イタリア

2020年5月13日 (水)

昭和の選択 第1回 国際連盟脱退 松岡洋右 望まなかった決断 NHKオンデマンド

Photo_20200513061701


昭和史の重要な選択に迫るシリーズの第1回。
昭和8年、日本は国際連盟を脱退、世界からの孤立の道を選んだ。
これまで連盟脱退といえば、旧満州をめぐる日本の主張が受け入れられなかったため、
自ら進んで脱退したというイメージが一般的だった。
しかし近年の研究によると、当初、政府は脱退回避を意図していたという。
なぜ日本は正反対の結論へと突き進んでしまったのか?
日本全権・松岡洋右を軸に、国際連盟脱退の舞台裏に迫る。


【司会】磯田道史,渡邊佐和子
【出演】香山リカ,加藤陽子 井上寿一 小谷賢 宮崎哲弥
【語り】松重豊


この外出禁止令のために、奥さんがオンデマンドを見ている!
そのついでに見せて貰った?? 昭和の選択!! 第1回である!!
2014年の制作である!!
渡邊佐和子がまだ若い!!

フィリッピンは領有権争いで中国を訴えた!!
が大国は小国を無視した!!
受け入れるどころかどんどん埋め立てて島にしている!!
松岡洋右は半藤一利が良く書いている!
昭和史を振り回した男である!
しかし、ヒトラー、ムッソリーニ、スターリンと会っている!!
三国同盟の時、チャーチルに手紙を貰っている!
英語が喋れるせいでもないが、重要視されている!
もっとも輝いたときは、国際連盟脱退に三国同盟締結か??
ソ連を加えた四国同盟の提案時か????

1_20200513061801

2_20200513061001

1931年 満州国の建国がある???
関東軍の謀略である!!
国際連盟の常任理事国は、イギリス、フランス、イタリア、日本である!
アメリカソ連は参加していない!!
満蒙は日本の生命線???

1932年 総会が開かれて日本は非難される!!
アイルランド、スイス、スペイン、チェコスロヴァキアらの小国である!!
満州が日本の生命線ならば、
小国にとっては国際連盟が生命線である!!


イギリスはこの当時、日本に対しては強硬ではない!!
もちろん日本が好きだからではない!!
小谷賢が解説である!!
「日英インテリジェンス戦史 チャーチルと太平洋戦争」も書いている!
日本の満州国に対しての方針は?
〇 融和的姿勢で臨む!
〇 制裁は避けたい!
〇 連盟や他の国に頼るなと! 中国である!!

イギリスの利権に適っている??
共産主義の拡大を防ぐ防波堤になる???

リットン報告書がある!!
〇 日本の軍事行動は合法的な自衛措置ではない
〇 日本での権益は無視出来ない
〇 国際管理の自治区として日本を顧問として用いる

和協委員会?
イギリスが提案する!
国際連盟に加盟していない、ソ連、アメリカを加えて打開する!
この提案を松岡洋右は乗るが、内田康哉外相が反対する!!
軍部にもまとめるべきだという意見がある!! 少数であるが………
「国を焦土としても、満州国を守る」
どう言う意味なのか??

米ソが入ると日本は妥協しなければならないと!!
中国は折れると???
内田康哉外相が主導である!!
松岡洋右は内田の指示を仰いでいる!!
軍が熱河作戦を起こす!!
これを内閣は承認する!!
しかし当事者国同士の紛争は禁止である!!
敵対行為になる!!
これを斎藤首相は天皇に作戦の中止をお願いする?
いったん許可したものを取り消すと天皇の威厳にかかわると!
天皇の意向は無視である!!

イギリスジョン・サイモン外相は日中で話し合うように提案する!!
が日本は拒否なのか??

勧告が出る!! 満州国は中国に属すると!!
これで国際連盟から撤退である!!
内田康哉外相の指示である!! 松岡の独断ではない!
こうなると、松岡洋右も被害者みたいである!!
撤退せずに状況を確認すればよいと思うが………

松岡洋右は脱退の演説をして、職員と共に会場から引き揚げる!!
帰国後、英雄になる!!

これでイギリスの外交政策が変わる!!
はっきり日本を敵に回す!!
それまではソ連が敵だった………
国際連盟は、常任理事国の日本が脱退して機能しなくなる!!
高くついた脱退である!!
小谷賢が書いていたが、1940年日本がイギリスに宣戦布告してきたらどうなっていたか?
アメリカは無視してである!!
これをイギリスは恐れたようだ!!
ヨーロッパで精一杯である! 極東まで手を出せない???
松岡洋右の評価はどうなのか??
靖国神社に祀られている!!
これがおかしくしている!!
大島浩、白鳥敏夫らも問題である!!
戦犯になると、平気でうそを言っている!!

 

 

2020年4月15日 (水)

本・ローマ五賢帝 「輝ける世紀」の虚像と実像(2014/1)・南川 高志

Photo_20200407233501


ネルウァからマルクス・アウレリウスまで5人の「賢帝」が続いた約100年間は、
ローマ帝国の最盛期とされ、「人類が最も幸福だった時代」と呼ばれる。
しかし、たとえばハドリアヌス帝は、同時代の人々には非常に憎まれた暴君だった。
また、賢帝を輩出した「養子皇帝制」も、
かえってそのために水面下での激しい権力闘争を生じさせていたのである。
繁栄の陰の部分を描きつつ、この時代が最盛期であった理由を解明する。

「映画・グラジエーター」の皇帝が、五賢帝最後の皇帝である!!
人類がもっとも幸せだった時代と言う!!!  ローマにとってか??? 
ローマについては「塩野七生・ローマ人の物語」で知識を得ている!!
その印象が強すぎる??
内容は下記の通りである!!

プロローグ
第一章 訪れぬ光  五賢帝時代の始まり
第二章 最良の皇帝  トラヤヌスのローマ帝国
第三章 賢帝か暴君か ハドリアヌスのローマ帝国
第四章 苦悩する哲学者皇帝  マルクス・アウレリウスのローマ帝国
エピローグ 全盛期のローマ帝国を支えたもの
参考文献
あとがき


プロローグ
ハドリアヌス帝の実績がある!
ハドリアヌスの長城!  暴君!
人類がもっとも幸福であった時代!
アテネ復興!!
憎まれた賢帝ハドリアヌス!
世界を旅した皇帝!!
帝国内を旅している!!
ハドリアヌス帝から、ローマの偉大さを書きたいのか??

アウグストゥスからコンモドゥスまでの歴代皇帝である!!
ユリウス・クラウディウス朝
アウグストゥス     紀元前27年1月16日 – 14年8月19日  自然死
ティベリウス      14年9月18日 – 37年3月16日  自然死(暗殺説あり)
カリグラ        37年3月18日– 41年1月24日   近衛隊による暗殺
クラウディウス     41年1月25日 – 54年10月13日  小アグリッピナによる暗殺
ネロ          54年10月13日 - 68年6月9日  自害

四皇帝の年
ガルバ         68年6月8日 – 69年1月15日    オトと近衛隊による暗殺
オト          69年1月15日 – 69年4月15日   自害
ウィテッリウス     69年4月17日 – 69年12月22日  ウェスパシアヌス軍との戦いで敗死
ウェスパシアヌス    69年7月1日 – 79年6月23日   自然死

フラウィウス朝
ウェスパシアヌス    69年7月1日 – 79年6月23日    自然死
ティトゥス       79年6月24日 – 81年9月13日    病死
ドミティアヌス     81年9月14日 – 96年9月18日   召使による暗殺

ネルウァ=アントニヌス朝 五賢帝
ネルウァ        96年9月18日 – 98年1月27日    自然死
トラヤヌス       98年1月28日 - 117年8月9日     自然死
ハドリアヌス      117年8月11日 – 138年7月10日   自然死
アントニヌス・ピウス  138年7月10日 – 161年3月7日   自然死
マルクス・アウレリウス 161年3月7日 – 180年3月17日   自然死
ルキウス・ウェルス   161年3月7日 – 169年3月頃    病死(暗殺説あり)
コンモドゥス      180年3月18日 – 192年12月31日  近衛隊による暗殺

流石五賢帝は自然死であるが、暗殺も多い!!


第一章 訪れぬ光  五賢帝時代の始まり
1、皇帝たちの政治
アウグストゥス、ティベリウス、カリグラ、クラウディウス、ネロと皇帝が紹介されている! 
次期皇帝はどうして決められるのか? やはり血か???   
次いでガルバ、オト、ウィテッリウス、ウェスパシアヌスの皇帝が紹介されている!
ここらになると人気投票もあるのか??

2、「暴君」ドミティアヌスの最後
ウェスパシアヌス、ティトゥス、ドミティアヌスは、父・兄・弟である!
ウェスパシアヌス、ティトゥスは名君と言われている!
最後にドミティアヌスが暴君になる!! 恐怖政治をひいたのは事実のようだ??
が暴君と言われるが、行政家として優れていたとも言われる!!
現在はそれが評価されている!!
属州出身者を帝国当時に用いた!!
暗殺は宮廷内クーデター???
身内に殺されたようだ………
新旧の対立か?? 伝統重視の立場の人間からは煙たがられる??
その為に新しい議員などを入れる!! それが気に入らない人も多い???

3、「賢帝」ネルウァの登場
ネルウァは即皇帝になる!!  元老院が決めたのか?
複雑な事情があるが、反ドミティアヌス派であろう??
66歳での即位と言う!!
ドミティアヌスの新しい血の導入が元老院などの旧勢力を反発させていた!
それを考慮しての政治である!!

4、動揺する「賢帝」
ドミティアヌス派と反ドミティアヌス派の間に立って政治を行った!!
反ドミティアヌス派に担がれている???
古代の謎は推理小説を読んでいるみたいである………

5、皇帝トラヤヌスの誕生
高齢ゆえに早期に次期皇帝を決めておかなければならない???
1年と4か月の治世である!!
次期皇帝も候補者の争いがある!! これに勝ったのがトラヤヌスである!!
養子縁組、これにより養子皇帝制が正当化される!!
ネルウァ➡トラヤヌス➡ハドリアヌス➡アントニヌス・ピウス➡マルクス・アウレリウスと養子になる!
マルクス・アウレリウスは実施に継がせたためにローマ帝国は混乱した????

第二章 最良の皇帝  トラヤヌスのローマ帝国
1、実現した平和と安定
養子縁組があるにしても、皇帝の座は力である!!
平和と安定が実現している!

2、「ローマ人」のローマ帝国
ダキアはドナウ川の北側で唯一の属州である!
積極的に領土を拡大した! 最大版図を達成する!
東方の問題、パルティア王国がある!
アルメニアをローマに併合する!!
メソポタミアへの遠征で健康を害して、ローマへ帰る途中に死ぬ!!
現トルコのようだ………
この特に次期皇帝を決めていなかった?
元老院議員は帝国各地から集まってきている!!
新しいローマ人????

3、元老院たちの実像
元老院議員的生活!
元老院は皇帝一族の次の身分になる!!
豊かな財産を背景に公職に就き、贈与を行って個人と家系の名誉を高め、
修辞学等を修め、文学的創作などの知的創作を楽しむ!

第三章 賢帝か暴君か ハドリアヌスのローマ帝国
1、「暴君」ハドリアヌス
神格化に反対される!
優れた人を多数殺している?? 実際に元老院議員を殺している!!
皇帝相続の手続きも疑われる??

2、疑われた皇帝
上杉謙信の後継者の指名みたいな話である!!
養子縁組の不透明さがある??
① もう一人の後継者を指名しようとした?
② 後継者を指名せずに死んだ?
③ 元老院に選定を任せる??
この時に元老院議員4人を処刑している!!
疑わしい話が並んでいるが、真実は分からない???

3、ハドリアヌス政権成立の真相
当然であるが、ハドリアヌス派の人間を取り立てている!!
トラヤヌスの攻めから守勢に配意ている??
行き詰っている征服地も放棄している!
皇帝の座に就いた当初は未熟だった????

4、偉大な統治者への道
民衆には祝儀を配り、剣闘士競技の娯楽を提供した!!
生活改善に努力し、軍事や司法で改革的処置を行った!
軍紀を改善し、元老院を尊重した!!
スパイも使ったようだが………

恋人に、美少年アンティノウスがいる!
ナイル川で溺死する!
ユダヤで反乱が終了した時、60歳になっている!!
後継者を決めなければならない!!

5、後継者問題と悲しき晩年
姪の息子が後継者候補である!!
が選ばずに手の込んだことをして、養子をとるが病死する!!
アントニヌス・ピウスを直ぐに養子にする!!
さらに、アントニヌス・ピウスに二人の養子を迎えている!
将来を見据えた養子縁組???
元老院から見ると暴君以外の何物でもない????

第四章 苦悩する哲学者皇帝  マルクス・アウレリウスのローマ帝国
1、アントニヌス・ピウス帝の美徳
名君である!! 悪くは言われていない!!
ハドリアヌスの神格化を認めない元老院に認めさせる!!
養子縁組も形だけでそれほど称賛するのではない??
が、このマルクス・アウレリウスの相続は事実上の血縁相続である!!

2、幼き哲学者
大勢の家庭教師に教育を受ける!
幼少時はハドリアヌス帝に可愛がられた!
修辞学や試作に進まず、哲学に進んだ??

3、パルティア戦争とマルコマンニ戦争
もう一人の養子と二人皇帝制になる!
アルメニアに侵攻したパルティア王国と戦いになる!
ローマの優位を確保して凱旋する!
マルコマンニ戦争はチェコ辺りのゲルマン人との戦争である!
ローマは圧倒的に不利になる!!
もう一人の養子は病死する!
戦線は広がり、イタリアまで攻撃される!
「雨の奇跡」があり、戦局は有利になる!
敵の同盟を分断する!! 講和が結ばれる!!!

シリア総督が反乱を起こす!! 兵は多い!
が内乱になる前に暗殺される!!
「映画・グラジエーター」では蛮族との戦いの場面があった!!
これは迫力があった!!! 皇帝は戦場で死ぬ!!
次期皇帝は息子である!! これで非難されている!
塩野七生が書いていたが、他に選択はあったか???
この時、養子を迎えるべきだったと言う学者もいる!!
「グラジエーター」では将軍がいたが………

4、戦争と新しいエリートたち
五賢帝最後の治世は、危機と戦乱の時代だった??
新しいローマ人、エリートの登用がある!!
相次ぐ戦争による人材の不足?
ローマ帝国の最盛期の終わりを飾るに相応しい「賢帝」であった!!!!

エピローグ 全盛期のローマ帝国を支えたもの
帝国各地の元老院議員の婚姻関係により生じる親族の意識、感情による結束!
皇帝権力を支える基盤を強固なものにする!
社会の安定した階層構造の上に立ち、元老院議員階層を広範囲の支持基盤とする!
皇帝は彼らと不可分の関係を保つことで帝国を統治出来た!!


ローマ五賢帝 「輝ける世紀」の虚像と実像・南川高志

 

2020年4月14日 (火)

ダークサイドミステリー・「魔女狩りの恐怖 なぜ人は、隣人を追いつめたのか?」

1_20200413213701


人類史に刻まれた闇の惨劇「魔女狩り」
かつて推定6万人もの無実の人が、災いをなす「魔女」として疑われ犠牲になった。
惨劇はなぜ起きたのか? 恐怖の「魔女裁判マニュアル」は女性ヘイトから?
もともと魔女は嫌われてなかった!
それを憎い敵にしたのは、たったひとりの男の妄想?
愛する娘へ獄中からの手紙………  苦痛に耐え暴露した、魔女狩り暴走の秘密とは?
あなたは大丈夫?  現代ハイテクで相次ぐ世界各地の魔女狩りとは?
Photo_20200413185101

脳学者、中野信子が出ている!
NHK好みなのか??? それとも害がないからか?

魔女??? キリスト教で生まれている???
サタン??  ルシファー???

「映画 デビル・クエスト」
この冒頭に魔女を告白させる!!
魔女でもないのに自白する!
が吊るす!! 肉体は滅んでも魂は救われる!!!
そう言う時代だった………

この番組では、魔女についても解説はある!!

アトランティス伝説と同じで、証拠はない!!
見た者もいない!!
俺は見た???  こちらの方が信用出来ない?
世の中には、いつも何かある???  天候不順もある!
作物の不良も誰かのせいにする!!
それが魔女か??

17世紀のドイツ!
普通の女性を魔女だと言う!!
「お前は魔女だろう」
密告する人間もそうであるが、調べる人間はどうなのか???
そんな立派な人間なのか???

4_20200413213801

最後には自白が必要がある!!
それを行うのには、拷問が許される!!!
その器具の解説がある!!
恐ろしい器具である!!!

悪魔と契約した魔女!!!
ドイツの異端審問官 ハインリッヒ・クラーマー!!
異端としてカトリックの裏切り者をあぶりだす!!
インスブルックである!!
ここで魔女裁判を行う!!
魔女は徹底的に排除しなければならない!!
終末思想がある>>
人間が悪魔と契約して魔女になる!!
この裁判に負ける!!!

巻けて本を書く!!
魔女に関する内容を書く!!
戦い方! 見つけ方! 裁判の方法………
250ページに及ぶと言う!!
「魔女への鉄槌」
女性に対する偏見がある!!!
女性こそ危険な存在だと!!
魔女と言う証言は、犯罪人でも許される!!
現在のあいつがやったのに違いない!!
だから証拠の捏造も許される!!
何ら変わりはない!!!!
魔女と性的関係を結ぶ???

ハインリッヒ・クラーマーは魔女を見つけたのか?
実際にこの男を拷問にかけてみるべきだった!!
お前はサタンだ!! 絶対に自白する!!

ヨーロッパで魔女との戦いが始まる!!
100年後、社会が危機に陥ると全ては魔女の仕業となる!!
社会不安が募ると魔女狩りになる????

3_20200413213901

1940年 イングランドの魔女狩り将軍 マシュー・ホプキンス!!
報酬を受け取り、数百人を殺す!!
子供も利用する………
矛盾する証言を得て、子供も裏切る!!
「お母さんは魔女」

魔女の集会、ほうきで空を飛ぶ!!!
嘘だと言われているが、それを結びつける?
集会なんて何処でするのか??? 見たものは?
たいがい「俺が見た」となるが………

男性?? どんな世界なのか??
ドイツのバンベルク!!
1600年代900人が殺される!!
ここは特権階級の男性まで被害者になる!
冷害、社会不安がある!!!
その原因を魔女に求める!!

一人の少年が呼んでいる本が問題になる!
誰から貰ったのか? 召使女??
次々に喋らされる………

住民が他国・他の都市へ訴える!
これが認められて、逃亡する!!
その瞬間住民は魔女狩りを止める!!
18世記にはヨーロッパで魔女狩りは無くなる??

しかしアメリカ・マサチューセッツ州セイラム!
1692年!! 1700人の人口で200人が逮捕されて、19人が処刑された!!
少女の魔女がいるとの噓から始まったのか?

現在の魔女狩り???
SNSでのデマ、フェイクニュースの拡大がある!!
2019年パリ   ロマ人は誘拐犯だと! 襲撃される!
2018年インド  誘拐犯だと! 殺される!
2018年メキシコ 集団リンチで焼き殺される!


現在のイスラム至上主義を見ている感じである!!
自爆テロ???
魔女狩りと同じように思うが???

 

2020年2月 2日 (日)

「ヴェネツィア、干潟(ラグーナ)の環境史」を開催

Photo_20200202174201

【交流文化講演会】「ヴェネツィア、干潟(ラグーナ)の環境史」を開催
【日時】2020年2月1日(土)14:00~16:00
【場所】大手前大学 さくら夙川キャンパス CELLフォーラム
【参加費】無料


三宮の図書館で見つけた………
ヴェネツィアには行ったことがある!!
何と言っても「塩野七生・海の都の物語」が面白かった!
最初に読んだ、「高坂正尭・文明の衰亡するとき」である!
ここでヴェネツィアが紹介されていた!
ローマ、アメリカ、ヴェネツィアである!!
次が、「塩野七生・コンスタンティノープルの陥落」である!!
特に海外に行くようになってから、飛行機の中に、「海の都の物語」文庫版を持っていった!
トルコの事は一番良く分かったと思う!!!
そう言う事で行かせて貰った………

阪急夙川から行った!
予約していったが、当日の人も多い!!
公演は、大黒俊二先生!
大阪大学卒業で、大阪市大の教授で、今は退職している!!
7割強からの入場者か??
講演は映像を使って行う!!

干潟の説明がある!!
印象的なのは、諫早と比較している!!
諫早は環境を変えようとしている??
その為に、全体的にはおかしくなっている???
今も揉めているが………
逆にヴェネツィアは現在の状況を守ろうとしている!!

2_20200202174201


1_20200202174201

長い歴史を共和国で保った!! 通商国家である!
なので平和を望んだ!  その為に国の政策を作る!!
強国に囲まれた中間の国か??
オスマン・トルコ、スペイン、フランス………
地中海の覇者である?????
講演では出てこなかったが、ガラス細工の話は無かった!!
造船所は質疑の時に少し出てきたが………
生活の必需品がある!!
木??  木は住居、船、巻きなどの必需品である!
本土にその森林は確保していたようだ???

長い歴史がある!!
本土から流れ込んでくる川がある!
このうちの二つの川が流れ込んでいる!
砂が流れて来て、本土とヴェネツィアの間の海がよどんできた………
この公園の前にU=NEXTで映画を見た!
「石原裕次郎 蘇る大地」である!
江戸時代の常陸の鹿島地方である!!
水路を作って土地を豊かにしたい!
その為に奔走し、完成したが、水路に海から逆流していた!
工業化の為に地下水をくみ上げる!!!
陸没の話がある!!! このイラストがある!!
畑か?? 花畑か??

ヴェネツィアは100年単位で川のルートを変える!
運河を300kmも掘る!!
これは成功したようだ!!!
現在は、モーゼ計画がある!!
可動式の防潮堤か??
3ヶ所作ろうとしている………
高潮の時に海の中の防潮堤を立てる! 動力は電力なのか………

ナポレオンに滅ぼされて一時オーストリア領になる!!
今はイタリアの観光都市である!!!

質疑応答があった!
飲み水と糞尿のことがあった!!
飲み水は雨水を利用する!!
これは映像であった!  納得である!
ヴェネツィアの井戸は井戸水ではなく、雨水を貯めるもののようだ!!
ろ過もしている!!  足りない分は本土から運ぶ!!
糞尿は海の水流が流してくれる!! 人口が適正だったのか!!

ヴェネツィア人の気質はと言う質疑もあった!
その質疑にはこう言う例がある!!
ミラノからヴェネツィアまでの高速鉄道で、パソコンと携帯を盗まれた………
カバンの中から抜かれた………
腹は立たなかった………  保険で返って来たので………
単純である!!!  答えになっていない!!

パソコンを使っての説明である!!!
自分も発表経験があるので分かるが、ひとりで操作と発表は難しい!!
講師もパソコンに強そうではない!!
何処にあるのか分からない例もあった………
別にクレームを言うつもりはないが………

 

2020年1月24日 (金)

本・決断の条件 ② (2013/5)・会田 雄次

Photo_20200112051801


16 忠臣の使いを稽留し、その事を聴くなく、すみやかに代をおくをなさしめ、
      誠事をもってし、親しみてこれを信ずれば、その君まさにまたこれに合わんとす。
      まことによくこれを厳にせば、国すなわち謀るべし。 六韜文伐篇その五
六韜」「三略」「孫子」「呉子」「韓非子」………
戦わないで、外交や謀略で敵国をやっつける方法!
賢臣・忠臣が外交使節としてやって来た時、これを相手にせず交代の使者を来させる!
この使者に対しては友好的態度をとって交渉を成立させる!!
そうやって敵国を謀略にかける???
しかしこの場合も、使者の資質による?? 後の使者は前より質が落ちる??
それを見極める必要がある!!
中国の指導者は「六韜三略」「孫子」を暗記している!
それを理解して褒められていることを理解する! 人が良すぎてはダメである!!

松岡洋右がいる!
スターリンが見送りに来て有頂天になっている!!
三国同盟にソ連を加えて四国協商????
日本人は偉い人が胸襟を開き、真情を吐露したり、へりくだった態度に感激してしまう!!
松岡洋右もそうだったのか??
小物政治家が大物政治家気分で手玉に取られて日本の損を与えている!!

17 亡びんとして存するあたわず、危くして安んずるあたわずば、智を貴しとするなし。 
       韓非子
韓非子である!!
日本の学者は、自分自身で思考し、一つの思想を生み育てて発表することをやらない!!
結論は、あいつは人物だとか、誠実だとか言う評価だけで人と組むべきではない!!
意思決定は知的判断力がいる!! 意志力とか実行力だけではダメである!!
自分に智がなければ、決断に知恵者を利用すればよい!!!

18 小忠を行うは、すなわち大忠の賊なり。 韓非子
中国である!! 戦いがある!
負けている方は将軍が負傷している!
部下が酒を水と偽って将軍に酒を飲ます!!
王が将軍を当てにして訪ねると酒の匂いがする!!
将軍を処罰する!!
つまり部下は忠義と思い酒を勧めたが、主人を殺すことになる!!
小忠は大忠の敵である! 小利と大利は一致しない??
最後にあるが韓非子である!!
これは陥れようとしたわけではないが、見事な成功例????

「私の主張」 新聞の投書、学者の評論などは、正義・大義を論じているが、
自分の欲望の言い訳に過ぎない??
ニュースは記者の主観が入っているのを理解して読む!!

19 功なきを賞すれば、民、偸幸して上を望む。
   過を誅せざれば、民、懲りずして非をなし易し。これ乱の元なり。 韓非子
功績のないものに賞を与えると人民はつけ上がって要求が激しくなる!!
官史の年末手当の半分は勤勉手当である!
働かなくても貰えると、働かない!!
日本の公務員はよく働くのか??
中国で王が冠を無くした??
それをごまかすために、恩赦を行い、施しを与える!!
しばらくすると、もう一度冠を無くして欲しい!!
ローマでは、安物で治績上らぬ政治家ほど祝祭日を作る!!

おだてるとつけ上がる、叱ると反撥する、全面賛同するととりくむ姿勢が容易に流れる!!
孤独に耐える訓練をする!
心からなる共感だとか、連帯、心の触れ合いをやたら求めるのは女性か子どもである!!
三十歳としてはそういうものの空虚さを知らなければならない!!

20 民衆の希望する自由など叶えてやれるものではないのだから、
   君主は、その一つの欲望、つまり復讐心を満足させてやればよい・ マキャヴェリ
満場一致??  ユダヤは認めない??
日本はたいがい満場一致である!!
たとえ自分の意見が満場一致で認められても、内心の反対者はいる!
面従腹背者をどう見つめるか??
欧米は議論を尽くすので、実行に問題はない!!
ところが日本は議論は適当なので、実施の方が問題である!!
ではどうするのか????
馬鹿はおだてるにかぎる!
姉川の合戦、秀吉の検索で明日の朝攻撃になる!
が宿老、柴田勝家、丹羽長秀は面白くない!
秀吉が信長に頼む! 両者を別々に呼びつけ「流石そちの陣は燃えているようだ! 頼むゾ!!」
二人とも大感激である!! つくり話と思うが………

陰惨な反攻には、前もって犠牲者を用意しておく!
倒したい相手に辞を低くし、教えを請い同調したみたい見せかけて、裏切る………

21 民はもともと勢いに服す。 よく義につくすもの寡なし。 韓非子
大衆の要求は必ず正しいという不可解な感情は日本にでは当たり前である!
韓非子と孔子??  性悪説と性善説???
日本人は徹底的に相手を論破しない??
戦後の教育ではどうにもならない………

「愛が必要」
「誠意をもって話し合った理解されている」
「もっと努力を」
これは意志決定が出来ない弱さを隠すための言葉である!!

22 すぐれた将軍は部下の将兵を戦闘が避けられない状態に追い込む。 
   マキャヴェリ
マキャヴェリは、戦いの必要性を兵に教えなければならないと!!
第一 敵がとてつもなくひどい連中である!
第二 自分たちを立派だと思いこませる!
第三 相手に対して全員が手ひどい裏切り者になるように仕向ける!

松永弾正久秀が出て来る!
嫌いではない!! 三度裏切るが、見る目がない!!
運命共同体を部下との間に築いていた!!
マキャヴェリの方策は、中国の指導者が、7億の国民を戦う一つの玉に化し去ったやり方と一致する!!
著者は中国を7億としている!! そ言う時代に書いた本か???

23 人生は心を己が死を利とするものに加えざるべからず。
   日月は外に暈囲するも、その属は内にあり。その憎む所に備うるも、禍は愛する所にあり。 
   韓非子
外敵に備えても、敵は内部にいる!
マリーアントワネット!!
ルイ15世が亡くなると、悲しみに暮れる??
ところが一角から、新国王ルイ16世の近臣たちが歓声を上げる!
俺の時代が来たと!!!
利害関係に愛が絡む!!
ここで愛情が優先するという道学者がいるが、マキャヴェリは利害が優先すると!!

明智光秀は細川親子が味方するとふんだ!!
細川藤孝はしたたかである! 必秀の負けと踏んだ!!
意思決定する時は何よりも愛の根底にある利を直視せよ!!

24 臣主の利は相とともに異なるものなり。主の利は能ありて官に任ずるにあり。
   臣の利は能なくして事を得るなり。
   主の利は労ありて爵禄するにあり。
   主の利は豪傑の能を使うにあり。
   臣の利は朋党の私を用うるにあり。 韓非子
日本のええ加減な賃金体系がある!! 著者の本ではよく出て来るが、働かなくとも賃金が貰える!!
管理者は安易なヒューマニズムとか、連隊とかに逃げないことである!!
意思決定者の心得がある!!
第一 いかなる人間も信じてはいけない
第二 仁を説くものを容れてはいけない
第三 決定権は自分に集中せよ
孤独に耐える人間を作る!
が日本人はいつまでも幼児性が残る!
国、政治、会社、学校に対し、だだをこねる!!
意思決定をする前に、自分が幼児であるか??
孤独に耐えれるかを反省することを先決問題とする!!!

25 人間はきわめて単純なもので、目先の必要性に、はなはだ動かされやすい。
   だからだまそうと思う者にとって、だまされるような人間は自由自在に見つかるものである。 
   マキャヴェリ
「君主たるものは、ライオンの威厳と力と狐の狡智を身に付ければならない」
だまそうと思う者は、だまされたがっている人間が無数にいる!
だまされたくて仕様がない人間をだまして、一体どこが悪いのか??
日本で車に大金を置き忘れて警察が動くのは日本だけだと!!
ヨーロッパでは何でそんなところにと思われる!!

ミラノの城主フランチェスコ・スフォルツァーは、信仰心など持たぬが、民衆が望むので信者になろう」
政治、経営、管理は騙される存在を前提としている!
戦国時代の朝倉敏景は、
「神社や寺に寄進するのは無駄な事! その前を通る時荒廃を嘆き悲しむ言葉をかけてやればよい」
これでは無理である!!
理想の君主論は、完全にだます側に立っていることである!!
あくまで正義を旨とするような顔をつらぬく!!!

26 謙虚の美徳によって尊大をうちくだけると考えることは大抵失敗に終わる。 
      マキャヴェリ
日本はへりくだり誠心誠意で行けば、相手も応じると!!
第一 誠心誠意で行けば相手も応じてくれる?
第二 応じてくれないと相手を悪と決めつける!!

進歩的言論とは??
客観的理由を否定し、社会悪のせいにする!
自分に責任がある、短所、怠ける、妬む、怨む、ひがむまで責任転換する!
日本人の誠心誠意主義、謙譲主義、ざんげ主義は劣等意識のごまかしででなくインチキなものであるが、
インチキでなくても大抵失敗に終わる!!

礼儀正しく構える! 絶対に競歩してはならない! 妥協してはならない! 相手のなすがままになってはいけない!!
戦う決心も無しに重大な交渉を成功させようと思ってはならない!!
100%の勝利はあり得ない??

27 勝を見ること衆人の知るところに過ぎざるは、善の善なるものにあらず。
   戦い勝ちて天下善というも善の善なるものにあらず。
   良く戦う者は、勝ち安きに勝つものなり。 孫子
人間の本音!!
「弱きをたすけ、強きをくじく」
「強きをたすけ、弱きをくじく」
世の中、希望通りには行かない???
勝ち方がある!!
本当の勝ち方は、勝ち得る条件を作っておき、極めて自然に勝つ!!

戦う意思決定???
第一 最初の準備の時、決戦を開始する時!
第二 戦いを止めるとき!

本当の意思決定、決断は、万全の準備をし、必勝不敗の地位を築く決断が、同時に含まれる!!

28 信頼するよき市民(議会)ならば、
   たとえ激昂して常軌を逸した民衆が事態を憂慮すべき方向へもっていこうとするのも目のあたりに見ても、
   決して、そのために審議を遅滞させるようなまねはしない。 マキャヴェリ
世論に迷って会議を遅延させるような意見は取り上げるな!
結論を出しえない会議なら開くな!

今日の混乱は、実行と責任のない世界が生みだしている!
意思決定に大切なものは、情報にふりまわされて判断と決断のない会議から学ぶな!
日本の教育は意志決定出来ない人間を作る???

29 (指導者たるものはいつも)必要にせまられてやむを得ずとる行動でも、
   自分の意志で行なっているふりをしなければならない。 マキャヴェリ
「必要にせまられている現実」
共和制のローマで、軍人に国から給料を支払う!
税金である??
果たして人気取りに過ぎないのか??
足利尊氏を褒める!!

意志表現と行動に出た時、その時点でのアフター・サービスをやる覚悟が必用だと!!
その覚悟が、まったくの必然で押し出された行為も、自分の意志で行った顔が出来る!
物質的にであれ、精神的重荷であれ、労働であれ、
かなり先まで負担を負い続ける閣議無しに一切の決断をしてはならない!!
決断したふりをする! 必要だがふりを押し通すのには実質がいる!
それは誠実とか意志力といった道徳ではない!!
醒めた目で自分を計算する能力である!!

30 将に五危あり。必死はころされるべきなり。必生きは虜に去るべきなり。
      忿速は侮らるべきなり。廉潔は辱かしめらるべきなり。愛民は煩わさるべきなり。
      軍をくつがえし将を殺すは必ず五危もってす。 孫子
孫子である!!
五危を調べる!!
第一 必死になり過ぎるな! 決死の覚悟だけで思慮に欠ける者は敗死する
第二 生命だけ助かろうとすると、捕虜になる! 生き延びることしか頭にない者は捕虜にされる
第三 短気で直ぐに怒る人間は軽蔑され人に利用されるだけだ! 短気で怒りっぽい者は軽んじられる
第四 小中学校の頭脳のまま停滞し、「正義の大衆」が王様になったのが、近代文明! 
   清廉潔白だけの者は侮辱される
第五 愛民は、将を滅ぼす要因となる! 人情の深い者は気苦労が絶えない

人間を組織化するのは人を陥れ、教育は人間を不幸にする!
そう言う意思決定、苦い米を食べる意思決定を行うことによって、
若者の無責任な自分だけが正義感であればよいという、幼児性、女性性を脱却できる!

おわりに
日本人は甘えの構造がある!!
日本は意志決定の世界と無縁な精神状態の世界にいる!
マキャヴェリを中心に意思決定の条件を書いたと!!


決断の条件 ② ・会田雄次

 

2020年1月22日 (水)

本・決断の条件 ① (2013/5)・会田 雄次

Photo_20200112051801


優柔不断は命取り――歴史が教える「真の決断」とは?
自分では一世一代の決断をしたつもりでも、その多くは単なる
「思いつき」「苦しまぎれ」「便乗」「感情」から下されたものに過ぎない。
マキァヴェリ、韓非子、孫子など先哲の言葉と、古今東西の歴史事例から、
冷静な現実把握と意思決定の要諦を示す。
昭和の経営者たちに読み継がれてきた名著、文字拡大版でリニューアル刊行。


著者は現実主義者??? 性善説は信じていない???
ルネサンスのマキァヴェリに、韓非子、孫子等が出て来る!!
ルネサンスの時代はそう言うものだったのか???
人間学の宝庫である!! 史記、ギリシャ、ローマなどもそうである!!
大変興味深い???? それとも人間が信じられない??
内容は下記の通りである!! ①②に分ける!!!


序章  意思決定と日本人
1  民衆を真の味方にできるのは権力者だけだ
2  反抗者は常に仲間に強い猜疑心を持っている
3  相手に対し、何か考慮を払わずにすむような完勝はない
4  人は、父親を殺されたうらみはすぐ忘れる
5  運命の神は女神である。だからときにはこれをひっぱたたけ
6  指導者を欠く大衆は烏合の衆である
7  大衆の憎まれ役は他人に請け負わせよ
8  人間いかに生きるべきかにこだわるな
9  人はその出生によっても年齢によっても区別してはいけない
10 加害行為は一気にやり、恩賞は小出しにせよ
11 現実を罵り過去や未来に憧れるのは欲求不満の現われ
12 真実を知る知恵者でも大衆の愚見におびえるものだ
13 無理強いされた約束は守る必要なし
14 亡命中の人間の言葉を信じるな
15 真の味方は武器をとって立ち上がれと要求するものだ


16 忠義な使者は大切にするな
17 滅亡をふせいでこそ智の価値がある
18 小忠を行うは大忠の賊なり
19 功なきを賞するは乱のもと
20 民衆の希望する自由など叶えてやれない
21 民は勢いに服し義に服さない
22 すぐれた将軍は部下の将兵を死地に追い込む
23 人生は心を己が死を利とするものに加えざるべからず
24 臣主の利は相とともに異なるものなり
25 人間はきわめて単純に目先の利によって動く
26 謙虚の美徳によって尊大をうちくだくことはできない
27 よく戦うものとは勝ちやすきに勝つものなり
28 信頼できるよき議会は審議を遅らせない
29 指導者たるものはやむを得ぬ行動でも自分の意志で行うふりをしなければならない
30 将に五危あり
おわりに


序章 意思決定と日本人
序章で日本人を規定している!!
日本人は決断や選択と言う能力を持たないのではないか?
意思と言うものが分からず、本能も怨念も未練も執着も意思も区別できず、真の決断が出来ない!
島国根性??
世界史では辺境から中心になる??
ギリシャ、イギリス………
日本はあっという間に中心になった??? 直ぐにすたれたが………
「チャンスの表の顔には危機と書いてあり、裏側のみチャンスと記されている」
と言う格言を世界は持つ!!
「鳴かずんば鳴くまで待とうほととぎす」
座して熟柿を落ちるのを待つ日本と世界の違いがある!!
日本は、危機をチャンスに変化させる決断に欠ける??

1 民衆を真の味方にできるのは権力者だけで、一介の市民が民衆を頼ろうとするのは、
  ぬかるみの上に土台を築こうとするようなものであだ。 マキャヴェリ
大塩平八郎の乱がある! 個人的に善政をを行い、民衆の支持もあった??
それでも民衆は付いてこなかった???
大塩平八郎は権力者では無く、一介の役人である!! 夢を追う観念的思想人に過ぎない!
同じ例として、ローマ共和制末期のティベリウス・グラックス、
ガイウス・グラックス兄弟の例を挙げている!
逆に言えばその立場、能力もないのに変に正義感ぶらないことである!!

2 反抗者は常に仲間に強い猜疑心を持っている。分裂させるにしくはない。 
  マキャヴェリ
君主は才能や能力を持たずとも、権力を一身に集中しているので人を心服させている!
権力が分散されていては民主制ではそうはいかない! 一体だれが信頼出来るのか???
権力が制限される!!
日本は領域内の「叛乱者」の鎮圧が下手である!
荒木村重の反乱がある!!
下手な猜疑心がある??
変な道徳心があるのでややこしい!!
それより疎外者たちを、相互猜疑心を利用して分裂させて、疎外機能を奪う方が合理的である!!

3 相手に対し、何か考慮を払わずにすむような完壁な勝利はありえない。 
  マキャヴェリ
上杉謙信の武田信玄に対しての塩を送る話がある!! 謙信は義に厚い!!
北条、今川と塩止めの対策をとった????
結局それを謙信が破った!! 著者はこの話を信じている???
しかしこの手段で勝っても民衆の恨みを買う???
「勝者はどうしても正義についての配慮を払わざるを得ない」 マキャヴェリ

凡人は成功しているときは、それを変える気にはならない!
唯一の手段で、永久に良いと思う!
変更が必要になれば、その時に変えればよいと!!

4 人は、父親を殺されたうらみはすぐ忘れるものだが・財産をとられたうらみは生涯忘れられない。 
   マキャヴェリ
韓非子!!
親の喪に服して身体を悪くした人間を孝行者と言い、官史に取り立てた!
その翌年、喪に服し過ぎて死んだ人間が何十人と出た???
純粋な行為が利が絡むとこう言う結果になる!!

「人は利益によって動かない!!!!」
女性、学者など社会に直接関係しない人々である!!
自分自身の能力で生きていると錯覚している!
「自分は立身出世を望まない、立身出世主義は不可、みんな揃って幸福に」
絶対に信用出来ない!!!
「社会正義」と言う飾りを付ければ自由に欲望を発揮できる??
人をうごかそうとするときは、人々の欲望充足への配慮が必要!!
一人合点を決断力と勘違いし、配慮がない!!!

5 運命の神は女神である。だからこれを組みしくためには、ときどき、なぐったり、蹴ったりしなければならない。 
  マキャヴェリ
運命の神は気まぐれである!!
桶狭間の合戦! 勝ちつつあったが今川は信長の首をとっていない!
それなのに祝宴を開いていて信長の奇襲を許した!!
これはミッドウエー海戦に日本軍に通じる???
信長は二度と同じ奇襲をしなかった???
二流の武将は、「奇襲の○○」と言って同じことをやる!!
マッカーサーも仁川上陸で成功して、同じような作戦をやっている???
信長は絶えず相手より大兵力を戦場に集中する!!
秀吉も、水攻めが好きである!!
紀州太田城に、忍城も秀吉の見栄である??

決断の法則とは、圧倒的な不運が襲いかかり、甘受すれば死と言うとき、
それが政治的運命ならば全力を挙げて反撃せよ!

6 指導者を欠く大衆は烏合の衆である。 マキャヴェリ
日本海海戦で日本は大勝した! 
その前の黄海海戦では苦戦している!
指揮官が戦死すれば烏合の衆になる??
秀吉の戯言!!
信長5000と氏郷10000の兵が対決すればどちらが勝つ!!
勝てぬとなれば信長は逃げる!!
氏郷の軍の兜付きの首をとれば氏郷が入っている!
氏郷は自ら突撃する大将である!!
長の持つ重要性がある!!!

大学紛争で共闘派の学生がかくまってくれと!
それを話している間に他の人間は逃げ去った………
指導者も消え去った………
指導者を探すことに全力を挙げ、その決断力に従う!!!

7 大衆の憎まれ役は他人に請け負わせよ。 マキャヴェリ
マキャヴェリは人間を性悪と見ている!!
君主論のモデルは、チェーザレ・ボルジア!! 信長そっくりの才能の持ち主と言う!!!
この男がもっと長生きすればイタリアの歴史は変わった???
叛乱を計画している3人の将軍を呼びつける!
普通なら逃げるが3人とも出頭してきた?? 蛇に睨まれたカエルか??
君主は愛されるより恐れられよ!!!
ある町を徹底的に弾圧した!!
弾圧がいきわたった時、この司令官を圧政の罪に問い殺す!!
憎まれ役は他人にやらせる!!
日本の例もある???? 後白河法皇?????

8 人間いかに生きるべきかということのために、現に人の生きている実態を見落としてしまうようなものいは、
  自分を保持するどころか、あっという間に破滅を思い知らされるのがおちである。 マキャヴェリ
かっての中国の大躍進がある!
露店に山積みされた部品を見る!
同じものを見て、日本人記者は大躍進を予測した!
フランス人記者は、部品の腐食具合など見て大躍進はないと見た!!
日本人の左翼、外交官は中国を褒めまくった??
この時からは25年は経っているが中国は躍進した!!
時差遅れであるが、評論家は予想も国内事情も分かっていない!!
そもそも評論家は信用しない!!!

理想に向かって邁進するのは良いが、たいがい叶えられない!!
完全な支配者や経営者はいない!!
現実の重要性から目をそらし、理想に走るやからは多い????

9 人はその出生によって差別を加えるべきではないが、それ以上に年齢によっても区別を加えてはならない。 
  マキャヴェリ
明治維新では30代の技術者が活躍し、成功した??
前政権の有能な人間も追い払われた!!
太平洋戦争後、追放があり、有能な人間が数多く追放された??
その後は、戦前相手にされなかった無能な学者たちがいたが、若者に変わって行った?
日本は子供や若者を信用しない国だった………
権威に弱く、足の引っ張り合いをする民族である??
何かを目指し、組織を作り、組織を動かすには年齢による差別をしない!!!

10 加害行為は一気にやってしまわなくてはならない。
  しかい恩賞は小出しにやらなくてはならない。それを人によってよく味わってもらうために。 
  マキャヴェリ
明智光秀は恩賞を与えるのが上手い!!!
貧乏暮らしのせいで吝嗇なところがある??
恩賞は少しづつ与えた!  それが幸いしたようだ!!
日本人は他人に恩恵を与えすぎと言う!!
戦場でやくざ的な古参兵がいる!! これに同情した軍医がいる!
これでその古参兵が感動して、軍医のためには命も差し出す!!  そんな事は無い!
逆に軍医がシャバでおれに借りがあるのでそうしている! そう思い込もうとしている!!
面白い例がある!!
難病を直してくれた医者に1千万円お礼をしようとする!
一日たてば200万?? 二か月経てば20万円???
そのままだと払わなくなる恐れがあるので10万円払った!!
人間はケチなものであると!!!

11 現実をあしざまに罵り、過去をたたえたり、未来に憧れたりするのは、あぶない欲求不満の人々である。 
  マキャヴェリ
チーム作りに、まず排除すべき人の認定の仕方を教える!
煽動屋!!
「国民の一斉健康診断は、体制による国民の健康管理で、徴兵制の準備である?」
「狡兎死して走狗烹らる」
懐古趣味に淫している人はダメ!!
職業人は毒にもならない!!

12 自分に触れ自分の真実を知っている人は少数しかいないが、そう言う人々でさえ、
  外見だけでしか判断しようとしない大衆の意見にあえて反対しないものである。 マキャヴェリ
明智光秀の叛乱後は暗い!!
当てにしていたのは細川藤孝に筒井順慶と言う!!
光秀についてはどうなのか??
大衆が光秀に付かなかった??
秀吉には付いたようだが………

決断を下すとき、変転し激動する周辺をしかと見定め、流れの本質を直視し、それに身を投じる!
本当の流れにそわぬかぎり成功しない!!
意志決定に際し、知己の援助や協力を希望的に観測し、それに期待するのは失敗の最大要因と言う!!

13 無理強いされた約束は守る必要はない。マキャヴェリ
ローマで負けた将軍は屈辱的な和平協約を無視した!
ここで決闘の話がある!! ヨーロッパでは認められていた!!
法律が全てを決めれない? その手段として決闘がある!!
ロシアは契約違反の常習国である!!
ではその時どうするか??
「必要は法律を必要としない!!」 の世界か??
破棄は見事に居直なければならない!!
「法律は破りました。私を守り法治国家として人権の保護を」
そんな甘ったれは許されない!!!
甘えも、責任転換も偽善もあらゆる近代的悪徳は存在する???

14 亡命中の人間の言葉を信じほど危険なことはない。 マキャヴェリ
亡命者の言うことを信じてはならない!
ケネディはキューバの亡命者の意見を信じた!!!
日華事変で、陸軍と外務省の意見が対立した!
要は強いか弱いかである!!
しかし背広の外務省に比べ、陸軍は内部まで入り込んでいる?
陸軍の弱いと言う意見をとった………
この情報源はドロップアウトした連中に不満分子だった!!
弱き人間とは、知能、意志力、忍耐力、決断力、信頼性の欠けた人間である!
ドロップアウト人と言うレッテルはかなり信ぴょう性がある!!!

15 真の味方は武器をとって立ち上がれと要求し、敵は中立をすすめるものだ。
  だが、おろかな君主はたいてい中立を守り、身を滅ぼしてしまう。 マキャヴェリ
戦いは勝者と敗者がいる!!
中立者たると、必ず勝利者の餌食になる!!
黒田如水がいる!!
果たして天下を狙ったのか???
京へ行き、山名禅高が注意に来る!
まくしたてるが、山名禅高程度では如水も不満である???

倫理観で行動するには愚痴は言わないことだと!!
負けても立派な人間であれば心配はない!!
味方する場合、相手と自分の力関係を考える!
自分より強いものの味方しても何もならない!
相手は恩も感じずに、臣従を求めるだけである!
味方してよい場合は、自分が味方に加わって勝てる場合である!
力量がなければ、誰も味方に求めないし、中立を取れとも言わない!!
正義感があり、人徳があるのではなく無視されているだけである!!!


決断の条件 ① ・会田雄次

 

2020年1月19日 (日)

本・敗者の条件(1995/5)・会田 雄次

Photo_20200111171201

英軍の捕虜としてアーロン収容所で強制労働に服した西洋史家が、専門のルネサンス史の視点から、
ヨーロッパ流の熾烈な競争原理が支配した戦国時代の武将たちのタイプやその行動を分析、考察する。

著者は戦争経験があり捕虜になっている! 「アーロン収容所」著作がある!
戦争時代、捕虜になっている! その経験からリーダーについて語っていた!
それを例として挙げられていたのを覚えている!!
状況による変化!! 軍事作戦中、捕虜時代を通じて兵が認めるリーダーとは!!
この本は若い時に読んでいる! いつもの如く本の整理をしていたら出てきた!
この本は蒲生氏郷の章がある! それでひきつけられている!!
内容は下記の通りである!!


まえがき
序 章 戦国時代とルネサンス
第一章 闘争の宿命を負う者
宿敵としての親子兄弟(斎藤道三・義竜他)
覇者の子(織田信雄・信孝)

第二章 闘争世界の敗者

一匹狼に徹しなかった者(イル‐モロ、斎藤道三)
最後の賭けをためらう者(サヴォナーラ)
覇者の出自にこだわる者(佐々成政・滝川一益)
欠点のない者(蒲生氏郷)
慈悲心のある者(高山右近)
武勲をたてすぎた者(ヴァレンシュタイン)
自己の世界に徹する者(千利休)
性に執着する者(ルクレツィアとその夫たち)
後発地域にいた者(武田信玄・勝頼)
先進地域にいた者(松永久秀)
ある勝者(黒田孝高)
あとがき
年表
地図(巻頭)


まえがき
「競争」は福沢諭吉の翻訳である!!
「競争」はヨーロッパとともに古く、日本には縁遠いと言う!!!

序 章 戦国時代とルネサンス
この序章は長い!!
ヨーロッパの城や市庁舎には、決まったように牢屋がある!!
確かに拷問の部屋もある!!
優越感を味わうためか?? 逃されないようにしている??

著者は英軍の捕虜になっている!!
日本に恨みのあるような英国軍人がいた!!
復讐したかったようだ! 精神を破壊してから復讐する!!
日本軍の死刑囚がいるが、恩赦や減刑の情報がある!!
そんな事実はない!! つまりワザとそう言う情報を流して期待を持たせて、絶望させ死刑にする!
メチャメチャ陰険である!!!

ルネサンスのイタリアである!
捕虜となった騎士が牢屋にいる!  親切な牢番がいる!
これを手にかけて脱走する!!  良心は無いのか??

騎士が少数の部下と叔父の元へ凱旋する??
嘘である!  豪華に向かえてもらって、返礼のためにまた宴会を開く!
そこで危機を煽り秘密会議を提案し有力者を集める!
そして皆殺しにして乗っ取る???

日本とヨーロッパは似ているのか??
戦国時代とルネサンスは、新しい創造力のための混乱の時代だと!

第一章 闘争の宿命を負う者
宿敵としての親子兄弟(斎藤道三・義竜他)
斎藤道三・義竜親子である!! 何故道三は息子を憎んだのか??
当時は長子相続が原則ではない??
お家騒動は当たり前である??  信長も弟を殺している!!
武田信玄は父を追放し、息子を自害に追い込んでいる!!
義信の妻は今川から来ている? 今川は義元が死に衰退している!!

良くも悪くも、そう言う時代である??
この時代、女性が被害者であったわけではない!!
日本は妻の夫の刺殺が少ないと言う??

覇者の子(織田信雄・信孝)
信長が死んだ時、信雄24歳、信孝20歳と言う!
しかし母親の出自により後から生まれた信雄が次男になった!
信雄は永禄元年(1558年)、信孝は永禄元年(1558年)の生年で同じ歳だと思うが………
家康の息子も同様だが、二代目は勘違いする!!
自分の力で成り立っていると!
この二人は勝家と家康に担がれた??
勝利すれば無用の存在という事が分からない!!
「鷹が鳶を産んでいる」
信孝は自害させられる!!!
信雄は5万石とごますりで72歳の町名を誇った???
心の底からの臆病者だと!!!


第二章 闘争世界の敗者
一匹狼に徹しなかった者(イル‐モロ、斎藤道三)
「自分以外のあらゆる他人、兄弟、父母、妻子といえどすべて敵だ!真にたよりするのは自分自身だけだ」
ミラノのロドヴィコ・イル・モロ! 
ダ・ヴィンチの保護者である!
懸命に声をあげなければ聞こえないほどの距離が無ければ、外部の人間と会わない!
用心深い??? が最後に他人を信じた?? そして裏切られる??

斎藤道三である!!
現在は、国盗り物語は、親子二代によるものとされている!!
道三と信長の正徳寺の会見前、その軍備を見ずに信長を見た!!
組み易しと思ったが、考えが甘かった!!
人間の評価なんて、見る人間が見なければ分からない!!
道三はその見る目がある!! 道三の負けである!!
晩年、長男義竜を嫌い、次男三男を取り立てようとした!!
義竜は相当な人物である!!
この道三は最後に梟雄ぶりを失った???
信長との会見が会見の負けが尾を引いている???

最後の賭けをためらう者(サヴォナーラ)
ドミニコ派の奇怪な修道僧である! フィレンツェを支配している!
自らを「神の意思」と言い、政治を行った!
「神は簡素で禁欲を旨とした」
化粧品、アクセサリー、衣装などの贅沢品から芸術作品を焼いた!
これ見たヴェネツィアの商人が購入を申し出たが無理!!
ボッティチェリ、サヴォナーラに脅されて自分の絵画を焼いた??
残っている作品が少ないのはそのせいと言う!!
フランチェスコ派とドニミコ派の対立がある!
炎の中をくぐりぬけて、生き残った方が正しいと!!
決闘裁判か?????
これにサヴォナーラが怖気ついた?? 一瞬のためらいが勝負を決める?? 負けである!!
「絶対とも思われる危機に自らの意思で対決し、それを乗り越えたものにのみ、神の恩恵が与えられる!
 危機を乗り越えたもののみが、個人的な才幹を備えたものとして、はじめて人を指導できる資格をうる!」

覇者の出自にこだわる者(佐々成政・滝川一益)
柴田勝家、佐々成政、滝川一益………
秀吉を認めなかった??
勝家は織田家筆頭であり、秀吉には光秀を討たれている!
ここで差が付いているが、やりようによっては挽回できる??

一度裏切った人間は何度でも裏切る!!
佐々成政は、柴田勝家に付き、織田信雄に付き、越中で反抗した!
許されて熊本の一揆で結局腹を切らされる!!
滝川一益は信長亡き後、関東で負け落ち目になる!! 
勝家について行こうとしたが、ついてくる武将も折らずに消えていった?
両者共秀吉に殺されていただろう!!
裏切り者は許されない!!
覇者が倒れて、後継者の争いが起こると、有力者が数人出て二人に絞られる!
最後に残ったものが成りあがりものであると、全覇者の血筋に側近は滅ぼされる!!
時期を誤らないことである!!

欠点のない者(蒲生氏郷)
好きな武将である!! 関ケ原の合戦時まで生きていたら面白い存在だった!!
反家康である!!
著者も厳しい! 関ケ原で土壇場で裏切った脇坂安治を、つばでも吐き掛けたいと!
細川親子は遊泳術の名手であると?? 藤堂高虎を家康に対して必死で幇間を務めた男だと!!

進退出所に誤まりなく、勇武剛直で、才知にも恵まれている!
が、その人材性ゆえ倒さる………
それが蒲生氏郷と言う!!
秀吉が恐れたのか?? 毒殺のうわさがあるがそんな事すれば反乱になる!
毒殺は石田三成、直江兼続共謀である!
蒲生氏郷亡き後120万石を18万石に落とされている!
がこの時の蒲生家浪人を石田三成は抱えている!!
関ケ原では奮迅の活躍をしている!!

秀吉の嫉妬がある 名門の出である氏郷にである!
妹を側室に差し出すが、妻は信長の妹で美しくこれも狙われる!!
120万石から18万石に落としたのは悪意があると!!

本能寺の変後の、ふるまいは見事という!
利休の高弟であり、教養と誠実さ、能力のある人間は悲惨な生涯をおくらねばならない???

慈悲心のある者(高山右近)
昔から果たして武将としての実力はどうなのかと思っていた??
キリシタン大名であることは知っている!
武功は???
荒木村重を裏切っている! 山崎の合戦、賤ヶ岳の合戦と大して活躍していない!
それよりガラの悪い中川清秀の方が活躍している!!

高山右近は主殺しである! 何処までかは分からない!!
そこで荒木村重に仕えている???
荒木村重叛乱時は村重を裏切り、本能寺の変後は光秀を裏切っている!
慈悲心と言うより臆病なだけではないかと思うが………

マキャベリの名言!!
「愛されるより、恐れられよ」
「君主の善行は、悪行と同じく人の憎悪を招く」
「慈悲を与えすぎてはならぬ」
「人は小さな迫害には抗しえても大なる迫害には抗し得ない」
「君主が慈悲、寛大などの徳行をもつことはよい! 
 だが絶対に必要なのは、持っているように見せかけることである」

武勲をたてすぎた者(ヴァレンシュタイン)
ルネサンスは傭兵の時代である!! 都市も戦争している??
日本では堺がそうである??
その気になれば傭兵隊長は領主になれる!!
ミラノはフランチェスコ・スフォルツァーを雇う!
これが人望も勝ち取りミラノを乗っとる??

シエナの街ではある武将を雇っていた!!
この武将に報いるのに、殺して守護神としてあがめようと!!
マキャベリ言う!
「大功をたてた将軍は、謀反を企てていると思われることを覚悟せねばならない!
 勝や否や直ぐに軍隊を離れて単身君主のの元身を投げかけて忠誠を尽くせ、
 それが出来ないのなら断固として謀反せよ! 中途半端なグズグズが一番悪い!!」

ヴァレンシュタインが登場する!! 銭は設けている!!!
当然、グスタフ・アドルフもである!
傭兵である! 兵を養っている!!  戦いは続けなければならない!!
30年戦争と言ってもずっと戦っているわけではない!!
罷免もあれているし、逆にグスタフ・アドルフよも組もうとする!!
最後は刺客に倒れるが………

自己の世界に徹する者(千利休)
利休については評価は立場による???
あまり良く書かれない場合は生臭い!!
良く書くのはお茶などの自分が一般人と違うと感じている人間か??
芸術は大衆のものでモ君主のものではない! 特殊なエリートだけの秘蔵品か??

そもそも茶器の値段は?? 誰が決めるのか???
「はてなの茶碗」 漏れる茶碗が1000両????
かなりええ加減である!
利休は自分で茶器を作り、自分で値段を決めて儲ける??
利休は秀吉を見下していた????
天下人より自分の方が上であると???? 何が??

性に執着する者(ルクレツィアとその夫たち)
少し衝撃的な内容である!
チェザレ・ボルジア!!  毒を使う?? 真っ白な粉末ですぐ水に溶ける!!
妹ルクレツィアの政略結婚!
14歳 ミラノ城主の御曹司 ジョヴァンニ  離婚になるが処女とされる!
次は小姓で、ボルジア自ら殺す! この場合は妊娠しているがまだ処女である!
ナポリ王の庶子アルフォンソ!  どうも毒殺のようだ??
フェララ大候国の当主、アルフォンソ一世!
理由があるのかここで四男一女をもうけて周期な運命をたどる………
当時の女性としてベルギーの農民の女性は、一生に3度しか風呂に入らない??

ここから日本の話になる!!  
まずは信玄の側室の座御寮人である!!  著者は由布姫としている??
勝頼の母である………  悲劇的な女性である!

お市の方である!!
浅井長政、柴田勝家と二人の夫を敗死させている!
三人の娘がいる!
長女は淀殿
三女がお達、後の小督の片!
淀殿は大阪落城で死ぬ!! 秀頼の妻の千姫を産む!
千姫も落城後はそれほど幸せでは無かった??? 秀頼、本多忠刻、坂崎出羽守らがどう思ったか??
2度の結婚後、秀忠に嫁ぐ? 側室を持たせなかったので有名である!!
攻略結婚も楽しんでいる???

秀吉である! 成田氏長がいる! 
忍城の城主で小田原にいた!! 没落して小山で美しい女性に伽させた!
成田氏長の妹である! 氏長に三万石を与える!!
「一人の妖女がわずか一、二寝の間に三万石を進呈する」
そりゃまともに秀吉のために働こうと言う人間はいない???

大阪落城で死んだ毛利勝永がいる!!  土佐から脱出して大阪城に入る!
ここらあたりは、司馬遼太郎が詳しい!!
一人大阪城へ入城すれば残された妻と子供がどうなるのか??
妻が後押しし、大阪城へ入城する!! 妻も子供と入城したようだが………

後発地域にいた者(武田信玄・勝頼)
先進地域  近畿とその周辺
中進地域  瀬戸内沿岸、北陸、中部
交信地域  その他??? 関東甲信越、東北、九州
中進地帯が有利だという! 実際に信長、秀吉、家康は中部である!!
武田信玄は後進地域である!!
不利である!!
後進地域の領主はとびぬけた能力がいる!
神がかり的な能力が必要である!!
信玄は易、信心や禅僧の示唆など必要とする!!
詩文に優れて、中国古典にも通じている! 画筆も習っている!
無駄な教養であり、時間の無駄か???
信玄の敵は同じ後進国が多い! 越後の上杉に、小田原北條!!
織田信長は桶狭間の合戦時、信心深い兵のために貨幣を張り合わせて全部同じ面が出たと!!

先進地域は合理的な能力で良い!
信玄は三方ヶ原で挫折する???
勝頼は長篠の合戦で成算があった???
三千丁、三段構えののことが書かれているが、これは現在では問題視されている!
後進地域の有利さもある?? 

先進地域にいた者(松永久秀)
先進地域、京を制するにしても潰しあいをしている!!
三好、筒井らである!!
松永久秀である!! この男、先が見えすぎるのではないか??
同情はしないし、好きなことをやった人生である!!
先進地域ゆえの先を見る目がある??
有名な、奈良の大仏を焼いた? 将軍足利義輝を殺した?
主家を乗っ取った? 常人なら一つも無しえぬことを3つもやった!!
これは褒め言葉か?????

裏切り癖がある?? 信玄、謙信に呼応して裏切るが上手くいかない!
最後は切腹したとあるが、爆殺では無かったのか????
松永久秀に関しては、戸部新十郎が詳しいと思うが………

ある勝者(黒田孝高)
題名が意味深である!! ある勝者????
智謀はある!!
荒木村重の反乱で幽閉される?
本能寺の変がある!! タイミング的には申し分ない時期である!!
が本人に人望が無いのを自覚していない??
孝高や三成同様である???
ここでにんまりと笑った???
信長の部下ではたかが知れているが、秀吉になればもっと貰えると!!
その後はゴマすりに徹している??
そうしなければ生き残れなかった???


敗者の条件・会田雄次

 

 

2019年12月22日 (日)

テレビドラマ・オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~ シーズン1 エピソード40~48 2011年 トルコ  U=NEXT

Photo_20191217162001


エジプトから戻ったイブラヒムはハティジェと再会し流産したことを知る………
ベネチア大使が来る!  被害の補償は払うが、税金は払えと!!
回復したレオにヒュッレムは、自分との恋を忘れるよう手紙を書いた………
金貨も渡すが見られている………
このドラマ、スパイだらけである!!
女同士の争いは無用な挑発がある!!
それだけに少しの変化も見逃さない………
ヒュッレムVSマヒデブラン!!!
ヒュッレムは子供を3人産んでいる!
なのにスレイマンが他の女に走るのを責める!! ハティジェ皇女付きの侍女・サドゥカである!!
寝室まで行って女の存在の確認を行う! 執念である!!!

赴任地での暴政と悪行を訴えられて、裁かれたスレイマンの義弟フェルハトは制裁を受ける………
一度は許されたが……… 皇帝としては当たり前である!!
この妹も、夫の悪行を知らなかったのか??
ハティジェは言われる!  「いつか貴方も夫が殺されたら分かると!」
何年後かに分かる…………

マヒデブランからヒュッレムの情報を流すよう命じられたニギャール女官長はごまかしている??
可愛そうである!!  板挟みに疲れたと!!!

新しい側女たちがハレムに送られてきている! こう言うのは美人揃いである!!
軍政官の貢ぎ物である美しいロシア女性が美しい!!!
ヒュッレムは自分がそうだったので敏感である!!!!
実際に皇帝に仕えると聞き、心中穏やかでない………
この女にスレイマンを取られる……… そう思ってしまう………
しかしヒュッレムは諦めない!!
女の戦いはまだまだ続く………

ヒュッレムは短刀を手にスレイマン皇帝の寝所に乗り込む!!!
ロシア人側女を宮殿から追い出さないなら自分が出ていくと!!
おっぱいがでかいだけの女である?????
皇帝は激怒する!!! またマヒデブランは喜び、ヒュッレムを挑発する!!
どちらがアホなのか?? 
片方が喜べば、片方が落ち込む!!
勝った方は挑発する!! あほらしい?????
こうなるとスレイマン大帝も名君だったのか??????

宮殿ではベネチア元首の息子・アルヴィーゼが皇帝に謁見する………
聡明さと豊富な知識で皇帝の信頼を勝ち得る………
ベネチアの元首の息子だがオスマントルコに協力し、イスラムに改宗する!!
後の話か????? 塩野七生が書いていたが………

二人の皇太子も自分がサルタンになると………
母親がそう言う風に教育している????
親の態度が伝染していると!!!
ヒュッレムはごちそうと金貨で側女たちを味方につけている!!!
現状ではヒュッレムが勝っている?????

イブラヒムは夢を見る!!!!
処刑される夢である?? ヒュッレムが笑っている………
実際は奴隷に斬られるが………

実際の行動に出る人間もいる!!
もっとも確かなのは、ヒュッレムが死ねばこの騒動は終わる………
ヒュッレムが狙われる!!
皇子・セリムと流血しているギュルニハルが見つかる!
ヒュッレムは自分が狙われたと!!!
一番怪しいのはマヒデブランになるが………
マヒデブランの頭の悪さが分かる!!!
事情を殴りつけ顔を晴らして追い出す!!
この侍女も考えない?? 自分に疑いが来るのは分っているにやる??
マヒデブランが妊娠したと言いふらした………
あさはかなオンである!!!!!
ギュルニハルは、一命を取り留めるが………
犯人探しが始まるが………

ベネチア元首の息子・アルヴィーゼは皇帝やイブラヒム大宰相と親交を深める………
オスマン帝国の外交顧問に就任する! 自分の力を発揮するのはベネチアでは無く、オスマントルコだと!!
当時は英邁な君主が多い???
敵の敵は味方???  合従連衡………
アルヴィーゼはオスマントルコの外交を担当する!!!
フランスはオスマン帝国に助けを求め、ハンガリー・ラヨシュ2世はバチカンに応援を請う………
この時、ベネチアは???

イブラヒムはレオからヒュッレムに宛てた手紙を見つける!!!
イブラヒムはヒュッレムに「お前を蹴落としてやる」と言われている………
ヒュッレムを葬るチャンスだと考え、あえて手紙を届けさせる??
出て行く前に、最後に会いたいと!!! 

ベネチア元首の息子・アルヴィーゼとその妹を招いた夕食会が、開かれる!!
妹はイブラヒムは浮気をしないとの事を信じない!
ヒュッレムはレオに会いに行かない!! 
レオは逮捕される!!!
レオはヒュッレムとの関係を問いただされる!!
しかしヒュッレムを救うためと言われて真実を話す………
ヒュッレムは、イブラヒムが何かを気づいていると察する………
イブラヒムVSヒュッレム!!!!!
シーズン2へ続くである!!!!


長いドラマだ!! シーズン3で219話で終わるのか???
まず、戦闘シーンんは今一である!
トルコの人も飽きるのではないか???
えらく楽しめました!!!

 

2019年12月21日 (土)

テレビドラマ・オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~ シーズン1 エピソード21~39 2011年 トルコ  U=NEXT

Photo_20191217162001

エピソード21~39
ロードス島は帝国領になる!
祈りの最中にスレイマンは狙われる!
イブラヒムが救うが、負傷する!
凱旋帰国になる………
ヒュッレムは女のを生む!
このドラマ女が恐ろしい!!!!
力もない!  あるのは皇帝に繋がる血筋と、子供を産み育てれるだけである!!

ヒュッレム(メルイェム・ウゼルリ)    奴隷で皇妃になる!
  頼るは皇太子の母!! 皇太子が死ねば追放か??? 平気で嘘を言い、裏切る!!
マヒデブラン(ヌール・アイサン)     現皇妃
  ヒュッレムを殺そうとする!! 劣勢気味で、皇帝の愛も無い!!
ハフサ・アイシェ(ネバハット・チェフレ) スレイマンの母后
  一番まともである???
ハティジェ(セルマ・エルゲチュ)     スレイマンの妹
  ヒュッレムに要らんことを言って見透かされる!!
  死にたいと言って、死にきれない!
  自分の為に回りがどれほど迷惑をかけているか分からない!
  自分が不幸だと、そればかり思っている!
  ヒュッレムにマヒデブランは間違っているが戦っている??
  早くイブラヒムを諦めろと!!!!

10_20191217163101

女の争い!!!
ヒュッレムは皇帝が自分のところに来ると思っている!!
料理を作り待っている!  自信過剰である!!
お召がかかったのはマヒデブラン!!
両者は浴室で身体を清める!!
鉢合せである!!!!
どちらも自信満々である!!! マヒデブランの方が裏付けがあるので強い!!!

9_20191217163101

ヒュッレムVSマヒデブラン………
ハーレムなんて、足の引っ張り合いである!!
何処もそうなのか!!! 日本も中国も、ヨーロッパもか?????
イブラヒムはスレイマンに手紙を残し故郷に帰る!
ハティジェへの思いを書く!
故郷に戻り父と兄に会う!
スレイマンから帰還命令が来る!
死を覚悟している!!
がスレイマンは大人物である!!
結婚を許す!!!

8_20191217163001

13_20191217163001

ハーレムでは殺人事件が発生している! ヒュッレムと敵対しているアイシエである!!
殺したのはハンガリーからの刺客である!!
だいたいこの女がお側にいること自体おかしい…………
一抹の疑問があるが……… ヒュッレムは追放である!!
胸が大きい……… 誰にでもすがる………
マヒデブランはアホの極地か??
直ぐにわざわざ挑発する…………
ヒュッレムは誰にでも助けを求め、頭を下げる!
全然可愛くない女である!!

追放になるが、無罪と思う人間もいる…………
ヒュッレムのかっての恋人がやって来る???
母后は娘ハティジェに泣かれて、亭主が処刑されるところを助ける!
追放されたヒュッレムのもとへ大宰相・イブラヒムが訪ねてきる!!
イブラヒムは宮殿へ戻るための条件を提示する!!!
マヒデブラン妃に服従せよと!
ヒュッレムは、毅然とした態度でこれを蹴る!!
意地になっている!!
ヒュッレムの子供が泣き止まずに、ハティジェが子供をヒュッレムのところに照れて行く!
ハティジェは調子にのっている!!
翌日の宴会で、ヒュッレムはひれ伏す…………
何時か自分にひれ伏させる…………

ハンガリーの刺客サドゥカは疑われている!
大部屋に移される………
スレイマンは神聖な木曜日をマヒデブラン妃ではなくヒュッレムと過ごす………
またややこしくなる………
母后は、皇女・ハティジェとイブラヒムの結婚後に住む屋敷を下見にヒュッレムを連れて行く!!
トプカプ宮殿では母后が、サドゥカを皇帝の元に差し出す!!
命を狙っていたが、皇子が溺れて騒ぎになり皇帝の暗殺は未遂に終わる………
ハーレムでは皇帝妃・マヒデブラン懐妊のニュースが流れる………
侍女が先走る……… やり過ぎである!!

ヒュッレムのかっての恋人レムは、
イブラヒムの屋敷で絵を描きながらも行方知れずのヒュッレムに想いを馳せる………
レオは宮殿の庭園で皇帝の肖像画を描き始めるが、ヒュッレムが気になる1!
レオはずっと捜し続けていた婚約者が今やオスマン帝国の皇帝妃・ヒュッレムだと知る………
ヒュッレムの産んだ新皇子の命名式に、マヒデブランは出席する………
マヒデブランは皇子の数より、誰がサルタンに成るかだと言い放つ!!

イブラヒム邸で、レオとヒュッレムはついに対面を果たすが、驚きのあまり呼吸困難になる………
その後、ヒュッレムは人目を避けて宮殿に来たレオと少し言葉を交わすが………
エジプトで反乱が起きたとの一報を受け、スレイマン皇帝はイブラヒムに制圧を命じる!
女の戦い!!
ハティジェが出て行った部屋がある! 良い部屋である!!!
母后がマヒデブランに与える約束をしていたが、ヒュッレムが皇帝に頼んで横取りする!!!
レオはスレイマンとヒュッレムの肖像画が描く!
複雑な気持ちである………
ハティジェが懐妊する………
マヒデブランは負け続けている!
が後宮女官・ニギャールに「ヒュッレムの行動を報告しなければ殺す」と脅す!!
イブラヒムの屋敷で密会したヒュッレムとレオは、互いに心情を語りあうが、
サドゥカに見られる???
トプカプ宮殿では後宮女官・ニギャールが、マヒデブラン妃から
「ヒュッレムの行動を報告しなければ殺す」と脅されていた。
エジプトでは反乱は簡単に収束し、その後の政治である!!
イブラヒムは大宰相である!! 早く終わらして帰りたい!!!
しかし帝都では精鋭軍団・イェニチェリが決起する!
知っている話では不満がある時、食堂のテーブルをひっくり返す!!

14世紀から19世紀の初頭まで存在したオスマン帝国の常備歩兵軍団で、
スプーンをシンボルにしていたことが知られている!
常備軍団カプクルの中核をなし、火器で武装した最精鋭であった! 
トルコ語でイェニは「新しい」、チェリは「兵隊」を意味する!

皇女達はイェニチェリの反乱でイブラヒムの屋敷に身を寄せる………
屋敷の地下へ逃げる途中、レオが重傷を負い、ハティジェ階段を踏み外し転落づる………
いわゆる内戦であるが、クーデターではない!
自分達が政権を取るつもりでは無いようだが………
反乱は終わる!!!!


2019年12月12日 (木)

本・日米開戦と情報戦(2016/11)・森山 優

Photo_20191205172601


エリートたちはなぜ最悪の決定を選んだのか。
1日に20通以上の外交暗号を解読しあう熾烈な日米英インテリジェンス戦争。
ローズヴェルト、チャーチルら指導者が生の情報に触れることで強まる対日対決姿勢。
松岡洋右外相に翻弄され、陸軍・海軍内の組織利害対立で指導力を発揮できない
日本の中枢部―戦争に至る不毛な現実を描く、
決定版!

著者の本は最近読みだした!!
意思決定、菊澤 研宗の合理的に失敗する????
考えた末に悪い方向へと行く!!
内容は下記の通りである!!

はじめに
序 章 日米はなぜ戦ったのか
第一章 政策決定とインテリジェンス
第二章 「南進」と「国策」
第三章 独ソ開戦と南部仏印進駐
第四章 対立の深化から破局へ
結 論 誰が情報戦の勝利者だったか
年表
あとがき


はじめに
真珠湾陰謀説??? 名言だと思ったのはレイテ沖海戦の栗田健夫の撤退がある!!
この批判に対して「栗田と同様の立場に立ったものが審判者たる資格を持つ!!」
ウィンストン・チャーチル!!
後世の歴が分かっているものは何でも言える???
批判は難しい………
が、無謀な戦争に向かったのは何故なのか???

序 章 日米はなぜ戦ったのか
アメリカと日本はなぜ戦ったのか??
アメリカは日本に対して東アジアの門戸開放・機会均等原則と、
日本の「東亜新秩序」の対決である???
しかしアメリカの理想は中南米ぐらいで世界の何処にもない??
日英、日中には具体的な争点があった??
これが日米は具体的な争点がなかった???
原則論、イデオロギーの争いである!!!
南部仏印進駐が直接の動機になる!!
「自存自衛」
平和的に資源は入手困難なので、それを取るための戦争でした??
「自存自衛」の考えはドイツ勝利による南進熱がある!!
そもそもドイツが勝利していなければ、南仏進駐はあり得なかった!
アメリカは歴史上からも国情からも自国から戦争することはないと!!
自存自衛と大東亜共栄圏には隔たりがある!!

第一章 政策決定とインテリジェンス
佐藤優によれば、情報機関、インテリジェンスは国力に比例する!
当時の日本のインテリジェンスも相当なものだった!
日米とも相手の暗号を解読していた!!
どうして情報を手に入れるのか??
スパイ活動
暗号解読
公開情報
わざと偽の情報を流す!! イギリスが得意なのか?
死体に情報を持たせる???

歴史は勝者の歴史でもある!
情報戦に負けた方は、生命の危機になる! その為に記録は焼却されている!
日本は暗号解読されていて、ミッドウエーで負け、山本五十六襲撃などの結果がある!
負けっぱなしみたいに感じるが………
真珠湾陰謀説は信じられるか??
もし分かっていたら出撃した時点で軍艦は外へ出し、戦闘機で迎え撃てばよい!
真珠湾を犠牲にすることはない!!
陰謀説は成り立たないのではないか???
                    
第二章 「南進」と「国策」
1、「南進」の「決定」をめぐる政治過程
中国戦線が泥沼化している時期に、ドイツの勝利がある!!
イギリスも屈服するのは目の前だと!!
これに便乗しようとした???
第二次近衛内閣である!! 松岡洋右が外務大臣である!
イギリス本土崩壊と言う現実に東南アジアの利権も確保したい!
日支満だけではなく!!
国策が変わる!!
国策と言っても、南進か? 北進か??
中国をどうするかである??
好機南方武力行使!!
5月15日から1週間にわたり対米戦争の図上演習がある!!
これによりもって1年半、甘く見て2年、短期決戦の見込みはなく、
南方の資源の輸送も確保できるかどうかわからない????
ここ図上演習はどうやったのか? 何処で戦ったのかが分からない!!
が、ドイツ勝利で「南進論」が渦巻く!!
1940年9月、北部仏印進駐が平和裏に始まる!
フランスとの交渉は済んでいる!
ところが陸軍は武力進駐を考える!!
これに海軍は怒り置き去りにする!!!
富永恭次の名前がある!!
9月27日、三国同盟締結!!!
これは日本に何の恩恵ももたらさない!!!

ローズベルト大統領は東南アジアを攻撃されても戦争にならない!
フィリピンもどうなるか分からない!
そう言う判断がある!!
戦争が長引けば日本は謝りをおかし戦争になるだろう!!

日本の南進も、資源確保? 日中戦争を優位に運ぶため?
陸軍内部も対立がある!! 穏健派と強硬派である!!
南進は英蘭との戦争か? 蘭印だけなのか???
要は決定的なものはない………

2、ドイツからの情報  オートメドン号事件
1940年11月、イギリス商船オートメドン号がドイツに拿捕されて、重要な情報が手に入る!
① 現状では極東に艦隊を派遣することは不可能
② 日本はシンガポール攻略を望んでいる
③ ヨーロッパ情勢がはっきりするまで、日米のあからさまな対立はあり得ない
④ アメリカとの軍事協力を促進するために日本とのあからさまな対立は避ける
⑤ 艦隊が欠如しているために国益に対する被害を防ぐことは出来ない
⑥ 現状日本が、仏印、タイを攻撃しても我慢する
あと戦争になったらどうするか?? 対策が書かれている!!
8月段階でのイギリスの認識である!!
日本の国策が変わったようにイギリスも変わる!
正しく情報が利用されたかは不明である!!!

3、タイ仏印国境紛争調停問題と南方策
石川信吾の名前が出て来る!
1940年12月 
① タイとの友好条約の批准
② 調停に対するフランス本国の回答促進
③ 2月上旬、バンコク、サイゴンに艦隊を派遣する!
ここらあたりを読んでいると分からなくなる??
英蘭の思惑、アメリカの思惑????
日本の強硬派と穏健派???
「両論併記」 よく分からない???
陸海軍の誰が実権を握っていたのか???

イギリスはアメリカの援助がなければアジアでは持たない??
そのためにアメリカが背後にいると思わせる!!
米英不可分である!!

この時期、武力行使と言うが、本当にやる気だったのか?
流れを読んでいると、戦争をもてあそんでいる感じがする!
イギリスの戦争準備は出来ていない???
シンガポール、マレー半島………
軍備は十分ではないと!!
日本の極めて正確な観察がある!!
一 英米の結合は米が英と心中する程のものにあらず、
二 英の極東危機は英が米を信頼せざるに困る。米の対日協同、英として信頼するに足らざるが如し
実際はどうだったのか???

第三章 独ソ開戦と南部仏印進駐
1、「好機南方武力行使」構想と「対南方施策要綱」
「好機南方武力行使」構想は海軍は消極的である!!
が予算獲得の手段ではある???
日米交渉が、日ソ中立条約を締結した松岡洋右が主導する!
南部仏印進駐と言うものはどうしてもやりたい人間がいる???
松岡洋右も目的のためには手段を択ばない!!
そういう時期に独ソ開戦が始まる………

2、独ソ戦と新「国策の」の決定  7月2日の御前会議
独ソ戦のソ連の領土をどうするのか??
ドイツが勝つと思っている!
「渋柿」 今この時、渋柿でも取りに行く!
「熟柿」 ドイツが勝てば、ほっておいても取れる!
分かり易い例えである!!!
「南北準備陣」
海軍は対ソ戦を警戒するが、陸軍は「渋柿」論である!!
後世の回顧録、日記の引用があるが、本当かなと???
一定方向の南進、北進はあり得ずに複雑に絡み合っている???
1940年5月にオランダは降伏している!
その後も日本は蘭印の現状維持を表明し、貿易量の拡大を図る!
が三国条約で否定的になる!!
海軍に陸軍、外務省は松岡洋右であるが、意見がまちまちである!!
南進、北進、現状維持に拘わらず、仏印とタイは確保したい!!

ハルピン情報?? ソ連の謀略???
極東ソ連軍の西方への移動は日本にかかる圧力を和らげる!
が逆に手薄と思い日本の攻撃を招くかもしれない???
松岡洋右も良く分からない????? 自ら英雄は頭を転向する?????
三国同盟、日ソ中立条約で輝いたが、独ソ開戦で北進、ソ連攻撃を主張する!
ドイツが勝った時のために、日本も血を流していた方が良い!!
あくまでドイツ勝利である!!
英ソ同盟になり、極東に米ソの基地が作られると困る!!
日本は攻撃範囲である!!
海軍は対米英戦には自信があるが、対英米ソ戦には自信がない??
3年目以降は自信がないのではなかったのか??
要は戦争をやりたい人間が多い!!!

対ソ戦の危険性を松岡に石川信吾は私信をおくっている!
① 陸軍の航空兵力が不足しているので海軍航空隊も全力で援助しなければならない
② 米ソ連合空軍が出来る
③ アメリカが太平洋に展開できる兵力は2300機、これらを撃破する確信はあるが、増加する
④ 遠距離爆撃機に爆撃される
⑤ ウラジオストクには70~80隻の潜水艦がいてこの対策に艦を取られる
対ソ戦の愚を並べて、太平洋に不敗体制を作ることを求める???
日本の防空体制の貧弱さは陸軍も認めていて、夜間十数機、昼間二、三十機の爆撃機の数回の爆撃で灰燼に帰す??

「国策要綱」 空き巣ねらい式のもっとも狡い拡張政策であい、侵略思想があった!
これは英米に暗号解読される……… 日本の意図は丸出しである!!!

3、「国策要綱」の影響と南部仏印進駐
戦後公になった三つの資料!
「真珠湾攻撃記録および報告」
「コールデン・ハル回想録」
「真珠湾への道」
国策要綱がどれほどの影響を与えたのか!
暗号解読日から著者は読み解く!!
ハルも回顧録は自己保身もある!!
結論から言えば、これは対日全面禁輸の引き金になったのか??
違うようだ!!!

4、南部仏印進駐と対日全面禁輸
南部仏印進駐に松岡は直接ヴィシー政府と交渉する!
交渉は他国に影響を与える!
南部仏印進駐は、ドイツが承認しその後北進する???
アメリカは北進すると!!
イギリスは北進はないと!!
同じ情報である! 翻訳に微妙な差がある!!
イギリスはヨーロッパにアメリカを参戦させたい!
そのためには我慢する!! 単独で日本と戦えない??
松岡はアメリカと戦争する気はさらさらない!!
そうなると松岡にとっては枢軸路線が頼りになる??
広東電がある??  史実か? 後付けか?
そんな話が多い!!
イギリスもアメリカも日本を追いつめると戦争になりかねないと心配する人間は多い!!

石油の全面禁輸??? これは犯人がいるようだ???
ローズベルト大統領もそこまで考えていなかった??
世論がそれを支持した?? 官僚制のもつれ???
ディーン・アチソン犯人説???
しかしローズベルト大統領が決めたと!!
結局のところ分からない????
日独は不可分か??  英米とは違う???
そういう誤解がある!!
全面禁輸は、北進、南進へのけん制があり、世界の情勢に連動している!!
こう言う時期に関特演??? よくやる!!  対外的に信用されない??

松岡は南印に手を出しても英米は立たないと!!
海軍は中止も考える!!
この時に中止していれば戦争はどうなっていたか???
日米巨頭会談構想が出る!!
この時期「国策要綱」が解読されている! 悪い時期である!
日本は本気で和平を考えているのか??
「ABCD包囲網」 これもややこしい??
全面禁輸を軍は予測していたのか??
陸軍は予測していなかった??  そこまで考えていない!!
海軍は日米開戦の調本人の石川信吾は予測していたと!!
しかし戦後の証言である! 割り引いて考えれば嘘とも考えられる!!
タイミングがずれていたらどうなっていたのか???

第四章 対立の深化から破局へ
1、第三次近衛内閣の崩壊と東条内閣の発足
外交と同時に艦船の戦闘準備人はいる! 整備である!!
近衛文麿とローズベルト大統領の巨頭会談がある!!
海軍が期待し、陸軍が警戒する!!
巨頭会談はアメリカが拒否し、近衛内閣は潰れる!!
後継は東条英機である!!!
イギリスは東条内閣を不吉とした!!!
アメリカは交渉継続を望んでいると判断した!
この時期まで日本の対ソ戦の可能性を探っていた!!
海軍は戦えるのは2年で、3年以降は不明である??
真珠湾攻撃に反対した軍令部は長期不敗の体制を言っている???
矛盾と言う!!
「国策再検討」
戦争は有形無形の国家総力と世界情勢の推移により勝敗は決まる!
有形の国家総力は負けている!!
無形の国家総力、つまり精神力に頼る??
それに世界情勢の変化である! 1942年になっても英本土上陸があると思っている???

甲案、乙案による交渉がある! アメリカはこれを解読している!
しかし誤訳があったようだ………
最終案となれば次に何が来るかは明確である!!
イギリスはこの時期アメリカの言うがままである!!
ドイツ戦に参戦を期待している!
駐日アメリカ、イギリス大使の日本が良く分かっているものの意見を聞かない!!
解読情報に頼る!!
ローズベルト大統領は、英領、蘭印が攻撃されれば介入すると!!
全閣僚が承認した!!!

2、暫定協定案とハル・ノート
コミンテルンの陰謀がある?? この方が分かり易い!!
暫定協定案の目的は時間稼ぎである!
暫定協定案とハル・ノートは、ホワイトが起草した!
・アメリカ海軍の太平洋からの撤退!
・日本の満州からの撤退
・20年を限度とする日米不可侵条約の締結
・中国における治外法権の撤廃
・香港の返還
・排日移民法廃止の議会への請願

ローズベルト大統領の暫定協定案
① 経済関係の回復 禁輸の一部解除
② 日本はこれ以上兵を送らない
③ アメリカがヨーロッパに参戦した場合三国同盟を発動しない
④ 日中会談の橋渡しはするが、アメリカは会議に参加しない
まとまるように感じるが………

暫定協定案の要約!
① 日米とも南東・北東アジア、南太平洋へ軍事的進出しない
② 日本は南部仏印から撤退し、北部仏印の兵力を7月26日現在の規模まで減らす
③ 輸出制限措置の緩和
④ 有効期間は3ヶ月、延長もあり得る!!
これには中国が反対する!!

ハルが暫定協定案を諦めた理由は??
情報漏洩接!
スティムソンの御情報説
アメリカはこれ以上弱みを見せたくなかった???

3、なぜローズヴェルトは奇襲を許したのか
いかに日本に最初の攻撃、一撃をさせるのか??
アメリカは東南アジアに目は向いていた???
三隻の小舟を手配している!
これを攻撃させたい???  おとり???
1931年の演習で真珠湾は日本の攻撃で壊滅している!
真珠湾は空襲に弱い!! これは常識だったようだ………
山本五十六が真珠湾を攻撃する計画のうわさが漏れている??
アメリカはデティールにこだわり全体像を見失った???
真珠湾に警告はされていなく、空襲対策を怠っている!!
陰謀説が出る………

4、なぜ日米交渉は失敗したか
日米間は原則的対立がある!
交渉を日本は自分の都合の良い方にリードしようとした!!
野村大使の問題もある!!
何とか交渉をまとめようとしている!! その為に反対されることを言わずに、改竄もしている??
いろいろ案があるが、もっと早く甲案、乙案を出していれば………
出すタイミングを間違っている!!
どちらも強硬派がいる!
それが最悪の時期にぶつかった??
しかしアメリカもイギリスも日本を舐めていた???
眼鏡をかけた小人か???

今の朝鮮半島との関係に見える!!

結 論 誰が情報戦の勝利者だったか
南部仏印が進駐が戦争を招くと! 幣原 喜重郎である!
外交暗号にも接せずに、外交官としての常識、経験と人脈に頼っている!
グルー駐日アメリカ大使に、クレイギー駐日イギリス大使は警告を発し続けた!!
正しい判断である!
暗号解読に接している担当者は間違い、接しなかった者が正しかった!!
しかし確信を持って行動したのは一部の日米戦必死の宿命論者に確信犯だけである!!

あとがき
「両論併記」に「非決定」
まるで自分が所属して来た組織みたい???
個人的意見だが、すべてが満足する結論はない!!!
それが負ける理由である!!!

日米開戦と情報戦・森山 優

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

古代史 室町時代 幕末 平安時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ スイス スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア スロベニア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベルギー ポルトガル ポーランド ルクセンブルグ ルーマニア ロシア (バルト3国) 中南米 中国 (モンゴル) 中東 台湾 戦国武将(武将) 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  宮本武蔵_  徳川家康 (徳川関連)  明智光秀 大河ドラマ(麒麟が来る)  明智光秀 本  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 大河ドラマ  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 大河ドラマ  黒田官兵衛 本  黒田官兵衛 紀行 おんな城主 直虎 本 おんな城主直虎 大河ドラマ お勧め アート インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート スポーツ テレビ番組 ドラマ ゲーム・オブ・スローンズ ナルト 中央アジア 事件 仕事の悩み 剣客 単なる女好きのおっちゃん 古代文明 名言格言 国内 旅行 坂の上の雲 山本五十六 政治・政局 旅行・地域 昔話 映画 時事 書籍・雑誌 東南アジア 源平合戦 独り言(よもやま話) 神社・仏閣 科学 紹介、情報 落語 講演 軍事博物館 金融

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ