« 本・非才! あなたの子どもを勝者にする成功の科学 ②(2010/5)・マシュー サイド | トップページ | 本・スポーツ遺伝子は勝者を決めるか? アスリートの科学 ②(2016/7)・デイヴィッド・エプスタイン »

2021年2月25日 (木)

本・スポーツ遺伝子は勝者を決めるか? アスリートの科学 ①(2016/7)・デイヴィッド・エプスタイン

Photo_20210224235201


特定のスポーツで特定の国の選手が強いのはなぜか?
運動能力に影響を与える遺伝子は存在するのか?
生物学的資質とトレーニングの関係とは?
気鋭のジャーナリストが世界各地でメダリストや研究者を取材し、
陸上競技、サッカー、野球、バスケットボール、テニス、スキー、
犬ぞりなどさまざまな種目を検証。
トップアスリートの肉体の秘密に迫る、スポーツファン、
アスリート必読の科学ノンフィクション。


「非才! あなたの子どもを勝者にする成功の科学・マシュー サイド」
を先に読んでいる!
才能ではなく、努力が大事だと!!
それに対抗するような本である!
面白過ぎる本である!!
遺伝子の細かなことは分からないし、
その働きが正しいとは分からない??
そう思って読んだ!
内容は下記の通りである!! ① ②に分けて紹介する!!



日本の読者へ
序 章 スポーツ遺伝子を探して
第1章 メジャーリーグ選手が女子ソフトボール選手に完敗  遺伝子によらない専門技能獲得モデル
第2章 二人の走り高跳び選手 (一万時間プラスマイナス一万時間)
第3章 メジャーリーグ選手の視力と天才少年・少女アスリートーハードウェアとソフトウェアのパラダイム
第4章 男にも乳首があるのはなぜ
第5章 トレーニングで伸びる選手の資質
第6章 スーパーベビー、ブリーウィペット、筋肉のトレーニング効果
第7章 体型のビッグバン
第8章 ウィトルウィウス的NBA選手
第9章 人間はみな黒人(とも言える) 人類の遺伝的多様性


第10章 ジャマイカ・スプリンターの「戦士・奴隷説」
第11章 マラリアと筋線維
第12章 ケニアのカレンジン族は誰でも速く走るのか?
第13章 世界で最も思いがけない(高地にある)才能のふるい
第14章 そり犬、ウルトラランナー、怠け者の遺伝子
第15章 不運な遺伝子ー死、けが、痛み
第16章 金メダルへの遺伝子変異
終 章 完璧なるアスリート
あとがき エリートアスリートは何歳から始めているのか?
謝辞
訳者あとがき
解説 エリートアスリートを生むのは「氏か育ちか」  福 典之
原注


日本の読者へ
2016年である! 日本のスポーツ選手の活躍を褒める!
野茂英雄、イチローから日本人選手の活躍をである!
田中将大、黒田博樹、松坂大輔、上原浩治!
女子ジャンプ 高梨沙羅!
サッカー 香川真吾!
その反面、大相撲の国際化を言う!
テニスは錦織圭である!!  大阪なおみはまだであるが………

日本がこれからなすことは、「才能発掘・育成」システムを確立する!
著者は博学なのか?? 日本人でも知らない??
「草の戸も 住み替わる代ぞ 雛の家」
松尾芭蕉である!!
意味は??? 新しく踏み出せということか???
東京オリンピックは延期であるが………


序 章 スポーツ遺伝子を探して
才能は天賦のものか???
努力・訓練か???

アメリカンフットボール ペイトンとイーライの兄弟は、
父からQBの遺伝子を貰ったのか?
コービー・ブライアント、ケン・グリフィー・Jrは??
2010年 イスラエルの400ⅿリレーに母娘で代表選手になった!
スポーツ遺伝子は、存在するのか??
「ヒトゲノム計画」
遺伝子の命令がどのように働くのか??
遺伝と環境は、具体的にどのように相互作用しているのか?
成績に対する貢献度はどのようなものか??

ジャマイカ人はひときわ優秀だった! 
スピード遺伝子を持ってきたのか・
ケニアからは持久力の遺伝子を持ってきたのか?
5人の選手が同じメニューで練習していたが、
異なるランナーに成長した!!
スポーツは天性のものか???


第1章 メジャーリーグ選手が女子ソフトボール選手に完敗  遺伝子によらない専門技能獲得モデル
実際にソフトボールはメジャーリーグ選手でも打てないと言う!
珠の速度は変わらない?? 球の大きさも番うが………
ピッチャーとバッターの距離が違う!!
18ⅿと15ⅿである! 感覚が違う??

ジェニー・フィンチ!! ソフト・ボールのエースである!!
メジャー・リーガーは、はじめバカにしていた!
バリー・ボンズは打てなかった!
アレックス・ロドリゲスは打席に立つのを拒否した!

高速で動く物体をどうとらえているのか??
打てるかどうかは、ひとえに将来予測能力にある!
女子バレー、フィールド・ホッケー、バスケット、サッカー………
一流選手は、一瞬で判断出来る! 状況を予測出来る!!
この能力は遺伝によるものなのか???
チェスプレーヤーを調べる!
チェスの駒を配置して、再現出来るかを確認する!!
マスタークラスは直ぐに再現出来た!!

30年後、チェスの駒を無作為において実験した!
再現出来なかった??? 優位性が無かった??
つまり、過去に見て来たパターンを参考にしている!
経験と言うことか???

チェス、ピアニ、外科手術、スポーツ選手の眼球の動きは、
経験により、有用なものと無用なものに即分けれる!!
1970年代、クリケットの選手に多くの写真を見せて、次を予想させた!
優秀な選手ほど予測出来た!!!
テニス、プロボクサー、バスケットボールのリバウンド!

エリートアスリートに必要な予測能力を、
生まれながら備えて入り人間はいない!

達人と初心者の違いである知覚能力は、
練習を通して得られたものなのだ!

最初から標準装備されたものでは無いと!
遺伝子を受け入れる余地はない???

1993年 音楽学院である!
30人の生徒を調査する!
結論は、天性の音楽的才能と思われていたものが、
何年にも積み重ねられた練習の結果だと!!
「一万時間の法則」 あるいは10年間???
これは絶対なのか???
個人の遺伝子差異を考慮すべきなのか???


第2章 二人の走り高跳び選手 (一万時間プラスマイナス一万時間)
スポーツで身体が大きいのは有利なのか??
1万時間の実験がある!
30歳の男性が、それまでゴルフなどしたことが無いに等しいが、
1万時間を目指してゴルフの練習をする!
PGAツアーに出ると!!
この結論は書かれていない!!!

チェスのプレーヤーを調べる!
訓練、練習方法にも問題があるが、
1万時間かかる??

がやはり個人差がある!
最低ラインのままの人間もいるし、
倍以上かかる人間もいる!

「非才! あなたの子どもを勝者にする成功の科学・
 マシュー サイド」

面白い例がある!! 
ハンガリーの教育者で、才能ではなく、努力が大事だと!!

三姉妹で、長女には5歳からチェスの教育をする!
父親はチェスの名人でもなんでもなく、母親はチェスを知らない!
次女、三女にも教育するが5歳になってから始める!
全員マスターになっている!
ただし姉妹である! 同じ遺伝子を持っている!!!

走り高跳びの選手である!!!
2004年 スウェーデンのステファン・ホルム!
4歳から始める!!
練習は考えている! すべては1万時間だと!!
アテネ・オリンピックで勝つ!!
2007年 ハバナのドナルド・トーマス!
そんなに練習なんかしてなかった!
たまたま跳んで注目された!!
違いは1万時間と、気楽にやっていたことである!
長いアキレスけんを持てば効率よく飛び跳ねれる!!
どう考えたらよいのか??
才能が有利なのか??
アスリートに対する研究は、1万時間も必要ないと!!

訓練の積み重ねによって個人差は減少するが、
被験者の分散は完全に消滅する研究は無い!!
個人差がある???
「持って生まれたハードウエア 及び 
 学習によって身に付けたソフトウェアの両方が重要」


第3章 メジャーリーグ選手の視力と天才少年・少女アスリートーハードウェアとソフトウェアのパラダイム
1993年 視力検査で将来伸びる選手は??
マイク・ピアッツァであり、新人王をとった!
要は視力が重要なようだ!
メジャーリーガーの視力は良い!!
視力が良くても予測するためのデータベースが必要である!

1978年 ドイツでテニスの選手を調べる! 8歳から12歳で106人!
基礎運動能力がテニスの技術習得に影響していると!
10年後 さらに100人多く調べるが、同じ傾向である!
当初に2人の選手が世界に知られる!
ボリス・ベッカーと、シュテフィ・グラフである!!
グラフは飛び抜けていたと!!
意志の強さ! 集中力の持続! 走る速さ………

最初の印象がある! 「行動」
ヒトより多く練習するだけでなく、質の高い練習をする!

2004年 オーストラリアがスケルトンの選手を発掘する!
世界から見れば、失敗を運命つけられた見世物に過ぎない!
しかしオーストラリア新記録を出し、世界選手権で優勝した!
タレントを発掘し、協議の転向も示唆する!
最適のスポーツに引き合わせる!!
ベルギーのフィールドホッケーのチームは平均1万時間以上練習を積み重ねている!
オランダより多い時間である!
オランダチームは優秀なアスリートを集めて世界に冠たる存在である!

チェスは12歳までに真剣に練習を始めなければものにならない!!
マイケル・ジョーダンはバスケット引退後、野球で成功しなかった!!
野球のニューロンが減衰していた?
トレーニングは早くから始めたほうがよい?
早い時期の専門家は不要だという意見もある!
特定のスポーツで将来性が見えたら練習量を増やす!!
タイガーウッズは1万時間のモデルと言われる………

遺伝子はどう作用するのか??

欠陥遺伝子はどうしようもない!
多くの遺伝子は人に致命的な影響を与えない!
1万時間も、遺伝子が全てでないと!!
練習時間の累積だけで物事が決まるなら、
競技で男女を分けるのか??


第4章 男にも乳首があるのはなぜ
性染色体は、女性がXX、男性がXYである!
女性が特別な記録を出す!!
東ドイツはドーピングで女性を男性化してしまった!
そうではなくて、実際に女性でありながら、男性の染色体を持つ女性がいる!
メチャメチャ言われたようだ! 要はインチキしていたと!!
奪われるものはすべて奪われた!
後にフィンランドの遺伝学者が解決する!
男性と女性を区別する遺伝子要因はあるのか??

女性は陸上の中距離以上で差別されたようだ!!
実験がある!
アメリカ人とオーストラリアのアボリジナルの子供のなげる力を比較する!
アボリジナルの方が、男女差が小さい!
要は、男女差がある!!

ゴリラはボスがハーレムをつくる!
人間もそのようだが、傷付け威嚇し、勝利者は複数の女をめとり子孫を残す!
アジア人男性の1600万人が同じY染色体を持つ!
これはチンギス・ハーンと考えられる??

女性の特長がある!
体操の選手がそうである!

2009年 世界選手権 女子800ⅿで優勝した選手は疑われた!!
精巣があるが卵巣も子宮もなく、テストステロンを分泌している!

性転換した男性がいる!
同じハーフマラソンを男として、女として走る!!
女性の方が遅い!!

男にも乳首があるのは必要ないが、害が無いのでそのままにしていると!!
遺伝子情報のわずかな差が、トレーニングの効果をもたらすかの違いになる??


第5章 トレーニングで伸びる選手の資質
中学生が最後に陸上400ⅿを走る! 
ダメな生徒と思われていたが………
結果クロスカントリーを勧められる!
急速に上達したが、誰もそうなるとは分からなかった!!

2011年 HERITAGE研究チーム!
健康、リスクファクター、運動、トレーニング、遺伝子!!
規則的なトレーニングで変化があるのか??
心臓の強さ、酸素消費量、コレステロール、
インシュリン、血圧は変わるのか??
DNAまで調べる!!
こう言うのは、双生児が対象になりやすい!!
貧しき者は貧しく、富める者はますます富む!

運動遺伝学で革命的な発見がある!
遺伝子がどう影響するのか??

「有酸素性時限爆弾」
トレーニングによって転嫁される爆弾???

HERITAGEプロジェクトは、個別化医療の実現!
何となくわかるが………

同じトレーニングで大きな差が出るのはなぜか??
著者らしい解説と例がある!!
有酸素性能力  トレーニングをしないでも取っている人間はいるのか?
最大酸素摂取量
ここらあたりになるとサイボーグの話に感じるが………
イギリスの女性がいる!
学業に専念し、スポーツは楽しむためにやっていた!
水泳には才能があった!!
世界を旅して、ネパールでトライアスロンの選手になる!
トップクラスの選手になる!
「みんな才能を持っているが、
 気が付かないこともある!

 いろいろやって見なければ、
 何に向いているか分からない」

体操の授業で見いだされた人間も多い?
バスケットを目指しながら陸上へ!
もっとも望ましい組み合わせは、もともと高い最大酸素摂取量を持ち、
トレーニングで急速に高くなる資質と言う!


第6章 スーパーベビー、ブリーウィペット、筋肉のトレーニング効果
新生児が生まれるが、普通と思えたが怪力である!
血筋???
要は怪力は遺伝する?? その遺伝子があるのか???
マウスで筋肉の停止を止める遺伝子を発見する!
ベルギーの乳牛と、イギリスのショートホーンを交配させる!
肉の量が異常に多い牛が生まれる!
ミオスタチン遺伝子!
正規に作動しなければ、筋肉の成長停止命令が出されない!
人間、犬とも偏移のある遺伝子である!
研究すればするほど、ミオスタチン遺伝子とスピードの
ある一定の組み合わせがある、種が発見された!
要は、筋肉種は作れるのか??
遺伝子ドーピング???
体に赤血球をつくされる導入遺伝子を運ぶ貧血治療薬!

筋肉増強にかかわる遺伝子がある??
繊細な話になる!!
筋肉はトレーニングで付くものなのか??
そう言う遺伝子の研究が行われる!
まずは病気の治療から始まるが………
筋線維の種類で、向き不向きのスポーツが分かる????


第7章 体型のビッグバン
1990年代 20世紀においてアスリートの体形にどのような顕著な変化があるのか??
世界的レベルの走り高跳びと砲丸投げの身長と体重を比較する!
砲丸投げが身長で6センチ、体重で60㎏多い!!
同じく20種類以上のアスリートを調べる!
「平均的な体形」の周辺に集中し、狭い範囲に収まるが、
その後はあらゆる方向に飛び散る?
「体形のビッグバン」

過去30年である! 平均身長の変化?
女子体操選手  160㎝から145㎝へ!
バレー、ボートは高くなっている!

NFLは、身長が1cm、体重が3㎏多いと、45,000ドルの収入増になる!
水球、カヌー、カヤックの選手の腕は長くなる!
バスケット、バレーは銅が短く、脚が長くなっている!
プロボクサーは、長い腕と短い脚を備えている!
短距離の選手は、400ⅿの選手より身長が低く、体重に軽い!
NFLのランニングバックは身長が低くなっている!

技術が変化が体形を変える!!
走り高跳び  背面飛びにより 平均身長が10㎝伸びた!
女子マラソンは身長が低いほうがよい!
イギリスのポーラ・ラドクリフは173㎝である!
2004年 アテネオリンピックは150㎝の野口みずきだった………

選手の体を調べる!
女性は骨盤も調べる!
GIANT 人体計測形質の遺伝学的調査
体重に影響を与える遺伝子?
DNA変異体??
FTO遺伝子 脂肪量と肥満に関する遺伝子
脂肪も問題になる!!

個々人の速筋線維と遅筋線維の比率が潜在的な筋肉成長に影響を与えている?
瞬発系、パワー系のアスリートの体格は、
競技生活を始める前と終わる時は変わらない?
持久系アスリートは、よりがっしりしている?

「すべての人間が異なる遺伝子型を保有している!
 最適の成長を遂げるには、
 それぞれが異なる環境に身をおかなければならない」

アスリートは開発されつくした???
世界記録を打ち破って来た時代は過ぎたのか…………


第8章 ウィトルウィウス的NBA選手
デニス・ロッドマン! 有名な人間である!!
高校卒業まではワルである!!
高校卒業してから175㎝から203㎝になる!
再びバスケットボールを始める!
21歳まで組織だったチームでまともにプレーできなかった男が、殿堂入りを果たす!
スコッティ・ベッピン、マイケル・ジョーダンの3人はは200㎝を超える!
NBAは世界で大男を探す!
クロアチア、セルビア、リトアニア………

しかし160㎝から170㎝で活躍している選手もいる!!
とはいっても並外れたジャンプ力があるが………

アームスパン 両手を伸ばした時の端から端までの長さ!
NBAの選手は長い?
203㎝で227㎝とかいう例が多い!!
中国の姚明!  225㎝である!
清朝の高い両親から生まれた!
計画的と言う!
身長は50%が遺伝で、20%は環境と言う!

一卵性双生児!
片方は愛情深い家庭で育ち、片方は虐待され狭い部屋で育った!
成人した時、8㎝の身長差があったが、体形は似ていた???
まだ身長に関する遺伝子は分からない??
一卵性双生児は同じ大きさにならない!
が小さいほうは成人する頃は同じ身長になる!!

遺伝子と環境の組み合わせは無限にある!
NBAの白人選手と黒人選手のアームスパンは個人の方が長い?
アフリカゾウはインド象に比べて耳は薄っぺらい!
放熱するためだと!!
地域によって体形の差はあるようだ!!
手の短めの祖先は熱を保ちやすいので、
北の寒冷地でも子孫を残す可能性が高かった!

こう言う調査は、人種差別になる可能性がある!
実際に、例えば黒人が劣っていると考えたい人間もいる?????


第9章 人間はみな黒人(とも言える) 人類の遺伝的多様性
調査にはあらゆる人種、地域が必要である!!
しかしそれは問題があるようだ?
20年以上かけてDNAを収集した!
マサイ族、イスラエルのドゥルーズ族、シベリアのハンティ族、
シャイアン、デンマーク人、フィンランド人、日本人、韓国人………
ナイジェリアの特定の場所が双子が多かったのを調べる!

調べると、やはり「アフリカ単一起源説」になる???
人がチンパンジーと分かれたのは500万年前!
人がアフリカを出たのは9万年前と言う!!
アフリカ人には、スポーツのおいて優れた遺伝的優位性があるようだ!
読んでいるとドーピングは無くならなと思う!
ヨーロッパ系の人の10%はドーピングに引っかからない??

遺伝子の調査である!
薬理遺伝学?? 同一の薬品での反応の差? 
そう言うものも調べる??

読んでいると、良くやると思う!!
遺伝子、DNAをそんな風に調査するのかと??
短距離のスピードに影響を与える遺伝子??
「現在の最高の遺伝子検査機はストップウオッチ」だと!!
つまり、そんな細かなことまで分からないと!!

 

スポーツ遺伝子は勝者を決めるか? アスリートの科学 ①・デイヴィッド・エプスタイン

 

« 本・非才! あなたの子どもを勝者にする成功の科学 ②(2010/5)・マシュー サイド | トップページ | 本・スポーツ遺伝子は勝者を決めるか? アスリートの科学 ②(2016/7)・デイヴィッド・エプスタイン »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

紹介、情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・非才! あなたの子どもを勝者にする成功の科学 ②(2010/5)・マシュー サイド | トップページ | 本・スポーツ遺伝子は勝者を決めるか? アスリートの科学 ②(2016/7)・デイヴィッド・エプスタイン »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ