« 本・太平洋戦争への道 1931-1941 ①(2021/7)・半藤一利・加藤陽子/編集保阪正康 | トップページ | 7月19日 高梁市成羽美術館へ »

2023年8月22日 (火)

本・太平洋戦争への道 1931-1941(2021/7) ②・半藤一利・加藤陽子/編集保阪正康

Photo_20230821222701


第五章 三国同盟の締結  1939 第二次世界大戦勃発 - 1940 日独伊三国同盟
第六章 日米交渉の失敗  1941 野村・ハル会談 - 真珠湾攻撃
戦争までの歩みから、私たちが学ぶべき教訓
戦争は暗い顔で近づいて来ない    加藤陽子
命令一つで命を奪った軍事指導者の罪 保阪正康
日本人よ、しっかりと勉強しよう   半藤一利
関連年表
参考文献
おわりに  保阪正康

 

第五章 三国同盟の締結  1939 第二次世界大戦勃発 - 1940 日独伊三国同盟
◆ 個人的な話である!!
ヨーロッパには良く行く!!
そこで泥棒に会ったのは、イタリアとドイツ!!
ドイツではショックだった!!
日独伊三国同盟は何だったんだろう????
そう考えてしまった!!
ただし、親切な人は一杯いた!!!!

◆ 1940年9月  日独伊三国同盟調印!
この時期、バトル・オブ・ブリテンでドイツは負けている!!
半藤一利が書いていたが、この時期ドイツが負けるなんて思うのは、
神の目が必要であると???

イギリス駐在武官は危険性を警告していたようだが………
この同盟は???
◇ ドイツ
アメリカの参戦防止に、独ソ戦の極東でのソ連攻撃!!
日本の海軍力でアメリカを牽制したい!

◇ 日本
どう見ても「バスに乗り遅れるな」である!!
ドイツと同盟を結べば良いことがあると????
ドイツの世界制覇のあとで分け前を貰おうとした!!
オランダ、フランス、イギリスが降伏すると、アジアの植民地が空白になる?
軍事同盟で、貰えるようにしたい!!

国際連盟から脱退して、日独伊三国同盟にすがった???
駐独大使の大島浩!!
問題の男である!!  ナチスの軍人よりナチスらしい??
後に大島情報は、アメリカの戦争遂行に役に立った!!
ヒトラーに直接会える大島浩の情報は貴重だったようだ!!

海軍の、米内、山本、井上のトリオは外に出されている!!

日独伊ソの同盟案が松岡洋右から出されている!!
日本は外交力などあったのか???
結局自分本位の、主観を客観的と思い込もうとする!!
三国同盟はどうしてもアメリカとの対立になる!!
牽制にはならない???

陸軍は、日中戦争がありながら、対ソ戦を考えている??
そこで対米戦まで考える!!
どう見ても無理である!!
三国同盟は日中戦争の解決の位置づけであると!!!

◆ 三国軍事同盟締結は何をもたらしたか???
本気で世界4分を考える!
◇ ドイツ   ヨーロッパ
◇ 日本    東南アジア
◇ ソ連
◇ アメリカ  
イタリアが抜けているが、アフリカか??

牽制どころか、アメリカの参戦の「証文」を作った??
日本は「ノー・リターン・ポイント」を越えた???
あくまでドイツが勝利する!
その前までに何か手を打つ必要がある???
それが同盟締結か???
「ファースト・カム・ファースト・サービス」
早く帰属すれば良い待遇が得られると!!!
しかし上手く行くと思ったことが全部裏目に出た????
日ソ中立条約もである????


◆ 戦間期に成立した「三国同盟」と言う「ねじれ」 保阪正康
◇ 1939年9月1日 第二次世界大戦 ポーランド侵攻で始まる
イギリス、フランスはドイツに参戦する!!
この一週間前に独ソ不可侵条約が結ばれる!!
ソ連もポーランドに攻め込む!!
「敵の敵は味方」
中国を援助している英米の敵はドイツ!!
三国同盟は反対意見もあった!!

中国に80万人の兵を送り込むが、解決しない!!
このためには、英米と戦争を覚悟する!
三国同盟はこのためにあると!!!

中華民国は当初、ドイツが援助していた?
英米は日本をファシズムと断じ、中国への援助はためらわない!!
ドイツは日中の講和を仲介するが………

日本は第一次世界大戦にドイツと対峙した!
が、第二次世界大戦は逆になった!
第一次世界大戦で獲得した権益は、
第二次世界大戦で失う!!

日本陸軍の明治維新後のドイツ陸軍への好意!
親独的な体質がある!!
日露戦争、第一次世界大戦は、イギリスと同盟を結んでいた!
ねじれである!
この研究が必要ではないかと!!!


第六章 日米交渉の失敗  1941 野村・ハル会談 - 真珠湾攻撃
◆ 開戦前には、軍事衝突が起こる可能性がある!!
偶発的なものであるがあり得る!!
陸軍はアメリカに中国への肩入れを止めて欲しい!
海軍は時間稼ぎか???

◆ 日本のお家芸???
交渉中に軍事行動を起こす!!
1941年7月 南部仏印進駐である!
フランスの許可は取ったが………

出て行けば戦争になる!
戦争になると間に合わないから先に出た方が良い!
アメリカは出て来ないだろう??

1941年6月の独ソ開戦!!
以降の日本の選択は??
「熟柿」「渋柿」
北上か??  南下か???
中途半端になる………
どうも慎重に考えていない???
言葉遊びしている???
「対英米戦を辞せず」
アメリカの戦略を考えたのか???
ほとんど主観的な見方で、客観的ではない??

◆ アメリカは??
絶望から戦争を始める国は無い!!!
日本を舐めている!
ハル・ノートで、100%とは言わないが、85%ぐらいで日本は屈服すると!!
しかし、日本を開戦に追い込み、ヨーロッパ戦線に参戦する!
アメリカの世論を動かしたい???
中国からの撤退は日本は飲めない??
陰謀論ではないが、アメリカの手のひらで踊ったのか??

小学生の半藤一利は、小学生であるが、重苦しい空気を感じていた!
アメリカが悪い??
この時点では選択肢は無かった???

◆ 他の選択肢は無かったのか?????
開戦時は日米とも暗号の解読に成功している!!
アメリカが時間稼ぎをしているのも分かっていた???
◇ アメリカの条件は?
・中国のアメリカの権益を毀損しない?
・1920~30年代に戻れと!!
交渉の余地はあったと!!!
有田八郎は、ハル・ノートは交渉の土台だと!!

要求の呑んで、ダラダラと撤退を続ける!!
1941年である!!
ドイツはスターリングラードに負ける!!
こう言うヨーロッパの状況を見ればドイツ頼りも当てにならない??
それが分かってくる!!
が大島浩のように、持ち直し再攻撃と言う意見を報告する外交官もいるはず??
1940年 バトル・オブ・ブリテンでも再攻撃があるとしたが、1年経っても出来なかった!!

◆ 日本の政策決定機構は末期症状だった!
大本営政府連絡会議の構成メンバーは??
・参謀本部  杉山元
・参謀次長  田辺盛武
・軍令部総長 永野修身
・軍令部次長 伊藤整一
・大蔵大臣  賀屋興宣
・外務大臣  東郷茂徳
・海軍大臣  嶋田繁太郎
・首相兼陸軍大臣  東條英機

外務、大蔵大臣以外は軍人であると!!
大局観がなかった??
世界情勢を臨機応変に判断しないで、国内政治の主体間で決まる!
政策決定の判断材料が不備でありながら、開戦を決めた!!

◆ 歴史の因果を背負った日米開戦  保阪正康
アメリカとの関係は一挙にではなく、徐々に悪くなった!!
ドイツ憎しの感情は日本にも向けられる!!

◇ 日米交渉 1940年からである!
日本は??
・満州国の承認
・石油禁止と中国への援助の停止
アメリカは??
・中国からの撤兵
・三国同盟からの離脱

◇ アメリカの世論は参戦忌避である!
これを何とかしたい??
1941年 独ソ戦開始!!
軍人はこの機会に南部仏印へ! 南進論である!!
同時に北進論も叫ばれる!
どちらもドイツの力の利用する!!
関東軍特種演習??
ソ連牽制である!!
日本はビシー政権の了解を得て、南部仏印に進駐する!
が、アメリカは制裁で対応する!!
日本は「交渉反対・即時開戦」
何の成算もない!!!
近衛総理は辞任する!
「そんなに戦争が好きなら、そう言う連中でやればよい」
東條英機は?
「人間、一度は清水の舞台から飛び降りることも必要だ」

◇ 東條英機が思惑の中で首相になる!
海外から見れば、東條英機が戦争を覚悟したと、理解される!!

◇ アメリカは日本をあやす???
日本は中国の権益を守りたい!
ドイツとの同盟離脱は考えられない!!
アメリカは、もう時間がないので早く参戦したい!!
避けれる戦争ではあったと思えるが………


戦争までの歩みから、私たちが学ぶべき教訓
◆ 戦争は暗い顔で近づいて来ない 加藤陽子
国際連盟で日本と敵対する国はない?
中国一国で敵にまわす!
1930年代 日本は中国に日本との経済関係、外交官気の正常化を求めた?
しかし武力を行使した!!
国際関係の秩序や環境の変化を見なかった?
それをしなかったのが教訓である!!

◆ 命令一つで命を奪った軍事指導者の罪 保阪正康
大戦で310万人亡くなったと厚生省は発表する!
実際は500万人である!!
軍事指導者と言えば、ノモンハン事件の軍参謀の人間でない状況が分かる!!
「司馬遼太郎 絶対あくと言うものが存在する」
そんな軍である!!
戦略・戦術だけでなく、総合的に考えて、戦争を避ける努力を行わなければならない!
作戦の鬼??? そんなものあるわけがない!!
人命を命令一つでうばことの重みを身に付ける指導者が生まれて欲しいと!!

◆ 日本人よ、しっかりと勉強しよう   半藤一利
不勉強だと!!
ヒトラーを知らず、スターリン、ルーズベルト、チャーチルも知らない!
中国通??
俺にまかせろ????
そう言う人間は何時もいる!!
が絶対にあてにならない人間である!!
現在の日本も同じである!!
もっと勉強して欲しいと!!!


関連年表

参考文献

おわりに 保阪正康
日本学術会議で拒否された加藤陽子である!!
巻き添えか?? 本命か??
◇ 半藤一利  半藤史観
庶民の側に立って、わかりやすく、軍事国家礼賛の表現は用いない!!

各章の解説は保阪正康が一人で書いた!!
半藤一利に、保阪正康のファンである??
本も良く読ましてもらっているが、考えることが多い!!
まだまだ頑張って欲しかったが!!!!!

 

太平洋戦争への道 1931-1941 ②・半藤一利・加藤陽子/編集保阪正康

 

« 本・太平洋戦争への道 1931-1941 ①(2021/7)・半藤一利・加藤陽子/編集保阪正康 | トップページ | 7月19日 高梁市成羽美術館へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

ドイツ」カテゴリの記事

ロシア (バルト3国 コーカサス ウクライナ)」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

朝鮮半島」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

山本五十六(第二次世界大戦前から)」カテゴリの記事

アジア (インド・東南アジア)」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・太平洋戦争への道 1931-1941 ①(2021/7)・半藤一利・加藤陽子/編集保阪正康 | トップページ | 7月19日 高梁市成羽美術館へ »

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ