徳川家康 (徳川関連)

2020年7月 2日 (木)

本・闇の松明(2002/6)・高橋 直樹

Photo_20200621062301


崩れゆく名門武家におこる小さな波乱を、
側近の城士の目から語る「尼子悲話」。
石田三成の軍勢に包囲され落城間際の伏見城で、
四人の百姓足軽がみる一夜の夢と城抜け「闇の松明」。
戦国の将卒の生と矜持を、
さわやかな哀感をこめてみずみずしく描き出し、
鮮烈なデビューをはたした著者の初期傑作短篇集。


こう言う短編集は面白い!!
特に本田豊前守家吉は印象深い!!
「闇の松明」は白石一郎の高橋紹運の本を思い出す!!
玉砕するが、一人逃げ出している!
これを攻める島津が捕らえる!!
そうして殺す!! 名将高橋紹運の配下に逃げ出すような不埒な人間はいない!!
これも面白かったが、同じような話がある!!
4話構成であり、内容は下記の通りである!!


● 尼子悲話
● 悲刃
● 闇に走る
● 闇の松明


●  尼子悲話   本田豊前守家吉
毛利元就の名言がある!!
「能や芸や慰事、何もかも要らず。
 ただただ武略、計略、調略こそ肝要にて候」

「謀多きは勝ち、少なきは負け候」
と、孫子を踏まえて自らの信条を書き綴っている!
これで中国の覇者になった!!!
その元就と戦ったのが尼子である!
尼子と言えば山中鹿之助である!
その前の、主に新宮党の誅殺の話である!

本田豊前守家吉の話である!
月山富田城の最後に立合う!!!
尼子の内紛??
一族が全て協力すとは限らない!!
新宮党と言う実力者がいる!!

当主・修理大夫晴久に仕える!
新宮党には、屈折した思いがある!
父・紀伊守国久 長男・吏部誠久 三男・金吾敬久……
修理大夫晴久 御嫡子三郎四郎と、吏部誠久の息子善四郎が喧嘩をする!
三郎四郎が負ける!!

この頃、家臣の裏切りの書状が発見される!
元就の謀か??
修理大夫晴久も馬鹿ではない!
毛利の井上一族に対する誅滅の事情、
陶晴賢の大内義隆弑逆についての事情を知ろうとした!
果たして知ったのか???
座頭が耳障りの良い話を吹き込む!
元就の井上一族の誅滅はもっと早くすべきだったと!
再び密書が発見される! 
筆頭家老・亀井能登守が弾劾する!
新宮党の上意討ちである!!

本田豊前守家吉が修理大夫晴久に諫言する!!
尼子の軍を誰が指揮するのか?
座頭の首を持って言う!
これも嫉妬になるのか??
新宮党は一族がまとまっている!
修理大夫晴久は不安である! 厄の芽は早いうちに積まねばならぬ!
将来のために!! いったん芽生えたものは摘み取れない!
逆に刺客を頼まれる!!
決行前に、吏部誠久の二人の息子と魚取りをして遊ぶ!
心中いかがなものなのか??
そうして上意討ちを決行する!
紀伊守国久を討つ!
そうして新宮党は誅される………
吏部誠久の二人の息子も死ぬ!!

座頭が言ったという!
元就は使い切るまで井上一族を誅殺しなかった!
が、修理大夫晴久は身を軽くしたいがために誅殺する!!
頭の出来が違うと!!
結果からみればその通りであるが………

三郎四郎が後を継いで毛利に降伏する!!
弟二人と毛利に幽閉される!!
それに同行する! 信頼されている!!
行く前に、山中鹿之助に会う!
今後どうするのか?  新しい道を開くように言うが………
あくまで尼子に仕えると!!
この話は面白い!  読んでいて楽しい!!!


●  悲刃  内藤修理大夫元盛
この話は知っている!
「司馬遼太郎・城塞」で紹介されている!
次いで滝口康彦が書いているのを読んだ!!
内藤修理大夫元盛である!
毛利元就の外孫にあたる宍戸元秀の次男として誕生している!
関ケ原の合戦である!
毛利は動かなかった!
毛利秀元が率いている!
吉川広家、福原越後守広俊が参加させない!
これを元盛は見ている!

石田三成が負けて毛利はどうするか?
元盛は大阪城で輝元に言う!
戦うか??  家康の軍門に下るか??
誰でも分かるが、恩賞として与える土地には限りがある!
120万石は恩賞としては十分ある!
しかし家康は保証していると!!
元盛は輝元に言う!  吉川広家、福原広俊を斬れと!
そうすれば内府に遺恨を持つものが集まると!
毛利が割れてもである!!!
しかし、約束は守られずに防長2州、36万石に押し込められる! 
元盛も領地が変わる!
大阪の陣が起る!!
これに輝元は大阪方に手を貸したい!!
誰か入城させたいが、それが毛利とバレれば困る!
元盛に白羽の矢が立った????
佐野道可を名乗り、数十名と共に入城する!!
いざと言う時の書付は貰っている! 使えないが………
大阪城に入城し失望する………
総大将がいないし、秀頼にも失望する………
必然的に敗れるが、元盛は大阪城を退出する!!
そしてお家のために自裁する!!
息子は切腹のようだ! 復活するのは息子の孫の時代である………


● 闇に走る  織田信忠秘話??
「本能寺の変」秘話である! 伝奇小説である!
本能寺の変で、秀吉は天下取りに向かった!
黒田官兵衛が活躍する!
物語は、栗山善助と村田出羽の対立から始まる!!
順調に仇討は進む………

秀吉が天下を取る!
が、そこに鎌田新介が官兵衛を訪ねて来る!!
驚愕の事実を言う!
信忠が生きている………
官兵衛は自らの意志で鎌田新介を刺す!!
この時光秀は秘密のために、出会った百姓を殺している!
母親が斬られた息子がいる!!
信忠は生き延びている!!
これを栗山備後と村田出羽が殺しに行く………
官兵衛は秀吉の天下を守りたい!!
信孝、信雄では問題外であるが、信忠では違う!!

信忠を殺す!!
ただ村田出羽は信忠の太刀をくすねる………
これが秀吉の目に留まる!!
秀吉は全てを察する………
そして官兵衛の恐ろしさを知る………
以後、官兵衛は表舞台から消える………
村田出羽は傲慢になる!
自分が殺した相手が信忠だと分かって来る!
自慢しかねない………
しかし自慢しても信用される事は無いだろう………
それより何故村田出羽を殺さなかったのか????


● 闇の松明  鳥居元忠の足軽たち
鳥居元忠は家康の江戸への転封で、下総矢作へ4万石で移る!
三傑、井伊直政、榊原康政、本田忠勝は10万石である!
もっと欲しい???
この移転時に百姓で足軽奉公を務めたいものを連れて行く! 
4人の仲間が行く!!
関ケ原の合戦時、三成は兵を挙げる!!
鳥居元忠は伏見城に籠城する!!
捨て石である!! が息子が加増できれば良いと!!

頼朝挙兵時、三浦大介義明は討ち死にするが、三浦一族は栄えた!
鳥居元忠はそうなるつもりである!!
筑前岩屋城で玉砕した高橋紹運もそうであった………

元忠の遺言状がある!!
これを息子に届けたい!
そうして届ければ300石に武士の取り立てると!!!
条件は他の3人を殺すこと??
どうも元忠は全員玉砕したようにしたかった!!
その方がアピール出来ると………
趣意書は1通ではなかった!! 殺し合いをさせたい!!
そうして最後に残った一人を、忍びを使い始末する!!
そう言う計画か???
足軽なんて数に入っていない………

鳥居元忠の息子、忠政は陸奥岩代に10万石を加増された!
ついで出羽山形に20万石になる!
寒河江2万石も与えられて22万石になる!
三傑に並ぶ元忠の意志は達せられた………


闇の松明・高橋直樹

2020年6月29日 (月)

本・本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相(2019/12)・渡邊 大門

Photo_20200621042801

論理の飛躍を遠ざけ、史料的な根拠に基づいて見出したとき、
はじめて明らかになる真実とは。
異説、珍説、怪説大集合。
日本史上最大の謎の一つを丹念に解きながら、歴史学の手法に迫る。

いま明かされる、明智光秀の実像とは。


本能寺の変の本は多い!
個人的にもよく読んでいる!!
個人的な意見がある!!
安部龍太郎、立花京子、明智憲三郎がいる………
安部龍太郎は小説家である!!
そのくせキリシタン勢力が侮りがたいと??
大変申し訳ないが、キリシタン大名・大友宗麟は薩摩に大敗している!
この作家も陰謀論が好きである!!

立花京子もそうであるが、これについては著者が明快に否定している!
明智憲三郎は時間の無駄だった!
二度と読むものかと思ったが………
これも著者が一刀両断している!!
言葉はやさしいが………
だいたいこれが真実だと言う題名ほど下らないと思うが………
この本は光秀の陰謀論の解説をしている!!
本当なのか??? 楽しい!!
内容は下記の通りである!!


はじめに
序 章 本能寺の変の流れと史料
第一章 怨恨説・不安説・野望説 (信長、恨みます?)
第二章 足利義昭黒幕説     (室町幕府再興を目指して?)
第三章 朝廷黒幕説       (朝廷の危機感が光秀を操った?)
第四章 四国政策説       (政策の変更が光秀を脅かした?)
第五章 その他の諸説
終 章 光秀単独犯説
おわりに
主要参考文献

 

はじめに
歴史に関する一般書は多数刊行されているが、
そこには根拠のないデタラメな説が流布しているのも事実!
また、それらを信じている人も圧倒的に多い!
本書では、本能寺の変を素材として、戦国の歴史を学ぶともに、
「正しい歴史研究の方法とは何か」を考える!

【こんな歴史書籍を読んではいけない!】
① まったく史料が読めない人が書いた本
② 史料を読んだふりをする人が書いた本
③ 都合の良い解釈+誤読を積み重ねる人が書いた本
④ 自説を有利にするために史料や文献を選ぶ人が書いた本
⑤ 著しい論理の飛躍を重ねる人が書いた本

歴史研究家は多い! 郷土史家、街の歴史家は多い!
街の科学者はいないが………

一次史料に二次史料がある!!
著者の本はよく読んでいる方なので、違いについては理解している?
ただ意図しない間違いもある!
明らかな嘘は、太平洋戦争の軍人の証言がものがっていると感じるが………
ましてや500年以上前の事件である!

二次史料の確認は??
① 内容が一次史料と合致しているのか
② 筆者はどういう人間か
③ いつ成立したのか
④ どのような過程で成立したのか

街の研究家は原文を読める人は多いのか?
かなり怪しく感じるが………


序 章 本能寺の変の流れと史料
本能寺の変についての経緯は語りつくされている!
光秀の行動は突発的なものなのか???
政権構想もなかった??
陰謀説は後付けか???
味方する武将はいないに等しい!
京極高次、武田元明……… 何の力もない!!
筒井順慶、細川藤孝、高山右近、中川清秀ら味方にならなかった!
信長を撃ってからの構想が無かったようだ!
それだけでも黒幕説は否定されるのではないか??
一史資料は公家・朝廷、僧侶の日記である!
二次史料の解説もある! 「信長公記」?? 一次史料と思っていたが………
色々問題は多いようであるが………


第一章 怨恨説・不安説・野望説  (信長、恨みます?)
これについての具体的な例がある!!
怨恨説は根強い!!
その検証がある!!
〇 八上城の母親の見殺し! 史実と言えない!
〇 武田家滅亡の戦いに参加していない? 恨みに思う事はない!
〇 光秀が何の骨を折ったのか? 暴行したというが、信憑性は無い!
〇 酒宴の際に、暴行を働いた? これも根拠がない!
〇 家康への饗応で不備があり、外される! 実際は無事に終わっている!
  秀吉への応援は予定通りである!
〇 フロイスの日本史の信頼性??? 割り引くべきだと???
〇 斎藤利三引き抜きで信長を恨む? 稲葉一鉄が何処まで信用出来るか?
〇 同じく稲葉一鉄の家臣・那波直治を引き抜こうとしたが、元通りになる!
  信長が激怒して頭を叩いた? この叩いた件についてはどうかなと?
〇 書状の評価は?? これも問題があると???
  何処まで信用出来るかである???
〇 光秀の妻、熙子が信長に襲われる??  秀吉じゃあるまいし………
〇 不安説の代表は、丹波・近江を召し上げて、石見・出雲を与える???
  裏付けがない!!
〇 野望説は、事後の対策があまりにおろそかである???
  黒幕説に通じるが、あり得ないのでは?
〇 光秀が武田と結んだ?? それがバレるのを恐れて信長を討った???
  こじつけではないかと!!
〇 二次史料に書かれている内容が一次史料と合っていても、全部が正しいとは限らない!

以上により、怨恨説・不安説・野望説は成り立たない???


第二章 足利義昭黒幕説  (室町幕府再興を目指して?)
藤田達生はNHK好みか??
よく出ている!
足利義昭黒幕説の提唱者である!

書状などの解釈がある! 我田引水???
自分の学説を信じる??
それに合わせて解釈する??
京都、公儀、将軍………
読んでいると面白いが、うんざりもする!
光秀の書状の解説がある!
ただ当時は日付けがないようだ!!
上杉への書状があるが、誰が運んだのか???
見つかれば終わりである!!
日時もかかり道中の安全は保障されるのか??

現代文への翻訳にも問題は多いようだ!!!
説明する能力は無い!!
そもそも鞆幕府が機能していたのか??
幕末の五稜郭の旧幕臣は、攻撃された!
存在がややこしい!!
鞆幕府は攻撃されたのか???
どうでもよい存在なので、ほっておかれた!!

「本能寺の変」以降、光秀も義昭も書状を出しまくっている!
変を利用している???
二人が共謀したなんてことは、あり得ないと!!!!


第三章 朝廷黒幕説  (朝廷の危機感が光秀を操った?)
五つの論点がある!
① 正親町天皇に譲位を勧めた
② 京都で馬揃えを行った
③ 右大臣・右大将をを辞任した
④ 左大臣に推認された
⑤ 三職(関白・太政大臣・征夷大将軍)に推認されたこと

〇 信長は朝廷への奉仕を欠かすことなく進め、自ら範を示した!
  朝廷に感謝されこそ、恨まれる事はない!
〇 副将軍を返事しないことによって辞退した!
〇 改元問題??  改元はどういう時期に行うのか???
〇 天皇の代始
〇 祥瑞の出現
〇 天変地異、疫疾、兵乱など
〇 辛酉革命、甲子革命
〇 室町時代以後将軍の代始
改元には費用に掛かる!!!
義昭がやろうとしなかった!!
〇 元亀から天正への改元は、義昭追放後に行われた!
  候補には「安永」がある!
〇 譲位には金がかかる?? 天皇家の問題がある!!
  ① 譲位を迫り、朝廷を圧迫した?
  ② 逆に正親町天皇が感謝したと!!
  正親町天皇は譲位を喜んでいた??
  早々と譲位して上皇になり院政をひくことが望みだと!
  これは信長に強要されたものだと!!
〇 信長は官途にこだわらない!
  〇 未だ征伐が終わる事はない!
  〇 全国平定を成し遂げた際に、登用の勅命を受けたい!
  〇 顕職は、子の信忠に譲りたい!
〇 信長は朝廷の権威に飲み込まれずに、独自性を志向した!
〇 馬揃えは安土で行い、評判が良いので京でも開発した!
  正親町天皇を招き、喜ばれたと!!
  譲位も陰陽道で延びる!!
  要は、朝廷黒幕説は成り立たない!
  が、立花京子は執念がある!!
〇 三職推任問題! 
〇 関白
〇 太政大臣
〇 将軍
朝廷が持ち掛けたのか??
信長が強要したのか???
信長はいずれも断った……… 意味と、興味を持たなかった??
〇 暦を握るのもが天下人である!!
日食や月食の時期が合わなくなる??
宣明歴  陰陽頭  土御門久脩
三島暦  尾張で使用
実際に宣命歴は、日食や月食の時期が合わないのを信長が自分の目で確認してい!
これの変更を迫った……… 天皇の身を守るためだったと!!
  〇 信長が要求したのは「三島暦」ではなく、美濃尾張の暦
  〇 朝廷の暦と地方の暦が合わない
  〇 天正十年は、閏月の設定が複雑だった
  〇 地方暦も宣明暦を参考にしている
信長は三島暦ではなく、尾張の暦を推薦した………
改めて検討が必要だと!!
〇 それでも立花京子は朝廷黒幕説を言う!!
  朝廷が背後で光秀を操り信長を討たせた?? あり得ないと!!!


第四章 四国政策説 (政策の変更が光秀を脅かした?)
信長と長宗我部元親の関係は???
それほど親しかったのか???
信親は、信長の信を貰っている!
家康の息子も信を貰って、信康である!
四国切り取りしだいと言うが、本当にそうなのか??

四国は一次史料が少ないと言う!!
その為に、二次史料を頼る??

阿波は三好が治めて、信長、元親と対立している!
敵の敵は味方か???

取り次ぎがいる!
秀吉は中国であり、毛利である!
光秀が四国を担当する!
斎藤利三の弟、石谷頼辰の妹が元親の妻である!

〇 元親の四国統一!
  土佐中村の一条兼定を放逐し、土佐を統一し阿波、伊予、讃岐に攻め込む!
〇 大津御所体制??? 一条氏が国主で、元親が実際に支配する! 
  実際は良く分からないと言う!!
〇 明智、石谷、斎藤と縁戚関係は強い! が利三の兄か弟か??
  それに石谷の妹とわざわざ言うことは、利三と血のつながりは無い??
〇 四国制覇は順調である!! が信長の四国政策が変わる?
〇 阿波に力がある三好氏が関係して来る!
  三好康長、十河存保!!  元親と敵対していたのか??
  信長とは???
〇 「四国切り取り」自由は??
  光秀は取り次ぎを外されて、康長になる??
  だいたい本当に切り取り自由と言ったのか??
  考えにくいと!!
  元親も動き過ぎる????
  この時期、毛利と織田は対立している!
  元親もどちらと組んだら有利になるか、考えている????
  書状もあるようだ!
〇 小早川隆景の家臣に連絡している!  
  紀州雑賀にも連絡している!
  この辺りはややこしい!!  どうとでも取れる???
  秀吉も絡んで、黒田官兵衛が淡路・阿波に動く?
〇 四国出兵になる!  三好康長、織田信孝である!!
〇 信長の朱印状がある?
  讃岐を信孝に、阿波を康長に、
  土佐と伊予は信長が阿波に出兵した時に決める………

〇 信孝は制札を発行する?? 味方に出来るものはして、そうでないものは放逐する!
〇 信長の四国プランは???  分からない???
  互いを競わすためにやった???
〇 信長は空手がを発行している? 備前の浦上宗景に備播作を与えると!
  豪気であるが、しょせん無理である!
〇 中川清秀に中国で一国与えると?? 何処かは分からない?
〇 信長の政策変更で、光秀の立場が悪くなった?
  そう言う事はないと!!
〇 信長の四国政策は????
  信長と元親の関係であり、光秀は関係ない!!!
つまり、四国政策はよく分かっていない!!
光秀に四国政策の変更による、信長への範囲は無いのでは???
斎藤利三にしても、元親と心中する気とは思えないが………


第五章 その他の諸説
これも面白い!!
こじつけ的な話も多い!!
〇 光秀はノイローゼだったのか?? そうではないと???
  しかし表に出て来ない精神疾患もある!!
〇 信長の神格化??? 信長は無神論者か??
  これもフロイスの日本史にしか載っていない??
〇 信長非道阻止説??? 小和田哲男である!! 
① 正親町天皇への譲位強要に、皇位簒奪計画
② 京暦への口出し
③ 平姓将軍への任官阻止
④ 現職の太政大臣・近衛前久への暴言
⑤ 快川紹喜を焼き殺した
  はっきり無理だと!!
  そもそも光秀は土岐源氏の血を引くのか???
〇 イエスズ会黒幕説?? 立花京子である???
    日本がアホに見える!! 
    海外に踊らされているのか??

  明国征服の手先になる!!
  光秀に信長を討たせて、光秀を秀吉を討たせる????
  日本人を馬鹿にしている、立花京子がアホに見えたが………
〇 大友宗麟から、信長に大砲が譲られた??
  だいたい島津に大敗している大友にそんな力があったのか??
〇 イエスズ会の協力者?? 境の商人、朝廷の廷臣、幕府の幕臣………
  細川藤孝が協力者???
〇 イエスズ会からの資金援助??  そんな余裕は無かった????
  信者から集めるのか???
〇 イエスズ会が軍事援助する???? 又は日本を武力制圧する!
  日本まで精鋭は来ない?? 兵の質も悪い………
〇 イエスズ会黒幕説は成り立たない???? 
  記録に無いのは、秘密だから残っていない???
   ご都合主義と言う………
〇 本願寺黒幕説??  光秀に信長を討たせて、
  光秀を秀吉を討たせる????

  史料はあるが、信じられるのか??
〇 制度防衛論?? 
  光秀を中心とした足利政権があり、これを守ろうとした!

  飛躍し過ぎると!!!
  黒幕にが多過ぎて、陰謀も多過ぎる!!
〇 明智憲三郎????
  家康が信長にとって用済みになっている!
  信長は家康の領国に攻め込もうとしていた!
  本能寺で光秀に家康を討たせる????
  信長の長期政権構想と、明への侵攻の不安がある??
〇 光秀は土岐源氏の末か??  確証はない!!
〇 「愛宕百韻」の解釈??  
  ときは今、あめが下なる 五月かな!!!
  わざわざ暗号じみた俳句で、決意表明をするかと!!!
〇 信康は信長の命で殺された???
  そうではなく、家康が対立する信康を殺した!!
  これは戦国時代にはよくあった!!
  信玄も長男・義信を殺している!!
〇 光秀の兵のその時の感想がある! 
  京へ行くと聞かされて、家康を討つと思ったと??

  これをもって家康を襲撃するとは言えない!!!
〇 信長は同盟を結んでいるとは言え、家臣である!!
〇 明征服は検証が必要である!!
  信長が本当にそんなことを考えたのか???
  この話は必ず、イエスズ会が絡んでいる………
〇 結論ありきで判断し過ぎと言う! 
  結論は成り立たない!!

堺屋太一が言っていた日本にないもの???
① 本格的な籠城戦
② 計画的な皆殺し
③ 長期のゲリラ戦
例外は信長である!!!
長島、石山本願寺で籠城戦を経験している!!
三河の家康の本国に攻め込めるのか??
筒井順慶に細川藤孝と言う!!
順慶は大和だが、藤孝は丹後である!!
明智憲三郎は小説家である???


終 章 光秀単独犯説
この時期信長の家臣は追放されている??
佐久間信盛、安藤守就、林秀貞、丹羽氏勝………
反乱も多い!!
松永弾正、荒木村重、別所長治、波多野秀治らもいる!!
著者は反乱も彼らなりの成算があり踏み切ったと!!

本能寺に信長がいなかったら変は起こらなかったか?????
いずれ起こっていた???
書状は偽物が多いとも言う!!

光秀の展望は???
大和・筒井順慶は??
配下の与力の家臣は、信長から付けられている!
順慶一人の判断出来ない???

細川藤孝に宛てた書状は哀願に近い!!
本能寺の変を、「不慮の儀」と言っている!
計画性は無かったようだ!!
光秀の息子・光慶であるが、
どれほどの人材か分からない!!

光秀には政権構想も、将来の展望もなかった!!

朝廷は単に京を支配している光秀を頼りにしている!!!

どう考えても自ら天下を取ろうとしてのではない!!
足利義昭も変後の味方にしたいだけで結びついた!!
これが真実だと言う本はまだまだ出て来る………


おわりに
「ノストラダムスの大予言」も勝手に解釈している???
一番面白かったのは、アイス→氷→コリャ→韓国!!
まして原本は古フランス語で、フランス人でも読めない!!
「本能寺の変」はそんなこともないが、珍解釈が多いと言う………
著者の光秀単独犯が信じられるが………

 


本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相・渡邊大門

 

2020年6月24日 (水)

本・信長と将軍義昭 - 提携から追放、包囲網へ(2014/8)・谷口 克広

Photo_20200621073001


各地を流浪した足利義昭は、
1568年、織田信長に奉じられて上洛し、宿願の将軍職に就いた。

長らく傀儡にすぎないとされてきた義昭だが、
近年では将軍として行使した政治力が注目されている。

京都から追放された後でさえ、信長に対抗できる実力を保持していた、とする説もある。
上洛後の信長と義昭は果たしてどのような関係にあったのか。
強烈な個性を放った二人が、連携から確執、対立へと至る過程を詳述する。

注目の時代である!! 
「大河ドラマ・麒麟がくる」もある!!
著者の本はよく読んでいる! 
押しつけがましいところもなくわかり易い!
最近になるのか、鞆幕府の存在がよく言われる!
京から毛利領内に逃げ込んだ、亡命政権か???
内容は下記の通りである!!


はじめに
序 章 二人の生い立ち
第一章 信長・義昭の上洛と連携時代
第二章 信長と義昭の確執
第三章 信長包囲網のの展開
第四章 義昭の挙兵
第五章 将軍追放
第六章 追放後の義昭の動き
終 章 信長よ義昭の複雑な関係
おわりに
主要参考文献
関係略年表


はじめに
信長政権の研究、リアルな信長像、信長と将軍の権力に関係!
上洛前後から義昭追放までの約五年間を描く!!

序 章 二人の生い立ち
信長と義昭の生い立ちと、状況がある!!
どちらも危機的状況を潜り抜けて生き残った………
義昭については若いころは分かっていないようだ!!
信長も父信秀の存在が大きい!!
信長は身内との戦いに勝つ!!!
戦いに鍛えられているのではないか???
桶狭間の戦いが重要である!
美濃、斎藤道三の娘を貰う!
このあたりのエピソードはよく知っているが

第一章 信長・義昭の上洛と連携時代
第一節 信長と義昭の交流
将軍義輝が松永弾正に殺される!
義昭の運命が変わる!
14代将軍・義栄も15代将軍義昭も傀儡政権ではないか??
義昭は一乗院から脱出し、各地の大名に手紙、御内書を発行する!
最初の期待は上杉謙信である!!
が関東は複雑である!! 簡単にはいかない?
信長にも期待し始めて、織田・斎藤の仲裁を図る???
難しかったのか??? 
上洛の予定が延期し、義昭は朝倉義景を頼る!
信長は斎藤との戦いに負けている???

第二節 上洛を前に
越前は越後・上杉謙信に近い!
が謙信に期待するが、謙信は関東に向いている!  
朝倉も上洛の意思はない???
信長は美濃を平定する!  
美濃三人衆が信長につく!!

第三節 信長・義昭の上洛
美濃平定した信長は、義昭を招聘する………
信長の上洛には、尾張、美濃、北伊勢、三河の家康、浅井長政も参加する!
六角氏は抵抗するが一撃で撃退される!!
京を平定して、機内の人事を行う!
松永弾正は義昭の意向に関係なく信長が許す!!
その他に関しては、義昭の意向のようだ………

第四節 義昭の将軍就任と御所建設
義昭は感謝の意味で、信長を「御父」と呼ぶ!
岐阜に帰るが、三好党が将軍仮御所を襲う!
信長はすぐに戻る!!
不穏な国人などを処理し、新御所を建てる!
蜜月の時代か???

第五節 信長政権と義昭政権
信長政権と義昭政権の関係は??
「相互補完関係」 「二重権力」 「連合政権」
義昭の権限!
① 経済基盤   畿内近国の幕府料所の税、京の地子銭、座役の徴収など………
② 軍事指揮権  五畿内の守護補任兼、軍事指揮権、直属軍の統率!

二十政権論!
① 将軍と大名は相互に補完しあう関係!
② 「幕府」はもともと将軍と大名の相互補完の関係をいう!
③ 義昭は、信長のみを相互補完の相手では、危険が生じる!
義昭は、危険の分散を図るが、信長は「上意の独占」を主張して対立する!

第二章 信長と義昭の確執
第一節 最初の衝突
信長の北畠攻めがある! 大河内城攻めは苦戦している!
これを将軍が調停した????? 有利な条件で和睦したようだ………
借りが出来た?? 一時的でも将軍の権威が回復した???
それが衝突の原因か???

第二節 五ヵ条の条書と信長の意図
義昭に対する意見、制約である………
著者が要約する………
① 将軍を傀儡化して、幕府の実権を握る!
② 朝廷の保護者の立場に立つ!
③ 調停、幕府の権威を利用して、諸大名の支配権を掌握する!

第三節 元亀天正の始まり
義昭は相変わらず諸大名に、語内書を送る………
朝倉攻めが始まる!!!
ここで浅井長政が朝倉につく………
「金ヶ崎の退き口」である!
秀吉がしんがりを務めたようだが、光秀、池田勝正も残される………
この時に、将軍義昭と信長は衝突している!!
次いで、姉川の戦いになる!!
この戦いもよく分からない???
13段構えの陣……… 家康の奮戦によって織田は勝利した?
決定的な勝利ではない!! 犠牲者も同じくらいのようだ??
ここに入っているが、現在と違うが、そんな軍勢がいたのかと??

第四節 志賀の陣の展開と講和まで
信長危機の志賀の陣である!!
本願寺が敵対する! 三好三人衆も盛り返す!
義昭と信長は一緒である! この時は講和になるが、不調に終わる!
勅命講和を依頼している………
次いで、朝倉・浅井の京都進出がある!
信長が京に戻ると、比叡山に上がる!
延暦寺に中立を求めるが断られる! 3か月に及ぶ対陣になる!!
この時、朝倉義景、浅井長政が攻撃してくれば、信長も危ういと!
その意思があれば信長も危うかったようだが、しょせん二流の武将だった………
延暦寺は天皇の保証を求めた……… この講和条件も反信長側は信じたのか??

第三章 信長包囲網のの展開
第一節 信長包囲網の展開
比叡山焼き討ちがある!! 
義昭とは表面上は穏やかである!
が、義昭は武田、上杉、毛利を動かして信長をけん制する構想を持っていた??
この時点の畿内の反信長の勢力は??
① 本願寺
② 朝倉義景、浅井長政
③ 畿内の守護  三好善継、松永弾正………
④ 丹波の国衆
本願寺は武田信玄とも姻戚関係にある???
黒幕にふさわしい!!!

第二節 十七ヵ条の異見書
義昭の動きが活発になる!
本願寺、信玄である!!
朝倉の動きは鈍い?? 気迫にかける???
十七ヵ条の異見書は義昭への人格攻撃である!
当たっていると言う………
諸事について欲深く、
道理も見かけもかまわないので「悪しき御所」と呼ばれている!!
政策上の対立ではなく、人物への不信、品格を問うている!!

「天下」と「外聞」
天下とは全国ではない!!
① 京都の事、京を中心とする畿内
② 京都に置かれた中央政権
③ 世間、世の中
異見書の中の、天下は③と言う!
義昭は、「外聞いかが」「外聞笑止」の状態だと!!
「外聞もっとも」の状態になっていない!
この異見書の写しを信長はばらまいている!!!
宣伝のためである!! 義昭とはこういう人間だと!!!

第三節 武田信玄の西上
信玄の西上がある!
信長と信玄の関係は良好である!!
姻戚関係にある????
信玄の西上の理由があるが………
断交したのはいつか???
遠江への侵攻がある! このルートも駿河経由説と信濃経由説がある?
こうなると資料もどこまで信用出来るのか???
出し抜かれた信長の怒りは凄まじい!!!
三方ヶ原の合戦に勝利するも、病に倒れる………
これをついているというか???
運も実力と感じるのか?????

第四章 義昭の挙兵
第一節 信長と信玄の宣伝合戦
信長と信玄の書状の信憑性がある!!!
信玄の信長の非難!!
① 比叡山焼き討ち
② 匹夫の分際で公家に命令している
③ 洛中、洛外で課役をかけて、財宝をかすめ取る
④ 一度は放免しておきながら、高槻・今中城の士卒を皆殺しにした
⑤ 朝倉義景と勅命で和睦しておきながら、

同じく信長から信玄への非難!!
① 80歳になる父親を追放し、放浪ののあげく飢えさせている
② 嫡男を殺し、親族を大勢死なせている
③ 家臣数名を焼き殺している
④ 僧形を装って、他国を侵略し、人の道に背く行為を重ねている
⑤ 大俗の身で大僧正を号するなど聞いた事がない
⑥ 今川氏真は甥なのにその国を乗っ取った
⑦ 婿の北条氏真を攻撃し、舅の諏訪頼重を騙し討つにした

お互い、どの口が言うと言うか???
やっていることは変わりない!!
特に親族は殺しまくっている!!
家臣もだ………
この文章、書状の検討がある!! 偽物が多いのか???
「甲陽軍鑑」の信憑性がある!! どこまで信用出来るのか???

第二節 義昭の打倒信長の決意
三方ヶ原以降の信長包囲網がある!!
何かスケールは違うが、ナポレオンの包囲網を感じる!!
イギリス、スペイン、プロシア、ロシア、オランダ、スウェーデン………
それぞれの思惑がある!!
信長包囲無も同じか????
黒幕は本願寺か?? 義昭とは思えないが………
浅井長政、朝倉義景、武田信玄、上杉謙信、北条氏康………
畿内にか松永弾正がいる!!!
が各個撃破で信長に潰されている!!
義昭の策は潰れている!! 
機内の国人は潰されていくがそれなりの力ある………

第三節 信長の上洛と将軍御所の攻囲
何度も信長と義昭は講和しているのか???
日本史上のトップクラスの悪と言えば、松永弾正が入るのではないか???
義昭についたり、信長についたるする??
が信玄西上の時の裏切りは許す!!!
畿内を見ると反信長の勢力が多数なので、義昭は自信満々である!
畿内の貴重な信長の味方は、荒木村重に細川藤孝である!
信長は京を焼き将軍御所を攻撃する!
信長と義昭は天皇を動かして、勅命で講和する!!!

第五章 将軍追放
第一節 義昭の再度の挙兵
信長との講和が一時的なものである?
お互いに相手を信用していない!!
再度の挙兵がある!
信長はことを予想して、佐和山に大船を建造させる!
これにより兵を迅速に京へ運ぶ………
二条御所を焼く………

第二節 信長の槙島城攻め
槙島城の義昭を大群が囲む!!
自身大軍を指揮したこともなく、
権威だけに頼るのでは戦国時代は生き残れない!!

大軍に囲まれて降伏し、追放される………
しかし信長に屈服したという気持ちはない………

第三節 朝倉・浅井氏との最後の戦い
朝倉と浅井との決着をつける!!
こうなれば滅亡するのが当然である!!
結局、身を斬らせて骨を斬る!!!
そう言う覚悟がない!!!
徹底的に攻められて、一族は滅亡する………

第四節 機内の将軍与党の討伐
将軍与党はものの見事に討伐される!!!
石成友通、三好善継は知っているが、あまりよく知らない国人衆がいる1!
ここで変わっているのは、やはり松永弾正である!!!
生き残るが、必要だからである!!
信長は、まだ利用価値があると思っている!!
松永弾正も同じことを思っているのか???

第六章 追放後の義昭の動き
第一節 若江から由良への流浪
これからは、あまり興味がない??
義昭は追放されて若江に行く!
それから境である!!! 
それまでに帰洛交渉を行っている???

面倒な将軍は、追放するか? 
手元に置いて監視したほうが良いのか??

毛利輝元、安国寺恵瓊である!!!
堺を出て由良に行く! 紀伊である………

第二節 由良における義昭
信長は朝倉を滅ぼしたが一向一揆に乗っ取られる??
武田勝頼も西へ勢力を伸ばしてくる!!
ついに長嶋一向一揆を滅ぼしている!
武田勝頼は長篠の合戦で負ける………
織田家の家督は、信忠に譲っている!!
最初は御内書を発行しまくっていたが、
鞆に移る2年ぐらいは書いていないようだ!!

世の中を反映している!!!

第三節 備後鞆における義昭
義昭は備後鞆の浦に移る!!
「崖の上のポニョ」の舞台である!!!
鞆の浦埋立て架橋計画で揉めている!!!
開発????? そのままにしておくべきだと思うが………
最近は鞆幕府推戴説が、本能寺の変の原因の一つに考えられている!!!
鞆に移ってから、御内書を発行し始める!!
義昭の策は???
① 上杉謙信、武田勝頼、北条氏政が講和を結ぶ
② 本願寺や諸国の大名たちで巨大な信長包囲網を形成する
③ 毛利輝元と上杉謙信が東西から兵を京へ進ませる
④ その際に、本願寺、味方の諸大名が信長を牽制する
⑤ 毛利軍と上杉軍が信長に勝ち、義昭は京へ戻る………

毛利の状況が変わる!! 検討内容は残っている!!
宇喜多直家の存在が重要になる! 毛利も味方だと確信出来ない!!!
毛利の戦わない時の事!
① 宇喜田直家を信長に引き寄せられて、
  まわりを味方に引き入れて巨大になったら
② 公方様を頼りにしてもよいのか
③ 味方の結束は信じてもよいのか

毛利の戦う時の事!!
① 毛利の上下の結束は?
② 出雲・伯耆・稲葉方面を抑える対策
③ 宇喜田直家をつなぎ留めることが出来るか

毛利は、義昭の奉じて本願寺側に付く!!!
毛利水軍が、村上水軍なのか、制海権は毛利が持っている!
一時的に信長は負けている………
謙信と本願寺が和睦する!!!
謙信上京か?????

第四節 織田・毛利戦争の展開
木津川口の戦いで、信長は大敗する!
摂津、播磨の状況は悪い!! 毛利は手堅い!
荒木村重、播州三木城、丹波の国衆が反逆する!!
上杉謙信が上洛する???
その中心には、義昭と本願寺が控えている………」

荒木村重は逃げ出す………
が、播州三木城が落ち、因幡鳥取城が落ちる!!
備中高松城の水攻めが始まる!!
信長の鉄工船が登場する!!!
制海権も怪しくなる?????

鞆幕府は???? 
どれほどのものだったのか???
過大評価すすべきではないが、そこそこの力はあった???

第五節 本能寺の変に際して
「大河ドラマ・麒麟がくる」のおかげで本能寺の変ばやりである!
三職推任!!
太政大臣、関白、制夷大将軍のうちどれで選べる!!
この結論は出ていない???
本能寺の変の時の、織田方面軍司令官で京にいるのは明智光秀と織田信忠である!!
羽柴秀吉  中国、 
柴田勝家  北陸、 
滝川一益  関東、
丹羽長秀  四国攻めのため大阪、
空白であったのは確かである!!
この時期を狙ったのは流石である! やはり病気、精神の問題だと思うが………

最近の黒幕説??
昔は、野望説に怨恨説ぐらいしかなかったが……
南蛮勢力、四国説、本願寺説、秀吉説などがあり、朝廷説もある!!
鞆幕府が絡んでいるとも言われている!!!
が、みんな無理がありそうである???

終 章 信長よ義昭の複雑な関係
義昭はそれなりの権力を持った存在だと!!
信長との連携時代!!
確執時代!
対立時代!
京に帰ることを望んだようだ………
信長包囲網も、義昭の妄想にすぎなかったのか………



信長と将軍義昭 - 提携から追放、包囲網へ・谷口克広

 

 

2020年5月15日 (金)

本・関ヶ原合戦は「作り話」だったのか 一次史料が語る天下分け目の真実(2019/9)・渡邊 大門

Photo_20200515030401

東西両軍の勝敗は、前日に決まっていた。
三成と上杉の「挟撃策」、午前中は押し気味だった西軍、迷う小早川秀秋……
通説は完全に覆った! 豊臣秀吉の死後、天下を狙う徳川家康。
一方、豊臣政権を守ろうとする石田三成は、
上杉家の直江兼続とともに家康を東西から挟撃する策を練る。

さらに関ヶ原で西軍は、後年、ドイツのメッケルに
「西軍勝利」と言わしめたほど見事な布陣をし、

東軍と互角以上に戦いながらも、小早川秀秋の裏切りで敗れた……
小説やテレビドラマ、映画等でおなじみのこれらの逸話は、
後世に編纂された二次史料から生まれたフィクションであった。
では、同時代の一次史料から関ヶ原合戦を眺めたとき、何が見えてくるのか。
最新の研究を踏まえて、従来の関ヶ原のイメージを完全に覆す書。

関ケ原である!!
ただ題名が「作り話」だったのかは、感じるものが多い!!
東北と九州は書かれていない? 当たり前か?
著者の本はよく読む方である!
アホみたいに、これが真実だ!! なんては言わない!!
疑問の可能性を示して判断する!!
黒田官兵衛の出身地である!!
近江木之本か、播磨黒田庄か????
どちらとも、ここだとは言い難い………
どちらも行ったが、熱意が違った………
木之本の方が燃えていたが………
展示に間違いもあったので指摘してきたが………
内容は下記の通りである!!


関ヶ原の合戦の論点   ―序にかえて―
第一章 豊臣政権の変質
第二章 上杉景勝の覚悟
第三章 決起した西軍
第四章 輝元、吉継、三成の選択
第五章 関ケ原前夜の攻防
第六章 決戦関ケ原
第七章 関ケ原体制の創出
おわりに
主要参考文献


関ヶ原の合戦の論点   ―序にかえて―
司馬遼太郎に対する考察がある???
批難ではない……… ???
古書店に資料を買いに行くと、根こそぎ買い占めたようだ………
恐怖に陥れる………
史料には一次史料に二次史料がある!
どちらも取り入れているようだ………
学生時代に「関ケ原」を読んだ!!
メチャメチャっ興奮した!!
司馬遼太郎ならば……… そう思わせるものがる!!!
しかしその頃から見れば知識もついている………
● あったかどうか疑問視されている小山評定?
● 七将に追いかられた三成が、家康の屋敷に駆け込んだ?
● 嶋左近の実力は?? 
● 直江兼続、上杉景勝の実力は??
最上義光攻めで、長谷堂城を攻撃するが、攻めおおせていない!
夢が無くなるが、武将たちの描き方は最高ではないか!!
最高なのは、藤堂高虎!!!
誤ったイメージの克服がある!


第一章 豊臣政権の変質
● は思っていたことと違う内容である!!
昔は五大老、五奉行、三中老と思っていた………
それは誤解があるようだ!!
五大老、五奉行の呼び方と、役目が違ったようだ………
どちらが上で、どちらが下なのか??

徳川幕府はじじ臭い!!
老中、大老、若年寄り………
この五大老も江戸時代に言われたのではないと??

● 七将の三成襲撃事件!!
 まず七将である!
 加藤清正、福島正則、浅野幸長、黒田長政、細川忠興は一致している!
 この本では、蜂須賀家政、藤堂高虎である!
 司馬遼太郎は、池田輝政に加藤嘉明である!
 間違っても藤堂高虎の名前は出て来ない………
 他には脇坂安治の名前もあるが………
 家康の屋敷に逃げ込む話は面白い!
 井伊直政が殺せと言い、本多正信が殺すなと言うのは本筋である1
 が、これは無かったようだ………  夢が無くなる………

家康に近づくグループ! 藤堂高虎、福島正則、池田輝政、黒田長政………
毛利家と四奉行のグループ!
前田利家、浅野長政、宇喜多秀家のグループ!

以降、家康優位の状態が出来る………


第二章 上杉景勝の覚悟
前田利家亡き後に、前田利長に家康暗殺の疑惑がかかる!!
前田家は屈服する!!  母親を人質に江戸へ差し出す??
この時、細川忠興にも疑いがかかる!!!
息子が前田家から嫁を貰っている???
家康の力が増す………

次のターゲットは上杉景勝である!!
「司馬遼太郎・関ケ原」では、世は謙信の上杉に期待している1
前田家とは違うだろう………
その期待を上杉も分かっている………

● 直江状の真偽は????
 真贋は二転三転している!
 否定派と肯定派の解説がある!
 全体としては信用出来るが、後世の改ざんがある??
 原本がなければこれ以上の論争は難しいと!!!

上杉景勝は蒲生氏郷亡き後、会津に移動になる!! この時問題がある!!
越後から米を持ってきている???  これは禁止のようだが………

● 移動する蒲生家が年貢を持って行ったので、上杉も越後から持って行った!!
その説は?? がらりと印象が変わるが………

新城築城の計画がある!
神指城である!!
名高い牢人を抱え、戦争準備と疑われる!!
藤田信吉が出奔する!! 上杉景勝謀叛の手土産を持って行く………
越後の堀氏は上杉の動向を家康に送り続けた………

● 景勝と利家の連携???  あり得ない! 初めて聞く!
● 家康の真意は、豊臣政権内で自分の力を増すことである! とりあえず………
● 東西邀撃作戦はあったのか??? 「司馬遼太郎・関ケ原」ではあったと!
 絶対にないと今は思うが………  
 連絡が出来ない!! 忍びの者がいるのか??

 兼続への三成の書状は、創作?? 偽書?? その可能性が高い!
● 直江兼続へ関ヶ原の責任を押し付けた! 
 子孫がおらずに断絶になったのでやり易かった?

 毛利が安国寺恵瓊に押し付けたように!
● 真田昌幸は三成挙兵を知らなかった?? 
 三成と、景勝、兼続と特別懇意だったのか?? 
 そうでもなさそうである………

夢が無くなる………


第三章 決起した西軍
「内府ちかいの条々」 家康への宣戦布告である?
① 五奉行である石田三成、浅野幸長を蟄居に追い込んだこと!
② 五大老の前田利長を追い込んだうえに、
  景勝を討ち果たすために人質を取ったこと!

③ 景勝に何ら落ち度がないのに、秀吉の置目に背いて討ち果たそうとしていること!

● 挙兵に積極的に参加した輝元! そのようである!!

会津征伐に向かう家康は決断する!!
小山評定である!!
「テレビドラマ・関ケ原」では福島正則を演じる丹波哲郎が熱演だったが………

● 絶対にあったと思ったが、そうではない!! 
 小山まで行っているが、行かないほうが良かったのか???
 この時に山内一豊は自分の居城を家康に差し出した………
 会議は無かった???  全員集めて会議ではなく、
 書状で了解を取ったのではないかと?


第四章 輝元、吉継、三成の選択

● 輝元は嫌々総大将になっていたのか? 最初はそうでもなかった?
 前田利家が亡くなる!
 七将の三成襲撃!
 家康暗殺計画で、前田利長屈服!
 宇喜多騒動で秀家は弱体化する!
 輝元は家康に対抗しようとした???

毛利の両川はいなく、この時代は吉川広家と、安国寺恵瓊が担当している!
吉川広家である!!
「司馬遼太郎・播磨灘物語」の備中高松城攻防戦の名場面がある!
撤退する秀吉軍を二人の若者が見ている1
吉川元春の息子、元長と、当時経言と名乗っていた広家が見ている!
元長が弟に言う!! 「追うか………」
追えば父元春も続き、小早川隆景も動かざるを得ない!!
後年、広家は同じような場面に遭遇する!!
関ケ原である!! この時毛利の大軍が参戦しておればどうなったか??
この時の毛利の大将秀元は、これを見ている!
以後、広家に対しては冷たかったようだ…………

「司馬遼太郎・関ケ原」
人の好き嫌いを表に出さない秀吉が、あからさまに広家を嫌った?
殿中で浅野長政と殴り合いの喧嘩をしたと!!

● 広家は安国寺恵瓊に責任を押し付けた! そんなものなのか?
● 輝元は西軍の総大将と位置付けられている! 合戦当時は寝返っている?
 井伊直政、本田忠勝と、吉川広家、福原広俊の血判起請書がある!
 ただ関ケ原の毛利秀元、安国寺恵瓊はそれを知らない! 
 状況により西軍参戦もあり得る?

● 大谷吉継と石田三成は友情で結ばれている? 有名なお茶事件がある!
 しかし家康派と見られていた? 現実に家康のために動いている?
 病気前は奉行として活躍していた! 現実を見据えていたのか??
 家康派と言っても、それが豊臣のためになると!!!
 だんだんと家康から離れていったようだ………
 そうして三成の誘いに乗った? 豊臣のためと思っていた!!
 お茶の友情ではないと!!!

 石田三成である!!
 有能な家臣を集めている! それで支えられている!!
 兄に父親も能力があった! 抱えた家臣は………
 筒井家牢人 島左近!
 天下の高名な渡辺勘兵衛!
 秀次牢人 舞兵庫、大場土佐
 蒲生家牢人 蒲生郷舎、蒲生頼郷ら「蒲生十八将」たち!!
 特に蒲生家牢人は良く戦っていたと!!
 豊臣政権のキーパーソンである!!
 これは堺屋太一である!
 輝元の家臣の脇差を三成が欲しいと言った!
 これに対して輝元は直ぐに渡すように命じた!
 理由も分かっている!
 その脇差を秀次も見ている! 秀次が欲しい言ったら困ると!
 三成がいかに重要な人物かを説明している!

● 二老四奉行制!
 毛利輝元に宇喜多秀家、浅野長政を除く四奉行である!
 三成は西軍に必要だった!!


第五章 関ケ原前夜の攻防
伏見城攻防戦がある!!
● 小早川秀秋は最初から東軍である! 伏見城に入城しようとした!
 入城しておればどうなっていたか???
● やむなく西軍に従った脇坂安治! 播州龍野は脇坂氏が治めていた!
 知らない武将ではないが好きではない! イメージが悪すぎる!
 秀秋もそうであるが、途中からの裏切りは許せない感じである!
● 丹後田辺城の細川幽斎! 攻める方が手を抜いた???

家康本軍と秀忠軍はどちらが精鋭なのか?? 本軍なのか?
個人的意見であるが、総大将が家康と秀忠である!!
能力には月とスッポンほどの差がある???
単に武将の名前と数だけでは判断できないのでは?
秀忠が本軍だとしても、両者がもし戦えば秀忠は勝てるのか??
豊臣の武断派と言われている武将を秀忠では使えない!!
ある程度秀忠に配慮したという事ではないかと思う!!
井伊直政、本多忠勝は家康に付いている! 松平忠吉もである!!
そう言う設問は必要ないのではないか? どんな影響があるのか??
現に秀忠軍には、本多正信、榊原康政が付いている!
決して仲は良くない………

本戦までの地方戦がある!!
● 安濃津城の戦い
● 岐阜城の織田秀信 援軍は来ない!
● 大津城
● 信州上田城 真田の勝ちである!
● 秀忠の遅参 連絡の遅延、悪天候と条件が悪かった??


第六章 決戦関ケ原
関ケ原は東と西を分ける重要な拠点であった!!
この関ケ原には、必然性があったとされる!!
決戦当日は霧である!!
● 井伊直政の抜け駆けで始まった???
 先鋒は秀忠を持ってくる予定が遅れて、忠吉を持って行った???
 色々あるようだが、直政が福島正則に断りを入れて、先鋒になった!
 家康自身抜け駆けを禁じているのに、井伊直政がやるかなと??
● 小早川秀秋への「問鉄砲」はあったのか? 無かったようだ………
 秀秋の家臣たちの家康への接近!
 黒田長政の暗躍!
 逆の三成による高条件の提示もある!
 情勢を見て寝返ったのではなく最初から東軍だった!!
 大谷吉継の陣後に行っている!
 一応関ケ原には言っているが、扱いに差を感じた!
 関ケ原町と垂井町である!! 案内からして違っている??
 大谷吉継の陣から松尾山が見える!!
 裏切った時に、「見えぬ目で見た」とは「司馬遼太郎・関ケ原」である!
 そこで見ていて何とも言えない気持ちになったが………
● メッケル参謀少佐が、関ケ原の配置図を見て西軍の勝ちだと! 
 根拠がない話のようだ!
 しかし配置は悪くなかったようだ???
 いかに石田三成が頑張っても、負けるべくして負けた!
● 宇喜多秀家は精鋭か?
 これは鈴木眞也の一連の本が詳しい!!
 どうも精鋭とは言い難かったようだ!!
 「司馬遼太郎・関ケ原」では1万7千の兵である!
 福島正則6千の兵を撃破できない?? それを疑問に思っていたが………
● 島津義弘の軍は???
 いかな島津とはいえ兵数が足りなかった!!
● 毛利輝元の本心は??
 伊予への出兵を計画していた? 関ケ原は他人任せである!
 総大将がこれでは勝てないと!!
 ドラマなどでは出陣を決めたとあるが、嘘っぱちなのか!!

陣形、軍勢配置、戦闘方法で挽回できる戦いではなかった!!!
負けるべくした負けた!!!


第七章 関ケ原体制の創出
● 吉川広家は自分を犠牲にして毛利本家を残した!
 通説では防長二州は広家に与えられる予定で、毛利家は存続出来ない!
 自ら犠牲にした!!  美談なのか??
 広家は西軍に勝ち目はないと!
 輝元は東軍へと裏切ったが、毛利秀元、安国寺恵瓊は知らない!
 不安があり何度も起請書を求める…… 不安がある!
 「輝元は家康にはめられた」
 広家が毛利家存続に犠牲になった話は疑問視されている!
 安国寺恵瓊に責任を押し付けて、家中の分裂を避けた???
 「司馬遼太郎・関ケ原」 三成が言う!!
 毛利を取り潰さなければ恩賞で与える土地がない???

● 宇喜多秀家の島流し! 最初から八丈島に流す予定だった!!
● 長宗我部盛親の改易! 最初からつぶす気だった???
● 黒田官兵衛の空手形! あてにする方がおかしい!
● 伊達政宗に空手形! 百万石は夢………
● 上杉景勝も米沢30万石へ減封!
● 豊臣系は西国、譜代は関東・畿内へ配置する!
● 家康は秀頼の後見人としてふるまう!
秀頼と千姫の結婚!
二重公儀体制??  形だけではないか??
豊臣家の諸権限を自ら行う!! 吸収する!!
征夷大将軍就任、江戸幕府開設がある!

天下取り一直線か???
関ケ原合戦とは何だったんのか?????
家康は秀吉亡き後豊臣政権で重きをなさそうとする!
その延長線上に、徐々に実権を掌握した………
その転機が関ケ原であり、その後征夷大将軍就任に、江戸幕府の開幕になる!


おわりに
史料の正しさの証明は難しい!!
一次史料でも思い違いや、勘違いもある!
ここは正しいが、ここは間違っていると言うところもある!!
関ケ原では、もっとも有名な「直江状」の真贋の問題もある!!
史料の正しさは今後の課題である!!!


関ヶ原合戦は「作り話」だったのか 一次史料が語る天下分け目の真実・渡邊大門

 

 

2020年5月14日 (木)

英雄たちの選択 両雄対決!石田三成vs.徳川家康 選択の攻防が生んだ関ヶ原 NHKオンデマンド

Photo_20200514200101


Photo_20200514200102


日本史上空前の決戦「関ヶ原の戦い」、その全貌に迫るスペシャル。
徳川家康の東軍が、石田三成の西軍をたった一日で撃破したこの戦い。
しかし実はそれは、決戦までの90日間、両雄によるしれつな「選択」の攻防の末の結末だった。
三成と家康、その時々の選択は最善だったのか? 
気鋭の論客が東西両陣営に分かれて大激論。
決戦の地・関ヶ原の徹底現場検証を交え、戦国最大の大活劇=関ヶ原の戦いの奥深さに迫る決定版!


【司会】磯田道史,渡邊佐和子
【出演】宮崎哲弥 萱野稔人 中野信子 植木理恵 加来耕三 笠谷和比古
【語り】松重豊


2014年の選択である!!
日本史でもっとも取り上げられている事件は、本能寺の変に関ケ原か???
現在の2020年でも、新たな発見と言いまくっている………

秀吉が亡くなり後継者は誰なのか??
力のあるものが跡を継ぐ!!!
未だに乱世であると!!!
信長亡き後、秀吉が天下を取った!
家康ではない!!
では秀吉が亡くなった後は???
天かは安定している!
当然秀頼が後継者である!!
官僚もしっかりしている!!

ではなくまだ天下は定まっていない!
黒田官兵衛、伊達政宗らもそうである!!
では三成の天下構想は???
よく言われる、石田執権政治か????
家康はこの時期誰よりも戦歴があり、野戦が得意である!!
三成は兵站を担当している!!  能力はある!!

加来耕三と言うとニコニコしながらきついことを言っている?
日本人が島国根性になったのは関ケ原で徳川が勝ったからだと!!
家康は幕府の運営を松平の家のようにせよ言った???
大老、老中、若年寄り……… じじ臭い!!

秀吉より信長が生きていたらどうなっていたか??
それこそ明国と戦い、海洋国家をつくっていたかも分からない!!

番組は空から関ケ原を撮影している!!
狭い場所である??
この陣地後にはほとんど行っている!
松尾山と南宮山には行っていないが??
関ケ原町と垂井町の熱意の差を感じたが……


この番組での経緯である!!
● 秀吉が死ぬ!
● 朝鮮からの撤兵がある!
● 五大老と五奉行の区別はどうなのか?
● 家康の攻略結婚がる!
● 三成と輝元は近い!
● 三成蟄居迄の七将とのやり取りは無い! 面白くない!
● 前田征伐の話はない!
● 会津征伐になる!
● 三成挙兵!  安国寺恵瓊、大谷吉継である!
● 伏見城攻撃!
● 家康は小山である! 上杉、佐竹、伊達の話はない!
● あったかなかった分からない小山評定!!
 福島正則が口火を切る!! 清須城に向かう?
● 家康は秀忠に真田攻めを命じる!  徳川本軍とも言われている!
 ただし中山道を通るのであるが、真田攻めを命じていたのか??
● 清須城で正則らは待っている!

「司馬遼太郎・関ヶ原」は傑作である!!
その中での描写がある!!
○ 小山評定の後家康は政信に言う! ああも裏切れるものなのか?
 この時、一人出る! 後で秀頼様と戦えないと!
 家康は、出たか?? と戦後も切腹など強いていない!
○ 戦わない正則たちにまず戦えと! この死者に三河者を使う!
 軍監、本多忠勝と井伊直政は、言葉を変えるように言うが、本人はそのまま言う!
 正則は直ぐに戦う気になる!!
 家康の勝ちである!!

● 稲葉山城を攻撃して、1日で攻略する!
● 三成は大垣城にいる! ここで作戦があったようだ!
● この時家康の行動が早い! 美濃赤坂に着陣する!
● ここから駆け引きが始まる! 
● 毛利輝元が来ていない!!
● 松尾山に入れる予定が小早川秀秋が陣取る!
● 家康は佐和山を攻めようとする!! 作戦である!
● 三成はこれに反応して関ケ原に向かう

○「尾崎士郎・篝火」が詳しい!

● だれも半日で関ケ原が終わると思っていない!!
● 小早川秀秋に関白を約束する!
● 勝つ方につく???
● 現実に戦い途中で裏切る!
● 家康が秀秋の陣に鉄砲を放って決断を迫った???
 これも怪しそうであるが………
● 秀秋が裏切る!!

○ 大谷吉継の陣後で、松尾山を見た!
 見えぬ目で見たと!!!

● 毛利は所領安堵の書状を貰っている!
 家康の顔が無かったようだ??  忠勝と直政は出している!!
 これで120万石は確保出来ない!!
 三成言う、毛利の土地がなければ恩賞に与える土地がないと!!!
● メッケルドイツ参謀は配置図を見て西軍の勝ちだと言った????

解説者の嫌味がある!
三成が何もしなければどうなっていたのか???
面白い仮定である!!

最後にもし小早川秀秋が裏切らなかったらどうなっていたのか??
シュミレーションがある!!
家康は引き上げて秀忠の軍を待ち、再度関ケ原で戦う!
やはり家康の勝利であろう………

 

 

 

2020年3月 1日 (日)

本・信長の合戦『八つの戦いで読む智謀と戦略』 第6章 石山合戦(2001/3)・戸部新十郎

Photo_20200220042801


戦国の覇者として、今なお絶大な人気を誇る英雄・織田信長。
激しい気性と勇猛果敢な行動力で知られているが、その強さの本質は、
合戦に対する慎重さと悠長さにあった。
事前に徹底した情報収集を行ない、勝つ自信を得るまで続けられる知略の数々…
桶狭間の合戦から本能寺の変に至る八つの戦いを描きながら、
信長の戦略・戦術の卓越性を鋭く読み解いた歴史読み物の傑作。
第6章 石山合戦 VS 石山本願寺


三河の一向一揆は家康が勝った。
そうなれば石山本願寺が、信長の敵になる。
堺屋太一が良く記述している。
日本に無い物、本格的な籠城戦。計画的な皆殺し。ゲリラ戦。
この例外が織田信長と言う。
そしてその相手役、石山本願寺である。
要は宗教が絡まなければ無かったと思わせる!

一向宗との争いは古い。
加賀では、1488年から1580年に渡る。
武将も妥協して一向宗を利用する。
越前朝倉氏もその様だ。
武田信玄は本願寺を利用したようだ。
謙信との戦いがある。
これにも一揆を起させる等利用したようだ。
出て来なくさせる為に一揆を起し謙信が兵を向ける。
百姓とは言え強い。
死んで極楽浄土に行ける。死ぬまで戦う!
信玄が一向宗に帰依しているとは考えにくい。
が世の信長を倒せる武将としての期待は高い。

各地の一向一揆がある。
門徒も多い地方がある。
加賀、越前、長嶋、安芸・・・・・・・
官兵衛の義兄も領内の一向宗の影響を受けていたようだ。
敵の敵は味方!
毛利も本願寺とむすぶ!
信長は各個撃破していく!
当然である。
組織は一枚岩ではない。
浄土真宗でも信長と妥協している宗派もある。
内部での抗争もある。
坊主のすることなのか?

信長は思いのほか我慢して忍従する。
最終目標が決まっているので、一時的に我慢する。
待つことが出来る。
伊勢長島一揆と比叡山が当面の敵である。
長島は2万人が焼かれたと言う。
比叡山も焼かれたようだ?
越前の一揆も潰される。
信長は容赦なく殺す! 根切りである。
それでも本願寺は戦う。
この織田と本願寺の戦いに毛利が絡んで来る。
毛利は信玄と違い天下を望まない!
毛利と本願寺の間には織田が支配している。
そこで水軍の出番になる。
毛利水軍、村上水軍VS織田水軍、九鬼水軍!
九鬼水軍が、織田の依頼で伊勢大河内城を海から攻める。
百艘の船で輪陣を造り、城に向かってぐるぐる回り鉄砲で攻める。
これこそ、車掛である!
絶えず銃は発射されていることになる。

毛利の石山への兵糧米搬入で、毛利水軍と織田水軍が激突する。
織田大敗! 質量とも劣っていたが操艦技術に差があり過ぎたようだ。
レベルが違うと言う事のようだ・・・・・・
ここから信長の天才性が発揮される。
火を仕掛けられても燃えなければよい。鉄貼船を造る。
近寄らずに遠くから攻撃出来るように超大型砲を積めばよい!

結果織田水軍の大勝になる。
毛利水軍も全滅した訳ではない。
がこれは、水軍全体の敗北と言う。
そんな発想が出来る信長、それだけの財力がある信長の勝利と言う。
ちまちま技術を磨いていてもついていけなくなっている。
九鬼水軍は三田の山の中に追いやられたと言う!

最終的には天皇を動かし講和の体裁で石山城を落とすことが出来たようだ!
10年間戦って得た物は何なんだったんだろうか?
戦国時代の戦いは、ある程度のところで降伏する。
田辺城の細川幽斎。
が筑前岩屋城みたいに玉砕する城もある。
信長は殺しすぎたのは間違いないが・・・・・・

こんな記事があった。
全国各地の真宗寺院の記録には、武勇談・忠節談はあるが、
不法行為の罪の意識や反省の弁は皆無であり、
門徒の「正義の戦いであった」という意識が明確に投影されている。
要は緩やかな支配を求めている。
どちらかと言うと治外法権か?
門徒のお布施で生活できるのに、感謝の気持ちはあるのか?
それとも当然なのか?
支配者階級で、自ら責任をとって死んだ坊主はいるのか?
いないだろう!
敗れて当然か!!!!


信長の合戦『八つの戦いで読む智謀と戦略』 6章 『石山合戦』・戸部新十郎

 

2020年2月29日 (土)

本・信長の合戦 『八つの戦いで読む智謀と戦略』 第5章 『長篠の合戦』・戸部新十郎

Photo_20200220042801


戦国の覇者として、今なお絶大な人気を誇る英雄・織田信長。
激しい気性と勇猛果敢な行動力で知られているが、その強さの本質は、
合戦に対する慎重さと悠長さにあった。
事前に徹底した情報収集を行ない、勝つ自信を得るまで続けられる知略の数々…
桶狭間の合戦から本能寺の変に至る八つの戦いを描きながら、
信長の戦略・戦術の卓越性を鋭く読み解いた歴史読み物の傑作。
第5章 長篠の合戦  VS武田勝頼


信玄は後継者に勝頼の息子、信勝を指名した。
勝頼は後見役を言う!
こんなバカな話があるのか?
当然勝頼に継がさなければならない。
当主でもないに誰が命令に従うのか?
この辺りは重臣たちの陰謀臭いがどうなんだろうか?
勝頼は、高天神城を陥とす!信玄でさえ陥とせなかった城である。
自信もついてきている。
次は長篠城になる。
攻める勝頼に家康が援軍を頼む。
今回は信長自身が兵を連れて援軍に来る。
有名な鉄砲3千丁、馬防柵を設ける。
信長の軍も混成している。鉄砲は何十丁とかださされたようだ。
がこの鉄砲の指揮は誰がとったのか?
馬防柵を造ったようだが、武田がアホに見える。
これに向かって突撃したのであれば・・・・・・・
結局3千丁の鉄砲の三段撃ちは無かったようだ・・・・・・
陣法、指揮の問題が大きい。
が千丁か?三千丁か?
どちらにせよ鉄砲は発射された。
意図しないでも鉄砲の玉は絶えず武田方に向かって撃たれていたのだろう・・・・・・・
三段撃ちと同じ効果があったのではないか?

怪しいとこはいくらであるみたい!
どちらにしても鉄砲を使った戦いだったんだろう!
武田方の重臣の戦死が多過ぎる
山県昌景、馬場信春、内藤昌豊、原昌胤、
真田信綱、真田昌輝、甘利昌澄・・・・・・・
めったに人を褒めない信長が、馬場信春の死にざまを褒めた!

武田の敗因はいろいろ言われる。
一門衆が動かなかった。後に裏切るが・・・・・・・
勝頼の能力が無かったと言う事なんだろうと思う!
そうさせた信玄にも責任は多いのではないか?
信玄が長生きしていたら?
それでも武田は織田に負けるだろうと思う!
ロマンが無くなる!


信長の合戦 『八つの戦いで読む智謀と戦略』 第5章 『長篠の合戦』・戸部新十郎

 

2020年2月28日 (金)

本・信長の合戦 『八つの戦いで読む智謀と戦略』 第4章 一向一揆と家康(2001/3)・戸部新十郎

Photo_20200220042801


戦国の覇者として、今なお絶大な人気を誇る英雄・織田信長。
激しい気性と勇猛果敢な行動力で知られているが、その強さの本質は、
合戦に対する慎重さと悠長さにあった。
事前に徹底した情報収集を行ない、勝つ自信を得るまで続けられる知略の数々…
桶狭間の合戦から本能寺の変に至る八つの戦いを描きながら、
信長の戦略・戦術の卓越性を鋭く読み解いた歴史読み物の傑作。
第4章 一向一揆 VS 一向一揆


古本屋で見つけた。安かったので嬉しそうに買ってしまった。
著者の大ファンである。
ほとんど全部読んでいる。今読み返している本もある。
ブックオフにアマゾン、街の古本屋に感謝です!

一向一揆との戦いも八つの内の一つである。
浄土真宗である。
大好きな白戸三平 『忍者武芸帳』に本願寺と信長の戦いがある。
結局本願寺は民衆を裏切る。
坊主なんてそんなのもだと思っている。

「一向宗」だけ何故一向宗と言うのか分からなかった。
一遍上人も一向宗と言われたようだ。
「一向専修」ひたすら修行し念仏をとなえる。
親鸞の教団も一向宗と呼ばれるようになった。
力関係で浄土真宗が強く、一向宗と呼ばれるようになった。

一向宗は他の宗教と大きく違う点があったと言う。
通常の宗教(仏教)が僧侶が信者に対して救済や教えを与えるのに対し、
「一向宗」では一人一人の信者が、
 他の人々や信者に対して救済を行う事を認めていたようだ。

「救済」と言っても物理的に助けてあげる訳ではなく、
ただ 「祈ってあげる」 だけのようだが・・・・・・

多くの迷信や神・仏のご加護が信じられていた当時、
それは非常にありがたいものと言う。

「信じる者はみな兄弟」 宗教の思想も、
日本ではこの一向宗から始った。

僧も含めて信者同士がみんなで協調しようという考えと言う。

どの戦国武将も一向一揆には悩んだようだ。
信玄のように上手く利用できる武将もいる。
しょせん時代の担い手にはなれない。
真っ向から対立したのが、織田信長!
が信長も妥協はしている。最終的には石山の地から追いだした。

『政教分離』がある。
と言う事は分離されていない宗教団体、政治団体があると言う事である。
『政教一致』になる。本願寺と一向一揆のかかわりがそうなのか?
現在でもある!政教分離と言う事からしておかしい!
本願寺と和親するには自ら一向宗に改宗すのが早い。
越前朝倉氏、朝倉氏は曹洞宗の大檀越である。
が背に腹は代えられない!
そう言う例が沢山ある。
が信長、家康は妥協しない!

家康も一向宗と対立した。
著者の意見だが、家康は決して待ちの人ではない。
姉川の戦いにも参加して活躍した。
三方が原には自ら籠城をヤメ、信玄と戦った。
小牧長久手の戦いも受けて立った。
戦いを避けていない!

一向宗との戦いもどうやら家康側から挑発したようだ。
『どうせ戦うなら、こちらより進んで戦うべし』
好戦的である!家康の本性か?

ささいな事から開戦になる。
お互い時期を待っている感じだ。
反家康側には、反対勢力が付く。今川、吉良、同族の松平・・・・・・
つくと言っても共同戦線をひくわけではない。
かってに戦っている。
一向宗も中央、本願寺の指令で動いていない。
出先が勝手に戦っている。「家康は恵まれている。信長とは違う!」
こう言う場合は各個撃破されるだけである。
最初は反家康勢力が有利だが、だんだん逆転する。
家康も自ら槍をふるって戦う。
家臣が二つに分かれる。
この辺りの話はやはり面白い!
家康の身代わりになる家臣も多い。
三方が原でも身代わりはいたようだ。

家臣の宗教は何か?
本多正信の本多氏は、すべて一向宗と言う。
本多忠勝の一族は浄土宗に改宗した。
苦悩した家臣も多い。
家康の危機をみて、無間地獄に落ちるとも主君を討たしてよいものか?
逆に一揆と戦って死ぬ!

『進足者往生極楽世界』
『退足者堕落無限地獄』
一向一揆が戦うさいの常套的覚悟である。
最も重い刑罰は『破門』と言う。
破門されれば、門徒であることを拒否される。
極楽往生できなくなる。

家康有利で和睦になる。
① 一揆に与した者の本領を安堵する。
② 寺々の僧俗とも、もとの如く立ておかれるべきこと。
③ 一揆張本人の一命を助けらるべきこと。
家康有利の和睦になった。
張本人たちはもうすでに逃亡している。
ここで有名な寺を平地にする。元は野原である。これを元通りと言う!
狸親父である。この時は本多正信は一揆側である。
自分で考えたのか?
相当な悪である!辣腕とも言う!

浄土宗で家康に味方した登誉上人!
『厭離穢土・欣求浄土』
家康の旌旗としてひるがえる。
権力側が利用できるかどうかで扱いは違う。
浄土宗をもって『国教』としたかったようだ。
一向一揆に勝った! そして・・・・・
① 旧勢力の一掃。
② 反抗国人・土豪の討伐。
③ 家臣団の整理。
④ 一向宗を利用していた勢力の消滅。
家康が戦国大名としての地位を確実なものにした戦いとなった!

しかし本願寺を信じて戦って死んだ人は気の毒に思う!
破門する、と言う坊さんがどれだけの人間かと言いたい!
太平洋戦争、俺も後から行くと特攻に出して、そのまま知らんふりの上官達!
責任を果たした、宇垣纏、大西瀧治郎らの提督もいたが、本願寺ではどうだったんだろうか?
人に強要する宗教はどうも信用できない!

 

信長の合戦 『八つの戦いで読む智謀と戦略』 第4章 一向一揆と家康・戸部新十郎

 

 

2020年2月27日 (木)

本・信長の合戦 『八つの戦いで読む智謀と戦略』 3章『三方ヶ原の合戦』(2001/3)・戸部新十郎

Photo_20200220042801


戦国の覇者として、今なお絶大な人気を誇る英雄・織田信長。
激しい気性と勇猛果敢な行動力で知られているが、その強さの本質は、
合戦に対する慎重さと悠長さにあった。
事前に徹底した情報収集を行ない、勝つ自信を得るまで続けられる知略の数々…
桶狭間の合戦から本能寺の変に至る八つの戦いを描きながら、
信長の戦略・戦術の卓越性を鋭く読み解いた歴史読み物の傑作。
第3章 三方ヶ原の合戦  VS 武田信玄


今川義元が上洛した。
が、今川は三河・駿河・遠江の三国である。
が上洛時は、畿内10か国を三好が抑えている。
駿河から京まで2万とも言う兵を動かす。
補給はどうしているのか?
京まで単純に考えて、尾張、美濃、近江とある。
領内通過を認めさせていたのか?
そういう事を考えると、単に尾張の制圧をもくろんだだけなのか?
とも言われる。

武田信玄は信長包囲網を作っている。
その通り動くかどうかは分からないが、信玄上洛で松永弾正みたいに動揺する武将もいる。
今川義元はそう言う手をうっていた気配はなさそうだが・・・・・・・

信玄は今川義元亡き後、三河の家康と国境を接する。
信玄も人が悪い!老獪である!
家康を籠城させずに、城から出さそうとする。
そうして三方が原で対決する。
織田の援軍は3千と言う!
家康8千とあわせても1万1千である。
とても勝てない。
信長は戦う気は無かったようだ。
甲斐から京都までは遠い!
補給の問題がある。信玄はともかく同盟を結んでいる畿内の武将には力が無い????
三方が原の合戦は、従来型の戦いだったんだろう。
勝った武田方も家康を見直したと言う。
馬場美濃守が、譲り合うところはゆずり、
よしみを通して武田と同盟を結び先鋒として使ったら良かったのにと・・・・・・

家康は名をあげた!
信玄は家康の名をあげる為に上洛したのかと思う。
それにしても信長は強運だ!実力があると言うのか?


信長の合戦 『八つの戦いで読む智謀と戦略』 第3章 『三方ヶ原の合戦』・戸部新十郎

 

 

本・信長の合戦 『八つの戦いで読む知謀と戦略』 2章 『姉川の合戦』(2001/3)・戸部 新十郎

Photo_20200220042801


戦国の覇者として、今なお絶大な人気を誇る英雄・織田信長。
激しい気性と勇猛果敢な行動力で知られているが、その強さの本質は、合戦に対する慎重さと悠長さにあった。
事前に徹底した情報収集を行ない、勝つ自信を得るまで続けられる知略の数々…
桶狭間の合戦から本能寺の変に至る八つの戦いを描きながら、
信長の戦略・戦術の卓越性を鋭く読み解いた歴史読み物の傑作。
第2章 姉川の合戦 VS 朝倉義景・浅井長政

信長は浅井長政と同盟を結ぶ!!
お市の方である!!
元亀天正????
この兵器でノモンハンを戦った?? つまり元亀天正の兵器でソ蓮と戦った???
改元?? 誰が改元するのか????
力ある人である??  天皇か??
元亀は足利義昭、天正は信長???
信長は、浅井長政の裏切り、朝倉義景の反抗、近江六角氏と土一揆の蠢動、
比叡山の敵対、三好一党の叛乱、石山本願寺の挙兵………
元亀の信長の状況を「お手ふさぎの滋賀御陣」と言う!!

足利義昭が朝倉から織田へ行く!!
信長は義昭を入洛する! 朝倉の協力はない! 六角氏は討つ!
そうして信長は朝倉を攻める???
ところが浅井は朝倉と信長より古く深い関係である!!
浅井は信長が朝倉と手切れになる場合は、先に連絡をくれと言っている!
が何の報告も無しに朝倉攻めが始まった??
連絡すると浅井が迷うので、連絡しなかった???
ここは静観すべきだと!! 言う意見もあるが朝倉を選ぶ!!
浅井の裏切りで、信長はさっさと撤退する!
しんがりは秀吉が申し出る!!
これから3年に渡る「滋賀御陣」が始まる!!!
信長はまず鉄砲を集めている!

姉川の戦いが始まる!!
ここには行っている………
織田・徳川VS朝倉・浅井である!!
布陣した土地名から織田・浅井両氏の間では「野村合戦」、
朝倉氏では「三田村合戦」と呼んだ!

「姉川の戦い」という呼称は元々は徳川氏の呼び方で、
天下を取ったからこの名前が残った!!

織田方2万5千、朝倉方1万5千!!!
徳川の活躍あったようだ………

浅井方の武将 遠藤喜右衛門直経
浅井家と織田家が同盟関係にあった時、
信長暗殺計画を長政に進言する!
朝倉氏と織田氏との関係が悪化する!
朝倉との旧縁か、織田との婚姻関係を重んじるべきか??
この時に、直経は織田側につくべきであると強硬に主張した!
こう言う家臣もいる!!
が意見は無視される??
姉川の合戦ご信長を狙い死ぬ!!!

三好三人衆、紀伊雑賀、大和筒井………
本願寺の動向???
「忠誠を尽くさざる者は破門する!!」
武田信玄の動向??

滋賀御陣は、将軍義昭の仲裁により終わる????
借りが出来る???
比叡山焼き討ちになる!!
各個撃破である!!!
信玄西上があるが、止まる!!
三方ヶ原の合戦で震源に負けているが………
浅井、朝倉攻めで、両者は滅亡する!!

苦境の中を、敵の分断を図り、各個撃破で乗り切る!!
これをウンと言うべきではないと!!!


信長の合戦 八つの戦いで読む知謀と戦略 第2章 姉川の合戦・戸部新十郎

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

古代史 室町時代 幕末 平安時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ スイス スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア スロベニア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベルギー ポルトガル ポーランド ルクセンブルグ ルーマニア ロシア (バルト3国) 中南米 中国 (モンゴル) 中東 台湾 戦国武将(武将) 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  宮本武蔵_  徳川家康 (徳川関連)  明智光秀 大河ドラマ(麒麟が来る)  明智光秀 本  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 大河ドラマ  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 大河ドラマ  黒田官兵衛 本  黒田官兵衛 紀行 おんな城主 直虎 本 おんな城主直虎 大河ドラマ お勧め アート インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート スポーツ テレビ番組 ドラマ ゲーム・オブ・スローンズ ナルト 中央アジア 事件 仕事の悩み 剣客 単なる女好きのおっちゃん 古代文明 名言格言 国内 旅行 坂の上の雲 山本五十六 政治・政局 旅行・地域 昔話 映画 時事 書籍・雑誌 東南アジア 源平合戦 独り言(よもやま話) 神社・仏閣 科学 紹介、情報 落語 講演 軍事博物館 金融

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ