« 本・カルタゴ興亡史−ある国家の一生(2002/6)・松谷健二 | トップページ | 本・習近平の敗北 紅い帝国・中国の危機 ②(2019/6)・福島香織 »

2021年7月 8日 (木)

本・習近平の敗北 紅い帝国・中国の危機 ①(2019/6)・福島香織

Photo_20210708154501


無能でも皇帝になれる共産党体制、すさまじい牢獄国家で暮らすということ、
日本は中国とどう向き合うべきか!
政変、動乱、分裂…  中国を襲う9の厄災。

◆  これでもかと、反中国事情が並ぶ…………
◎ 今世紀最悪ともいえるウイグル弾圧
◎ 節目をむかえるチベット       
◎ 宗教の中国化政策という異常
◎ 中国がしでかした4つの経済失策
◎ シロアリにむしばまれた大木
◎ 豚でも皇帝になれる共産党体制
◎ 軍事クーデターの可能性も

◆  果たして習近平はそんな人物なのか?? 静かな全人代にみる? 習近平の敗北!
・民主化よりも毛沢東的手法を選んだ習近平
・米中対立の本質
・少子高齢化が中国をむしばむ
・ AI顔認識監視カメラによる支配は「1984」の世界
・各地で起こり始めた? 農民の反乱?
・トウ小平システムの破壊者
・香港の中国化による爆発
・退役軍人デモ
・嫌われ習近平に漂う政変のにおい
・中国の本当のGDP成長率は1.67%、もしくはマイナス成長
・原発事故はいつか中国でおきる
・一帯一路戦略は成功するのか

◆  日本は中国とどう向き合うか!
媚中派、親中派の政治家、財界人、学者、研究家、マスコミ、評論家!!
大きなビジネスチャンスと信じて疑わない人もいれば、無関心の人もいる!
中国嫌で、経済クラッシュが起きようが何が起きようが「ざまあみろ」と思う人もいる!
本書は、中国に対する認識のギャップを埋めるために、
脅威も、リスクもできるだけ客観的な材料や中国人の書いた記事、論文を紹介する!
中国とどう向き合えば自分たちの国や企業や社会や身の安全を守れるかを、考えていく!


佐藤優がよく書いているが、イスラエルの諜報機関!
国が小さいので、初期で間違うと国が滅びかねない!
だから真剣にならざるを得ない!!
アメリカは初期で間違っても、圧倒的な力で修復できる!
初期で間違っても、損害が多少増える程度である???
イランのマフムード・アフマディーネジャード大統領!
イスラエルを抹殺しようと言う!
本気で言っている???
イスラエルは調べる!
すると本気でアルマゲドンを信じていると!
お隠れになったシーア派の後継者が助けに来てくれると!!
核戦争を恐れない???

何が言いたいかと言うと、習近平の分析は行っているのか?
ボーっとしている、普通のおっさんにしか見えない!
内容は盛り沢山である!! ① ②と分けて紹介する!!



まえがき  9のつく年は必乱の年
第1章 中国のミンスキーモーメントに備えよ
第2章 嫌われ習近平に漂う政変のにおい
第3章 動乱の予感
第4章 宗教と異民族が引き起こす分裂


第5章 台湾有事と香港スキャンダル
第6章 軍靴の足音
第7章 人口問題と原発と食糧危機
第8章 米中文明の衝突
第9章 日本の立ち位置を考える


まえがき  9のつく年は必乱の年

最後に9のつく年は必乱の年? 必ず乱や厄災が起きる。
1919年五四運動、1949年中華人民共和国建国、1959年チベット動乱、1969年中ソ国境紛争、
1979年は中越戦争、1989年6月4日天安門事件、1999年は法輪功弾圧、2009年ウイグル騒乱、
そして2019年…… 著者は何を当てはめる???
コロナは2019年末である!!

中国の災厄は???
① 不動産
② 政変
③ 習近平の暗殺
④ 人民の反乱
⑤ 民族、宗教による分裂
⑥ 戦争  台湾有事 南シナ海
⑦ 環境汚染・エネルギー危機
⑧ 食料に人口問題
⑨ トランプ大統領の存在?? 

中国の価値観、中国共産党が司会する法!!
西側の憲政、三権分立、司法の独立の道はいけないと!!
「一帯一路」
「中国製造2025」
これらは、挫折、失敗しかけている???
ちょっと信じられないが…………


第1章 中国のミンスキーモーメントに備えよ
中国は破綻する?? そう言われて続けている!!
投資対象としてもまだ中国を勧めてくる金融会社???
批判されている中国の経済対策は間違っていないと!
しかし2014年 中韓は崩壊する??
こう言う題名の本は多い! 皮肉もいわれる!!

著者の情報源は?? 下手に書けばバレてそれこそ逮捕される国である!
うかつには書けない!
そんな中で書いている?????

◆ シロアリにむしばまれた大木

◆ 中国の本当のGDP成長率は1.67%、もしくはマイナス成長
体制内エコノミストの暴露が多くなっている!
ミンスキーモーメント  バブル崩壊を心配している!

◆ P2P インターネット融資プラットフォームの大淘汰?
ここで金の貸し借りを行う!

◆ 中国の4つの経済失敗
1 デバレッジ政策で企業が直面する資金連鎖が断絶
2 企業の債務総額が600兆元 天文学的数字
3 私有制廃止と言う噂で、民間企業が委縮した
4 米中貿易戦争

◆ 民営企業と中国共産党は恋人??

◆ 灰色の扉  不動産

◆ もう一つの灰色の扉  企業債

◆ 2019年 6兆元の社債償還ラッシュ
2021年 破綻していないが………

◆ 人民元が紙くずになる日??
なっていない??? 
李克強首相との権力闘争がある???

◆ 体制内エコノミストが本音を言う??
1 市場化、法治化以外道は無い
2 権威発展モデルから民主発展モデルへの展開
3 改革には自由な討議が必要だ
4 ソ連式イデオロギーの整理 影響力は大きい
5 特殊既得権益者が権力を集中している
6 このまま国家が経済、社会をコントロールし続ければ、
  ただの国家資本主義と権貴資本主義になる
7 中国は長期専制の国である! 転換は困難である!
8 経済資源の再分配を市場ではなく、権力で行っている
9 レントシーキング拡大、腐敗の怪しい連鎖が拡大しており、
改革による責任のように見せかけて、行政の拡大、国家の独占を強化する!
10 改革が進まないのは欠陥があるせいだと!

この内容の通りとは思う!!
しかし中国は崩壊しないし、余計に権威国家になっている!
崩壊はあっと言う間に起こるのではないか………


第2章 嫌われ習近平に漂う政変のにおい
地位が、立場が人を育てる???
日本も同じだが、後継者争いでは、どちらにも属さない無難な人間が選ばれる??
鈴木善幸
宇野宗佑
海部俊樹
村山富市
ざっとそう言う名前が浮かぶ!!

習近平である!!
好老人??? 今や皇帝である!
「司馬遼太郎・坂の上の雲」 
日露戦争時、ロシアの大蔵大臣ウイッテが言う!
皇帝なんか普通の頭があれば出来ると!!
中国では「豚でも皇帝になれる国」
そこまで書くかと!!!!
1 マザコンでシスコン
2 コンピューター音痴
3 李克強首相は成績もよい!
  習近平は推薦で入学、学歴コンプレックスもある!
4 傲岸不遜、自信過剰!
5 親の威光で出世した!
6 胡錦濤について、茶葉売りの息子が最高指導者になるのはおかしい
7 鄧小平は、集団指導体制を残す
  そんな能力のある人間はいない!
8 習近平は個人独裁制に回帰している??
9 派閥がある! 上海閥、解放軍、共青団(鄧小平、改革派、解明派)
10 「韜光養晦」 いつか大国に復活する!!
九段線、米中新型大国関係を提案する!

◆ 国際法廷、フィリッピンとの争いで負け、ただの紙切れだと

◆ 大粛清はクーデターを恐れているのでやった! 
  その例は多い…… 読んでいると嫌になるが………

◆ 宮廷クーデターを恐れる???
  墨汁をポスターにかけられる! ここらの話も恐ろしい!

◆ 軍事クーデターの可能性!
  軍事に習近平は暗い! それが大きな顔をして軍の権利、人事に介入する!
子飼いの軍人を出世さす!! そのうちクーデターか???

◆ 退役軍人デモ! 日本もそうだったが軍縮になると軍と揉める?
  年金も問題になる??
  1979年 中越戦争! 中国は負ける?? その時に手足を失った兵の補償がある!
  親見て我が行き先?? 現役の兵も退役軍人を見ていたら不安になる??
  ましてや台湾侵攻がささやかれている!

◆ 暗殺を恐れる?? 未遂は??
  総書記になる前に2回、一期目に10回、2期目に2回????
  警備は増強されている! 防弾チョッキを着ている!
SPも12人から22人に増強する! 

日本には来なくても良いと思うが………
警備がややこしいし、利用されるだけである???
天皇にも会見させなければならないと!!


第3章 動乱の予感
監視システムは張り巡らされている!!
著者の経験が書かれている!
電話もしておられない??
ビッグデータを収集している!!
カメラは27億6千台????
これだけあれば産業も潤うと思うが??
監視するのはAIで出来るのか??
顔、口座、買い物、キャッシュ、健康何でも分かる!
そう言う話は知っているのに、日本もだらしない!!
監視システムでよくなったのは、マナー???
犯罪は?? 少なくないようである!!
中国の人類創世神話は??
女媧と言う女神が泥人形を作る!
丁寧に作った徳の高い人間と、適当に作った人間には、
生まれながらに差がある!!
血統論信望者???  神話以来の価値観がある!

中国の大衆は無知蒙昧で、導かなければならないと!
大衆も独裁制を望んでいる!

◆ ネット世論誘導
  美味しいと評判の店! 行列が出来て誘導する! サクラだらけである!
  習近平の泊まるホテルのわざわざ質素なものを選ぶ!
  適当に作った人間は、誘導させるべきか???
  ネットの書き込みで誘導する?? または削除する!
人間ばかではない! いくら習近平は偉大なりと言っても生活は変わらない?
それも限界がある?

◆ 人民統治ツールとしての社会信用スコア
  人間に点数を付ける! A、B、Cにランク付けする?
  顧客情報が監視情報に流用する??
  ビザの格付けされている!!

◆ AI顔認識監視カメラによる支配はオーウェルの「1984」の世界
  「天網(スカイネット)」 ターミネーターか??
  取り締まりには効果があり過ぎるが………
  「農村監視システム 雪亮工程」
  少数民族の監視に使う? 新疆ウイグルと言う!!

◆ 政治化する労働争議
  応援する人間は洗脳される!!
  そうしてボロボロになった姿で反省の言葉を述べる姿を放送される!
  顔は蒼白、目はうつろ、歯はボロボロ………

◆ 農民の反乱??
  人為的地震、投資被害、品質不良のワクチン接種の被害!
  コロナのワクチンも信用出来るのか??

このまま中国はますます強権になる………
この国を避難出来ない日本は情けない!!


第4章 宗教と異民族が引き起こす分裂
中国の5大宗教!!
キリスト教、仏教、イスラム教、ユダヤ教、ヒンドゥー教!!
台湾統一とキリスト教、チベットとチベット仏教、ウイグルとイスラム教!
中国の宗教は中国で決める!!
カトリックのケネディ大統領は、アメリカとヴァチカンのどちらを優先するのか?
同じことが中国で起こる??? それを恐れる??

◆ 21世紀最大の民族浄化政策!? ウイグル弾圧
  イスラム教徒である!! 弾圧がある!
1 豚肉を食べさせる? 酒も飲ませる?
2 再教育施設 逆らえば拷問か? 何に対する再教育か??
3 血液と臓器検査を受ける?? 明らかな臓器売買である?
4 得体の知れない飲み物を飲まされる?
5 留学生のパスポートを取り上げて帰国させる
6 「脱過激化条例」 宗教の中国化である!
7 民族の持つ固有の文化、宗教、伝統、文化を破壊し中国化する
8 陳全国  習近平の子飼い?? 習近平の三大悪代官の一人?
ウイグルを監視社会にした! チベットもか??
チベットでは僧侶に再教育を施して、ダライ・ラマ14世を批判させる!
9 中央アジアのイスラム教徒を中国化する! 一帯一路に関係している!
10 フランシス・フクヤマに中国における政治は人民を管理することにある!

◆ チベットでは、ダライ・ラマ14世が自分の特権を守るために害をなしたと!
1 同じく再教育がある
2 尼僧には、性虐待、レイプがある!
3 ダライ・ラマ14世は中国と話し合うで解決したい!
4 もし亡くなれば過激派がどう動くか分からない??

◆ キリスト教弾圧 要は、中国の言うことを聞けと!!!
  もはやキリスト教徒ではない???
  徳川時代に、信者のために若き神父が日本に密航したが………

◆ 仏教の堕落
  例えが違うが「塩野七生・海の都の物語」
  修道院の尼僧の男狂いの話があった!
  釈学誠 ハーレムを作ろうとした!!
  汚職疑惑もある!!
  袈裟をまとった悪魔?? が、習近平は寛容である!
  「習近平は菩薩の化身」
  両者持ちつ持たれつつであると!! 腐敗が生じやすい………

◆ 中国共産党は宗教を恐れ続ける!
  中国王朝の動乱期には宗教が絡む!

しょせん、宗教の管理は無理である!!
創価学会も無理しない方が良いと思うが………

 

習近平の敗北 紅い帝国・中国の危機 ①・福島香織

 

« 本・カルタゴ興亡史−ある国家の一生(2002/6)・松谷健二 | トップページ | 本・習近平の敗北 紅い帝国・中国の危機 ②(2019/6)・福島香織 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・カルタゴ興亡史−ある国家の一生(2002/6)・松谷健二 | トップページ | 本・習近平の敗北 紅い帝国・中国の危機 ②(2019/6)・福島香織 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ