« 本・鳴かずのカッコウ(2021/2)・手嶋龍一 | トップページ | 本・佐藤優の裏読み! 国際関係論 ①(2021/7)・佐藤優 »

2021年12月 7日 (火)

本・謎とき日本近現代史(1998/8)・野島博之

Photo_20211207074001


正しい歴史観をみがくための9つの「なぜ?」
関東軍は、なぜ1930年代の初頭に満州事変をひきおこしたのか?
もともと侵略性があったとの解説は、歴史上の説明に仕えるが、
運命論者以外の人の説得には役だたない!
組織的な軍隊が中央の命令もないまま行動するには、
少なくとも現場の指揮官に、十分な動機と高いレヴェルの決意が必要なはずです!
日本の戦争がもたらした惨禍を考えれば、到底、関東軍の行動を称賛、
全面的に正当化は出来ない!


佐藤優の推薦である!
日本学術会議で拒否された、加藤陽子と夫婦である!
読んでいて大変面白い? こう言う見方もあるのかと!
内容は下記の通りである!!


はじめに
第一の問い 日本はなぜ植民地にならなかったか
第二の問い 武士はなぜみずからの特権を放棄したか
第三の問い 明治憲法下の内閣はなぜ短命だったか
第四の問い 戦前の政党はなぜ急成長し転落したか
第五の問い 日本はなぜワシントン体制をうけいれたか
第六の問い 井上財政はなぜ「失敗」したか
第七の問い 関東軍はなぜ暴走したか
第八の問い 天皇はなぜ戦犯にならなかったか
第九の問い 高度経済成長はなぜ持続したか
おわりに
関連年表


はじめに
著者は予備校で日本史を教えている!
教え方は上手いのだろう!
歴史は暗記物と言われている!
歴史に対する問いの、答えは色々ある!
数学ではない!! 答えは一つではない!!
問う方の、考え方、能力が問題になる!
歴史がつまらないのは、教科書に原因がある!!
そうかもしれない!!!
この本は分かり易さと、読みやすさを優先している!!


第一の問い 日本はなぜ植民地にならなかったか
司馬遼太郎のファンである!!
戦国時代に幕末であが、個人的には司馬遼太郎から学んだ??
昭和史は、半藤一利に保阪正康である!
古代史は抜けている???
佐藤優は歴史を小説から学ぶのは勧めていない!
が、やはり司馬遼太郎の人物描写は群を抜いている!
それ以降、いろんな本を読んでいる!

小和田哲男、谷口克広、渡邊大門らの本を読んでいる!
思いが覆り、悲しかった……… 夢が無くなる………
この本もそうなるのか????

暗黙の前提!
日本だけが植民地、反植民地にならなかったのは?

第一の問い
◆ 日本国民が優秀だったから?
◆ 官僚制の確立 これが日本は出来た!
◆ イギリスの戦略がある!
貿易で成り立っている? そのために海軍が必要である!
中国からお茶を輸入、インド産アヘンを中国に、インドには綿布を売る!
世界に自由貿易を強いている!
貿易関係に、最低限の干渉なら、植民地の必要は無い!!
日本は相手にし易かった?
◆ 国際環境の変化? これにより日本は幸運になる!!
シベリア鉄道開通!
スエズ運河の完成で、アジアまでの距離が縮まる!
日本には死活問題である!!

日本は世界で三番目に海岸線が長い???
調べると違う感じがする!!
間宮海峡、宗谷海峡、津軽海峡、対馬海峡とある!
1853年~56年のクリミヤ戦争の余波で、サハリンで英仏連合艦隊と、ロシア艦隊が戦う!
が、地形を知らなかったのでロシア艦隊を逃がす!!
それから日本近海の海峡などの知識が必要になる!
日本が独立を維持してくれる程度の実力を持ってきてくれることが、
イギリスにとって好都合である!
1861年 ロシアが対馬を占領する!!
これをイギリスが実力で阻止する!!
その後占領せずに、日本に責任をもって守衛することを求めた!
日本を独立国とした方が都合がよい!

日本が持っていた条件
① 外来の文化に比較的寛容であり、拒否感が強くない!
② 識字率、技術力が高く、西洋の高度な知識、技術の早期導入を容易にしたこと!
③ 国内に民族紛争や宗教的対立が無かった
④ 支配層の移動が例を見ないほどスムーズに行った

司馬遼太郎!
島国で、単一民族で資源もない! 一応武士がいる!!
植民地にする価値があるのか??
国際環境の性格と、イギリスのシーレーンから解説する!!


第二の問い 武士はなぜみずからの特権を放棄したか
戊辰戦争では8,200人が死んでいる!
内乱、革命としては異常な少なさと言う!!
フランス革命は3万人と言う!
武士階級は一種の貴族制である???
武士階級は特権を放棄したのではない!
自分で諸特権を廃止した!

第一に、
徴兵制を確立すると、武士階級が不要になる!
第二に、
財政面から負担になる!
第三に、
士農工商が崩れる! 平等になる!

政権担当も武士である!
何故武士は特権を放棄したのか!!
① 武士は土地を所有しない! すでに官僚的であった!
② 近代戦を戦うには小銃での展開が必要になる!
もはや武士でなければと言う必要は無いと!
武士の能力が疑問視される!
③ 幕府を認められなくなる! 逆に幕府を糾弾する!!
④ 武士だった時の能力を生かし、全国の官庁に努めている!
その数は官庁勤めの70%に及ぶ!!
⑤ 明治時代の対外的な緊張感がある!
民権派もそれが分かっている! 日本の独立まで抑制されている!


第三の問い 明治憲法下の内閣はなぜ短命だったか
1885年~1946年!
内閣の平均寿命は16ヶ月??? 46の平均!!
日本は昔から短命なのか??
安倍、小泉、中曽根は例外か???

これらを3つの問題から解説する!
① 「内面のもろさ」を探る
② 「外部からの攻撃」を観察する
③ 「首相の決められ方」に注目する

① 「内面のもろさ」を探る
明治憲法では、首相も「国務各大臣」の一人で、大臣の罷免は出来ない!
閣議は全会一致が基本!
変な大臣が反対すれば、何も出来ない??
◆ 1931年 第二次若槻内閣 
満州事変で、内相と蔵相・外相が対立し内相が辞任を拒否!
◆ 1941年 第二次近衛内閣
外相松岡洋右を更迭するために総辞職!

② 「外部からの攻撃」を観察する
明治憲法では、国家レヴェルの決定は天皇の名前で行う!
政治運営は諸国家機関がそれぞれの役割に応じて行う??
最悪の場合、整合性のない決定や行動が放置され、
外部からは何をやっているか分からない!
満州事変、内閣は不拡大だったが、関東軍が暴走した!
内閣は大きく分けると2つの型になる!
◆ 藩閥内閣、貴族院内閣、軍人、官僚
◆ 政党内閣
非政党系内閣の場合、議会で政党から攻撃され、倒れる例もある………

③ 「首相の決められ方」に注目する
明治憲法では規定がない!
元老が後継首相を選定する!
1940年 最後の元老西園寺公望が無くなる!
首相選定は、やはり力である!
いかに人気があっても力が無くては抵抗される!!
特に陸軍は大臣を出さなくて、内閣を潰す………
1930年代~第二次近衛内閣まで12の内閣が出来る!
12年間で12の内閣が出来て、政党が3回、海軍・官僚が5回、
華族(近衛内閣)2回、陸軍2回でこの場合計8ヶ月半と言う!
陸軍が内閣を潰した?????
しかし政党内閣の場合も事情は変わらないようだ!!


第四の問い 戦前の政党はなぜ急成長し転落したか
明治憲法下の政党は急速に成長した!
◆ 1890年 帝国議会発足
◆ 1998年 初の政党内閣 憲政党内閣 大隈重信
◆ 1918年 政友会内閣  相原敬
◆ 1920年代  政党は政治の世界で主役を演じる!
◆ 1932年 5・15事件で政友会内閣崩壊
◆ 1940年 大政翼賛会が出来る 
政党の全盛期から、消えてなくなる!!

藩閥政治と民権運動!!
ぢ地らも同じ土俵である!! 武士階級である!
なれ合いではないが、現状は認識していた!!
どちらも権力に参入しやすい性格を備えている!!

明治憲法の権限は??
第三七条 凡て法律は帝国議会の協賛を経るを要す
第六四条 国家の歳出歳入は毎年予算を以て帝国議会の協賛を経べし
協賛???

帝国議会の決定は天皇も否認しない!!
「協賛権」 議会が決めたらそのまま通る??
政党は、俺たちは国民の審判を受けたのだ!!!
「わしが議員だと」 過大評価は禁物だと!!
しかし当時は納税額で決まる!!
果たして民意なのか???

政党への追い風???
民本主義と天皇機関説???
◆ 民本主義 吉野作造! 有名であるが………
① 普通選挙を前提として政党内閣を実現すること
② 経済的弱者を援助できるようなシステムを機能させること
③ 軍の機構や枢密院を改革して政治に悪影響を与えないようにする
まっとうな意見である!!!

◆ 天皇機関説 国家法人説???
天皇の権力は??
天皇機関説  天皇の権力を、憲法の制約を受ける
天皇主権説  絶対無制限のものとする
これが政党をバックアップする!!
1925年 普通選挙法が成立する!
有権者になるには??
① 1900年 10円
② 1919年 3円  この時点で有権者は全人口の5.5%
③ 1925年 選挙法改正 有権者は1240万人で、20%になる!

政党は、官僚組織から人材を吸収する!
政治、経済、外交で制作能力を高めていく!
二大政党制に近い政治状況を築く!!
しかし弱体政権が継続し、5・15事件で終わる!!!
何故か???
① 非政党勢力からの圧力  枢密院、軍部、国家社会主義勢力
② 政党のだらしなさ
③ 政党への不信  不況と恐慌に対応出来なかった?

1935年 天皇機関説排撃運動が燃え上がる!
1938年 国家総動員法 議会を通る! 政党にとっては自殺行為だと!
ヨーロッパでは、ドイツ、ソ連、イタリアは国力を充実させる!
計画経済、一党独裁………
日本はあこがれる!
成功しているように見える!
アメリカを見なかったのか????
一党独裁、計画経済が人類の達成すべき理想の姿だと!!
1940年 一国一党を目指す新体制運動が盛り上がり、
無力化していた政党は「バスに乗り遅れるな」
で解党する………
国民も政党も余裕も経験もなかったと!!!


第五の問い 日本はなぜワシントン体制をうけいれたか
1921年~22年  ワシントン会議!
◆ ワシントン軍縮会議  
◆ 大平洋の4カ国条約  日英同盟破棄!
◆ 中国問題の9カ国条約 旧ドイツ権益を返却

この特徴は?
第一 アメリカ主導
第二 日本を抑え込む
第三 現状維持を曖昧な形で残す?

日本は積極的だった?? 何故か??
◆ 第一 第一次世界大戦後、戦争を拒否する心情が出てきた!
民族自決が主張されている!
◆ 第二 日本はロシア、イギリスと良好であった!
が、イギリスは覇権国から降り、ロシアはソ連になる!
◆ 第三 アメリカとの海軍軍拡競争に入るのを避けたい!
要は金が無い!!
アメリカの経済力は圧倒的である!!
1920年 商船保有量は5.3倍、鉄鋼生産量は52.8倍!!!
ましてや対米輸出依存度は40%を超えていると!
◆ 第四 アメリカは日本を刺激する政策をとらなかった!
満州の既得権益もお墨付きを貰う??
これは最上の選択だったようだ!!!
となると、軍拡をしたい海軍軍人の頭を疑う!!
金もないのに、大和、武蔵を造る!!
戦争をやりたくて仕方がなかった………


第六の問い 井上財政はなぜ「失敗」したか
昭和初期の財政政策
1915年~19年 大戦景気
1920年 戦後恐慌
1923年 震災恐慌
1年の租税収入が8億円の時代に、震災の特別融資で4億3千万円を使う!!
不良債権の処理か???
鈴木商店の倒産と、台湾銀行の経営危機になる!
1927年 蔵相の失言から金融危機になる!!
1920年代の日本は長期不況と恐慌にもがいている!
1929年 浜口雄幸が、立憲民政党内閣を組織する!
蔵相は井上準之助である!
自信満々である?????

金本位制??
各国の中央銀行が自国通貨の価値を一定量の金で表示する!
この基準で自国通貨と金を交換する!
第一の機能 為替相場の安定
第二の機能 金本位制の持つ自動調節作用

第一次世界大戦で総力戦になる!
金輸出を禁止していく!
1917年 日本、アメリカは金本位制から離脱する!!
日本はヨーロッパ諸国ほど切迫していない?
第一次世界大戦後、各国は金本位制に復帰する!
日本はぐずぐずしている!!

井上財政の柱は、金輸出解禁=金本位制復活政策だと!
◆ インフレ傾向が常態化し、経済界の体質改善も進んでいない
◆ 不況下でも物価高や賃金高で悩み、工業の国際競争力も回復しない
◆ 輸入超過や円為替相場の下落に苦しんでいる

で金輸出解禁=金本位制復活政策になると??
◆ 通貨価値の回復と円為替相場の安定
◆ 自動調節作用を発揮させ、経済のスリム化を図る
◆ 意地的な不況を覚悟して、緊縮財政(デフレ政策)を実行する!
◆ 物価引き下げや産業合理化も促進する

1930年 金の自由輸出を認める! アメリカ経済への信頼感が前提だと!
1930年~31年 大恐慌、井上の予想をはるかに超える!
アメリカ発の世界恐慌の影響が大きい!
これは1929年なのでそれを見たら金解禁は出来なかったのでは?
しかし日本への影響は1930年春以降であり、アメリカに対する楽観論があった??

新平価解禁論が提唱される?
が、井上はそれをとらない!!
① 財界でも旧平価解禁を望む声が強かった!
② 井上が円の国際的信用を高いレベルで回復したい?
④  貨幣法改正が必要となり、野党が抵抗する?

1931年 満州事変に、イギリスの金本位制の廃止がある!
日本も金輸出再禁止になるとの観測に、円の暴落必至とみてドル買いに走る!
藤巻健史の話である………
イギリスの金本位制停止から3か月後、犬養内閣が成立!
高橋是清蔵相が金輸出は再禁止される!
財界は巨額の為替差益を獲得する!!
結果財貨への非難、不信感から血盟団事件、5・15事件などテロが起こる!

井上財政の評価は、いまだに確定しない!!
古臭い政策?? デフレ政策が、次の積極財政にプラスになったと!!


第七の問い 関東軍はなぜ暴走したか
1931年 柳条湖事件
1932年 満州国が生まれる
この武力行為には、関東軍参謀 石原莞爾が中心である!
このような動機と決意は???

関東軍は????
満蒙権益を管理していた、関東都督府の陸軍部を前身にしている」!
1919年 関東庁が置かれて、陸軍部が独立して関東軍が生まれる!
たかだか26年の存在である!
陸軍の仮想敵国はソ連である!!
1928年 満州に進出した石原莞爾は、ソ連との国境を偵察旅行する!
革命当時のソ連は、取るに足らない相手であったが………
計画経済路線で国力を増す!
関東軍は緊張する!
1931年 足元に注意を怠らず ソ連は攻撃兵器を開発している!
1938年 ソ連の拡張に抵抗する意思を欠き、数年後には在満兵力は、
ソ連の数分の一になる!
まるで今の中国である………
関東軍は予防戦争か??
今なら間に合うと!! ソ連を恐れている?

第二の動機?
1926年 蒋介石が本格的に軍事行動を開始する!
1928年 北京を占領し、どうにか統一する!
北伐が成功する!!
この時点で、中国は不平等条約の破棄と、新しい条約を求める!
国権回復運動である!!
日本は自ら受けた屈辱を押し付ける??
庶民の反抗も強い!
満蒙の解決は困難である!

第三の動機?
日本の社会問題である!
◆ 人口増
◆ 1924年 アメリカで排日移民法が成立!
日本は南米に移民する
◆ 満蒙の地は目の前である
◆ 農業開発で食糧確保である

第四の動機?
火事場の泥棒か??
世界恐慌でアメリカが手を出せない!
ブロック経済圏?? 生存圏???
国際社会では、人口に応じて資源と領土を再分配すべきと!
言う調停案もある??  まるで今の中国か??
関東軍は今がチャンスだと!! 焦っている??

石原理論がある! 世界最終戦争!!
世界は、日本、アメリカ、ソ連、ヨーロッパの4つに分かれて、
ソ連は内部崩壊、ヨーロッパも共倒れである!
人類最後の大戦争を、日本とアメリカが行うと!!
著者は、その場におれば同意したのではないかと??
空気の研究か???
その中で、違う道があったのでは?
それを研究することも重要であると!!!


第八の問い 天皇はなぜ戦犯にならなかったか
1945年 日本はポツダム宣言を受諾する!
戦争犯罪人を裁く!
明治憲法である?
第四条  天皇は国の元首にして統治権を総攬し此の憲法の条規に依り之を行う
第一一条 天皇は陸海軍を統帥する
戦争犯罪人である??
が、戦犯リストには含まれていないと!!

明治憲法下の天皇は?
第一 「万世一系」で「神聖」なることを絶対視する!
第二 君臨すれども統治せず

沈黙する天皇像?
「立憲君主」たるうえで正当性がある?
そうでもない!
◆ 張作霖爆殺事件の事後処理で、叱責する!
◆ 2・26事件! 余が鎮圧する!
◆ 終戦の「聖断」

アメリカも天皇の力を思い知る!
免責の論理・その一 直接的に戦争に関わっていない!
それより終結に大きな役割を果たしていると!
がオーストリアは戦犯として裁くことを求める!

免責の論理二 マッカーサーの電報!
天皇の戦犯についてである!
もし求めれば、収拾のつかない大騒乱になると!
100万の軍と数10万の行政官が必要!
アメリカは冷戦に入りかけている!
それより統治を円滑にする方がよいと!!
占領直後でマッカーサーの本音だと!!

天皇は稀有な人生を送った!!
天皇制がどうなるかの、終戦時には最も張り詰めた充実感を持った時期だと!!


第九の問い 高度経済成長はなぜ持続したか
1955年~73年が高度経済成長である!
敗戦後、日本の非軍事化と民主化のために経済改革が実施される! 
第一 農地改革 農村の購買力が増大する!!
第二 財閥解体 途中で曖昧になる????
第三 労働改革 賃上げに寄与する!!

この時期、日本は国際情勢に恵まれる!!
第一 占領政策の転換! 反響の防波堤に位置付ける!!
第二 朝鮮戦争! 文在寅大統領が言う、これで儲けた国があると!
第三 ブレトン・ウッズ体制! 
アメリカの世界戦略が日本の成長になった!

高度成長期の要因は???
第一要因 技術革新  石油産業、エレクトロニクス
第二要因 貯蓄率の高さ  
第三要因 エネルギー革命、消費革命
農家の所得も上がる!!
① 機械化、品種改良による農業生産力の拡大
② 食管法による米価の引き上げ
③ 兼業農家の一般化により農業外所得の増大
④ 農業基本法による大規模農家の容認
農家の所得水準も上がる!!
第四要因 自民党の長期政権の経済対策
第五要因 ブレトン・ウッズ体制による固定相場!
23年間1ドル360円が続いた? 今なら即切り上げか???

最後に終焉である??
第一幕 アメリカの状況!
ベトナム戦争に、ニクソン大統領の金・ドル交換禁止!
1973年 円は変動相場制に移行する!!
第二幕 アラブ諸国! オイルショックである!

変動相場制と石油危機の発生は、高度成長の要因を失わさせたと!!


おわりに
最強のサポーターとして、大木毅の名前があった!
最大のサポーターは、毎年の受験生だと!!


関連年表

 

謎とき日本近現代史・野島博之

 

« 本・鳴かずのカッコウ(2021/2)・手嶋龍一 | トップページ | 本・佐藤優の裏読み! 国際関係論 ①(2021/7)・佐藤優 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

幕末」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

イングランド」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

朝鮮半島」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

坂の上の雲(明治維新から第一次世界大戦後まで)」カテゴリの記事

山本五十六(第二次世界大戦前から)」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・鳴かずのカッコウ(2021/2)・手嶋龍一 | トップページ | 本・佐藤優の裏読み! 国際関係論 ①(2021/7)・佐藤優 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ