« 本・情報戦の敗北 なぜ日本は太平洋戦争に敗れたのか(1997/3)・長谷川慶太郎・稲垣武・近代戦史研究会(編集) | トップページ | 本・連合艦隊司令長官山本五十六とその参謀たち(2000/7)・近江 兵治郎 »

2020年8月 3日 (月)

本・太平洋戦争の失敗・10のポイント(1999/12)・保阪 正康

 

10_20200715005301

真珠湾攻撃に始まり、終戦の玉音放送に終わった太平洋戦争!
国力のすべてを傾注して戦い抜いた3年9カ月、
しかしその戦争指導には多くの問題があった!

大局を見失い、希望的観測に終始し、精神主義に陥り、
現場の実情を観ずに犯したミスリードの数々…

今なお日本と日本人に痛切な問題を投げかける10テーマから、
その失敗の本質に迫った傑作評論!


本の整理をしていたら出て来た………
著者に、半藤一利の本は多い!
同じような記述は多い!!
が読むと新鮮である!!
今回は遠慮気味に実名を出していない!!
内容は下記の通りである!!


まえがき
第一章 真珠湾攻撃成功の罪とは
第二章 ミッドウエー敗戦に隠された構図
第三章 戦場なき戦争の指導者と国民
第四章 ガタルカナル戦に現れた歪み
第五章 山本五十六の戦死と戦争の終わり
第六章 アッツ島玉砕は必然だったか
第七章 虚構の防衛ライン・絶対国防圏
第八章 インパールの惨劇をもたらしたもの
第九章 誰も責任をとらない戦争指導
第十章 矛盾の総決算としての昭和二十年
あとがき
解説  野村 實
太平洋戦争関係年表


まえがき
1930年代の中国国民党の指導者
「あのころのあなたの国はなんと政治的理念や理想に欠けていたことだろう」
アメリカ軍の将校
「日本の兵士はどうしてあれほど命を粗末にしたのだろう。
 特攻作戦と玉砕を強制的に命じる国家は近代国家ではない」


第一章 真珠湾攻撃成功の罪とは
真珠湾攻撃は、世界中が喜んだ!
これでアメリカが戦争に参加する!
チャーチルもヒトラーも喜んだ!!
日本もアメリカを見誤っている?? 見くびっている??
アメリカを知る人は勝てないと!!
山本五十六も、ピッツバーグとデトロイトを見れば建艦競争など出来るはずはないと!

日本にアメリカと戦って勝利出来るのか??
出来ないが、いくつかの条件がそろえば戦える!
それがドイツの勝利なのか??
そもそも勝てる見込みのない戦いをどう戦うのか??
それが真珠湾攻撃である!!! 
軍事的には大成功で、政治的・歴史的には大失態か??
開戦通告の遅れがある!! 外務省の怠慢である!!
が外務省にも真珠湾攻撃の詳細も教えていない!
秘密は知る人が少ないほど保たれる??
開戦の日時も教えない??
大本営の参謀が言う!! 「国破れて何が国際法だ」 
戦犯で裁かれる人は多い???


第二章 ミッドウエー敗戦に隠された構図
信じられない敗北である??
日本の作戦は複雑と言う!!
分り難いが、ミニッツは見抜いていた??
作戦参謀、黒島亀人がいる!!
戦後、ミッドウエー海戦など負ける戦いではなかった?
作戦通りにに動いていたら勝っていたと!!

この作戦で日本の暗号が解読されていた?
が現実には目標は特定されていない?
アリューシャン、ハワイ、アメリカ本土、ミッドウエー………
太平洋艦隊情報主任参謀、レイトン中佐はミッドウエー攻撃と予測した!
暗号解読が分かっていないために、
ミッドウエーに真水が不足しているとの情報を流す!
これに見事に引っかかったのが連合艦隊??
アリューシャン攻撃から始まる!
潜水艦艦隊など索敵も考えている?
が作戦なんて何処かで齟齬をきたす??
それの対策の方が重要である??
だいたいアリューシャン攻撃は不要だったのではないか??

軍令部は作戦に反対だった??
富岡定俊、福留繁らの名前があると思うが、
戦後言い訳に走っている???

このミッドウエー海戦の結果を海軍は隠蔽した??
兵達も閉じ込められている??
ミッドウエー海戦までの報告は正確だったが、これ以降大本営発表が続く………
この海軍と、陸軍の隠蔽体質を徹底的に検証するしなければ、
軍を持っても同じ失敗をする??

日本では「反戦」と言いながら、
その実、単なる非戦や厭戦に過ぎなかった人がいる!
戦後になってあたかも反戦の如く装うと言うのが多い!
そう言った「自称反戦主義」
は単なる負け惜しみにしなかならない??

こう言う人間は、
ことの大小を問わずどこにでもいる!

捕虜の扱いがある??
アメリカは志願して誇りをもって戦っている!
日本はどうなのか??
日本兵は捕虜になったら何でも喋る!!
教育の問題なのか???
この国の本質の問題である???


第三章 戦場なき戦争の指導者と国民
昭和17,18年は日本はまだ決定的に負けていない??
負けが多くなっているが………
アメリカでは使命感を持って若者が志願する!!
日本はどうなのか??
東条英機は日本を兵舎にしようとする??
軍人的な発想しか出来ない??
「戦時」はいつ解けるのか??
「戦争が終わった時」
「戦争に負けた思った時が負けという!!
「国民は灰色である」
「指導者が一歩前に出て、白と言えば白、黒と言えば黒になる!」
「政治家は信用出来ない? あちこちで違う事を言う?」

突き詰めて行けば、死ぬまで戦えと言うことになる!
特攻に玉砕になる!!
指導者たちは、彼らなりに努力している??

東条英機の3つの噂??
➀ 東條内閣は辞職するのではないか?
② ドイツは負けている??
③ ガタルカナル島では負けている??
② ③は当たっている………
はじめは反軍、反陸軍、反海軍の言動を取り待っていた?
大本営発表が信じられなくなってくる?
がのちにこれが反東条が許せなくなる!


第四章 ガタルカナル戦に現れた歪み
ガタルカナル島である!
「半藤一利・遠い島 ガタルカナル」が詳しい!
両軍共25隻の艦船を失っている! 輸送船は入っていない???
補給を考えて占領したのかと思う!
アメリカの反撃はまだだと思っている!
要はアメリカを舐めている???
先にアメリカが攻撃してくる!  基地確保である?
これに対して日本も反撃する! 
ミッドウエー海戦で負けたので、その時の一木師団を投入する!
最強師団、旭川師団である???  そんなものではない!!
簡単に考えている??
ミッドウエー海戦で負けた事実を、一木師団の兵は知っている!
「口にすれば軍法会議」
これを広めない為にガタルカナル島へ投入した?
海軍将兵も扱いは同じようなモノのようだった??
アメリカのガタルカナルで戦った兵は、日本兵は強かったと!!
どうもこれは自分達の為に言っているようだ??
強い敵でなければ戦った意味がない???

現実に補給も出来ない!!
ラバウル基地から攻撃するが、航続距離はいっぱいである!
有効な攻撃は出来ていない??

ガタルカナル島へ上陸した兵は、持って行った食料はわずかである??
結局餓死した兵も多い!! アメリカは餓死した兵はいない!!
アメリカは6万の兵を投入して、戦死者は約1000人、戦傷者は4500人!
日本は32,000人の兵が参加して、2万4千人が戦死、行方不明は2,000人!
惨敗である!!!

日本のお家芸なのか?? 銃剣突撃に、夜襲である!!
これに失敗しているので、同じ作戦では出来ないと!
が、これを申告した司令官を参謀は罷免する!
現場を知らずに作戦を立てる???
結局誰も撤退を言い出さない??
撤退が決まり、8,000人の兵を撤退させれた!!
これは成功なのか???


第五章 山本五十六の戦死と戦争の終わり
半藤一利は先輩、越後長岡での山本五十六に対する思い入れが強い!!
真珠湾攻撃後、アメリカではヒトラーより憎まれた!
山本五十六は、アメリカとの戦争に勝てない理由として、
ワシントンを占領出来るのか? 出来ないなら戦争出来ないと!!
これがアメリカには誤解されている??

日本でも陸軍関係者に右翼にいいように思われていない?
アメリカに行っているが、情報を探っている??
本気で戦争に全力を入れればとても勝てないと!!
精神力では勝てない???
建艦競争などは出来ないと!!!

時代は満州国を求めている??
米英何するものゾ!!!
庶民はそうのように誘導されて、庶民を陸軍が代弁する???
陸軍は山本五十六の影響力を恐れている!!
現に三国同盟に反対されている!!
陸軍には絶望感を持っていた??  
話がかみ合わない???
予算要求で大蔵省が蹴ると、
まじめに造幣局で金を刷れ……

平気で、本気で言う軍人がいたようだ………
経済の事も何もわかっていない???

良く言われるが、死に場所を求めていたと!!
が、これも谷光太郎だが、黒島亀人を変えようとしていたと言う!
小沢治三郎に後任の推薦を依頼していた???
墜落してすぐには死んでいないようだ!!! 自害だったのか??
前途に絶望していたようだ………


第六章 アッツ島玉砕は必然だったか
初めての玉砕である!!
何の意味もない!
谷光太郎の本にあったが、アメリカのソ連への軍事援助はシベリアからも行われている!
キングは何故これを攻撃しないのか??
怖くて出来なかったと???

そもそもアッツ島にキスカ島に兵を置く必要があったのか?
兵を置けば補給がいる!! 制海権も確保出来ていない!
はじめはアメリカも反撃して来ない!
反撃が開始されると、補給が出来ない!
守れない??  こう言う時はどうすべきか??
降伏と言う方法もある!
それを認めればどこでも降伏しかねない!!!
結局見殺しになり、玉砕になる!!
キスカの撤退の成功は救いであるが………

アメリカは一つの実験をしたのではないか?
補給を立たれた島の日本軍はどうするのか??
悪しき例となったようだが………
間違いなく、作戦本部の責任であると思うが………


第七章 虚構の防衛ライン・絶対国防圏
絶対確保スヘキ要域ヲ千島、小笠原、内南洋(中西部)及西部「ニューギニア」
「スンダ」「ビルマ」ヲ含ム圏域トス」
と定められたものがこれで、
東部(マーシャル群島)を除く内南洋すなわちマリアナ諸島、
カロリン諸島、ゲールビング湾(現在のチェンデラワシ湾)以西のニューギニア以西を範囲とする!
要は絶対に守るべき防衛ラインである!

これを読んでいて思うのは現在の中国である!!
第一列島線および第二列島線は、中華人民共和国の軍事戦略上の概念!
戦力展開の目標ラインであり、対米防衛線である!!
果たしてそんなものはあるのか???

イタリヤが降伏している! これで開戦の前提が崩れている!
イタリア大使館への肉の配給を少なくしたのは、東条英機と言う!
これにより自前で戦わなければならなくなった………
終戦の展望はあったのか??
絶対国防圏は単なる作文で、現実に即したものではない??
地図に勝手に線を引いて作成している???
普通なら彼我の戦力、補給の事を考えて作成していない!!
思い込みの数字が並んでいる!!!
サイパンが落ちた時、東条英機は「こんなのは蚊に刺されたみたいなものである」
本気でない!! 結果B29の本土爆撃の基地になる!!

絶対国防圏から戦争の第二の局面になる!!
世界と戦う!!!


第八章 インパールの惨劇をもたらしたもの
軍人も名誉・栄達を求める!!
悪の権化みたいに言われる牟田口廉也である!!
3人の師団長が作戦に反対した!!
三方向から攻撃するが、補給も無く直線距離にしたら数キロメートルでも、
実際は山岳地帯で険しく山登りみたいなものだったようだ………
それなりの装備も無く、補給も考えていない!!
一方向の司令官は攻撃して確保しているが、そこだけでは無理である!
結局撤退になる!! こう言う事があれば精神力が言われるのか??

極めて政治的な作戦と言う!!
が、この作戦は牟田口廉也の責任と言う!
確かにそうであるが、師団長の時にこの作戦に反対している?
が司令官になり承認する! がこの上司は作戦を承認している責任は???
どうも牟田口廉也一人の責任にしている!!
他にもこんな作戦はあるが、黙してただ牟田口廉也が悪いと!!

半藤一利が牟田口廉也にインタビューに行ったようだ!
海外の書籍で、インパール作戦は正しかったとあるのを強調して、自己弁護ばかりだったようだ!
生き残った兵が、牟田口廉也だけは畳の上で死ぬのは許せないと!!

サイパン島の陥落がある! ここは難攻不落だと!!
谷光太郎の本にある!! 大本営の参謀である!!
「マリアナ地区は、
 たとえ海軍航空がゼロになっても敵をたたきだせる。

 計算では1キロあたり3,3門あればよいところへ、
 軽砲5門配置される予定」

何の根拠もなく、自分の思い込みでである!!


第九章 誰も責任をとらない戦争指導
昭和19年の戦時指導者と国民の動向である!
東条英機は裁判で堂々と言う!
すべて天皇陛下のお心通りにやっている!!!
アメリカは天皇を免責にしている!!
なのにこう言う事を言うと、天皇に戦争責任があることになる!
「天皇の意に背いたことない」
何を言わんとすべきか??
指導者として戦時の決断がある!
チャーチルは暗号解読の情報が漏れることを恐れて、コベントリーを見殺しにした???
こう言う決断が出来るのが指導者である!

サイパンが落ちた時に、ドイツ大使が面会を求めた??
どうでもいいことを並べ立てようだ………
どうも呆れて帰ったようだ………

東条批判はある!! 反東条派と言う存在がある!!
どこまで信用出来るのか??
ともあれ東條内閣は倒れる! 東條英機は引き下がったようだ1
この時に岸信介が踏ん張る!
辞めなかったので、内閣を改造出来なかった??
面白い話である!!
この時期から、軍令部、参謀本部、海軍省、陸軍省などが作戦を主導する!

アメリカの戦略がある! 日本本土侵攻作戦である!
➀ フィリッピン➡台湾➡本土
② 台湾➡本土
③ 直接本土
フィリッピンはマッカーサーが譲らない??
結局、フィリピン、硫黄島、沖縄、本土となるが、本土は免れた!!
レイテ海戦で日本は負ける???

著者も気を使っている!
台湾沖航空戦の戦果に疑問を持った参謀と、
それを握り潰した参謀の話である!
堀栄三に瀬島龍三である! 実名を出していない!!
戦果を疑問に思いその状況を確認する!
質問をすれば、しろどもどろになる?? 
単に爆弾を落として水しぶきが上がったのを撃沈したと言う!
この戦果を疑問視して大戦果では無いと報告したが、握り潰される!
瀬島龍三のようだ………
堀栄三はその後フィリピンの山下奉文司令官の元で参謀を務める!
台湾沖航空戦の戦果の疑問も言う!  信じてもらえたようだが………

ナポレオンが「戦争はドラマである!一幕、二幕、三幕とある」
これに対して日本は、作文だと!!!
誰も責任を取らない!!!


第十章 矛盾の総決算としての昭和二十年
チャーチルは日本に条件付き降伏を認めるべきだと!
天皇制を残して、イギリスと同じく立憲君主制にしたい??
が、ルーズベルトにスターリンは無条件降伏を主張する!!

火事場の泥棒???
9月2日にミズーリ―号で条約を調印する!
8月15日はポツダム宣言受諾だけである??
その間に北方領土、歯舞群島を9月4日、その他3島は9月1日に占領している!!
いまだに揉めている感じである………

天皇はハラを決めたと言う!! 終戦である!!
天皇とマッカーサーは11回会談をしている!
が、内容はいまだに公開されない??
終戦前に元駐日大使グルーが国務長官になっている!
天皇は残すべきだと!!

昭和20年になると、本土決戦のために他は犠牲にする??
本社を残すために支店を切り捨てる???
他は、台湾、硫黄島、ペリリュー島、フィリピン、台湾も自分で守ってくれと!!
学生時代に読んだ本がある!
「児島 襄・天皇の島」
ペリリュー島の攻防である!
中川州男大佐である!
突撃を禁止し、築造した陣地で迎え撃ちアメリカを出血させた………
この戦いが硫黄島へと続いた!
どちらもアメリカの方が死傷者の数が日本を上回った??
この本に名前は出てこなかったが、堀栄三がアメリカの戦法についてまとめた!
それを説明する時、メモを取って聞いたのが、中川州男大佐と言う!
この2島は日本の伝統的な戦いをしていない??

著者の本で知ったが、特攻に反対した軍人もいる!
反対する時、身体が震え、凍り付いている??
命令犯行で軍法会議も覚悟した???
特攻の命令は出さなかったが、爆撃・偵察で特攻と同じようになったようだ………
アメリカの戦記ではこの人の事は書かれるが、
日本は著者のような人しか書かない???

日本の終戦工作は、個人的なものである??
国としてやっていない??
原子爆弾は実験的なものだった???
どれぐらい被害を与えるのか分かっていなかった??

戦争は8月15日や、9月2日で終わったのではなく、

占領は6年2ヵ月続いた………
270年間、江戸時代は平和だった!
小競り合いはあっても戦争はなかった? 島原の乱ぐらいか???
人口は3500万で国土の16%で耕作し質素に生きた!!
江戸時代の官僚は優秀だった………
明治時代初期の官僚の過ちが集積されて昭和の今回の戦争に現れた???
太平洋戦争の日本人の姿を江戸時代、
明治維新にさかのぼって考える必要がある?


解説  野村 實
下記の言葉に同意している!!
「三年九月のあの戦争の期間に、近代日本の矛盾が全て凝縮されていて、
 日本人のありのままの姿がよくあらわれていると思っている」
「太平洋戦争を見つめておくことは、戦争の醜悪さと残酷さを肌身でしることにもなり、
 私にとってはこれほど学ぶべき歴史的事実は、ほかにないと思えるのだ」
「山本五十六の死と共に日本の戦争も終わった」

 

太平洋戦争の失敗・10のまえがポイント・保阪正康

 

« 本・情報戦の敗北 なぜ日本は太平洋戦争に敗れたのか(1997/3)・長谷川慶太郎・稲垣武・近代戦史研究会(編集) | トップページ | 本・連合艦隊司令長官山本五十六とその参謀たち(2000/7)・近江 兵治郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

イングランド」カテゴリの記事

オーストリア」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・情報戦の敗北 なぜ日本は太平洋戦争に敗れたのか(1997/3)・長谷川慶太郎・稲垣武・近代戦史研究会(編集) | トップページ | 本・連合艦隊司令長官山本五十六とその参謀たち(2000/7)・近江 兵治郎 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ