« 大阪都構想!!  維新VS自民党  橋下徹憎しか??? | トップページ | 朝鮮半島情勢は???  北の軍事パレードは? »

2020年10月20日 (火)

麒麟がくる NHK2020年 大河ドラマ 第28回 新しい幕府

Photo_20201020172403

松永弾正が将軍のところに来る!!
がどうしても義輝を殺したと思われている!
摂津富田で14代将軍義栄が病死する!
これで三好は引き下がる!
三好とは誰か??? 一族は多い!

摂津芥川で、評定がある!
弾正は手土産を持って来ていて、信長に直接渡そうとする!
当然である!!
が評定が自分のことかと気が付く!
実際にそうである!
こいつだけは許せないと!! 弾正のことである!!
こう言うことに気が付くのに、何故反乱に失敗するのか??
信長はやると目を付けていたと! さすが弾正である!!

Photo_20201020172302

朝倉攻めでは、浅井に裏切られた時、信長のために動く!
信長に、あの老人が動くなら大丈夫だと!!
武田信玄の上洛時は許される!
上杉謙信で失敗する!
実際に頭を下げたらどうだったのか??? 
ここは信長がいての足利幕府である!!
大和は筒井順慶がいる! 三好方??

手土産は気に入られる!!
十兵衛も良さが分からない?? 弾正に馬鹿にされる??

とりあえず弾正は許される???
義昭が不気味な男を推薦する!
摂津晴門  知らないので調べてみた!!
信長を、成り上がりものとののしっていたが!
とりあえず任そうとするが、十兵衛は不信感を持っている!!

織田信長に警護されて上洛した足利義昭が、将軍に就任した。
兄の義輝と同じように、義昭も再び晴門を政所執事として起用した。
義昭の怒りを買って逼塞を命じられている!!
要は寝業師なのか???
片岡鶴太郎が演じている!!

Photo_20201020172301


駒は伊呂波太夫に会う!
この女、何を策するのか??

京で義昭は15代将軍になる!
三好が京へ攻めて来る! 本圀寺である!
防戦一方であるが撃退する??
直ちに信長来て、摂津晴門を満座の中でののしる!!
恨みに思う!!

信長は将軍御所を造る!
二条城である!!
近隣諸大名に協力を求める!
日にちを切る!! 当然出来ないと言うが一喝する!
襲われたと聞いて東庵、駒が医者を連れて駆けつける!
ここで十兵衛と再会するが………
信長はこの城の工事に石仏を使う!
かって母に仏のバチが当たる言われて、
バチを待ったが来なかったと!

信長無神論者のエピソードか??

次回は朝倉攻めか??
浅井の裏切りで窮地に追い込まれて、弾正は??
撤退時は??  藤吉郎がしんがりを申し出るのか??
藤吉郎、十兵衛、池田勝正に命じるのか??
それは先か………


【紀行】
【本圀寺】
永禄11年(1568年)、本国寺は織田信長の支持によって再上洛を果たした足利義昭の仮居所となる!
永禄12年(1569年)、足利義昭が三好三人衆により襲撃される事件(本圀寺の変)が発生する!
本国寺はなんとか損傷を免れたものの、
信長は本国寺の一部の建物を解体して二条城建築に用いることを決める!
本国寺の一部の建物は取り壊され、それぞれの建築物は二条城に運ばれて再組み立てされたという!
さらには屏風や絵画などの本国寺の貴重な什器類までもが運び去られた!

こういう場合、名所に行くのはややこしい!!

Photo_20201020172401


【二条城】
永禄12年(1569)に織田信長が、第15代将軍・足利義昭の将軍座所(居城)として、
この石碑を中心に、約390m四方の敷地にほぼ70日間の短期間で、
二重の堀や三重の「天主」を備えた堅固な城を築いた!
周辺からは金箔瓦も発掘されており、急ごしらえにしては、四方に石垣を高く築き、
内装は金銀をちりばめ、庭は泉水・築山が構えられた豪華な城郭であったと推測される!

Photo_20201020172402

« 大阪都構想!!  維新VS自民党  橋下徹憎しか??? | トップページ | 朝鮮半島情勢は???  北の軍事パレードは? »

 明智光秀 大河ドラマ(麒麟が来る)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪都構想!!  維新VS自民党  橋下徹憎しか??? | トップページ | 朝鮮半島情勢は???  北の軍事パレードは? »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ