« 未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ②・畑村 洋太郎 | トップページ | 山陽電車高砂の踏切りの事故の後(3月3日撮影-2月12日の事故) »

2013年3月15日 (金)

未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ③・畑村 洋太郎

原発と想定外・日本で生きるということ
原発の事故を想定外と言う。
想定外、と言う言葉は未曾有と同じで、曖昧さの中に物事の本質を隠す恐れがあると!
最近の事故は、周りの状況が変化しているのにも関わらず、設定を変えていない。
著者は昔のままだと言う!
「コンプアイランス」
法令遵守と訳される。
が本来は、「社会の要求に柔軟に対応する」 の意味だと言う。
変に規制したがり、仕事を作りせんでもいい仕事を、仕事思っている人も多い。
自分の会社にもいると思う・・・・・・・
いやいる!何かと言えばそれを持ち出す!
己はどうなんや?
そんなに人に言えるほどまともな事をしていたのか?

色々事情はあるが、東電のお粗末さを言っている。
実際その通りなんだろう。
原子力の安全を言い続けながら、想定外と言う言葉を言うのは問題が多い。
それを想定するのが専門家ではないかと!
「絶対安全」と言い続け何もしてこなかったツケが出た。
マニュアル偏重主義の弊害が出たとも言う。
マニュアルを変えることを恐れる。
余計な事をして怒られるよりは、その通りしておけばよい!
著者は、東電だけを責めるのには違和感がある。
こんなことを言えば問題になるのか?
自治体も問題は多いので?
沢山の補助金を貰って、大層な役場を建てて、東電・国を責めるのは違和感がある。
話がそれる。
人間は忘れっぽいという!
「見たくないものは見えない」
「聞きたくないことは聞こえない」
「考えたくないことは考えない」
が、「聞きたくないことが聞こえる」例もある。

過去の事故から学んでいないと言われる。
津波の想定。
言い伝えによると、森のこの木に舟をつないだとあるそうだ。
つまりここまで水は来ていた。
想定内になるはずが、「見たくないものは見ない」
無視される。
天災ではなく人災と言う要素も沢山ありそう!

誰もが電気が来るのは当たり前と思っている。
著者が例としてあげている。
水門の開閉が、ガソリンエンジンか手動とある。
災害で電気が来ないことを想定している。
今回の原発の事故も冷却水ポンプが電気が来なかったせいもあると言っていたと思うが・・・・・
著者言う!
絶対安全と信じて、対策を行ったツケが出たのではないか?
日本で暮らす以上、自然災害からは逃げられない。
無理せずに、自然と上手く付き合う必要がある!
避難訓練は常識と思わなければならないと感じた!
流石専門家で、分かり易く記述されている!
良かったです!

« 未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ②・畑村 洋太郎 | トップページ | 山陽電車高砂の踏切りの事故の後(3月3日撮影-2月12日の事故) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

エネルギー・原発・資源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ③・畑村 洋太郎:

« 未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ②・畑村 洋太郎 | トップページ | 山陽電車高砂の踏切りの事故の後(3月3日撮影-2月12日の事故) »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ