« 本・「司馬遼太郎」で学ぶ日本史(2017/5)・磯田道史 | トップページ | 本・「失敗」の日本史 ①(2021/3)・本郷和人 »

2022年10月 4日 (火)

本・完全読解 司馬遼太郎『坂の上の雲』(2022/3)・佐藤優・片山杜秀

Photo_20220923203901

月刊「文藝春秋」2021年1月号から5月号にかけて短期集中連載された
「司馬遼太郎『坂の上の雲』大講義」に、
新たに書き下ろしたコラム、人物事典、関連年表、詳細な脚注などを追加
昭和の「国民文学」と呼ばれた司馬氏の代表作を、
令和の読者も楽しめるように完全読解した決定版
筆者の佐藤優氏と片山杜秀氏は、現代きっての読書人
歴史への洞察も深い
この両者が丁々発止、司馬作品に切り込んでいく
平成以来、沈滞を続ける日本社会に、もう一度、明治の清新な風を吹き込む1冊です
これから『坂の上の雲』を読もうという読者はもちろん、
何度も読んだという読者にも、新鮮な作りになっています
本書を読んだ後、書棚からもう一度、『坂の上の雲』を取り出してみてはどうでしょうか
明治が、昭和が、そして近代日本の姿が甦ってくることでしょう

 

明治日本はいかにして国家存亡の危機を克服したのか
「国民文学」と呼ばれた司馬遼太郎『坂の上の雲』には
このままではアジアの中堅国になりかねない日本の停滞を打ち破るヒントが隠されている
現代最強の読書人が読み解く、近代日本の活力の源泉
附録・『坂の上の雲』主要人物事典、司馬遼太郎『坂の上の雲』年表

 

個人的には司馬遼太郎のファンである!
戦国時代に、幕末は司馬遼太郎で学んだ?
それが間違いなのか?
高校生の時に、親父の本棚にあったので読んだ!
メチャメチャ面白かった!
今となっては短編の方が印象に残っている!
日露戦争は「要塞」を読んでビックリしたことを覚えて入れ!
本当かなと???
「坂の上の雲」は興奮である!
後に、半藤一利により、事実と違っている子も分かった………
が、人物描写にかけては第一人者ではないか?
司馬遼太郎が書いていたが、作家として許される想像力!!
内容は下記の通りである!!

 

まえがき  佐藤優
序 章 今なぜ『坂の上の雲』を読み直すのか 
    「エリート」と「大衆」が分断された今こそ、世代を超えて読み継ぐべき「国民文学」の意義
第一章 乃木希典と東郷平八郎 
    「乃木将軍」は「愚将」だったのか? 「海軍=合理的」「陸軍=非合理的」説は本当か?
第二章 夏目漱石と正岡子規 
    漱石と子規は、秋山真之とともに「近代日本語の創設者」だった
第三章 明石元二郎と広瀬武夫 
    日露戦争の「情報戦」で活躍した二人から見える“日本のインテリジェンス”
第四章 日清・日露戦争と朝鮮半島 
    あえて「翻訳しない」が日韓関係を解きほぐす鍵になる
あとがき  片山杜秀
司馬遼太郎『坂の上の雲』年表 東谷暁
『坂の上の雲』主要人物事典  河崎貴一

 


まえがき  佐藤優
日本は構造的危機にある!
自覚した時には最終段階である??
経済と教育については、20年後にはアジアの中堅国になると!!
ここで重要なのは過去の歴史に学ぶことだと!!
「坂の上の雲」である!!

 

序 章 今なぜ『坂の上の雲』を読み直すのか 
「エリート」と「大衆」が分断された今こそ、世代を超えて読み継ぐべき「国民文学」の意義
「まことに小さな国が、開花期をむかえようとしている」
司馬遼太郎が自分で書いていたが、主人公に著名人を選ばずに、
秋山兄弟、正岡子規を選んだと!
伊予松山である!
この小説は1968年、終戦から23年経って書かれた!
司馬遼太郎で知っていること!!!

◇ 司馬遼太郎は戦争体験が避けれない!
半藤一利が書いていたが、ノモンハンの三悪人??
・五味川純平
・司馬遼太郎
・半藤一利
この三人が、負けた負けたと言うので、負けたことになっている!!

◇ 戦車兵であり、37mm砲を打っている!
これは手動で動くが、75mm砲なんかだともう油圧である!!
技術力が必要である!!
戦車の装甲は特殊鋼でやすりがかからない?
実際かからなかったようだが、終戦前にその感覚をもう一度感じたいと思い、
かけてみたらかかった???? ショックだったようだ!
終戦前に関東に配属される!!
その時、上官に質問した兵がいたようだ!
「上陸した敵軍を迎え撃つのに避難して来る日本国民に遭遇したどうする」
「ひき殺して進め」
そりゃ嫌になるはずである!!
これがトラウマになっている?????

戦争で軍への不信感がある!
ノモンハン事件で日本の軍人で、元亀天正の武器で戦った!
後に絶交された???
瀬島龍三と談笑していたから????
精神力をどう思うか??

司馬遼太郎の本、坂の上の雲も出てくるが、兵とは??
賤ヶ岳7本槍の加藤嘉明である!
伊予松山を領した!
秋山兄弟も親しんだ??
兵とは、真面目な兵が良い!
命令を順守する!!
豪傑はいざとなれば頼りない???
そう言う話を書いている!!

前置きが長い!! 個人的なものだが…………

片山杜秀は、小学校で司馬遼太郎を読んだ??
ちょっとおかしいんちゃうか??
そうは言っても最近は本自体読まれていないようだ!!
確かに海音寺潮五郎、山岡荘八らは読みにくい!

バブル以降は、不正規、バイトが「会社に縛られない」
と言うことでもてはやされたが「騙されていた」と?
「自由」ではなく「捨てられていた」

作品の時代背景に「冷戦構造」がある!
情報が遮断され、明治のロシアの脅威と、ソ連の脅威は同じか?

外務省にいた時、「坂の上の雲」は最初に読むなと教えた!
間違うと言うより勘違いする??
特に明石元二郎の活躍である!
とは言っても外務省に入るぐらいの人間は読んでいるのでは??
逆にロシアの日本専門家はこれを読む!
間違いがあるにしろ「明治以来の日本人のロシア観」を知る、最良のテキストだと!
「日露戦争時ロシアは国家として無能だった」
と言うストーリーはロシアにとっても好都合だった?
現在は帝政ロシアに明石元二郎についての実証研究が進んでいる!

司馬遼太郎は諜報が好き?
・梟の城  ただこれは信条の本か??
葛籠重蔵 己を操ることに生きた
豊臣秀吉 他人を操り天下人になった?

作品がある!
・ペルシャの幻術師 草原の記 モンゴルである!
「遊牧民族的な小規模で柔軟な組織」が理想!
・夏草の賦  島としての土佐 
・覇王の家  個人的には好きであるが、つまらないと??
・国盗り物語 今は斎藤道三の国盗りは親子二代で成し遂げた?

下剋上の世界が好み??
・菜の花の沖
・燃えよ剣 新撰組血風録
・伊東博文、山県有朋の一代記は書かない
・日露戦争までが自由に書けた???

個人的だが、司馬遼太郎が書いているのだから信じれる?
そう言うところはある!
乃木神話は崩壊した???
間違いなく司馬遼太郎が書いてそうなった!
その反面、児玉源太郎や各司令官が知られる!
・黒木為楨
・奥保鞏
・野津道貫
・立見尚文
最初の朝鮮上陸に黒木為楨を持って来る! 猛将か??
当時の陸軍は悪くは書かない!
書くのは昭和陸軍、統帥権である!!

「世代間のギャップ」
「坂の上の雲」は、ギャップを埋める最高の共通言語になる!!

 

佐藤優のインテリジェンス・アイ①
「学ぶことの楽しさ」を取り戻そう
日本学術会議の任命拒否で、国民は政府に対して寛容であった!
そりゃあ、あの暴力団みたいな憲法学者に、幹部を見ていると、
誰も支持しない!
それに国民の教育に対する反感があると!

著者の本を読んでいると、知らない話を紹介してくれる!
例えば「アルバニア ホッジャ」
在任中、50万以上のトーチカが建設され、
1970年代には核戦争を想定して大型核シェルターが建設された、
農業や教育を重視して識字率を5%から98%に改善し、
食糧の自給も達成し、国民を飢えさせることは無かった!
こんなことは著者の本しか書いていないのではないか??

15世紀 チェコ フス派にタボール派がある!
タボール山に、難攻不落の要塞を造りカトリック十字軍を撃退する!
高度な技術を持ち、共産制をしき、私的所有を超克した、
モラルの高い高度国防国家を築く!
ただ、教育を否定した!
終末が近い? 教師は悪魔の手先だ!
結局一代で滅びる!
教育の重要さから見れば、今の日本もそれに近い??
学ばなくなった国家に未来は無いと!


片山杜秀の歴史家の目①
郷土が人を育てた時代
郷土意識! 甲子園の高校の郷土意識である??
明治政府はナンバースクールをつくる!
・一高 東京
・三高 京都
・四高 金沢
・五高 熊本
・六高 岡山
・七高 鹿児島
・八高 名古屋
仙台に二高を持って来る! 大阪の優先度は低い??
これが東北に人材を育てたと!
新選組も多摩の百姓であると!!
伊予松山に秋山好古は晩年帰る………
郷土とのつながりが重要だと!

 

第一章 乃木希典と東郷平八郎 
「乃木将軍」は“愚将”だったのか?「海軍=合理的」「陸軍=非合理的」説は本当か?
「海軍=合理的 善玉」
「陸軍=非合理的 悪玉」

戦争映画! 白襷隊??
メチャメチャであるが………
この非情さが「ガタルカナル」「特攻」「ひめゆりの塔」に繋がる?
乃木愚将論には、司馬遼太郎の戦車兵の体験があると思うが?
児玉源太郎を褒める! 褒め過ぎる!!
日本は軍師が重要である???
日露戦争の軍司令官!
・黒木為楨
・奥保鞏
・野津道貫
・乃木希典
この内参謀が居なくても戦争出来るのは、奥保鞏だけだと!
つまり乃木も参謀が良ければ何とかなった??
あれだけ死傷者を出しても、統率は出来ていた!
無能とこき下ろされたのが伊地知幸介!!
砲弾が足りないと!!
203高地を落し旅順港の砲撃の監視所にしたい!
が乃木司令部は要塞そのものを攻略しようとした!
これは司馬遼太郎の影響が大きい!
要塞を落とすのには砲弾が必要である!
足りないのは大本営の責任だと!
ただ大本営も28センチ榴弾砲を投入している………
工兵が活躍した!!

日本は確認は出来ないが、旅順港を碁盤の目のようにして、
順次砲弾をぶち込んだようだ!
艦船の補修も効かずに、砲弾を受け艦隊として機能していない!
が、その時は分からない??
「白兵突撃」は資源のない国では効率的だと!
佐藤優が評価する「菊澤研宗」である!
普仏戦争で突撃は時代遅れと言われたが、日露戦争で再評価された!
現実に日本は物量では勝てないことが分かっている?
白兵主義? 精神主義??
持てない国が持てるようにする??
・皇道派 荒木貞夫、小幡敏四郎 持たざる国のまま
・統制派 永田鉄山、石原莞爾  持てる国にする

もっとも神がかった精神主義者 中柴末純!
「戦陣訓」の解説者!

高校生の時に、教科書で「こころ」が出ていた!
心惹かれて本を買って読んだ!!
乃木希典が殉死し、「こころ」でテキスト化した??

東郷元帥は生き残った!
本来ならなれるはずがなかった、連合艦隊司令長官になった!
「運が良い」
日高荘之丞がなる予定である!
中央の命令に従う司令官が欲しい??
もっとも日露開戦前に、帰化の艦隊を入港させる!
ロシアの艦船がいたのにである!
山本権兵衛が呆れたた! 蛮勇しかないのか?

東郷元帥は老害にしかならない??
軍縮会議でも担ぎ出されている?
対米比率7割の根拠は??
実際太平洋戦争勃発時は、対米比率7割を切る状況だった!
ほぼ7割あった!!

ロシアは防衛戦争に強い!!
逆に侵略戦争に弱い???
アフガ二スタン、プラハの春??
ジョージア侵攻、チェチェンには勝っているが???
では、ウクライナは??

海軍は「博打性」がある??
が、司馬遼太郎は「非合理的な陸軍」「合理的な海軍」を、
その技量によって決定付けた!
国民の戦争として読ませたと!!

旅順の日本軍の投入兵力は延べ13万名、死傷者は約6万名!!
普通なら軍の機能は果たさない??


佐藤優のインテリジェンス・アイ②
ロシア人の日本人観はこうして作られる
ロシアの日本専門家の読む本
・更級日記
・玉勝間  本居宣長  【知らない】
・谷崎潤一郎
小説を読む力が付く!!
坂の上の雲は必読書で、歪んだロシア観を学ぶ!

東西冷戦でのソ連は?
・敵として
・先生として  ボルシェビキに従え
理解が不十分だと!!
一般のロシア人は、安部公房を読む!
が今はアニメぐらいで日本理解は薄くなって来ていると!!


片山杜秀の歴史家の目②
乃木と児玉のもうひとつの顔
乃木希典は間違っていない!!
要塞攻略法は、火力による!
旅順攻撃は海軍の要望である!
目的は旅順艦隊の撃滅である!
要塞攻略ではない! 観測所として203高地を攻略して欲しい!
ここらは本当のことは分からない!

児玉源太郎は有能である!
旅順攻略の影響はどんなものだったのか??
色々説があるが、司馬遼太郎を信じたい!
陸軍幼年学校を改革した!
旧制の中学である! その時から教育する改革を行った!
世間知らずの狭く凝り固まった人間になる?
純粋に培養した軍人をつくるようになる???

 

第二章 夏目漱石と正岡子規 
漱石と子規は、秋山真之とともに「近代日本語の創設者」だった
司馬遼太郎は上手いと!!
早々に正岡子規は死ぬ!
後継は漱石か??
書こうとして書けなかったこと、書かなかったことがある!
「日本語論」
軍隊の中で、近代日本語つくったのは秋山真之だと!!
日本に来たメッケル参謀少佐は、曖昧な表現を止めさせた!
どちらともとれる意味の言葉は使わない!
秋山真之は、「指令」は具体的であらねばならない!
「言葉の定義のほか、命令の書き方、報告の統一など細かく決める」
陸軍のマニュアルにも、
「トラックに乗るとき、どの係が座るのか決めてある」

子規は「俳句」だけでなく「日記」まで募集している??
子規は新聞人??
その新聞で活躍したのが、漱石!
国民作家である!!
東京帝国大学にいれば安泰なのに、辞めて朝日新聞に入社した!

司馬遼太郎は「宗教」を正面から扱わない!
通俗道徳を相手にしていない
新教宗教を「理解不能な奇妙なもの」と見ている!!

【文学的素養が無いので、この章は分かり難い】


佐藤優のインテリジェンス・アイ③
夏目漱石の朝日嫌い
権威嫌い、反骨精神がある!
「三四郎」で名古屋で女性と出会う場面があるが、
新聞社に名古屋の地名を入れるためのエピソードだと!
漱石は生粋の江戸っ子である!
新聞に依存しているところがある!!
反骨精神は相当ある!!


片山杜秀の歴史家の目③
戦争映画でたどる「明治百年」の雰囲気
・1967年 日本の一番長い日
・明治100年 連合艦隊司令長官 山本五十六
・その翌年  日本海大海戦
太平洋戦争より日露戦争を描きたくなる???

 

第三章 明石元二郎と広瀬武夫 
日露戦争の“情報戦”で活躍した二人から見える“日本のインテリジェンス
佐藤優言う!
インテリジェンスは国力に比例する!!
明石元二郎と広瀬武夫は何をしたか??
・明石元二郎  陸軍 諜報の神様か?
・広瀬武夫   軍神 旅順港封鎖で船を沈めて港を閉塞する 戦死
どちらも諜報、情報収集に活躍した!
明石元二郎については過大評価か??
背が低く、風貌や服装がむさくるしい!
自分で工作を記録したが検証は出来ない!
佐藤優が言っているが、レーニンに会ってはいない??
自慢話になる???

広瀬武夫はロシアに恋人がいた??
ロシアで軍港などを見ている!!
文才がある!
坂の上の雲では、誰もやりたくないロシア語を専攻し、
ロシアに派遣された??
モテたそうであるが………

要は正反対だと??
明石は莫大な資金を与えられたので成果を出さなければならない!
その為に腹も多少はあったかも???

インテリジェンスの考え方!!
・テクネー 技術  CIA
・アート  芸術  MI6
ロシアとイスラエルは折衷型だと!
日本は特務式?
機関長がやりたいことが出来る!
中野学校もそうである!

・イアン・フレミング的な夢のあるスパイ物=司馬遼太郎
・ジュン・ル・カレ的な冷酷で非情で夢のないスパイ物=村山知義

司馬遼太郎の忍者もの?
「梟の城」「風神の門」
坂の上の雲は忍者小説の延長上だと!

上意下達型の厳格組織の「裁量権のない忍者」
赤旗連載の「村山知義 忍びの者」
赤旗と言うのが面白いが………

佐藤優は中野学校出身者から情報を取り入れている!
映画はかなり忠実だと!
「組織に頼らない自助」
敗北必至となると、ゲリラ戦の準備をする!
守るべきは我が民族だと!!


佐藤優のインテリジェンス・アイ④
戦後も生き続けた陸軍中野学校
中野学校は本土でのゲリラ戦を想定して二俣分校をつくる!
諜報員をどうするか、かなり綿密な計画を立てた!
ただし戦後のことは闇に消える………
戦後のフィクサー末次一郎の話もあるが………
小渕恵三のおじが中野学校でである!
外の世界を見ておけと言われて、学生の時世界一周旅行に出かけた!
佐藤優は小渕恵三は優れた情報感覚を持っていたと!!


片山杜秀の歴史家の目④
二つの明石ブームの世相を考える
昭和5年 ロンドン軍縮会議で統帥権が問題になる!
軍部独走になる!!
この時に、明石ブームが起こる!

昭和41年 二回目のブームが起こる
「市川雷蔵 陸軍中野学校」
「勝新太郎 兵隊やくざ」
「テレビ・ドラマ コンバット」
「映画 バルジ大作戦」

ベストセラー
「小泉信三 海軍主計大尉小泉信吉」
「阿川弘之 山本五十六」

坂の上の雲に向かう………

 

第㈣章 日清・日露戦争と朝鮮半島 
あえて“翻訳しない”が日韓関係を解きほぐす鍵になる
古来半島国家は維持が難しい!
白村江の戦の時代から、朝鮮半島にかかわるとろくなことがない??
日清・日露戦争はえら迷惑であると!
ただこの時期は、国内の治安を維持出来ていなかったと?
・極悪人   帝国主義丸出しの植民地獲得
・正義の騎士 混乱を収めに行った?? 

日清戦争は朝鮮半島が原因だと!!
日本にとっては朝鮮半島が安全のクッションになる!
つまりウクライナと同じである?
地政学的リスクである??

朝鮮、モンゴルは兄弟国か??
日本の東国武士は、朝鮮半島からの渡来人に由来すると!!
騎馬民族である?
西国は、南の農業中心の定住文化の影響を受けている!

・京の公家の「総髪文化」
・東国武士の「月代文化」 モンゴルの「弁髪文化」が原点?

満州族の清に屈服さされた中国より、
李氏朝鮮は自国こそ正統な中華文化の継承者だと??

・忠 君主に対する忠義 日本、中国
・孝 親に対する孝行  韓国
科挙も世襲ではなく、皇帝に対する忠を重んじる!
渤海???
高句麗の後継国家で重要のようだ??

坂の上の雲の執筆時は冷戦下である!
韓国は島であった!
が現在は半島化していると!!

「翻訳の政治」
言葉で相手に分からせる?
翻訳こそが重要だと!!
「朝鮮通信使」
・日本は朝鮮の「朝貢」とした
・朝鮮は日本を「夷狄」とし監視する手段
翻訳しないでお互いに都合のよい解釈をして、収める??
竹島も、棚上げ、翻訳しないで解決を図ったが、
植民地支配の経験者が少なくなると、翻訳の必要が出てくると!
「植民地統治された側の気持ちはよく分かる」
上から目線で無責任化??
歴史の共同研究は、ナショナリズ、旧宗主国、旧植民地がある限り幻想に過ぎないと!!


佐藤優のインテリジェンス・アイ⑤
「中道の人」司馬遼太郎
強者と弱者!
話が進まない???
司馬遼太郎には「自分の道」がしっかりあった!
「中道」 右でも左でもない!
だから、朝日新聞、産経新聞に連載できた???


片山杜秀の歴史家の目⑤
司馬遼太郎が書かなかったこと
イディオロギーが強いものを書かなかった!
若くして、志半ばで死んだ人間を描く!
青春小説か??
石田三成も若くして死ぬ!
未完の成長小説ゆえ長く読み継がれていると??

 

あとがき  片山杜秀
司馬遼太郎を読むと元気になる??
日本人はなぜ同じ坂を上がり続けれなくなったのか??
その謎解きの旅だったと!!


司馬遼太郎『坂の上の雲』年表 東谷暁


『坂の上の雲』主要人物事典  河崎貴一
膨大な関係者である!!

 


完全読解 司馬遼太郎『坂の上の雲』・佐藤優・片山杜秀

 

« 本・「司馬遼太郎」で学ぶ日本史(2017/5)・磯田道史 | トップページ | 本・「失敗」の日本史 ①(2021/3)・本郷和人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

坂の上の雲(明治維新から第一次世界大戦後まで)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・「司馬遼太郎」で学ぶ日本史(2017/5)・磯田道史 | トップページ | 本・「失敗」の日本史 ①(2021/3)・本郷和人 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ