« 本・失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織(2016/12)・マシュー・サイド・有枝 春(訳) | トップページ | 本・非才! あなたの子どもを勝者にする成功の科学 ①(2010/5)・マシュー サイド »

2021年2月22日 (月)

本・失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織 ②(2016/12)・マシュー・サイド・有枝 春(訳)

Photo_20210219155401


第4章 難問はまず切り刻め
第5章 「犯人探し」バイアス
第6章 究極の成果をもたらす マインドセット
終章  失敗と人類の進化
エピローグ
謝辞
注記



第4章 難問はまず切り刻め
8 「一発逆転」より「百発逆転」
イギリスのスポーツ史上最大級の偉業がある!
自転車競技である!
成功の秘訣は?? 「小さな改革の積み重ね」

話は変わって、開発途上国への援助がある!
これは必用なのか???
どちらとも言えないようだ………
援助の一つに、教科書の無料配布がある!
これは効果がなかった………
信じられない話だが、教科書が英語だった………
それより別のアプローチがある!
駆逐薬の配布を行う!
寄生虫による病気が大きかったようだ! 
これは劇的に改善される!
検証も行われている!!
壮大な構想より、小さな改善点を探す!!
マジャール・ゲインである!
その積み重ねが重要と言う!!

F1メルセデスの成功は??
小さな改善の積み重ねと言う………
レッドブル・ホンダはどうなのか???

ランダム化比較試験(RCT)は今やどこでも採用されている!
グーグルの検索ページの青色がある!
この青色種類がある?? 何が良いのか???

ホットドッグの早食い競争がある!!
これに日本人が優勝する!!
普通の日本人である!
ただどう食べたらよいかをアプロ―チする!
① 半分に割る
② 食べ方を考える?  パンに水を付ける?? 植物油を混ぜる??
③ ペース配分を考える??
④ 噛み方、飲み込み方を考え、腰を振りのどに入り易くする??

ホットドックの早食いに、小さな改善点・マジャール・ゲインが使える!!
何でも使えるのではないかと!!!


第5章「犯人探し」バイアス
9 脳に組み込まれた「非難」のプログラム
イスラエルと、リビア航空機である!
1973年 エジプトからイスラエルへ旅客機侵入する!
悪いことは重なる??
イスラエルはファントム戦闘機を発進させる!
誤解の悲劇である!
108人が亡くなる!
「非難の心理」
「イスラエル軍が旅行者を108人を殺害」
「無責任な旅客機の操縦士が着陸の指示を無視」

何かミスが起これば「担当者の不注意だ!!」
「怠慢だ!!」
「失敗は学習のチャンス」と思わなければならない!!!

旅客機のコックピットの情景!
フランス人2人に、リビア人が1人!
要は旅客機も何処か分からない??
その中で、イスラエル戦闘機をエジプト軍と誤認した??
ファントムとミグである???
間違うか????
ファントムが強制着陸を指示している!!
味方機なのに何故だ??
銃撃されてイスラエルと気が付く!
誤解していなければ解決していた事件である!
この責任は??
① 撃墜したイスラエル空軍!
② 間違ったリビア航空機!
③ エジプトの空港??

懲罰は効果があるのか???
病院の看護婦のグループがある!
激しい規律のチームがある!
比較する!!
激しい規律のチームは、ミスの報告は少ないが、実際ミスは多い!
批難傾向が薄いチームは、ミスの報告は多いが、実際ミスは少ない!
「責任を課すことと、非難することはまったく別だ」
不当に避難すると、重い懲罰を科せば科すほどミスは埋もれる!
失敗から学ばずに、ミスは繰り返される!

クビは問題を解決しない!!
「失敗したら激しく非難するぞ」
「問題を起こしたら、スケープゴードにするぞ」
そう言うメッセージを与えるだけだと!!

懲罰文化と放任文化???
まず本当に何が起こったのか調べる!
そう言う姿勢で部下は責任追及を恐れず、意見を言える!!
誰の責任かで無く、処遇を判断する立場の人間を、
スタッフは信頼しているのか??
その立場の人間が非難するだけでは、職務怠慢である!!
非難も自分のミスになると、口をつぐむ傾向にある!!

プロジェクトにおける非難の6段階!
① 機体
② 幻滅
③ パニック
④ 犯人探し
⑤ 無実の人間を処罰
⑥ 無関係な人を報奨

非難の衝動は、ごく一般的な事務所でもあると!!
公正な文化では、失敗から学ぶことが奨励される!
早計な批判は止めること!
「真の無知とは、知識の欠如ではない! 
 学習の拒絶である!」

10 「魔女狩り」症候群 そして、誰もいなくなった
2007年 イギリス・ロンドンで小さな少女が殺される!!
犯人は分からない??
批判されたのはソーシャルワーカーで、
辞職を求めるマスコミがいる!
自分が正義だと思っている!!
これでまともに仕事するようになるだろうと!!
実際は大量辞職に繋がり、余計に状況が悪くなった!!
過剰な自己防衛である………
そんな例は多いのではないか???
非難したり訴えたり裁判にかければ、
責任感を強く持つようになる??

実際は、逃避する可能性の方が強い!!!

登場回数の多い航空機である!
1989年 バーレーンからロンドン・ヒュースロー空港までの飛行である!
着陸時のトラブルであり、着陸は成功した!!
史上最悪の事故になりかけていた………
そして機長は訴えられる!!
その飛行日程が書かれている………
どちらかと言えば、トラブルの連続である!!
その中で無事に着陸したが………
「誰かが罰せられるべきだ」
よくある話である!!

有罪判決で、罰金25万円か、45日間の懲役である!
判事はそもそも裁判にならないと考えていた!!
最悪の結果になる!!
機長が自殺する………
この航空機会社の罪は?????
「司馬遼太郎・人は他人の批判をするとき、みな道徳家になる!!」

第6章 究極の成果をもたらす マインドセット
11 誰でも、いつからでも能力は伸ばすことができる
デイビッド・ベッカムのフリーキック!
マイケル・ジョーダンのシュート!
どちらも失敗から成功している!
失敗から学ばない傾向を克服する方法は??

2010年 ある実験が行われる!
「固定型マインドセット」 知性や才能は固定している!
   自分の能力を過小評価して、失敗を自分の知性のせいにする!
   企業では、ミスを恐れて報告しない!
「成長型マインドセット」 知性も才能も成長する!
   失敗していると考えずに、やる気を維持して、方法を改善する!
   企業では誠実で協力的な組織文化が浸透しており、
ミスに対する反応も健全である!!

やりぬく力!!
ウェストポイント!
徹底的に鍛えられる!!
「ビーストパラック(魔のキャンプ)」
「ビースト(魔物)」
知力、体力、意志の力を見定める!
脱落者は多い………
少し足らなければどうなるのか???
そこで「グリッド・スコア」である!!
やりぬく力であり、それが重要である!!
他にも当てはなるようだ!!

ここで日本が例に出される!!
起業失敗の恐怖が大きいのは日本だと!!
国別ランキングでも下位である!
しかし数学の成績は良いと………
数学も努力で成績は上がると!!


終章 失敗と人類の進化
12 失敗は「厄災」ではない
古代の神話、宗教、迷信などの形で独特の世界観がある!
批判は許されなかったが、ギリシャ時代に変わる!!
「初めに神々が万物を明らかにするのではない!
 我々が自身の探求によって
 時とともに学び、知識を深めていくのである」

ソクラレス、プラトン、アリストテレス、ピタゴラス、ユークリッドらを輩出する!!
その時代は終わり、人類の進化は一度止まっている???
1620年 ベーコンは人類の利益になる実験は無かったと!!
人間は一度決めるとその意見を支持する! 反証があっても見ない??

ガリレオは反証の機会も与えられなかった??
キリスト教の学者は望遠鏡を見ようともしなかった!!

現在も17世紀と変わらない!
社会科学について直感的な意見をすることが多い!
社会的問題は、何の裏付けの無い方が説得力がある!!

失敗に対する考え方を変える!
「間違えたら恥ずかしい!」
ではなく、恥ずかしいものでもなく、
汚れたものでも無い!!

互いの挑戦を称える! 
実験、検証、根気、勇敢に批判を受けるもの、

自分の仮説を過信せず、
真実を見つけ出そうとする者を賞賛すべきだと!!

全てを「失敗ありき」で設計せよ!
① 判断を間違えたことがあるか?
② 自分が間違った方向に進んでいることを知る手段はありますか?
③ 客観的データで自分の判断を問う機会はあるか?
全部いいえの人は、学習していない!!

究極の失敗型アプローチ 事前検視??
プロジェクトが終わってからでなく、失敗を想定して学ぶ!!
プロジェクトは大失敗して、その理由を無くなるまで発表する!!
マージナル・ゲイン、リーン・スタートアップ、RCT、事前検視………
さまざまな手法がある!!
成長型マインドセットを持ち続ければ、進化のプロセスを力強く進める………


エピローグ
最初のパイロットの夫のインタビューがある!
子供も大きくなっている!!


謝辞
参考文献の紹介がある………

 

失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織)②・マシュー・サイド・有枝春(訳)

 

« 本・失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織(2016/12)・マシュー・サイド・有枝 春(訳) | トップページ | 本・非才! あなたの子どもを勝者にする成功の科学 ①(2010/5)・マシュー サイド »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

紹介、情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織(2016/12)・マシュー・サイド・有枝 春(訳) | トップページ | 本・非才! あなたの子どもを勝者にする成功の科学 ①(2010/5)・マシュー サイド »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ