« 麒麟がくる NHK2020年 大河ドラマ 第17回  | トップページ | テレビ・ドラマ・ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ シーズン1 2018 U=NEXT »

2020年5月11日 (月)

本・トンデモノストラダムス本の世界(1999/6)・山本 弘

Photo_20200511140501

 


「ノストラダムスの大予言」とはいったい何だったのか?
あいまいな言葉で書かれているノストラダムスの予言詩は、
読む人間の主観によって、どのようにでも解釈できてしまうのである。
ノストラダムスの予言が映し出すものは未来のビジョンなどではない。
研究家たち自身の心の中―彼らの抱く恐怖や願望なのだ。
無数のノストラダムス関連書のなかで、どうしても読んでおきたい必読の書。


まだ20代の頃に、と言っても20歳を超えた時だったと思うが、予言の話を聞いた!
仲間内では話題になった!! そう言う話は事実と感じる!!
21世紀に行けない!!
がその時誰かが言った!! そんな1999年と言う都合の良い年なんかでたらめだと!!
みんな1999年7月の事しか知らない!!

阿刀田高が言っている!!
予言の書はトーナメントの論理が働くと!!
予言が当たらなかった時点で捨てられて、新しい予言書が出て来ると!
未だに輝くを失わい!! 1999年6月の発行である!
嫌味としか思えない………
内容は下記の通りである!!


まえがき ノストラダムス・シンドローム
ノストラダムス大予言年表
第一章 ノストラダムスをめぐる13のダウト
第二章 フィクション大魔王・五島勉の伝説
第三章 トンデモ・ノストラ研究家列伝
第四章 トンデモ・ノストラ本大行進
第五章 フィクションの中のノストラダムス
第六章 予言詩解釈バトルロイヤル
第七章 恐怖の大王の正体は?
ノストラコラム
ちょっとマジなあとがき
文庫版のためのあとがき
参考資料


NHKも楽しい!!
アナザーストーリーとダークサイドミステリーで、ノストラダムスを取り上げていた!!
大変良く理解出来た!! これは出て来るとは思わなかったが………

フランスの真面目な研究者にインタビューしている!
その時印象に残ったのは、書かれたのはフランス語で、それも古いフランス語であると!
内容を理解するのは難しいと! 専門家でも難しいと!!
この解説を書いている人たちはほとんど原文を読んでいない!
訳文である!! フランスの行ったこともなく、ただ自分の都合の良いように解説する!
他の解説はくそみそに言う………


まえがき
著者の指摘がある!!
ノストラダムスの本と、研究家が並んでいる!
著者の分析がある! 
研究家でフランス語が分かる人間はほとんどいない!
翻訳されたものを使っている!! 
なので訳者の考えが混じっている!

第一章 ノストラダムスをめぐる13のダウト
13あるが、以下が面白い!!
① ユダヤ人だった
② 占星術師だった
③ パスツールの業績を予言していた 何故パスツールだけなのか?
④ ヒトラーの出現を預言している スターリンは?
⑤ 日本に関する予言をたくさん残している 知らないと思うが………
⑥ 1999年人類は滅亡する
まだあるが、これだけでも死刑ものである!!
ペテン師詐欺師である!!!!
そもそのこの予言が当たっていると言い出した本人がペテン師である!!

年代がかかれている予言は外れているようだ!!
どうとでも取れる詩が多い!!
なので同じを何回も使う!!!


第二章 フィクション大魔王・五島勉の伝説
この人こそペテン師である!!
著者も人が悪い!! どういう人間かを分からせようとしている!!
推薦者の顔ぶれが面白い!!
森村誠一、野坂昭如、丹波哲郎、小池一夫、井沢元彦、竹村健一、舛添要一………
他にはもっといる!! しかしこういう人がどう思っていたのか?
本当に1999年までと思っていたのか???

ずるいとこもある!!
経歴に「コイン利殖入門」の著作があるようだ!!
もっともこれは消しているようだが!!
こう言う本を書くぐらいだから、口先三寸で騙すことなどお手の物か???

何冊書いて儲けたのか???
たいがいこう言う本は一冊ぐらい読むが、読んでいない!!
その頃になると、人間がそれなりに分かって来る!!
何冊も書いて儲けることしか考えていない??

手口が書かれている!!
小説家だと!!
「小説・ノストラダムスの予言」なら問題はなかった???
そうでもない!!
出版社も問題だと思うが!!
祥伝社である! 
三流の出版社でなりふり構わず売れるもの売りたい!

事実かどうかより売れるものである!!
それに合ったのが五島勉と言う!!
なまじっか広まったために、「バタフライ効果」になった???
オウム真理教を産んだのは一人だと!!
マッチポンプで、疑問点を言われる前に自分で言う!!
「ひとりボケ、独り突っ込み」

他人の批判はやり放題!!
どの口が言うかと???
自分の本が怪しくなるルト、徹底的に責める!!
ない詩も勝手に創作する!!
この予言、一応全部翻訳されたそうだ!
ペテン師はそんな事はないと思い、信憑性を持たすために創作した!!
ユダヤ人の陰謀????
読んでいて本当の話かと思ってしまうが……


第三章 トンデモ・ノストラ研究家列伝
こじつけがある!!
韓国が出て来る!!
アイス➡氷➡コーリャ➡韓国?????
開いた口が塞がらない!!
こう言うこじつけがある!!
原本は古フランス語??? 読める人間は少ない!!
こじつけも甚だしいが………
色々あるようだ???
文字の並び替え??
暗号解読じゃあるまいし、何の意味があるのか???
未来人、宇宙人何でもござれか??

知らない名前の中に、知っている名前がある!!
大川隆法である!!
1992年、第三次世界大戦が始まる!!
読んでいてあほらしくなるが、信者は多い???
ますます信用出来ない!!


第四章 トンデモ・ノストラ本大行進
ここもずらりと並ぶ………
この章、何と言っても麻原彰晃である!!
えらいのはファランスへ行って、研究家とも話している!
著者言わく、真面目過ぎたのだった?
自分が救世主と思っていた!
そう言う詩を真剣に探したようだ!
この点、五島勉よりはましではないか?
原文を読もうとした!!
誤訳、こじつけになるが…………

〇 自分の事も書かれている??
〇 真の予言者は、宇宙人??
〇 ソ連崩壊を予言した本はない?? スターリンはある!
〇 アーカム生まれで、ミスカトップ大学中退? ラビクラフトの世界である!
色々あり過ぎるが、ノストラダムスは死後、金儲けのネタを残している!!
特に20世紀の後半である!!
凄い人であるのは認めるが、ペテン師である!!
これはNHKだが、本人が年号を書かないのはそれに従って歴史を変えられた困るからだと!!
書いて当たらなかったら相手にして貰えない??
要はペテン師、詐欺師である!!
これを予言が当たっていると解説した弟子たちも名前が売れた!!
詐欺師列伝か???
日本人も多い!!!

コラム① 1999年7月? ユリウス暦とグレゴリオ暦!
ノストラダムスの時代はユリウス暦である! 現在とはずれている??

コラム② ポールシフトは起こるのか?? 起こらない!!!


第五章 フィクションの中のノストラダムス
小池一夫、水木しげる、短波哲郎らが出て来る!!
特に小池一夫はショックである!!
好きな激画家だった………
「子連れ狼」はともかく「少年の町Z」のようなバンパイア物も書いている!!
短波哲郎も良くやると!!!


第六章 予言詩解釈バトルロイヤル
へんりー・C・ロバーツと、エリカ・チータムの違いがある!
最初の50について現している!

            ロバーツ        チータム
10   ロシア革命       フランス革命
11   ムッソリーニ      ハプスブルク帝国
18   中世のフランス     第二次世界大戦のフランス
21   新エネルギーの発見   錬金術の秘密
46   何かが起こる      スペインにUFO
48   太陽が地球を破壊    人類が月に文明を築く

同じ解釈は1/10ぐらいと言う!!
まだまだある………
〇 第一巻二九番   奇形魚
〇 第一巻六九番   7つの内容が、人によって違う!
           アホらしくなってくる!
〇 第二巻四六番   消費=惨禍=新芽=物々交換??
〇 第二巻六二番   マビュの謎を追え????????
〇 第二巻七九番   黒ひげ大暴れの巻
〇 第三巻一三番   イタリア半島って弓形????
〇 第六巻二番    過去の予言に大苦戦??? 予言ではない!!
〇 第六巻五番    人工衛星が北極にバクテリアをまき散らす??
〇 第六巻九七番   まずは7を足せ?? 都合よく数字が会わせられる!
〇 第一〇巻六七番  土星がソ連で牛はビルマ?? 金星が中国、水星がモロッコ、
           蟹座が韓国、木星が日本……… かなり苦しい!!!!
興味ある人は読んでもいいが時間の無駄か???


第七章 恐怖の大王の正体は?
「恐怖の大王」とはなにか???
〇 サタン説
〇 キリスト説
〇 モンゴル人説
〇 核戦争説
〇 彗星、小惑星の衝突
〇 異星人説
〇 ジャックリー説
〇 ニューヨーク説
〇 暗号説
〇 イースター島説 巨石が動くのか?
〇 奈良の大仏説  奈良の大仏が動くのか?
〇 デクエヤル事務総長説
〇 カッシーニ説
〇 現れない!!!!!!!!

よく我慢して読んだと思うが………

コラム③ アンゴルモアの大王は誰?? 
アッチラ大王でもフランソワ一世でもどちらともとれる?
コラム④ ヨハネ・パウロ二世はなぜ殺される?
     聖マキラの予言が正しいために………
     恐ろしいが……
コラム⑤ おすすめノストラダムス本 これでもかとあるが………


あとがき
要は解釈次第! 自分の置かれていた状況が影響すると!!
著者の嫌味は、1999年7月が過ぎてまた会いましょう????


トンデモノストラダムス本の世界・山本弘

 

 

« 麒麟がくる NHK2020年 大河ドラマ 第17回  | トップページ | テレビ・ドラマ・ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ シーズン1 2018 U=NEXT »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 麒麟がくる NHK2020年 大河ドラマ 第17回  | トップページ | テレビ・ドラマ・ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ シーズン1 2018 U=NEXT »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ