« 本・コロナ時代の経済危機 : 世界恐慌、リーマン・ショック、歴史に学ぶ危機の乗り越え方(2020/7)・池上彰・増田ユリア | トップページ | 本・宗教の現在地 資本主義、暴力、生命、国家(2020/4)・池上彰・佐藤優 »

2020年11月28日 (土)

本・感染症対人類の世界史(2020/5)・池上彰・増田ユリア

Photo_20201126220401


人類は感染症とどう向き合い、克服してきたかー。
幾度となく繰り返されてきた感染症と人類の戦い。
天然痘、ペスト、スペイン風邪…そして、新型コロナウイルス。
シルクロードの時代から人と物の行き来がさかんになり、感染症も広がっていった。
現代と変わらないような民族対立やデマの蔓延の一方で、人類史に残る発見もあった。
感染症の流行が人類に問うてきたことから冷静に向きあう術を学ぶことができる。


池上彰・増田ユリアは良く共著している!!
これが2冊目である! コロナである!
コロナの本は沢山出版されている!
池上彰は軍事オタク!!
ウンターゼーボート! Uボートである!
何の関係もない!!
しかしUボートで感染した助からない!
内容は下記の通りである!!


はじめに
第1章 シルクロードが運んだ病原菌
第2章 世界史をつくった感染症ーー天然痘
第3章 世界を震え上がらせた感染症ーーペスト
第4章 感染症が世界を変えたーー日本編
第5章 世界大戦を早めた「スペイン風邪」
第6章 人類の反撃始まる
第7章 今も続く感染症との闘い
おわりに
参考文献


はじめに
アメリカに取材に行っていて、密を心配した??
だいたい大統領がマスクもしない!!
ブラジル大統領と変わらない!!

ルイジアナ州が感染拡大で問題になった!
ニューオーリンズがある!! 今回の選挙ではトラン候補が勝った………
(NCISニューオーリンズの舞台である)
ここではカーニバルがある!
全米、中南米から100万人が集まってくる!!
マスクもせずに回し飲みする!
濃厚な接触である!!
ここは貧しい人が多い!
あめりは医者にかかれない人も多い!
受けずに我慢して感染を広める………
保険制度も問題になる!!

治療薬出来たらだれから受けるのか??
内閣など政治の空白を作らない人間??
これも命は平等だと言う主張が出る!
が、生産性のない浮浪者と同じなのか???
医療関係者と言うは正解である!!

感染症は歴史を学ぶ必要があると!!
自然、感染症と戦ってきた?
奈良の大仏は、天然痘対策?
何かにすがる!

平清盛はマラリアで死んだ??
インドのカースト制も感染症対策と言う説もある!

世界の感染症!!
〇 前14世紀    ツタンカーメン マラリアで死亡
〇 前12世紀    ラムセス5世が天然痘で死亡
〇 前5世紀    ペロポネソス戦争 アテネで天然痘・麻疹が広がる
〇 6世紀    ユニティニアヌス大帝 ペストで人口半減
〇 8世紀    奈良の大仏 天平の大疫病で天然痘広がる
〇 12世紀     平清盛が中国大陸からのマラリアで死亡
〇 14世紀     ダンテ マラリアで死亡
         ペストの大流行第一波 ユダヤ人陰謀説
〇 1492    コロンブスのアメリカ到着 梅毒がヨーロッパへ
〇 1512    日本で梅毒の患者が見つかる
〇 1515    スペイン人によりカリブ海に天然痘が持ち込まれる
〇 1521    アステカ王国占領  天然痘が広がる
〇 1533    インカ帝国滅亡   天然痘が広がる
〇 1665    ペストの流行第二波  ロンドン
〇 1679    ペストでウイーンで15万人死亡
〇 1885    ペストの流行第三波  中国雲南省起源
〇 1914    第一次世界大戦
〇 1918    スペイン風邪が流行
〇 1920    マックス・ヴェーバーがスペイン風邪で死亡
〇 1947    カミュ ペスト発行
〇 1980    WHOが天然痘の根絶宣言
〇 2002    SARS アジア中心で広がる
〇 2012    MERSが広がる
〇 2014    エボラ出血熱がアフリカから広がる
〇 2015    MERSが再び広がる
〇 2019    新型コロナウイルス


第1章 シルクロードが運んだ病原菌
イランとイタリアには感染者が多い!!
何故か??  一帯一路が関係している!
中国人が多く出入りしている!
中国は玄関口としてとらえている!
ギリシャも多い!
こうなるとかってのローマ帝国、ペルシャ帝国、
ギリシャは中国に支配される!

どうなっているのか?? 先祖が泣いている………

世界は人の出入りが当たり前になっている!
中国は海外進出が激しいので、海外に行く中国人は多い!
知らなかったが、中国発症と言う感染症は多い???
シルクロードを通して伝染する!!
モンゴル帝国の侵攻があり、その時の集団墓地の死体のDNAを調べる!
今はそう言うことも調べれる!
そのペスト菌が、中国のペスト菌と一致した!
ヨーロッパのペストは、
中国由来だと分かっている!

逆の可能性は?? ないだろう………
中国奥地、アフリカ奥地、中南米、東南アジア、インド、アフリカ………
これらの未開の地が開発されて、
おとなしくしていた風土病などが出て来ている?
「映画・ワールド。ウオーZ」では、
この菌の発生源が中国奥地だったのが、
抗議でインド奥地に変えられた!!

コラム● カミュの不条理小説「ペスト」
この本が、今回のコロナ騒ぎで売れている!
内容は、現在そのままか??
隔離される! 逃げ出す人間! 戦う医師がいる………

中国は、家畜と一緒に暮らしている!
日本も同じであるが、スケールが違う!!
19世紀に中国からペストが流行った??
これはアヘン戦争の結果と言う!

人と物が感染症を運ぶ
〇 紀元前2世紀  シルクロード形成
〇 13世紀     モンゴル帝国成立
〇 1347      ペストの大流行
〇 21世紀     中国の一帯一路
〇 2019      新型コロナウイルス大流行


第2章 世界史をつくった感染症  天然痘
現在はミイラも調べる!!
そのDNAから天然痘だと分かる??
エジプトのラムセス五世である!
ミイラの保存状態が良いので調べれる!!
ツタンカーメンはマラリア???

コラム● 「ミイラ」の作り方
松竹梅とある!!
具体的に書かれているが、あまり気分は良くない!
ラムセス五世は、当然松コースである!
なのでDNA検査に、皮膚の状態が分かった!!

アテネとスパルタが戦う!!
これにスパルタが勝利する!!
アテネは城壁の中に籠る!
その為疫病が流行る!!
天然痘か? 麻疹か???
政治家は外敵を作り、支持を得ようとする!
そう言う政治家を、ギリシャでは、デマゴーゴスと言い、
英語では、デマゴーグと言い、デマになる!!
人の行き来が多くなると、不安が増す!!
猜疑心が高まる!!!

コラム● 「女の平和」はこの頃書かれた
こう言うのは知らなかった???
アテネとスパルタの戦争中、双方の女性が男の要求を拒否する!
一番こたえるのは、セックスか????
女も同じと思うが………

コロンブスがアメリカを発見する!!
発見?? 別に発見してくれとは言っていない!
1494年に、スペインとポルトガルが世界を二分する!
例外は、フィリピンはスペイン、南米のブラジルはポルトガルになる!
ヨーロッパからアフリカへ 織物や雑貨
アフリカからアメリカへ  奴隷
アメリカからヨーロッパへ 砂糖に綿花
ヨーロッパから天然痘が持ち込まれる!!
これが致命的になりアステカ、インカが滅ぼされる!!
麻疹やインフルエンザなど、免疫性がない感染症が持ち込まれる!
自分たちが入植しようとした土地の原住民が、バタバタ死ぬ!!
免疫性がないためである!!
これを自分たちに、
この土地に住むようにと言う「神の加護」と勘違いする!

ヨーロッパからアメリカに 小麦、サトウキビ、車輪、鉄器
逆は、トウモロコシ、ジャガイモ、サツマイモ、カボチャ、
トマト、ナンキン、インゲン………
最大のものは梅毒!!!
この時に責任の擦り付け合いがあった!!
ドイツとイギリスは、フランス病だと!
フランスはスペイン病だと!
ロシアはポーランド病と!
ポーランドはトルコ病だと!
後から見れば、スペイン病か???

コラム● 伝染病と香辛料
香辛料を求めて新大陸に向かう………
結局、お互いに天然痘、梅毒を持ち込む!
グローバル化と感染症は切っても切れない関係にあると!!!

天然痘との戦い
〇 前12世紀  ラムセス五世のミイラから天然痘が発見
〇 紀元前431~404  ペロポネソス戦争 アテネで天然痘・麻疹が広がる
〇 1492    コロンブスのアメリカ到着
〇 1533    インカ帝国滅亡   天然痘が広がる
〇 1980    WHOが天然痘の根絶宣言


第3章 世界を震え上がらせた感染症ーーペスト
東ロ-マ帝国の衰退  「ユスティニアヌスのペスト」 
村松劭がべたほめする、将軍にベリサリウスがいる! 
ペストなのに活躍している!
このペストで東ローマ帝国は衰退する………
同時期に隋の煬帝は大河をつないで南北を結んだ!
が、農民が酷使されて重税が課せられる!
そしてペストが流行る………
著者は西から東に伝わったのではないかと?

14世紀のペストの流行はユダヤ人の責任にされた!!
ユダヤ人は固まって住んでいて、清潔に暮らしている!
職業も金貸しなど限られている!
猫を飼っていた! これがネズミを捕る!!
そういう事が分からずに、ユダヤ人は攻撃される!!
関東大震災では朝鮮人が殺される………

今回の新型コロナウイルスも、武漢ウイルスと煽っている??
逆にアメリカの陰謀だと言い返している国があるが………

コラム● 感染症と差別的行動 増田
武漢発祥のウイルスなのでヨーロッパでアジア人が差別される!
増田ユリアがスペインで、ガキに差別的な態度を取られた??
トラウマになっている??
今回は結束して、事態の収拾と平和を願いたい!!

世界各地から収集した17株のペスト菌の遺伝子から、
ペスト菌の祖先が中国の可能性が高いと!
中国はシルクロードに、鄭和の大航海で人が大移動している!!
そう言うルートで広がっている……

「ロミオとジュリエット」の悲劇は、ペストが絡んでいる!
ジュリエットは仮死状態になるが、それを知らせに行く修道士が、
尋ねた人間が、ペストの病人だったので、隔離されて連絡がつかなかった………
本当かいな???

コラム● 「万有引力の法則」の発見とペスト
ペストが流行って、休校になり、故郷に帰り発見した???
リンゴの木は?? 健在のようだ!

感染症の原因として「瘴気説」が支持される!!
空気感染である! 
「映画・デビルクエスト」でこの場面があった!
くちばしの付いた面を被っている!!
くちばしにはシナモンが入れられている!

Photo_20201126210301 デビルクエスト


増田ユリアは、ウイーンのシュテファン大聖堂の地下のペストの死者を見ている!
趣味が悪いと思うが………

人々を平等にするのは、
戦争、革命、国家の崩壊、疫病と言う!

感染が拡大すると多くの人が死ぬ!
賃金が上がる!
が、上がり過ぎても人口が戻れば賃金は下がる!

ペスト流行までは教会の権威は絶大だった………
「カノッサの屈辱」
「教皇は太陽、皇帝は月」
が、ペストの流行によって教会の権威も崩れる!
疫病の前にはキリスト教も無力である!
言うことを聞かない人間も出て来る……
「ルネサンス」になる!
ガリレオに自由な芸術が生まれる!!
ミケランジェロ、レオナルドダヴィンチ………
三大改良!
火薬、羅針盤、活版印刷!

コラム● ルネサンスを理解するために
芸術も金がかかる!!
ミケランジェロも気の進まない仕事を受ける………

ルネサンスにより、聖書がドイツ語で、活版印刷により発行する!
それにより聖書の内容が分かる!
言っていることが違う???
プロテスタントとカトリックは存在価値のために布教に力を入れる!
感染症が流行ると、時代の権威がゆすぶられる!!

コラム● ボッカチオの「デカメロン」
ペストの恐怖が生んだ作品?
内容が良く分からないので、読んでいない………
ルネサンスがの始まりを知る内容だと!
教会の失墜も描かれている!!

ペストとの戦い
〇 543  「ユスティニアヌスのペスト」 東ロ-マ帝国の衰退
● ペストの流行第一波
〇 1206~1388 モンゴル帝国がクリミア半島まで進出
〇 1347~1350 ペストの流行
〇 1405~1430 鄭和の大航海
● ペストの流行第ニ波
〇 1665~1666 ロンドンで大流行
〇 1679    ウイーンで15万人の死者
● ペストの流行第三波
〇 1885    中国雲南省起源のペスト大流行
〇 1894    北里柴三郎がペスト菌発見


第4章 感染症が世界を変えた  日本編
中国との交易で疫病が入ってくる??
平清盛の宋との交易がある!
聖武天皇の時に疫病が流行る!
かんばつ、飢餓、地震もある………
遣隋使、遣唐使、遣新羅使らがあり、疫病も入ってくる???
当時は、東北に蝦夷、九州に隼人がいて征伐する対象であった!
奈良の大仏、国分寺、国分尼寺を建立する!
仏教の力で災難を消滅させる!!
大仏の開眼供養には1万人以上集まる!
感染は収まっていたようだ………

コラム● 銅は山口県から、金は宮城県から
木簡から、銅は山口県、金は宮城県から納入されている!
渡来人の力を借りている!

聖武天皇は復興対策を打ち出す!
墾田永年私財法???
土地の私有を認める!!
役人と宗教法人は、優遇されている??

コラム● 鄧小平の「生産請負制」
生産物はみんなのもの???
これは働いても働からなくても叔父では勤労意欲が亡くなる!
鄧小平の「生産請負制」は、一定量を納めればあとは自由になる!
聖武天皇と共通する!!!

感染症が契機となって社会は変わる!!
荘園も出来る??

コラム● 仏像の楽しみ方
歴女に歴男!!
仏像のグループ
如来 修行を終え悟りを開いた状態
菩薩 道具が必要で、修行中
明王 仏の教えを守らない人を懲らしめる
天部 仏の教えを守って、衆生に現世利益をもたらす
個人的にはわざわざ見に行かない………

奈良の大仏と感染症
〇 遣唐使が天然痘を持ち込む
〇 聖武天皇の時代に疫病が蔓延
〇 聖武天皇の感染症対策
〇 743  墾田永年私財法を導入
〇 752  奈良の大仏を造立


第5章 世界大戦を早めた「スペイン風邪」
スペイン風邪である!
発症はスペインではない!
ここでははっきり書かれていないが、カンサスシティ??
ここから発症し、第一次世界大戦でアメリカ兵がヨーロッパに出征する!
そこで兵士にうつす!!
が、軍はこれを隠す!
その為に感染が広まる!
当時中立だったスペインでは報道される!!
その為に誤解される?? スペインが発症元だと!
スペインは抗議したが、名称は残った!!
このスペイン風邪は急速に収まった!
日本でも、台湾の「相撲」で広がったようだ………

感染は三波あり、4000万人、5000万人、1億人とある!!
戦争をやっている場合ではない????

アラスカの永久凍土に埋葬された
スペイン風邪の患者を調べる!

そうすると、鳥インフルエンザが変異したものだと分かる!
インフルエンザの解説がある!
HA、NA!
HINI??? 分かりたくないが………

コラム● 原因が不明だったので名付けられた病気
マラリア 悪い病気
日本では、おこり??
インフルエンザ 冬の星座の影響で発生すると思われ、影響を意味する!

スペイン風邪とは
〇 1918  第一次世界大戦末期
〇 第一波 流行
〇 第二波 晩秋に致死率が上がる!
〇 1919  
〇 第三波
一億人とも言われる被害者が出た………


第6章 人類の反撃始まる
科学者列伝である!
ロベルト・コッホ  炭疽菌、結核菌、コレラ菌
ルイ・パスツール  狂犬病
イギリスのテムズ川へ汚水を流し、飲料水にもなっていた!
ナイチンゲール   女と甘く見られて、遠征環境を改善する!
北里柴三郎     破傷風

電子顕微鏡でウイルスを証明する!!
ウイルスと細菌は大きさが違う!!

ペニシリンは万能薬だった!
青カビからつくられるが、他のカビでも研究される!
ストレプトマイシンなどがつくられる!
しかしこう言うのは、イタチごっこになる!!
耐性のある菌が生まれる???

天然痘は絶滅されている!!
ここらは牛痘でよく知っている!
ジェンナーは自分の子供を実験台に使った???
美談であるが、実際は使用人の子供を使った!
それ以前に自分の子供に、人痘を打った科学者がいる………
科学のためである!!

東西冷戦でも、天然痘絶滅が、米ソが協力する!!
そうして絶滅されるが、米ソは天然痘のウイルスを保管している!!
研究のためではあるが………
イギリスでも保管していたが、漏れて感染して人が死ぬ!
イギリスは破棄した………
残しておけば、悪い方に利用する人間がいる!!


第7章 今も続く感染症との闘い
ロシアで永久凍土が融けて、
トナカイの死体が出て残っていた炭疽菌に感染する?
日本でデング熱が発症する!
海外で感染した人が日本に帰り、蚊を媒体にしてうつす??
これだけ人間の行き来が盛んになると、
どうしても感染症が発生する!
「ワクチン接種」は危険と言う、団体や人間がいる!
そう言う人が感染を広める??
日本も麻疹が繰り返し流行している!

2002年 SARS
2009年 豚インフルエンザ
2014年 エボラ出血熱
2012・2015年 MERS

SARSコロナウイルスは突然姿を消した!
消えたのか? 変異を起こしたのか分からない??
感染した中国人医師が香港のエレベーターのボタンを触る!
それから感染する………
台湾人が日本で感染して、
帰国後発症して問題になる!

今回の台湾の新型コロナの対応は、
この経験が生かされている!

世界に中国人のいないところはない!!!
読んでいると中国初の感染症が多い!!
情報を出さないところがある!!

豚インフルエンザの感染が一番多かったのは日本!
これは国民皆保険で、病院に行くので分かる!
豚インフルエンザ自体の致死率は高くなかった!
エボラ出血熱はアフリカの奥地の風土病!!
MERSはサウジアラビアのラクダ! 
元は蝙蝠??

韓国では感染した患者が病名が分からず、
病院をたらいまわしにされた1
そして感染を広げた??
今回の対応もその経験が生かされている!
日本も海外からの観光客を入れようとしている!
感染症の原因になる……

パンデミック   感染症(伝染病)の世界的大流行を表す
インフォデミック 不確かな情報が大量に拡散されてしまう現象
良く分からずに、不安になる状態を言う!
根拠のないうわさだけが先行する!!
一回落ち着いて考える!
人類共通の敵、新型コロナウイルスとどう戦うかを分かることだと!

『グローバル停戦の呼びかけ』 国連事務総長 アントニオ・グレーテス
難民や、暴力で故郷を追われた弱い立場の人が辛くなる!!
感染症の歴史を振り返る!
第一 国境の閉鎖により守るのは不可能だと!
第二 真の安全確保は、信頼出来る科学的情報の共有と、
   グローバルな団結によって達成出来る!
無責任な政治家が信頼を失っている!
人間の間の不和と不信ではなく、緊密な国際協力が出来れば、
今回だけでなく、将来現れる病原体への勝利になる!!
歴史に学び全世界で新たな試みに向かうべきだと!!


おわりに
人類は、すべてコントロールできると思いあがっている?
自然に対して怖れを抱くき、逆らえないと!!
感染症に対して、前向きになればと言うことで出版したようだ!!

参考文献

 

感染症対人類の世界史・池上彰

« 本・コロナ時代の経済危機 : 世界恐慌、リーマン・ショック、歴史に学ぶ危機の乗り越え方(2020/7)・池上彰・増田ユリア | トップページ | 本・宗教の現在地 資本主義、暴力、生命、国家(2020/4)・池上彰・佐藤優 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

イタリア」カテゴリの記事

ギリシャ」カテゴリの記事

スペイン」カテゴリの記事

トルコ」カテゴリの記事

ドイツ」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

ポルトガル」カテゴリの記事

ロシア (バルト3国)」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

台湾」カテゴリの記事

朝鮮半島」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

中南米」カテゴリの記事

古代文明」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・コロナ時代の経済危機 : 世界恐慌、リーマン・ショック、歴史に学ぶ危機の乗り越え方(2020/7)・池上彰・増田ユリア | トップページ | 本・宗教の現在地 資本主義、暴力、生命、国家(2020/4)・池上彰・佐藤優 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ