ポルトガル

2020年9月 7日 (月)

テレビ・ドラマ・REIGN/クイーン・メアリー シーズン1 2013 U=NEXT

1_20200830225001


史実にあるスコットランド女王、メアリー・ステュアートの生涯をもとにしつつ、
衣装やヘアメイクを現代風に大胆アレンジ。
1557年。スコットランド女王、メアリー・ステュアートは、
6歳の時に婚約したフランス王太子・フランソワと再会を果たす。
幼少期を共に過ごした彼は政略結婚の相手というよりも懐かしい幼馴染みであり、
凛々しく成長した彼にメアリーは胸を高鳴らせる。


最近はイギリス王室のドラマを見ている!!
史劇ではない???
大河ドラマみたいなものである! 
エリザベスとメアリーである!!
話題になる歴史上の出来事である!
エピソードは22話!! 出演者は下記の通りである!!


メアリー・ステュアート    アデレイド・ケイン
カトリーヌ・ド・メディシス  ミーガン・フォローズ
バッシュ(セバスチャン)   トランス・クームズ
フランソワ          トビー・レグボ
ディアーヌ・ド・ポワチエ   アンナ・ウォルトン
ノストラダムス        ロシフ・サザーランド
グリア            セリーナ・シンデン
ケナ 王の愛人        ケイトリン・ステイシー
ローラ            アナ・ポップルウェル
コンデ            ショーン・ティール
ナルシス           クレイグ・パーカー
エイリー           ジェネッサ・グラント
アンリ2世          アラン・ヴァン・スプラング
リース・ベイアード      ジョナサン・ケルツ
ルイ1世(コンデ公)      ショーン・ティール
ステファン・ナルシス     クレイグ・パーカー
クロード・ド・ヴァロワ    ローズ・ウイリアムズ 
エリザベス1世        レイチェル・スカーステン


第1話 メアリーと二人の王子
1557年!!
スコットランドの女王メアリー・ステュアートは、
6歳の時に婚約したフランス王太子のフランソワと会う!
スコットランドはイングランドに圧力をかけられている!
フランスとの同盟を確たるものにしたい!!
が国際情勢はそんなものでは無い!!
フランスも、皇太子妃には国益になる相手にしたい!!
婚約した時は、スコットランド、フランスにとって良い婚約だった………
フランス、イングランド、スペイン、ポルトガル、
東にはトルコと強国はある!
小国はもっと多い!!!

この婚約を潰したい人もいる??
王家の結婚は純潔でなければいけない!!
そうなれば傷物すればよい!!
メアリーは襲われるが逃れる………
ここから陰謀の調査が始まる!!!


第2話 王妃の企み
イングランド大使・サイモンがフランス宮廷に来ている!
メアリーに「フランソワが婚姻協定に消極的だということを
イングランドは承知している」と告げる!
フランスとの同盟解消と帰国を迫る………
フランス王も手が早い!!
王妃もやることが多い!!
預言者みたいのを飼っている??
その予言を変えたい! 我が子のために………
ノストラダムスははっきり予言を言うと、
変えようとするのではっきりと言わない???
王妃はやりすぎる???
かの高名なメディチ家から来ている!!
来る時に料理人や、各種の職人を連れて来ている!
この料理人が、フランス料理に影響を与えたと!!!
が、それほどでも無いという………


第3話 初めてのキス
スコットランド国境でイングランド軍が不穏な動きをしている???
メアリーはフランス国王・アンリ2世に援軍を要請するが拒まれる!
皇太子フランソワが言ってもダメである!
メアリーの侍女も男をあさっている???
ポルトガルのトマス王子を狙っている!
がメアリーに興味を持つ!!
メアリーは兵を出して欲しいので、
ポルトガルにフランスと天秤にかけている???

ノストラダムスの予言がある!!
未来が見える!!!

フランスは兵を出すが、イングランドに奇襲攻撃される!
フランスは手を引く!
メアリーはポルトガルに近づく!!!


第4話 政略結婚の罠
メアリーはポルトガルの王子・トマスとの結婚を決意する!!
感じるものがあり、フランソワとバッシュはトマスの身上を調査する………
どうも色々出て来る!!
そのそのイングランドのスコットランド侵攻が怪しい???
フランスは兵を出すが、逆に奇襲されている!!
誰かスパイがいる???
イングランド大使が疑われる!!!
史実はどうか知らないが、ポルトガル皇太子を殺してしまう!!
イングランド大使は救われる?
敵の闇の葬った…………
フランス皇太子と復活する!!
アンリ2世は、メアリーの侍女に目を付ける………
侍女もお盛んである………


第5話 初恋の人
馬車が襲われる???
フランソワの元恋人・オリビアが乗っている!  
何のために??
王宮に駆けこんで来る……… 騒然となる。
メアリーは、フランソワとの婚姻協定を取り戻すが、
あくまで政治的なものなのか??
ただのメアリーでは娼婦と変わりがない???
オリビアは何をしに来たのか?? メアリーを挑発する!!
オリビアは城に滞在する!
メアリーはフランソワと口論になる!!
酒に酔った勢いでバッシュとキスする………
それをフランソワに見られる!!!

メアリーの侍女もアホが多い!!
火遊びが過ぎている!
王の愛人、厨房係との情事…………
メアリーの宝石を盗んで、王妃カトリーヌに見つかり、脅される!!


第6話 生け贄
「ペイガン」?????
生贄が必要で、出さなければ選ぶと!!
メアリーのベッドの天蓋にシカの頭部がくくり付けられている!!
生贄は誰なのか分る………
フランソワはバッシュとメアリーのキスの現場を目撃し、メアリーを避ける………
オリビアへと向かう………
ドロドロしたドラマである!
自分のことだけ考えて、国のためという………


第7話 女たちの戦い
イタリアの使者が城に来る!
国王・アンリ2世が出陣中、復讐心を抱く者が防御が手薄になった城を乗っ取る!!!
息子の恨みである!!
メアリーとフランソワは協力して城を取り戻そうとするが………
王妃・カトリーヌが城内の者を救い出そうとする!
メアリーも考えるが、巻き込んだオリビアが逃げ出す!!

カトリーヌは、海千山千、ただの女ではない!
策を巡らす!!! そして成功する!!
この時期にも、フランソワの継承権を奪おうとする!!
オリビアの人間性が見えた!!!


第8話 危険な予言
イングランド王が危篤だと?????
次期候補はメアリー????
対抗はエリザベス!  ただしプロテスタントで庶子である!!
悲劇の始まりか????
これを聞いていたノストラダムスが、メアリーに、ある人物が近い将来に命を落とすと予言する!!
その予言は的中し、死ぬ!! 女官が1人死ぬ!!
メアリーはノストラダムスの予知能力を信じる!
フランソワの予言が現実になることを恐れる………

イングランドもおかしいが、フランスもおかしい!!
宮廷なんてそんなものなのか?
不義密通、愛人だらけなのか??
ノストラダムスもペテン師みたいなものである!!

メアリーは自分勝手な女である!
シーズン4でエリザベスと対決すると思うが、負けるはずである!!
スコットランドを救いたいのか?
自分の我がままに従いたいのか!!


第9話 王位継承権
メアリーはフランソワとの結婚を諦め、る!!
バッシュと共に城から逃げるが、城に連れ戻される!!
フランソワとメアリーの結婚に反対する王妃・カトリーヌの意志は固い!!!
国王・アンリ2世は反対する理由を王妃に問う???
もっともらしい答えしか返ってこない???

メアリーが奇策を出す!!
これと言うのもノストラダムスの予言が始まりである!
それを信じたメアリーがフランソワを救いたい!!
スコットランドを考えるなら別の考えがあるはずと!!
イングランドを征服である!!
が王位継承権を変える!!
庶子のバッシュを第一に、フランソワと逆転させる!
メアリーはバッシュと結婚する???
これは史実なのか???


第10話 ペイガンの娘
バッシュが民の訴えを聞いている!
まるでやる気がない!! 嫌々聞いているし、若い女に目が行っている!!
バッシュを暗殺しようとの陰謀が失敗する!!
王妃・カトリーヌは軟禁されているが、豪華に生きている!!
計略の首謀者として周囲から疑いの目を向けら、特権は取り上げられる!!
訴え出ていたイザベルは、バッシュの親族で、反逆者の娘である!!
バレれば王位継承が元に戻る!!
メアリーは、出産間際のイザベルを牢から逃がす………

陰謀が渦巻いている!!!
メアリーはフランソワと寝ている!!
そして生きているのにバッシュと結婚である!
貞操観念がない???


第11話 出生の秘密
メアリーとバッシュは子供隠し、逃がす!!!
預けた先の迷惑を考えていない!!
アンリ2世は、王妃・カトリーヌを国への背信行為と密通の罪に問う!!
カトリーヌはめげない!!!!
カトリーヌは保身のためバッシュの暗い過去を暴こうとする!!
メアリーの侍女もあくどさではカトリーヌに勝てない!!
結局、メアリーは甘い!!!
その程度の頭しかない!!
反撃がある!!!
メアリーとバッシュも、カトリーヌの秘密を暴露する!!!
状況は悪い!!!
ここまで見ても、メアリーはトラブルメーカーか???
メアリーは勝ったように見えるが………


第12話 王族の血
メアリーはスコットランド王であるが、そんなに力はない!
バッシュは襲われて言われる!!
弟たちを殺せと!!
逃がすが、逃がしていない!!

ローラの兄が借金している!
バクチでいかさましている!!
金を持って行くが…………
フランソワは、ローラを救う!!
ローラはフランソワに感謝する!!!
メアリーと揉めそう!! 
早々と寝ている……… おかしくはないが………

逃がした息子をクラリッサが連れ去る………
カトリーヌ王妃は策士である!!
生き残るだろう………


第13話 バチカンからの手紙
メアリーの実母でスコットランド王妃のマリー・ド・ギーズがフランスに来ている!!
スコットランドが危機である!!
カトリックと結婚せよと!!
庶子ではダメだと! フランソワと結婚せよと!!
ノストラダムスの予言があるが、フランソワと結婚しても死なないと!!
運命が変わったと!!!
ランソワとバッシュの間がきな臭くなる!!
メアリーは、結婚相手と祖国を救うための婚姻協定について迷う!!
カトリーヌが背中を押す………

フランソワはローラに期待を持たしている!!!
メアリーの母からのアドバイスは早く世継ぎを産めと!!
そうすれば勝てる!!!
フランソワと結婚し、初夜をみんなの目の前で披露する!!!


第14話 危険な情事
メアリーとフランソワが婚礼を挙げる!!
2カ月が過ぎ、新婚旅行に出かけていた2人が王宮に戻って来ている!!!
ローラの様子はおかしい!!
バッシュは逃げているが、オリビアに会う!!!
これを助けて、ノストラダムスのところにつ入れて来る………
王は愛人を窓から突き落とす!!
この始末に王妃が力を貸す!!
こういう時は役に立つ!! 悪知恵が働く!!
ローラは悩んで子供を降ろそうとする!!
案の定、メアリーはローラを責める!!
バッシュと婚約してフランソワとは分かれていた!
ローラは悪くはない!!!
なのに責める!!  私の気持ちが分からないのと!!!


第15話 ダークネス
アンリ2世は趣味が悪い!! 病気である!!
メアリーはローラに結婚相手を探す!!
宮廷で、独身男性が女性にキャンドルを渡して告白する行事「ファースト・ライト」が行われる!
メアリーは旅で知りあった伯爵をローラに紹介しようとする!
彼女は「参加する気分になれない」と拒ぶが、無理やり参加させる!
楽しんでいるようには見えないが………

バッシュは「ダークネス」と戦う???
見た者はいない!! 生贄にされる???
メアリーの侍女たちも翻弄される………


第16話 そら豆の王妃
メアリーの侍女たちの心配をしなければならない!!
アホな女が多過ぎる………
侍女も思い上がりがはなはだしい!!!
見ていてアホらしくなってくる!!
バッシュは森に潜む脅威「ダークネス」の正体を暴こうとする!
フランソワと共に行く!
「ジェボーダンの獣」?????
宮廷では恒例の行事が始まっている!
そら豆の王妃???
ケーキの中にそら豆を入れてある!
見つけたものは王妃である! したたかな女にしてやられる!!

理性を失ったアンリ2世が思い通りのことをする!!
バッシュと愛人を結婚させる!!!


第17話 結婚協定書
メアリーは、フランソワとの婚姻協定の裏に隠された秘密の条項の存在を知る!!
後継ぎが生まれなければ、スコットランドはフランスのものだと!!
驚愕するが、実母であるマリー・ド・ギーズも承知していると??
味方を募るが、娼館で皆殺しにする!!
メアリーはカトリーヌに負ける!!
ハッタリで勝つが………
協定書は破棄になる!!

侍女たちは、一応結婚する!!!
色々あるが………

Photo_20200830225101


第18話 すれ違い
アンリ2世は狂っている!!!
女とSMで遊んでいる!
そこをカトリーヌにつけ込まれる!!
メアリーの兄・ジェームズがフランスを訪れる!!
実母、マリー・ド・ギーズの窮状を告げてスコットランドへの帰国を促す………
祖国が危機である!!!
メアリーはすぐに帰国したい!!
フランソワはジェームズの様子に違和感を覚える………

オリビアもノストラダムスと寝ている!
ローラも満足している!! が疑いが出て来る!

メアリーの帰国には裏がある!!!
それをフランソワは掴む………
イングランド王位は、エリザベスに!!


第19話 援軍
メアリーは言われる! 少しは役に立てと!!
早く子を作れと!!!
メアリーの叔父・ギーズ公がフランスに来る!
マリー・ド・ギーズに関わる重大な知らせを伝えるためフランスにやってくる!
宰相の地位を求める………
メアリーとフランソワは、選択を迫られる…………
どうせ攻略結婚である!!
都合よく考える!
この時期は、スペインは安定している!!
南米から金が入って来る!!
この時期は宮廷もメチャメチャである!!


第20話 王妃誘拐事件
フランソワは、スコットランドでプロテスタント派によって窮地に立たされている、
母マリー・ド・ギーズを救おうとする!!
しかしフランスにアンリ2世の考えを聞き、その兵力をイングランド征服のために使う!
イングランド本土ではない!!
フランスのイングランド領である!!

金が必要なメアリーは、最悪の手段に出る!
王妃を誘拐して、私費を出させる!!
プロである!!
身代わりを見つける!!
王妃はアホではない!!  メアリーを疑っている!!
が、誘拐は成功する!!!
犯人を捏造して

ローラは結婚は財産目当てと不安である!!
フランソワはカレーに進軍している!!
メアリーはしたたかになる!!!

第21話 国王万歳
イングランド王が死ぬ!!
メアリーである!! アンリ2世はメアリーを後継者だと!!
同じ名前がよく出て来る!!!
ローラもついていない! 結婚相手は本人ではなく秘書である!
ようやく分かる!!  火事で死んだ時から成り代わっている??
嘘はバレる!!!

フランソワは「ダークネス」を探している!
仕留めようとする!!
生き残りの少年から情報を引き出そうとする!!
妥協の産物か?? メアリーと王妃・カトリーヌは過去の確執を水に流す………
メアリーも根性がない!!  弱い!!!
アンリ2世を暗殺する!!
失敗する!! 失敗して得をするのだ誰か???
「許して」 何回言えば気が済むのか???
そのたびに、あなたのために………
アホ女はアホ女から進化しない!!


第22話 宴の終わり
乱心したとしか思えない国王・アンリ2世!!
息子のフランソワを毒殺しようとする!!
帰還したフランソワは父の変わりように怯える!!
クーデターをやるには覚悟がいる!
新しい指導者になる覚悟がいる………
アンリ2世はメアリーと結婚しようとする????
馬上試合があるが、アンリ2世はが出場する???
絶対に負けないのに負ける………
相手の騎士を見てビックリであるが………

メアリーの侍女は、アホが多い!!
貴族の娘なんかそんなものか??
昔の男が忘れられない!!!
ローラはこの時期に出かけるので、農家で出産する!!
グリアは昔の男が出世している?

父親がフランソワだと言う!!
ペストが流行っているのにフランソワに言う!
メアリーは成長したと思っているが、変わっていない!
バッシュは面で魔物に化けているが、これを倒す!
以降シーズン2へ!!


2020年9月 4日 (金)

テレビ・ドラマ・THE TUDORS~背徳の王冠~ シーズン1 2007 U=NEXT

 

1_20200830215001

ヘンリー8世役のジョナサン・リス・マイヤーズをはじめ、
サム・ニールやヘンリー・カヴィル、ナタリー・ドーマーなど、
豪華な物語にふさわしい実力派英国俳優が多数出演。
18歳という若さでイングランドの王位に就いたヘンリー8世は、
自国を強大にするという野望達成の第一歩としてフランスとの開戦を宣言。
しかし、政治と宗教、権力が複雑に絡み合う宮廷では、
教皇の座を狙うウルジー枢機卿が別の策略を進めようとしていた。


イギリスは王宮の後は残っているので、ロケ地には事欠かない???
最近はイギリスのドラマをよく見るが、楽しい!!
舞踏会、騎士の試合などよく見るようになった!
特に舞踏会の食事はいつも豪華である!
朝からでも酒を飲んでいる!!

ヘンリー8世とキャサリンの離婚問題!!
キャサリンの甥に当たる神聖ローマ皇帝カール5世(スペイン王カルロス1世)も
国際関係を考慮して反対している!
教皇庁は許可を出すことが難しい!
キャサリンは国民の人気が高かいために、国内からも反対される!
ヘンリー8世はこれに激怒して、教皇庁との断絶を決意する!
イングランド国教会の原型が成立する!!
国王至上法によって、イングランド国内において国王こそ宗教的にも政治的にも最高指導者になる!
ヘンリーは1533年5月にアンを正式な王妃に迎える………
エピソードは10話!! 出演者は下記の通りである!!


ヘンリー8世          ジョナサン・リース=マイヤーズ
トマス・ウルジー        サム・ニール
アン・ブーリン         ナタリー・ドーマー
トマス・モア          ジェレミー・ノーサム
キャサリン・オブ・アラゴン   マリア・ドイル・ケネディ
トマス・ブーリン        ニック・ダニング
チャールズ・ブランドン     ヘンリー・カヴィル
ウィリアム・コンプトン     クリス・ホールデン=リード
アンソニー・ナイバート     カラム・ブルー
ノーフォーク公トマス・ハワード ヘンリー・ツェニー
トマス・クロムウェル      ジェームズ・フレイン
メアリー・チューダー      サラ・ボルジャー(シーズン2より)
パウルス3世          ピーター・オトゥール


第1話 英国王ヘンリー8世
16世紀イングランド、冒頭から暗殺の場面である!!
白昼堂々の殺しである!!  護衛は何をしていたのか??
ヘンリー8世は伯父の暗殺後、フランスとの戦争を宣言する!
反対はいるが、自らの地位を確立しようとする………
女性もおっぱい丸出しである!!
早々と3人が、おっぱい丸出しであるが………
これから楽しみなのか???

このヘンリー8世の王位に不満がある人間もいる!!
自分こそ正当な後継者だと!! 反乱のにおいがプンプンしている………
バッキンガム公である!!

キャサリン王妃が男児を妊娠しない!!

11_20200830215101

女好きであるので、宮廷内の女性と関係を持つ!!
子供が出来ているが死産が多い?? 娘が一人いる!!
トマス・ウルジー(サム・ニール)は英仏国王の会談の場を作る!!
アン・ブーリン(ナタリー・ドーマー)が出て来る!
相変わらずの魔性の女である!!

12_20200830215201


第2話 仇敵
平和条約の調印でバル=ドールにやってきたヘンリー8世たち!!
フランスが用意したキャンバスに描かれた宮殿を見て驚く………
9歳になる娘を、仏王の皇太子と婚約させる!!
剣技、レスリングとあり、英王と仏王がレスリングする!
これに負けた英王は調印を拒むが、説得される…………

平和条約は最も大切なことだったのだが………
代わりにスペインと結ぶことを考える!
スペイン王は20歳である………

王は打つ手が早い!
バッキンガム公を反逆罪で逮捕する!!
トマス・ウルジーは軽い処分を主張するが、王は裏から手を回して処刑する!!
この男も甘い! 忠誠を尽くす人間には恩賞を与えると!
しかし恩賞は激しい!! 娘も男にだらしないが………

トマス・ブーリン(ニック・ダニング)はしたたかである!
姉がだめなら妹である!!
アン・ブーリンの姉メアリーは王に近づくが、避けられる!!

王は子供を自分の子と認める………… 後継が出来たる………
すでに王妃とは冷え切っている………


第3話 仕組まれた恋
ヘンリー8世は、フランスとの平和条約を破棄する!!
神聖ローマ帝国皇帝と手を組む!

ヘンリーはスペイン王と同盟について話し合う!
スペイン王は肩書きが多い!!
ヘンリーは9歳になる娘を皇帝の婚約者にすると約束する!
さらに姉・マーガレットをポルトガル王に………
年老いた王に嫁ぐなんて………
王妃は王をつなぎ留めようと必死である!

策士が多過ぎる………
宮廷内とはそう言うものなのか???
スペインと同盟成立である!!
娘はフランス王からスペイン王へと嫁ぎ先が変わる!!
魔性の女、アン・ブーリン!!
ナタリー・ドーマーもおっぱい丸出しか??
ゲーム・オブ・スローンズではヌードを披露していたが………


第4話 ヘンリーの決意
年老いた王と結婚するために、マーガレットはブランドンに護衛されてポルトガルに向かう!
まず言葉が分からないようだ!!
年老いた王は子つくりに励むと宣言する!!
怯え切った顔である!!
フランスはイタリアでスペインに大敗し、王は人質になる…………

姉マーガレットは不幸である!
怯え切った顔である!!
一方ヘンリーは、アホなことをして死にかける………
ヘンリーは、魔性の女アンに夢中である!
死にかけたことにより後継者について考える!!
離婚を考える………
姉マーガレットは最後の手段をとる!
それは成功する…………


第5話 悲しき王妃
ヘンリーは愛人・エリザベスが産んだ子を自分の子と認知する!!
3歳の息子にリッチモンドとサマセット州の君主の地位を付与する!
キャサリン王妃は、追われる!
アン・ブーリンが妻を望む!!
愛人では嫌だと!!
立場が欲しいが、王の結婚の扱いである!
無効にしたい………
姉マーガレットは帰国して、次の結婚は自由だと!
が認められずに追放になる!!!

スペインはイタリアで勝っている………
王は不満である………
法王も捕虜である!
離婚の承認が上手く行かない???

ヘンリーは息子を病気で亡くす………
離婚はどうなるのか?????


第6話 落日の兆し
キャサリン妃は自分の危機をスペイン皇帝に訴える!
ウルジー枢機卿がイングランドを離れてパリに派遣される!
離婚問題が主だが、法王の対応である!!
アンは父親とノーフォークの陰謀に力を貸そうとする!
ヘンリーにウルジーの忠誠心を疑わせる…………
忠臣は彼一人かと!!
キャサリン王妃は、ウルジーを信じていない………
それにアンに言う!
「王の寵愛は私だけのものだと」

ウルジーはパリで動く!!
フランス王にもスペインと和睦せよと!!
法王は脱出して結局離婚は出来ない!!
国王の怒りは?? それよりアンか???


第7話 神の怒り
ウルジー枢機卿は、オリビエートに弁護士を2人ヘンリーの離婚について派遣する!!
熱病が流行している??
人が死んでいるが、薬は当てにならない!

ホワイトホール宮殿では、カール5世がキャサリン王妃を支持すると言う!!
法王は今の状態では判断は出来ないと!!
ルターが宗教改革している!!

キャロライン王妃は、ウエールズに行かされる!!
アンも熱病に会うが、戻ってくる!!
王は喜ぶ!!!


第8話 世紀の裁判
ウルジーは教皇の特使・カンペッジオ枢機卿がイングランドに来るのを歓迎する!!!
離婚が難しい………、
カンペッジオ枢機卿に「離婚手続きの妨害をするとどういうことになるか」という警告を与える???
キャサリン王妃に修道院に自発的に行って欲しいと!!
私は王との愛に生きると!!!
王妃の弁護士が言う!
裁判には勝つ?? 勝った後は………
敵味方が錯綜している……
裁判で王妃キャサリンは退席する!!!
嫌味な女を上手く演じている!!


第9話 栄華の終わり
キャサリン王妃が不在でも離婚裁判は進む………
ウルジー枢機卿は、キャサリン王妃に、夫の意志に従うよう裏で圧力を掛けるが………
聞く耳をもたない!

国際情勢がある!!
スペイン、フランス、法王、イギリスである!!
スペインとフランスが講和する!
スペインは叔母のために兵を出すか???
フランス王はスペイン王と講和する!
法王ともである………
ヘンリーが怒る…………
ウルジー枢機卿は干される?????


第10話 獅子の目覚め
ヘンリーは理論武装する………
そして組織を変える???  論功行賞である!!
ブランドンとノーフォークを共同枢密院長に任命する!!
新しい大法官のトマス・モアがキリスト教過激派を厳しく取り締まる!!
異端と決めつける!!
火あぶりにする!!!
こう言う聖職者が神の使いと言う???
私には神の声が聞こえる???
6人火あぶりにしている………
自分は正しいことをしたと!!!

アンはヘンリーに、自分たちこそが絶対君主にふさわしいと説得する………
法王に命令する権限はあるのか??

ウルジー枢機卿も蟄居中にいらん動きをする!
組織を変えたが上手く行かずに呼び寄せようとしている時にである!

アンはヘンリーと屋外で、おっぱい丸出しで抱き合っている!!
国教会はシーズン2以降か???






2020年8月13日 (木)

テレビ・ドキュメンタリー・大世界史 2012 U=NEXT

Photo_20200813025401


人類史の決定的な瞬間をたどりながら、それらがどのように現在の世界と結びつくのかを考察。
多くの衝突や迷走を繰り返し、時代を切り開いてきた人類の試行錯誤を綴る。
人類の起源は約7万年前のアフリカ。
そこから人類がさまざまな土地へと拡大し、集団を作り、やがて国にまで大きくなっていった。
現代に至るまで、人類はどのように生き、発展していったのか。
再現ドラマを交えつつ、壮大な歴史の流れを読み直していく。

 

#1 文明のあけぼの 70,000年前~
人類7万年の歴史を描く!!
アフリカである! 狩猟民族で移動する!
止まれば死ぬ!! やがて世界中に拡散していった………
1000人ほどかアフリカから脱出する!!
ひとりの女性が群れにいる!
この女性に人類の遺伝子はたどり着く!!

ヨーロッパでは、ネアンデルタール人に出会う!
人類はm言葉を発達させ、有利になる!!
3万年前にネアンデルタール人は絶滅する!
ホモ・サピエンスが生き残る!
1万3千年前に縫い針を作る!

1万6千年前、温暖化に向かう………
野生の穀物を拾っている!
それを栽培しようとする! 女性と言うのが今一である
収穫が始まる??? 農耕革命か??
三大穀物 小麦、米、トウモロコシ!!
定住すようになる!!
そして集団で住む!
死者を祭る???

集団生活で家畜と暮らす!
伝染病の危険がある!!
交易が広まり、貧富の差が出来る………
自然との闘いである!
川の氾濫がある!
ここで中国が現れる!
禹が父の後を継いで、黄河の治水に成功し、夏王朝を開く!!

クレタ島でミノア文明が栄える!
ヨーロッパ最古の文明と言う!!
生贄の儀式もある!!
しかし神の怒りを抑えれない!!

エジプトのピラミッドの建設がある!!
文字が出来て記録出来るようになる…………


#2 帝国の勃興 3,000年前~
帝国の時代になる!!
征服者たちが現れ広い領土の帝国が建設される………
2700年前、アッシリア 首都ニネヴェ 現在のイラクにある!
国王、センナケリブ 20万の兵を率いる!

貢物に対する不満から反乱する国が現れる!
ユダ王国!! 首都ラキシエ
徹底的に破壊する! 生き残った者は奴隷!!
タタール人を思い出すが………
帝国は身内で揉める??? 後継者か???
しかし
アルファベットを広める!!
作ったのはフェニキア人!!

アッシリアは衰退し、ペルシャが台頭して来る……
キュロス大王はリディア王国を取り入れる!!
貨幣制度を普及させて繁栄する!
この当時、言葉はどうだったのか??
共通語は????

アジアである!!
釈迦である! 人間の生きる意味と存在価値は???
激しい修行を経て悟りを開く!! ブッタである!!

ヨーロッパはギリシャである!!
革新的な思想や哲学が生まれ、民主制が芽生える……
ペルシャがギリシャに侵攻して来る!!
ギリシャはこれに勝つが、ペルシャが兵をアテネに向ける!
42キロを駆け戻り、勝利する………

中国である!!  周王朝!!
孔子!!!
規律と秩序を広める………

ヨーロッパではアレキサンダー大王である!!
インドにまで攻め込む!
ギリシャとペルシャを融合させる???
が若くして死ぬ………
ソクラテスが国家に対する反逆罪で死ぬ!!
毒を飲む!!
表現の自由を求める!!


#3 宗教と剣 2,000年前~
世界的な宗教が登場する!!
宗教と支配者が結びつき、強大な帝国が誕生する………

兵馬俑!!
兵が並んでいるが………
始皇帝である! 中国を統一する!!
焚書を行う! 不老不死を求める!!!

インドはアショーカが善政をひく!!
それまで血にまみれていた???

エジプトはクレオパトラである!!
5か国語を操る!!
ユリウス・カエサルと出会う!!
カエサルは暗殺される!

キリスト教である!
殉教者???
処刑の状況が、記録で残っている!!
ローマ皇帝も改宗するが………

場所は飛んで南米、ナスカ???
地上絵である!!
ここはインドネシアの火山噴火に長雨で滅亡する!!

ムハンマド!!
イスラムの名のもとに高度な文明を築く………
神の前では平等だと!!
イスラム同士の戦いは禁止!
しかし「ジハード」がある!!

支配者の権力と宗教が結びつく………


#4 東西の邂逅 5世紀~
中世になるとヨーロッパにバイキングが侵攻する!
遊牧民も侵攻する!!
東と西、北と南が結び付く!!
西ローマ帝国滅亡!!
異教徒??? その言い方がおかしい???
ヴァイキングが侵攻する!
イギリス、アイルランド、フランスの侵攻する!
東ヨーロッパはキエフが中心になる! ルーシ族!!
オレぐは満足せずに、コンスタンチノープルを狙う!!
ヴァイキングは酒が必要である!
正教を採用する!!

学問はヨーロッパで衰退していた!
逆にイスラム圏で進歩した??
フワーリズミーは、古い文献の知識から、古代ギリシャの天体観測装置を駆使する!
地球の円周を算出する!! 正確である???
10進法なども進化する!!
当時はイスラムの方が進んでいる!!
医学にしてもそうである!!

遊牧民は、チンギス・ハーンである!!
征服が始まる!!
中国・北京を陥落させてb、最新の技術を手に入れる!
攻城兵器、火薬などか???
モンゴル帝国は東西の交通と文化の交流に寄与する!!
シルクロードである!
マルコポーロも登場する!
4年かかっているが、実際に隊商を組むとしても規模は??
商品は工芸品なのか?
が、この東方見聞録で世界が広がる!!
チェコ・プラハを灰にする??
ウイーンに迫る世界帝国を作る!!
「パックス・モンゴリア」
元寇の話は無い!!  当然か??

アフリカのマリ王国??
豊かな国だった!!
マンサ・ムーサは、数千人もの従者を引き連れてメッカへ巡礼する!
その道中のあちこちで大量の金の贈り物をしたので、カイロの金の価値が長期にわたって下落する!
王はマリはトンブクトゥにジンガリベリ・モスクを建設しする!
今やその面影は………

時代はコンスタンティノープル攻防戦になる!!
キリスト教とイスラク教の戦いである!!
オスマントルコはメフメト2世である!!
独裁者の威力を見せつける!
船を陸路で運ぶ???
大聖堂がモスクに変わる!!
現在まで尾を引いている………
しかし、メフメト2世は交易を奨励する!!
ルネサンス運動が興る………
レオナルド・ダ・ヴィンチが登場する!!
時代の申し子か?????


#5 略奪者の時代 15世紀~
1942年、コロンブスがアメリカに上陸する!!
先住民を奴隷として売る!!
交易より征服である!
病気をお互いに移す!!

欧州諸国は海外進出と植民地化を競うようになる!!
カトリック教会は腐敗し、免罪符を売る!!
これに対して、マルチン・ルター反抗する!
追放されるが信念を貫く!!
宗教改革の嵐が起こる………

南米ではスペインのインカ帝国を滅ぼす!!
ここから簒奪された金・財宝はスペインの浪費に使われる!!

ロシアはイワン雷帝が野望を抱く!!
この時期、小氷河期か??
東へ侵攻し、毛皮を奪う!!
チンギス・ハーンの末裔と戦うが、鉄砲で勝つ!
ここは金ではなく、毛皮である!
一度は撃退するが、シベリアはイワン雷帝が支配する!!

インドネシアを、オランダ、イギリスが争う!
ナツメグ?? 万能薬??
この戦いにオランダは勝利する!!
オランダはチューリップである???
国中が酔っている!!
この取引の場面がある!
無理やり交わされたが、ブームは終わる!
バブルがはじけた!!!
激動の150年である!!!


#6 自由への闘い 18世紀~
フランス王制が、ギロチンで終わる!!
ガリレオ・ガリレイは望遠鏡を開発する!
が、地動説を主張して、異端裁判にかけられる!!

インド ムガル帝国!!
寛容だと!!
が、イスラムへと恐怖の政治になる!!
楽しみは否定されて、音楽も聴けない!!

その頃、アメリカが独立するが、世界が揺れる………
フランスでは民衆が王政を倒す!!!
パリから逃げようとして捕まり、処刑される!!
3万人が処刑される………
ナポレオンが登場する!!

ヨーロッパは人権主義をうたいながら奴隷制を保っている!!
フランスは、ハイチ独立を結局は承認する!
その後m各国で奴隷制は破棄されるが、アメリカはしぶとい!

オーストラリアは囚人の流罪の地であった!
しかしここにも先住民がいる!
虐殺、病気により人口が減る!!

科学の分野では多くの画期的な発明がなされた………
ジェンナー 種痘!! 牛痘ではない!!
ワクチンが開発された!!


#7 産業革命の衝撃 19世紀~
日本の武士が登場する!!
古きものへの決裂か???
英国と中国の貿易がある!!
貿易摩擦を解消するためにアヘンを売る!!
そして戦争になる!!
技術差があり過ぎる!!

産業革命で興った工業化は、世界の様相を一変させる!!
近代化によって軍備を発展させている!!

アメリカが問題で、南北戦争が起こる!
南部は人口800万人で、奴隷が400万人だと!!
南部は負けるが、リンカーンは暗殺される!!
「暴君はかくのごとき」

ロシアは農奴制である!
トルストイが出て来る!
農奴解放も骨抜きであると!!
近代化に遅れる………

日本である!
ペリーから西南戦争までがある!!
西南戦争後、近代化一直線か………

世界は新たな資源を求める!!
ベルギーがコンゴを支配する………
実質支配をごまかす!!
戦後ようやく独立するが1000万の人間が死んでいる!

軍備が進む!!!
第一次世界大戦である!
ドイツのツィンメルマン!
メキシコをアメリカと戦わせよとして失敗!!
レーニンをロシアに帰らせる!!
時すでに遅しか………


#8 戦争の世紀 20世紀~
まず原爆の開発がある!
第一次世界大戦ご、ヒトラーは軽い男と思われていた???
乱世の英雄か???
ナチスの登場により、政権奪取を図る!!
ユダヤ人が悪だと!
刑務所で「我が闘争」を口述し、出版する!!

アメリカでは、どう言う事か「避妊」が社会問題になっている!
避妊は悪!! そう言う中で弾圧を受け逮捕される!!
少し話が違うが……… 人権を言いたいのか??

インド、ガンジーである!!
インド独立まで非暴力、非服従を貫く!!

第二次世界大戦が勃発する!!
ユダヤ人、ロマ人、同性愛者絶滅である!!

原爆投下である!!
日本は降伏する!!

大戦後、資本主義と共産主義の争いになる!!
毛沢東 4500万を殺している!
「紅衛兵」が荒れる!!
鄧小平が復帰する!! メチャメチャやないか??

ベルリンの壁の崩壊で冷戦が終わる!
が、新たな戦いが始まる!!
チェスの世界チャンピオンとスーパーコンピューターである!
人間が負ける??? 将来は???

気候変動、森林破壊………
ブラジルは民主政であるが、今後はどうなるのか???

 

2020年6月13日 (土)

黒人差別の記事について思うこと………

Photo_20200612114101 コロンブス像


日本の「士農工商穢多非人」
変換しても、エタ、ヒニンは出て来なかったが………
徳川幕府は一応厳格な身分制度であった????
なぜそうなったのか???
「史疑」と言う本がある!!
家康は途中で入れ替わったと????
そう言う説がある!!
世良田二郎三郎元信???
入れ替わったが、相当な人物だったと!!
この元信が最下層の出身という!!
なので、この身分差別の責任は家康になる?????

この話は、明治35年刊行の『史疑徳川家康』。
著者 村岡素一郎であるが詳しい! 
検証は行っている!
出版されるや徳川の関係者が買い占めた?
これを小説化したのが、「南条範夫・三百年のベール」
同じく短編に「願人坊主家康」がある!

戸部新十郎も詳しい!!
「若き日の家康―三河武士団奔る」
読んだ時は驚きであった………
家康が源氏の末と言うのは嘘っぱちのようだ!!

さらに「白戸三平・カムイ伝」がある!
何をしても取り潰されない日置藩の秘密が、家康の出自である!
最もこれを理解したのはかなり後であるが………

では家康は非難されるべきなのか??
入れ替わったかどうかは別であるが、身分差別の張本人か??
そんな事はない!!
今回調べて分かったが、今や士農工商は教えないようだ!
そんなに身分の固定は無かったと!!

ニュースを見ていると大変興味深い!!
ベルギーの国王の像が倒された???
イギリスでは奴隷商人の像が倒されている!
奴隷商人の像があるのには驚きであるが………

アメリカ南部州………
アメリカの南部の将軍の名前の基地があるようだ!!
これを改名したい????
コロンブスの像も破壊されている!!
先住民虐殺???
奴隷制度の根源か???

ちょっとおかしいのではないか???
この事件で、警察が非難されるのは分かるが………
アメリカのテレビドラマをよく見ている!!
逮捕時のシーンは面白い!
たいがい逃げる???
その逮捕時は荒っぽい…………
今後、関係ないことまで差別と言われそうである!!
だいたい国王やコロンブスの像を倒してどうする気なのか???
過去の国王なんて、品行方正な人間などいない!!!
金、女、迫害、殺人など何かやっている???
やっていない人間なんていない!!
国王と言っても、政治は官僚がやっている????

その像を倒したら黒人差別が無くなるのか????
批判する人間は、それほど自分が正しいと思っているのか???
今後、何かあれば差別になりそうである!!

こう言う事を言うと嫌がれるのかも知れない!!
「国家はなぜ衰退するのか 権力・繁栄・貧困の起源・
 ダロン アセモグル・ジェイムズ A ロビンソン」

この本にあるが、奴隷販売は儲かると!!
需要があるから供給がある!
植民地支配と言っても現地で代行する原住民がいる!
奴隷販売が儲かるので、奴隷にして売っている!
社会がそういう方向に向かない!!

中南米からアメリカへは不法入国が絶えない!
つまりアメリカは良いところなのか??

中東もヨーロッパに難民は行く!
いわいる奴隷を販売した国々である!
そこへ行こうとするほど、元の国がひどいのか???
ひどいのだろう………
北欧で受け入れたら、待遇が悪いと文句を言う難民もいる!

アメリカ南部の州の基地の南部の将軍の名前を変える!!
ヨーロッパの像を倒す!!
それで解決するのか????
この国王が諸悪の根源なのか??
なんでも差別になるのか??

例えば採用枠が一人である!
最終的に残ったのが、白人と黒人だった?
白人が採用されると、黒人は差別と言うようになる!!
ますます暴力を使わない暴力になる???
そう言う事を考えるが………

池上彰が書いていたが、
アメリカの裕福層が税金を自分たちのために使いたい!
その為に自分たちの都市を造った!!
ますます出来そうな感じである!!
格差解消にますます遠ざかる感じである!!

 

 

2020年5月16日 (土)

本・信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変(2018/7)・安部 龍太郎

Photo_20200511134901


戦国時代は世界の大航海時代だった。スペインやポルトガルは世界中で植民地獲得に乗り出し、
その波が鉄砲やキリスト教伝来という形で日本にも押し寄せていた。
織田信長はこれにどう対処するかという問題に直面した、わが国初の為政者だったのだ
安土城跡に発見された「清涼殿」の意味、スペインからの使者・イエズス会ヴァリニャーノとの熾烈な交渉、
そして決裂。その直後に本能寺の変は起きた……。
江戸の鎖国史観から見ていてはわからない、世界史における本能寺の変の真実。 
信長が背負っていた真の孤独とは。

 

「安部 龍太郎 風の如く 水の如く」は面白かった!!
伝奇小説の書き手かと思ったが………
隆慶一郎が褒めたと言う!
しかし興奮したのはこの本だけで、後何冊か読んだが、興奮はしなかった………
本書も陰謀的な話は多い……… 随所に自分の本の紹介がある………
しかしそこまで言うかと言う解説も多い!!
ただ陰謀説の場合に、連絡をどうしたかが問題になる!!
時間と距離の問題がある! それに連絡係はどうするのか?z
秘密は共有する人間は多いほど漏れると!!
こじつけもはなはなだしいのでは???
内容は下記の通りである!!

はじめに
第一章 消えた信長の首
第二章 信長の真の敵は誰か?
第三章 大航海時代から本能寺の変を考える
第四章 戦国大名とキリシタン
おわりに「リスボンへの旅」
主な参考文献


はじめに
本能寺の変は、朝廷と、スペイン・ポルトガルのいわいる南蛮勢力が重要だと!
こうなると陰謀説である!!!
ただその陰謀説は効果があったのが???
キリシタンと秀吉、足利義昭の陰謀????
昔は、光秀の怨恨説に野望説が主流である!!
鉛と硝石は輸入に頼っていた………
これを支配したのは商人か?? 南蛮勢力が行う???
キリシタンの勢力を評価している!!!

第一章 消えた信長の首
秀吉は信長を見殺しにしたのか
信長の墓は、京都・阿弥陀寺にある?  信長像もあるようだ………
清玉上人??? 初めて知る………
信長とは懇意だったようだ………

最近では四国説が注目されている!!
が、近衛前久に朝廷黒幕説を注目している!
近衛前久、吉田兼見、細川藤孝、筒井順慶らの旧幕臣???
それを糾合する?? それならば何故高山右近が光秀に味方しなかったのか!
秀吉は朝廷が陰謀に絡んでいるのを知って、朝廷を脅した???
中国大返しは、知っていたからこそ成しえたと!!
最近テレビで実証している!!
賤ヶ岳の合戦の、大垣からの大返し!!
亀山から奉納時までの移動!!
簡単なものはやっている!!
半藤一利が書いていたが、川中島の合戦も一夜では移動できないと!
これは実証している??
中国大返しもやってくれれば良いと思うが………

富士山麓に埋められていた信長の首
伊豆の近くの西山本門寺に信長の首塚がある!
なぜここにそんなものがあるのか?
黒幕近衛前久が光秀ひとりに責任をなすりつけた!
ここで朝廷の内幕がある??
都合よく書かれていると思うが???
信長の首塚に植えられている柊は意味があると!!!

織田信長は、桶狭間の前年に上洛していた
信秀は朝廷に内裏修理料として4千貫を献上している!
信長は、桶狭間の前年に上洛している!!
幕府の求めに応じたと言う!
このときから信長と前久の関係が始まる!
実力者、三好長慶包囲網を造る! と推測する??
信長26歳、前久24歳である!!
長い戦いが始まる………

第二章 信長の真の敵は誰か?
正親町天皇の勅命が、織田信長を滅亡の危機から救った
信長は朝廷には気を使っている!
本能寺変後、織田信雄は安土城を放火した??
これも見方により変わる??
比叡山との対立がある!
姉川の戦いから、三好三人衆を討つべく出陣する?
しかし浅井・朝倉、本願寺が挙兵する!!
比叡山まで反信長にまわる!!
近衛前久の策謀と言う!!
この危機を正親町天皇の勅命が救う!!
そう言う風に信長が持っていったと!!!
比叡山は焼き討ちに会う………

織田信長の偉業を陰から支えた元関白
近衛前久が黒幕である!!
浅井、朝倉、六角、石山本願寺、それに大物・武田信玄が信長包囲網に加わる!
松永弾正も信玄西上に反信長に転じる!!
この時も勅命に頼る………
信玄が亡くなる!!
近衛前久はひとかどならぬ人物と言う!!
乗馬、鷹狩の腕も一流である!!
信長と前久の中を光秀が仲裁する!!
石山本願寺との対決は、信長が約定を反故にする!!
戦局が有利になってきている! 
誰しも有利になれば苦しい時のことは忘れる!
この状況を前久が救う?? 救うと言っても滅亡をである!!
前久と信長の間は何があったのか??

織田信長を葬り去った闇の人脈
表題からして陰謀である!!  黒幕説???
信長はどうするつもりだったのか?
家督は信忠に譲っている!
将軍になり信忠に将軍職を譲る!!
それとも、猶子の五の宮を天皇にする!!
公武を支配する!!!
こう言う事を考えたのは、足利義満である!
両者共志半ばで挫折した………
どちらも陰謀がささやかれている………
近衛前久は武田討伐に同行している!
恵林寺焼き討ちが、決裂の元になった???
「心頭滅却すれば火もまた涼し」 感動的な言葉である!!
信長の政治日程!
誠仁親王への譲位→将軍就任→将軍辞任→新天皇退位→五の宮即位→信忠将軍就任!
太上天皇になり、天下布武を成し遂げる!!
近衛前久は、これを阻止するために、吉田兼見、細川藤孝、明智光秀らに期待する!!
秀吉に密かに密書を送り味方に引き入れる?? 無理がある!!
信孝は前久が黒幕だと知っていた??  これも無理がある!!
前久は秀吉と手を結ぶ???
これだけ陰謀に加担しているとなると漏れるはずである!!
それとも余程信長を殺したかったのか??
改竄が行われていたのは確かであろう………

第三章 大航海時代から本能寺の変を考える
隠された信長
江戸史観四つの誤り
① 鎖国史観     大航海時代だと!
② 身分差別史観   士農工商ではない
③ 農本主義史観   重商主義時代
④ 儒教史観     仁智礼智信の五条を道徳の基本とする
    修身、斉家、治国、平天下を為政者の心得としたのでは無い!!
その時代の事は現在では分からないと!!
ミサと茶席の共通点!
イタリアに学んだ今治城の築城技術!
ローマ街道と信長の街道!
信長の船の、道泉技術は??
この時代、スペインによるポルトガル併合がある!
イエズス会は危機になる?
スペインとの新たな関係を結びたい??
スペインは信長に要求する!
一 明国征服の軍勢を出すこと      
  スペインの野望か?

二 イギリス・オランダと断交すること  
  カトリックとプロテスタントの対立!

日本はパワーゲームの駒か???

キリスト教禁教、イエスズ会との断交
スペインは本当に明国を征服しようとしたのか??
中国にそんなに資源があったとは思えないが………
財宝はあるだろう……… 歴史が違う!!
その時は来ずに、本能寺の変になる!!
信長はスペインの要求を拒否する!!
これによりキリシタン大名が信長から離れる………
足利政権復興の企みがある! 有力家臣に明智光秀である!
これを知った宣教師はキリシタン大名に協力を勧めた………
細川藤孝に黒田官兵衛である!!
官兵衛が秀吉を仕向ける??? 藤孝が光秀を煽る???
本能寺の変を秀吉に伝えたのは藤孝だと!!
シナをキリシタンにするのが目的だと!!!
秀吉は親スペインである!!
秀吉はスペインと同盟すれば明国制覇はなると!!
がスペイン無敵艦隊はイングランドに敗北する???
朝鮮出兵が1692年、スペインが負けたのは1688年である!!
この情報をスペインは伝えなかった………
朝鮮出兵は失敗する!!!

第四章 戦国大名とキリシタン
黒田官兵衛の実力とは
過大評価し過ぎではないか???
キリシタンは多かったのか??
蒲生氏郷もキリシタンだった………??
兵力は相当あった??
大阪城には、明石前登がキリシタンを率いて入場した!
いうほどの勢力があったのか??
官兵衛は、高山右近に次ぐ存在だった………??
石田三成に任せれないと、反抗心から兵を挙げる!
「風の如く 水の如く」で官兵衛が集めた同志は??
竹中半兵衛の息子、重門! 加賀前田家、細川幽斎!
毛利の両川、吉川広家と、小早川秀秋! 毛利輝元!
伊達政宗に、超大物、結城秀康!!!!!

加藤清正の経済力
南蛮貿易で儲けていた???
熊本が本城である!!
石田三成の佐和山と並んで治安が良かったようだ………
小麦を売って、鉛、硝石を買い、転売して儲けた???

北野大茶会の謎
北野大茶会は10日の予定が1日になった???
秀吉はイエズス会に朝鮮に出兵して、明国まで征服する?
大型船を斡旋する約束を破られた………
この茶会は踏み絵だったと???
秀吉に協力するためである!!
キリシタンは30万人と言う???
茶が問題である?? 利休の弟子にはキリシタンが多い!!
キリシタンに対する踏み絵だったが、秀吉暗殺計画が発覚し、1日で終わった??
まさに陰謀史観であるのでは???

毛利家とキリスト教
「NHK大河ドラマ・軍師官兵衛」好評だった???
本能寺の変まではよく見たが、それ以降は疲れた………
吉川広家と官兵衛は親しかったようだ!!
毛利家にもキリシタンは多い??
官兵衛は死ぬまでキリシタンである!!
福岡の秋月城! キリシタンが2000名を超える………
官兵衛の弟、直之と、その息子直基はキリシタンである?
幕府にはばかりがあるので、抹消したと!!

ポルトガル船デウス号事件
デウス号撃沈で、岡本大八が活躍する??
有馬晴信と共に処刑されて、キリシタン弾圧が強化される!!
これには、イエズス会とドミンコ会の対立がある??
これも陰謀なのか??? 有馬晴信の本当の姿は???

室町幕府終焉はいつか
鞆の浦で幕府は存続した???
学者のマスターベーションでは???
追放された時の終わっている!!
義昭、輝元、元親らと申し合わせて決起した???
本能寺の変であるが、後が悪すぎる?????
これも陰謀史観である??? 
こう言う話になると連絡方法と関与した人間の存在が気になるが………
1587年バテレン追放令が発せられる!!
救世主は関ケ原の合戦痔の福島正則と言う! 13年以上経っている?
その間、毛利は何をしていたのか??
キリシタンを保護した??
その為に、徹底的に福島家は潰されたと!!!

根強く広まるキリシタン信仰
島津家と小西家の関係がある!
種子島に幽閉されたカタリナ永俊尼!
キリシタン弾圧は、激しい!!
「NHKスペシャル・大モンゴル」
これにプレスター・ジョン伝説があった!!
東方の白人のキリスト教国家が助けに来ると!!
当時は、モンゴルが攻めて来ている!! 危機である!!!
モンゴルに使いに出た使者がそこでキリスト教徒を見た!
これが、景教、ネストリウス派キリスト教である!!
これは日本にも伝わっていたようだ………
聖徳太子はキリスト教を学んだ???
キリスト教の教義は一向宗と似ている???
なので一向宗を弾圧しなければならないと!!
人間的であるが………

秋田のキリシタン弾圧
秋田と言えば佐竹氏である1!
佐竹善宜も面白い!! 石田三成、直江兼続と仲が良かった!
領内のキリシタンの弾圧は激しかったようだ………
北の端の秋田にまで多数のキリシタンがいた??
全国にどれぐらいいたのか?????? 

徳川幕府とキリスト教
津軽藩主津軽為信は石田三成と仲が良く、遺児をかくまっている!
娘の辰子が側室になっている!
が、やはり石田三成の娘である!!
この後ろ盾になるのが千姫と言う!
千姫はキリシタンだったのか??
明国出兵に、インド副王が協力する???
話が大きい!!!
キリシタンに秀頼は好意的だった!!
30万から70万のキリシタンがいる!!
松平忠輝、大久保長安、伊達政宗のキリシタンをつなぐ糸???
キリスト教陰謀説か???

おわりに「リスボンへの旅」
リスボンに滞在し、フロイスの事跡を訪ね歩いているうちに、
フロイスは純粋に信仰と思考を持って、日本史をそのまま記述した!!


信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変・安部龍太郎

 

2013年3月 3日 (日)

トラベリックⅢ 世界体験旅行 ポルトガル・ポルトを見て!(レストランの案内)

日知曜日に衛星放送を見ていた。チャンネルを回すとアッと思った。
ポルトガルのポルトだった。
しばらく見ていたらグルメになった。
見ているとなんか見たことがある感じがした!
ポルトガルには一昨年の晩秋に行っている。
リスボンとポルトに行った。
楽しい旅だった!

アッと思ったのは、その時ポルトで食べたレストランが出ていた!
「Tripeiro (トリペイロ)」
はっきり覚えている。
給仕の若い人も覚えている。
食べた物が紹介されていた。
名物のモツの煮込みだ!
少し違うと感じたが、懐かしい!

20130303_port1



20130303_port2


20130303_port4_2


いまだに後悔が残る。
チョッとしたオードブルとこのモツの煮込みだけを食べたかった!
色々頼みすぎたから・・・・・・・・

その時の詳細は食べ歩きのポルトガルに載せている。
ポルトガルの食事は価格も安く、量も多い!
それでいて美味しい!
ワインも高く無い。グラスワインも手頃な値段だった!
ポルトガルへ行かれる方は、食べ物の量を考えてくださいヨ!

2011年11月29日 (火)

ポルトガルの諺

ちょっとポルトガルについて検索していたら、ことわざが出て来た!
読んでいて面白い。
訳は日本風にアレンジしてあると思うが・・・・・・
それにしても良く調べている人がいるもんだと思う! 感心する!

⑥なんかラクビーの世界ですネ!
⑭はよく建築会社の超大物の現場所長が言ってました!
調べていると楽しい!

①たくさんの可能性を考え、ひとつを実行せよ。

②急ぐことは完全の敵。

③明日は明日の風が吹く。

④やらぬより、遅れてでもやった方が良い。

⑤予防は治療に勝る。

⑥ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために。

⑦今日できることを、明日にまわすな。

⑧辛かったことは、いい思い出になる。

⑨『汝自ら変化せよ、さらば汝の運も変化すべし』

⑩良いことのための悪さがある。→悪いことの後には、良いことがある。

⑪こぼれたミルクを悔やんでも意味がない→過ぎ去ったことは悔やんでも仕方がない。

⑫隣人の鶏はいつも肥えている。→隣の芝生は青い。

.
⑬自分にして欲しくないことは、他人にもするな。

⑭絶対無理だと絶対に言うな!

 
⑮「なせばなる!なさねばならぬ!」

⑯重要なのは実際の年齢ではなく、自分がどう感じるかである。

⑰食べた料理を吐き出すな(恩を仇で返す)

⑱最後に勝つものが笑う。

⑲もらった馬の歯は見られないものだ。→ただでもらったのだったら、細かいことには気にしない。.

2011年11月14日 (月)

ポルトガルの写真

奥さんが自分のブログに、ポルトガルの写真をアップした。

ポルトガル語の先生に見てもらうためだ。

今日レッスンを受け、旅行の報告をしたら、先生はとても喜んでくれたそうだ。

重複するが、二郎のブログにも写真をリンクする。

リスボン 1

リスボン 2

リスボン 3

シントラ、ロカ岬

オビドス

アルコサバ、ナザレ

バターリャ、ファティマ

ポルト 1

ポルト 2

2011年11月13日 (日)

ポルトガル・イタリア旅行の日程表

今回の旅行に日程表です。 

「2011.pdf」をダウンロード

だいたい計画どうりに行きました

今回の旅行を振り返ってみて①・ポルトガル

ポルトガルについては再度書く!
例外はあるが楽しい旅だった。
ヘマ?も多かったが・・・・・・・・

到着翌日の日曜日に、時間を一時間間違えた。
前日飛行機の中で、到着のフランス時間に時計を合わせた。リスボン行の飛行機の中で、一時間時計を戻しポルトガル時間に合わせた。
が、帰って調べたら、10月最終日曜の0時に夏時間から冬時間に切り替わる。
そして一時間狂ってしまった。

リスボンからポルトへの電車で、ポルトが最終駅と思い降り損ねかねた時、扉を開け続けてくた親切な人。感謝してもしきれないと思う。
結局奥さんの持っていた時刻表では、リスボン―ポルト間の時間しか表示されていなかった。
それでポルトを終着駅と思い込んだようだ!
無事降りれて良かった。
乗るときは、どこ行きの電車かを確認しよう。

地下鉄のチケットの買い方がよく分からない。
これはもっと分かり易くしてほしいと思う。

シントラで日本人のツアー客に会ったが、後はほとんど出会わなかった!
そこで日本人ガイドがいたが、服装が成りきっていたと感じた。
メガネ・黒の帽子(帽子の名前は分からない)・ブーツ・ジャケットと何か面白かった!

のんびりした旅になった。
奥さんが半日、一日の乗り合いのバスツアーを日本から予約していた。
英語だが、効率よく連れて行ってくれるのが気に入っていた。
今回もうまく回れたと思う。個人ではあれだけ回れない。
となれば最初から、グループツアーで参加したらよいのに言われそうだが、行くところは自分で選ぶのが奥さんのやり方だ!うまく選んでくれたと思う!
(妻コメ:わがままな性格なので、長時間の団体行動はきついため)

リスボン・ポルトと市内観光バスに乗った。
これはイヤホーンで案内を聞きながら回るので気に入っている。
これから中国語が多くなるのだろうと思った。リスボンは中国語の音声もあった!
ポルトはアジアの言葉は、日本語だけだが。

ポルトではコマーシャルで中国のがあった。
日本も重要視されなくなれば、音声から日本語が消えるのでは無いかと心配になる。

食べ歩きの材料が山ほどあった。そんなに高くは無く、美味しかった。
名物のタラ料理も沢山食べれた。
円高の恩恵をこうむった旅だ!

ゆっくりと旅になりました!

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

古代史 室町時代 幕末 平安時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ スイス スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア スロベニア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベルギー ポルトガル ポーランド ルクセンブルグ ルーマニア ロシア (バルト3国) 中南米 中国 (モンゴル) 中東 台湾 戦国武将(武将) 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  宮本武蔵_  徳川家康 (徳川関連)  明智光秀 大河ドラマ(麒麟が来る)  明智光秀 本  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 大河ドラマ  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 大河ドラマ  黒田官兵衛 本  黒田官兵衛 紀行 おんな城主 直虎 本 おんな城主直虎 大河ドラマ お勧め アート インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート スポーツ テレビ番組 ドラマ ゲーム・オブ・スローンズ ナルト 中央アジア 事件 仕事の悩み 剣客 単なる女好きのおっちゃん 古代文明 名言格言 国内 旅行 坂の上の雲 山本五十六 政治・政局 旅行・地域 昔話 映画 時事 書籍・雑誌 東南アジア 源平合戦 独り言(よもやま話) 神社・仏閣 科学 紹介、情報 落語 講演 軍事博物館 金融

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ