« 本・歴史の遺訓に学ぶ (日本を拓いた偉人たち) (2016/3)・堺屋太一・渡部昇一 | トップページ | 本・歴史は人を育てる ②(2011/9)・渡部昇一 »

2022年6月10日 (金)

本・歴史は人を育てる ①(2011/9)・渡部昇一

Photo_20220818222601


「十八史略」には中国5000年の歴史、4517人の登場人物、その治乱興亡と喜怒哀楽のすべてが凝縮されている。
今日私たちが使用する格言、諺や熟語の多くが、中国大陸の歴史(十八の歴史書)のエッセンスを一冊にまとめた書
『十八史略』に起源を持つ。
この『十八史略』は、江戸時代の藩校では漢学の教科書としても用いられ、
日本人の教養の背骨を形づくる上でも重要な役割を果たしてきた。
渡部昇一氏が、独特の卓抜な解釈を加えながら『十八史略』を読み説き、
人生の指針となる101の名言としてまとめたもの。
名君や名参謀、武将たちの言行に学びながら、人生の節目を支える言葉を得るには格好の一冊といえる。
また、精神を「大人として成熟させる」ための書、さらには漢文の入門書としてもお薦めしたい。


「十八史略」は親父の本棚にあった!! 学生時代に開いてみて親父を尊敬した!!
この本は、著者が101にまとめてくれている!
良く知っている名言格言もある!
読んでいて楽しい!! ①②③に分けて紹介する!!
内容は下記の通りである!!


まえがき
序『十八史略』と日本人
第1章  聖人君子の時代 【古代国家の名君たち】
第2章  勝者と敗者 【呉越の戦い】
第3章  知恵者たち 【春秋戦国の群像】
第4章  強者対弱者 生き残りの戦略
第5章  逆転の発想【先ず隗より始めよ】


第6章  野望の行方【項羽と劉邦】
第7章  適材適所の妙【漢の治世】
第8章  天下を治める方法【洪武帝言行力】
第9章  勇者たち【漢を支えた名将列伝】
第10章  三国志の人間学【曹操・孫権・劉備の生き方】
第11章  天才参謀の処世訓【諸葛孔明の大局観】


第12章  創業と守成【大唐の誕生と衰退】
第13章  文と武【宋という時代】
第14章  『十八史略』の教訓【宋の人間ドラマ】
第15章  歴史は人を育てる【『十八史略』を人生に生かす】
あとがき


まえがき
英語学の先生が、漢文に親しんでいる!!
漢字ばかり並んでいて投げ出したくなるが………
それでも興味はあり続けた??
日本人が幼稚になったのは、漢文を読まなくなったから????

序『十八史略』と日本人
親父の本棚にあった!!!  十八史略とは???
史記、漢書、後漢書、三国志、晋書、宋書、南斉書、梁書、陳書、北魏書、
北斎書、周書、南史、北史、隋書、唐書、五代史、宋史の十八史!!
101に分けてくれている! 大変有り難い!!

第1章  聖人君子の時代 【古代国家の名君たち】
1  鼓腹撃壌  
強力なリーダーの必要のない世の中こそ幸せである
堯舜の時代である!!!
おじいさんが、「腹を叩き、地面を打って踊った」
さらに「口に食べ物を頬張り、地面を叩き歌っている」
国民が何の心配もなく暮らせる??  皇帝の存在など感じない!
日本のリーダーシップ不足は乱れた世だからか………

2  家門を過ぐれども入らず  
仕事に熱中するあまり家を顧みない
夏王朝の兎である!!  古代中国は水を制するものが天下を制す!
任務に忙しく、家にも帰らない????
治水と言えば、信玄も有名である!
支配者は治水に苦労している!!
江戸時代の木曽川の薩摩の苦労もある!!

3  吾が争う所は、衆人の恥じる所なり  
人の振り見て、我が振り直す
周王朝は高い文明をつくった??
周王・西白に仲裁を頼んだ小国二国がある!
周に来て自分達の争いは、周の人が恥ていることである!!
それを見て西伯に会わずに帰国したようだ………
「吾が争う所は、衆人の恥じる所なり」
人の振り見て、我が振り直す!! 個人的によく言われた言葉である!!!

4  周の栗を食らわず  
悪い王様でも王様には違いない
殷の紂王と周の武王の争い!
武王の父が亡くなるが戦いに行く!!
兄弟が制止するが、放免して戦いに行く!
結果武王は勝つが、兄弟は恥じて餓死する???
悪い王様でも王様には違いない????
『君、君たらざれば、臣、臣たらず』なのか???

5  一沐に三たび髪を握り、一飯に三たび哺を吐く  
有能な人材を得るための日常的な心がけ
魯の周公の教えである!!
人集めの注意事項がある
「一沐に三たび髪を握り、一飯に三たび哺を吐く」
身分が高いからと言ってふんぞり返らずに、自分を抑える努力をする!!

第2章  勝者と敗者 【呉越の戦い】
6  臥薪嘗胆  
悔しさを忘れず巻き返しを誓う
呉王の闔閭が越の国を攻める
呉と越の争い!!
呉王闔閭死亡、息子夫差!  越王句践が復讐を誓う
臥薪 夫差が薪に中で寝る! 復讐を果たす!
嘗胆 越王句践は命乞いをする! 「会稽の恥」である!
   熊の肝を舐め復讐を誓い、復讐する!!
有名な話で、これもなんとなく教えられた!!!

7  必ず吾が墓に檟を樹えよ。檟は材となるべきなり。吾が目を抉りて東門に懸けよ
   恨みを災厄によって晴らす
句践の解放に反対した子胥は逆に陥れられる!
自殺する前に言う!!
「必ず吾が墓に檟を樹えよ。檟は材となるべきなり。吾が目を抉りて東門に懸けよ」
檟は成長が早く、棺桶の材料になるので房が死ぬ時の棺桶の材料になる!!
自分の目を抉って東向きの門に掲げよ! 夫差の死を見ることが出来る!
その通りになる!!!
昔の武士は「禍根で恨みを晴らす」 不当な処罰を受けた人の恨みは如何なるののか??

8  興に患難をを共にす可く、興に安楽を共にすべ可らず  
苦を共にできても楽を共にできるとは限らない
句践を助けたのは范蠡である!!
しかし越の国から去ろうとする??
句践とは一緒に苦労できるが、成功した安楽を一緒に受けることは出来ないと!!!
ナチスは成功したら、功労者を切った!!!

9  陶朱猗頓  
天下の大金持ち
范蠡は越を離れている??
しかし行った先で成功している!! 陶の国に行き、陶朱公と名乗る!!
魯の猗頓が金持ちになる方法を范蠡に聞く!!  
そうして金持ちになる!!  猗頓まで大金持ちになった………  
大金持ちを「陶朱猗頓」と言うようになった!!  

10  我を生む者は父母、我を知る者は鮑子(鮑叔)   
いい友人とはどういう人をいうのか
「管鮑の仲」である! 本当に信頼し合っている!!!
鮑叔は管仲を暗殺を企てたのに推薦する!
以降何があっても寒中をかばう??
それが管仲の「我を生む者は父母、我を知る者は鮑子(鮑叔)」となる!!
出来過ぎの話であるが………

11  宋襄之仁  
情けが仇となる
宋の襄公が、楚を征服しようと戦った!
敵の陣が整っていないので攻撃を待ち、結局負けた!
世間は「宋襄之仁」と呼び馬鹿にした??

例が面白い!! 韓国の製鉄所の援助である!!
日本が援助したが韓国は感謝もしない???
今の日韓問題である!! これを「宋襄之仁」に例えている!!


第3章  知恵者たち 【春秋戦国の群像】
12  文事有る者は必ず武備あり  
軍事の裏づけのない外交は弱いものである
魯の定公がいる孔子を抜擢する!!
期待に応えた!!! が進言する!
「文事ある者(良い政治を平和的にやる人)は必ず武備がある!!
こうして武備があり、実際に解決出来た例がある???

日本は平和国家である?? それが北朝鮮の拉致問題で強く出れないと!!
スイス、スウェーデンは重武装中立である!!
朝鮮半島は北も南も、中国、ロシア、アメリカと武装国に日本は囲まれている??

13  杞梓連抱にして数尺の朽有るも、良工は棄てず  
小さな欠点ばかり指摘すると大きな人間は育たない
孔子の孫の子思の逸話!
推薦された人間について、反対された!!
「杞梓連抱にして数尺の朽有るも、良工は棄てず  二卵を以て干城の将を棄つ」
大きな木にも少しぐらい腐ったところがあるが、良い大工は棄てずに良いところを使うものだ!!
たった二個の卵を食べたと言って有能な人間を切り捨てようとしている!!

大物政治家をつくるには、あら探しして小さな事ばかりで責めないと!!
これはマスコミの問題もある!!!

14  孟母三遷(慈母三遷)  
良い教育を行うには良い環境を与えるのが第一である
子供は周りの環境に左右される???
良い学校のそばに引っ越しすると、勉強するようになった!
習う環境が大切だと!! 
出来の悪い子供も何が分からないかを調べて、そこから勉強する!!
そうすれば勉強の方法が分かるものだと!!

15  良賈は深く蔵めて虚しきが若く、君子は成徳ありて容貌愚なるが若し 
   懐の深い人人物は才能や知識をひけらかさない 
老子の話である!!
良い商品は蔵の奥にしまっているので店先には何もないように見える??
君子も高い徳を表に出さないので容貌は愚鈍に見える??
しかし最近は容姿と弁舌で勝負であるようだが………

16  豎子の名を成せり  
権力者が権力なき者に負けた悔しさ
小僧に名を成さしめた????
孫子と龐涓の話である!!
共に学ぶが、龐涓は孫子の才能を恐れる???
魏の龐涓である!! 孫子は足を切られながらも斉に助けられる!
両者は戦うが、孫子が一枚上手である!!
負けた龐涓が「豎子の名を成せり」と言って死ぬ!!

戦後川崎製鉄が巨大な製鉄所をつくろうとした??
反対した日銀総裁は「ペンペン草をはやしてやる」???
成功して、日銀総裁は「豎子の名を成せり」と言ったようだ………

17  孟嘗君客を好む  
無益に見える人でも役に立つ場合がある
孟嘗君である!! 食客が多い!!!
なにか取り柄がある???
それで危機を脱する!!
鶏の鳴き声が上手く、それで逃れた例などがある………
孟嘗君については、「馮驩」の話が好きである!!
ノーベル賞受賞者が言う、研究の大切さ!!
人もそうだが、何か役に立つ時が来ると!!!!

18  智伯は国士もて我を遇す。我故に国士をもて之に報ず  
立派な人間として扱うと立派な人間として報いてくれる
趙の襄子が漢魏と共に智伯を攻めた!
智伯の頭蓋骨は漆を塗って酒を飲む器にした?? 信長と同じか??
智伯の家来に豫譲 がいる! 襄子を暗殺しようとする!!
失敗するが以前仕えた主君が殺されても何もせずに、智伯の時に暗殺した訳は??
その時は普通の人として仕えた! 智伯は国士として扱ってくれたからだと!!
許されて、再度暗殺を図るが、失敗して殺される!!
「智伯は国士もて我を遇す。我故に国士をもて之に報ず」である!!

第4章  強者対弱者 生き残りの戦略
19  寧ろ鶏口と為るとも牛後と為ること無れ  
小さくともトップでいるほうがいい
大好きな合従連衡論である!!!
蘇秦、張儀である!! トップクラスの説客である!!
蘇秦については「揣摩の術」がある! 
強すぎる秦に対してどう対応するのか??
斉・楚・韓・趙・魏・燕の6か国をまとめて秦に対抗する!!
合従論である!!! 秦に対して縦のつながりを持つ!!
この時に、各国の王を説得するのに使った!!
「寧ろ鶏口と為るとも牛後と為ること無れ」
良く分かる例えである!!!

これに対して張儀が連衡論を唱える!! 横の連衡である!!
パックス秦である! 秦支配化の平和である!
NHKスペシャル 秦の始皇帝は大好きである!!!


20  我をして洛陽負廓の田二頃有らしめば、豈能く六国の相印を佩びんや  
何ももっていないからこそ頑張れる
蘇秦である!! 鬼谷先生に学んだ!!
仕官の口も無く、皆に馬鹿にされた!
6か国の宰相になり故郷に錦を飾る!!
誰も以前のことがありまともに見れない??
が蘇秦は言う!!
「我をして洛陽負廓の田二頃有らしめば、豈能く六国の相印を佩びんや」  
要は、何ももっていないからこそ頑張れる!!
そう言う事のようだ!!!

21  我が舌を視よ。尚り在りや否や  
「必ず名誉挽回してみせる」という気迫のひとこと
張儀である!! 蘇秦と同じく鬼谷先生に学んだ!!
遊説に出て辱められる!!
その時に、「我が舌を視よ。尚り在りや否や」
舌さえあれば、喋れるのならどうにでもなる!!
現に連衡論に成功する!!!

22  連城壁  
十五の城と取り替えてもいいほどの貴重な宝玉
趙の恵文王が楚の「下和の壁」を得る!
はじめただの石ころと思われたが、それが町画だったと気が付く!
趙の恵文王がそれを得る!!!
秦の昭王がそれを欲しがり、「城を十五やるから壁と交換して欲しい」
それほどの宝玉である!!!
又、秦の昭王とのやり取りがある??
「連城の壁の物語」である!!

23  缶を撃って秦声を為さん  
恥をかかせられたままでは終われない
趙の名臣、藺相如である!! 秦の王と越王が会合した!!
秦の王が趙王に「琴を鳴らしてもらいたい」 これは恥であると!!
それに対して、藺相如が秦王に言う!!
「缶を撃って秦の歌を歌っていた欲しい」 
恥をかかせられたら、恥をかかせる???

24  刎頸之交  
真の友ためなら命をかけても後悔しない
藺相如のことわざ!!!
田中角栄と小佐野賢治の間である!!!
藺相如が高い地位についたので、ひがんだ将軍がいる!
将軍があとで後悔して、藺相如に謝り友になる!!
「真の友ためなら命をかけても後悔しない」である!!

第5章  逆転の発想【先ず隗より始めよ】
25  嚢中錐  
立派な人間とは袋の中に入れた錐のようなもの
趙の平原君である!!
楚に救いを求めるのに文武を備えた20人を送る!!
自己推薦した人間がいる!! 毛遂であるこれをメンバーに加えるが馬鹿にしている??
「嚢中錐」である!!
「すぐれた人物は、多くの人の中にいても自然に才能が現れ、目立つものだ」
この章、この毛遂はどうなったのか???

26  公等碌々、所謂人に囚りて事を成す者なり  
能力のある人にぶら下がっているだけの人
毛遂である!! 嚢中錐の章では活躍したようだ……… 
20人いるが役に立たない???
毛遂が条約をまとめ、鶏、馬、犬の血を持って来てすすり合って誓う!!
その時、他の19人に言う!!
「公等碌々、所謂人に囚りて事を成す者なり」
ごろごろして役に立たない? 人の手柄にぶら下がっているだけであると!!

27  安くに往くとして貧賤を得ざらんや  
失うものがないことは何よりの強みである
魏の文侯は田子方を師匠としていた!
息子があいさつしたが礼を返さなかった???
「身分の高い人が驕るのか、身分の賤しい人間が驕るのか」
返事は逆説である???
身分が低いと失うものがないので傲慢になれる!
身分が高いと、失うものがあるから傲慢になれないと!!!

28  吮疽の仁  
部下の心をいかにしてつかむか
衛の呉起である!! 有名である!!
戦場にあっては兵と同じ服を着て、同じものを食べた!
兵で悪性の膿が出ていると吸い出して助けた!!
吮は吸い出すこと!!
疽は悪性の腫物!!
これを聞いた母親が泣いた!!
同じことを父親がされて、感激して戦死した!!!
息子も同じ運命なのか??

29  先ず隗より始めよ  
身近な人間大切にすれば、優れた人間がやってくる
燕の昭王が聞く!!
賢者を集めるにはどうしたらよいのか??
郭隗が返事する!!
まず私から用いよと!!
「先ず隗より始めよ」である!!
しかし誤解する人間も多いのでは………

30  商鞅変法
自らの作った規則によって自らが裁かれてしまう皮肉
秦の孝公の時は、夷狄と呼ばれている!! 野蛮な国である?
新しい法律により国を強くしたい!!
鞅は、民衆には相談する必要はなく、成功したら一緒に楽しめばよいと!!
「結果良ければすべて良し」
厳罰主義で臨み成功する! 法律が多くなる!!
秦は富み、兵は強くなった!!
孝公が亡くなり、恵文王が立つ!!
それにより処刑される!!
自らの作った規則によって自らが裁かれてしまう!!

31  四時の序 功を成す者は去る  
季節の移り変わりと同様に、功ある人にも去るべき時が来る
魏の范雎である!!
「宮城谷昌光・青雲はるかに」の主人公である!!
諫言されて死にそうになった!!
そして秦の昭襄王に仕える!!
「遠交近攻の策」をさずける!!
秦の宰相になり、かって諫言した人間に復讐する………
しかし引き際がある!!………

 

歴史は人を育てる ① ・渡部昇一

 

« 本・歴史の遺訓に学ぶ (日本を拓いた偉人たち) (2016/3)・堺屋太一・渡部昇一 | トップページ | 本・歴史は人を育てる ②(2011/9)・渡部昇一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

名言格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・歴史の遺訓に学ぶ (日本を拓いた偉人たち) (2016/3)・堺屋太一・渡部昇一 | トップページ | 本・歴史は人を育てる ②(2011/9)・渡部昇一 »

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ