
この重要な時期にしか出て来ない????

6月には会津討伐を決意している!!
攻め口がある!
◆ 白河口  家康・秀忠
◆ 信夫口  政宗
◆ 米沢口  最上義光
◆ 津川口  前田利長
◆ 仙道口  佐竹善宜

伏見から江戸、小山へ行く!!
そこで三成挙兵を聞く!

この時に、「二大老、四奉行」体制が始まる!
輝元、秀家の二大老!
三成、長盛、正家、玄以の四奉行!

当初は、輝元に三奉行は三成、吉継に同調せずと!!
家康はこれで安心する!
が、実際は輝元はやる気満々だった!!!

問題の小山評定になる!
主なものは二つ!!
◆ 福島正則の味方するとの発言
◆ 山内一豊に城を家康に提供する
黒田長政が正則を説得する!!
書状の日時から判断する!!

著者の判断である!
家康は自分に近い武将を上杉討伐に連れて行っている!
きちんと状況を説明して、三成討伐を決めた!
そんなみんなを集めての会談は無かった???

「西軍」「東軍」 便宜上そう言うが当時はそう呼んでいない!
ではどう呼ぶのか??
◆ 石田三成・毛利輝元連合軍
◆ 徳川家康主導軍
もはやそう言っても無理がある??

では何故関ヶ原は起こったのか???
家康には政権奪取、天下取りの野望は無く、
豊臣家の中での発言権を高めることにあると!
しかし宇喜多騒動、薩摩の「庄内の乱」で大名は危機感を持つ!
内政干渉されると!!
反徳川の機運が高まる???

 

関ケ原合戦全史 1582-1615 ①・渡邊大門

 

2021年9月 1日 (水)

本・日本を創った12人 ①(2006/2)・堺屋太一

12_20220821151301


「日本の独自性」とはいったい何か。
それは、いつ、誰によって、いかにして創り上げられたものなのか。
本書では、聖徳太子から近現代まで、いまなお今日の日本に強い影響力を残している、
歴史上の象徴的な「人物」12人をとおして、長い日本の歴史を見直し、
大変革期を迎えている現在の日本の舵取りのヒントを求めた歴史評論である。
新書版の前編・後編を合本した「堺屋日本史」、待望の文庫化。


著者の解説は信頼出来る! 著者のファンである!
前編・後編を合本しているが、紹介は①、②である!
内容は下記の通りである!!
戦国時代から3人!
戦後から3人である!!



はじめに  今こそ歴史を
第1章 聖徳太子   「神・仏・儒習合思想」の発案
第2章 光源氏    「上品な政治家」の原型
第3章 源頼朝    「二重権限構造」の発明
第4章 織田信長   「否定された日本史」の英雄
第5章 石田三成   「日本型プロジェクト」の創造
第6章 徳川家康   「成長志向気質」の変革


第7章 石田梅岩   「勤勉と倹約」の庶民哲学
第8章 大久保利通  「官僚制度」の創建
第9章 渋沢栄一   「日本的資本主義」の創始
第10章 マッカーサー 日本を「理想のアメリカ」にする試行
第11章 池田勇人   経済大国の実現
第12章 松下幸之助  日本式経営と哲学の創出
おわりに


はじめに  今こそ歴史を
日本の風土と人物がある!
① アジア・モンスーン地帯に属し、温暖、湿潤である!
米に適している! 遊牧・牧畜に向かない!
② 狭くない海に隔たれている!
③ 4つの島はまとまりがよい!!
司馬遼太郎言う! 風土など当てにならない!
人を理解するのに、その風土的概念を当てはめるほど滑稽なことはない!
この12人が日本に何を与え、今後に何を残し影響を与えるのか???


第1章 聖徳太子 「神・仏・儒習合思想」の発案
「神・仏・需習合思想」の発案者兼実践者である!
「始代」 紀元前後に王朝があった???
     神への祈りが重要視されている??
「古代」 土地改良が進んだ農業革命以降??
卑弥呼の時代は、「始代」である!
6世紀ごろに大和朝廷が確立する!
聖徳太子が生まれた頃になる!!
朝鮮半島は高句麗、新羅、百済の時代で、日本とは交流がある??
帰化人が中国の文化、技術、仏教を持ち込む?
538年仏教が入ってくる!! それ以前に入ってきている!!
廃仏派は物部氏、崇仏派の曽我氏が争う!!
この戦いに聖徳太子は蘇我氏側に立って参戦している!
蘇我氏は、崇峻天皇を擁立し、暗殺する!!
仏教をどうするか? 天皇自身仏教徒になってよいのか??
太子自身仏教徒である!
太子の歴史的業績は??
① 仏教の研究と普及!
② 「17条の憲法」などの国家制度を定める!
③ 遣隋使の派遣などの外交!
④ 斑鳩の里を開発する!

熱心な仏教の研究者、信者で、布教している!
でありながら、日本古来の神を否定しなかった!
「神・仏・需習合思想」である!!
日本は物部氏VS蘇我氏の戦いがあったが、それ以外宗教戦争はなかった!
信長も宗教戦争ではない!
ここからは著者の持論である!
日本は「ええとこどり」できる!
それがいいのかどうか分からないが………
クリスマスを祝えば、座禅も組み、神輿も担ぐ!!
アジア・アフリカで近代技術を取り入れれた理由である!!

職縁社会、会社人間!!
地縁社会、血縁社会が崩れる!

聖徳太子が残した「ええとこどり」の発想が、
日本人に最大の影響を与えたと!!


第2章 光源氏 「上品な政治家」の原型
日本の神話? 記紀は事実なのか??
歴史的事件の記述ではないが、思想上の構成ととして見るのにふさわしい!

「映画・千年の恋 ひかる源氏物語」
光源氏は天海祐希が演じた! 何気なく見たがこれは良いキャスティングだったと思う!
光源氏は架空の人物である!
架空の桐壷天皇の第二皇子である!
臣籍降下で源氏姓になる??? 源光か???
父親の寵姫との間に付議の子供が出来る!
平安貴族の生活がある!!
第一部 准太上天皇に達する
第二部 老境の時代
第三部 息子の薫の君が登場する

当然のことながら宮中では争いがある!
須磨・明石に追放される!
この時代を、反逆もせずに乗り切る!
要は何もしていない!!
何もしない政治家である!!
世は平和ではない!!
平将門、藤原純友の乱がある!!
小説には関係ないか??

平安時代の貴族の生活がある!
「何もしなかった政治家と言う」
一見上品で人柄はよさそうであるが、やる気もなく、知識も関心もない!
そうなれば近衛である??  細川もか??
太平洋戦争に責任がありながら、終戦時ソ連に行って交渉しようとした?
光源氏に代表される、平安貴族の典型か??

海外の指導者は自分で決める!
日本は細かいことを言うのは大物ではない!
何となくみんなで決めたと!!
空気が決める!!!
光源氏のサロンは、そのようなものなのか?

1994年の日本の民間の交際費は5兆4087億円!
アメリカの3倍、ドイツの6倍と言う!
旅費交通費も多い!

意思決定しない高貴にして高位な人、
いわば無能で上品な人伝統は平安貴族、光源氏に始まる!!

ジャングルに残された貴族は??
日本の場合生き残れない???
イギリスやフランス、ドイツは生き残る!
日本的上品さとジェントルマンは欧米とは違う!
知識のある人間を尊敬するのは中国にフランス!
日本の「人柄満点、能力零点」の「上品」な人々がトップになることが多い!
「和を以て貴しとなす」
今後の国際化では、光源氏型は考えなければならないと!!!


第3章 源頼朝 「二重権限構造」の発明
源頼朝は清和天皇の子孫と言う!
臣籍降下である!!
昔は桓武平氏、清和源氏と教えられた!
が実際は平氏は桓武天皇だが、源氏は20に以上の天皇から臣籍降下されている!
天皇家が源流、源と言う意味のようだ!
平氏と言うのは平安京遷都の中でその時だけ与えられたと!!
平氏は4人の天皇から出ているが、その時は平も源も与えられて、桓武平氏しかのこっていない!
その清和源氏も、元平親王を祖とする陽成源氏であるが陽成天皇は暴君であるとの評判を嫌って
一代前の清和天皇に祖を求めたとする説がある!
別に源氏の棟梁とは言えないが、実力でもぎ取った!
源氏も子供が多いが、同族で殺し合いをやっている!
鎌倉幕府も三代で滅んだのも同族の殺し合いである!

奈良時代  二官八省 
二官 宗教官と政治を行う総理大臣?
八省 役所
平安時代は荘園制が出来て、武士が台頭する!!
用心棒兼番頭です!!
平家全盛が10年間続き、飢饉が発生している!
全国で反乱が起こる??
頼朝も兵を挙げる!!
しかし戦ったのは木曽義仲である!!
頼朝は鎌倉にいる?? 苦労はある!!
征夷大将軍になる!!
東には蝦夷、西には熊襲!
これを帰順させる!
東は征夷大将軍であり、西は鎮西大将軍である!!
征夷大将軍は東部軍総司令官である! 臨時の軍政官である!
その征夷大将軍の役職をもって武士を支配する!
建前の律令制、本音の幕府!!
権威と権力の二重構造である!!!!
そして首都機能を今日の影響の及ばない遠国、鎌倉に置く!
つまり下の者が権力を握っても良い???
それを実行したのが北条政子と言う!!
最高首脳はシンボルであり、実験は下にある????
神輿は軽くてパーがよい!!
海部首相が答弁を読み間違えた??
「一介の総理が読み間違うとは」
今でも官僚はそう思っている!!
「破滅の英雄」
義経である! 赤穂浪士もそうである!!
お家再興はならずに、全員切腹である!!

頼朝亡き後、北条政子が実権を握る!
旗揚げ以来の功臣を誅する!!
梶原景時、比企能員、畠山重忠、和田義盛………
三代で源氏は絶える!!
この時、足利も将軍へのチャンスはあった??

頼朝が「二十権限構造」へ舵をとり、北条政子らがそれを進めた!!
海部総理の例ではないが、官僚主導の政治になった…………


第4章 織田信長 「否定された日本史」の英雄
戦国時代はルネサンス時代と対応している!
この時期は開拓が進み、生産性が上がる!!
一国当たりの勢力が生まれる!
相模の北条、甲斐の武田、駿河の今川、阿波の三好、周防の大内………
すんなりと家督は継げなかった………
弟信勝、兄信広とも戦う!!
佐々成政も信長暗殺を謀る!!
池に藁の大蛇を流し、大蛇が出たとなれば必ず信長は見に来ると??
その時に暗殺する!
信長の性格を見抜いた暗殺計画であるが………
桶狭間の合戦は奇襲だったのか???
信長が奇襲をしたのは、桶狭間と本願寺と戦いだけである!!
あとは敵より多数の兵をそろえて、無理はしない!!

信長の戦いは???
① 銭で雇う兵  兵農分離である!
農民兵は強かった???
まず戦いに出て逃げたりすると共同体から村八分にされる??
なので必死に戦うが、農閑期しか戦えない!
銭で雇う兵は弱いし逃げたりするが、常時戦えて、補充も出来る!
長く戦うとやはり有利である!
戦術も戦略も最初に考えた方が有利である!
義経は平家の水軍と戦った!
この時に船頭を狙った?? それはしない約束が出来ていた!
が勝つためにはやる! それで勝った???
信長もそのようだ!!

② 財政基盤
何をやるにしても金が必要である!!
楽市楽座?? これで金を生み、兵を雇う??
レーガノミックスを実行した??
財政基盤があるので、鉄砲もたくさん揃えれる!!
信玄にしても豪族の集まりを率いている!
信長はそうではない!!
次々追放する!!

組織、財政、人事、戦略戦術上の新機軸を作り出す!
旧勢力は反乱する!
浅井長政、松永弾正、荒木村重、明智光秀………
丹波の波多野氏、播磨三木の別所氏………
著者言う、信長と家康が天下の構想をもっていた!

信長の絶対王政ビジョン!
天下構想は?
秀吉、光秀、長秀に九州を、勝家は出羽と越後、
一益は北関東、家康は陸奥一国と言う………
居城は大阪に移す!
世界に先駆けて絶対王政を作っていた??
同時代には、エリザベス女王、フェリベ二世、イワン雷帝がいる!

信長が生きていたら、重商主義をとり海外に進出していた?
が信長の死後外国の侵略を受けていたかもしれない………
が家康はその考えを引き継がなかった………
日本が国際化する可能性は残したが、挫折したのか???


第5章 石田三成 「日本型プロジェクト」の創造
「大一・大吉・大万」
関ケ原の合戦を企画した???
「司馬遼太郎・関ケ原」が知識の源である!!
著者によって新たな視点が出来た………
日本は偉くない人が大きなことが出来る国だと!
例が悪いと思うが、関東軍の満州国建国????
若手将校が勝手にやったと!!
自身の日本万博の開催!
新幹線、八郎潟の干拓もそうであると!

近江佐和山19万4千石である!
家康は250万国である! なので策を講じる!!
秀吉の死後750日に何を行うのか??
家康に対抗出来る実力者を担ぐ!
前田利家である!
宇喜多秀家、上杉景勝、毛利輝元らが、思惑があるが協力する!
前田利家が亡くなり蟄居する!
① 豊臣家のために
② ポスト、利益で誘導する
③ 恐怖

人間の行動の動機は?? それを利用する!
① 性善的なる愛情で動く
② 下劣な利益で動く
③ 弱さゆえに恐怖で動く

五大老の家老を口説く!! 
宇喜多秀家が協力する!
毛利輝元を総大将に祭り上げる!
つまり、三成の策は???
① 大義名分を立てた
② スポンサーを冠にした
③ 実務者ネットワークで有力大名を乗せた
④ 象徴的な人物を総大将に祭り上げた
そのために口説く?? No2をである!!
上杉景勝  直江兼続
毛利輝元  安国寺恵瓊
宇喜田秀家 明石全登
明石全登は関ケ原で福島正則と戦った………

結局は裏切る大名が多かったが、兵は集まった!
情報不足もある!
集まった大名は、三成は秀吉の薫陶を受けている!
勝つ戦略があると思わせた!
が現実はそうでない! 離反する大名は多い!
来てみればばらばらである!
三成には美意識があった!! 堂々と戦野で決着をつける!
結果負けたがその通りになった!
「関ケ原」と言えば天下分け目と言うことが分かる!
それを言えば、だれでも何のことか分かる………
関ケ原で戦ったのは、石田三成、宇喜多秀家、大谷吉継らか??
小西行長はどうだったのか??
石田三成の家臣はよく戦った!
嶋左近、蒲生家から仕えた家臣たち!
関ケ原の古戦場には行っている!!
特に感じたのは、大谷吉継に人から小早川秀秋の陣が見える!
司馬遼太郎、見えぬ目で見たと!!!
大谷吉継の墓がある! いった時は花が供えてあった!
ほっとしたが………
標識だけあるのが吉川広家に陣! 気分が悪くなったが………
関ケ原は、関ケ原町と垂井町に渡っている!
取り組みかたの違いを感じたが………


第6章 徳川家康 「成長志向気質」の変革
家康の影響は???
① 政治家として武将として、天下統一と幕府創建
② その生き方が日本人の手本になった
③ 徳川幕府により日本社会が規定された

家康が関東に移った時、江戸、古河、鎌倉などが候補だった!
江戸を進めたのは秀吉と言う!
家康の生き方が誤解されている???
人質時代、今川への服従、織田との同盟と忍耐したと言われる!

「厭離穢土 欣求浄土」
申し訳ないが、これを読める人は戦国時代、多かったのか?
穢れた世の中を厭い離れよ!
浄められた世の中を欣んで求めよ!

「浄土」
身分階級がはっきりと分かれている秩序ある世の中!
階級も決まっている、礼儀作法も決まっている、
家族に中の長幼の淳も決まっている、何もかも安定していること!!

「人の一生は重荷を負うて遠き路をゆくが如し、急ぐべからず」
辛抱、忍耐、倹約………
そんなことはない??
秀吉のように派手さはないが………
信長との同盟に耐えた????
ではどのような選択肢があったのか??
信玄と組むのか、北条と組むのか???
信長との同盟で、三河、駿河、遠江の3カ国を支配した!
本能寺の変後は、信濃、甲斐を手に入れている!

秀吉の成長志向が朝鮮侵攻になる!!
日本に土地が無くなる!!
関ケ原の合戦後、家康亡き後に加藤清正、福島正則、最上義光らを潰す!
これで世間に分からせる!!
家康を「冷酷」と言う!
家康の影響が残っている点!
「対外不振」の島国根性!!

① 中央集権国家の官僚制度の確立
② 倹約の奨励  成長志向への危機感
③ 鎖国
この時代は、中国からの移民が問題になっている??
明と清の争いである!! 鄭成功が援助を求めてくる!!
これらを禁止する!!
安定優先の鎖国である!
それによりどうなったか??
① 国際感覚の欠如
② 外国に対する不信感
③ 国際的孤立化
そいう影響が現在にまで残っている!!!

 

日本を創った12人 ①・堺屋太一

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

古代史 奈良時代 室町時代 幕末 平安時代 戦国時代 江戸時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド イングランド(イギリス) オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ クロアチア スイス スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア スロベニア セルビア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベルギー ポルトガル ポーランド ルクセンブルグ ルーマニア ロシア (バルト3国 コーカサス ウクライナ) 中南米 中国 (モンゴル) 中央アジア 中東 台湾 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  刺客(忍び)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  宮本武蔵_  徳川家康 (徳川関連)  戦国武将(武将)  明智光秀 大河ドラマ(麒麟が来る)  明智光秀 本  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 大河ドラマ  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 大河ドラマ  黒田官兵衛 本  黒田官兵衛 紀行 おんな城主 直虎 本 おんな城主直虎 大河ドラマ お勧め アート インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート スポーツ テレビ番組 ドラマ ゲーム・オブ・スローンズ ナルト 中央アジア 事件 仕事の悩み 剣客 単なる女好きのおっちゃん 古代文明 名言格言 国内 旅行 坂の上の雲(明治維新から第一次世界大戦後まで) 山本五十六(第二次世界大戦前から) 政治・政局 旅行・地域 昔話 映画 時事 書籍 その他 書籍 スパイ 書籍 戦略戦術 書籍 海軍 書籍 特殊作戦 書籍 空軍 書籍 軍事   書籍 軍人 書籍 陸軍 書籍・雑誌 東南アジア 源平合戦 独り言(よもやま話) 神社・仏閣 科学 紹介、情報 落語 講演 軍事博物館 金融 鎌倉殿13人  本 鎌倉殿13人 大河ドラマ 鎌倉殿13人 源平合戦 鎌倉殿13人 紀行

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ