« 日本維新VS公明党!  大阪の陣!! 何度目か??? | トップページ | 本・新型コロナウイルスが世界を滅ぼす ②(2020/5)・古森義久 »

2020年12月 8日 (火)

本・新型コロナウイルスが世界を滅ぼす ①(2020/5)・古森義久

Photo_20201208084001

【非常事態で問われる国家のあり方】
このパンデミックは人災!  日本では緊急事態宣言発令!
アメリカでは損害賠償を検討!  EUは解体の道を進むのか?
国民を守れない政府に明日はない!!  放火魔が消防士のふりをする!
中国共産党はきわめて無責任!  中国に忖度した政治家も同罪だ!


著者は対中強硬派か???
2020年はアメリカ大統領選で、報道番組にはよく出ていた!
著者の本は、よく読んでいる!!
解説には肯ける!!!
木村太郎と、BSフジLIYEプライムニュースに出ていた!
イランの核開発技術者を暗殺したのは??
木村太郎は言わない! 反町キャスターが言ってもらわなければと!
本人は分かっているが、視聴者に分からせたいのであえて聞く!
それでも言わない木村太郎に、助け舟を出したのか、著者で笑いながら解説する!!
内容は下記の通りであり、中国非難である!! ① ②と分けて紹介する!


はじめに
第一章 すべては武漢から始まった
第二章 習近平の隠蔽
第三章 日本へのウイルス大襲撃


第四章 そして世界は大感染となった
第五章 ウイルス危機はなにを意味するのか


はじめに
2020年5月の発行である!  時代は進んでいる!!
実際の感染により、国家の判断がどう変わっていったのか?
中国政府の隠避工作???
各国の対応??? 日本、アメリカ、イタリア、イラン、韓国………
それらについて書かれている


第1章 すべては武漢から始まった
〇 なぜ中国ウイルスと呼称すべきなのか
武漢で発症したのは間違いない事実である!
ここはマッチポンプと言う言葉が適切である!
著者は放火犯と、消防士と言う表現を使っている!

発症元したのは、武漢である!!
間違いないと!
「必ずしも中国発生とは限らない」
湖北省 武漢市は発生源である!!!

〇 日本企業も進出していた大都市・武漢
武漢と日本は直行便がある!!
櫻井よしこが書いていたが、5Gの半導体をアメリカの圧力で自国開発しようとして!
3桁の日本人が術者が協力していると!!
だからは早く往来したい???
実際にその通りになった………
目先の利益しか追えない日本の財界だと!!
武漢は歴史的にも由緒ある都市だと!!!

〇 武漢で生まれた殺人コロナウイルス
2019年12月の初めに発症した!
それから中国全土に、世界に広がっていた!!
最初は謎である?
武漢市華南海鮮市場と言われる???
ヘビ、ウサギ、コウモリを売っている!!
中国は珍しい小動物を食べる!!

2003年のSARSを連想させる!
始まったのは間違いなく武漢である!!

〇 中国当局による隠蔽工作が始まった
SARSの時は、食用ハクビシンが疑われた!
ただ確証は認められなかった!!
今回の華南海鮮市場説も根拠はない!

2020年1月、インターネット上に事実でない情報を流したと、
8人の医療関係者を処罰する!
「デマを広めて秩序を乱した」
中国共産党は虚偽の情報を流す!
「肺炎」と言い、新たな感染者はいない!!
ここはブラジルか???

〇 情報開示も警告もない共産党独裁政権
毎年1月に、各地方で人民代表大会が行われる!
この大会で、武漢が感染症と言うのは困る!
そこで隠蔽工作だが、中央が知らないわけはないと?
中央が隠蔽したようだ………

〇 武漢市民も寝耳に水だった大閉鎖
1月25日には春節で人の移動が激しくなる!
1月20日 中国政府は感染の拡大を認める!
12月1日から1月21日までが、隠蔽の期間だった………
1月23日 中央は武漢を閉鎖する!
当然脱出する人間がいる!!

〇 500万人がウイルスを拡散させたのか
脱出したのが500万人??? 武漢の人口は1100万人??
半分近く逃げている???
習近平批判が高まる!!!

〇 新型コロナウイルスの恐怖
症状は、発熱、セキ、倦怠感、息切れ、痰、喉・関節の痛み………
感染のスピードは速い!
飛沫感染と濃厚接触が原因とされる!
潜伏期間は1から5日で、最長14日とされる!!

〇 コロナウイルスとはなにか
ウイルス??
最近よりまだ小さい!!
生物であって生物でない!
自己増殖しないが、他の生き物の細胞に入り増殖する!
独自の遺伝子を持つ………
コロナは王冠、光冠などの光の輪に似ているから名付けられる!
「武漢華南海鮮市場説」は薄くなる!!

〇 真の発生源はどこなのか
武漢に病毒研究機関がある!
ここが怪しい?? アメリカは疑う??
が、研究内容は憶測でしか分からない・
イスラエルの軍事研究者も怪しいと?

〇 武漢生物製品研究所の可能性
それ以外にも、「武漢生物製品研究所」がある!!
証拠はない??? が可能性は高い!!
「中国科学院武漢病毒研究所」
傘下に「武漢国家生物安全実験室」「武漢生物製品研究所」がある!
日本はこの報道を無視している!!
掲載されたワシントン・タイムズが、統一教会の資金で運営されてきた!
そのことで信頼性がないと!!
そうではないと思うが! 単に中国に忖度しただけか???

〇 アメリカで広まる「実験室発生源」の情報
オーストラリアも武漢発症と声を上げている………
◆ 高度のウイルスの研究所の安全強化の指令!
◆ 高度ウイルスの生物戦争の最高権威が派遣される!
◆ コウモリ、アリクイなどは可能性が低い!
◆ 生物安全実験室から意図せずに衣服などに付着して流出した??
◆ ウイルス感染した実験動物が流出した?

〇 中国からも発表された研究機関流出説
確実なことは分からない!!
中国の研究家の、流出の可能性の指摘がある!
論文は削除されて、本人は行方不明である………


第2章 習近平の隠蔽
〇 このパンデミックは人災である
トランプ大統領は中国発症と平気で言う!
日本の政治家、マスコミとえらい違いである!!
ウイルス起源は中国である!!

〇 アメリカでは中国責任論が広範
トランプ大統領、ペンス副大統領、ポンペオ長官は対中強硬派である!!
◆ 中国が隠蔽したので適切な処理に2カ月遅れた!
◆ 現地の医師たちは沈黙を強いられ、情報を外部に出ないようにさせられた!
◆ 中国が協力的ならば感染を劇的に減らせた!
◆ トランプ大統領が、
◆ 1月末に中国の入国を止めたのは正解だった!
◆ 中国の隠蔽工作を非難し、独裁政権を批判する!
◆ 日本とは対照的だと!!!

〇 民主党リベラル派も中国非難
政治的立場が違えど、中国非難は変わらない!!

〇 クリストフ記者の習近平批判
日本の記者なら考えられない!!
◆ 2019年12月に徹底した対策を取るべきだった!
◆ 警告者を処分している!
◆ 中国では情報操作が行われた!
◆ 2020年1月23日 武漢市の封鎖を宣言するが、すでに500万人出国している!
◆ 中国が隠蔽した2か月間は、各医療器具、医薬品が致命的に遅れた!
◆ 習近平が、拡散を加速させ予防や治療を遅らせた!!

〇 アメリカは国際規範無視を許さない
中国の国際規範無視が、問題になる!
人権問題である!!
国外の威圧外交である!
香港、ウイグル、チベットの人権抑圧!
中国は国内の批判勢力の粉砕、学術、宗教、一般社会の支配し、
国外では中国系住民の動員、
政治家やマスコミの浸透工作を画期的に強めている!!
良く分かる話である!
日本も親中派の大物議員に、マスコミがいる!!
経済界にも多い!!!

〇 中国の最高指導者の悪行を糾弾する
今の習近平独裁政権ほど、人権を破壊しようとしている政権は無かった!
それがポンペオ長官の台湾礼賛になる!
ウイルスの拡散は、習近平の隠蔽と防疫対策をしなかったことにあると!!

〇 李医師の孤軍奮闘と悲痛な最期
武漢の李文亮 34歳の医師!
医師としての警告を、情報漏洩として処分する!
政権批判と思われる!!
死亡するが、海外の賞賛の中で中国も対外的な評価を変える!
医師の死亡を利用している!!

〇 中国の片棒を担ぐ世界保健機構の奇妙な言動
WHOのテドロス事務局長!
ニュースで見ていても、中国寄りである??
中国を非難しない! 良くやっているとかばっている!!
理由が分かった!
エチオピア出身で、中国に経済援助を受けている!
一帯一路の主要加盟国である!
長年、台湾を排除している!
中国からは「古い友人」と呼ばれる!!
欧米も非難している!!!
アメリカが脱退するのも分かる!!!
今となっては、トランプ大統領は正しかった!!

〇 習近平危機説も飛び交う
これはどうかなと???
ますます独裁権を確保している?
「国民の福祉より社会の管理を重視する」
スペイン風邪も隠蔽されたために広がった!!

◆ 実際の発症が起こってから3週間後に発表した!
◆ それまでにも防止されたと発表した!
◆ 新疆ウイグルにも感染した!
◆ 中国の秘密主義で、共産党と習近平の絶対的支配が危機になる???

〇 習近平の終わりの始まり
今回で習近平の弱さが露呈している!
なので余計に強気で弾圧している??
◆ 警告を発した医師を懲罰し、死に至らしめた!
◆ 感染症の拡大は習近平の独裁化での弾圧、秘密、排外が原因か?
◆ 国民の怒りを買った!!
◆ 中国は国際社会の脅威とみなされる!
◆ 習近平は現状を、現体制と自身の脅威とみなして、湖北省5000万を封鎖した!
◆ 一時は責任逃れの言動が目立った??
そうは言っても危機は解決したと言い、香港、台湾に圧力をかける!

〇 すでに始まった中国のプロパガンダ
陰謀説は何処にでもある??
真珠湾攻撃?? ルーズベルトは知っていた???
人のせいにしたがる???
中国の反撃である!!
習近平は、米中貿易戦争、香港、経済失速など問題は多い!
「新型ウイルスを発生させたのはアメリカだ」

中国のインターネット??
◆ このウイルスは熱に弱いのでサウナに入れば大丈夫!
◆ トウガラシを食べれば大丈夫だ!
◆ 鼻の穴にゴマ油を2滴たらせば大丈夫だ!
頭の程度を疑うが………

〇 米国が武漢にコロナウイルスを持ち込んだ!?
◆ アメリカが中国に細菌戦を仕掛けた??
◆ アメリカの軍人が危険なウイルスを持ち込んだ!
出た!!!!
超立堅報道官である!!
こいつだけは死刑やな???

「映画・ワールドウオーZ」で謎の病原体の発生地はインドの奥地??
最初は中国だったが、抗議で変更になった??
毒入り餃子も責任を日本に押し付けようとした!!

中国発症とは断定出来ないと?????

〇 熾烈化する米中衝突
ポンペオ長官は、武漢コロナウイルスと!!
トランプ大統領も中国トランプと言い、中国責任を問う!!
中国は、報道官が可愛くない!!


第3章 日本へのウイルス大襲撃
〇 ゴジラ並みの破壊力で日本を急襲
国家として取り組みべき、政治の福祉、教育、憲法、外交がおろそかになっている!
オリンピックも延期になっている!
2月15日、日本は中国に次いで感染者が多かった!
その後、イタリア、韓国、イラン、アメリカの感染者がどっと出た!!

〇 日本で新型コロナウイルスが急速に広まった理由
日本の感染者は、武漢在住の5人の中国人が日本にきて発症した!
6人目は観光バスの運転手!
武漢からの観光客を乗せた!!
7番目は北海道への武漢からの中国人観光客!
8番目は大阪のバスガイド! 武漢からの観光客である!!
武漢から日本への感染ルートの因果関係は明らかである!!
さて対策は???

〇 後手後手にまわった日本政府の対応
習近平政権!
1月23日  武漢市閉鎖
1月27日  中国からの団体旅行を禁止
全面封鎖までに500万人が脱出する!!

日本は??
1月28日から2月17日まで823人を武漢から引き上げる!
13人の感染者である!!

1月下旬には、北朝鮮、ロシア、オーストラリア、フィリピン、
香港、タイ、台湾、モンゴルが中国との往来を禁止する!!
これは感染症を防ぐための処置である!
人道的で、人種差別などは無い!!

〇 国家間の友好や外交とは関係のない緊急事態
中国との入国を禁止しなかったのは、日本と韓国!
池上彰の本にあるが、感染症は中国発が多い!!
それだけウイルスが多いのか??
ただ感染症は、人の流れによって広まる!
シルクロード??  現在の一帯一路!!!!
香港、台湾は驚くほど感染者が少ない!!
友好は関係なしに遮断すべきである!
アメリカは遅きに帰した………

〇 ドアを開けたままの日本の悲劇
著者の人の対応に対する批判である!!
この本でその時の状況が分かったが、生ぬるい!
1月下旬だけでも34万が中国から来ている!
北海道も人気スポットである!
中国人の富裕層がよく来る!!
1月下旬から2月上旬にかけての対策がなっていない!!
何もしていないと!!!
人気のいない町を中国人の集団だけが闊歩している!
恐らく泡飛ばしている????

〇 日本政府も日本のメディアも中国に忖度したのか
分かり易い例えである!
討論会に出て来る日本の識者!
「過剰反応は良くない」
「パニックに陥ってはいけない」
こう言う識者があとで政権を批判する!

政治家、マスコミ、学会、財界には中国に対して何も言えないのか?
親中派の大物議員!
中国を友人と言った元首相!

中韓にはなにも言わずに、アメリカには好きなことを言う!
親中派だらけの学会????
中華連邦の一員となるのが日本の幸せだと言う、元中駐大使???

中国に対して忖度している!!
そう言われても仕方がない!!

〇 安倍政権の政治的配慮が致命傷
これは当然出る!
が、安倍首相も菅直人と同じなのか??
今の外国人観光客を増やすと言っても、大量なのは中国である!
爆買い???
果たしてそういう観光政策が良かったのか??
感染対策も間違っていた???

それより習近平の国賓来日を成功させようとする!
その為に、中国に忖度する!
菅直人と同じである!!
◆ 安倍政権への不満で、支持率が下がっている!
◆ 停滞気味の経済への影響は避けられない!
◆ 日本の対応は間違っていた!!

〇 外国メディアに批判される安倍政権
日本に来たタイ人が、日本で感染して帰る??
日本は早く対策を講じなければならないのに、習近平の国賓を優先した!

◆ 医療より政治的配慮を優先した!
◆ 対応が消極的過ぎた!
◆ 日本と韓国の対策は屋内の蚊を除去しようとして、
部屋の窓を全部開けている??
そう批判したアメリカは感染症が拡大した!!

〇 何故習近平を国賓として迎えるのか
安倍政権と言うより、安倍首相は名前を残したい??
そうであれば菅直人と変わらない!!
著者は反対である!
◆ 中国の日本に対する政策に敵性が強い! 尖閣の侵入!
◆ アメリカの対中政策に反する!
◆ 人権無視の政策に加担するようになる!

安倍政権はかなり無理している!
一帯一路も中国の覇権構想追求である!
共産主義の拡散もある!
日本は加担しようとしていると思われる??
忖度し過ぎである!!!

〇 不運だった大型クルーズ船の集団感染
これは著者の言う通り、不運だった!!
初期の段階で準備も出来ていない!
なのに世界は非難した??
3711人乗っていて、634人が感染した!
2週間経って、各国に引き取ってもらった!
日本の対応のまずさだけが言われたが、そうでもなさそうである!

〇 日本のメディアの不可思議な呼称
日本のメディアは「肺炎」と言う!
中国の発表が「肺炎」だからである!
要は、忖度している!!!!!

 

新型コロナウイルスが世界を滅ぼす ①・古森義久

 

« 日本維新VS公明党!  大阪の陣!! 何度目か??? | トップページ | 本・新型コロナウイルスが世界を滅ぼす ②(2020/5)・古森義久 »

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

台湾」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

事件」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

アジア (インド・東南アジア)」カテゴリの記事

アフリカ」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本維新VS公明党!  大阪の陣!! 何度目か??? | トップページ | 本・新型コロナウイルスが世界を滅ぼす ②(2020/5)・古森義久 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ