« 本・疫病2020 ①(2020/6)・門田隆将 | トップページ | 報道されない忘れられた事件??? »

2022年5月13日 (金)

本・疫病2020 ②(2020/6)・門田隆将

2020_20220819175401


第八章 台湾の完全制御作戦
第九章 リアリストたちの反乱
第十章 「自粛」という名の奮戦
第十一章 武漢病毒研究所
第十二章 混沌政界へ突入
第十三章 中国はどこへ行く
第十四章 未来への教訓
おわりに
特別収録 佐藤正久x門田隆将 日本の敗北はどこから
関連年表
参考文献


第八章 台湾の完全制御作戦
17年前のSARSの経験を生かしたのが台湾だと1
「中国人は必ずマスクを大量購入し、高く売る」
日本とは中国に対する認識が日本とは違う!!

台湾の中国の訪問客1
◆ 一流はヨーロッパに行き大量にブランド品を買う!
◆ 二流は日本に行き、ウオッシュレットとコンドームを買う!
◆ 三流は台湾に来てパイナップルケーキを見上げに買う!
中国は台湾に儲けさせないために、観光客を制限している!
今回それが良い方に作用した………
台湾は「まず実行」し「後で修正」
スピードが優先される!
日本のように、与野党でダラダラしない!

政治はショーである???
見て貰い成果で評価して貰う!
当選すれば良いと言うものでは無い!
マスクも完全に管理した!!

オードリー・タン  異色のITT大臣!
唐鳳! 男性から女性に性転換している!!
マスクの管理を徹底させる!
日本は、兵庫県が100万枚のマスクを、
東京は医療用防護服を20万着中国に送る!
後先考えていない?
武漢からの帰国者で、一人感染していた!
これを助けれる命だと!
日本じゃ迷惑がられる………
野党の原口一博と安住淳がくだらないことをやっている!
「中国も民主主義国家です、彼らも人権を守る姿勢がある」
そりゃ炎上する!!
日本の政治家に台湾から教えを請えと!!

アビガン? 治療薬で安倍総理も早期に使用したい!
が富士フィルムの製造で薬品メーカーではない!
天下り先にならない!
なので厚労省は嫌がらせを行う!
国民の命を守る国と、守れない国がある!!

感染症対策では、日本は自粛頼みである!!
強制力はない? すれば出番とばかりに憲法学者がしゃしゃり出る………
台湾は必要に応じて命令出来るし、憲法の一部を停止できる!!
日本ならさしずめ立憲民主党が言いそうである!
◆ 戦争の足音が聞こえてくる
◆ 次は徴兵制か
◆ 国民の自由と権利を侵すな

しょせん、目立ちがりやの野党では何も出来ない!!
台湾は防疫のための、国民の覚悟がある!!
台湾も影響が出ている!
日本への輸出に「花」がある!
3月4月では輸出出来なかったようだ!!
日本と台湾の「国民の命を守る」意識と体制の違い!
結果は溜息しか出て来ない………


第九章 リアリストたちの反乱
日本の保守陣営は入国禁止できない安倍政権を批判する!
高須克弥、百田尚樹、有本香、石平………
国民を守れない政権に未来はない!!
そうしている中で、各国は日本を感染国として、
「渡航禁止措置」の対象に入れ始める!
内閣支持率も急落する!

経済界の要請に、習近平の国賓来日が、水際対策の失敗になる!
百田尚樹との対談がある1
◆ 速く入国菌にすべきだった!
◆ 中国らの水際対策は、自己申告? ウソを書く!!
◆ インバウンドは日本全体のGDPの1%! これを惜しんで感染を拡大させる!
◆ 野党に比べたら、100倍ましだと!!

野党は相変わらず「桜を見る会」である!
専門家委員会が出来る!
国民へのお願い!
① 発熱などがあれば学校に会社は休む
② 毎日検温して記録する
③ 風邪の症状で37.5℃以上の発熱が4日続くと相談に来て欲しい1
④ 基礎疾患のある人、透析、抗がん剤は相談に?
加藤厚労大臣の無能さを言う!!
嘘つきか??
この時期の政治家は???
◆ 自民党にも森山裕みたいに、野党と気脈を通じている!
◆ 中国と韓国の利益を代弁してきた政治家は嬉々としている!
◆ 加藤厚労大臣を、佐藤正久に変えろと!
◆ 世界の指導者たちは、コロナ対策で支持率をアップさせた!
一人下げているのが安倍総理だと!!

政権内部がまとまっていないようだ??
◆ 菅官房長官との関係がぎくしゃくして来た?
◆ 谷内正太郎が退任した
◆ 今井補佐官が親中でしゃしゃり出てきた!

こう言う状態で、アメリカに、中国が日本と感染国と見なす!
中国である!!
安倍総理は百田尚樹らに意見を聞く!!

媚中派に親中派への忖度!
◆ 各地の姉妹都市のマスク?
◆ 小池知事の医療用防護服を33.6万着を中国へ送る!
◆ 40トンの緊急支援物資航空機

安倍総理は国民に語りかけない!!
封じ込めに成功した中国から、逆に日韓の感染対応を批判される1
一斉休校を決めると、マスコミは一斉に非難する!
効果がない?? 混乱するだけだと!!
著者の嫌味は、マスコミは入国禁止を言わずに、時の政権のみを批判する!!


第十章 「自粛」という名の奮戦
安倍政権の対応の遅れは、習近平の国賓来日に尽きると!
忖度したのは、韓国も同じと言う!
香港弾圧、ウイグル人の人権弾圧、大学教授の拘束、尖閣に侵入!
人類の敵???
習近平が来日すると、また天皇との会見がある!
日本には親中派の政治家、官僚、学者、評論家、経済人、マスコミは、
思っている以上にいる!!
それより面倒を避けたい!
直ぐに不買運動などがある! 反日デモもある!!

安倍政権は中国から入国禁止の日に、ヨーロッパからも禁止にすべきだった!
これはオリンピックが足枷になる!
発想から間違っていたと!!
しかし延期に持ち込んだ!

延期が決まり、ヨーロッパ18カ国から入国禁止にする!
もっと早くすべきだったと!!
ウイルスは変異する!
安倍総理はアビガンにこだわる!
何度も書かれているが、厚労省が認可しない!
富士フィルムだからである!
しかし安倍総理は一度目の退陣の時、アビガンで病気が治る!
この経験があるが、厚労省はかたくなである!

4月7日~5月6日 緊急事態宣言を発令する!
強制力がないのに経済活動は見事に止まる!
自粛である!
交通機関、宿泊設備、飲食店、映画館、劇場が自粛する!
三密??
◆ 密閉空間
◆ 密集場所
◆ 密接場面
各地の祭り、大相撲、学生の大会が中止になる!
医療現場の頑張りが素晴らしかったと!!
「自粛」と言う名の奮戦を続ける………


第十一章 武漢病毒研究所
武漢には「二つの研究所」がある!
ウイルスが漏れた可能性があると!!
① キクガシラコウモリを宿主とするコロナウイルスと遺伝子配合が似ている!
② コウモリは武漢にはいない! 飛んでも来れない??
③ コウモリは市民の食料にされていなく、華南海鮮市場は扱っていない
④ 海鮮市場から280ⅿ離れた「武漢市疾病予防管理センター」はコウモリを補足している!
ここから汚染された「ゴミ」がウイルスの温床になった?
⑤ 「武漢病毒研究所」は、キクガシラコウモリSARSの流行を報告している
⑥ これら2か所の実験室から流出した可能性が高い!!
この論文は消去される!!

コウモリ女と言われる研究者がいる!
難解な解説が並ぶ!
患者から採取された検体が、コウモリコロナウイルスと、
全ゲノムレベルで96%一致する!
コウモリ発生源が高い!
人為的に操作されていると??

当然中国は反論する!
研究所からの流出説が、生物化学兵器になっている!
研究所か? 武漢海鮮市場か??

中国の反撃がある??
「道理を正して、世界が中国に感謝すべきなのだ」
発生源は中国でないかもしれない?
流行は中国であるが………
謝罪する理由などない!!

ここから米中対立になる!
アメリカは「武漢ウイルス」「中国ウイルス」と用いている1
中国の情報隠ぺいを非難する!
拡散させた原因だと!!
中国はアメリカがウイルスを持ち込んだと!
信じられない反論である!!
趙立堅報道官である!
3月になれば、中国は習近平に感謝する教育が始まっている!

中国のアメリカ起源説??
2019年9月18日 世界軍人運動会が行われている!
109ヶ国 9,308人が参加する!
その1カ月前には、コロナ感染の模擬演習が行われている!
11月にさらに緊急体制をとっている1
これから見ると怪しい???
何か隠蔽している??
中国の権力争いの場である???

ここでフランスが出てくる!!
ウイルスは人工的に操作されたものだと!
時計職人が行うような精密なもので、自然には存在しない!
「P4ラボ」 武漢国家生物安全実験室!
これはフランスの協力で出来たと!!
フランスにも反対意見はある!

意外な問題がある!!
中国はヘビにネズミ、コウモリを食べる!
高価である!
実験室で使われると、処理しなければならない!
これは慎重にやらなければならない!
がこれを売る! 処理のお金と売ったお金で儲ける!
高く売れる!!
これは事実である!
研究所も注意がなされずに、無防備と言う???
こんな国に任せていいのか???

中国はヨーロッパとアメリカを敵にまわしている1
◆ オーストラリアはコロナウイルスの調査を要求する!
◆ インドでは訴訟を起こしている!

日本はどうする???
かって天安門事件で天皇を訪中させる!!
世界の非難を浴びる!
中国にすり寄って良いことがあるのか??
無いと!!
経済優先もどうかなと!!
かってない米中対立である!
日本の覚悟は????


第十二章 混沌政界へ突入
創価学会の「絶対権力者」が激怒している!
4月15日 公明党山口代表が安倍総理に迫る!
減収世代への30万円の支給を、国民一人当たり10万円に変更する!
創価学会六代会長 原田稔!!
現在は原田独裁と言う!!
実際に選挙協力をしている!!
原田―安倍のホットライン??
◆ 2018年 名護市長選挙で自ら乗り込み、2千数百票を固めた!
◆ 沖縄知事選でも負けはしたが、乗り込みテコ入れを図った!
◆ 河合案里の選挙も現地入りして、票を掘り起こした?
ギヴ・アンド・テイクか??
公明党は「現世利益」である!
10万支給出来なければ、学会も困る!
元から10万円と主張していた!
自民党は怒りに逆らえない!!
しかし自民党にもこの対応に不満な議員は多い!!

安倍総理はコロナでは失敗も多い!!
◆ 習近平への過度な忖度!
◆ 中国からの入国禁止
◆ 経済対策の失敗
◆ アベノマスク???

世界各国は国民に援助を与えている!
◆ スペイン 休業補償として賃金の100%
◆ 香港  一人14万円
◆ 韓国  85,000円
◆ イギリス 給与の最大80%を3ヶ月
岸田政調会長の失敗と言う!!
岸田も国民の期待に応えられる政治家ではなかった??

コロナは二人の総理候補を殺したと!!
加藤厚労相、岸田政調会長………
菅官房長官は二階俊博と近い!
これを安倍総理は警戒している!

◆ 石破茂  自派で20人の推薦人が出ない
◆ 菅官房長官で、次期総理は決まった!
二階俊博が協力している!
選挙に勝てるならだれでもよい???
2021年9月では、岸田、河野、高市、野田の争いである!
菅総理は河野氏支持!
安倍元総理は高市氏支持!

岸田氏は、しぶとく生き残っている!


第十三章 中国はどこへ行く
中国の対応は??
まずは何も分からない??
輸血で対応する?? 回復期の患者は抗体があると??
薬は5種類ある!
何よりの薬は、人の流れを止めたことである!!
中国では病気には金がかかる!
今回は全て国が面倒見た!!
現在は逆にウイルスが入って来るのを恐れている??

コロナで中国にもたらしたものは??
国民の動きを全て管理した!
政府に逆らうようなことは出来ないと!!
北朝鮮より自由が無くなったと!!

中国はへまをすれば失脚である1
湖北省と武漢市の共産党書記が失脚する!
中国人は監視を受け入れて、欧米への反発を強めている!
今までのように、アメリカやヨーロッパの顔色を見ないといけないのか?
香港に甘すぎる!
アメリカは自由である!!
でもコロナであれだけの人間が死んでいる?
命がない自由なんかいらないと!!
実際に留学しているが引き上げた人も多いようだ………

日本は論外か???
気にされていない???
中国は、自由に人権を経験していない!
その為に戦う人を理解出来ないと!!


第十四章 未来への教訓
日本の対応は、欧米からは批判されている!
と言っても死者数はけた違いに少ない!!
強制力が無く、自粛である!
不思議でならないと!!
◆ 衛生観念が発達している!
◆ 責任感に満ちた医療従事者がいる!
◆ 清潔である!

海外から見た日本の成功は?
◆ 他人を思いやる気持ちが強い文化
◆ 握手をしない風土
◆ 衛生意識の高さ

現場力がある!!
◆ 福島でも逃げ出さずに最後まで現場に踏みとどまった!
◆ 大震災でも略奪と暴動が起こらなかった!

5月25日 緊急事態宣言解除!
これは始まりに過ぎなかった………
感染をコントロールしながらどう実施するか考える!
少しづつ、段階的に実施していく!
勝利したのは政府ではなく、国民であると!!
自由、民主主義、基本的人権、法の支配と言う価値観を堅持する!

この時期から5次に渡る、緊急事態宣言が発令されている!
阪神大震災で、村山内閣が、初めての経験だからこんなもんだと!
何も学んでいないのか??
感染症もSARSにMERSがあった!
この状況は分かっている!
ここから何も学んでいないのか???
緊急事態宣言のたびに文句が多く出る!!

情報、心構え、ノウハウ、信念もない!
武漢からの航空便も質問票で検温も何もしなかった?
安倍総理も危機管理に強いと言われていたが………
日本は現場力が頼りである?
真の専門家による、緊急時に集まり対策できる組織は必要だと!!
日本の「奇妙な成功」は、たまたまか???
そう思った方が良い感じであるが………


おわりに
著者は中国が好きだった??
が、天安門事件以降、別の国になった!
中国に対しては、日本の統治機構と霞が関官僚の問題がある!
国民の命を守るのか???
政治家、官僚、省庁、企業はこれまでにない、情ない姿をさらしたと!!
医療問題の解説者には、感謝の気持ちがある!
普通の人には理解出来ない???


特別収録 佐藤正久x門田隆将 日本の敗北はどこから
テレビに出過ぎと思えるが………
論客なんだろう………
自衛隊には化学、生物、放射性物質、核、爆発物の対処策、
CBRNEと言う考え方がある!!
多くの国は軍が前面に出てくる?

台湾は成功する!
日本との差は政治家の意識の差か??
京都出身の国会議員から、落ち着けとたしなめられた?
京都は観光で成り立っている! 入国禁止にしたら大変だと!!
誰か? どうも立憲の福山議員のようだ!

今回は、安倍政権のインバウンドが原因??
日本は法的根拠がないのに自粛させた!
何かあれば憲法学者が騒ぎ、補償問題になる1!
今回の教訓が生かされなければ、日本はどうなるのか??


関連年表


参考文献

 

疫病2020 ②・門田隆将

 

« 本・疫病2020 ①(2020/6)・門田隆将 | トップページ | 報道されない忘れられた事件??? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

朝鮮半島」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

中南米」カテゴリの記事

アジア (インド・東南アジア)」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・疫病2020 ①(2020/6)・門田隆将 | トップページ | 報道されない忘れられた事件??? »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ