« 本・太平洋戦争 日本の敗因 4 責任なき戦場 インパール(1995/7)NHK取材班 | トップページ | 本・太平洋戦争 日本の敗因5 レイテに沈んだ大東亜共栄圏(1995/8)NHK取材班 »

2019年12月18日 (水)

NHKスペシャル・戦慄の記録  インパール

Nhk_20191212011601


相手の戦力や兵站を軽視した無謀な戦いで甚大な死傷者を出し、
旧日本軍の体質を象徴的に示したとされる「インパール作戦」。
「援蒋ルート」の遮断を主目的とし、
ミャンマーからイギリス軍の拠点があったインド北東部のインパールの攻略を目指した日本軍は、
この作戦で歴史的敗北を喫した。
餓死・戦病死した日本兵の死屍累々が並んだ道が
「白骨街道」と呼ばれるほど凄惨な戦いの実態はどのようなものだったのか。
これまでインドとミャンマーの国境地帯は戦後長く未踏の地だったが、
今回、両政府との長年の交渉の末に現地取材が可能となった。
一次資料や作戦を指揮した将官の肉声テープなどから「陸軍史上最悪」とされる作戦の全貌が浮かび上がってきた。
数々のスクープ映像と新資料、証言からなる「インパール作戦」の全記録は、
決して忘却してはならない悲劇の記憶を、未来へと継承していく。


NHKスペシャルである!
色々見ているが、ノモンハン、ガタルカナル、インパールと見て絶望的になる!!
主に陸軍であるが、兵の命をどう思っているのか??
ソ連にアメリカ、イギリス相手に陸軍は戦死者を比べても負け続けている!!
これだけ死んでどう思っていたのか???
それで良く本土決戦と言うかなと???
「映画・日本の一番長い日」で参謀が言う!!
「乃木希典と阿南惟幾は、沢山の兵を死なして何も言われない」
インパールに関しては、何冊か読んでいる!
読むに堪えないが………

高齢の生き残りの兵士の証言がある!!
情けなくなるが………

第15軍司令官・牟田口廉也中将
  戦況の潮目を変える最も有効な計画だと言う強い信念が私にはあった!
ブルマ方面軍 中永太郎参謀長
  インパール作戦はいかなる犠牲を払ってでも精神的価値として続ける意義があった!

佐藤優が言っている、地図の味方の重要性!!
実際にどんな所か分かっていたのか???
地図は平面だが、実際は色により高度がある!!
ロジェスチックも考えない!!!

そもそもインパール作戦は必要だったのか!!
開戦時の勝利でインド侵攻を計画するが、実行不可能だと!!
牟田口廉也も最初反対した!
戦局不利になり、インドを圧迫したい!!
インパール作戦が再度浮上する!!
大本営の希望であるとのことで、牟田口廉也が積極的になる!!
自己名誉のためである!!
小畑参謀長は作戦に反対する!! ロジェスチックの専門家である!!
兵站である!!  積極的でないと解任される???
兵站部門は軽く扱われる………

1944年1月7日 インパール作戦は認可される!
人情が優先される!!

第15軍 司令部 齋藤博圀少尉が配属される!
記録を残している!! 現地で残している!!

6_20191212011601


盧溝橋は私が始めた!!
私がこの戦争を収める!!
反対意見に対しては、「卑怯者、大和魂はあるのか」
司令部全員が言う???

Nhk-3

三つの師団が9万の兵で進軍する!!
最大470キロを進む………
短期決戦、3週間で作戦を完了する!!! 雨期までに決める!!
食料もそれだけしかもっていない!!

牟田口廉也は各師団に一万頭の牛・ヤギを集め食料を運ばせる!!
その後、牛やヤギは食べればよいと!!

牟田口廉也の会話???
どのくらいの損害が出るのか?
5000人殺せば………  敵ではない?  味方である!

イギリスは日本を研究している!
初戦のイギリス軍ではない!!
制空権は連合軍にある!!
連合軍は空輸出来る!!! 日本はない!
戦線を伸びきらせて、圧倒的な火力で迎え撃つ!!
戦車もドイツ相手ではない!  軽戦車で充分である!!

日本は結局突撃しかない!!
日本兵の手紙がある!!


責任なき作戦続行!!!
撤退になるが、雨期になる!!
兵士はもう駄目な占有を見殺しにして行く………
語る生き残りの兵も辛いだろう………
戦死者3万、戦病者4万と言う!!
本部の意見1
「弱気の意見を出す者は、最大の敵だと!」
大本営も全滅しても取れと!!!
牟田口廉也は司令官に問題ありと、3人の司令官を解任する!!
前線まで行き、なお攻撃続行を命令する!!

1944年5月、雨期に入る!! 30年に一度の大雨と言う!!
第31師団、佐藤幸徳中将は補給がないので撤退すると!!
独断である!!

Nhk-4

Nhk-2

Nhk-5

第15軍司令官 牟田口廉也の言葉!!
諸君、佐藤烈兵団長は、軍命に背きコヒマ方面の戦線を放棄した。
食う物がないから戦争は出来んと言って勝手に退りよった。
これが皇軍か。 
皇軍は食う物がなくても戦いをしなければならないのだ。

兵器がない、やれ弾丸がない、食う物がないなどは、戦いを放棄する理由にならぬ。
弾丸がなかったら銃剣があるじゃないか。 
銃剣がなくなれば、腕でいくんじゃ。 

腕もなくなったら足で蹴れ。 足もやられたら口で噛みついて行け。 
日本男子には大和魂があるということを忘れちゃいかん。 
日本は神州である。神々が守って下さる………

作戦続行……… 止めたいが出来ない!!
このスペシャルでは無かったが、牟田口廉也は
「私の顔色見て察してほしかった??」

そういう話もある!!
東条英機も天皇に報告しない!!
7月1日 作戦中止を決定する!!
地獄の撤退である!!
死体さえ食べる???  死ねば身ぐるみはがれる!!
動けない700余名を自決させる??

インパール作戦と同時期サイパン島が落ちる!!
大本営はだれも責任を取らない!!
佐藤幸徳中将は閑職をたらいまわしにする!!
抗命で軍法裁判にかけられることも無かった………
心神喪失????? 責任と作戦失敗が明らかになる????

戦後のイギリス軍の調査!!
服部卓四郎????
「インパールの失敗はどのセクションが責任を取るのか???」
これに対して、
「インド侵攻はという点では大本営はどの地点であれ
 一度もいかなる計画も立案したことはない」
「南方軍、ビルマ方面軍、第15軍の責任範囲の拡大である」
要は大本営の責任ではない!!

半藤一利が牟田口廉也にインタビューに行っている!
家から離れたところでインタビューをしたようだ!
英国人のインパールは正しかったとの記事を見せて正当化したようだが………
英国人アーサー・パーカーが作戦を評価している!
終戦後19年、牟田口の馬鹿野郎、馬鹿野郎と言われた!!
正当化している????
牟田口廉也が畳の上で死ぬのは許せない!!!!
生き残った兵である!!!

7_20191212011701

最後に、齋藤博圀少尉が最後に登場した!!

良く生きていたと!!  いまは車椅子である!!
戦争について語ることはなかったようだ………
日本陸軍の上層部についての批判がある!!
兵を殺すことを何とも思っていないと!!!
悔しい!!!!  自分の記録を見ているが何を思うのか????

 

 

« 本・太平洋戦争 日本の敗因 4 責任なき戦場 インパール(1995/7)NHK取材班 | トップページ | 本・太平洋戦争 日本の敗因5 レイテに沈んだ大東亜共栄圏(1995/8)NHK取材班 »

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

イングランド」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

テレビ番組」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

東南アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・太平洋戦争 日本の敗因 4 責任なき戦場 インパール(1995/7)NHK取材班 | トップページ | 本・太平洋戦争 日本の敗因5 レイテに沈んだ大東亜共栄圏(1995/8)NHK取材班 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ