中国 (モンゴル)

2021年1月25日 (月)

本・知らないと恥をかく世界の大問題11 グローバリズムのその先(2020/6)・池上彰


11_20210125231101


突然世界を襲った新型コロナウイルス。

コロナウイルス危機への対策が世界で実行される中、
その裏で世界の大問題は深刻化している。
大転換期を迎えた世界。アメリカ大統領選挙が行われる節目の年に、
世界のリーダーたちはどんな決断を下すのか。
独断か? 協調か? リーダーの力量が問われる中、
世界が抱える大問題を知っておく必要がある。
人気シリーズ最新第11弾。信頼の池上ニュース解説の決定版。


シリーズも11巻である!
よく読んでいるが、読むタイミングが悪い??
最初の国際情勢は見飽きた???
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!



プロローグ 二極化する世界、深刻化する世界の大問題
第1章 トランプ再選はあるのか?アメリカのいま
第2章 イギリスEU離脱。欧州の分断と巻き返し?
第3章 アメリカが関心を失い、混乱する中東


第4章 一触即発。火種だらけの東アジア
第5章 グローバル時代の世界の見えない敵
第6章 問題山積の日本に、ぐらつく政権?
エピローグ 2020年の風をどう読むか
おわりに
主要参考文献案内


プロローグ 二極化する世界、深刻化する世界の大問題
世界情勢の分析である!! いつもここから始まる!
◆ ポスト・コロナに世界はどう備えるか?
◆ その後は、世界の枠組み
  G20、G8、G7、国際連合、APEC、ASEAN、TPP………
  第一次世界大戦と、第二次世界大戦の対立の構図
◆ 世界の宗教

そして問題点がある! 詳しく解説がある!
◆ 世界の大問題が一向になくならないのが大問題
◆ 世界がパニック! 新型コロナウイルス
◆ WHOの露骨な中国寄り エチオピアのテドロス事務局長??
◆ イランの「イスラム革命防衛隊」司令官を殺害
◆ 1979年のイラン・イスラム革命から始まった
◆ トランプの大罪、「イラン核合意」からの離脱
◆ 2020年 米大統領選挙のゆくえ 今は結果が分かっている?
◆ トランプの党内人気は衰えず
◆ 中国「デジタル人民元」導入の衝撃
◆ イギリスがついにEU離脱  3年半です??
◆ 相次ぐ不祥事に長期政権の驕り  安倍晋三です?
◆ 内在的論理を理解する  日本人の常識が通用しない?


第1章 トランプ再選はあるのか? アメリカのいま 
トランプ大統領の感想である!
メチャメチャな人間である!
ただ、中国、北朝鮮の対応は流石と言うべきか??
しかし、中国とは、揉めていても解決したと言って、
取引して、はしごを外しかねない???

自分がやったこと、例えば農作物を買わして、
生産者に自慢して感謝を言わしている?
公約とは言え、オバマ大統領の政策を覆している!
小泉のやったことを覆しやると言った、亀井静香と変わらない?
他国の選挙を不正があると言って監視したりしていたが、
どの口が言う!!!!!

◆ 新型コロナ、トランプ相場を襲う
アメリカの大統領選のポイントは、経済と言う!
ブッシュパパはクリントンに経済で負けた!
コロナで経済が駄目になれば、再選が難しい! (現実に負けている!)
しかし分断を進めたとはいえ、経済は好調である!

◆ 2020年の逆オイル・ショック
原油価格が暴落する? 供給不足ではなく、供給多過である!
サウジの増産は、アメリカのシェールガス潰しの目的がある!
原価割れにしたい!!
供給多過で先物で持っていても買い手がつがず、
金を払って引き取って貰いたい!

◆ 18年間の戦争に終止符
アフガニスタンにソ連が侵攻した!
これは緩衝国をつくるため??
戦うのはジハードである!!
アフガニスタンをアメリカのベトナムにしたい!
18年に渡る戦争を終わらした? 公約の一つか??

◆ 「タリバン」をつくったパキスタンの罪
ソ連の侵攻後、難民がパキスタンに流れた!
この学生に目を付けたのがパキスタンである!!
学生のことを「タリブ」と言い、複数形が「タリバン」である!

◆ ソ連もアメリカも、自分から戦争を仕掛けておいて
事実上、ソ連もアメリカも負けている!
ゲリラは掃討できない!!!

◆ トランプ大統領のグリーンランド買収構想
よくやると思ったが、中国が絡んでいる!
温暖化で北極海の氷が融けている!
北まわりの航路が出来て、資源も取りやすくなっている!
グリーンランドの空港拡大工事に中国が出費している!
トランプ大統領はこれを避けたい!

◆ いまの共和党はトランプ党
下院議長 民主党 ナンシー・ペロシ!
ウクライナ疑惑でトランプ大統領を弾劾した!
上院の賛成が無く否決されている! 
共和党から一人賛成している!
時代は進み大統領選の後に、又弾劾されている!
よほど嫌っているのか?

◆ 福音派の一部がトランプ不支持を打ち出した
良心に従って賛成票を入れたのは、ロムニー議員!
現在では自分の選挙の応援にトランプ大統領を呼ぶ!
が、「福音派」 キリスト教保守派は女性関係の乱れに批判している!

◆ 再びアメリカ大統領選挙を取材して
党員集会  アイオワ州
予備選挙  ニューハンプシャー州
著者は取材に行っている!!!

◆ アメリカ民主主義の原点がここに
党員集会は、手間がかかりやらなくなってきている!
学級委員みたいなもののようだ………

◆ 主流派バイデンか、異端のサンダースか
サンダースは、自称・民主社会主義者?? 
過激な左派である!
民主党中道派が、サンダースを拒否した!!

◆ トクヴィルが予言した「多数者の専制」 
アメリカの大統領選は矛盾がある??
得票数で勝っていても選挙人で負ける!
ゴア、ヒラリーである!!
民主主義でみんなの意見で決めると、
とんでもないことが起こる?

「多数者の専制」である……


第2章 イギリスEU離脱。欧州の分断と巻き返し? 
◆ イギリス、EU離脱、
アイルランドに行った時、日本人ガイドさんが言っていた!
アイルランドにもかっての東欧から労働者が流れて来ている1
問題は失業保険に社会保障と言う!
ただ乗りだと! 航空費を差し引いても得なようだ!
これに対する不満はある?
イギリスもそのようである!
イギリスはEUに縛られたくない??

◆ 移行期間までの過程で注目は?
関税の問題がある! これは交渉でいずれ解決する?
が、アイルランド問題がある!
国境の問題である! ザルみたいなものである!
「ジャック・ヒギンス 死に行くものへの祈り」がある!
IRAである!
どちらもEU加盟で紛争は無くなった??
自由に行き来出来た!
がイギリスは離脱だが、アイルランドは残留である!
で、国境問題が出て来る! 
いっそ北アイルランドがアイルランドに合流すればよいと思うが………

◆ イギリスが恐れる「北アイルランド紛争」再燃か
現実に北アイルランドのカトリックは、切り離されたと感じる!
アイルランド人とイギリス人の対立である!
また武力抗争が起こりかねないと?
サッカーにラグビーは、イギリスは優遇されている!
イングランド、スコットランド、ウエールズ、北アイルランドである!
もっともラグビーの方が強豪である!
が北アイルランドは、アイルランドで出場する!

◆ イギリス民主政治の歴史
「ブレグジット疲れ」
長々と交渉しているので国民が早くしてくれと!
もう一度国民投票はうんざりになっている!

第二次世界大戦はチャーチルが首相であるが、
もう勝つとなると選挙で負ける?
アトリー政権は福祉を充実させた!
ゆりかごから墓場まで???
蒸気機関車から電気機関車に代わると、
石炭をくベていた機関助士が、乗っているだけで給料が出た!
そのせいで経済が停滞した!!

◆ 鉄の女・サッチャー首相はこうして誕生した
小さな政府 新自由主義!!
規制緩和を進めて、ビッグバン政策を進める!
経済は立ち直るが、格差が広がる!!

◆ トニー・ブレア「第3の道」とは?
中道路線である! が格差は縮まらない!!
新たに鉄道に郵便事業も国有化?
時代に逆行する……… 出来るはずがないと!!

◆ スコットランドも「反イングランド」
再度の独立投票は認められない!
自身EU離脱を煽っていて、スコットランドの2回目は認めない!
1回目で民意が反映されていると!!
最近は、エリザベスとメアリーのドラマをよく見ている!
スコットランドも恨みがある!!
       EU        通貨
ノルウェー  単一市場には参加 ノルウェー・クローネ
スウェーデン 〇        クローナ
フィンランド 〇        ユーロ 

◆ EUという「1つの大きな国」の組織
欧州合衆国を目指している!
欧州理事会   議長はEU大統領?
欧州委員会   具体的に動く
欧州連合理事会 上院
欧州議会    下院 ここがOKしなければ実現しない!

◆ イギリスが離脱して英語が公用語から消える
EUの本部は、ベルギーのブリュッセルにある!
公用語から英語の地位が下がる?
アイルランドだけになる!
ドイツ語とフランス語が幅を利かせる!

◆ ポーランドとハンガリーがEUの「問題国家」
ポーランドとハンガリーは民主主義の経験がない?
難民が問題になっている?
EUの民主主義を揺るがす震源地になっている!
東西ドイツの統一の記念式典 「歓喜の歌」
30年記念では「運命」が流れる………

◆ フィンランドに34歳女性首相誕生
ソ連崩壊後、フィンランドは経済が落ち込む!
29歳の理科の先生が教育大臣になる!
「国家の教育目標はよき納税者をそだてることである」
その時教育を受けていたのが、34歳の女性首相!
人口550万人では女性の力必要である!
教育先進国である!
日本から視察に良く行くが、何も変わらないと!!
視察代を取られる……… 半分遊びである!!

◆ ロシアの憲法改正案。プーチンが陰の権力者として君臨?
1期4年で2期まで!
間にメドベージョフを大統領にして、院政を引き、再度大統領である!
タンデム 2頭の馬を立てに繋いでだ馬車!
現在は1期6年で2期まである!
これを再登板の道を塞いだ!
それに「国家評議会」編成!
これに就任して院政を引く!
ところが現職には再登場は適用されないと!
2036年までの可能性が出て来た??

◆ 北方領土どうなる?
ソ連は戦争で勝った領土は譲らない!
日本は2島返還で妥協しようとしたが、アメリカが許さない!
4島返還でなければ、沖縄を返さないと!
ロシアは、領土の割譲は認められないが、
国境線の画定は禁止していない!
プーチンは落としどころを残している!


第3章 アメリカが関心を失い、混乱する中東
◆ 中東で存在感を増す反米国家イラン
イランとサウジは対立している!!
敵に敵は味方! 遠攻近交か………
イスラエルとサウジが接近している!
トルコは???

◆ シーア派と日蓮正宗の共通点
カリスマ的指導者がいなくなれば後継者で揉める!!
ムハンマドの血を引くものが指導者だと! シーア派でイマームと言う!
その血統にこだわらないのがスンニ派でカリフと言う!!

日蓮の6人の弟子で、日興上人が日蓮正宗を起こす!
現在では創価学会を除名している!

◆ イランの国教「12イマーム派」とは?
ムハンマドの血を引くアリーが初代で、
12代目のイマームが姿を消す!

お隠れになった??
世界が終わりの時、この世にあらわれて助けてくれる??
本気で信じている!

◆ 「コッズ部隊」のコッズはエルサレムの意
イランの革命防衛隊!
ソレイマニ司令官が指揮した、精鋭の「コッズ部隊」
レバノンのヒズボラ、イエメンのフーシ、イラクの人民動員隊らを支援!
コッズはイスラエルを意味する!
IS潰しに力があった!
イラクは、シーア派、スンニ派、クルド人のモザイク国家である!

◆ ソレイマニ司令官殺害は自分の選挙のため
トランプ大統領が命令した!!!
大使館を攻撃されたとき、カーター、ヒラリーの弱腰を批判した!
それが自分に返ってくるのを恐れた………

◆ アメリカが大嫌いなイランは親日国家
イランはアングロ・イラニアン石油を国有化する!
この時、日本の出光が石油をイランに取りに行く!
海賊と呼ばれた男である!!
それ以来親日国家である!
イランはパーレビ国王でクーデターを起こす!
モサデク政権を倒す!
近代化を進めて、秘密警察「サバク」を使い恐怖政治を行う!

◆ カーターになりたくない、ヒラリーになりたくない
1979年 イラン・イスラム革命が成功する!
が大使館の選挙などでカーター、ヒラリーと同じになりたくない!
アメリカ、イランと仲が良いのが日本だと!!

◆ 「川を渡っているときに馬を乗り換えるな」
トランプ大統領はイラン核合意から離脱している!
直ぐに離脱を言う!
危険な状態である時、
「川を渡っているときに馬を乗り換えるな」

まさにトランプ大統領の再選である!
戦争も政争の道具になる!

◆ トランプが「パレスチナ和平案」
エルサレムをアメリカの首都と定めて、大使館を移動させた!
ユダヤとキリストとイスラムの聖地である!
同じ神を信じている!!
やり過ぎである???

◆ イエスは神ではなくキリスト(救世主)
ユダヤ教   旧約聖書
キリスト教  旧約聖書、新約聖書
イスラム教  旧約聖書、新約聖書、コーラン
ユダヤ教には救世主伝説がある!
イエスのことをキリスト(救世主)と信じる人は「キリスト教徒」と呼ばれる!

◆ なぜエルサレムがイスラム教の聖地なのか
イスラム教の聖地3つ!!
メッカ、メディア、エルサレム!

エルサレムの聖地は??
ユダヤ教   嘆きの壁
キリスト教  聖墳墓教会
イスラム教  岩のドーム

◆ 中東問題の発端
イギリスの三枚舌外交!
〇 フサイン・マクマホン書簡  
  アラブ人の国を認める!

〇 バルフォア宣言  
  ユダヤの国を認める!

〇 サイクス・ピコ協定  
  フランス、ロシアと三分割する密約!!

密約はロシアから漏れる!
フランス  シリア、レバノン
イギリス  イラク、クウエート

◆ パレスチナ人=アラブ人
イギリスはトランスヨルダンの成立を認める!
パレスチナにユダヤ人の国を認める!
100万人の難民が出る!

トランプ大統領の中東和平案!
〇 パレスチナ国家の建設を条件付きで認めた!
〇 エルサレムを首都として認める!
〇 パレスチナ自治区にユダヤ人入植地の建設を容認する!
金で和平を買う? トランプらしい!!

◆ ゴーン被告で話題になったレバノンってどんな国
レバノンはレバノン杉で有名である!
地中海の船の材料になり、乱獲されて今は見る影もない!
レバノンは、いろんな宗派の人間が集まっている!
「宗派制度」
大統領  キリスト教マロン派
首相   スンニ派
国家議長 シーア派
国勢調査は行わない!
行えば人口比率が変わっている?
ベイルートは中東のパリと言われた!!

◆ シリアで新たな難民? 再びヨーロッパへ流入か
アサド大統領を援助しているのは、ロシアとイラク!
反政府軍を支援しているのはトルコ!
ここにISが絡む!
アメリカはIS対策でクルド人を使うが、結局アメリカは見捨てる!
ところが今、ロシアとトルコは接近している?
トルコはシリア難民を300万人受け入れている!
コロナでどこにも行けない………

◆ 次のシリアはリビア?
カダフィ亡き後混乱している!
単に独裁者は排除すれば良いものではない!
東西に分かれている?
東側  ロシア、エジプト、フランス
西側  トルコ、イタリア、カタール
アメリカの代わりに、ロシア、トルコが関与を強める!

◆ 敬虔なイスラム国家サウジアラビアが「キャラ変」
サウジアラビアはスンニ派「ワッハーブ派」
規律が多く飲酒に喫煙は禁止!
窃盗したら手首を切断!
同性愛は死刑! 偶像崇拝も禁止!
しかし日本のアニメも人気があり、コスプレもある???

◆ トランプからプーチンへ中東の覇権移譲?
サウジは観光客も受け入れている!
大胆な文化・宗教改革を進めるのが、
ムハンマド・ビン・サルマーン・アール=サウード皇太子!
保守的なイスラム法学者5000人を追放している!
反対の王族を追放して、汚職対策と言って捕まえる!
ジャーナリストのジャマル・カショギの殺害に関与している………
中東にはロシアが介入している!
トランプは鄧小平と同じか?
この殺害事件も、サウジは武器を買ってくれると!
人殺しでもアメリカの製品を買ってくれればよい??
何処が人権なのか???
トランプはプーチンに頭が上がらない???

 

知らないと恥をかく世界の大問題11 グローバリズムのその先 ①・池上彰

 

2021年1月14日 (木)

本・米中激突と日本の針路 ②(2020/3)・古森義久・矢板明夫

Photo_20210113001001

 


第6章 中国の野望とアメリカの抑止
第7章 強制的な威圧外交とメディア監視
第8章 噴出した人権問題と民主主義弾圧
第9章 激流のなかの日本の針路
あとがき


第6章 中国の野望とアメリカの抑止
〈古森義久✕矢板明夫〉
鄧小平は内政の為に戦争する??
ベトナム侵攻である!
日本が何もしなくても香港、台湾、尖閣、南シナ海は、
中国の都合で戦争になる??

鄧小平ははアメリカと敵対しない!
「アメリカと仲良くなった国は豊かになる」
「白い猫でも黒い猫でもネズミを捕まえるのはいい猫だ」
「韜光養晦」
中国の対外政策を形容する!
「韜光」刃物を鞘の中に治める!
「養晦」太陽を遮っている雲
要は目立たず、挑発するな?
習近平は、この路線を止め、国際社会を挑発する!
「中華民族の偉大なる復興」
「中国恥辱の100年史」
尊敬する皇帝!
漢の武王
清の康熙帝
毛沢東

「人類運命共同体???」
要は中国スローガンである!
人類は運命共同体なのだから、
自由や人権が犠牲になっても仕方がない??

一帯一路 AIIB………
発展途上国を中国の文明、価値観に導く、いや、押し付けるのか?
中国は自国のインフラが、あらたかた済んで、施設が過剰になる!
それのはけ口が一帯一路である!
その為に、AIIBから金を貸す!
絶対に返す気が無い国が借りる! 金利は高い!!
返すなら既存の金融機関が貸している!!
金を返せないので、港を99年間借り受ける!
スリランカである!!
日本は不参加である!!
安倍総理である!!
これが福田、鳩山、菅らの元首相なら入っていた!!
「バスの乗り遅れるな」
「中国の求めにはさからうな」
そういう声も多かった!!

中国統一戦線工作部!!
主敵を倒すためには意見の合わない敵とも組む!
中国に反対することは、危険?? 政治的に不適切だとさせる!
世論操作である!! 資金援助も行っている!!
日本の政治家、研究者、評論家にも渡っている?
超大物の親中派議員がいる………

中国の対外戦略の基盤!
◆ 中国共産党の揺るぎのない支配の維持
◆ 国家経済の成長と共産党への忠誠を保つ豊かな社会の維持!
◆ アメリカと対等な国際的な影響力と威信の確立!

その方法は??
◆ 在外中国人の動員 協力しなければ親族が迫害される!
◆ 在外中国人留学生の動員
◆ 大学などの教育機関への支援
◆ 特定の個人や研究所への援助
◆ メディアへの影響力や強制力の行使
◆ 貿易や投資の政治、安保への強制的な利用
◆ 中国国営企業の戦略的動員

日本へはまだ基盤固めである!
ダライ・ラマを呼ぼうとしたら日本人の学者が来て、
止めた方がいいですよ!! 名前も書いて欲しいが………
アメリカでは、天安門事件も、むごたらしいことはしていないと、
大学で指導してくれ!

孔子学院はアメリカでは刑事事件の捜査対象??
日本の大学はいまだに受け入れようとしている!
日本の大学で、中国共産党の教育を受けれる!
親中派をつくる? 洗脳する?
孔子学院の影響で、海外で日本語、文化の講座を取らなくなった!
日本語に背を向けて、中国語が流行る………


第7章 強制的な威圧外交とメディア監視
〈古森義久〉
「経済強制外交」
超立堅がやりそうであるが………
◆ フィリピン  国際仲裁裁判所に提訴する!
  フィリピンのバナナ、パイナップルの輸入で権益に時間をかけて、
  腐らせる!
  観光客をストップさせる! 提訴は止めなかった!
◆ ノルウェー  ノーベル賞候補者を外したい!
  サケ、ノルウェーサーモンを輸入しない!
  候補者は外さない!
◆ 日本  靖国神社参拝と、国連の常任入り!
  これに反対し、レアアースを輸出しない!
  尖閣の国有化時にもレアアースの問題があった!
◆ カンボジア 対中経済依存を利用する!
  共同声明から南シナ海を含めない!
◆ アメリカ  大学への圧力
  ダライ・ラマ、台湾の関係者を大学が呼ぶ!
  中国留学者派遣を中止、又ビザ発行を停止する!!
◆ 中国に入れない!
  研究者、記者を入れない! 言う通りすれば入れてやる???
◆ アメリカのメディとの提携???

古森義久の中国での経験!!
◆ 著者の報道記事を中国は熱心に読んでくれる!
◆ 尿検査の不便さ!
◆ 日本の政治家は、日中友好で桜を植樹する!
野中広務、二階俊博、鈴木宗男、小渕恵三………
土壌が悪いのか、枯れている!
それを記事にしたら、中国からクレームが来た!
ちゃんと読んでくれている………

〈矢板明夫〉
同じく中国に監視されている………
盗聴もされている??
FAXを送れば字の調子が悪い!
監視している警察官から読めないからもう一度送れと!
監視していることを隠さないようだ………


第8章 噴出した人権問題と民主主義弾圧
〈矢板明夫〉
香港の若者の不満がある?
◆ 教育である!!
  香港は教育水準が高い!
  香港大学、中文大学とある!
  きわめて厳しい受験戦争がある!
  ところが、中国共産党は香港に来て、幹部の子供が、
  名門小学校に入れる!
  政治力である!
  当然出来は良くない!!
  勉強も怠ける………
  何の苦労もなく出世街道を駆け上がる!!
  いくら努力しても報われない!
◆ 不動産価格?
  共産党の幹部が買い占めている!
◆ 中国のせいで生活の場が失われた!
  返還後、本土から人が来るが、ブランド店が目当てで、
ブランド店だらけになる………

怖い話が続く!
習近平の危機管理能力の低さ?
米中貿易戦争も、江沢民、胡錦涛政権だったらとうに解決している??
香港問題も、力の解決しか分かっていない!
情報を挙げる人間がいない!!
提言できる人間がいない!
安倍元総理が、スーパーマリオになったのを感心する!
習近平には進言出来ない!!
フランスのテロ後も、各国首脳は弔問に行くが習近平は行かない1
香港の選挙も反中の中でする必要はない?
が、それを進言する人間がいない!

新疆ウイグル自治区も再教育の収容所が作られる!
習近平の暗殺テロが起こったからである!
利権が絡む!
忖度する部下が多い!
香港も出版物に対して関係者を拉致する?
日本人の逮捕も忖度している!
そうすれば親分に喜ばれる………
習近平は香港が駄目なら深圳を国際金融都市にする?
香港は自由だから機能しているが、中国の管理下では………

台湾への中国の工作がある!
香港の介入を見て若者が反中に走る………
選挙に介入する!
フェイクニュースを流す!
台湾は堂々たる1位である!
台湾への介入は
◆ 共産党統一戦線工作部
◆ 党中央宣伝部
◆ 国家安全省
◆ 国務院台湾事務弁公室
◆ 中国人民解放軍

2012年の総選挙は、中国の介入が最も成功している!
馬英九が当選した!
今台湾にアメリカは武器売却に、
強い支持を与えた!

新疆ウイグル人強制収容所の文書が流出している!
こういうことは、まずないと言う!
1000万の人口で100万が再教育である!

ポーカーで「オールイン」がある!
全財産をかけてビビらせる!
中国はヤクザの人権である!!
警察が来ると「私にも人権がある」
「私はやっていない、証拠はあるのか」
人権弾圧の人物のアメリカでの資金を凍結する!
財産の移動に忙しい………

〈古森義久〉
中国の人権問題!
新疆ウイグルは、言語、宗教、文化、習慣を漢民族化さされている!
チベットへも自由に行けることを求める!
トランプ大統領が人権に厳しく対応している!
そうかな??
大統領選に協力すれば、チベット、ウイグルに目をつぶる???
ポンペオ国務長官の演説!
問題は中国の共産党であり、イデオロギーだと!
単なる習皇帝の帝国主義と思うが………

著者の記事のさわり!
◆ アメリカはルビコン川を渡った!
◆ トランプ政権の対中政策は先鋭化している!
◆ 米中間はイデオロギーの相違に触れざる得ない!
◆ 中国は軍事力の行使や威圧をためらわない!
日本は習近平を国賓として招く??
この差は………

中国の問題は、台湾、香港、チベット、ウイグル、法輪功………
チベットではリチャード・ギアが演説する!
人権問題は中国だけではない!!
アフリカに中東は………


第9章 激流のなかの日本の針路
〈古森義久✕矢板明夫〉
安倍総理の危ない中国政策??
韓国みたいに日本は二股をかけれない!
米中対立は日本の重要度が増す!
「日本はアメリカ守らないが、アメリカは日本をいつでも守る」

アメリカの要求!
ファーウェイと交渉するな!
中国は孤立している!
天安門事件の時に、日本を利用した!
経済政策を解除し、天皇を訪問させた………
結果日本はなにも良くならず、中国はますます独裁国家として栄える??
安倍政権は2012年から対中については耐えた!
その結果中国から歩み寄った!!
それに直ぐに乗ったのか???
日本はどうでもよく、中国の事情で日本に来る!
それなら尖閣への侵入を止めるべきだと!!
それにスパイ容疑で逮捕される人間がいかに多いか??
靖国参拝もほっていてくれと!!

安倍政権の対中融和はトランプ政権の反発が多い!!
◆ トランプ政権に対する妨害だと!
◆ 日本の姿勢は国際的におかしい!
◆ 日中は大きな隔たりがあり、日中和解は失敗する!
大きな相違とは??
◆ 尖閣を巡る対立
◆ 脅威認識のちがい?
  アメリカを脅威とする中国と、中国を脅威と見る日本!
  共産主義独裁国家と、民主主義国家??
  ミサイルが日本を向いている??
  しょせんは離れていく!!
◆ 国家秩序観の違い! しょせん離れていく………
付け加えると日韓もそうである!!

安倍政権は矛盾していると??
ODAも必要なかった! 
日中は互いに必要としなくなった!!
しかしここでは名前が出ているが、二階俊博みたいな、
古い政治家もいる!
中国は日本を利用しようとしているだけであると!

中国の日本敵視は共産党の為!
それでも日本に手を差し伸べたのは、対米関係の悪化である!
そうしなければ批判が共産党に来る!
◆ 尖閣への侵入
◆ 抗日での反日教育
◆ ODAなど教えない
◆ 中国人民抗日戦争記念館 戦争犯罪を保存している!
この悪い日本から解放したのが、中国共産党であると!
その為には日本を悪にしておかなけれなならないと!
「対日友好」「対日融和」「対日雪解け」は仕組まれたもので、
中国共産党の都合で成り立っている!!
野党も桜を見る会の批判でなく、対中政策を批判せよと!!

国民へのメッセージで、日本を悪者にしてスパイで逮捕する!
ただし親中派が多い?? マッチポンプか??
中国は日本を「悪魔化」している!
日本は1350発の核弾頭を製造できる状態にある!
何処からの情報なのか??

独裁国家と民主主義国家はどちらが強いか??
デジタル人民元?
色々やっている!
最終的な勝者は中国と思っている人もいる??
長期的には、独裁国家は倒される………


あとがき  矢板明夫
2007年から2016年まで約10年間北京に駐在している!
日本の政治家も多く来ているが、「日中友好万歳」である!
問題は多い………
鳩山元総理は、アメリカとの関係を弱め、
中国との距離を縮めると!
友愛の海にする!!
日米中の関係を正三角形にすべきだ「!
米中摩擦には、
「中立を保つべきだと」
「巻き込まれるべきではない」
「日米関係も重要だが、
 中国との関係も大事にしなければならない」
こう言っている人間は、中国人民ではなく、
共産党との関係を重要視している!
中国はアメリカとの関係が悪くなれば近づき、
良くなれば軽視する!
そういう国だと!!
安倍政権末期の習近平接近は外交努力ではない!
中国の都合であると!!
著者はアメリカの勝利と見ている!
自家に中国を見ている人だけに、信ぴょう性は高い!!!

 

米中激突と日本の針路・古森義久・矢板明夫

 

 

2021年1月13日 (水)

本・米中激突と日本の針路 ①(2020/3)・古森義久・矢板明夫

Photo_20210113001001


歴史上、かつてないほどの深刻な対立を見せている米中関係。
政治、経済、海洋領域、軍事拡張、中国隣国を巻き込んだ人権問題など、
多面的な問題を抱えた米中の“新冷戦”を読み解き、日本が進むべき道筋を探る。


著者らしい内容である!
選挙に敗れたが、トランプ大統領の良かったところは、
対中政策と、北朝鮮である!
中国との関係である!
日本には親中派の政治家、財界人、学者、評論家、メディアは多い!
もっと実名を挙げてくれたらよいのに………
そいうわけにはいかないか?
二階俊博なんかもっと出して欲しいが………
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!



まえがき
序章 北京駐在時代の出会い
第1章 新型コロナウイルスの恐怖
第2章 アメリカの対中政策の大転換
第3章 米中経済関係の激変
第4章 軍事面でのせめぎあい
第5章 無法きわまる中国の海洋戦略


第6章 中国の野望とアメリカの抑止
第7章 強制的な威圧外交とメディア監視
第8章 噴出した人権問題と民主主義弾圧
第9章 激流のなかの日本の針路
あとがき


まえがき  古森義久
コロナ問題で、中国のやり方が分かる!
言論の自由、報道に自由、国民の権利、責任ある統治………
すべて無視している!
著者の論文を、台湾の李登輝総統が見て、会いたいと!!
何故、米中は対立するのか?
日本への影響は??
民主主義にどう対処するのか??


序 章 北京駐在時代の出会い
〈古森義久✕矢板明夫〉
驚きだが、矢板明夫は松下政経塾出身??
古森義久はアメリカから中国に来る!
産経新聞の中国総支局長になる!
右の産経新聞の前は、左の毎日新聞である!
中国語が喋れない………
中国で、矢板明夫から連絡が来る!
古森義久は李登輝総統とも交友がある!
良く務まったなと思うが………

中国の学者が所属する機関は、行く病院でわかる?
階級により、部屋も食事も差が付く!!

矢板明夫は中国育ちで、15歳まで天津で育つ!
中後の教育、中国は素晴らしい、共産党は素晴らしいらしい………
と言っても、物乞いはいる、警官は普通に殴る、威役所も賄賂を要求する!
日本で松下政経塾に入り、先輩の選挙を手伝う!
が、思うことあり勉強しようとして中国に行き、
古森義久に会い、説教される???
「共産主義は悪」とはっきり言われる………


第1章 新型コロナウイルスの恐怖
コロナで、中国のあり方を雄弁に物語ることになった………
異端の体質もある………

〈矢板明夫〉
一年前のコロナ発症である!
現在中国は抑え込んだとしている??
この時期は、隠蔽したとされる!
中国政府の発表がある???
2020年5月15日までに、感染者63,000人、死者1,380人!
YouTubeで武漢の様子が公開される!
習近平に下野してして欲しい??
共産党の終わりの始まりだと!

感染源は、華南海鮮市場??
いつもの、蛇、ウサギ、コウモリである!
武漢市は情報を漏らすなと!!
地方議会が開かれる!
この時に感染が拡大したら、執行部の失点になる!!
その為に隠蔽した??
華南海鮮市場は封鎖している!!

事実でない情報を広めて、不安を煽ったと8人の医者を処罰する!
呼吸器疾患で有名な83歳の医師が実態をテレビで公表する!
当局は、1400万を超える武漢を封鎖する??
その前に500万人が武漢から脱出する!
感染症も広がる………

封鎖を急いだのは、WHO対策があると言う!
現在の事務局長は、エチオピア人のテドロス・アダノム!!
中国の犬である???
中国に忖度している??
批判にさらされているが………

中国の台湾いじめがある!
台湾への支援は、中国の許可がいる??
台湾支援を妨害する!!

怪しげなデマや偽ニュースが流れる!
サウナに入ればウイルスを殺せる?
唐辛子を食べれば大丈夫?
アメリカによる生物戦争?? 陰謀論である?
しかし中国発表のニュースより、アメリカのニュースを信用する!

習近平に権力が集中している!
緊急対応出来ない???
その気になったら人権も関係なしで、従わせる!!
権力闘争もあるようだ………
習近平も反対勢力がいる!
崩壊の始まりとは思えないが………
経済に影響が出ると言われていたが、
1年後コロナを抑えたとして救世主然としている??
マッチポンプか???

〈古森義久〉
「李下に冠を正さず」
このことわざ好きである!
武漢には国立の病毒研究所が二つある!
疑われるわな?

◆ 「武漢国家生物安全実験室」は生物戦争の兵器開発に関与している!
◆ 同研究所は、コロナウイルスの研究にかかわっていた子脳性が高い!
◆ 実験室から流出した可能性が高い!
証拠はない!!
中国が生物研究をしていることは間違いない???

日本の習近平を国賓として招く計画があったので、
中国からの移動に制限をかけなかった?
中国の検閲がウイルスの拡大を助長した!
スペイン風邪の流行は、情報を隠蔽したことにある??

◆ 当局意思で秘密にされた
◆ 明らかになっても、医療専門家に、防止されたと語らせる
◆ 100万人が再教育施設に入っている、新疆ウイグル自治区にも広まった
◆ 習近平の異様な秘密主義が、破滅的な惨禍をもたらせば、崩壊の恐れがある!
実際はなっていない!!

終身任期の独裁者である!
日本も(韓国も)国賓として招く価値があるのか??

情報を隠ぺいしたために、予防対策に致命的な欠陥を招いた!
アメリカの反応がある!!
◆ 2019年12月1日頃に診断されている!
 この時期に感染の対策を取るべきだった!
◆ その警告を発する者に懲罰を与えた!
◆ 武漢だけで抑えられたと虚偽の報告を行った!
◆ 武漢市から500万人が移動していた!
◆ 発症から公表まで2カ月隠蔽されている!
◆ 習近平がジャーナリズムなどを抑圧した!
習近平の弾圧がコロナウイルスの広がりを加速され、予防や治療を遅らせた!!


第2章 アメリカの対中政策の大転換
〈古森義久〉
1979年 アメリカと中国が国交樹立である!
当時、鄧小平はベトナムに懲罰を与えると侵攻して負けている??
「社会主義国家同士は戦わない???」
「社会主義は平和で平等な理想社会を実現する」
そんなものではない!!

「関与政策」
国交樹立時から、貧しい中国に援助して、豊かに強くする支援を行う!
いずれ中国は民主化、民主主義的な方向に進む!
オバマ政権時頃から、そうはならないと!!
中国は民主主義を抑圧する政策の上に成り立っている?
40年に渡る、関与政策は失敗だった!
アメリカは中国は受け入れ難い存在になっている!

アメリカのシンクタンクがある!
対中強硬政策に、保守、リベラルとも同調している!
「中国統一戦線工作部」
標的とする国に浸透し、中国に有利な世論や流れを創り出す!

アメリカは中国の嫌がるシンポジュウムが増えて来ている!
チベット、台湾、新疆ウイグルの代表が、アメリカで演説する!
オーストラリアは親中から反中に転じている!
「関与政策」は失敗??
◆ 国家主席の任期を撤廃した!
◆ 南シナ海のスプタトリー諸島への国際法無視!
◆ 「九段戦???」 勝手に昔から中国領海と主張している!
◆ 国連海洋法条約を無視! 王毅外相がただの紙切れと言う!
◆ 「中国製造2025」 ハイテクでアメリカを凌駕する!
技術を盗んでいると!

中国は、1949年の建国から1000年の長期努力でアメリカを圧する!
「平和的台頭」 「中国の夢」
偽装めいたスローガンでゴマ化している!
「対中関与は協力をもたらす」
「中国は民主主義に向かっている」
「中国は国家としてまだ弱体」
「中国はアメリカのようになりたいと願っている」
アメリカの対中関与政策は無残な大失態である!!

大統領選で敗北している!
が、中国に対しては対決を恐れない!
現実的に対応する!
冷戦時代のアメリカの敵はソ連である!
ソ連の軍事研究家が、ソ連崩壊後、中国研究に移る!
公的な研究機関!
◆ 2000年設立 米中経済安保調査委員会 USCC 
安全保障
◆ 2000年設立 中国に関する議会・政府委員会 CECC
人権、社会、中国の内政を掘り下げる!
◆ 国防総省 ペンタゴンの軍事力調査
中国の発表を信用出来ない!!
なので、独自の調査をする!

トランプ政権の対中政策!
◆ 国家安全保障戦略  中国の脅威 
◆ 国家防衛戦略  潜在敵は中国!
◆ 国防権限法  国防費の使い方!
「孔子学院はスパイ活動をする」
「ファーウェイは危険だから使用してはならない」
これはトランプ政権で、唯一民主党の支持を得ている!!


第3章 米中経済関係の激変
〈矢板明夫〉
中国はど素人のトランプ大統領の誕生を喜んだ!
中国は4000年も5000年も政治をやっているプロだと!
◆ 当選直後、台湾の蔡英文総統と電話会談をする!
◆ 台湾は中国の一部と言うことで終了訪米がなる!
  中国はこれから米中の新時代が始まると!
◆ トランプ大統領の中国訪問では、紫禁城を貸し切る!
  西と東の皇帝が世界を分け合う!
◆ そこで、2535億ドルのアメリカ製品を買うとの調印をする!
  これが嘘っぱちだった………
◆ トランプ大統領は、500億ドルの関税をかける!
◆ 3回目は、ブエノスアイレスで、ファーウェイの娘を逮捕している!

米中の全面戦争である!!
中国人とは、約束を守らない!!
何でもイエスと言う!!
WTOに加盟の時、激しい条件を受け入れる!
入ったら、守る守らないは中国が決める!!
トランプ政権は「不公正貿易慣行」の是正を求めた!
中国の労働条件の改善もある!
中国の労働者は、アメリカのおかげで改善されたが、中国人民は知らない!
貿易戦争でアメリカが不利になると思われたが、逆である!
株価は上がり、失業率も改善されている!
物価も安定している!
中国はそうでもないようだが………
トランプ政権の中国共産党掃討作戦になっている?

〈古森義久〉
対北政策では、当初中国に期待した!
が、失望に変わる………
中国への不満!!
◆ 中国に進出する企業は、中国企業との合弁形態を義務付けられる!
◆ 知的財産権を盗む!
「HONGDA???」
  深圳郊外には、偽物の名画を描く画廊がある??
◆ 補助金政策の禁止! 要は国営企業か??

アメリカは是正しようとした!
が中国は応じず、関税の掛け合いになる………
中国はちゃぶ台返しをする!!
韓国と同じなのか???

WTO加盟であるが、中国を加盟されたのは間違いだと!
アメリカは、関与政策の逆で、不関与推し進める!
カップリング   結びつけ
ディカップリング 切り離し
が、中国を切り離せば消費者が影響を受ける?
確かに、メイド・イン・チャイナは多い!
◆ カルフォルニアのニンニク栽培農家の悲鳴!
◆ 自転車も中国製にやられている!
◆ エビに化学物質が混じっている!
今は、貿易で儲けている企業からもこれに不満は出ていない!
中国が大量に保有しているアメリカ国債を売られる??
安く売れば中国自身が被害を受ける!
アメリカも負の計算をきっちりしなければならないと!!


第4章 軍事面でのせめぎあい
〈古森義久〉
中国は軍拡に進んでいる!
しかし額面通りなのか??
なんせ実戦を経験していない!
アメリカとは違う!
ベトナムに負けている?
無敵艦隊は、戦わないから無敵艦隊である??
確認はしない方がよい!

ソ連とは人工衛星を破壊しない了解があった!
が中国は湾岸戦争でのアメリカの強さは、人工衛星にあると!
中国のミサイルの増強がある!
アメリカと同じ戦術で戦うのは、対称戦と言う!
出来なければ、非対称戦、人工衛星の破壊になる?
「インド太平洋戦略」
アメリカの最大の挑戦者は中国である!」

戦争を防ぐベストな方法は??
戦争に勝つ能力を確実に持つ!
日本の憲法九条とは相いれない???
日本の選択は??

米中戦争の始まりは??
尖閣諸島での軍事対決である!
ただ日本の無人島を守る価値があるのか??
それは「隗より始めよ」ではないか??

習近平は歴代のリーダーの中で傑出して軍とのかかわりが深い!
福建省に勤務し、台湾攻撃用のミサイルを見ている!

アメリカの中国の評価! 今も変わっていない!
軍備増強で、海外の基地、宇宙にサイバーに及んでいる!
インド太平洋諸国に、安全保障上のパートナーに中国を選ぶかもしれない?

中国は急速に軍事力を発展させている!
◆ 海軍力の増強
  誘導ミサイル巡洋艦に駆逐艦、水陸両用作戦能力の向上
◆ 海中戦力
  ディーゼル潜水艦に、原子力原水艦の増強!
◆ 空軍力
  爆撃機に戦闘機の護衛、大型輸送機、電子戦争能力………
◆ 陸軍
  再編中、柔軟な対応が出来る!
◆ ミサイル
  劇的に進化し、質、量とも性能は高い!
◆ サイバー攻撃
◆ 宇宙兵器  人工衛星破壊!
◆ 一帯一路

アメリカと中国はライバルである!
期待や善意に基づかず、素直で冷静に見る!!
協力出来るところは協力するが、そうでなければ断固中国と対決する!


〈矢板明夫〉
共産主義を信じている人は、習近平を含めていない!!
強国を主張するには、領土回復が必要だと!
アメリカはインターネット戦争に備えてファーウェイを排除する!
インフラ整備に中国主導にさせない!
バックドア、スパイウェア、個人情報流出は小さな問題か?
カナダで娘が逮捕されるまで60カ国と契約を結んでいた!
5Gつくりにに格安で整備する!!


第5章 無法きわまる中国の海洋戦略
〈古森義久〉
南沙諸島は中国名??
スプラトリー諸島が正式名称か??
第一列島線、第二列島線………
沖縄はどうなるのか? 早々と中国領土か???
2015年、習近平はスプラトリー諸島を軍事化する意図はないと!
しかし占拠している!!
尖閣諸島は絶えず侵入し、各種のメディアを動員し、
中国の者だと洗脳する!
軍事演習は尖閣諸島を目標としている!

アメリカにも尖閣にスプラトリー諸島は単に機会をうかがっているだけだと!
認識が甘いと!!
南シナ海はオイルタンカーの航路にある!
重要である!
スプラトリー諸島は中国、台湾が全体を、
フィリピン、ベトナム、マレーシア、ブルネイが一部を主張している!
パラセル諸島は中国、台湾、ベトナムが領有権を主張!
中国はベトナムと軍事衝突した!
中国は孫子の国である!
アメリカのニクソン弾劾時に仕掛ける!
タイミングを見計らっている!!
スプラトリー諸島でもベトナムと軍事衝突である!
それにフィリッピンとアメリカの同盟が弱くなった時に攻撃する!
尖閣も中国国内法を勝手につくり、国際法であるかのように振る舞う!
「九段線」
南シナ海は中国のものだと!!
根拠は「歴史的な権利???」
中国は人工島を作る!
環境無視で、自国で何をしようと勝手だと!!

王毅外相! 傲慢な男である!
戦狼外交!
「自分の家で何をしようが
 他国から抗議を受ける筋合いではない」

「常設仲裁裁判所」
南シナ海の領有権争いで、中国の主張を退けた!
これに対して、王毅外相は「一片の紙屑に過ぎない!」
◆ 九段線には根拠がない!
◆ 南シナ海の領有権についても根拠がない!
◆ 人口島の建設は、軍事活動ではないが違法???
◆ フィリッピンの漁船の活動の妨害は違法!
◆ 中国感染はフィリッピンの漁船を危険にさらした!

トランプ大統領は航行の自由の為に軍艦をレーダーも切らずに、
戦闘態勢で航行させた!
こう言う果断さが支持される!!!

アメリカ海軍大学校付属「中国海洋研究所」
中国にとって南シナ海は?
◆ 安全保障の緩衝地帯を拡大する!
◆ 自然資源のコントロール! 魚類!
◆ 地域総合! 日本も影響を受ける!
中国は領海もEEZ内部も自国領域だと!
ではどのように??
◆ 軍事力で制海権を握る!
◆ 自国の法を作り変え、国際法を強引に解釈する!
唯我独尊のアナクロニズム大中華思想である………

尖閣への中国の侵入のがある!  威圧外交!
◆ 軍事、非軍事の多様な手段で尖閣の主権を主張し、恒常的に侵入している!
◆ 海軍、海警、民兵、漁船で侵入し、実績をつくる!
◆ 原子力潜水艦にフリーゲート艦などを送り込む!
◆ 尖閣周辺に軍事基地、兵站施設を建設した!

日本の最悪のシナリオ?
日本の反撃が弱ければ、軍事占領に出る可能性がある!
中国が勝ち、アメリカが介入出来なければ、東アジアの安全保障が変わる!
中国は日本の消耗を待っている!!

 

米中激突と日本の針路 ①・古森義久・矢板明夫

 

2021年1月10日 (日)

本・AFTER SHARP POWER(アフター・シャープパワー) 米中新冷戦の幕開け ② (2019/12)・小原凡司・桒原響子

After-sharp-power


第5章 米中の軍拡競争がはじまるのか
第6章 構造化する米中新冷戦
第7章 米中新冷戦のなかで日本が進むべき道
おわりに
参考文献・資料


第5章 米中の軍拡競争がはじまるのか
1 泥沼化する安全保障のディレンマ
中国は経済発展には軍事力の保護が必要だと!!
その為、軍事力は劇的に向上している!
中国はアメリカの軍事力行使を恐れる!!
アメリカは中国の言葉を信じない!!
人権とは??
欧米諸国が開発途上国を非難する時に使うカードである!
コソボ空襲で武力行使が示された!!

2 中国が太平洋で展開する対米核抑止
あの連合艦隊でも出来なかった、
止めとけと言いたいが………
中国はミサイルを開発している!
空母キラーである!
グアムまで攻撃出来る!!
極超音速飛行体は、米中では目的が違い!
アメリカは全世界を考える!
中国は太平洋の米空母とグアムが狙いか??
求めるものが違う!!

中国は衛星破壊兵器の実験を行う!
暗黙の了解を破る!!
宇宙戦争が始まる………

3 中国がインド洋で展開する空母外交
インド洋で軍事ゲームを展開している!!
空母4隻体制!!
中国発の空母「遼寧」 艦載機は24機!!
ただしポンコツ空母である!
引き続き国産空母の開発を進めている!!
空母4隻体制を造ろうとする!!
駆逐艦とフリーゲート艦を大量建造する!!

Photo_20201225214601

自由で開かれた航行!
アメリカ、日本、オーストラリア、インドの同盟か??
中国の対抗策は各個撃破である………

4 中国の空母打撃群は脅威になるか
空母運用までには時間がかかる!
しかし空母運用は政治的メッセージを送ることになる!
4隻のうち2隻は遠い海域に派遣できる!!
中国の強みは失敗を恐れない!
国民の非難は無視できる!

アデン湾にも艦船を派遣する!
中国は海賊掃討作戦を実施している!
大国の責任を果たしているとのアピールか??

中国が空母打撃群の形成を急ぐのは??
◆ 地中海にまで空母を派遣する! ギリシャにイタリアが基地である?
    内陸部の発展のために西へ向かう!
◆ 米国との衝突回避である! 東ならアメリカと衝突する!

5 南シナ海の軍事的緊張は激化する
中国の南シナ海への執着は、軍事的緊張を招く!!
アメリカが南シナ海で自由に活動されれば、抑止力として機能しない!
台湾は第一列島線を形成している!
米中とも台湾は相手に渡せない!!
アメリカの態度は台湾を鼓舞するが、中国の危機感を煽る!
中国も軍事衝突は避けたい!
習近平は言う! 核心的利益がある!!
「武器の使用は放棄せず、
 あらゆる必要な措置を取る選択肢を残す」

軍事衝突の可能性はゼロではない!!

6 軍事力強化に舵を切った米国
アメリカは軍事力強化を図る!!
新型巡航・弾道ミサイルシステムの開発!
その配備は日本が有力なのか??
それでは何処なのか??
軍拡に中国が値を上げれば競争は終わる!
米中とも戦争を望んでいないが、
不測の事態は起こりかねない!

7 かく乱要因としてのロシア
中露の合同パトロールが!
竹島周辺である!!
ロシアが中国と結んでいる!

中国は、欧州をアメリカから引き離す?
アフリカ、南米、カリブ、
南太平洋の開発途上国との軍事協力を結ぶ!

米中対立でなく、
国際社会とアメリカの対立と言う構図を描こうとしている!

ロシアは策謀する!
米中の対立を利用する!!
軍事的緊張が増せば、自らの影響力を維持出来ると!!!


第6章 構造化する米中新冷戦
1 米中の外交努力が世界を二分する
コソボ空種は中国を震撼させた!
中国は国連人権理事会は、新疆ウイグルのの政策を支持される!
サウジアラビア、ロシアを含む37カ国と言う!
人権などない国か?? サウジアラビアはそうである!!
新疆ウイグルは強制収容している!!
再教育???
メチャメチャデある!!!

この人権問題でアメリカの武力介入の口実にされたくない!
外交はきれいごとでは済まない!
自国が有利になるために展開する!
中国は会議の場だけでなく、軍事外交を展開している!!
直接の衝突はないが………

2 中国国防白書に見る米国との対決姿勢
中国は新たな対策を考える!!
長い道のりである!!
アメリカとの貿易戦争を、長征に謎らえている!

中国国防白書2019! 日本語で表す!
◆ 国際安全保障情勢
◆ 新時代における中国の防御的国防政策
◆ 新時代における軍隊の使命任務の履行
◆ 改革の中にある中国の国防および軍隊
◆ 合理的で適切な国防支出
◆ 人類運命共同体構築への積極的取り組み

2015からは2倍の量である!
軍事外交を重視している!!

◆ アメリカを明確に非難する!!
◆ 国防予算の透明性を演出する!
◆ 国連の常任理事国と言う立場!
◆ 国連を利用している!
◆ 国連に対する発言を繰り返す!
◆ 中国は米国VS国際社会と言う構図を実現する

この中国国防白書は、中国語、英語、日本語で発刊された???
日本語???
中国はあらゆる手段を取る!!!

3 東南アジアに接近する中国
インドネシア、マレーシア、タイ、カンボジアに対して浸透している!
孔子学院は、タイ16校、インドネシア7校、
フィリピン、マレーシアにそれどれ4校!
各国で親中路線は変化しつつある!

◆ マレーシアは中国と距離を置く
    ウイグル族の中国送還に応じず、トルコに送る!
◆ シンガポールは警戒が増している
◆ タイも反発している
◆ ラオスは中国人労働者が居座る可能性がり、揉めている

サイボー攻撃で選挙介入している!
カンボジアで介入している!
その結果が??
「中国の秩序形成に妥協しても、見返りがない」
「中国に主導権を握られることが気に入らない」

4 アフリカは中国支持に回ったか
習近平はアフリカで影響力拡大に走る………
アフリカの票と資源確保が狙いか??
一帯一路の重要な基地である!

WHOのテドロス事務局長!
エチオピア出身で、中国に経済援助を受けている!
一帯一路の主要加盟国である!
長年、台湾を排除している!
中国の言いなりである!!
中国からは「古い友人」と呼ばれる!!

メディアにも記者の教育に多大な金を出している!
孔子学院は,2019年で59か所開設している!
中国語を第一外国語と選択する若者が増えている!
中国が最も信頼でき、重要なパートナーとされている!

アフリカを無理やり従わせるために、債務を利用している!
援助の中止や削減をちらつかせる!
これを「最後通告外交」と言う!!

批判もある!
◆ 人種差別発言がある
◆ ジンバエブでは中国との関係は自身の利益になっていない
◆ ケニアでは原住民を猿と言う
中国不信も拡大している!!!

5 太平洋島嶼国における中国の焦り
太平洋島嶼国は親日度が高い!
が、中国が浸透している!
孔子学院も開設している!

中国が、太平洋島嶼国に手を伸ばす理由!!
① 台湾問題
② 地政学的重要性は、米軍を牽制出来る
③ 海洋資源  広大なEEZが広い

中国の強圧的援助がある!!
パラオの観光客増加に中国人にルール違反が問題になる!
パラオは台湾と国交がある!
資源の採掘で、土地所有、環境破壊が問題になる!
強硬な手段を取るほど、現地の反発は強くなる!
中国はこの反発があるので、働きかけはさらなる国難を強いられる!

6 経済発展を失った中国共産党が頼るもの
中国経済は貿易戦争前から悪化している!
習近平の権威の低下と、李克強首相の対立がある!
大きいことは良いことだ!!
習近平の権威が低下すれば、財政再建も経済構造の改革も難しくなる!
中国は社会が不安定化することを恐れる!
限定された暴動は抑え込める? 実際に抑え込む!
もし経済発展が減速すれば、頼りはナショナリズムであると!!
そのトランプ大統領が救世主になりかねない!
① トランプ大統領は、自らの成果を達成出来れば取引の応じるかもしれない!
② 中国が致命的影響を受けたら、トランプ大統領の責任にする!

このトランプ大統領が取引するのは、佐藤優に木村太郎が言っていたが………
貿易戦争は、中国が対米姿勢を変えない限り、米中の新冷戦は続く!
中国が、白旗を挙げるまで続くと言う………

7 米中冷戦はいつまで続くのか
中国は貿易戦争を「長征」になぞらえて持久戦を呼びかける!
「長征」は実際敗走である!!
習近平は、債務の抑制である!
李克強は規制緩和を進めたい!
権力闘争???
習近平も批判される??
後の復讐が怖い!!

人民解放軍へは締め付けがきつい!!
解放軍の「反腐敗」の強化は、人民解放軍掌握の手段である!!

◆ 米中新冷戦を終わらせる要因 ① 国内政治状況の不安定化
アメリカも一枚岩ではない!!
アメリカの圧力が弱まれば、中国優位の状況が出現する!
2050年近い?
アメリカが圧力を変えずに、中国の経済状態の悪化で、
米中新冷戦が終了する! 2022年近く

◆ 米中新冷戦を終わらせる要因 ② 台湾有事
台湾有事は冷戦を終わらせる!
中国は台湾統一で領土統一が完成する!
台湾問題は、日米の離反を招く可能性も秘めている!
日本のコンセンサスが決まっていないのでいざと言うときの対応が出来ない!
それが日米の離反を招くと言う!!!


第7章 米中新冷戦のなかで日本が進むべき道
1 日本は無関係ではいられない
米中対立に日本は無関係でいられない!
日本は、政治家、経済人、メディア、学会と親中派が多い!!
台湾の問題は、日本に影響する!
台湾と与那国は110キロしか離れていない!
経済、軍事、安全保障、人権と攻防範囲は広がっている!
その内容を理解し強点弱点を探し、強みを生かす!!

2 戦略的競争への参加
トランプ大統領である!!
アメリカファースト?
単独主義に欧州は懸念を深める!
中国はシャープパワーを使う!!
アジア、アフリカ、欧州がターゲットである!

欧州にも貿易不均衡、防衛費の負担の問題がある!
東欧、バルカン諸国、バルト三国、ギリシャと経済協力を結ぶ!
米国と欧州諸国の変化を中国は見逃さない!

政治体制の競争になれば、冷戦構造である!
彼我の強点、弱点を分析し、我の強点を敵の弱点にぶつける!

台湾問題がある!
日本は武力アレルギーがある!
台湾侵攻では海路を封鎖する??
日本のシーレーンに絡む?
アメリカは中東、欧州でも対峙がある??
このようなアメリカに対して自由度を上げることが、最大の貢献となる!
自国の防衛に責任を持ち、北東アジアに平和と安定をもたらせば、
アメリカは、南シナ海、アラビア海、地中海へと兵力を投入出来る!

現代戦は宇宙とサイバー空間から始まる!
米中の政治戦を理解するには、軍事アレルギーを克服しなければならないと!!

3 コンセンサスを得る努力
現代日本は、課題を制約要因として、課題を克服するのではなく、
課題に抵触しない範囲で行動を決定する!
非核三原則も変える時期に来ている?
新しい核抑止の枠組みの構築に積極的に取り組まなければならないと!

中距離核兵器廃絶がある!
これは中国を追い込むことが必要である!
日本は議論に加わらなければならない!
でなければアメリカの言いなりになる!

ファーウェイ、ZTE、監視カメラ大手など調達を禁止した!
中国5社とも取引を禁止した!
日本はどうなのか??
日米同盟を破棄するオプションはない!!
日本は企業に任せるのではなく、政府が明確な方針を示す必要がある!
現在の国際秩序を変更しようとする動きに警戒する!
中国を敵視することは違う!
日本は基本的なコンセンサスを得ることである!
迅速な対応が求められる!!

4 反日パブリック・ディプロマシーから学ぶ教訓
これには中韓の共闘がある!
歴史認識である! 韓国側は韓国系アメリカ人が中心である!
韓国とは、日本海呼称、慰安婦、徴用工の問題がある!
慰安婦像は、韓国の後ろに中国がいる!
韓国は単に反日である!
中国は日米同盟の弱体化である!
それを理解しなければならない!
尖閣も歴史上中国領土と言う!
中国や韓国の動きは許容できない!!
日本もパブリック・ディプロマシーをもって対抗すべきと!!

5 日本の「正しい姿」をいかに世界に伝えるか
日本の新パブリック・ディプロマシー戦略!!
2015年、日本も発信する!
トランプ大統領との仲が良く、貢献している!
日本の評価も高くなっている!
歴史問題に対しては厳しい!!
アメリカは日本の方が高くなっている!
ASEANとヨーロッパは中国の方が高い??

日本は数多くのソフトパワーを持っている!
が、それだけでは駄目である!!
魅力などのソフトパワーと、軍事力などのハードパワーを状況に合わせて使う!
日本の新パブリック・ディプロマシーの行使も中国の活動を無視出来ないと!!

6 パブリック・ディプロマシーの本質
日本が国際社会でより多くの信頼を得て、友人やパートナーを増すためには、
日本の文化や考え方、価値観、経済、外交、安全保障について、
国際社会からの広い支持を取り付けなければならない!
日本の対外発信はは改められた!
中韓との歴史の批判合戦がある!!
尖閣に慰安婦である!!
アメリカは学問の自由を尊重するとのことで、
慰安婦には韓国の主張を認めた教科書がある!!
日本学術会議みたいなものである!
こう言う事から日本も対外発信する!
しかし日本に欠ける点がある!
◆ 政治戦へとの流れに拡大する流れがある
単純なものではない! 
自らの国益に対する戦略発信を行わなければならない!
◆ 相手国の政策や世論の動向などに十分な理解や相手国の視点が必要!!
日本の発言は逆効果になっている!
難しい!!!

アメリカの同盟国としての政治戦は、自由、民主主義の国際秩序を維持することである!
その為には、中国、自国のデータを分析する必要がある!!
間違ったメッセージを送らないこと!!
自らの弱点、強点を探し、相手の弱点に自らの強点をぶつける!!

7 日本の将来はパブリック・ディプロマシーで決まる
日本は米中に匹敵する大国ではない!!
軍事、安全保障揉んだにどう対応するのか??
日米安保は、有識者では最も重要な同盟国とみられている!
一般市民は低い!  不公平な貿易相手国?
日本は世論を味方に付けるために、パブリック・ディプロマシーが必要とされる!

米軍は世界に展開している!
日本ほど駐留に適した国はない!
駐留経費の多くを日本が賄っている!
政治的に安定している!
治安も良い!
アメリカに対する感情も良好で、衛生面でも有鬚である!
工業力も優秀で艦の修理、オーバーホールも出来る!
後方支援だけでは駄目である!
アメリカに必要な同盟国と認識させることが必要である!
自ら政治戦を戦う覚悟が求められる!
国家を挙げたパブリック・ディプロマシーが、日本の政治戦を左右する!!


おわりに
以心伝心は幻想である!!
モノを言わなければ伝わらない!
黙っていても分かる人間は分かる? 
では駄目である!

安全保障と関連した、
戦略的発信としてのパブリック・ディプロマシーがが求められる!


参考文献・資料

 

AFTER SHARP POWER(アフター・シャープパワー) 米中新冷戦の幕開け ②・小原凡司・桒原響子

 

2021年1月 9日 (土)

本・AFTER SHARP POWER(アフター・シャープパワー) 米中新冷戦の幕開け (2019/12)・小原凡司・桒原響子

After-sharp-power


ファーウェイやTZEなど中国企業に対する制裁、
チャイナウォッチなど中国メディアへの警戒感の高まり、
孔子学院の閉鎖、中国人留学生の締め出し……
いま米国では、中国が親中派を増やす世論工作を「シャープパワー」と呼び、
中国排除の動きが強まっている!
本書では、中国のシャープパワーが米国で排除された後の米中関係の動きを、
次の点に注目しながら追いかける!
日本政府だけでなく、日本企業にも踏み絵を突き付けられている!
世界を巻き込む米中対立の狭間で、日本は国益を守るためにどうすべきか?


著者は報道番組によく出演している!
どうかと思う解説者も多い!
が著者の分析は参考になる!
と言うことで、著作を調べた………
最新の本は読まなくてはならない!
図書館で借りた………
内容は下記の通りである!! ① ②に分けて紹介する!!



はじめに
第1章 米国が恐れる新たな世界秩序
第2章 中国のシャープパワーの排除
第3章 5Gで世界の覇権を狙う
第4章 米中新冷戦の幕開け


第5章 米中の軍拡競争がはじまるのか
第6章 構造化する米中新冷戦
第7章 米中新冷戦のなかで日本が進むべき道
おわりに
参考文献・資料


はじめに
冷戦は、
「直接的に武力を用いず、経済・外交・情報などを手段として行う国際的対立抗争」
米ソに次いで、米中である!!
冷戦の定義??
① イデオロギーや価値観が根本的に違うこと!
② 軍拡競争が継続すること!
③ 世界の覇権を争うこと!


第1章 米国が恐れる新たな世界秩序
1 米国の親中派を増やす世論工作
パブリック・ディプロマシー 公共外交???
自国に対する好感や信頼感を醸成し、相手国の世論を味方につけ、
外交関係においても自国の利益に資するような環境つくりを行う!
中国は早々と展開している!
ターゲットはアメリカである!
その為に、メディアを支配する! 広告も大掛かりである!!
CNCワールド
CCTVアメリカ
演出が卓越し、米国のトップクラスのキャスターを採用する!
孔子学院、パンダ外交、メトロポリタン・オペラでの中国オペラの上演………
中国共産党が司令塔である!!
日本に対する反発は大きく、「抗日戦争記念館」を開館させ、
韓国と協力している!
サンフランシスコに慰安婦像を設置し、大阪と姉妹都市が解消になった!
議員、大企業への働き方!
ロビー活動、英語での放送、中国語教育に多額の予算を投じる!!

しかしこう言う動きに疑問符がつけられる!!
今後は単純に、ソフトパワーからシャープパワー、ハードパワーへと移行する!!

2 NDS2018の最優先課題
アメリカの最上位の戦略!
大国間の競争!
中露の脅威評価!
◆ 戦略核、非戦略核戦力の増強
◆ 通常戦力優位への挑戦
◆ 力による現状変更と国際秩序への挑戦

中国の軍事力強化がアメリカの危機感をあおる!!
台湾に対する軍事行動!
◆ 海上封鎖・航空封鎖
◆ サイバー攻撃
◆ 軍事基地への精密攻撃
◆ 台湾侵攻

3 台湾を失う恐怖
27年ぶりに戦闘機を売却する!
ミサイルもであるが、これらの兵器は中国にとっては脅威である!
アメリカは、トランプ大統領は中国と本気で戦争する気はない???
実際に台湾侵攻となれば、戦争できるのか??

4 米国は何を恐れているのか
中国の指導による世界標準が形成されることを恐れる!
香港を見ていればどんな世界か分かる!!
中国にとって公平な世界秩序??
アメリカは中国の脅威を議会や社会に認識させる!!


第2章 中国のシャープパワーの排除
1 シャープパワーとは何か
シャープパワーとは、中国やロシアなどの権威主義国家が、
強制や情報の歪曲、世論操作などの強引な手段を用いて、
相手国に自国の方針をのませようとするものである!!!

パワーには三つの側面がある!
① 相手に当初の選好の戦略に反する行動を取らせる
② 相手の戦略の選択肢を制御して行動の幅を支配する
③ 相手の信念や認識、選好を創出し、形成する手助けを行う

中国は、メディアや民間団体の仕事として偽装し、
要人と連携しプロパガンダや世論捜査を行う!!
ハードパワーとソフトパワー、シャープパワーは区別できない!
概念が変わってきている???

2 中国のシャープパワーの起源
中国のパブリック・ディプロマシーの起源は天安門事件にある!
建国から文化大革命までは、
① 国外と国内の宣伝を区別する!
② 国外抜向けは、制限と管理を受ける
③ 中国の好印象を与える

2000年代は中国の経済発展と共に、「中国脅威論」が高まる!
文化や言語と言う、ソフトパワーを使い、新聞やメディアを駆使し、
米国世論に働きかける!!
自国の経済発展を継続させるために自国に有利にしたい!
その為に、パブリック・ディプロマシーや経済支援を展開し、味方を増やす!
効果は有り、アメリカでも中国をアジアにおけるもっとも重要なパートナーとなる!
日本に対しては、韓国と協力している!
目的は違う!
2014年頃から風向きが変わる………

3 孔子学院の排除
日本における浸透は??? 情ないが………
◆ 立命館大学孔子学院
◆ 桜美林大学孔子学院
◆ 北陸大学孔子学院
◆ 愛知大学孔子学院
◆ 立命館アジア太平洋大学孔子学院
◆ 早稲田大学孔子学院
◆ 岡山商科大学孔子学院
◆ 大阪産業大学孔子学院
◆ 福山大学孔子学院
◆ 工学院大学孔子大学
◆ 関西外国語大学孔子学院
◆ 兵庫医科大学中医薬孔子学院
◆ 武蔵野大学孔子学院
◆ 日本山梨大学孔子学院

参照・引用元:『孔子学院总部/国家汉办』公式サイト

「日本学術会議」はどう言うのか??
ここに学問の自由はあるのか??
資金源は中国政府!
自由なんてない!!
中国のスパイ活動の温床である!
アメリカの大学に支援する!
ただで中国語講座が出来る!
孔子学院の理事長が言う“
「孔子学院は中国共産党の価値観を輸出するために存在する」
アメリカは中国締め出しになる!
孔子学院、研究機関、留学生の締め出し!
留学生に研究者はスパイである!!!!

4 逆風を招いたトランプ支持層の切り崩し
「チャイナ・ウオッチ」
アメリカの有力紙に影響力がある!
最も警戒されている!
ロサンゼルス・タイムズ、ワシントン・ポスト、ニューヨーク・タイムズ・
ウオール・ストリート・ジャーナル………
大都市を狙っている!!
報道の自由と言う、脆弱性をついて自国を正当化する報道のみを伝える!
2018年、アメリカの中間選挙で、トランプ大統領の支持層の切り崩しを図る!
関税をかけた、大豆農家である!
これによりどれほどの損害を大豆農家に与えるのか??
アニメも使い洗脳する??
アイオワ州もターゲットにされる!!
しかしトランプ大統領は逆風に強い??
反撃を開始し、大豆農家にフォローする!!
アメリカは共和党、民主党に関わらず、対中観は厳しい!!
これは失敗のようだが、深く静かに先行しているのではないか?

調べると面白い!
毎日新聞が中国プロパガンダ紙のチャイナウォッチを拡散?
英ガーディアン報道とDHCの公開質問状
とある!
当然朝日新聞もか??

5 次なるターゲットは日本か
日本も無関係ではいられない!
米国につくのか、中国につくのか、両者を取り持つのか…、
世界を巻き込む米中対立の狭間で、
いま、日本政府だけでなく、日本企業にも踏み絵を突き付けられている!
韓国みたいなものである!!

チャイナ・ウオッチ日本の新聞も取り込んでいる!
大学には孔子学院である!
中国語講座がタダで出来る!
中国は手段を選ばない!!
敵の敵は味方? ロシアと協力する?


第3章 5Gで世界の覇権を狙う
1 5Gを支配する国が新しいルールをつくる
「中国製造2025」 重点事項!
① 次世代情報技術 5G
② 高度なデジタル制御の工作機器、ロボット
③ 航空・宇宙設備
④ 海洋エンジニアりんぐ・はいてく船舶
⑤ 先端的鉄道設備
⑥ 省エネ・新エネ自動車
⑦ 電力設備  大型水力発電、電子力発電
⑧ 農業用機材
⑨ 新素材  超電導素材、ナノ素材
⑩ バイオ医療、高性能医療機器

対中強硬には、経済界の後押しがある!
が遅きに失した感がある? が、トランプ大統領が誕生した!
中国に対する危機感を高める!!

2 「中国製造2015」に潜む意図
中国は自らを製造強国とするために、社会主義体制を最大限に利用している!
現状を「不公平に満ちている」と批判し、
「協力とウィンウィンを核心とする『新型国際関係』を構築する」
何より中国共産党の統治を継続することにある!
経済大国になりたいだけでなく、覇権を狙うことと、
強大な製造力を有することは同じである!!

3 「二つの100年」が持つ政治的な意味
中国お得意のスローガン!
① 品質を第一とする、環境にやさしい
② 持続可能な発展、人材の配置、教育に基礎を置く
③ 国情、現実に立脚し、『三歩で行く』

中国は三段階が多い!
第一段階 2020年から2025年!
     10年間の努力をもって製造強国に列する
第二段階 2035年 世界でも中等のレベルに到達される
第三段階 2049年 建国100年
     総合的な実力が世界の戦闘に達する

二つの100年!
2021年 中国共産党結成
2049年 建国100年!
2020年から2049年までは長いので、
2035年と言う期限を切る!

中国は弱味を理解している!
その為に経済構造を変えようとしている!
現状で利益を得ている既得権益層の反発を抑え込むために、
「反腐敗」を用いて抑え込んでいる???

4 次世代AI発展計画
大き過ぎる中国は、経済に人民を管理できない!!
急速な武器装備の開発に、軍人の養成が追い付いていない!
AIを使う!!

中国の安全保障戦略に「三戦」を掲げる!
世論戦、法律戦、心理戦!
要は、中国寄りに世論を仕向ける!!
アメリカと衝突せずに、警戒感を抱かせず、世論に働きかけ、
アメリカに並び、世界強国になる具体的計画を進めている!


第4章 米中新冷戦の幕開け
1 エスカレートする米中貿易戦争
中国のシャープパワー行使にトランプ大統領は反応した!
関税引き上げによる報復合戦である!
          アメリカ     中国
第一段 対象額   340億ドル    340億ドル
第二段       160億ドル    160億ドル
第三段       2000億ドル    600億ドル
第四弾       3000億ドル    750億ドル
第三段から中国は手詰まりになっている!
アメリカの要求に強硬姿勢を取るのは、政治体制を揺るがしかねないからだと!
中国は日本や欧米が考える市場経済ではない!
中国共産党の権威が保たれている限り、
中国で経済危機は起こらない!!!

2 中国共産党指導部にZTE事案
中国、TZEの取引中止!
中国ではアメリカの企業との取引を止めろ!!
が実際は盗難の危機になる!
強い中国の姿は何処にもない!!
国民はショックを受ける!!
ファーウェイ副会長兼CEOを拘束する!
カナダで拘束するが、報復で中国のカナダ人を拘束する!!
尖閣ではフジタの社員を拘束する!
アメリカの国防授権法2019!
アメリカの軍事力強化を反映している!
中国製品排除である!
市場のブロック化になるが、安全保障の問題がある!!

3 米国と中国は価値観を共有できない
中国共産党の権威が全てに超越する!!
中国の政治体制の問題である!
これが根本的な問題である!!
アメリカは中国のシャープパワー排除に走る!!
それに対して中国は急速な軍事増強に走る………

4 「新冷戦」は「冷戦」とどう違うのか
冷戦は米ソの対立だった!!
IMFも効力を発揮していた!
現在はロシアはかってのソ連ではない!
トランプ大統領は、中国の長距離ミサイル、
ロシアの新型ミサイルにより、INFから離脱する!
使用するための核兵器開発!!
核を使いたがっている!!
現在は中国を排除するのは難しい!!
日本のことだと思うが、政府が長期的な戦略を遂行しようとしても、
企業は短期的な利益に縛られて、政策に反対する!
選挙にも影響する!!
親中派の政治家、経済人、メディア、学者は一杯いる!!!
権威主義国家は、民主主義の脆弱性につけ込むようになる!!

5 やがて政治戦へと移行する
習近平の政治戦の三つの目標!
① 中国共産党支配の維持
② 経済成長を続けること
③ 国際的な影響力と名声を構築し、尊重されること

攻防戦の範囲は広がり、多様化している!
日本は韓国みたいなことは出来ない!!
米中のどちらに付くかは、韓国が決める!!
多様な手段を取る!!
経済、政治、軍事、外交、メディア、SNS、教育、一般世論を利用する!

中国の活動!!
◆ 民族的な中国のディアスポラの動員
◆ 中国に対する敵対的見解を抑制するために海外の留学生の任務の遂行
◆ 世界の大学における教育機関の講演
◆ 中国の利益の支援に対して、個人、機関への財政援助など
◆ 西側メディア界での影響力強化と、情報活用
◆ パートナーを強要する為の、貿易と投資の強化
◆ 中国の戦略的目標のために行動する中国系企業の動員
◆ 中国で強い経済的利益を持つビジネスリーダーの採用
◆ 他国での中国の法律の適用
◆ 最先端の技術にアクセスするための他機関への浸透
◆ 高度なサイバー操作
◆ スパイ活動
◆ パワーバランスを変えるための国際的パートナーシップの交渉
◆ 新分野に対する中国の影響拡大のための地理戦略的演習
◆ 説得、威圧、対決により、重要な地域を強制的に占拠するための軍事力の使用
◆ 習近平の「魔法の武器」の実施
この中では、海外の留学生の任務の遂行と言うのが気になる!!

 

AFTER SHARP POWER(アフター・シャープパワー) 米中新冷戦の幕開け ①・小原凡司・桒原響子

 

2021年1月 7日 (木)

本・菅政権と米中危機-「大中華圏」と「日米豪印同盟」のはざまで ②(2020/12/8)・手嶋龍一・佐藤優

Photo_20201230150301


第3章 「米ソ対立」と「米中対立」、その大いなる落差
第4章 米中対決の行方を読む
あとがき  佐藤優


第3章 「米ソ対立」と「米中対立」、その大いなる落差
〇 「新冷戦」の落とし穴
戦後、米ソの冷戦が勃発する!
武力衝突はない!
軍事力が均衡していた!!

〇 東西冷戦の幕があがった
ハンガリーとチェコスロバキアでは自由な選挙が行われていた!
1948年 チェコスロバキアで政変が起こる!

チェコスロバキアとハンガリーは、共産党に忠実な無血クーデターに成功する!
西側は、ギリシャ、トルコは死守しようとする!
旧ユーゴに、アルバニアはソ連圏になる!
このような状態を、冷戦と言う!
ただ、米ソは偶発的な紛争を避けようとしている!
お互いにそう言う努力はしている!
衝突は起きていない!!!

〇 核の恐怖の均衡
警報システムの誤作動によって、核戦争の深淵を何度も見ている!
なので、AMB条約(弾道弾迎撃ミサイル制限条約)、
IFM全廃条約(中距離核戦力全廃条約)で、核の相互抑止力体制を築く!
今や、アメリカ、中国、ロシアの間には無い!
ワシントン、ロンドン条約なき後、建艦競争になるのと同じか??

〇 歯止めなき核の時代
AMB条約  弾道弾迎撃ミサイル制限条約
米ソはお互いに2基しか配備しない!
先制攻撃の誘惑に駆られないようにする!
これが理由かは分からないが、核戦争は起こらなかった!!

IFM全廃条約 中距離核戦力全廃条約
中距離ミサイルなら限られた地域での使用が可能になる??
お互いにこう言う馬鹿なことは止めようと!
レーガン大統領とゴルバチョフ書記長である!
冷戦終結である!

AMB条約はブッシュJrの時代に終わる!!
IFM全廃条約からトランプ大統領は離脱する!
ヨーロッパはトランプ大統領に何を言っても無駄だと!!
中国は対抗策を取る!
条約なき核の時代は、東アジアに大きな影響を及ぼす!!

〇 鉄のカーテンで分断されて
鉄のカーテン??
ジョン・トーランドが書いていたが、この言葉を最初に使ったのは、
ゲッペルスと言う!
チャーチルとなっているが………

「バルト海のシュテッティンからアドリア海のトリエスタまで、
 大陸を横断する、鉄のカーテンがいまや降ろされた」
ワルシャワ、ベルリン、プラハ、ウイーン、ブタペスト、
ベオグラード、ブカレスト、ソフィアである!

ジョージ・ケナンの「対ソ封じ込め政策」
ソ連周辺地域に経済・軍事援助を与えながら、ソ連の勢力膨張を、
長期にわたり、堅忍不抜の意思をもって封じ込め、内部崩壊を待つ!
その通りになったのか?
ただ政治家に限らず、人は聞きたいことしか聞かない!

〇 「ロング・テレグラム」
永井陽之助!
ケナンは免疫メタファーを使っている!
共産主義の浸透、拡大、予防を説いていると!
神学の解説である!!
◆ 顕教 ソ連の指導部の公式宣伝機関が公にしている!
◆ 密教 クレムリンの対外行動を深く規定している
建前と本音である!
ロシア的共産主義??
国際的であり、民族的であり、ロシア的である??
キリスト教的な東洋であり、ロシア正教の異端?????
この章は分かり難い!

〇 米高官の対中演説を読み解く
米高官 ポンペオ国務長官!
中国を、マルクス・レーニン主義であり、自由主義に被害を与えている!
マルクス・レーニン主義と決めつけているが、そうではない!
習近平は自己をスターリンの後継者とみなしている!
しかし世界に共産党革命を起こそうとは思っていない!
主要都市に総領事館を置き、「アメリカン・センター」「ゲーテ・インスティチュート」
「孔子学院」を置いている!
情報収集は行っている! プロパガンダもか??

ディールの達人を自認するトランプ大統領と似ている!
中国の強権的な政治体制と膨張主義は、マルクス・レーニン主義ではない!
帝国主義政策に基づいていると!!

中国に対する専門家がいない??
現在は「能ある鷹は爪を隠す」を止めている!
国力を全面的に出してきている!
領海も国力よると!! 厚かましい!!
中印の紛争がある!
尖閣への漁船の侵入がある!
もし上陸されたらどうするのか??
毅然とした態度が取れるのか??
現地の海上保安部や、海上自衛隊は不安に思っている!!

〇 「法制国家」としての現在中国
「法治国家」
「人治国家」
中国は「法制国家」だと!!
共産党が法律をもって人民を統治しており、共産党が法律を凌駕している!
その結果、中国の統治システムは一層強固になる!

鄧小平の「四項目の基本原則」
① 社会主義の道を堅持する
② プロレタリアによる独裁を堅持する
③ 共産党指導体制を堅持する
④ マルクス・レーニン主義と毛沢東思想を堅持する

口ではどうとでも言える!!
マルクス・レーニン主義と毛沢東思想とは決別している!
今の習近平は、共産主義を信じていない!
習皇帝である!!
その帝国主義的な中国を相手に、対中戦略を練り直す!!

〇 宇都宮徳馬の慧眼
宇都宮徳馬は、戦前共産主義者だった!
戦後は共産党を恐れる!!
コミンフォルムから革命闘争をすべしと!
所感派 そんなこと言われる筋合いではない!
国際派 指示に従う!
これは思想の争いではなく、派閥争いだった??

著者たちは、宇都宮徳馬を褒める!!
国士と呼べる存在のようだ………

〇 アルバニアの独裁者、ホッジャ
アルバニアと言う国も面白い!
かってオスマントルコの侵攻に立ち向かう!
キリスト教の騎士とうたわれた、スカンデルベクがいる!
小国である!
が、中ソの対立で動き回る!
1960年代 ソ連との関係悪化で中国寄りになる!
ホッジャは文化大革命でも生ぬるいと!
国民の思想改造に取り組む!
宗教施設を閉鎖した!
「作戦名 バリュアブル」
アルバニアへ反政府ゲリラを投入する!
キューバ侵攻の先駆けである!
失敗する!!

1974年 毛沢東は「三つの世界論」を発表する!
① アメリカ帝国主義とソビエト社会帝国主義! 
ソ連の方が悪質だと!
② 東西ヨーロッパと日本
③ 中東、アジア、アフリカ

ホッジャは反ソで資本主義国家と結びつきたくない!
中国と袂を分かつ!!
ホッジャは国民を飢えさせなかった!
ホッジャは中国を帝国主義と見た!!
冷静な視点である!!

〇 デジタル・レーニン主義
コロナで世界は変わる!!
中国的な、全体主義的な監視か?
市民の権限強化か

中国はスマホを通じてあらゆる階層の人間を監視している!
顔認証でも監視している!
ウイグル、チベット、香港の分離独立派を監視している!
欧米では「デジタル・レーニン主義」と言い表す!!
現在の中国は、共産主義を輸出することは考えていない!
習近平もそれは考えていない!
「デジタル・レーニン主義」ではなく、
せいぜい「デジタル・公安システム」であると!!
警察に公安デジタル専属部隊が出来て、
全体主義を支配すると言った類である!!

場末の屋台でもデジタル決済である!
「デジタル・一国社会主義」
共産主義ではなく、帝国主義である!!
◆ デジタル・一帯一路
◆ ファーウェイに代表されるITシステム

要は帝国主義だと!!
共産主義に革命の輸出は考えていない??
しかし、親中政権を造ろうとして、ちょっかいはかけている!!!


第4章 米中対決の行方を読む
〇 台湾は「二十一世紀のベルリン」
台湾の李登輝総統!
1996年 台湾海峡危機!
「両岸の緊張はひとまず去ったが、海峡にはうねりが再びたかってくる」
その時は日本の問題だと!
台湾問題は、日米同盟を結ぶ日本にとって、最重要なテーマである!
台湾こそ21世紀のベルリンだと!
台湾は中国の革新的利益だと!!

〇 日米は台湾海峡危機にどう備えるか
新しい民主党の新綱領!
台湾海峡の平和的解決を指示する!
◆ 台湾への武器売却
◆ 中国が武力介入を行えば、アメリカも介入する
◆ 書かれていないことが重要だと

書かれていないことは??
一つの中国を支持する!
両岸の中国は、どちらも「一つの中国」と言っている!

台湾有事!
偶発的に紛争が起こればどうなるのか??
日本はアメリカと行動を共にする!
中国報復は激しい!  中国にある資産は没収で工場も生産出来ない!
が、協力しなければ日米同盟が持たない!
進むも地獄、退くも地獄!!

佐藤優は地図の大切さを言っている!
要は、平地ではないと!
日本陸軍は、インパール、ニューギニアで地図の平面しか見なかった!
平面でしか考えられない!! 平面ではわずかでも3000m級の山がある!
台湾は中央に3952ⅿの山がある!
中国側と、反対の海から攻撃しなければならないと!
その為には与那国が邪魔になる!
台湾まで110㎞と言う!
陸上自衛隊が駐屯している!
この島の土地を何者かが買い占めている!
これを調査したのが、公安調査庁!!
台湾海峡は他人事ではないと!!

〇 アチソンラインの地政学
1950年のアチソンライン! 朝鮮半島と台湾は入っていない!
この誤ったメッセージで北朝鮮は南下する!
休戦後、台湾と韓国が防衛ラインに入る!
誤ったメッセージが冷戦を発生した!!
が、現在は、朝鮮半島が、防衛ラインから外れそうである!
そして現在は朝鮮半島が防衛ラインから外れる!
新・アチソンラインである!

Photo_20201230151001


米朝和解、文在寅大統領の北への傾斜が大きくなれば、
アチソンラインが変わる!!

〇 岐路に立つ対ロ戦略
安倍総理辞任はロシアでも驚きだったようだ!
こんなことは知らなかったが、2島返却で、歯舞、色丹にアメリカ軍が駐留する?
そうならないように交渉する!
安倍総理は、プーチン大統領を数多く、27回交渉している!!
無駄ではないと!

和平条約を結ばない!!
ドイツ方式である! 結ばずとも機能している!
しかしドイツの日本のソ連との戦いは違う!
ドイツとは総力を挙げて戦っている!
日本とはどさくさに紛れて攻撃し、占領している!
そのあたりをちゃんとして交渉する!
言うべきことは言う!!!

〇 「中ロ対立」の時代再び
中ソは国境で武力衝突している!
その時中ソは対立し、敵に敵は味方で、周恩来は日本に核武装を勧めた!
国際政治の複雑化か??
ダマスンスキー島!
スターリンは現実主義者である!
中共軍を解散すべきだと!
が、毛沢東は国共内戦に勝つ!
中ソ友好であるが、対立の芽はある!
スターリンと毛沢東の間は修復不可能になっていた!

中ロは蜜月に見えるが、そうでもなさそう!
国境、東北三省が一億以上いるのに、ロシアは600万と言う!
中国は教科書で、我が領土だったと教えている!!

北方領土は日本領土だと、中国は支持していた!
道産子が中国へ行き、周恩来と会見している!
北海道が中国の対ソの要所であった!
日ロは対立要素はない! 領土問題を早期に解決する!
中国が、海洋、宇宙、サイバー空間に進出している!
その変化に対する新たな戦略、外交が必要である!!

〇 新政権は外交の弱点をカバーできるか
菅政権発足直後、北村慈国家安全保障局長をアメリカに派遣する!
相当な顔ぶれと会談する!
アメリカは事前に、二階俊博の対中融和政策の情報を教えられている!
釘を刺した???
中国に対して日米は結束してあたる、その覚悟はお持ちでしょうね!
菅機関がどれだけ有効に機能するのか??
幸運にも日本には「特使」に人材がいる!
安倍元総理である!
「一議員として菅政権を支える」
プーチン大統領には最適か??


あとがき  佐藤優
バイデン大統領には投票した人が見返りを求める!
黒人、ヒスパニック、ジェンダー、エスニック・グループ………
日本との同盟関係には基本的には変化がない!

アメリカに住む沖縄系の住民は、沖縄人で、日本人との意識は薄い!
沖縄は基地問題も自分達も決定権を持つと!!
佐藤優の沖縄への想いがあるようだが………

 

菅政権と米中危機-「大中華圏」と「日米豪印同盟」のはざまで ②・手嶋 龍一・佐藤優

 

2021年1月 6日 (水)

本・菅政権と米中危機-「大中華圏」と「日米豪印同盟」のはざまで ①(2020/12/8)・手嶋龍一・佐藤優

Photo_20201230150301


菅新政権の外交マシーンが動き出した。
烈しい米大統領選を経て米国の対中姿勢は、一段と厳しさを増している。
菅政権は、日米同盟を基軸に据えて、「習近平の中国」と対話をと目論んでいる。
だが、北京は安倍政権のキングメーカーにして対中宥和派、
二階俊博幹事長を通じて日米同盟に楔を打ち込もうと布石を打ちつつある。
菅総理は、安倍辞任の空白を埋めて、緊迫の東アジアに戦略上の安定を創りだせるのか。
知られざる「菅機関」の内実を明らかにしつつ、
菅政権の前途に立ちはだかる懸案を読み解いていく。


最新作である!
二人の対談集は、全部読んでいる!
時事である!
対中と言えば、親中派の大物、二階俊博がいる!
キングメーカーか? 非難されない!
怖いのか??
そして、憎たらしい趙立堅がいる!
力を背景に傲慢さがにじみ出ている!!
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!



まえがき  手嶋龍一
第1章 米中激突のなか船出する菅政権
第2章 アメリカ大統領選と中国


第3章 「米ソ対立」と「米中対立」、その大いなる落差
第4章 米中対決の行方を読む
あとがき  佐藤優


まえがき  手嶋龍一
アメリカ大統領選!
隠れトランプ支持者は多いのか??
バイデン新大統領は、ラストベルト地帯で勝利を収めた!
なので白人労働者を見捨てれないので、対中貿易摩擦は激しくなる?
TPPは中国対策である!
これに離脱して、中国が参加しようとしている?
菅総理は、日米同盟を強固なもにし、中国と良好な関係を築く!
中国は香港の一国二制度を潰し、台湾を統一しようとしている!
「スターリンのソ連」と「習近平の中国」との違いを示す!
大中華圏の構想にどう対処するのか???


第1章 米中激突のなか船出する菅政権
〇 「菅機関」は機能するか
安倍総理は、予測不能なトランプ大統領と対話できる、唯一のG7の指導者であった!
その遺産は大きい!
世界は、東アジアの中国に対抗出来る指導者と見ていた!
一種の猛獣使いだった………

菅総理は、「安倍機関」を引き継いでいる!
「首相機関説」 よほど優秀な人間がいる!
具体的な政策立案を補佐官に任せて、納得すればアクセルを踏み、
気に入らなければブレーキを踏む!
これを読んでいると、日本学術会議の拒否問題が良く分かる!
菅総理の「安倍政治の継承」??
おべんちゃらと、安倍機関のモデルチェンジを言う!

菅総理は期待は、石破つぶしである!
忖度し、岸田文雄が2位になった………
菅政権は、安倍流の統治システムの魔力で誕生した言う!

〇 疲弊し衰弱する霞が関
「城山三郎・官僚たちの夏」の時代ではないと!
「登用人事」 された本人はやっぱり俺かと思うが………
まわりの嫉妬を招く!
それぞれの諸官庁が政策立案の実権を握っていると思っていたが、
実権が官邸に移りつつある………
「やらされている感」があり、疲労感がある!
昭和の産業政策は過去の遺物であり、国会での質問案が出そろうまで、
深夜に待機する実態がある!
霞が関全体がかなり疲れていて、志望者が少なくなっている!

〇 自民党総裁選に見る「令和の民主主義」
菅総理は、政治空白を産まないと言うことで選ばれた!
あっという間に派閥が菅支持を決めた!
石破総裁をを止めたい!
党員投票を行えば、石破総裁の可能性が残った!
その阻止であるが、日本の総裁選がこれほど不透明だとは………

アメリカの大統領選のプロセスは堅牢にして透明だという!
トランプが選ばれることもあるが………

菅総理が指名される前日、立憲民主党の結党大会が開かれている!
まことに影が薄い!
この日は仏滅?? 「仏滅党」???
嫌みがある!! 
政治の政には、人知を超えた何かを恐れる気持ちが必要ではないかと?

〇 菅政権の「自助、共助、公助」とは
佐藤優は良く言う!
菅総理を、ごり押しタイプだと!
北海道知事選で、元夕張市長の鈴木直道を強引に推薦した!
コロナ騒ぎで活躍しているが……
日本学術会議の任命問題も、かなり強引だと!
現在は、秋田から出てきた苦労人と言う話が、人気になっている!
何がやりたいのか??
安倍総理は、北当選の拉致、日ロ平和条約、憲法改正と目標があった!
菅総理は??
携帯料金の値下げ、縦割り行政の弊害では小さい??
自助と公助は対極に位置している!!
そのらをどうするのか???

〇 二階俊博幹事長という地雷原
親中派の超大物議員である! キングメーカーか?
アメリカは日本の対中政策に神経をとがらせている!
二階俊博である!!
米中の対立?
◆ 「一帯一路」
◆ 「自由で開かれたインド・太平洋」
大中華圏、中国隷属か?? 
それとも対中包囲網に入るのか??
アメリカは二階俊博に神経をとがらせている!
日本の右翼からは「媚中派」と呼ばれている!
そりゃ江沢民の銅像建てようとした???
アメリカ側は、安倍、トランプが親密だったので、問題にされなかった?
どう思われているか分からない………

〇 「自由と繁栄の弧」の波紋
「自由と繁栄の弧」
アメリカ、西欧諸国、トルコ、インド、東南アジアと連携して、
イラン、中国、ロシアを封じ込める!
オーストラリアは???
どう見ても誇大妄想だと!!
こんな大風呂敷を広げたために、一帯一路で妥協する?

一帯一路では、谷内正太郎が反対するが、二階俊博と対中融和派に押し切られる!
二階俊博の、隣国と仲良くしては何故いけないんだ!!
日本の学者、知識人、財界、政治家には、対中融和派が多い!!
しかしアメリカは納得しない!!
「自由で開かれたインド・太平洋」への協力を求められる!
アメリカは、今は反中感情がいきわたっている!

〇 安倍官邸の政変劇
安倍政権、安倍機関から受け継いでいる人間がいる!
今井尚哉、北村慈!!
宇宙政策委員会 葛西敬之に松井孝典!
安倍政権では民主党に仕えたとされる、藪中三十二などは干している!

佐藤優の言う、安倍総理の雑談力!
このくだりは良く書いている!
本当に習近平が言ったのか? 切り返しが凄い!!

日ロ交渉についても評価している!
安倍総理辞任で、ロシアは状況が悪くなったと?
菅政権にも安倍政権の継承を求めている!
安倍政権を評価している!!

〇 「敵基地攻撃」を公言する愚
出た!! 外務省の超立堅副報道局長!!
この言葉に反応した!!
「専守防衛の約束を誠実に履行せよ」
どの口が言う!!
敵基地攻撃能力??
これは正解と思うが、何処かというと、中国に朝鮮半島である!
言い方が悪い!
佐藤優は「サイバー攻撃戦略」とで挙げる!!

イージス・アショアの失敗!
何を考えて決めたのかとは思う!
ブースターが周辺に落ち、危険だと!
それなら防衛省敷地内には、地対空ミサイル「PAC3」が展開されている!
この発射でガラスは粉々になる??
それはどうなるのかと???

〇 菅政権は公明党を御せるのか
立憲民主党は共産党と協力的である!
立憲は共産党の票が必要である!
菅総理は維新と協力的である!!
自民、公明、維新と与党的である!!
連立を組む公明の意向が反映された、一律10万円の交付!
見事に公明党の言いなりになった!!

安倍政権は公明党にとっては味方ではない???
憲法改正、集団的自衛権などの安保法制!

公明党と言えば思う!
◆ 湾岸戦争に金を出すが、軍事に使わないこと???
◆ 地域振興券  公明党がやった??
◆ 都構想! 山口那津男代表の応援演説!
 「なっちゃんですよ」
結局、創価学会のおばさんは堂々と反対している!

自民党も立憲と同じく公明党の票が必要である!
維新との連立に走れない!!
菅政権は安倍政権より御しやすいと思っている??
気が付けば、公明党の政策を実現し、
学会を喜ばすだけbになるかもしれない???
「自公」ではなく「公自」になりかねない???

〇 新総理に突き付けられた「二つのシナリオ」
菅政権の解散時期は?
実績を残してから解散したい!
総理就任直後は???
2021年は、オリンピックに都議会選がある!
この時期に選挙は出来ない!!
やるやると言って時機を逃した麻生政権の二の舞はしたくない!
任期満了に伴う再選での解散か???
果たしてそこまで政権が持つのか??
野垂れ死にしていないか??
怖いことを言う!!!

〇 右バネの暴発も視野に入れながら
菅政権には右からの圧力もある!
「菅機関」が機能せずに、菅では戦えないとの声が出る??
問題は対中政策であると!
あまりにアメリカの言いなりでは、中国が反発する!
その間でどうバランスを取るのか???


第2章 アメリカ大統領選と中国
〇 安倍・トランプ連合の崩壊 
安倍・トランプはウマがあっていた!
安倍総理はトランプ次期大統領と即座に会見した!
その足で南米ペルーのAPECに行く!
会場で尊敬のまなざしで見られる?
外交力??
G7でもトランプ大統領の説得役を引き受けた!
金正恩との会見の場所を、文在寅大統領は板門店でやりたい!
自らが仲介者とアピールしたい!
トランプ大統領も板門店を了解した??
これにアメリカ高官は焦る!
安倍総理に、シンガポールでの対談を説得してもらう!!
日本の首相もここまでになったのかと思ったが………

ロシアのプーチン大統領も安倍総理辞任で焦った?
東アジアの見直しを図られる?

中国もそれなりに焦る?
が、日本には、媚中派の二階俊博がいる!

アメリカ、中国、ロシアが安倍退陣で戦略を練り直す??
アメリカは中国にきわめて厳しい態度で臨む!
日本は中国に融和的な姿勢を取れば日米関係にとって波瀾要素になる??

〇 米大統領選は今後のアメリカをどう導くか 
パパブッシュは失業率10%で、クリントンに敗れた!
トランプは3%である!
俺さまのおかげだと!!
再選に自信があったようだ!!
コロナ対策で、指導力を発揮したリーダーもいる!
申し訳ないが、ブラジル大統領とトランプ大統領は東西の横綱か??
ドイツ・メンケル!
台湾・蔡英文!
ニュージーランド、フィンランド、デンマークの女性リーダー!
トランプ大統領は自らの為に「武漢ウイルスと中国を責める!
しかし初動で後手を踏んだのは間違いないち!

〇 郵便投票がトランプを追い詰めた
共和党 保守派の牙城 キリスト教右派!
日曜日には教会に行き、宣教師の話を聞く!
選挙にも連れ立って投票に行く!
固い票である!!
これに対して、黒人などは批判してもなかなか投票には行かない!
が、警官の黒人の虐待などもある!
投票所には行きたくないが、郵便投票が出来る!
これが民主党に有利に働く!
トランプ大統領は投票に不正があると!
が、その証拠はない!!
不正はあり得るが、結果を左右すほどのものなのか?

しかし内外からもトランプ批判は多い!
「国際社会は、トランプ大統領の退場を待ち望んでいる?」

〇 民主党の大統領代行 カマラ・ハリス候補
アメリカの非白人もルーツが違う!
奴隷の子孫?
オバマも、ハリスも移民の子である!
知的な家庭の子供であった!

アメリカの副大統領は大統領に何かあれば後を継ぐ!
トルーマン、ジョンソン、フォード………
どちらかというと軽い存在??
しかしバイデンは78歳である!
トランプも74歳か? あまり変わらなと思うが………

ロナルド・レーガンは、アメリカをまとめた大統領としても評価は高い!
カマラ・ハリスは初の女性大統領に近い!
アメリカをまとめれる人間的魅力があるのか??

〇 コロナ・ワクチン巡る情報戦
テキサス州 ヒューストン中国総領事館を閉鎖する!
アメリカの先端技術に情報を盗んでいると!!
領事館で無くなれば、特権は無くなる!
報復に四川省成都のアメリカ領事館を閉鎖する!
米ソは暗黙のルールに従った!
米中は従っていない!
アメリカは、中国との外交戦争を覚悟していると!!

〇 コロナは世界の情報システムを塗り替えた
9・11テロで世界の風景は一変した!
新型コロナ・ウイルスは、世界の経済、情報システム、
安全保障、インテリジェンス・システムを根本から塗り替えた!
「コロナを制する者は、世界を制する」
テキサスが主戦場か??
マッチポンか???
アメリカはDIA傘下のNCMI(国立医療情報センター)で情報収集、分析を行っている!
日本は??
「公安調査庁」を育てるべきだと!!

〇 中国の「戦狼外交」とは
出た出た!! 外務省の超立堅副報道局長!!
傲慢な男である! 力を背景に相手を威圧する!!
民主主義と言論の自由を封殺している!
王毅外相のそのタイプと言う!
イギリス、ドイツも中国離れが加速している!
日本はどうするのか??
香港の亡命を受け入れるのか?
中国に忖度して、受け入れないのか???

〇 対中強硬姿勢を競った米大統領選
中国の国家安全維持法を適用する!
◆ 国家の分裂
◆ 中央政府の転覆
◆ テロ活動
◆ 外国勢力と結託して国家の安全を脅かす行為
世界が、中国を批判する!
が、トランプ大統領は、再選に力を貸してくれれば、
チベット、新疆ウイグルに沈黙する??
あり得る話どころか、本当である!

◆ 尖閣の侵入!
◆ 中印国境紛争
アメリカのことわざ!
「川を渡っているときに馬を替えるな」
トランプを替えるなと言うことか!
バイデンもラストベルトの白人労働者の為に対中強硬は譲れない!
「アメリカは強気がゆえ偉大なのではない!
 内に秘めたる力を良きことに使うがゆえ偉大なのだ」

 

菅政権と米中危機-「大中華圏」と「日米豪印同盟」のはざまで ①・手嶋龍一・佐藤優

 

2021年1月 5日 (火)

本・公安調査庁情報コミュニティーの新たな地殻変動(2020/7)②・手嶋龍一・佐藤優

 

Photo_20201230142801



第4章 「イスラム国」日本人戦闘員の誕生を阻止
第5章 そのDNAには、特高も陸軍中野学校もGHQも刻まれる
第6章 日本に必要な「諜報機関」とは
あとがき   佐藤優


第4章 「イスラム国」日本人戦闘員の誕生を阻止
北大生がシリアに渡航しイスラム国に参加しようとする!
日本人までがと驚きが走った!
もっとも本人には人を殺すという意識しかない?
これを誘う、わけの分からない人間がいる!
「人生面白く生きて面白く死ねばよい!
 死にたいという人には、いいとこがあると伝える」
古書店を舞台にした、リクルートである!
自殺願望者を誘う!!
「ジハードに身を投じて殉教する!
 仮の住まいは地球全土、帰る我が家は天の楽園」
まるでアサシン暗殺教団である!!

この件、公安調査庁が気づかず、警視庁公安部が摘発しなければ、
イスラム国に行っていたという!
諜報機関同士はライバルである!
が嫌でも協力する場合もある!!

わざわざ中東に行って人を殺す!
こう言う精神状況は何なのか???
精神世界を正確に把握し、「心の安全保障」が求められている!!

ヒューミントは、AI全盛時代にも重要になる!
北朝鮮は、焼き肉10年、マッコリ20年で情報を掴む!
が今や朝鮮総連が衰え情報が入らなくなっている!
情報を引き出す重要性は?
◆ 対象とする協力者が、こちらが必要とする情報にアクセスできること
◆ その人が真実を語ってくれていること

現在に日本は、多種多様な国籍の若者が日本にいる!
彼らに積極的にアプローチすることが必要である!
海外に人材を派遣するのは難しい!
そう言う対応が必要なのではないか????


第5章 そのDNAには、特高も陸軍中野学校もGHQも刻まれる
公安調査の誕生は?? たらいまわしになる!!
1945年9月26日  内務省調査部
1946年8月7日   内務省調査局に格上げ
1948年2月15日  法務省特別審査局
1946年6月からは、法務府特別審査局????

内務省を潰したのはGHQで、特審局を我が子のように扱った!
だから右翼対策に従事する!
日本が戦前に戻るのを止める!
が、その治安対策は進むが、次は当然左翼勢力である!
共産党をはじめとする、左翼勢力!!
時代の空気は革命前夜か???

1952年7月21日  公安調査庁が誕生する!
破壊活動防止法に基ずく?
つまり対左翼対策??  監視か??
共産党もややこしい?? 今もややこしいが………
コミンテルンはスターリンに解散させられ、コミンフォルムが作られる!
革命闘争を主導する!
日本共産党は議会を通じた標榜している!
革命に対して、そんなことは言われる筋合いはない!
「所感派」
これに対して、コミンフォルムの言う事を聞くという「国際派」がある!
これに「朝鮮ビューロー」と言う、朝鮮人の組織が共産党内にある!
朝鮮と日本の同時革命を目指す!!
傍若無人で戦勝国として振る舞う!!
これを監視する!!
当時は沖縄独立の機運もあった!
公安調査庁設立の目的は、共産革命の阻止である!!!!
日本にも情報組織はある????
戦後の主敵は、ソ連、中国である!
北朝鮮はローカルである???
なのですき間産業になる!!
公安調査庁は海外で評価されている!
なので金正男の情報が、公安調査庁に入った!!

スパイ、ゾルゲ???
日本を熟知している!
憲兵隊に逮捕されることは避けたかった?
特高に逮捕されたかった…………
実際にそうなった………
憲兵に逮捕されていたら、即処刑の可能性もあった!
結局は特高と取引していたのか???

ゾルゲは何処のスパイだったのか?? 佐藤優の意見!
〇  ソ連
◎   ドイツ
ゾルゲと言えば、日本の北進がないと!
その為に極東の軍をドイツ戦に投入出来た!
そう言うことからは、ソ連のスパイではなかったのか?

戦後、色々な機関があった??
◆ キャノン機関
◆ 柿の木坂機関
◆ 有末機関
◆ 服部機関

内閣情報調査室  辰巳栄一のの人脈
公安調査庁    陸軍のインテリジェンス 中野学校
陸軍のインテリジェンス能力は高かった!
暗号解読も、陸軍は海軍より能力があった!
これはポーランドと提携していたからだと!
エニグマもポーランドは絡んでいる??
杉原千畝、小野寺信らにも情報を流している!

旧陸軍中佐、大橋武夫 謀略の専門家??
ただ個人的には、命令の種類を教えて貰っている!
プロシア参謀本部の切れ者たちである!
組合つぶしを教授している!!!
安倍官邸には?
北村機関、今井機関、和泉機関、飯島機関らがある!

特審局は170名とはいえ、独特のネットワークを持った人間が集まっている!
日本は敗戦後も質量ともかなりのレベルの、治安・情報組織が、
それなりの人材を擁して再構築されていた!!


第6章 日本に必要な「諜報機関」とは
アメリカ、ロシア、日本とインテリジェンスのプレーヤーが、
外交・安全保障分野に進出してきている!!
安倍政権の懐刀の力量を評価さている!
2020年1月、アメリカのトランプ大統領、
直後にロシアのプーチン大統領と会う!
極めて異例である!
力量を評価されている!
これで習近平に会えば三冠王である!!

日本では国会議員に情報を流せばすぐに漏れる!
はなはだしきは、中国に漏れる??
親中派の大物議員がいる???

アメリカは「情報特別委員会」
イギリスは、議会のグリップがかなり効いている!
日本は監視は行き届いていない!!
ただ監視は受けた方がよいと………

公安調査庁の調査官は名刺を切って話をしない!
身分を偽れば逮捕される?
なので偽造のパスポートなどが必要である!
真剣に諜報活動をするなら、法的整備が必要である!!
しかし暴走する可能性もある???
後藤田正晴の名言! 「手帳のない仕事は辛い」
後藤田正晴については、佐々淳行、保阪正康が詳しい!!

メディア戦略が重要だと!
イギリスには、佐藤優が推薦する、テレビドラマ「MI5 英国機密諜報部」がある!
別に本物が推薦しているわけではないし、協力も公式にはしていない!
が、さんざんネタは貰っている!
国民はこの番組で情報戦を理解している!
こう言う広報がある!!
ジョン・ル・カレがいる!
「映画・裏切りのサーカス」 『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』の映画化である!
アマゾンで見た!
友人(X)が理解出来たかと???
1回見て分からなかった!
解説とあらすじを何回か読み、それで見て何とか分かった???
小説なんてとても読めない……… 難解である??
こう言う小説でイギリスは国民を鍛えているのか???

「インテリジェンスを読み解く30冊 スパイが生きた影の世界史」
佐藤優は、「夏目漱石のこころ」をインテリジェンス小説として読めと!
高校生の時に教科書でこれを読み、本屋に買いに言った記憶がある!
ただ個人的には心理小説だつだと思った!
人間の内面のいやらしさが出ていたと思うが………

オシント 公開情報から分析を地道にやる!
ここが「オシント」、ここからは「ウェビント」
この先はキーパーソンに会って確かめる!
「ヒューミント」になる!
そう仕分けすると、ビジネスパーソンのインテリジェンス能力は上がる!

情報源が可愛くなる!!
取引会社が可愛くなる!! そうなると甘くなる!
業績も良い方に言う!
冷静に見つめるもう一人の自分が必要である!
最終的に社長に届く情報をまとめる時、忖度するような中身に仕上げなければ、
情報は死ぬ!!!
JAL、東芝、カネボウ、日産の失敗である!
日本を代表するような企業のトップが、自社のCMに登場してはしゃいでいる、
公開情報を見せられると社内がどうなっているか心配だと!
こんなことを書けばトヨタだと丸わかりであるが………

日本は占領後、インテリジェンス機能をアメリカに容易に頼って来た!
独立後も、アメリカ軍の駐留を認め、日米同盟のジュニアパーナトナーに準じた!
そして経済大国の道を突っ走った!
安全保障と情報活動の分野では主権国家として十分な機能を発揮せず、
アメリカに寄り添った!
「情報に国境なし」
同盟国で利害がぶつかる!!
GSOMIA破棄がある!
アメリカは韓国に不快感を示した!
しかし日韓のどちらに立つかは分からない??
そう言う目で見ておかなければならない!!
戦後は日本は幸運だったのか?
今後は分からないと!!!

現在は外国人も多い!
観光客も多い!
危険も多い!!
公安調査庁は、「ヒューミント」の強みを生かし、その中核を担うべきだと!
「心の内を覗く」高度なスキルを蓄積している!
公安調査庁に著者たちは期待している!!


あとがき   佐藤優
外交官時代に、モスクワで優秀な若者をリクルートしようとした!
が先に公安調査庁に内定をもらっていた!
出向してきた公安調査庁の人間に優秀な人材がいたようだ!
現在も活躍している!
新型コロナウイルスで世界が混乱しても、日本を標的とする外国、
特殊な組織の動きは止まっていない!
公安調査庁の果たす役割は、今後一層重要になると!!

 

公安調査庁 情報コミュニティーの新たな地殻変動 ②・手嶋龍一・佐藤優

 

2021年1月 4日 (月)

本・公安調査庁 情報コミュニティーの新たな地殻変動 ①(2020/7)・手嶋龍一・佐藤優

Photo_20201230142801


深い霧に覆われた情報組織、これが公安調査庁だ。
一般の目が届かない深層で情報活動を繰り広げ、決して表舞台に出ようとしない組織。
逮捕権を持たないため、人の心の襞に分け入るヒューミント(対人諜報)に存在意義を見出している。
公安警察や外務省と情報コミュニティーの主導権を競う公安調査庁。
インテリジェンスの巨匠ふたりは、その素顔に切り込み、過去の重大事件の裏側を初めて論じてみせた。
いま公安調査庁から目が離せない!


深い霧に覆われた情報組織、公安調査庁?????
諜報機関の無明性???
秘密にしなければならないのに、この二人が言うには何かある!
それが日本のためになると、出版しているはずである!!!
「最弱の情報機関」???
兎の耳ではなく、猫の耳は持ちたい???
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!



まえがき   手嶋龍一
第1章 金正男暗殺事件の伏線を演出した「最弱の情報機関」
第2章 コロナ禍で「知られざる官庁」が担ったもの
第3章 あらためて、インテリジェンスとは何か?


第4章 「イスラム国」日本人戦闘員の誕生を阻止
第5章 そのDNAには、特高も陸軍中野学校もGHQも刻まれる
第6章 日本に必要な「諜報機関」とは
あとがき   佐藤優


まえがき   手嶋龍一
中国・武漢で発症しているが、これは自然に発症したのか?
それとも生物兵器が漏れたのか??
その可能性が高い??
今回で中国は早く抑え込んでいる!
そしてコロナに勝ったと各国に援助している!!
マッチポンプか??
ウイルスがテロリストの手の渡ったら?

最弱の情報機関が日本の情報を握っている!
公安調査庁は、オウム真理教のサリンを手掛けている!
豊富な情報を蓄積している!
未曾有のパンデミックに見舞われた今、
独自のインテリジェンスこそ日本が生き残る力になる!


第1章 金正男暗殺事件の伏線を演出した「最弱の情報機関」
金正男は日本に来て捕まった!!
肥え気味で傲慢な感じであった!!
良く分からなかったが、日本の対応がややこしい!
黙って出て行って貰いたい!!
そう言う感じだった!

解説を聞いていると、田中真紀子外務大臣が暴走した!
逮捕して、取引材料につなぐ手もあった?
拉致被害者である!
どうも田中真紀子が、金正男をさっさと追い出せと!
ややこしくしたくない??
親父と違うのか???

いち早く情報を掴んだのは、公安調査庁か???
どこかの解説がある???
韓国、中国、アメリカ、シンガポールではない!
では???
イスラエルにMI6????
どうもMI6のようだ!!
何故なのか???

各国の諜報機関による機密情報の交換を「コリント」と言う!
お互いに信頼関係が無ければ情報は来ない!
最弱にして最小の情報機関・公安調査庁に情報が来たと言うことは、
認められている!

普通なら泳がせて何をするか見る!
何処で誰と会うか???
金の受け渡しがあるか???
ディズニーランドや引田天功のショウを見るために来たのではない!
が、田中真紀子が暴れたので出来なかった???
何をしに来たかと言うと、信ぴょう性があるのは、核、ミサイルの金の受け渡しである!
佐藤優は具体的に書く!
例えば江戸時代の泥棒が千両箱を盗む??
あんなもの、重くて運べない!
走って持って行けない!
ISの身代金の要求も出来ない話だと!
金正男が金の受け渡しに来たとしても、果たして運べるのか?
空港でも引っかかる???

金正男はCIAと接触している!
日本は安全地帯だと!
イギリスはその接触を潰すためにリークした???

警備・公安とは、公安調査庁は対立している??
この金正男
どうするかでも対立している!
これにより、公安調査庁は評価される??

金正男は「クアラルンプールの悲劇」で殺される!
公開処刑である!
ファミリーでも一線を越えれば容赦しない!
金正男が放浪生活をするきっかけは、日本での出来事からである!!


第2章 コロナ禍で「知られざる官庁」が担ったもの
公安調査庁????
◆ 情報は、政策の立案・決定・実施に至るまでの推敲課程全般に必要な基盤である!
とりわけ、国の存続並びに国民の生命及び財産への脅威に関する情報については、
せいふぜんたいの力を結集して収集・分析を行うことが必要不可欠です!
近未来の災厄は予想出来ない!!

現在トランプ大統領は選挙に負けて、不正があったと主張している!
が不正は発見されていない!!
そのトランプ大統領が「武漢ウイルス」と呼んでいる!
武漢発症説である!
これは証拠はあるのか???
いつものフェイクニュースか???
選挙に、自分が有利になれば何でもする人間である!!
アメリカの反中国の感情を利用して陰謀論を展開する!

日本は中国にアクセス出来ない!!
情報収集にも限度がある!
日本は公安調査庁がその責務を負っている!
感染症では情報交換が行われる!

細菌・ウイルスの感染症には、アメリカ、イギリス、ロシアは蓄積がある!
日本も太平洋戦争中に細菌の研究はしている!
戦後の松本サリン事件取り組んでいる!
アメリカの毒物、生物、化学兵器の専門家、アンソニー・トゥー教授!
松本サリン事件も指導してくれている!
トゥー博士が、武漢から漏れたと!!
ただ中国は調査を受け入れない!!
日本も欧米まかせにせずに、独自で調査すべきだと!

公安調査庁は??
1660人 予算150億円程度!

日本の情報機関の集まり 「インテリジェンス・コミュニティー」
◆ 公安調査庁
◆ 内閣情報調査室
◆ 外務省の国際情報統括官組織
◆ 警察庁の警備・公安組織
◆ 防衛庁の情報部門
調査員を育てるには時間がかかる!!
日本は遅れている!
が公安調査庁を評価している!!
海外で土地勘を養い、公開情報から情報を読み取る!
公安調査庁は逮捕権がない!
何処の国もそうである!!

公安調査庁は政策決定に関与しない??
情報は上げるが………

9・11の報復で、イラクの大量破壊兵器の情報が持ち込まれる!
ブッシュ政権はガセネタに飛びついた?
どうしても攻撃したかった??

日本の情報源のサイクルがある!
総理大臣が最終決定する!!
総理大臣も自分の勉強してきたことを優先する!
小泉元総理は郵政しか勉強していない!

監視対象が変わる???
テロリストもドローンを使う!
原発にドローンで攻撃すればどうなるか??
自動車学校でもドローンの講習がある!!
ヨーロッパらISに参加して、素晴らしいと復活を望む女性もいる!
支配階級にいたんだろう………
子ども染まっているようだ!!

在日外国人を協力者として活用する!
慎重にやれと!!

テロの脅威である!
テロの死亡者は現在多くはない!!
ヨーロッパ50人/年、アメリカで10人/年で全世界で2万5千人/年のようだ!
交通事故は全世界で125万人、
糖尿病で350万人、
大気汚染で700万人死亡する!
テロは恐怖を与える?  予想以上に………
オリンピックを利用する!
◆ ミュンヘン五輪
◆ モスクワ、ロサンゼルスのボイコット合戦
◆ アトランタ五輪は、キリスト教原理主義者
◆ ボストンマラソン
◆ 現在はサイバー攻撃の対象である!
2021年、開催される予定の東京オリンピックで、日本のインテリジェンスが試される!!


第3章 あらためて、インテリジェンスとは何か?
◆ コリント   諜報協力
◆ ヒューミント 人的情報収集
◆ シギント   通信・電子信号を分析
◆ オシント   公開情報から分析
◆ ヴィジント  画像を分析
◆ ウェビント  ウェブサイト上を行きかう情報を収集・分析
◆ コレクティブ・インテリジェンス  人工頭脳AIの用語!
今のインターネット世界、IT業界、AIの分野は、ヒューマンの延長にある?

生データは、インフォメーションと呼ばれる!
インテリジェンス・オフィサーは、分析し情報を紡ぎ出す!
AIの場合は、これをコンピューターのアルゴリズムにやらせる!
元をたどれば人知である??
ITなら拾えない情報もある!!
コリント(諜報協力)は古い!
が最近の国際テロで協力が進んでいる!

イスラエルがシリアに協力者を置いている??
この情報が正確である!
が正確過ぎて疑われる?
担当者を調べると、協力者はいない???
この担当者は、オシント(公開情報から分析)の人間である!
自分の情報が取り上げられないので、協力者の情報とした!
金は協力者がいないので置いていた!
これでわかった!!
出来過ぎが不信感を与えた??
結局、協力者はいない!
これ以降、オシントの担当者の待遇を変える?

北村慈国家安全保障局長!!
有能なようだ!  野田政権の時代からその職にある!
何故なら選挙予測が優れている!
安倍政権はここ度と言うときに、解散選挙で連戦連勝である!!
オシントで予測している? 独自のブレーンがいるのか??
どうしてもそばに置いておきたい人間である!!

シギント、ヴィジントの活動は落ちている!
それより、ウェビントの重要性が増す!
もはや真珠湾のような奇襲攻撃の可能性は無きに等しい!!

公開情報をテロリストは利用している!
処刑する映像を流している………
「疑似命題」が得意と言う!
身代金2億ドルを72時間で用意せよ???
どうやって支払うのか??
手提げ袋で100ドル紙幣で400袋!
だいたい2億ドルも揃えれるのか??
最初から身代金の要求ではない??

海外の要人との会談!!
これは通訳がいる1
孤の内幕を教えてくれる!
首脳、通訳、ノートテイカー、助言者が通常の出席者!
通訳は同時通訳で反射神経で訳している!
何も内容を覚えていない!! 覚えない方がよい?

ノートテイク??
話し手が伝えたいことを、今、書いて伝えること!
筆記通訳あるいは要約筆記とも呼ばれる!
これを局長以上の肩書を持った偉いさんがやりたがる?
こういう人間は、年齢的に反射神経が遅れている!
これを批判している!
自衛隊の情報学校では記憶の訓練がある??
中野学校、甲賀流の記憶術か??

体力、気力、経験値の兼ね合いが重要である!
年齢が問題になる!
インテリジェンス・オフィサーも40代半ばを過ぎると、第一線は無理か?
ヒューミットを行う担当者は、情報源の値段がわかる?
価値が分かるようになる?? 情報の価値である??

インテリジェンス・オフィサーに語学力は必要か?
佐藤優は日本語が重要だと!
アラビア語とロシア語は難しい!!
佐藤優はロシア語をイギリスで学んでいる!
かなり難しいようだ!!
語学には適性がある!
一部の人間しか適性は持っていない!!
英才教育、エリート教育も必要か??

 

公安調査庁情報コミュニティーの新たな地殻変動(2020/7)①・手嶋龍一・佐藤優

 

2021年1月 3日 (日)

本・人類の選択 「ポスト・コロナ」を世界史で解く②(2020/8)・佐藤優

Photo_20201230133401

第3章  新・帝国主義の再編成 ── 大国の生存戦略をさぐる
第4章  人類の選択 ── 「トッド・モデル」「ハラリ・モデル」から考える
終 章 「選択の時代」の宗教・文学・哲学
引用・参考文献
あとがき


第3章  新・帝国主義の再編成 ── 大国の生存戦略をさぐる
今自分が置かれている状況を、別の時代、場所の状況と類比して理解する!
「新・帝国主義の時代」
牽引する、アメリカ、中国、ロシア列強が、コロナ後にどのような生存戦略を立てるのか?

1 「新・帝国主義」の本質
「帝国主義の時代」
1870年から1913年までをさす!!
新旧の帝国主義の相違点?
新・帝国主義は戦争が出来ない!
核があるので考えられないと!
こうした時代には、
グローバル化の進展!
国家機能の強化!
しかし、格差が広がり賃金も下がる!!
当然国家権力の強化に走る………
グローバル化による国家機能強化は、
イギリスのEU離脱に、トランプ大統領の登場である??

2 アメリカ ── 混迷を深める大統領選後の状況
2020年8月発行である!
大統領選の前である!
トランプ大統領も感染したが、すぐに復帰した??
「コロナに勝った男」
やらせ、マッチポンㇷ゚としか言えない!!!

黒人の警官による暴力行為があった!
暴動があるが、黒人側は感染を気にしていない?
警備の方は感染を恐れて及び腰である!
こうしたミクロの面からも分断は進んでいる………
この混乱の被害者は、貧しい人とマイノリティーだと!!
軍隊を派遣することに国防長官は拒否した!
統治システムが機能不全に陥り、国家体制を毀損する水準と言う!
分断は避けられない………

アナーキスト系のネットワーク!
「アンティファ」
そんなものもがあるのか??
アメリカでの危険性を言う!
アメリカの小説、映画ではよくあるのは、大統領の代わりはいる!
クーデター??
「映画・5月の7日間」である!
これは軍部のクーデターである!
ロシア革命は大衆を扇動したからでなく、
インフラとそのテクノクラートを掌握したからだと!
もっと警戒が必要であると!!

トランプ大統領の思い付き外交に世界は振り回されている!!
これは良く書かれているが、長老派だと!
選ばれた大統領である!!
自分たちは勝利すると!!
金日成とOSは極めて近いと言う!!!

3 英国とEU ── 「コモンウェルスの回帰」と「ドイツ第四帝国の矛盾」
2020年12月でまだ揉めている!
理解しているのは、主権をイギリスに取り戻す!
漁業権にアイルランドとの国境問題である!
EUもかたくなである!!
大阪都構想!
この成否を住民投票に持ち込んだ!
これが間違いと思った!
案の定、感情に訴えられた!!
「大阪市が無くなってもいいんですか」

ユヴァル・ノア・ハラリが言う!
国民投票は、合理性に伴わず、感情的なものになると!
投票する人間は、経済学、政治学の予備知識がないと!
ましてやジョンソン大統領はフェイクが得意である!!
イギリスも、スコットランド独立、アイルランドの国境問題がある!
海洋国家として生き残りを図ろうとするが………

EUはだらしない形で矛盾を含んで存続する!
EUの目的は、ナショナリズムの抑制である?
ドイツを野放しにしないために創設されたが、
ユーロと言う拡大マルクが席巻している!
ドイツの一人勝ちである!!

よく出て来るたとえ話!
ミュンヘンのレストランで、シュニッツェルを食べる!
オーナーはドイツ人!
ウエイトレスは、チェコ人かハンガリー人!
豚肉はハンガリーから来る!
その豚肉小屋ではウクライナ人が働いている!
飼料はウクライナから来る………
つまり、アーリア人を指導者、チェコ、ハンガリー人をその次に、
スラブ人を奴隷とする!
ユーロで実現している???
しかし、ドイツを一人勝ちにしたくない!!

しかしイタリアを助けなかった!
ブレグジットや感染拡大で、さらなる矛盾が出て来ているが………

4 ロシアと中国 ── 露骨な国益の主張
アメリカ  終末思想を信じている!
ロシア   大祖国戦争に比べたら大したことはない!

プーチン大統領の政策は成功した???
それゆえに中産階級が生まれる!
が、ウクライナでの経済制裁で中産階級に不満がたまる!
しかしプーチンに代わる人間はいない!
我慢している???
なので支持率は下がっても、任期の延長は支持が多い!
第二次世界大戦の終了日は9月2日!
スターリンは9月3日としている!!
外すことによりスターリンの歴史観から外れる!
しかし元に戻そうとしている!!

中国である!!
香港の一国二制度を中国は認めていた!!
そんな中国を信じる方がおかしい!
「逃亡犯条例改正案」
それでもめるが、中国は本国から警官を派遣して弾圧する!
コロナ騒ぎの今なら出来る!!
香港は中国エリートの裏の金庫番になっている?
トランプ大統領はこれに反応したが、選挙対策か??
「黄禍論」はね強いと!!
人種偏見が出て来る!!!

5 日本 ── 行政権拡大の背景に何があるのか
安倍総理は医療や製薬の専門家ではない!
がコロナに関しては薬事承認を行っている!
みんな仕方がないと思っている………
高度な医療の専門家ではないが安倍総理である!
行政権拡大と言う!
「順応の気構え」
危機において、理解出来なくとも誰かが説明してくれるだろう………

日本は自粛を要請する!
法令や条例によって規制していない!
この法令が憲法違反だとされる可能性がある!!
それと日本は自粛で法令や条例と同じ効果がある!
協力しなければ嫌がらせをされる!
危機になると、同調圧力や相互監視システムのような、
日本人の地金が出て来る?
無意識のうちに、行政府が司法府と立法府に対して優位になっている!
国家による国民の監視と統制の調査につながると!!!

6 情報資本主義の未来 ── 「GAFA vs. 国家」の行方
GAFA  グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン
BATH  バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ

各国で、携帯電話での監視を行う!
それも納得される………
国家機能が拡大する!!

ロックフェラーは三代続くことの困難を知っている!
その為に、チャリティーと国家の役に立つこと!!
GAFAも同じようにチャリティーを行っている!
反GAFAが強まっている!!
今回のコロナ騒ぎで国家との関係を逆転させるチャンスであると!

データやアルゴリズムに権限を委ねる「データ至上主義」に行き着く!
一部の富めるものだけである!
人間至上主義の消滅になる!
直ぐにはならず、コロナでモノ経済が復権する!
データはモノと結びつきながら活用される………

■ ブックガイド4
エリック・ホブズボーム
『20世紀の歴史  両極端の時代(上・下)

ダン・ブラウン
『インフェルノ(上・中・下)』


第4章  人類の選択 ── 「トッド・モデル」「ハラリ・モデル」から考える
1 大国の戦略をタイポロジカルに見る
アナロジー的思考
類似性

タイポロジー的思考
類型」 複数の状況を、典型的なタイプに分けて理解すること

危機は2種類ある!
リスク   予見可能な不都合な出来事
クライシス 予見が難しく、生き死にに関わるような危機

コロナはどうなのか?
リスク以上、クライシス未満???
つまり予見可能である???

リスクと捉えた??
アメリカ  トランプ大統領は軽視していた!
英国、イタリヤもコロナを軽視していた!
英国は集団免疫を獲得しようとした??
イタリアは経済悪化を恐れた???
ブラジル、インドは???

反対にリスク以上、クライシス未満と捉えたのは、
台湾、イスラエル、ドイツ、韓国と言う!

別の方策を取ったのは、スウェーデン!
集団免疫を獲得しようとする!!
が2020年12月、国王が失敗と宣言する!
予見されるリスクは高齢者の死亡である!
生産人口を確保する、ソフトな優性思想だと!!

日本は独特の政策である!
同調圧力を利用して、法令や条例を出さずに都市封鎖と同じ効果を得た!

2020年12月、アメリカ、インドは被害が大きい!
日本もゴーツー禁止の要請である!!
ヨーロッパも被害が拡大している!
ひとり中国だけが我が世の春である!!
中国モデルを参考にせよと!!!
マッツポンプの最たるものである???

2 時代は「全体主義」に向かう
「トッド・モデル」 コロナをリスクと捉える!
犠牲者が高齢者に集中し、人口動態に大きな変化がない!
政治エリートの存在を重要視する!
コロナにより英米型の新自由主義の弊害が増幅されている!
規律社会の方がコロナに適切に対応している!
コロナ後は、グローバル化を反転させて、
行政権力を強化して国民経済を守ることが重要だと!

「ハラリ・モデル」 コロナをクライシスと捉える!
全体主義的監視か、国民の権利拡大か?
ナショナリズムに基づく孤立か、グローバルな団結か?
岐路に立っている!
ひとりひとりの価値は同じである!
国民の権利拡大と、グローバルな団結が重要になる!

「全体主義的監視か、国民の権利拡大か」
「ナショナリズムに基づく孤立か、グローバルな団結か」
二つの選択肢がある!

著者はリスク以上、クライシス未満の中間の状態だと!

人の動きが感染症をもたらし、広げる!
今回のコロナも、日本と韓国は最初の発症者が、
武漢からの中国人と分かっていながら放置した!
どちらも習近平に忖度した!
著者の指摘通りに、これまで人の移動で、東西に感染症が広まった!
コロナ後の変化は?
① 人・物・金の移動に歯止めがかかる
② 格差の拡大 命の格差、優性思想になる
③ 行政権力の強化

日本の行政力強化は、敵基地攻撃能力にもつながっている?
これにより、中露に朝鮮半島との偶発的な軍事行動の可能性がある!

民主主義と全体主義の違いは?
どちらも融合している! 両者が交じり合っている?
ナチスドイツ型民主主義
ソ連型民主主義
中国型民主主義
ロシア型民主主義
自由主義的国家でも、全体主義国家に転化し易い………
全体主義的国家が進む理由がある!
① アメリカにイギリスは深刻な分断により、民主主義が危機的状況にある!
② 情報技術の進展により、統治の効率性が高まっている
③ 専門家至上主義への傾斜
専門家組織内の議論は、ブラックボックス化しやすい??
代議制民主主義は軽視される!!
全体主義への誘惑がある???

3 「薄い人間関係」で社会を変える
全体主義が進むと、考えず受け入れるようになる!
「順応の気構え」が蔓延する!
おかしな情報、フェイクニュースに飛びつく!
それを防ぐには、立ち止まって考えることが必要になる!!

薄い人間関係??
しょっちゅう会っていなくても、何か知りたいことがあれば連絡する!
テレワークが主流になると、この関係が必要である!

タンザニア人の話になる!
ダメもとで何かを頼み、頼まれた方も無理せずに出来ることをする!
他者に過剰な期待をせずに、出来る範囲で見返りを求めずに贈与する!
こういう世界の選択肢もある!!

■ ブックガイド4
神里達博
『リスクの正体  不安の時代を生き抜くために』

小川さやか
『チョンキンマンションのボスは知っている  アングラ経済の人間学』


終 章 「選択の時代」の宗教・文学・哲学
コロナ後の世界は、
「本当の幸せとはないか」
「人間の生死はどう決まるのか」
「人生の意味は何なのか」
その為に、宗教、哲学の関心が強まる!

外出できない状態が続くと、人間の関心は内面に向かう!
SNS内での暴力的な中傷や糾弾がある!

啓蒙主義にロマン主義!
相反している!
ここらになると、理解しがいところがある!
アメリカ型啓蒙主義!
啓蒙主義があれば、ロマン主義が生まれる??
テロリズムに反グローバリゼーションは、
アメリカ型啓蒙主義の反発であり、19世紀のロマン主義への反複運動だと!

現在は無邪気に神を信じられない!!
外部性を担保しながら、
現実の社会問題の解決に貢献できるような宗教性ということになる!
既存の宗教が人々の内面に訴えるメッセージを発する場合、
現実の社会問題を素通りしてはならない!

カミュの『ペスト』がある!
この解説がある!
神の存在がある!!
乱世では、神をどうとらえるのか??

小説の例がある!
悪から距離を取る体験である!
著者言う、小説は役にたつと!!
小説を推薦している!!
本を媒介にして、他者と対話し、他者の固有性を尊重しながら、
自分の世界や内面を見つめ直して行く!
ここで友愛が出て来る!!
鳩山由紀夫か???

友愛があってはじめて、自由と平等をともに人々が享受できる制度が機能する?


■ ブックガイド5
アルベール・カミュ
『ペスト』


引用・参考文献
あとがき
長期にわたりコロナと付き合わなければならない!
『ダンテ・神曲 時獄篇』を参考に出来ると!!
難しいと思うが………

 

人類の選択 「ポスト・コロナ」を世界史で解く②・佐藤優

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

古代史 室町時代 幕末 平安時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ スイス スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア スロベニア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベルギー ポルトガル ポーランド ルクセンブルグ ルーマニア ロシア (バルト3国) 中南米 中国 (モンゴル) 中東 台湾 戦国武将(武将) 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  宮本武蔵_  徳川家康 (徳川関連)  明智光秀 大河ドラマ(麒麟が来る)  明智光秀 本  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 大河ドラマ  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 大河ドラマ  黒田官兵衛 本  黒田官兵衛 紀行 おんな城主 直虎 本 おんな城主直虎 大河ドラマ お勧め アート インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート スポーツ テレビ番組 ドラマ ゲーム・オブ・スローンズ ナルト 中央アジア 事件 仕事の悩み 剣客 単なる女好きのおっちゃん 古代文明 名言格言 国内 旅行 坂の上の雲 山本五十六 政治・政局 旅行・地域 昔話 映画 時事 書籍・雑誌 東南アジア 源平合戦 独り言(よもやま話) 神社・仏閣 科学 紹介、情報 落語 講演 軍事博物館 金融

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ