« 本・ウイグル人に何が起きているのか 民族迫害の起源と現在 ②(2019/6)・福島香織 | トップページ | 本・中国の大プロパガンダ 恐るべき「大外宣」の実態 ②(2019/10)・何清漣・福島香 »

2021年7月12日 (月)

本・中国の大プロパガンダ 恐るべき「大外宣」の実態 ①(2019/10)・何清漣・福島香織

Photo_20210708165301

 


香港の大規模デモの背景には、中国共産党政権が怒濤のごとく展開した「大外宣」=「大プロパガンダ」戦略があった!
中共はメディアを通じて香港世論を誘導しようとして、報道の自由は瀕死となる!
著者は発展著しい1980~90年代、中共深圳市委員会宣伝部に勤務し、中共プロパガンダの手法を知り尽くしている!
香港は勿論、アジア諸国、アフリカ、中南米、オセアニア、ヨーロッパ、
そして米国と世界を股にかける中共のプロパガンダの実態と歴史を徹底的に分析している、
現在の世界情勢を理解するのに欠かせない一冊である!


読んでいていやになる!!
日本の親中派の政治家、官僚、財界人、学者、マスコミ、評論家はどう思っているのか!
ウイグルの人権問題も、日本は非難出来ない!
媚中派、親中派、今回は二階俊博に公明党で問題である???
中国の金のバラマキが赤裸々である!!
日本も相当ばらまかれている!
財界人は、中国での商いを優遇されている????
最近、元註中大使で、伊藤忠商事の元会長、丹羽宇一郎が盛んに対談している!
本も多い! が、駐日大使時のイメージが悪い!!
政治家ではなく、商売人である!
「中華連邦の一員となるのが日本の幸せ???」
本当に言ったのか????? これも取り込まれているのか???
中西輝政言う、中国は孫子の国である!!
ただほど安いものはない????
債務の罠???? よくそういう契約をすると思うが………
ともあれ訳は福島香織である!
大変な仕事である! 全編中国の陰謀である!!
ただし内容については分かっているので正確とは思う!
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!


主な内容
●中国共産党対外プロパガンダの70年にも及ぶ歩み
●中共は対外プロパガンダを対象地の媒体やひとで展開する
●なぜ世界中に中国語メディアが展開されているのか?
●返還後香港メディアは中共の提灯持ちに成り下がった
●中共の台湾メディアへの紅い浸透
●中国の対外プロパガンダは失敗した
●2018年、米国は中国のプロパガンダ阻止を開始した


まえがき “大外宣”とは中国が推進するグローバル戦略の文化ツールである
第一章 中国共産党対外宣伝史の遥かなる源流
第二章 中国「大外宣」の「本土化戦略」
第三章 世界中国語メディアの政治的版図


第四章 香港返還後のメディアの喉舌化
第五章 中共政府の台湾メディアに対する赤い浸透
第六章 中国イメージの不安症と“大外宣”効果
最終章 2018年、米国は中国大外宣阻止を開始した
あとがき 八年遅れでやっと世に出た大外宣研究リポート
訳者あとがき


まえがき 「大外宣」とは中国が推進するグローバル戦略の文化ツールである
中国は2009年から450億人民元を投じて全世界で「大外宣計画」を推進している!
世界は中国の脅威に気が付いていない!
ニュースメディアを買収する!!
その目的は??
① 中国の主張を対外的に宣伝すること
② 良好な国家イメージを打ち立てること
③ 海外の中国に対する歪曲報道に反復すること
④ 中国周辺の国際環境を改善すること
⑤ 海外の政策決定・施行に影響を与えること

世界のメディアは中国の紅色のメディア・ファミリーに奉仕すること!
中国のグローバル戦略の僕になる???
なんか日本もそうなっているのか???


第一章 中国共産党対外宣伝史の遥かなる源流
中国は昔から対外宣伝を昔からやっている!
資本主義に弄ばれる無知蒙昧な人々を教育をする???

一 中国共産党が創設した新聞メディアと外宣草創期  延安から西柏坡まで
アメリカ左派 エドガワ・スノー!! 日本に反感を持っている!!!
共産党政権が、言論の自由、出版の自由などの権利を奪いながら、
自らは安全を保障されながら、共産党政権の宣伝を手伝い、名声を確立し富を得た!
こういう人間は断罪されない??  朝日新聞か???

◆ 1935年の対策!!
第一に新聞、ラジオのメディア!
第二に外国人記者、軍人、作家、宣教師を随行させる!
「エドガワ・スノー 中国の赤い星」
最高傑作と言われる成功例である!
以降親中派の記事には「新時代のエドガワ・スノー」の称号を贈る?

中国共産党は、精魂果てた時に、アメリカを称える!
アメリカも利用されている!!


二 一方的な「外宣」輸出と自己正義の「文革」外宣
◆ 1949年~1966年  一方的な対外イデオロギー宣伝
まずは中ソ一枚岩である!
ところが、ソ連修正主義の批判がある!
中ソ対立である!!
この時期は、あまリ効果もなく、自画自賛だった………

◆ 1966年~1976年  文革時代の外宣工作
文革の輸出である??
在外公館の館員、記者、留学生、専門家、国際列車の乗務員、海員、
語録、肖像のついたピンバッチ、ポスターをばらまく!
「文革」標語碑を建て、毛沢東画像を飾り、宣伝映画を放映する!
対外販売品の包装紙に「毛沢東語録」や画像を印刷する!
華僑組織、友好協会、華僑学校らも資料をばらまくように指示される!
ただこの時期は洗練されてはいない!
ビルマ、タンザニアで揉める! アフリカ諸国である!
東南アジア、南米の共産党や、アフリカの反政府組織に活動を指示する!
しかし毛沢東は制止したと?????
ではその責任者は処罰されたのか???


三 1978年の「改革開放」以降の中国外宣工作
◆ 1978年~1989年  中国外宣工作のあゆみ
① 「外宣小組」と報道官制度の創設
中国で改革開放が始まる!
② 外宣刊行物の拡充
主に第三世界へ国際ニュースを提供する
③ 宣伝対象位置づけの見直し
各国左派から一般人へ! 辺境向けへ!!
「一左、二窄、三套話」 左派、階層範囲を狭く、常套句を使う!!
④ 中国イメージづくり計画の開始

◆ 1990年代~2015年  じり貧の外宣から離脱、主導的攻めの姿勢に
① 1990年代の中国政府の外宣の新たな位置づけ
「反華反共」勢力のなかでは、「舟を流れに逆らって進める」ことになる
資金を投入する!
② 外宣定期刊行物の本土化戦略
ドイツは中国出版社が問題になる!
アメリカは、左派の出版界 ジェームス・パークが登場し、
中国を助ける!
中国は見逃さない!!
2008年北京オリンピックの聖火リレーは抗議に会う!
チベットの弾圧である!
中国はこれを人権弾圧と思わない!
「中国の主張と文化的影響は国際社会において相応の地位を得ていない」
その為には発信力を確保しなければならない!
「世界における発信力は不均衡で80%は西側が支配している」
ここで金をつぎ込む!

四 国際社会による中国大外宣の阻止開始
思わぬ国??? オーストラリアにカナダが反抗する!!
両国ともファイブ・アイズの構成国である!
2021年には決定的である!
日豪同盟か???

◆ 2014年 中国の浸透による非難がある!
オーストラリアは何かあれば報復を受ける!
中国の記者はスパイである!
オーストラリアは菅総理に隔離覚悟で就任時に来日する!
そこまで中国に追い込まれている!
南東部ビクトリア州の政府が中国の巨大経済圏構想「一帯一路」への協力のために
2018年と2019年に中国政府と結んだ2つの協定を破棄している!
カナダも被害に会っている!
時代は進んで、ファーウエイの最高財務責任者をカナダは逮捕している!
そうなれば、中国にいるカナダ人拘束である!!
オーストラリアは農産物で報復を受けて腐らせている???
まずは日豪安保か????

◆ 米国政府が「外国代理人登録法案」を再発動
秘密ラジオネットワークの存在がある!
「アメリカにおいて外国代表の名義をもって政府や大衆に、
 影響を与える活動を誰が行っているのか、知る権利があると」
トランプ大統領はやはり偉大である!
やることはやっている???
アメリカにも「孔子学院」が多数出来ている!!
中国はひるんでいない???


第二章 中国「大外宣」の「本土化戦略」
外宣工作三原則???
① 国外ターゲットたちの思考習慣に接近
② 国外ターゲットの中国情報の需要に応える
③ 中国発展の現実に沿う

これが「外宣期刊本土化」???
金にもの言わせて、外人記者、編集者を雇い、対外宣伝をパッケージし、
対象視聴者、読者の知覚により浸透しやすくする!

一 中共政権樹立後の外宣期刊の制作と発行
中国の外宣の切り札は??
国家外文局、各国語に通じた中国人、外国人の集団で、
特殊な政治生命を担う重要部門である!

◆ 外宣期刊の本土化の「フラッグ・シップ」 国家外文局
中国外文局は43種の言語で13億近い書籍を出版する!
180カ国以上の国家・地域の翻訳、再編集、出版、印刷、発行、
ネット宣伝、世論国情研究の領域に及ぶ!

◆ 外宣期刊の種類
① 中国外文局所蔵の外宣期刊
英語、フランス、日本、ロシア、スペイン、アラビア、韓国語………
② 中国辺境省
ロシア、韓国、ベトナム、ミャンマー、ラオス、タイ、モンゴル、中央アジア………
③  外国語期刊

◆ 中国政府が招聘した外宣「専門家」の基準
① 現地国の外国人
② 中国にいる外国人
④  海外にいる華人・華僑

国際友人  日本人もいる!
相当能力がある!! 高待遇と言う!!
母国語の文章能力意外にいる3つの能力!
① 中国に友好的
② 中国に対して正確に報道す?????
③ メディアでの執筆経験があること

5年の期限で雇用されるが、再雇用はない?
が長期雇用もいる!!
宣伝臭を無くす??
青年、中年知識階層がターゲットである!!
「一帯一路」も良いイメージを与える記事を各国に出す!
それも限界である!!!

二 中国大外宣の「海外配置」
2010年 中国はGDPで日本を抜く!
大外宣戦略を鳴り物入りで開始した!!

◆ 金銭が大外宣の急激な拡張の道を切り開いた
中国国営新華社通信 中国のフラッグ・シップである!
中国国際放送局!
全世界に親北京的な報道をしている! カバー範囲は広い!
65種類の言語で五大陸200過去に及ぶ!
ラジオ局も、裏で買収する!
出力を増加させて、中国語で放送する!!
影響を与えるためか? 洗脳の為か???
こう言う買収もストップがかかる………
日本もそんなのが一杯ある感じであるが………

◆ 大金で雇った「外国人傭兵軍団」による大外宣
中国の高額報酬は、西側メディアの記者に、なじんできた理念を忘れさせる!!
これにつられて90人の募集枠に6000人の応募がある!
住宅まで提供すると!!
申請書を読むだけで2ヶ月かかる!

◆ 「外人傭兵部隊」が順守する「メディア原則」 宣伝は真相より高し
西側メディアが苦境になるが、ますます引き抜かれる!!
これらの記者は、3,4か国語を喋り、中国の運営に従う?
質問する記者は、シナリオ通りに行う!!

◆ 貧困国家記者に対する「短期的餌付け」
要は金で縛る!
差をつける???
貧しい国の記者はエサにつられる?
南シナ海の報道はしないと約束すれば奨学金も受けれる!!
「一帯一路」に中国のポジティブな物語を報道する!!

三 「外宣メディア本土化」戦略は国によって効果が違う
◆ 経営苦心65年の「人民日本」日本語版
日本の活動は成功している!!
ひとりの実力者が変える!
そのやり方は???
① 「中年、中産階級、政治的中立」を対象とする
② 雑誌の風格と内容を変える
③ 中国に友好的な日本人を利用して販売ルートを拡大する
小泉元首相に国会議員55人が読者である???
やり方は上手いようだ!!!

◆ 中国ラテン・メディア・ニュース・シェアによるニュース指向モデル
南米はアメリカの裏庭なのか??
反米左派政権が多い!
こういう時は中国は食い込む!
「一帯一路」に参加する………
いわゆる、「外宣期刊本土化」戦略を実施する!!
中国との協力は危険も多い!
債務の罠??
中国はラテン・アメリカの力を借りる!!
メキシコ、ブラジル、アルゼンチン………
① 中国とラテン・アメリカの融合を図る
② 人材を育てる
手の込んだことをしている!
又無料で中国視察旅行に招待する!
当然、絶賛報道が流れる………
AP通信との協力関係がある!
これを米議会は阻止しなけば、祝福される?????

四 「感情投資」最大のアフリカから新植民地主義との批判を受ける
アフリカは中国の最大の投資国である!!!

◆ 中国「虹色文化」のアフリカ追随者の多くが独裁者になった
エチオピア、ベナン、マダガスカル、ガーナは中国に学べと!!
ジンバブエのムガベに、リビアのカダフィも忠実な弟子である!!
アフリカでは中国は成功している??????

◆ 20世紀90年以降のアフリカにおける中国の文化と経済輸入
1970年代 米中国交樹立で南米、アフリカの左派の盟友を失う!
しかし中国の経済力が増してから元に戻る??
アフリカでは文化拡散がある!!
① アフリカの広範囲に開設されたラジオ・テレビ局
② 同じく新華社支店
③ 書籍の継続発行
④ 各国の報道官研修システム
⑤ アフリカ国営図書公司?? 書籍を握っている?
⑥ 現実に道路工事などをやっているところが対象である
⑦ 利権

アフリカと中国は近い??
① 好ましいニュースは流し、都合が悪ければ流さない
② メディアと政界、財界は「ウィン・ウィン」で賄賂がまかり通る!
都合の悪いニュースを書かないために賄賂を贈る!
そういう国が、国連で1票持っている????

◆ 中国のアフリカにおける対外宣伝効果に対する疑問
ケニアは中国が成功している国である!!
投資額も多い!!
中国の代わりに発言している??
「西側メディアがマイナス面を強調するから………」
要は中国が正しいと!! 邪魔するなと!!

が、果たしてそうなのか???
ニュースはBBC、CNNを聞いている!
港湾、上下水道、地熱発電所、石油パイプライン、飛行場………
しかし「中国の醜い豚を中国に追い返せ」
風刺画???
「CHINA」と書かれた母豚に、10匹の子豚が群がっている!
子豚はアフリカの指導者である………
中国が規制を続ける限り、宣伝用作品にしか見られない???


第三章 世界中国語メディアの政治的版図
まずは中国のイメージを守ることである!!

一 中国語メディアの生態変化
「海外統一戦線の三宝」??
中国語メディア、華人社団、中国語学校!!
孔子学院?????

◆ 20世紀80年代 中国語メディアの政治的多元化傾向
中国向け、台湾向け、香港向けと分ける!
その資金は??
① 大陸の背景がある中国語新聞
② 香港・台湾メディア
③ 米国華人が自分で経営発行している新聞

◆ 20世紀90年代 中国語メディアが次第に「祖国」に接近
大陸を離れて各国に行っている華人!
現地語を喋り新聞を読まなくなる!
離れていくが、中国が経済力を付ければ中国語は必要だと!!
中国は祖国に呼び戻す! そこで歓待する!!
世界では弱小メディアでしかない中国語が、故郷では大切に扱われている!
中国の新聞は宣伝に、伝達事項が多いと??
自ら大陸から出て行って、手のひらを返すようなことをするのか??
生き残り策だと!!!
しかし資金提供を行う北京政府の言いなりにならざる得ないのが、メディアである!!

◆ 北京の海外中国語メディアに対する「虹色浸透」
「海外統一戦線の三宝」
中国語メディア、華人社団、中国語学校!!
「統戦」と呼ぶ!! 「金銭統戦」??
中国のニュースは金を投入し、偏向しているのでますます西側と乖離する!
新聞、ラジオ、テレビにも手を出している!
又、それに協力するメディアもいる!!
買収も表に出ない??
そのラジオ局の出力を上げる!
広範囲に中国語で放送する??
中国メディアをどう管理、コントロールするかが、
相当重要な「海外統戦工作」と見なされる………

二 世界の中国語メディア業界人にための交流プラットフォームを提供
「新華社に地球を掌握させる」
20年に及ぶ苦労がある!!

◆ 海外中国語メディア・サービスを専門とした研究センター、ウェブ・サイト、雑誌などを開設・発行する
「中国語メディアの米国おける役割および中国大陸メディアとの相互連携」
メディアをいかに宣伝ルーツとしての機能を向上させるかと!!!

◆ 各種海外中国語メディアの研修を行い、海外中国語メディアの報道スタッフを訓練する
各種海外中国語メディアの研修は、2006年に第1回で、17期行われている!
時代を反映する!!
「一帯一路」もターゲットか?
「自らの耳目で見聞する」
そう言う宣伝攻勢を行う!!

◆ 定期的に会議を開く
「世界中国語メディア・フォーラム」
50ヶ国に400人と言う!
逆に、中国内を間違った方向に導く?
中国語メディアが世界の主流だと思わせる???

二階俊博の人民日報のインタビュー?
「今、もし中国が必要とするならば、
 われわれは最先端の航空機、新幹線の技術を中国に提供します

 私は大多数の国民がそう思っていると信じていると」
これを中国が見ると、日本はタダで教えてくれたと誤解する!!

三 海外中国語メディア 中共の外宣の「第三陣営」
常に北京を意識して報道する!!

◆ 海外中国語メディアが命を受けて政治宣伝に協力する
2013年からは「一帯一路」の大宣伝である!
中国の影響下にあるメディアは金太郎飴的宣伝である!

記者を招いてのチベット訪問がある!
提灯記事である?
国際社会の、焼身自殺、鉱物資源の略奪、生態系の破壊は報道されない!
チベット人民は幸福な世界を構築している!
シンガポールの新聞も中国の宣伝である…………
ここらは、成功しているようにも見えるし、

◆ 中共の対外メディア伝達の「第三陣営」
中国の対外メディア伝達は??
① 第一陣営  国内メディア
② 第二陣営  英語メディア
③ 第三陣営  中国語外宣

スマートパワーの見せどころ!
軍事力、経済力による圧力と、文化、技術等を基にした、
国際協力を総合した新しい対外政策!

西側社会の中国に対する誤解を払拭し、陰謀を粉砕し、
寡をもって衆を撃てる????

 

中国の大プロパガンダ 恐るべき「大外宣」の実態 ①・何清漣・福島香織

 

« 本・ウイグル人に何が起きているのか 民族迫害の起源と現在 ②(2019/6)・福島香織 | トップページ | 本・中国の大プロパガンダ 恐るべき「大外宣」の実態 ②(2019/10)・何清漣・福島香 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

中央アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・ウイグル人に何が起きているのか 民族迫害の起源と現在 ②(2019/6)・福島香織 | トップページ | 本・中国の大プロパガンダ 恐るべき「大外宣」の実態 ②(2019/10)・何清漣・福島香 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ