« 和歌山市 動物愛護クラウドファンディング巡り混乱 貰ったもん勝ちか??? | トップページ | 女性議員はアホか??? 杉田水脈、河井案里、豊田真由子………… »

2020年10月 2日 (金)

本・得意の人・失意の人―私の歴史診断(1988/10)・海音寺 潮五郎

Photo_20200827031501


歴史という壮大な織物の縦糸・横糸を丹念に解きほぐしてみると、
糸の狭間から有名無名のさまざまな人物像が浮かび上がってくる。
得意の人あれば失意の人もある。
本書は、こうしたさまざまな人物や事件をとり上げ、その数奇な運命、
隠された事実を逸話とともに紹介した歴史随筆集である。


エッセイで読んだが、歴史の隠れた話を読むのが好きなようだ!
原文で読めるから恐ろしい!
そう言う話を紹介している!!
史実と文学は???
上杉謙信の武田信玄への斬り込みがある!!
これは史実で無いようだが、著者は絶対にあったと!!
短編を読んでいると、意外な話に出くわす!!
それも楽しい!!! 内容は下記の通りである!!


● 田兵父子
● 運命を操った男
● 源 頼義
● 北越の大豪・富田勢源
● なよ竹草紙
● 利休と織部
● 読書余話
● 金と女
● チリ紙と桶
● かくれ門徒の話
● 長蛇
● 姫盗み
● 仙女伝
● 将軍と下士
● 義経と弁慶
● 歴史隋談
● 島津家物語
● 解説


● 田兵父子
田中兵部少輔長政(吉政)である!! 久兵衛と言う!
農民であり、武家奉公する!
宮部善祥房である! 比叡山の僧兵の一人である!
わずか3石から始まる! この時に一人召し抱える?
宮蔵と言う!!
宮部善祥房は秀吉に仕えて順調に出世する!!
それに連れて、久兵衛も出世して大名になる!!
田兵と呼ばれる………
関ケ原でも活躍して、合戦後筑後柳河・久留米で32万5千石を貰う!!
大大名である!! この時は家臣に苦労したようだが………
目ぼしいのがいないのに、数だけそろえなければならない!!

子供は4人いる!! 結果末子忠政は将軍にもお目見えしていて相続する!!
忠政が死んで改易になる!! どう言う一生だったのか???


● 運命を操った男
田中兵部少輔長政(吉政)は改易される!!
この家臣に田中の姓を貰った主馬がいる!
子供が出来て半蔵と名付ける!!
81歳の時の子か??
半をばらすと、八十一??????

半蔵は本多中務大夫政長へ召し抱えられる!
ここで旗本平野權平長政の家来と揉める!
この相手を討ち果たす! 12年目である!
再び本多家に仕えて、今度は推薦を頼まれる!
ところが頼んだ人間が何もせずに1年以上たって断る!
理由は小男で醜男という事である!
文句を言いに行ったが追い返される!
そうなれば武士の意地で切り込みを図る!!
これを収めるために、本多家では断った係を切腹させる!!
半蔵はいずらくなり、本多家を出る!!
妾がいてその妹の娘を、吉保に差し出す!
これが子供を産む??
マア、付いている男は付いているのか??
それより努力しているのか????


● 源 頼義
源頼義と言えば東北での戦いである!
坂東で活躍し、陸奥の国に戦乱が起こる!
安倍ノ頼時で、息子が貞任である!
ここらは小説になり易い!!  分からないことが多いので想像力が発達する!
奥州については、またゆっくり読んでみたい!!
分かり難いが………


● 北越の大豪・富田勢源
中条流は僧、慈恩に始まる!!
剣豪物は戸部新十郎が好きだ!
勢源は盲目である!
刀を短くしていくと、無刀になる???
そう言う話も聞く?
佐々木小次郎の師匠か??  年代が合わないようだが………

美濃に行った時、神道流の梅津某が立ち合いを望む!
真剣になるが、勢源は木剣で立ち会う!
結果を梅津某は気に入らない!
拙者が打った後があるはずだと!!
検視の時、入浴中で打たれた跡を手で押さえて隠したと!!


● なよ竹草紙
ことばの正不正の標準がある! 何が正しいのか??
古い形が正しいのなら、東京語が間違っている??
要は、国民の多数が使う言葉が正しい!!

この話のために、後嵯峨天皇の人妻に対する想いである!!
手紙の返事は「を」の一文字!!
意味は???  その昔「月」に対する返事が「を」である!!
「夜を待つ」
中世の恋は分からない???


● 利休と織部
利休が放逐されたとき、見送りに出たのが細川忠興と吉田織部である!
吉田織部は古来の茶器を壊してつぎはぎにする!
それが又美しいと!!
美的感覚が違う!!
ただ、松平伊豆守信綱の実父・大河内金兵衛は批評する!
「古くから伝わっている器物は、
 神仏の厚い加護があればこそ、世の変遷に災厄にも耐えて、

 完全な形で残っている! 
 それをおのれのほしいままな料簡で打ち砕き、
 好きな形にするなど、

 冥加をわきまえぬふるまいである! 
 神仏の咎めがあるに違いない」

正解な意見ではないかと思うが………


● 読書余話
旅籠と木賃宿は違う!!
旅籠は飯を買う!!  木賃宿は自炊である!
自らおむすびをつくり、腰兵糧とする!!
武士たるものの務めか??
加賀の前田利常は、アホを装ったが実際は賢く、下々の値段の事も知っていたと言う!!


● 金と女
賢い巫女がいる!
合資会社か?? 侍女たちから金を集めて金貸しを行う!!
最初は確実に儲かった!
が、池田備後守知政が借りる! 家老が借りるのだが、返却時にごまかした?
それで揉めて訴えた? 巫女が分が悪いが居直る!!
家老が主君の奥方と通じている!
私が仲立ちしたのだから間違いないと!!
お家おとり潰しになるが、家老と巫女はどうなったか分からないと!!


● チリ紙と桶
チリ紙販売を独占しようとする商人がいた!
屁理屈を言う!  こう言う場合はたいがい世の為である!
独占して安く流通出来る?? しかし幕閣にも見抜いている人物がいる!!

水道管をヒノキで行う!
交換に金がかかるので、土管にしようとしたが反対した人物がいる!
長い目で見れば土管は壊れる??  まして地震国であると!!

徳川幕府の制度は欠点だらけであるが、運用でカバーした!
それゆえに300年近く存続した???

● かくれ門徒の話
薩摩では一向一揆は禁止である!!
当たり前である??
が、隠れ門徒はいる??
明治維新で信仰は自由になった??
それが行き渡らずに揉めた!!
西郷隆盛が、これからは何を信じても構わないと!!!
一向宗も江戸時代に牙を抜かれたのか………

● 長蛇
頼山陽、日本外史である!!
自信作であるが、褒められすぎると自信がなくなる?
真価が見誤られる事は無いと納得する???


● 姫盗み
地方の武人が公家の姫君を盗みだす………
平維幹が常陸の国から京へ行き、恋をする!!
その過程が面白い!!
結局姫を略奪する!
バレて娘が二人いる事が分かる………
良くある話なのか??


● 仙女伝
福島正則の家臣・大橋玄番!  三千石である!!
変わっている?
ここにゲームオブスローンズのブライエニーみたいな女が現れる!
が気に入り家事を任せる!!
福島正則改易の時、城の引き渡しで意地を見せる!
主人の命なくば渡せないと!!
福島正則の書状が届き明け渡す!!
この時、女性が今まで貯めていた金銀を主人に渡す!
再び浪人となるが、抱えられて女性を探すが分からなかった??
著者はこの話おかしいと????


● 将軍と下士
女の意地か?? 話は古い!!
朝鮮半島の任那国の頃である!
河辺ノ瓊缶が将軍で朝鮮半島に行く!!
見かけは良かったようだ!
美しい妻を連れて行く!!
戦いに負けたのだろう………
命か?? 妻か?? 選択を迫られて妻を差し出す!!
相手は朝鮮人である!
どうやって喋ったのか???
日本の陣営に帰っても相手にされないのか?
妻も許されて帰って来る!!
が、元夫の所には行かない!!  当然である!!
が、元夫は「何故私の所に来ないのか! 最初に来るべきだと!」
こう言う人間はこの時代にもいたのか???

いろんな人間がいる!! こう言う人間もいる!
それはこの前の戦争で分かっている!!
階級、身分に関係無かったが、時代も関係なかった!!!!
それを言いたかったのか!!!!!


● 義経と弁慶
日本人の英雄信仰……… 生きていて欲しい!
鎮西八郎為朝の琉球へ行き、尚王家の祖舜天王の父になった伝説?
朝日奈三郎が、和田合戦で死なずに挑戦に渡った?
豊臣秀頼が薩摩に逃れた?
大塩平八郎は多彩だ?
西郷隆盛がロシアに逃れた?
チャンドラボーズが生きている??

判官びいき??? 
源義経である!  ブームは5回と言う!
第一次 江戸中期   北海道に逃れた?
第二次 江戸中期の末 大陸に入り、金の将軍になった?
第三次 幕末から明治 清朝の祖になった?
第四次 大正時代   ジンギス汗なる
第五次 昭和時代   高木彰光の小説で一部再燃した?

個人的意見だが生きて北海道にいても何が変わるのか??
金、清、モンゴルに対して失礼ではないか???
他国の英雄を根拠もなく日本人の後裔だと???
日本の美術、武道、ゲイ実も全て韓国発祥と喚かれている!!
もっとも宇宙も朝鮮半島が造った??
キリストも曹操も孔子も朝鮮人??
中年から大陸に行ったとしても一人で行ったのか??
言葉は??

軍事的才能を持ち、源平合戦で活躍し、政治的に無知であり、頼朝に殺される!!
この首の移動に時間がかかったのと、酒に漬けていて腐敗しなかったのか?
そう言うところから突っ込んでいる!!
しかし見分役は梶原景時である! 間違いようがないのでは???
同じ出来事でも、正反対の結論が出ることもある!!
話は違うが、徳川家康である!!
世良田二郎三郎元信??
家康が入れ替わったと!!
これを研究していた人がいる? 「史実として成り立つか?」
徳富蘇峰だったと思うが「同じだけ反証できると」

義経伝説は東北に多い!  当たり前である?
「義経記」「仙台浄瑠璃」「奥浄瑠璃」
こじつけみたいな話が並ぶ! 面白いが………
義経の戦法がある??
まるでジンギス汗とは違う!!
大平原を疾走し、皆殺しに破壊など何でもござれか?
日本の狭い国土で一騎打ちをやっていたのとは違う!!
集団戦である!!

最後に弁慶である!! 実在したが素性はまるで分らないと!!
紀伊田辺市が武蔵坊弁慶生誕の地と伝えられているようだが………


● 歴史隋談
第一話
朱子学と陽明学である!
朱子学は、大義名分がいる!
日本人は誤解しているところがある??

第二話
敗戦により評価が変わる??
上がった人物
・足利尊氏    度量広濶、政治的手腕もある!

下がった人物
・和気の清麻呂  宇佐八幡の神託を、巫女を脅して変えさせた?
・楠木正成    皇族の忠誠心が下がった??
・赤穂浪士    時代に合ってたか?? 手順を踏んで仇討になった!!

著者言う!!
自分の出来ないことを言って、人を攻めるのかよくないと!!

第三話
講談である??  嘘ばかりである???
・岩見重太郎   薄田隼人正! 女郎屋通いで失敗する?
・水戸黄門漫遊記 大阪種である! 助さん格さんも大阪弁を喋る?
・平家物語    史実では反対の事もあるようだ?
・太平記     民衆のイメージが作られる?
・川中島の戦い  戦いは五度が三度になり、又五度になった??
・仁徳天皇    仁徳ぶりはウソだと!!
        
第四話
兵学である!!  ほとんど嘘である!!
・小幡勘兵衛??  信玄の兵法を研究し、甲州流と名付けた!
         ここから北条流、山鹿流、越後流、謙信流、長沼流…………
・由井正雪は楠流である!!
本当に乱を起こそうとしたのか??

・松浦静山     
「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」
剣客であり、山鹿流信奉している!
山を隔てて水を呼ぶ方法がある???
竹の節をつないで、一方の口を水につけて、反対側で火を焚けば水が来る??
実際やってみて三日三晩火を焚いたが水は来なかった???

・萩尾徂徠    兵学は役に立たない? 孫子だけで充分である!!!!

栄耀栄華を極めた人??
・藤原道長     大したものは食べていない!
・箸文化圏     ベトナム・ラオス・カンボジア・タイ・チベット・蒙古………
 中国文化の影響圏である! 朝鮮半島が抜けているが………
・豊臣秀吉     こんな物しか食べていない?
・徳川家康     タイの天ぷらを食べている?
・砂糖       貴重品の時代!

第五話
妻妾の件である!
・朝鮮の役で虎の皮を献上したら、虎は強いので肉や内臓を食べる!
 強壮剤?? 塩漬けの肉の山になる!! 
 しかしその時代に虎が朝鮮半島にいたのかと??
・徳川綱吉     一番派手にやった??
・徳川家斉     50人の子供を産ませる?
・徳川秀忠     真面目? 妻が怖かった?
・徳川家光     男色家? 

30歳になると「お褥辞退」
徳川将軍家で母親の素性がはっきりしているのは、家康に家光!
腹は借りものか??

● 島津家物語
頼朝の落胤説がある??
どうも嘘くさい!
藤原氏を名乗っていたが、江戸時代に源氏と言い出した??
黒田官兵衛も佐々木源氏の末と言っている?
家康も源氏と言い出した??
そう言う時代である!!

島津貴久は薩摩、大隅、日向と兵を向ける………
息子に恵まれた!
義久、義弘、歳久、家久!
が、秀吉に屈する!!
朝鮮半島で大活躍する!!
関ケ原でも恐れられる!!
本領安堵で江戸時代を迎える!!

「薩摩に馬鹿殿なく、彦根に馬鹿家老なし」
・家久  忠長の愛犬を斬った?? ここで揉めて戦になりかける??
     幕府が仲裁する!  非は忠長にあるが………
     水戸光圀が後楽園を造った時、招待されて池に入って泳いだ!
・綱貴  民の贋金つくりなど知れている! 一番大きな偽金造りは公方様である!!
・宗信  22歳で死ぬ!  狂言を行うのに人を食ったやり方をする??
     ご政道に対する批判もあるのか?
・重豪  娘を家斉に縁づけた! 事業も起こし、ぜいたくもした!
・斉興  重豪の息子! 藩財政を立て直し、維新の財源にした!
・斉彬  斉興の息子で名君である! 

久光はどうなのか??
幕末があり、皇室との関係がある!!
2度将軍に嫁いでいる!
篤姫である!!

「島津家には色盲の遺伝がある」
山県有朋の嫌がらせか??
皇室にも庶民の血を入れることが重要であると!!!

 

得意の人・失意の人―私の歴史診断・海音寺潮五郎

 

« 和歌山市 動物愛護クラウドファンディング巡り混乱 貰ったもん勝ちか??? | トップページ | 女性議員はアホか??? 杉田水脈、河井案里、豊田真由子………… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 中国 (毛利・宇喜多他)」カテゴリの記事

 九州 (島津・竜造寺・大友他)」カテゴリの記事

 徳川家康 (徳川関連)」カテゴリの記事

 石田三成」カテゴリの記事

 織田信長 (織田関連)」カテゴリの記事

 豊臣秀吉 (秀吉関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 和歌山市 動物愛護クラウドファンディング巡り混乱 貰ったもん勝ちか??? | トップページ | 女性議員はアホか??? 杉田水脈、河井案里、豊田真由子………… »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ