« テレビ・ドラマ・ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル シーズン1 2005 fulu | トップページ | テレビ・ドラマ・NUMBERS 天才数学者の事件ファイル シーズン3 2006 fulu »

2021年6月15日 (火)

テレビ・ドラマ・ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル シーズン2 2006 hulu

Photo_20210607212301


リドリー・スコット&トニー・スコットプロデュースによる1話完結ドラマ!
サスペンス・ミステリーにアクション、家族愛など、奥深いストーリー展開が魅力!
FBI捜査官のドンと天才数学者のチャーリーは、タイプが全く異なる兄弟!
チャーリーは数学の論理を犯罪捜査に応用し、ドンと協力して難事件を解決していく!


シーズン2である!!
色々女性が出て来る!
この数学者、ハッキングはしない!
与えられた情報で勝負する!!!
エピソードは24話!! 出演者は下記の通りである!!


◆ ドン・エプス  ロブ・モロー       
FBI特別捜査官  兄
◆ チャールズ・エプス  デイビッド・クロムホルツ 
数学者/FBI/NSAコンサルタント  弟
◆ アラン・エプス  ジャド・ハーシュ     
元LA顧問都市計画家  父
◆ メーガン・リーブス  ダイアン・ファー    
FBI捜査官/プロファイラー(第2シーズンから)
◆ アミタ・ラマヌジャン  ナヴィ・ラワット    
数学者/FBIコンサルタント 
◆ デイビッド・シンクレア  アリミ・バラード    
FBI捜査官
◆ デイビッド・シンクレア  アリミ・バラード    
ニューヨークブロンクス出身の苦労人
◆ イアン・エジャートン  ルー・ダイアモンド・フィリップス  
FBI特別捜査官。全米屈指の追跡と狙撃の名手。
◆ コルビー・グレンジャー  ディラン・ブルーノ
FBI捜査官(第2シーズンから)
◆ ラリー・フラインハート  ピーター・マクニコル
物理学博士。南カリフォルニア工科大学の終身教授の肩書きをもつ
◆ ゲイリー・ウォーカー  ウィル・パットン
ロス市警ギャング対策課の警部補

Photo_20210607212401

Photo_20210607212402

Photo_20210607212403

Photo_20210607212501

第1話 「正義への報復」
連邦地裁のベテラン判事の妻が、自宅車庫で射殺される!
どうしても、判事の裁定を恨む者の犯行と考える!!
ダンたちは、まず判事が現在担当している公判の被告、アジア系ギャングの首領ダニーを疑う………
彼にもナンバーツーのレイモンドにも、容疑を決定づける証拠がない!!
しかしチャーリーが逆から考える!
判事に殺そうとして、間違ったと思われている!!
逆に、夫人を狙ったのではないかと??

メーガン・リーブス(ダイアン・ファー)が新メンバーである!!
きれいな人であるが………
ドンは惹かれている???

Photo_20210607212302

判決は支持しない人間もいる!
いろいろある!!
密告屋もいる! 複雑に絡み合っている!
判決に納得できない人間もいる………
終われば単純な理由である!!


第2話 「誘拐事件の真相」
ギャンブル依存症???
ラウシュ宝石店で強盗事件が発生!!
犯人の女は店主の妻と娘の拘束写真を見せて誘拐を示唆する!!
いったんダイヤを奪うが、店を出る前に警備員に射殺される。
FBIは女の身元から人質の行方を探ろうとする!
女の所持品は車のキーだけである! 当然リモコンである!
ここでチャーリーのうんちくがある!
何故リモコンで特定の車が開くのか??

車は見つからない!!
こう言う場合は人質を取られた男は警察を排除したい!
しかし女の身元が分かる!!
そこからまた面白いことが分かる???
ノミヤである! こう言う場合はハンデ師がいる!!
そこから芋ずる式に分かって来る!!
マッチポンプの犯罪か???

しかしギャンブルは、はまるともどうにもならない!!
上手く行けば、行くはずのない犯罪か???


第3話 「狙われたスター」
ビキニ姿で夜に自宅で泳いでいる女性がいる!
人気ポップスターであるが、自宅に不審者が侵入する!
防犯カメラに犯人の映像は映っていない………
そこでチャーリーとラリーが自宅の模型を作り、
防犯カメラの画像のデータ解析を始める………
防犯カメラの絞りが細工された痕跡が見つかる!!

捜査は進むが、セレブと言うか、上流階級の女性は狙われる!
売れ無くなればパパラッチも来ない!
そうなれば逆に何故来ないのかと??
なんとなく良く分かる………

わがままな人種の犯罪である!
何をやるにしても理由がある!
自分勝手なものでも………


第4話 「小さな目撃者」
解雇、倒産………
倒産した大企業シンテル社の財務担当女性重役が、自宅で射殺される!
そう言う立場にいると、狙われる! 検察側の証人である!
破産申請の原因の粉飾決算である!
FBIも警戒していないのか???
捜査を進める一方で、11歳の遺児を保護する!
何も見ていないが、
ドンは母の死を目撃したショックの遺児を放っておけず、父アランに預ける!
証人保護を断られている!

金を失った人間が、ごまんといる!!
容疑者をひとり拘束するが、きな臭いことを言う!!
捜査が進むと欲の皮が突っ張っている!
意外な犯人が???
それにしても自分の車で殺しに行くかと!!


第5話 「暗殺の確率」
過保護のママがいる!
逮捕に行くが、書類を焼いて逃げようとする!
焼いた書類が分からない!
公文書偽造犯と思われ、大した事件ではないと思われたが………
チャーリーは手帳の暗号を見て、暗殺計画のコードだと断言する!!
実際にそうだと断定する!!
偽造犯は小心者である!
直ぐに自供し、ターゲットがコロンビア人の青年だと!!
反政府活動家の父と兄を殺害されている!!!

では依頼はコロンビアか???
コロンビアは麻薬組織の言いなりであると!!
ドンは仕事が妻である????
家庭もほっちらかしである!
父も気を使っている!
兄弟で言い合いもある!!

ターゲットはもうコロンビアのことは忘れたい!
が名前が問題である! でもコロンビアは殺したい!!
大使館の人間に協力を求める!
祖国を裏切れない!
違う、人を救うのだと!!
なんとなく怪しいが………

ドンも罠を張る!
先を読んでいる!
暗殺者は分かるが、黒幕は???
スッキリしないが………


第6話 「狙いやすい標的」
地下鉄でのテロ???
が、地下鉄で行われていた国土安全保障省のテロ対策訓練である!!
本当にホスゲンガスが撒かれる………
ドン達FBI捜査官は捜査を開始するが………
安保省の訓練責任者は、FBIを舐めている!
ホスゲンガスは偶然発生する可能性が低い???
ドンは訓練の延期を提言する!!
が、無視して訓練を進めると!!!

捜査が進む!!
チャーリーは、捜査員の誰も理解出来ない数式を使う!
標的を推測する………
意外な展開である!!
敵の味方は???
ターゲットは?? 威勢のいい奴ほど軟弱である!
犯人は目的を達成出来たのか………


第7話 「データマイニング」
押し込み強盗が発生する!!
プールに死体がある………
事件は7件発生しているが、犯人が覆面をした3人組である!
共通点は、裕福な家庭の高級品ばかりが狙われている???
事件は回を追う事にエスカレートし、
2つの事件では家族をかばった父親が殺害されている………

捜査は進むが、さらに問題がある!
チャーリーは宿敵に自分の理論が間違いだと言われる!!
公私に悩みがある!!
事情が分かっている彼女も、敵と食事している!!

高級家具などが売買されている!
それを掴む!! 犯人の数は??

携帯電話の解説がある!
面白いが………
チャーリーは宿敵にヒントを貰う!!
犯罪は、社会的地位のある人間が絡んでいるのが多いようだ!
個人情報を掴めるので、目標を見つけやすいのか??


第8話 「隠された写真」
ドンは大規模な覚せい剤密造・密売組織の摘発に乗り出すが………
チャーリーのネットワーク分析を活用する!!
まず密造工場の摘発だが、女性が思わぬところに現れて危機になる!
これには成功するが、手下が電話で警告していた住所をメーガンたちが襲撃するが………
いきなり家が大爆発する!!
メ―ガンは捜査官が一人死に責任を感じるが………
犯人逮捕に執念を燃やすが、意地になっている!!
独走する!!!
メ―ガンは醜い顔している!
犯人を追う!
チャーリーに警告されていたが、突っ込んだ………
メ―ガンが人の言うことを聞かない!
チャーリーも女の子を助けたい!!
この女子の素性がある!!
面白い!
メ―ガンの執念がある!!
チャーリーの偏った正義感がある!!
被害者は目の前だけではないと!!
なのに目の前しか見れない!!


第9話 「姿なき告発者」
プールで泳いでいた父親が発作で倒れて死ぬ!
それまでに、市販薬を使った市民4人が発作を起こしている………
国立衛生研究所は不審な発作と認定する!
FBIは、異物混入事件として捜査を開始するが………
混入物質はプライマレクトという鎮静剤である!
しかし発作を誘発する危険から販売中止である!
混入された対象(市販薬)はまちまちである!!
製薬会社は居直っている!!
回収や警告も出来ない………

新聞声明が発表されている!!
目的がだんだんわかって来る!
要は責任追及である!!

捜査が進む………
「ケーニヒスベルクの橋」が出てきた!
チャーリーが潜伏位置を推定する………

真実が見えて来る………
狙撃戦になるが………
なかなか面白い展開である………


第10話 「所有権争い」
民族博物館で殺人事件が起きる!!
深夜で女性の研究員である!
遺体の傍には、方程式がびっしり書かれた手帳が………
炭素年代測定法の方程式???

だが博物館の館長によると被害者は目録を作成する担当である!
装置を使って年代を調べる専門家が別にいる!
つまり自分ではやっていない???

先住民???
頭蓋骨が誰なものか??
先住民か? それとも他の人間か??
それにより権利が変わって来る???
醜い争いか?? 民族の誇りか??
埋葬の場所を推定するのに、ハンバーガー屋の出店の計画を利用する………


第11話 「放火捜査のカギ」
放火事件があり、4件目は大型SUV車のディーラーが放火され死者が出る…………
現場でチャーリ-は消防士と対話する!
数学では負ける??
火災は数学がいる!!

過激な環境保護団体「ELM」による連続放火事件か???
チャーリーは、消防の放火捜査官から協力依頼を受け喜んで分析を引き受け!!。
現場の写真から容疑者を見つけ出す!
火災にも指紋、いや火紋がある!
過去のデータから推測する!!

天才がいる!
チャーリーもそうだったが孤独である!
試験の時には教えてもらいに来る!
が、その他では仲間外れである!
昔読んだ短編がある!
相手にされない女性がいる!
孤独である!
レイプに会うが、誇らしげに私が被害者だと!!

この天才も自分が認められたい!
その自供は??????
マッチポンプ??? まさしくそうである!!!
放火犯と消防士が一緒である……… 面白い!!


第12話 「報復の連鎖」
殺人事件が発生するが、ここにロス市警が来る?
こそっとである!!
トリートギャング、「23番街シンジケート」に潜入していた覆面捜査官が、
車からの発砲を受けて殺される………
が、正体がバレた訳でもないらしい………
ドン達捜査官は、捜査を開始する!!

黒人のギャング団か???
捜査は難航している???
施設なのか、そこが協力的ではないみたい??
苦労して名前を聞き出すが………
悲劇的な結果になる!!
直ぐにロス市警の刑事が必ず顔を出す!!

長い殺人なのか??
目的を果たすまでには………
デイビッド・シンクレア(アリミ・バラード)の優しさがある!


第13話 「賭けの代償」
カードである!!  チャーリーの出番である!!!!!
ゲームで負けた人間がいる!
カジノの駐車場で男性客が殺され、19歳の学生である!
彼の車からは数字が書かれたノートとニセのIDが見つかる!
ノートの中身は全てブラックジャックに勝つためのカード・カウンティングの方程式である!
現在ではカードを数えて覚えるのは禁止なのか???
これを見抜いたのは…………

被害者の学生はカードにはまっている?
これを見抜いたのは、ラリー・フラインハート(ピーター・マクニコル)
儲け過ぎて目を付けられている!
カジノに調査に行き、またまた儲けに行くが………

人間、始める時は1000円からで、だんだん増えていく!
欲はほどほどに………
数学者らしい捜査である!!!


第14話 「臓器売買」
表彰式がある! プレゼンターはチャーリー???
受賞者は……… その時に連絡が入る!
ダウンタウンのホテルの地下が怪しいとドンたちが現場に赴く………
行くと使われていないはずの地下室内は血の海である!
インド人の若い娘がいる! 怯えている!!

チャーリーがFBI来る! 受賞したアミタも同行している!
アミタはインド系で、被害者がアミタに何か言う!!

ホテルの裏口に不審な救急車が停まっていた………
そこから病院に行く! その患者は死ぬ!!
インド人女性である!

1,000ドルで腎臓を売る! それで2.3年家族が生活出来る!
8万人が移植待機である!
毎日17人死ぬ……… 違法腎臓売買である………

ジョン・ホプキンス大学が出て来る!
コロナではよく情報発信していたが………

移植が無ければ死ぬ! その時家族は??
危機一髪であるが、ほっとする!!!
実際に多いのだろう…………


第15話 「狙われたハイテクマシン」
ランニングの風景がある!! その後強盗である??
理科大のラボからDNAシンセサイザーが強奪される………
これでDNAの加工や複製ができるため、生物兵器を作れる!!
コロナウイルスも出来るのか?????
装置やラボには厳重なセキュリティシステムが敷かれているはずだが………
難なく盗めたのは、内部に協力者が…………

怪しいのが、ランナーである!
実際に消えて、名前も分からなくなる! 死んでいる!

天才VS天才!!!
犯罪動機はひがみか?? 嫉妬か?? 自己顕示か??


第16話 「追憶」
ロス市街にある陸軍事務所で爆弾テロが発生し、市民1人が犠牲となる!
陸軍事務所と言うことで
ドンたちの前に現れたのは、35年前に同様の爆破事件を担当した元ベテラン捜査官が現れる!
ロバート・フォスターが演じる! こう言う役が多い!!
手口から判断して、35年前に容疑をかけられて逃亡した平和活動家が再浮上した………
が、ドンは最初から合わない!
まして父が容疑者と仲間だった???
捜査から降りるように言われるが………
35年前と同じ???
だいたい35年前の犯人が、同じことをするのかと!!
犯人ですよと言っているようなものである!!

容疑者の妻と娘がいる!
事情を説明しても拒否される!!
しかし父を知らない娘がチャーリーのところに来る!
容疑者のブラシを持って来る!!
確認して欲しいと!!

パズルを解くように明らかになって来ている!
メチャメチャ面白い!!!
犯罪防止のためなら何をやっても良い???
楽しい展開である!!!


第17話 「マインド・ゲーム」
捜査員が調査して死体を発見する!
メ―ガンが通報があったかと聞く………
「霊能者」????
「霊能者」VS数学者!!!!
頑張れ、数学者、チャーリー!!

「霊能者」の通報から、森で若いラテン系女性3人の遺体が発見される………
3人とも腹を切り裂かれ、周囲にはロウソクと像が置かれている………
当然FBIは「霊能者」を疑う!! しかし明確なアリバイがある………
メ―ガンは家族構成を当てられて動揺する………
エピソード16に次いで面白い!!

ラテン系と言えば不法移民らしい………
コヨーテ?? 密輸組織!!
エルサルバドルにメキシコ…………
犯罪の内容が分かって来る!
が、ドンは「霊能者」に協力を求める!
チャーリーが怒り狂う………
カード25枚の色を全部外す!!
ここはトリックを見抜く! チャーリーが………
兄弟喧嘩になるが………
「霊能者」は自分の協力を書いて貰う!!!
あとでFBIに協力求められたと言いまくれる???

ルーマニアに行ったときガイドさんが言っていた!
よく当たる「霊能者」「占い師」「魔女」そう言う人がいる!
警察も相談に行く???
それを聞いて、二本の観光客が会いに行く??
アホか???


第18話 「イラク人女性弁護士」
イラク人の女性活動家が、首を切られて殺害される………
イラクでアメリカ軍と、戦争犯罪人の裁判を担当している………
女性の権利団体の支援を受けて訪米し、ドキュメンタリー番組を製作している!!
知り合いの女性がいる………
何か知っている! だが言わない!!

チャーリーは昔の彼女に会っている!
嬉しそうであるが、アミタをほっといてデートしている!
キスしているところを父にみられる!!
「二兎追うものは一兎も得ず」なのか???
世間知らずと言うか、アホ丸出しである!!!
直ぐに今の彼女の目の前で、誘うかなと??
受ける方も受ける方であるが………
結果は見えている………

風土?? イスラムの生活慣習か???
女性蔑視である!!
罠を張る………

チャーリーは「イソップのあのブドウは酸っぱい」
振られてみて、本気じゃなかった???
次のエピソードからはどんな態度か………


第19話 「ハイスクール乱射事件」
アメリカではこう言う事件は多い???
高校で無差別の乱射事件が発生し、生徒と教師8名が死亡する!!
犯人は男子生徒2名だが、少年が現場でもう1人に射殺される………
そして一人は逃げる!!
殺された女子高生が父親に助けの電話を入れる!
アホ女か?? 当然死ぬ!!

チャーリーは、殺人の場所と時間を調べる………
二人ではつじつまが合わない???
三人めがいるのか?????
学校が最先端のIDチップで生徒を管理している!
チャーリ―は、それから動きを調べる!!

こう言う場合は、父兄がデータを出させない!!
学校も府警に忖度する!!!
こうなれば犯人は推定できる………
理由が理由であるが………
数学に、世の中の進歩が勝負を決める!!


第20話 「狂った使命感」
ドンは女と寝ている!! その最中である!
恋人で、ATF(アルコール・タバコ・火器局)捜査官が銃で頭を撃つ!!
自殺か?? ドンは捜査を担当する事になる!!
検査の結果、鎮痛薬と抗鬱剤が検出される………
メーガンは、ATFに事情聴取に行くが最初から敵愾心丸出しである!
FBIは陥れようとしていると!!

捜査が進むと、被害者の夫が出て来る!
いかにもそれらしい人間である??
薬物と言うものは恐ろしい!!
最期は派手な銃撃戦である!
ドンの感情が捜査に入り込んでいる………
寂しくなれば、行くところは………


第21話 「FBI襲撃」
FBIのオフィスの状況がある! チャーリーも来ている………
突如、襲撃が発生し、犯人は捜査官の銃を奪い15発を乱射しする!
死傷者は、取調中の性犯罪者で一人だけ????
犯人は銃弾を受けて倒れ、逮捕・病院に搬送される………
死んではないのが不思議である!!
冤罪でも何でもない殺人犯でも、妻は夫を信じると
犯人は一切語ろうとせず弁護士を呼ぶ!
チャーリーは軟弱なのか??
銃撃戦を見てFBI事務所によう行かない???

銃撃戦の状況を再度調べる!!
見えないものが見える?
動機が分からない! 分からないはずである!
しかしFBIは反撃する! 
数学で場所を特定する???
爆破に影響のない場所を見つけ出す………
別に高度な数学は必要ないと思うが………


第22話 「闇からの挑戦状」
「フィッシング詐欺」???
巧みな偽メールで口座情報を入手し、ぼろ儲けすることのようだ!!
ドンたちは「フィッシング詐欺」の2人組を現行犯逮捕する!
3カ月で200万ドル荒稼ぎしている?
単なる詐欺師と思われたが、決済出来ない????
ドンの銀行口座から預金が消えている………
「欲も仲間を捕まえたな!」
さあ復讐が始まる!!
それに対して、ドン、チャーリ―の反撃が始まる!
ロス市警も応援に来る! 相手はロシアマフィア??
しかしこう言う事件は、チャーリ―は燃える!!

ロシアマフィアは打つ手が早い!!
何処にでもハッキング出来る!!
見せしめのために、殺した死体をさらしている!!
ドンを狙っている??? 何故なのか???
だいたい理由は分かる!
陽動作戦?????
ロス市警とは友好関係か???


第23話 「アメリカン・ドリームの罠」
ロスの海岸にアジア系の少女4人の遺体が打ち上げられる!
その矢先にもう一人が打ち上げられる! 
重症である! 身元は不明!
3人の少女は中国人と思われたが、
1人だけは年齢が上でアメリカ人だと思われる!
チャーリーは潮の流れを見る実地調査を経て、
少女達が海に投げ捨てられた場所を推測する!!

捜査が進む………
足の裏の暗号?? 単純である? 電話番号?
一人が鳥インフルエンザに感染している???
その中で年長者が分かる!
売春組織か??

コンテナの抜き取り調査がある??
アルゴリズムが使われている!!
こうなると、チャーリーの出番である!!
本当にこう言うことはあるのだろう………
アミタがハーバード大学に行く!
分かれもある………


第24話 「過去からのメッセージ」
親父がチャーリーを慰めている!!
コンビニで父が強盗に撃たれる………
母親が出て来る???
夢から始まる…………

若い女性二人が同じ手口で殺されている!!
捜査が進む………
変人なのか? いや変態か!!
チャーリーが女性2人の日常生活パターンを分析する!!
この犯人、アホな女をものにしている??
これだけ引っかかる女いるのが恐ろしい!!
ついに突き止める!!
親は可哀想である???
犯人逮捕か?? 射殺か???
チャーリーは幻想から覚めるのか???
以降シーズン3へ!!

 

« テレビ・ドラマ・ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル シーズン1 2005 fulu | トップページ | テレビ・ドラマ・NUMBERS 天才数学者の事件ファイル シーズン3 2006 fulu »

テレビ番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テレビ・ドラマ・ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル シーズン1 2005 fulu | トップページ | テレビ・ドラマ・NUMBERS 天才数学者の事件ファイル シーズン3 2006 fulu »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ