« 本・文在寅の謀略 すべて見抜いた!(2020/3)・武藤正敏 | トップページ | 本・習近平の敗北 紅い帝国・中国の危機 ①(2019/6)・福島香織 »

2021年7月 7日 (水)

本・カルタゴ興亡史−ある国家の一生(2002/6)・松谷健二

Photo_20210707232301


ローマに滅ぼされ、いまは跡形もなくなった悲劇の海洋国家、カルタゴ。
その成り立ちから、名将ハンニバルとスキピオがすべてをかけたポエニ戦争の各場面、
度重なる戦いの末の国家の滅亡までを、簡潔にいきいきと描く。


松谷 健二もよく分からない???
ドイツ戦記物の翻訳で名前は知っていた!!
そう言うことからは、戦略、戦術には精通している!
ハンニバルに関しては、「塩野七生 ローマ人の物語 ハンニバル戦記」が詳しい!
内容は下記の通りである!!
建国から滅亡までである!!


一 国家カルタゴの成立
二 シチリアの争奪(ディオニュシオスの死まで)
三 シチリアの争奪(アガトクレスの死まで)
四 カルタゴ事情
五 ローマ登場(第一次ポエニ戦争)
六 傭兵の乱(リビア戦争)
七 ハンニバルと第二次ポエニ戦争(カンナエまで)
八 戦雲逆転
九 ハンニバルの死
十 カルタゴ滅亡(第三次ポエニ戦争)
あとがき


一 国家カルタゴの成立
フェニキア人??
フェニキアはカルタゴの本国のようなものだった?
キプロス、レバノン山脈とある!
レバノン杉がある! 有名である!
商品になる? 造船に適している!
必然的に地中海へ乗り出す!

エジプトは「海の民?」と呼ばれる蛮族の侵入を受ける!
この時期、青銅器時代から鉄器時代へ移行している!
エジプトが衰えて、ペリシテ人が勢力を伸ばす!
フェニキア人とイスラエル人が同盟を結ぶ!
ギリシャでは、ミュケナイが破壊される!

フェニキアの都市 チュロス!
商業都市として栄える!
伝説がある!!
チュロス王の妹は、王の叔父と結婚していたが、夫は王に殺される!
妹は財宝を積んで亡命する!
リビアである??
ここに国を造る??
ローマも絡んだ伝説もある!

スペインの航路をめぐる争いがある!
カルタゴは、本国チュロスをしのぐ!
カルタゴ・エトルリア連合艦隊が、ギリシャ艦隊に大打撃を与えた!
カルタゴは力を付ける!!!


二 シチリアの争奪(ディオニュシオスの死まで)
シチリア!
ギリシャ系植民都市が築かれる!
当然利害がある!
カルタゴとギリシャで、ローマは出てこない!

カルタゴは防衛の為に、傭兵制を取り入れる!
ヌミディアの騎兵などである!
リビア、ガリア、ギリシャ………
国民兵か??  傭兵か?? 
どちらが良いのか??
同じく海洋国家のヴェネツィアも

スパルタが植民地をカルタゴの近くに造ろうとするが、潰す!!
僭主制??
大衆の怒りと不満に支えられ、非合法な手段で政権を獲得し、
貴族性を憎む大衆に支援されている支配者を言う!
シチリアでは僭主制が生まれる?
この時期、紛争は絶えない
その度に、カルタゴ、ギリシャに援軍を求める!
偶然か? ペルシャのギリシャ攻撃がある!
カルタゴのシチリア武力介入が同時期である!
ペルシャ・カルタゴの秘密協定があったと言う疑いはあった???
この武力介入で大敗北を喫する!!

以降カルタゴは不介入政策を取った!
がシチリアはギリシャ系同士の争うになる!
アテネにスパルタである!
ペロポネソス戦争もある!
この状態で、カルタゴは援助を依頼される!
カルタゴは同じ名前が多い!
ハンニバルが個人的復讐を兼ねて攻撃し、捕虜を殺し奴隷とする!
勝利するが、ギリシャを巻き込んでいる!
三度戦いは起こり、最初は負けるが逆転勝利である!

戦後、頭角をあらわしたのは、ディオニュシオス!
この時、疫病も流行った??
ディオニュシオスは軍備をも拡大する!
カルタゴからの解放戦争になる!
攻城兵器も発達する!
ギリシャ有利でカルタゴ系の住民は殺される!
シュラクサイが危うくなる………
ここで又疫病が流行る!
カルタゴは衛生観念に欠ける?
敗北したカルタゴは、アフリカ属州の叛乱を招く………

ディオニュシオスは勝利者であるが、カルタゴも負けてはいない!
ディオニュシオスの脅威を感じるものは、カルタゴの味方をする!
ディオニュシオスは40年カルタゴと戦った!
膠着状態で亡くなる………
カルタゴは、ギリシャの影響を受ける!
太宰治の短編、「走れメロス」に関係している???


三 シチリアの争奪(アガトクレスの死まで)
ディオニュシオスの息子、ディオニュシオス二世が後を継ぐ!
が、お坊ちゃんである!
内乱である? プラトンの弟子 ディオン!
当時の資料は、ギリシャ側だけである!
カルタゴの記録はない!
時代はアレキサンドロスが登場し、母都市のチュロスが破壊される………

アガトクレスが登場し力を付ける!
カルタゴはこれを恐れる!
戦いになる!
ギリシャは援助出来ない!
その中で、カルタゴ本国を直接攻撃する!
これに勝利する!
カルタゴの危機である!

アレキサンドロスの将、プトレマイオスはエジプトを取り分とする!
アガトクレスはシチリアを、プトレマイオスは北アフリカを取る!
そう言う条件で戦うが、仲間割れである!
カルタゴもクーデター騒ぎがある!
が制海権はカルタゴにある!
結局カルタゴは勝利する!
講和は緩やかなもののようだ!
アガトクレスは王になり死ぬ!
後継者がいないと判断し、民主制に戻す!
ローマは地平線にかかる眇たる黒雲に過ぎなかった…………


四 カルタゴ事情
カルタゴ市内は港を中心に構成されている!
◆ カルタゴの政治形態は、王制、貴族制、寡頭制、民主制を混ぜたようなもの??
◆ 軍司令官は、戦いがあれば選ばれる!  傭兵である!
負ければ処罰される!
◆ 元老院? 裕福な市民が選ばれて終身で、30人?
◆ 人口は、ローマに比べて圧倒的に少ない! 40万人??
◆ 通商国家である! 象牙と繊維を集まる!
象牙??  象が住んでいた!!
◆ カルタゴは平穏だった………


五 ローマ登場(第一次ポエニ戦争)
ローマはギリシャと比較にならない強敵である!
シチリアで対立する!                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   
ローマも内戦で勝ち上がる!
次第にお互いをまともに見るようになる………

エピロス王、ピュロス!!
英雄である!
ハンニバルがスキピオに言った言葉がある???
塩野七生が書いているが、当時の古今の名将で順位を付けると?
1位 アレキサンドロス、2位 ピュロス、3位 ハンニバル………
スキピオが私に負けたハンニバルが私より上とは?
勝っていれば1位に来ていたと!
面白い話であるが…………
このピュロス王が戦い、ロ-マに勝つが嫌気がさして引き上げる!
ローマは大国になる……… 
嫌でもお互いを見る!
メッサナの事件で、援助をカルタゴに求めるが、ローマをと言う勢力もある!
ここで戦争が始まる!
海軍力はカルタゴが優勢である!
ローマはカルタゴの船を参考に、建造する!
カルタゴもである

ローマは素人海軍である?
船から船へ乗り込む移乗用の橋である?

ローマはカルタゴ本国を狙う!
海軍も充実する………
カルタゴの海軍は負ける!
カルタゴの、スパルタの傭兵が来る!
これが活躍しカルタゴは陸戦で勝つ!
ローマは再度援軍を送り込む、カルタゴ海軍を破る!
捕獲するが、嵐で失う!
そのあとも嵐で艦隊、150隻を失う!!
お互い海軍の再建には時間がかかる!
カルタゴも金と人が底をつく???
陸上では一進一退である!
が海軍は嵐で、ローマが壊滅する!

ハンニバルの父、ハミルカル・バスカルが活躍している!
が、国内にも妬み嫉妬がある???
カルタゴは海軍にも人がいない??
劣勢である! ローマは充実している!!
海軍は負けて、講和になる!

ローマは何故シチリアにこだわったのか?
ローマの威信を保ちたい!
勝利が必要だった!
ここから学ぶ!!
現在は、ギリシャ・ローマと連帯があると思うが、
当時はそうではない!
海軍国カルタゴは、一度しか大勝利を得られなかった?
カルタゴは、将来戦いがあれば、イタリア本土で決着を付けなければならない?
そう考える………
シチリアを失い、スペインの開発に乗り出す………

六 傭兵の乱(リビア戦争)
ハミルカル・バスカルは高額の報酬を約束していた!
傭兵たちは当てにしているが、政敵ハノンは約束を守ろうとしない!
傭兵たちは叛乱する!
この交渉にハノンは失敗する!
多くの離反を招く!!

ハミルカル・バスカルが鎮圧する!
しかしカルタゴは苦境に陥る!
シュラクサイ、ローマはカルタゴに融和的である!
最終的には殺し合いをしている!!
決戦にハミルカルは勝利する!
3年と4カ月続く戦いが終わった!
が、ローマは態度を変える!
カルタゴは植民地を失う!
両雄は並び立たない!!
ハミルカル・バスカルは、スペイン建国の大計画に走る………


七 ハンニバルと第二次ポエニ戦争(カンナエまで)
スペインに行ったのは、ローマへの復讐のためだったのか??
スペインでハミルカル・バスカルは死ぬ!
それまでに地盤を固めている!
女婿ハスドルバルが後継者である!
ハスドルバルは暗殺される………
25歳のハンニバルが後継者になる!
スペインを平定しているが、ローマから使者が来る!
ローマは保護下にある町の為にハンニバルに注意しようとしている!
ハンニバルは、ローマに憎しみを持っている?
ギリシャ語もラテン語も達者で、歴史に精通し、ローマにも詳い!
第一次ポエニ戦駅から24年経っている!
ローマの保護下の町、サグントゥムを攻める!
陥落させて、エブロ川を渡る………

カルタゴもハンニバルに賭ける!!
海軍力と陸軍力の両立は無理である!
陸路を取る!  アルプス超えである!
スペイン防衛の兵を残している!
歩兵38,000、騎兵8,000、戦象37頭を率いる!
この像は何処の象か??
実際に北アフリカに生息していたようだ!
型の高さ2.5ⅿ、インド3ⅿ、アフリカ3.5ⅿである!
ローマはハンニバルがイタリア本土へ向かうことを知る………

アルプス超えは15日、ローマまでは3カ月である!
スピードがある!
ハンニバルの損害も多い! 半減している!
しかし協力者も多い!
ケルト志願兵は14,000と言う!

◆ ブランケンティアの戦い
捕虜同士を戦わせて、戦意を高める!
ポー川の戦いでカルタゴが勝つ!
その後の戦いで4万の内14,000が生き残る!
カルタゴも被害は多いが、ケルト人が大半である!
◆ トラシメネス湖の戦い
ハンニバルはローマの将軍の性格を掴んでいる!
圧勝である! ローマ軍は壊滅である!
◆ ローマは持久戦になる?
ローマも将軍二人でまとまりがない!
ナポレオンはえらい! 二人の良将より一人の愚将か??
◆ カンナエの戦い
どの国の士官学校で教える!
この戦いが、シュリーフェン計画を産んだと言う!
第一次世界大戦である!
まれにみる包囲撃滅戦である!!
司令官二人の意見が一致しない!
ローマは毎日交互に軍の指揮を執る!
それを見越して戦いが始まる!
ハンニバルの思い通りか???
ローマは7万の死傷者?
実際は戦死45,000、捕虜20,000か?
カルタゴは戦死5,700と言う!!

孤の古戦場は特定できていない!
ここでハンニバルが負けていれば、第三次ポエニ戦争は起こらず、
カルタゴはローマの属州になっていた…………


八 戦雲逆転
ハンニバルは、天才的用兵家ではなく、政治家としても一流である!
ローマの同盟国の離反させる!
大量離脱までは行かない!
ローマ攻略もならない!!
公正から見ると、ハンニバルのツキもここまでだった???
ローマは勝つために決戦を行わず、消耗戦を挑む!
ローマはスペインに援軍を送る!
カルタゴは人的資源が不足している!
スペインからの援軍は??
スペインではローマはハンニバルと同じことをする!
同盟の切り崩しである!
スペインで、ローマに弟が負ける!!
援軍は来れない!!

ハンニバルは、マケドニアのフィリッポス五世と同盟を結ぶ!!
ローマの戦意をくじいて講和に持ち込む!
ローマを滅ぼそうとは思っていない?

シチリア情勢はカルタゴに有利である!
シュラクサイをローマは包囲する!
アルキメデスがいる!!
色々な兵器を開発し、使用している!!
が、シュラクサイは陥落する!
ローマ侵攻から7年経っている!

次いでカプアも陥落する!
ここを守るために、ハンニバルは、ローマの城壁にき挑発する!
カプアは見せしめの為に報復は激しい!!

シュラクサイとカプアを失うが、スペインは好調である!
ローマはスキピオである!
スペインで戦いがある!
兵力的にはそん色はない!
がここでカルタゴは負ける!
兵は逃げる…………
弟マゴはハンニバル救援の為にローマに向かう!
カルタゴは、スペインを失う………
また弟ハスドルバルは3万の兵でローマに向かう!
兄と合流しようとするがローマに知られ、ローマ軍に敗れる!
首はハンニバルの陣営に投げ込まれる!!
カルタゴ本国も干上がっている??

当然ローマはカルタゴ本国侵攻を考える!
海軍力は、カルタゴは無いに等しい………
スキピオと対決する!
和平?? ハンニバルを呼び戻す??
それらは消えて戦いになる!
スキピオが勝つ!!
和平条件がある!  かなり厳しい!!
二度と大国になれない!
この責任は、ハンニバルにあると!!

ハンニバルは、帰国する!
15年が経っている!
12,000から15,000の兵を率いて帰国する!
マゴの軍、12,000と合流する!
和平条約をカルタゴの元老院は承認しない………
戦いでの決着になる!!

◆ ザマの会戦!
ハンニバルは4万の兵に戦象80頭、兵力は伯仲している!
スキピオVSハンニバル!!
これにハンニバルは負ける!
最初にして最後の大敗北である!
過酷な和平条件を受け入れる………


九 ハンニバルの死
ハンニバルは19年後に死ぬ!
ザマの会戦後、名目上の軍司令官になる!
カルタゴは、貴族政治の腐敗が目立つ!
そのため行政長官に選ばれる!
が反ハンニバルの感情がある!
ハンニバルが陰謀を企てている??
ハンニバルはカルタゴを後にする!
シリアのアンティコス三世と面会する!
ハンニバルは、ローマとヘレニズム諸王国の衝突は不可避だと!
アンティコス三世はインドまで攻め入っている!
反ローマの感情も利用する!
離反するイタリアの有力な味方も出来るかも………
アンティコス三世はローマに敗れる!
ハンニバルの命が危ない………

ハンニバルはクレタに向かう!
ローマは戦勝で奴隷が多くなる!
農業に従事するが、自作農を圧迫する!

ハンニバルは自害する………
紀元前183年、182年、181年とある???
ローマはカルタゴ、ハンニバルには一方的な評価である!
賞賛もある!! わざとほめているのか?
「胆力をもって困難な戦闘を遂行し、暑さ、寒さに耐えて、
特別な食べ物もなく、寝るには静寂も寝床も必要としなかった!
 部下とと同じように振る舞った!」

勝者の余裕が書かせる………」


十 カルタゴ滅亡(第三次ポエニ戦争)
マシニッサ!」
カルタゴは目覚ましい経済復興を為しえる!
敗戦から10年んで賠償金全額を支払うと!
これをローマは恐れる!
マシニッサはカルタゴを侵食する!
これをローマは止めない! 煽っている!
カルタゴの忍耐も限度になる!!
そのまま現状のローマへの隷属を続ける!
マシニッサと交渉する??

マシニッサに土地を不法占拠されて訴え出る!
ローマは、大カトーである! 常にカルタゴ抹消を言う!
ローマはカルタゴを滅ぼすために計画を立てる??
ようはいちゃもんを付ける!!
ローマは開戦の口実を探している! カルタゴが条約を破る??
その通りになるが、ローマの条件は厳しい!
カルタゴ市からの立ち退きと、カルタゴの全面的破壊である!
海の近くに住むなと!!
ローマは講和を求めない!
獲物が多いと志願兵も増える!
が質は悪い!
カルタゴは玉砕を覚悟し、戦う!!

ローマは精鋭を送る!
カルタゴの包囲である!
大城壁であり、強固なものである!
3年後、ローマはけりを付けにかかる!
激戦は6日続く!
最後は自ら火を付ける!
10日以上燃える………
兵には掠奪を許す!
降伏した敵は奴隷として売る!
永遠に人も住めずに作物も出来ないように塩をまく!
しかしスキピオは思う!!
「今は栄光の時である! 
いずれ同じ運命が我が祖国を見舞うのではないかと!」

カルタゴは700年の生涯を終える!
これは長いのか? 短いのか?
カルタゴはヌミディアなどに住みつく!
それなりに開発されるが、カエサルが、ローマの植民地として再建する!
1985年、2131年ぶりにローマ市とカルタゴ市は和平条約を結ぶ!!


あとがき
よくカルタゴと現在日本は似ていると??
そうかなと???
ヴェネチアも通商国家である!
カルタゴは、カルタゴ人の手で歴史が伝わっていない!!
謎が多い国であると!!

 

カルタゴ興亡史−ある国家の一生・松谷健二

« 本・文在寅の謀略 すべて見抜いた!(2020/3)・武藤正敏 | トップページ | 本・習近平の敗北 紅い帝国・中国の危機 ①(2019/6)・福島香織 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

古代史」カテゴリの記事

イタリア」カテゴリの記事

中東」カテゴリの記事

アフリカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・文在寅の謀略 すべて見抜いた!(2020/3)・武藤正敏 | トップページ | 本・習近平の敗北 紅い帝国・中国の危機 ①(2019/6)・福島香織 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ