« 本・50代からの人生戦略(2020/1)・佐藤 優 | トップページ | 本・東大講義録 ―文明を解く― ①(2003/4)・堺屋 太一 »

2020年7月28日 (火)

本・三度目の日本 幕末、敗戦、平成を越えて(2019/5)・堺屋太一

Photo_20200726123601

 

令和の日本は「楽しい日本」であるべきだー。
近代一五〇年、この国は時代の転換期を二度、迎えている。
幕藩体制が崩壊した明治維新と、国土が焼け野原になった敗戦である。
その都度、日本は立ち上がり、「一度目の日本」、「二度目の日本」を創ってきた。
しかし平成が幕を閉じ、令和を迎えた日本に、またもや時代の転換期が訪れている。
それは東京オリンピックが開催される2020年(令和二年)に、決定的になるだろう。
今まさに私たちは「三度目の日本」を創らなければならない。これからどうなるのか。
どうすればよいのか。
多くの著作で予測を的中させてきた著者が、未来を生きる日本人に遺した最後の提言。


堺屋太一の本はよく読んだ!! 大変ためになったと思っている!!
昔、授業でソ連の集団農場を褒めていた!
その時はそうだと思った!! 
多目的ホールと言うものがある!
当然良いものだと思った………
幻想は崩れて、集団農場は何も生産性を高めるものでなく、
多目的ホールは中途半端なものだと理解した!
本をよく読んでいるので知っている話も多いが、大変楽しい!
耶律楚材の名言も、堺屋太一に教えられた!!
「一利を興すは一害を除くに如かず」
「一事を生やすは一事を省くに如かず」
亡くなられたのは残念である………
内容は下記の通りである!!


はじめに
第1章 「二度目の日本」は、こうして行き詰まった
    私たちは今、ここにいる

第2章 第一の敗戦ー「天下泰平」の江戸時代から「明治」へ
    近代日本はどのように幕を開けたのか

第3章 富国強兵と殖産興業が正義だった
    「一度目の日本」の誕生と終幕

第4章 敗戦と経済成長と官僚主導
    「二度目の日本」の支配構造を解剖する

第5章 「三度目の日本」を創ろう 
    2020年代の危機を乗り越えるために


はじめに
一度目の敗戦  明治維新後
二度目の敗戦  戦後
三度目の敗戦  2020年以降に始まる?
著者は三度目の敗戦を、楽しい日本にしたい!!


第1章 「二度目の日本」は、こうして行き詰まった  
私たちは今、ここにいる

■ 日本の転換期は1989年
二度目の日本の行き詰まりは1989年!
1970年の万博で、テーマを探していると、
モントリオールは、「コンセプト」だと!
「概念」で、カナダはカナダを見せる!
それを聞いて、日本は「規格大量生産の工業社会なる日本」を見せる??
観客の数を入れて、日本が豊かになったのを見せる!
それは成功したが、1989年頃から行き詰まりが兆しはじめた………

■ 第四次産業革命の時代に、日本は生き残れるか
現在の、トランプ大統領のアメリカ・ファースト、イギリスのEU離脱がある!
規格大量生産が、第三次産業革命だと!!
第四次産業革命は、多様性と大量性を両立させる産業革命になると!!
その中で日本はどうやって生き残るのか??

■ 2020年代には、団塊の世代が後期高齢者になる
著者が団塊の世代と言う言葉で予想した!
当時は人口がまだ増えると??
その中で人口減を予測をして、逆に批判された???
その社会保障費で、繁栄を食い潰していく!

■ 戦後官僚主導の五つの基本方針
一 東京一極集中
二 流通の無言化
三 小住宅持ち家主義
四 職場単属人間の徹底
五 全日本人の人生の規格化

敗戦で強い日本を捨てる!
軍事小国・経済大国を目指す!
業界協調体制で規格大量生産の近代工業社会を形成する!
田中内閣は、東京を大きくする!!
頭脳は東京、地方は手足??
地方は製造業と建設業の現場になる!!
地方は農産物を高く買うことで納得させる!!

■ 業界団体の本部を東京へ  東京一極集中
要は圧力をかけて東京へ来いと!
大阪を衰退させる???
旭化成、丸紅、伊藤忠、住友銀行、三和銀行、東海銀行、日本生命………

■ 情報発信機能を東京へ  東京一極集中
出版、新聞、テレビ放送と、紙も電波も東京に集められる!
その為の圧力は凄いと言う!!
「やしきたかじん」は偉い!!!

■ 文化創造の場も東京へ  東京一極集中
歌舞伎は独特の構造がある!
しかし官僚は東京にしか建てさせない!
建てると言うと補助金を出さないと圧力をかける!
読んでいて嫌になるのか、関西人だからか??
経済産業中枢管理機構、情報発信機構、文化創造活動を東京に集中させる??

■ 「無言」になる流通  流通の無言化
規格大量生産で商品が市場に供給されるが、売れていない!
「第三次産業の生産性が低い」
それは店頭でおしゃべりが多いからだと!!
喋らない流通?? 流通の無言化??
小売店より百貨店、それよりスーパーマーケット、それよりコンビニだと!!
楽しい買い物が出来ない!!
百貨店も外国人のために外国人を雇うとするが、官僚は気に入らない!
流通の無言化に反する???

■ 国民は持ち家を構えろ 小住宅持ち家主義
全国民に家を持たせようとする!
それを実行して建設会社が儲かる!!
東京以外の地方では、
「公共事業のバラマキと、農産物の高価格で辛抱しろ」

「工業地域を分散して工場を立ててやる」

■ 「共同先導性の理論」と「多目的ホール」
実名が出て来る!! 下河辺淳!!
「工場先導性の理論」
まず工場を建てて街を造る!! 教育、医療、商業が付いて来る??
しかし工場から街が出来た例はない???
そうして多目的ホールをたくさん造る!!
何でもできるホールは、何も出来ないホールでもある!!
本当のホールは東京にしかない???
たまに地方に行き、本物を見せてやれと???
馬鹿にしている???

■ 会社人間になりなさい 職場単属人間の徹底 終身雇用制
「金曜日の妻たち」
これで隣近所と付き合うサラーリーマンは許せない???
転勤がしにくくなる!
要は言う通りにしろと!!
非正規は損だと!!!
その代わり、年功序列と終身雇用で身分を守ってやる!!

■ 規格化された人生 全日本人の人生の規格化
決められた生活!!
学校は切れ目なく進み、牢人はするな?
ニートは不良である??
卒業した就職、蓄財に励み結婚して子供をつくり、夫婦二人で働き、
ローンを組み住宅を買う! 老後は年金で淋しく暮らせ!!!
入学、進学、卒業、就職、畜歳、結婚、出産、住宅、年金………
家族が崩壊した………
隣人との付き合いも無くなった………

■ はがきの名文コンクール  日本人の願いは内向きになった
安心、安全、清潔、正確、平等が得られた!
日本は天国である!
上に行く階段がなく、下に落ちる心配をしている世界である!
今は、会社社長になると言う希望はないようだ!!
お寺の住職希望? 消防士死亡? ケーキ屋???

■ 明日の夢がない
物欲の低下!
未来への夢が乏しい!
日本人留学生も少ない!

■ 「低欲望社会」という危機
結婚しないのは、周囲から結婚しろと言われない??
若者自身の結婚生活への想像力と決断力の欠如???
3Y社会!!
「欲ない、夢ない、やる気ない」
日本は、安心、安全、清潔、正確、平等を実現している!
規制と厳格な基準ゆえに、
夢も冒険もやる気がない「低欲望社会」になっている!!!


第2章 第一の敗戦ー「天下泰平」の江戸時代から「明治」へ 
近代日本はどのように幕を開けたのか

■ 何が社会を決定するのか
2度の敗戦の姿とは?
価値観がどうであったのか???

■ 「変わらないことが正しい」とされた江戸の社会
江戸時代  天下泰平 「様式」「協調」「安定」
安定が何より重要である!
人口を動かさない!!  動けばコストがかかる!
その為に関所を設けて、橋を架けない!!
船による物流も、危険とコストがかかるようにした!
そこまでやるかと………

■ 中央集権と地方集権の二重行動
江戸と大阪に人口を集中させるが、300諸侯は地方自治である!
港、鉱山、天領は幕府が支配する!
金、銀、銅貨を握っているが、地方は銭と藩札である!

■ 安定のなかでの流動性
身分も固定では無かった???
農民の子でも家老になり、八百屋の娘が将軍に嫁ぐ??
自由度が高かった!!!

■ 「禄」「権」「位」の三つ巴
「禄」 経済的な収入
「権」 権力を握る役職
「位」 官位

饗応役  浅野内匠頭  53,000石
指導役  吉良上野介  4,800石
年賀使  柳原資廉   230石
この仕組みで260年の安定を得た!

■ 「変わらない世の中」のためには人口も抑制する
堀部安兵衛、荒木又右衛門の話が有名なのは珍しかったから??
「天下泰平」「五穀豊穣」
この維持のためには人口を移動させず、増やさない!
そう言う仕組みである!
遊郭が必要なのは必然だった???
場所も考えられている??
大阪は北と南で遊郭があり、中央部で仕事する!
途中で遊びに行けないようにしている???

■ 揺らぎはじめる「天下泰平」
幕府は外国人に勝てないのが分かっている!!
その為に外国人は恐ろしいものだと流布した!!
これが攘夷となり、いざ条約を結ぶダンになると反対が多くなる!
幕府は自分で首を絞めた!!!

■ 外国軍に歯が立たなかった攘夷派
長州も薩摩も負ける!! 完敗である!!

■ 非武装社会・江戸時代の日本
軍隊の定義!
一 強力な兵器を集団的に操作出来る!
二 戦場で働くことを前提としている! 完結型の組織である!
三 軍事裁判が出来る
江戸時代は軍隊では無かった!!

■ 西洋式軍事組織の誕生と明治維新
西洋式の軍隊を造る! 金が要る!
「富国強兵、殖産産業」
しかし武士は「様式美」である! 外見である!!
様式美ではなく、組織だと!!
薩摩、長州はそれをやった………

■ 転向者の暗ささえない維新の志士
攘夷から転向しても暗さがない!!
明治維新は、美意識と倫理観ががらりと変わった!
「第一の敗戦」であるが、犠牲者は驚くほど少ない!
敗れたものへの配慮があった!!


第3章 富国強兵と殖産興業が正義だった  
「一度目の日本」の誕生と終幕

■ 「ええじゃないか」に見る倫理への反乱
ええじゃないか踊り???
1867年頃、神社のお札が天から降って来て踊りまくる!!
幕府体制を崩す陰謀とも言う!
お札を天から降らすのは難しい!
弓で打ち上げた??? それは難しい??
が、維新への大きな起爆剤になった!!

■ 正義は「勇気」と「進取」
天下泰平→狂喜乱舞→富国強兵・殖産産業
価値観が変わる!
「中央集権」と「知識人優遇」
知識人を育てるために学校制度ができる!
紡績産業、生糸が殖産産業の成果である!
「勤勉努力」「進取の気性」を良しとする倫理観が機能した!

■ 農地地主と銀行と財閥
国内は、農地地主と財閥による支配がある!
商人も礼法ではなく、勤勉、努力、進取の気性、忠実の倫理観にとって代わられる!
三井、住友、三菱、大倉、古河、安田、浅野、鈴木、片倉、小曽根、乾………
財閥も地方から輩出していた………
破綻した人も多いが、新しい倫理観が変わった!!

■ なぜ大インフレが起きたのか
153の国立銀行を創る!!
わずかに残っている………
渋沢栄一、松方正義の財政でインフレ、デフレで破綻の可能性があった?
しかし日清戦争で当時の日本の国家予算の倍の賠償金を貰う!!

■ 「一度目の日本」の頂点
石炭産業が興り、第一次産業革命が起きる!
イギリスは18世紀後半で、日本は19世紀後半である!
この時期、官僚主導が幅をきかしている!!

■ 内国勧業博覧会の始まり
内国勧業博覧会の始まり、第5回が大阪である!
第二次産業革命で、電気への技術革新に成功する!
日清、日露戦争は相手が弱かった??
第一次世界大戦の終わりが、明治の日本の頂点で、
「一度目の日本の頂点」であった!!

■ 日本の「敗因」は規格大量生産に乗り遅れたこと
世界は規格大量生産の時代である!
一 部品組み立て方式
二 ベルトコンベア方式
三 一労働者一作業
が、日本は学ばなかった?? 出来なかった???

■ 第三次産業革命  半導体とコンピューターの産業革命
産業革命の段階!
第一次産業革命 18世紀末 イギリス 石炭と鉄と蒸気機関
第二次産業革命 19世紀末      石油と電力
第三次産業革命 1960年代      半導体とコンピューター
要は日本はどうしてよいか分からなかった??
関東大震災で、一度目の頂点から滑り落ちる!!

■ 元勲の政治主導から官僚主導へ
「忠勇愛国」
日本の官僚は金持ちを嫌った!
明治維新で現場の斬り合いを経験した元老から学校卒業者が仕切る!
一 禄の多い外様大名
二 老中、大老になれるのは親藩か譜代大名 10万石から30万石
  酒井、本多、井伊、阿部、小笠原
三 権力を握る勘定奉行、寺社奉行、町奉行は旗本数百石
この伝統を引きずっている!
一年か二年でポストが変わる??
なので責任を回避出来て、長期的に考えない!!

■ 日本の官僚はエリートではない
試験は難解であるが、やりようがある!!
答え易いものから回答する! 丸暗記で解答できる!!
本当のエリートは金、権力、名誉を持つ!
日本のエリートはエリートではない!!

■ 「創造」より「記憶」の世界
記憶力に頼るので未知の出来事に対応出来ない!
答え易い問題から答えるのは、問題の先送りである!
あまり優秀ではない???
一年か二年でポストが変わり、責任を回避出来るので、長期的に考えない!!

■ 時代の下り坂で災害
60年から80年周期で大災害が起こる!
経済の下り坂の始まりで発生する!
関東大震災はそう言う時期に発生した??
日本の歴史の必然である………

■ なぜ昭和になって、政治家の汚職が取り沙汰されたのか
関東大震災の復興は短期の政策が重要になる!
「復興需要」  官需である!
関東大震災なので、東京一極集中である!
国民の富める者に対する嫉妬があり、これを完了を煽る?
帝人事件は事実無根であるが、官僚は利用する!!

■ 民主主義は自由経済の政治版
大政翼賛会に政治家は入る!
入らなかった一人に安倍寛がいる!
安倍晋三の父方の祖父である!
安倍晋三は岸信介ではなく、安倍寛をお手本にすべきだと!
軍人、財務官僚、警察官僚の三者が日本を牛耳る!
官僚主導により、政治が国政を動かせない!
日本の悲劇「第二の敗戦」を招く………

■ 官僚は「Aを取ってBを捨てる」ことができない
昭和史を振り回した男??  松岡洋右??
日米了解案が作られるが、大蔵省と海軍、陸軍で作るのか?
外務省は入っていないので潰す!!
セクショナリズムにとらわれるのが、官僚である!!
細部にこだわって全体を見ない!!!
「一度目の日本」を潰したのは、官僚主導だと!!

■ 無責任体制の確立
官僚主導は誰が何を決めたか分からない!!
小池都知事になって、豊洲市場の移転である!
終戦時に、戦争の責任者が何処にもいない!
石川信吾 俺がこの戦争を始めた!!!
官僚は無責任体制である!!
時流に流される……… その時代の倫理観である!
それが一人歩きして、他のものは正義ではないと!!
誰も望まず、勝てると思わなかった戦争に突入する!
誰も責任を取らない!!!!!


第4章 敗戦と経済成長と官僚主導  
「二度目の日本」の支配構造を解剖する

■ 戦時下で思った官僚システムの恐ろしさ
渡部昇一も書いていたが、戦場が日本に近くなってきている!!
いくら景気のよいことを言っても分かる??
戦争中、著者も小学校の時、一億玉砕と言われて、
それなら負けやないかと言ったら、
先生にポカポカ殴られた!!
負けを認めないなら玉砕しかない???
それを官僚は言い張り、それ以外は異端分子で排除する!
その怖さを感じたと!!

■ ジープとチョコレート
終戦後、子供たちは、ジープとチョコレートで、あっという間に懐柔された………
「八紘一宇」も「撃ちてし止まぬ」も吹き飛んだ!
戦争に負けたのは、物量で負けたと納得した??
なので規格大量生産に走る!
理論観と美意識が変わった、第二の敗戦と言う!!

■ アメリカを美化した平等主義
戦後の日本の目標!
安全、平等、平等!!
アメリカを美化しすぎた!!
アメリカは公正ではあるが、平等ではない!
相続税、累進課税で富の再分配を行った!!

■ 貧しさゆえの「成長第一主義」
みんな働け! 
太平洋ベルト地帯で産業の基盤と人口を集める!
新産業都市、工業整備特別地域に、コンビナート作ろうとした!
これはバランスを欠き、地域格差と郊外を生む!

■ 復活する戦前官僚  「官僚主導」を確立した田中角栄
田中角栄は、官僚になびいた人と言う!
ガソリン税???
官僚主導が始まる????

■ 総理は二年で使い捨て
田中角栄、三木武夫、福田赳夫、大平正芳、鈴木善幸と2年で交代する!
政治家は官僚の陳情家になる??
戦後の官僚政治、官僚主導が本格的に始まる!

■ 政治家は官僚が仕掛けたスキャンダルで潰される
反官僚??
田中角栄、
竹下登の「ふるさと創生事業」
リクルート事件!!
官僚のリークと言う!!
福田派は官僚にとって御しやすい!!
橋下徹は反官僚である!!
そうすれば出自を遡って、人格を否定するような記事が書かれる!
これもリークなのか???

■ 元凶は小選挙区の導入だった
官僚は派閥は目の敵である!
小選挙区制は言い出した方が有利になると考える???
議員は地元の利益誘導である!!
政策で切磋琢磨しすると小沢一郎は言っていたが………
官僚と報道機関が協力している!!
諸悪の根源???

■ 「官報体制」と記者クラブ
政治主導は、官僚と報道機関が骨抜きにする!
記者クラブの弊害を言う!
除名処分で恐れる………

■ なぜ晩婚化と少子化が進んだのか
日本人が、良かれと思ってきたことに従わない!
官僚主導が行き詰まりを見せている!
晩婚化に結婚しない! 少子化である!
「一度目の日本」は、家族主義を尊重し、家父長制度が残った!
「二度目の日本」は、官僚が家族を敵視した!
「三度目の日本」は、どうあるべきか??

■ 「天国」日本は、夢と冒険のない社会
日本は天国である!!
犯罪も少なく、清潔で交通機関の運行も正確である!
飲酒運転を取り締まり事故が少なくなった!
が欲望と夢が無くなった!!
貧乏旅行も、冒険旅行も、海外留学も少なくなった!!
暴走族もヤクザも減っている!
多様性と意外性を失い高齢化により日本は崩壊して行きつつある………
「第三の敗戦」である…………


第5章 「三度目の日本」を創ろう 
2020年代の危機を乗り越えるために

■「天国」に「地獄の風」を
地獄は変化に富んでいる??
「血の池」もあれば「針の山」もある!
地獄の風を味わうのもいいかも知れない……

■「楽しみ」を正義に ほか
日本人は本当に楽しんでいるのか??
レーガン大統領は規制緩和を行った! レーガン改革である!!!
飛行機も自由化したが、ストライキを起こした航空管制組合の代わりに、
軍の管制官を送り込む!! 後にストライキ参加者は首にする!!
カジノ、ストリップなど開放する!
強引な自由化を行った!!
アベノミクスで挑戦しているが、手強い!!!

■ 日本に巣くう「官報体制」
「一度目の日本」 強い日本
「二度目の日本」 豊かな日本
「三度目の日本」 楽しい日本
楽しい日本を目指すには官僚主導を止める!
これに反対なのがマスコミ!! 官報体制でマスコミは官僚の言う通りに報道する!
小池知事は反官僚であるので、報道もそう言う報道が多い!!

■ マスコミの情報源は官僚
カジノ法は反対が多い!!
警察の利権も絡む??
著者はさらりと流しているが、ギャンブル依存症は536万人いると!
予備軍を含めてであるが………
厚生労働省が算出した!!
警察の片棒を担ぐのは常に野党、特に民進党と言う!!
警察からパチンコ業界に天下りもいる!
官僚から遠いところにいるのが維新!!!
よく分かる!!!
先ほどの536万人の解説は、谷岡一郎先生がやっている!
もっとも参考人としては呼ばれないと思うが………
著者は4000人のデータから算出したという話もあると???
現在のパチンコ依存症がカジノに行くのか??
パチンコがカジノに変わるだけではないか??
サッカーくじは通った!!  管轄が文部科学省である!

■ 誰が官僚主導を断ち切るか
誰がどう断ち切るのか??
「一度目の日本」 黒船
「二度目の日本」 マッカーサー
「三度目の日本」 誰がどんな方法で???

■ 第四次産業革命後の世の中
今後の日本!
一 少子高齢化
二 地方行政の破綻
三 大不況
四 国際情勢
五 第四次産業革命
第四次産業革命が最初かも知れないと!
第一次産業革命  蒸気機関
第二次産業革命  電力と内燃機関
第三次産業革命  規格大量生産革命
第四次産業革命  ロボットとドローン
今まで予見した人がいたのか???
第三次産業革命で予見した人は、ヘンリー・フォード!
ヒルトンホテルも、一労働者一作業方式とした!!

■ 上達するという楽しみ
第四次産業革命以降の生活は??
情報収集の時間が出来る!!
競馬、株式は情報収集で上達する?
スロットはまるで偶然である!!
健康もそれ自体では上達しない!!
マンドリンと版画が趣味な先輩がいる!!
楽しんでいる!!

■ 人生に何を遺せるか
「黒澤明・生きる」
「人の役に立つ仕事をしよう」
そうして公園を作りブランコに乗り死んでいく………
自分のやりたいこと、人の役に立つことをして死んでいく!
死ななくても良いからそう言う人生もある!
一日シェフをする?? (規制がある)
シャリアピン・ステーキはロシアの歌手!
松花堂弁当は住職!

■ 大阪で仕掛けていること
再開発のビルの仮囲いの壁に絵を書かせる!
お遊びであるが楽しい!!
神戸の地下、新開地と高速神戸の通路にも絵がある!
各大学が書いている!!

■ 「三度目の日本」の姿
万博はテーマよりコンセプトである!!
「いのち輝く未来社会のデザイン」
それより「第四次産業革命を成し遂げた日本」
2020年以降の危機を乗り越えて「三度目の日本」を目指す!
東京以外で万博が開かれるのか効果抜群という!!

 

三度目の日本 幕末、敗戦、平成を越えて・堺屋太一

 

 

 

« 本・50代からの人生戦略(2020/1)・佐藤 優 | トップページ | 本・東大講義録 ―文明を解く― ①(2003/4)・堺屋 太一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・50代からの人生戦略(2020/1)・佐藤 優 | トップページ | 本・東大講義録 ―文明を解く― ①(2003/4)・堺屋 太一 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ