« 本・中国の大プロパガンダ 恐るべき「大外宣」の実態 ②(2019/10)・何清漣・福島香 | トップページ | 本・ドキュメント誘導工作情報操作の巧妙な罠 ②(2019/7)・飯塚恵子 »

2021年7月14日 (水)

本・ドキュメント誘導工作情報操作の巧妙な罠 ①(2019/7)・飯塚恵子

Photo_20210714214901


「自分の意見が、知らずに誰かに操られている」
それが誘導工作=インフルエンス・オペレーションだ!
情報操作やフェイク・ニュース流布を駆使するこの手法は、
IT技術の進歩と普及によって近年、範囲、スピード、威力が格段に増した!
本書はこの「現代の危機」を欧州各地の関係者取材を重ねて描き出す!
それは東京五輪の盛り上がりを迎え、
政治の変動もありうる日本において「すぐそばに迫る危機」でもある


飯塚恵子は「深層ニュース」でよく見ている!
どんな人間かと思った!
調べると、このような本を書いている!
インタビューも多く、長時間かかったと思う!!
以前から調べていたのか??
ロシアの疑惑が多いが、中国も多い!!
日本も誘導されている??
媚中派、親中派の政治家、経済人、学者、研究者、評論家は多い!!
金も貰っていると思いたくなるが……… 孔子学院もあるが………
2018年までの出来事である!!
2020年のアメリカ大統領選の話は別に書くのだろう!!
そしてコロナ対策!!
内容は下記の通りである!! ① ②に分けて紹介する!!

印象操作や偽情報の流布によって世論や情報を操作し、
政治や選挙への介入をする動きが世界各地で起きている。
誘導工作=インフルエンス・オペレーションである。

それは各国の政治・経済、社会を揺るがし、国境を越えた安全保障上の脅威となっている。
さらに近年は、IT技術の進歩と普及により、範囲もスピードや威力も格段に増した。
またそれはポピュリズムとの関連がきわめて深い。
誘導工作の危険性は、いま米欧で重大な関心事である。



はじめに
略語集
第一章 英国の国民投票、米大統領選で起きたこと
第二章 誘導工作とは何か
1) 確立していない定義
2) 「誘導工作」二つのタイプ
3) 中長期的な世論操作
4) 瞬発的なサイバー攻撃
5) ぼやける境界
6) ハイブリッド戦争
Interview ネビル・ボルト
第三章 ロシアの脅威
1) フェイクニュース工場
2) 狙われる選挙
3) スクリパル事件
4) 「別の視点」のRT
5) GRU 任務拡大か
6) サイバー・スパイ集団
7) ロシアから見た世界
8) ロシアが目指すもの
Interview ヤニス・サルツ
Interview マルガリータ・シモニャン
Interview ドミトリー・トレーニン


第四章 反撃に出た西側社会
1) 試された18年中間選挙 米国
2) 「弱点」洗い出しと訓練 スウェーデン
3) サイバー攻撃と世論操作の境界線  英国
4) 既存メディアの再評価 フランス
5) 相次いで発足した欧州4組織
Interview ミカエル・トベソン
Interview シャンパティスト・ジャンジェーン・ビルメ
第五章 中国の脅威
1) 国家支援の犯罪
2) 外からは盗み、中では締める
3) ロシアより長期戦
Interview ポール・チチェスター
第六章 狙われる日本
1) 今そこにある前兆
2) 日本社会の脆弱性
3) 日本に攻撃はくるのか
4) 官民協力 世界のモデル
Interview 名和利男
第七章 次の試練 欧州議会選
1) 「ポピュリズム」のうねり
2) 選挙介入は起きるか
3) 身構える欧州
Interview ウク・サレカンノ
Interview マティ・サーレライネン
おわりに
主要参考文献


はじめに
情報がどのように政治を動かすのか??
2016年のアメリカ大統領選挙でロシアの介入!
同じくイギリスのEU離脱の国民投票!!
印象操作や偽情報の流布によって世論や情報を操作し、
政治や選挙への介入をする動きが世界各地で起きている!
誘導工作=インフルエンス・オペレーションと言う、言葉がぴったりだと!

アメリカの独立時に、親英のワシントンを排し、親仏のジェファーソンを、
フランスは応援した!
今起きていることは!!
◆ サイバー攻撃で政治的警告や要求を示す!
◆ 中長期的に情報を操る

誘導工作の危険性は、いま米欧で重大な関心事である。
本書は世界各地での徹底取材から、この「現代の危機」について内実と深層を明らかにしている!
著者は何ヶ国語を喋るのか?? 欧米を飛びまわっている!!


略語集
同じような名前が並ぶ!!
IRA??? インターネット・リサーチ・エージェンシー???
ロシアである! もう過去の知識、アイルランドしかないが…………

第一章 英国の国民投票、米大統領選で起きたこと
イギリスでのEU離脱の国民投票! 賛成51.9%?
アメリカは大統領選挙である!!
これにロシアの介入がある???
フェイスブックが利用されている!

ケンブリッジ・アナリティカ?
ビッグデータ解析に力を入れる!
性格診断のルーツ「ビッグ・ファイブ」
1 開放性
2 誠実性
3 外向性
4 協調性
5 神経症傾向
この度合いで分析する!!
フェイスブックが集める!
それをケンブリッジ・アナリティカに横流しする!
アメリカの8700万人分、集められる!!
トランプ陣営が、これにより戦略を変える!

◆ 性格診断を使った有権者の分析と分類
◆ 社会のビッグデータ分析
◆ 個人の志向や正確別の各個人向けの広告

イギリスの離脱運動にも利用される!
フェイクニュースを流される…………
閲覧履歴も分かるが…………


第二章 誘導工作とは何か
「誘導工作」「戦略的コミュニケーション」「情報操作」「プロパガンダ」
「ハッキング」「サイバー攻撃」「ハイブリッド脅威」
1 政治、経済、安全保障の戦略的課題
2 サイバーやデジタル分野での技術進歩
両方やれる人間はいない!!
それが出来る人間を集める、教育することが必要だと!!


1) 確立していない定義
◆ インフルエンス・オペレーション 「誘導工作」
狙った外国のの態度や決断について、自国の国益と目的を促進するために、
外交、軍事、経済、情報を、調整、同調、統合させて適応すること!

スウェーデンは、
世論、国内の意見に影響を与えるために、
誤解を生むような不正確な情報を使うこと!

◆「戦略的コミュニケーション」
国益に戦略的な効果をもたらすために、相手の意見や態度を変えるための、
外交、安全保障などの実施! 言語、行動、イメージなど!!
国益を重視する!!

◆「情報操作」
敵意ある目的のために、偽情報や偏向ニュースを広範囲に意図的に流す!

◆「偽情報」
全くの誤り、誤解を生む情報のこと!

◆「プロパガンダ」
ゲッペルスの得意技である!!
不不特定多数の大衆を一定の方向に導き、暗示、誇張、デマなど、
社会心理的なテクニックを用い、特定の考え方や価値観を植え付ける!

イデオロギー色が強く、説教臭い! 
真実かどうかではなく、どう説得できるかに重点を置く!
怒りや恐怖の感情に訴える!

◆「情報戦」
コンピューター・ネットワーク上の作戦や、電子戦、心理作戦、
情報作戦を含む行動で、軍事力を使わずに政治目的を達成する!

定義のこだわらなければ、国際法のどの部分に違反するか分からない!!

2) 「誘導工作」二つのタイプ
◆ 中長期的に世論調査や選挙介入を行う
◆ ハッキング、ウイルス感染などのサイバー攻撃

ロシアの情報戦は?
◆ 「情報・心理戦」 軍人や一般市民が対象 平時から行う
◆ 「情報・技術戦」 情報を収集、送受信、処理する技術システムが対象
  戦時や紛争中に行う

コンピューター、スマートフォン、新聞、書籍、テレビ、記憶も標的になる!
腐敗した情報やフェイクニュース、偽情報を流す!!

3) 中長期的な世論操作
世論操作の方法は??
◆ 虚偽情報や意図的に誤解を与えるような情報が混ざっていないのか
◆ どんな方法で入手したのか
◆ 人々にどのような方法で届いたのか

ロシアはクルミア併合以降に活発になる!
スウェーデンは切実である!
情報インフルエンス活動は?
1 広報、イベント、ロビー活動を使う
2 自ら主張するだけでなく、偽情報を混ぜて混乱させる!
代弁する組織に資金援助を行い、間接的に世論を導く
3 意見対立する偽情報を流し、誘導し社会を不安定化させる
4 階級、人種、格差の偽情報で、世論の対立や亀裂を増幅させる

民主主義国家の弱点である!!

4) 瞬発的なサイバー攻撃
◆ 標的型攻撃  特定のコンピューターから情報を盗む
◆ ランサム(身代金)ウェア  パソコンを破壊し復旧の金銭を要求する
◆ フィッシング  偽サイトに接続して、個人情報を盗む

2018年10月~11月
NATOの演習で、全地球測位システム信号への通信妨害を行う!

5) ぼやける境界
フェイスブックの情報が流れている!
サイバーと現実世界の境界がぼやけ、一段と複雑化している!
2016年 クリントン陣営にハッキングした!
ロシアはタイミングを見計らって情報を公開する!!

6) ハイブリッド戦争
サイバー攻撃、情報操作に別次元の攻撃を組み合わせる!
ハイブリッド戦争!!
社会全体のあちこちに存在する特定の脆弱なポイントを狙い、
そこを叩くのによい複数の力を同時に使用して、相乗効果を生む戦い!

又は、軍事と非軍事双方で偽情報やサイバー攻撃、経済的圧力、非正規軍、
正規軍の展開を含む、公然非公然の手段を使った戦い!
戦時と平時の境界を曖昧にし、相手の疑心を生む!!

スウェーデンのまとめたその道具とは??
◆ プロパガンダ
◆ ソーシャルメディアによる宣伝
◆ 偽情報の流布
◆ 戦略的な情報漏洩
◆ 相手国内の支持勢力への資金援助
◆ 相手国内の政党への支援や選挙介入
◆ 相手国内での組織的な反対運動へのテコ入れ
◆ サイバー
◆ 経済協力やせいさいなどによる経済カード
◆ 政治活動や情報収集を行う代理組織の育成
◆ 代理戦争の遂行
◆ 所属不明の準軍事組織による戦い
ハイブリッド戦争は組みあわせにより複雑になる!
「偽旗作戦」 一般市民が敵や他国に成りすまして行動する!!
恐い世界である!!!

Interview ネビル・ボルト
英国キングス・カレッジ・ロンドン戦争学部講師
戦略的コミュニケーションセンター所長!
「情報戦」について、日本はもっと研究が必要だと!!

政治的コミュニケーションの7段階のスペクトラム!!
◆ 情報
◆ 説得
◆ 影響
◆ 操作
◆ 脅し
◆ 威圧
◆ 強制

イギリスのEU離脱に向けた国民投票へのロシアの関与の疑い?
関与は接戦の時に、誇張や偽情報を流す!
大差をひっくり返すのではない!
情報は正確さを求められていない!! なんでもいいのか??
中国は不気味だと!! 一帯一路???
人口が人口である! ビッグデータを活用している!

各国の取り組みは???
ドイツもフランスも遅れている!
中東欧の方が進んでいる! 目の前にロシアがいる!!
第一次世界大戦でドイツはイギリスの見て、プロパガンダを重視した!
ドイツはプロパガンダで負けたと言う総括になっている??


第三章 ロシアの脅威
間違いなく、ロシアはサイバー攻撃をしている!
ロシアと国境を接する国は辛い!!
エストニアはサイバー攻撃を受けた!!
エストニアの情機関の長が言う!!
ロシアは親ロシア勢力を育てようとして、介入する!!
スウェーデンのまとめたその道具そのままである!!
防ぐには???
第一 察知したら辞めさせる
第二 公にばらす
第三 社会の意識を高める
第四 他国、他組織と連携を強化する

1) フェイクニュース工場
IRA フェイク製造工場???
アメリカ大統領選挙に介入する???
プーチンは全面否定!! 当たり前である!!

2) 狙われる選挙
フランス軍事学校戦略研究所!
ロシアがかかわった選挙は?
◆ 2016年 EU離脱
◆ 2016年 アメリカ大統領選    
◆ 2017年 フランス大統領選 マクロンは同性愛?
◆ 2017年 ドイツ連邦議会
◆ 2017年 スペインカタルーニャ独立
◆ 2018年 チェコ大統領選
オバマ大統領の時にも干渉している???

3) スクリパル事件
暗殺は確実に行う! それに毒殺の場合は毒殺と分からないようにする?
がロシアと思うが、放射性物質を使う??
そもそもおかし過ぎる………
スクリパル事件で、犯人はGRUの工作員??

ロシアの「ハイブリッド戦争」の状況を呈したと!
これによりロシアと欧米の、お互いの外交官を追放する!
佐藤優が書いていたが、イギリスには追放要員の人間がいるようだ!
追放し慣れている!!
西側はまとまるが、イギリスが独仏に情報提供したからだと!
別の本だが、この情報は「ファイブ・アイズ」以外に流した…………
それでまとまったと!!
日本は対抗処置に参加しなかった!!

しかし各国の温度差もある!!
イギリスは23人、仏独は4人!
ここに分断のスキがある???
ロシアは見逃さない!!
ロシア系テレビ局「RT」
ここが情報操作戦略の実働部隊だと!!

4) 「別の視点」のRT
2005年に発足!!
ロシア語、英語、仏語、独語、スペイン語、アラビア語で発信している!
問題は多そうである………
著名人や有名人を登場させて信頼性をアピールする!!

5) GRU 任務拡大か
GRUは謎の組織と言う!!
軍の情報機関?? 制御不能????
英国に亡命した、リトビネンコがポロニウムにより殺される?
わざと分かるように使っているのか??
「戦時でなく平時」
「戦場ではなく市民の生活空間」
これが対外政策の転機だと!!
大半の事件のGRUが絡んでいる!!
プーチンは「シロビキ」と呼ばれる人材で政権を固めている!!

6) サイバー・スパイ集団
ロシアのハッカー集団!
「ポーン・ストーム」「ATR28」「ファンシー・ペア」

◆ フィッシング  個人情報やパスワードを盗む
◆ マルウエア   プログラムを狂わす

「ポーン・ストーム」の特徴は?
◆ コンピューターの中に入り、1年以上潜伏し、情報を収集する
◆ 最初に入り込んだアカウントを足掛かりに、組織全体のアカウントに侵入し、
  盗んだ情報をもとに、名前をかたって偽メールを送る
◆ 盗んだ情報を丹念に分析し、敏感な問題を選んで情報を漏洩する

アメリカはロシアのサイバー部隊名まで公表するが、
ロシアは否定する!!

7) ロシアから見た世界
「NATO戦略的コニュニティーセンター」
ロシアは民主主義とは違う価値観がある!
「民主主義は、社会・経済問題を解決出来る強い指導者の政治より劣る?
中国も同じようなことを言っている!

◆ 西側価値観をめぐる西側社会とロシアの解釈の比較
国連にはおおむね好意的?? これだけが同じである!
◆ 価値観、世論、政治の相関関係
◆ ロシアによる世論操作のテクニック
これはよく読まなければならない!
日本の媚中派、親中派に読ませたいが………

8) ロシアが目指すもの
今のロシアは?
自由や民主主義、法の支配、市場経済と言った西側の価値観を再定義して揺さぶり、
社会を分断して最終的に相手政府を不安定化することを狙っている!
ロシアは接戦の選挙や投票を狙う!!
2016年のアメリカ大統領選挙、イギリスのEU離脱の投票である………

ゲラシモフ・ドクトリン? 
ロシアの制服組のトップ! 
ハイブリット戦争を主導する!
プーチンはアメリカに善人ぶって指図されるのが嫌である!
2011年12月のロシア下院選挙でデモが起こる!
当時のヒラリーはデモを支持する!
プーチンの与党は大幅に議席を減らす!!
これが選挙妨害でなくて、何が選挙妨害なのか??


Interview ヤニス・サルツ
「NATO戦略的コニュニティーセンター所長」
ロシアはソーシャルメディアを兵器化し、瞬時に偽情報を拡散させる!
ラトビアで第二外国語をロシア権するかの国民投票があった!
ロシアは西側選挙に関与している!

日本語は世界の主要言語ではない!
文化でも独特のものがあり遅れている??
中国は世界最大のプレーヤーになるだろうと!!

Interview マルガリータ・シモニャン
ロシア政府系国際ニューステレビ局「RT」編集長
「RT」は公平な報道番組である!!
介入などはしていない!!
アメリカの価値観に失望した!!

Interview ドミトリー・トレーニン
カーネギー・モスクワセンター所長
現在は、ベルリンの壁も無く、境界がない!
ソ連が崩壊して、ロシアは未熟な民主主義と言われた!
2016年 アメリカ大統領選挙にプーチンの行動??
◆ アメリカの民主主義の信用を傷つける
◆ ヒラリー・クリントンに対する敵意
◆ トランプに対する期待
世の中きれいごとではない!
権力、金、女である!!
2011年12月のロシア下院選挙でデモが起こる!
当時のヒラリーはデモを支持する!
これに対する恨みがある!!
要は、「他人を批判する時、人は皆道徳家になる」
ロシアの「RT」を批判するが、自分たちはどうなのか??
そう言うことなのか???

 

ドキュメント誘導工作情報操作の巧妙な罠 ①・飯塚恵子

 

« 本・中国の大プロパガンダ 恐るべき「大外宣」の実態 ②(2019/10)・何清漣・福島香 | トップページ | 本・ドキュメント誘導工作情報操作の巧妙な罠 ②(2019/7)・飯塚恵子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

イングランド」カテゴリの記事

スウェーデン」カテゴリの記事

ドイツ」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

ロシア (バルト3国)」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・中国の大プロパガンダ 恐るべき「大外宣」の実態 ②(2019/10)・何清漣・福島香 | トップページ | 本・ドキュメント誘導工作情報操作の巧妙な罠 ②(2019/7)・飯塚恵子 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ