« 本・日本人はなぜ戦争へと向かったのか? メディアと民衆・指導者編(2015/6)・NHKスペシャル取材班 | トップページ | 本・日本人はなぜ戦争へと向かったのか? 外交・陸軍編(2015/6)NHKスペシャル取材班 »

2019年12月 5日 (木)

本・日本人はなぜ戦争へと向かったのか?  果てしなき戦線拡大編(2015/7)・NHKスペシャル取材班

Photo_20191205154701


1941年12月8日。真珠湾を急襲し、ついに対米戦争に突入した日本。
ミッドウェー海戦、ガダルカナル島の戦いを境に戦況が悪化するなか、
なぜ戦線は拡大する一方だったのか。
戦争方針すら集約できなかった陸海軍の深刻な対立、
軍と一体化して戦争方針に混乱をもたらした経済界の利権構造………
開戦から半年間の日本の歩み、知られざる歴史の転換点を徹底検証。

このシリーズ3冊目である!!!
歴史が分かっているものとしては嫌になるが、310万人も死んだ決断をどうやってしたのか?
310万は日本人だけである!!  他にも現地で相当数死んでいる!!
日本は日本人だけのことを言い過ぎる! 現地で相当殺している事実がある???
内容は下記の通りである!!

果てしなき戦線拡大の悲劇    NHKスペシャル取材班
なぜ、戦争を負わらせることができなかかったのか  戦争指導・利権・セクショナリズム
 泥縄式の戦争指導とふたつの軍隊  田中宏巳
 「大綱」という名の無方針とリーダーシップの不在 戸部良一
 南方占領地域と大東亜共栄圏の実態  柴田善雅
 「名将」山本五十六の虚実   相澤 淳
なぜ、戦線は拡大したのか  吉田裕
おわりに


果てしなき戦線拡大の悲劇    NHKスペシャル取材班
アメリカの石油禁止が響いてている???
結論は石油が無くなり、軍艦が動けなる前に戦争したい!!
戦機は今しかないと!!!
戦争しても3年先はどうなるか分からない?? 勝算なしの戦争に走った!!
南方資源を確保し長期不敗の態勢を築く???

1942年2月4日 南方資源確保である!
この戦争をどういう風に進めて、どのように終結されるのか??
これ以上兵を進めない!!
出来るかどうかは分からないが、戦争中止論がでる!!
陸軍は所定の目的を果たしたので戦線をこれ以上拡大したくない!
そのうち神風が吹くか、和平の空気が何処からか出て来ないか??
アメリカとの戦争は海軍の担当だと!!
「自給自足態勢」「不敗態勢」
海軍は違う!!  戦線拡大である!! と言うより戦い続けてアメリカ艦隊撃破である!
それで講和に持ち込みたい!!
ニュージーランド、オーストラリアまで侵攻する!!
流石にオーストラリアは攻めれない!!
中国大陸も攻めきれてないのに、オーストラリア制圧なんて無理である!!
陸海軍の対立である! そもそも最初から戦争方針があったのか??
成り行きだったように感じるが………
今後の方針を決める!!
海軍案  既得の戦果を拡張して、英米の屈服を図る
陸軍案  既得の戦果を確保して、長期不敗の態勢を確立する 
折衷案  既得の戦果を確保して、長期不敗の態勢を確立すし、機を見て積極的方策を講ず
お得意のどちらともとれる折衷案である!!

経済界のリーダー、経営者たちの意見がある!!
資源をタダで持ってこようとする!!
軍人だけではなく、産軍の癒着か???
「日本がやっていることは欧米から見れば搾取であるが、正義感でやれば搾取にはならない???」
利権絡んでいる??? 戦争は儲かるのか???
戦線を広げると喜ぶ連中がいる!!
アメリカとの戦争でなく、陸軍VS海軍の戦争である!!

実際は東京空襲、ミッドウエー海戦の惨敗、ガタルカナルで負ける!!
陸軍はポートモレスビー攻略からニューギニアで18万の戦死者を出す!
インパールでは7万2千人が死んでいる!!
山本五十六はミッドウエー海戦前にKLM講和のチャンスと思った??
がそれを行えるリーダーはいなかった………

なぜ、戦争を負わらせることができなかかったのか  戦争指導・利権・セクショナリズム
 泥縄式の戦争指導とふたつの軍隊  田中宏巳
「今後採るべき戦争指導の大綱」
陸海軍は対立する!!
戦争を始めるが、その後の計画は??
南方資源は押さえれた???  その後は????
陸軍はこれ以上南方に兵を出したくない? 不敗態勢である??
海軍はオーストリアに出て行きたい??
がこれは不可能である???
「既得の戦果を確保して、長期不敗の態勢を確立すし、機を見て積極的方策を講ず
陸海軍に配慮した内容である!!
陸海軍が綿密に打ち合わせして戦争方策を出したようには見えない!!
1943年3月 ダンピールの悲劇がある!!
輸送船10隻(?)を陸海軍機80機が護衛する!! 駆逐艦もか??
結局機数だけそろえれば何とかなるとの考えで、輸送船は全滅させられる!!
輸送船に乗っていた多くの兵士は戦死した!!
要は統一された作戦は取れなかった???

陸軍の大陸打通作戦、インパール作戦などやらなくていい作戦をやっている!
「大東亜共栄圏」
開戦前は具体的な案は無かった???
ミッドウエー海戦で負け、その後の戦闘は無駄だったのか??
負けに一直線である!!
状況は好転することはあり得ない!!
危機の時には黒白はっきりさせる必要があるが、玉虫色に決める!!

 「大綱」という名の無方針とリーダーシップの不在 戸部良一
開戦当初の国民の反応は良い!! 「やったー!」
今後に作戦は??
陸軍はドイツに期待している!
ドイツが連合軍を追いつめて、ある筋目で連合国に直接、他の国の力を借りて和平を考える!
他の何処の国が仲裁に乗り出すのか???
ドイツの状況を見る!! 臨機応変の対応とも言うが、その場しのぎか??
結局、陸海軍の考えの違いがある!!
東南アジアに侵攻すると英蘭とぶつかる??
英米は可分か?? 不可分か??
不可分と言うことで対米戦を考えた!
陸軍はアメリカとの戦争は海軍の戦争だと思っている!
リーダーシップを取る人間が居なかった???

戦争をどう終わらせるのか??
いままでそんなこと考えなくて戦争していた??
講和の考えが無い? 相手が降伏する者と思っている???

「今後採るべき戦争指導の大綱」
これが中途半端? 両論併記である!!
東条にリーダーシップはない???
勝っているときはやり方を変えれない??
ミッドウエー海戦以降、攻めから守りに入る??
1943年1月のカサブランカ会談で、無条件降伏が宣言される1
もはや1942年のように選択なく、負けに一直線か???
引き分けにも出来ない??
統一された戦争目的はあったのか?????

 南方占領地域と大東亜共栄圏の実態  柴田善雅
この章、読んでいて嫌になる!!
陸海軍の利権になる!! 天下り先の確保???
戦争を利権の対象にしている!!
中国は陸軍が、海軍は新たに占領したシンガポールを食い物にする!
業者は接待漬けである??

予算と人事を握れば何でも出来る!!
許認可権を軍が握る!!
大東亜共栄圏の建設???
実際に独立をさせたのか?
フィリピンにブルマは独立させているが、かいらい政権である?
対外的に独立させているだけである!!
占領地域の状況は悪化する!
資源だけ取りに行く? 労働者も強制であり、虐殺もあったようだ??
要はこれと言って考えが無く、石油を取りに行った???
戦線拡大のコストを考えていたと思うが、都合の良い方に考えている!!

 「名将」山本五十六の虚実   相澤 淳
三国同盟に反対した???
対英米協調派である???
戦後の評価である???
軍政家と言われるが………
常識的な海軍軍人ではないようだ………
ロンドン軍縮会議で失望したようだ!
それで補助艦、航空兵力を強化する!!
それが真珠湾に繋がる????

日独伊防共協定に米内、山本、井上は反対した!!
防共なのでソ連が対象である! 海軍はソ連と戦いたくない!
ソ連は陸軍の担当である!!
これには反対したが、三国同盟はどうだったのか??

海軍は対英、対米の考えが違う!!
イギリスには好意的である! 日英同盟もあり海軍はイギリス海軍から教えを乞うている?
アメリカに対してはペリー以来の恨みがある???
日露戦争で仲裁役を引き受けてくれたおかげで日本は終戦に持ち込めた??
しかしそのおかげで日米が対立するようになる!!!
ドイツとの関係では、ドイツに傾向していた陸軍はドイツに評価されていない?
海軍は逆にドイツは日本海軍を評価している???
1935年のロンドン帰りに山本五十六はヒトラーに会えたかもしれない??
会っていれば歴史が変わっていた???
対英米の戦争は1年か2年は戦える???
3年目以降は未定だと?? これが海軍の考えだったようだ………
対米比率7割の今が開戦時期である!!
アメリカにも日本と戦いたくない???
石油はある? アメリカの建艦されている軍艦も1943年までは出て来ない!!
ただ攻勢をかけて勝ち続けたとしてもアメリカが講和に応じるか??

ミッドウエー海戦で負けてもその反省会も無く、責任の追及が行われなかった?
山本五十六辞任、南雲忠一解任はあり得るが………

最近は凡将説まで出ている???
評価は難しい????

なぜ、戦線は拡大したのか  吉田裕
真珠湾攻撃は僥倖だった???
失敗してもおかしくなかった???
給油もある、燃料を館内に積みまくっている!
攻撃されればすぐに燃える!!

戦線拡大の責任は海軍にある???
政治態勢上の問題  統帥権???
陸軍の現地司令官の権限は独自のものがある??

政治主体の問題
陸軍は1942年にドイツの攻勢に合わせて対ソ戦を開始したい!
日本に50万、中国に68万、満州に70万、南方に50万の兵を配置している!!
戦勝気分かき立てている???
要は舞い上がっていた??
「西ロンドンで入場式、東で観艦式、その日が最後の戦勝大祝賀会」
戦後陸海軍は解体されたが、官僚は生き残った???

おわりに
310万人が死んでいる! 現地人が何人死んでいるのか??
誤った戦争を始めただけでは済ませられない??
仕方がないでも済まされない?
ジリ損の中で勝算も計画性もないままに始められた戦争であり、
どう終わらせるか考えていない!!
あるのは希望的観測だけである!!

人はいよいよとなったら、それまでできなかったことも可能にする」
ではなく、「それまでできなければ、追いつめられてもできない。むしろ一層ひどくなる」
他人の犠牲にこれほど無頓着になれるのか???


日本人はなぜ戦争へと向かったのか?  果てしなき戦線拡大編・NHKスペシャル取材班

 

« 本・日本人はなぜ戦争へと向かったのか? メディアと民衆・指導者編(2015/6)・NHKスペシャル取材班 | トップページ | 本・日本人はなぜ戦争へと向かったのか? 外交・陸軍編(2015/6)NHKスペシャル取材班 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

イングランド」カテゴリの記事

ドイツ」カテゴリの記事

ロシア (バルト3国)」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・日本人はなぜ戦争へと向かったのか? メディアと民衆・指導者編(2015/6)・NHKスペシャル取材班 | トップページ | 本・日本人はなぜ戦争へと向かったのか? 外交・陸軍編(2015/6)NHKスペシャル取材班 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ